Hatena::ブログ(Diary)

やねうらお−ノーゲーム・ノーライフ このページをアンテナに追加 RSSフィード

GT-Rの買取ならここですわ。どこよりも高く買取ってもらえるはず。お勧め!GT-R 買取
電王戦出場記念! 書籍化されたで! 監修したで!(`ω´) 絶版なってしもた Kindle版で復活!! 記事書いたで!
解析魔法少女美咲ちゃん マジカル・オープン!

YaneuLabs / やねうら王公式 / やねうらおにメール / twitter / プロフィール

 | 

2014-08-14 もう電王トーナメントの季節がやってきたのか…

[] もう電王トーナメントの季節がやってきたのか…  もう電王トーナメントの季節がやってきたのか…を含むブックマーク  もう電王トーナメントの季節がやってきたのか…のブックマークコメント


早すぎだろ。まだ何もしてないぞ。電王トーナメントエントリーするかどうかすら躊躇うレベルだ。

そして全くやる気が沸かない。こりゃ今回は駄目かも知れんね。


ところが、先週から息子(5歳)が将棋を始めた。くもん出版将棋盤を嫁が買ってきたのだ。駒に移動できる升が書いてあるので息子にもわかりやすいようだ。息子に将棋を教えていると何か将棋熱が戻ってくるかも知れない。


NEW スタディ将棋 (リニューアル)

NEW スタディ将棋 (リニューアル)


息子に将棋を教えていると次の将棋格言おかしいことに気づいた。


f:id:yaneurao:20140814030139p:image


飛車当たりに香を打つ」の意味で、「飛車取りに香を打つ」と言うから、「両取り」も別に使ってもいいのではないかと言われるかも知れない。ちょっと待って欲しい。「飛車取り」は放置すると次に飛車が取れる。


「お湯をわかす」って言葉があるだろ?実際に沸かしているのは水なのだけど、その結果、お湯になるので、それを先取りして書いてあるわけだ。これを修辞学では「予期的叙述法(prolepsis)」と言う。「飛車取り」という表現はこれに該当する。だから、これはレトリックとしてアリなわけだ。


しかし「両取り」は放置しても次に両方は取れない。放置してたらその次にもう片方も取れますよね、と言われるかも知れない。それは大間違いだ。


その代表格が「桂での両取り」だ。先手が5九桂で後手に両取りをかけた場合、後手が何手放置し続けたらもう片方を取れるというのか。敵陣まで行って、桂を成ったあとそれを自陣まで引いてこないといけないんだぞ?そんなプロの実戦譜を見たことがあるか?ないだろ。ないない。そんなに後手は放置するはずがない。要するにそんなことは現実的に起こりえない。だから予期的叙述法ではない。使ったら駄目、絶対!


というのが私の考えなんだけど…


同じ理由で将棋の戦法の「縦歩取り」戦法というのもおかしい。普通は実際に歩が取れるわけではないので(本当に歩を取らせた羽生さんの実戦例があるが)、「縦歩狙い」戦法ではないかと思う。この「縦歩取り」という命名をしたのは、確か加藤 治郎先生だったと思うが、その著書『将棋は歩から』という本のなかで、「読者の方から、魚釣りは魚が釣れなくても魚釣りと言うので、縦歩取りも歩が取れなくても縦歩取りと呼んでいいのではないかという意見をもらった」というようなことを書かれていたと思う。


おお、そうか…。じゃあ「縦歩取り」はいいや。でも、「両取り」だけはワシは認めんヽ(`Д´)ノ


なんてことを考えてたら、また私のなかの将棋熱がにわかに戻ってきたかも知れん…。


そういや、最近、私は音楽制作に夢中なんだけど、そろそろいいヘッドホンを買おうと思って、評判のいいBeats by Dr.Dreヘッドホンamazonで買ったんだよ。ちょうどamazonがネット最安で25,480円だったんでな…。



ところがこの良さが全くわからん。以前から使っている千円で買ったヘッドホンとほとんど変わらん。曲によっては低音と高音がよく鳴ってるなーという程度。俺の耳は一体どうなっているんだ…。もしかして豚に真珠とはこのことか。いやいや、違いはわかるんだよ。違いは。


例えば、このヘッドホンをつけてからというもの人様の演奏動画で以前は気にもならなかった録音時のシャーっとかザリッとか言うノイズが気になるようになった。確かにノイズが超鮮明に聴こえる。このヘッドホンは大変素晴らしいものだ。こんな小さなノイズまでクリアに聴こえるだなんてな!ただ、ノイズが気になるぐらい聴こえるのはデメリットであって、メリットじゃないよな…。こんなものに25,480円か。また金をドブに捨ててしまたか


こりゃ、電王トーナメントの賞金もらって取り戻さないとな…。第二回電王トーナメントはありまぁす!もとい、第二回電王トーナメントに出場しまぁす!

チャモアンチャモアン 2014/08/14 06:05 将棋電王戦はプロ棋士との拮抗した勝負が難しく(現状、棋士の先行逃げ切りか、一度良くなったソフトがそのまま差を広げる2パターンしかない。例外は船江戦のみと思う。よって、一度形勢がソフトに振れると一気に冷めてしまう)なっているので、継続困難と感じていました。ですが、菅井リベンジマッチを見て、二日制であれば好局(僅差の激闘)が期待できると確認!
将棋電王トーナメントはともかく、第4回将棋電王戦には反対でした。でも、今は二日制でどうなるか見てみたいです。(先行逃げ切り以外の展開が増えれば、対ソフト専門の準備時間も短縮できると思うので、トップ棋士も出場しやすくなるかも!?)

電王戦もやるとすれば、前回見られなかったバージョンの新しいやねうら王がラスボスになる予感がします。ご武運を。

ボイルドハンターボイルドハンター 2014/08/14 08:05 願わくば今回の電王戦は前回のような出場者を省みない運営による過剰な煽り演出等無しで、純粋に対局を楽しみたいものですね。電王戦トーナメント応援しています!

玉ねぎ坊や玉ねぎ坊や 2014/08/14 08:51 一年とは早いものですね。この電王戦関連が季節の風物詩になってきているようなわくわく感があります。新やねうら王の電王トーナメント 楽しみにしています。またこの短期間でさらなる進化を遂げるんでしょうな。

とおりがかりとおりがかり 2014/08/14 12:47 ハンデがないとソフト勝ちなので、プロだけ持ち時間増やすしかないですね
ノートパソコンにスペック落とすしかないですね
それでも去年よりレート上がるのでしょうかね

隠れファン隠れファン 2014/08/14 16:33 またやねさんのトークが見れると思うとwktk

将棋ファン将棋ファン 2014/08/14 21:47 人間に勝ったくらいで満足しないで
将棋の神(に近いもの)を創り出して下さい
やねうら王2014を楽しみにしています!

YakitoriYakitori 2014/08/14 23:30 ヘッドホンについては、ノイズが聞こえるから音を製作するときにそのノイズを落とすのが主目的じゃないでしょうか。
ソースのノイズはどうしても消すの面倒ですから。

それと、電王トーナメント出場なさるのですね。
今年も名試合を期待しています。そして勝ってください。
やねさんの理論はせかいい・・・えーっと。えっと。とにかくすごいので、期待してます。

lunapiglunapig 2014/08/15 00:16 勝負したいb

Ta(ryTa(ry 2014/08/15 09:31 まさか頭にUSB端子が付いていて…

ニコ厨ニコ厨 2014/08/16 05:01 できれば将棋にかかわるのはやめてほしいです。
もう醜いものは見たくないので。

名無し名無し 2014/08/16 08:42 beatsはファッション寄りのブランドで音質的にはイマイチなので、音楽制作には周波数特性がフラットなモニターヘッドホンがおすすめです。

納得納得 2014/08/16 21:39 >>ニコ厨
>できれば将棋にかかわるのはやめてほしいです。
>もう醜いものは見たくないので。

釣られてやるか・・・
紳哉しつこいよ紳哉

そういえば一昨年の塚田の観戦記書いた奴もこんな将棋は二度と見たくないとか書いてやがったな

名無し名無し 2014/08/17 00:28 とりあえず期日含めてルール守ってくださいね

 2014/08/17 06:57 >納得
いくらなんでも紳哉先生に失礼。
やねうらおに粘着してるのは本人が名乗ってる通りただのニコ厨だよ。しかも自演しまくってる奴だ。

1ファン1ファン 2014/08/17 07:16 1ファンとして、電王戦トーナメント出場及び勝利を期待しています。
niconico超会議などあらゆる所で排除されているように思えますが、やらせPVの件でああなったのは全てドワンゴの責任ですから。

ヘッドホンについて。
PC直差しだとノイズまみれになるのはやむを得ないと思います。USBやS/PDIF、FireWire接続できるヘッドホンアンプを試してみるくらいでしょうか(但し最低でも2万円以上の物で)。ポータブルアンプはS/N比が余りよろしくないので、据え置き型のが良いでしょう。
若しくはオープンエアのプロ用ヘッドホン(AKG等で販売してます)にして、雑音成分を外部ノイズでマスクするか(;´・ω・)

まだ変なのがわいているようですが、事の敬意を知った上で書き込んでいる連中は幼稚園児より頭が悪いとしか思えません。幼稚園児に失礼ですね。訂正します。一年経って帰ってきた山彦のような物ですね。
PVが消されている所を見ても、あらゆる面でドワンゴの不始末です。
気にせず頑張ってください。

bernbern 2014/08/17 13:39 技術者のはしくれとして応援してます!

コンピュータ将棋ソフトは現局面での詰み発見能力は比較的高いのですが、
先の手を探索する際、詰み(自玉、相手玉問わず)を絡めた読みがなかなか難しそうだと思ってます。
(例の△63香に▲31角成で有利、との錯覚等)

探索中の有利不利の判断を局面瞬間での評価関数で行っているためだと思いますが、
限られたスペックで、まさか無数にある局面一つ一つで詰め発見エンジンを動かす訳にもいかず……
(すみません、釈迦に説法ですね。。)

たとえば人間の読みだと、自玉に角を渡すと詰みが発生するから、
角を渡す攻めが可能なのは、
?即詰みがある
?攻めながら自玉の安全度を高める攻防手がある
のどちらかだな、という判断ができますが、こういったロジックが組み込めれば……

難しい終盤だと、こういったところで勝敗を決することが割とあるんですよね。
やねさんが上記のところをスマートに解決してくれることを期待しています!

……とはいえ、こんなところに開発工数や対局時のマシンリソースを消費するなら
他の課題を解決したほうが棋力が向上するのかもしれませんが。。

将来的には、やねうら王同士で対局を続け、先手(または後手)の勝率が100%近くとなり、
将棋自体の完全解析とはいかずとも、
「最強のソフトによる統計では、将棋というものは先手(または後手)が必勝である」といった
結論がでる日を夢見ております。

それでは。

kenken 2014/08/17 16:12 >いくらなんでも紳哉先生に失礼。

うーん、でも爽やかな第一局の直後に紳哉先生ご本人が公の場でそのような発言をしたのは事実だよね…。前言を撤回したのかどうかは未だ謎のまま。

最終局後の全体会見で一応謝罪っぽいことは言ってたけど、あれでは誰に対して何について謝罪したかったのかイマイチ分からなかった。裏ではキチンとした話があったものだと信じたいけど…。24点法へのルール変更強要を棚に上げて欠席裁判で一方的な批判をして、その後頑なにその話題をNGワードにしたりして徹底的に隠蔽工作した将棋連盟側を信じるのは難しいか。

とにかく、将棋は将棋連盟のものではないし、そんなことを言う権限などもちろんないので、雑音など気にせずに今後も開発および第二回大会頑張って下さい。

名無し名無し 2014/08/17 21:35 「評価値と読筋を記録する拡張」に基づく評価値ならびに読筋の送信がさりげなく義務化されてる(w

あと、入玉宣言が27点法のままだけど、本戦のルールの記載がないままですね。どうなってるんですかね?

あと、中途半端な稲庭模様排除ルール(引き分け狙いと審判が判断したら即失格ルール)が廃止されていることは評価できると思います。あれは酷いルールだった(ルール上、気に入らない試合展開になったソフトを失格にすることが出来るルールだったし)。

初心者初心者 2014/08/22 08:22 wktkすぎる!
応援してます
頑張って下さい‼

応援してます応援してます 2014/08/23 00:01 「弱い方」のやねうら王が、美濃囲いで居飛車穴熊を粉砕した将棋に感動したものです。
やねうらおさんが将棋プログラムへの情熱がなくなって、もっと強い方のやねうら王が日の目を見るのはないのかなと思っていたところの電王トーナメント出場宣言にうれしさがこみ上げました。
電王トーナメントでのご活躍を期待し、第4回電王戦を楽しみにします。

名無し名無し 2014/08/24 11:55 将棋の内容自体は素晴らしかったので,対局相手を不必要にあおるような発言をしたり,自身の勝手な解釈でルール違反をするのだけはやめていただきたい.
開発者が普通の発言をし,ルールを守ってさえいればやねうら王という将棋ソフト自体は素晴らしいものなので,開発者の言動でソフトの価値まで落とさないでほしい

 2014/08/24 15:04 煽り? 単に無知なのならしょうがないけど、少なくとも、

http://d.hatena.ne.jp/kanoke/

ここのまとめの3月23日以前の記事くらいは読んでから書き込んでね。

 2014/08/24 17:02 バラエティー番組のURLやん

 2014/08/25 00:41 バラエティー番組? どこが?

 2014/08/25 01:13 ああゴメン。最初意味が分からんかったけど、そこのURLのキャッチコピーのことね>バラエティー番組
それはともかくとして、そこの記事は上手くまとまってるので事情を良く知らない人には一読してほしいわ。

miemie 2014/08/26 16:20 単純にエンターテイメントとして電王戦を楽しんでいる者です。
断然コンピュータ側応援です。
やねうら王頑張ってください!

り 2014/08/27 06:50 パパの作ったソフトが羽生さんに勝ったんだよと息子に言える日が来るといいですね。ただ、個人的には羽生さんが出てくるのはどんなに早くても2〜3年後のような気がしますが。そういえば羽生さん予想では羽生さんがコンピュータに負けるのは2015年でしたっけか?

namnamnamnam 2014/08/27 11:36 トーナメントでのご活躍、とても楽しみにしています。
私はやねうら王はすくなくとも5位以内に入ると思っており、その上で、どうしても気になった事があります。
今回のルールで、やねうら王を狙い撃ちにしてるのか? と感じた部分は以下の箇所です。

-----------------------------------------
(第25条)
<前略>
事前研究の棋譜を取り込んで強くなる機械学習機能は認めるが、研究対局を妨げる仕様にしてはならない。
<後略>
-----------------------------------------

この文章自体に矛盾を孕んでいる事に、ルール策定に関わった人は本当に気付いていないのでしょうか?

局後学習の結果、ソフトの指し手が改良されるから「強くなる」訳であり、その結果いわゆる「なぞり」を回避する理屈なので、
局後学習を認める事 イコール 研究対局(ハメパターン探し)を妨げる事
ですよね?

それとも、「研究対局を妨げる仕様」の私の解釈自体が間違っているのでしょうか?
例えば、前回は手動で局後学習を実行していただいたそうですが、それが余計な手間となるので手動はダメ、とか?


なんだか嫌な予感がしてならないので、事前にルール策定者に確認を取るべきかと思います。

YakitoriYakitori 2014/08/31 18:47 ニコニコが人間vsコンピュータの図式を次回でやめるそうですね。ちょっと残念です。
将棋のサジェストウエアってどういう感じになるんでしょうね。

とにかく、大花火上げてかっこよく終わってほしいですね。

forggenforggen 2014/09/01 21:05 新作やねうら王楽しみにしてます。

ピンピン 2014/09/22 23:56 去年のバグがあったソフトに今どういう思いでいるか分かりませんが
先日のタッグマッチでやねうら王の手がほとんど見れなかったのは残念でした。
ああいうのも加藤先生の魅力ですから、本気で不満に思う気にはやはりなれないのですが。
明日はいよいよBブロックですね。2013年の佐藤慎一先生のように、
基本は自分の指したい手をソフトでチェックする為に使う、それが候補手と一致すれば当然ソフトと同じ手でも指すという使い方をでも
十分やねうら王の手や良さも引き出されると思いますが、もしソフトの手や評価をほとんど軽視されるようならそうはならないでしょう。
将棋に関しては実直な人だと思うので、良い使い方をしてくれると思っているのですが期待と不安が半分半分です。

ピンピン 2014/09/24 00:50 後手でしかも横歩だと直線的な展開になったら、最強のponanzaに勝つのは大変になるのでしょうが、それにしてもやねうら王の手を生かす工夫がほとんど見られませんでした、残念です。
新作やねうら王の将棋の内容に期待はあります。しかし既に書かれている通り今回のルールは矛盾と解釈の余地を多く含んだ、やねうらおさんから見ればはっきり言って不備だらけの代物でしょう。
どうか、今回のルールで再び無用なトラブルが起きる事のないよう祈ってます。

AnonymousAnonymous 2014/09/30 02:52 あらら、みなさん電王戦絡みのコメントばっかりで面白い話題にはノータッチですか。
こういう形式的な話題を楽しめる人って少ないですよね>やねさん

>同じ理由で将棋の戦法の「縦歩取り」戦法というのもおかしい。普通は実際に歩が取れるわけではないので

次にパスしたら歩が取れるわけで、やねうらさんの説によればこれは予期的叙述法で、おかしくないと思います。上で「飛車取り」はレトリックとしてアリと言ってるのに、縦歩取りだけ「普通は取れないから〜」なんて定跡の話を持ち出すのはダブスタでしょう(←ネタにマジレスするというネタですよ、念のため。笑)

で、「両取り」という言葉はみんな普通に使ってるわけですから、言葉が間違ってると考えるのではなく、「なぜ人間はそれを正当化できるのか? どういうレトリックが使われてるのか?」と肯定的に考えた方がいいと思うんですよ。

何かにつけて「言葉が間違ってる」と主張する人は、むしろ言語能力が低い人なのではないかと思います(無理数じゃなくて無比数の方がいいと主張する人とか)。

やねうらさんの間違いは
>しかし「両取り」は放置しても次に両方は取れない
この事実の解釈にあると思います。

私はしたがって「放置すると次に取れる」ことが「取り」の定義ではない、と解釈します。

単に自分の駒の利きが相手の駒に当たっている状態、すなわち「当たり」=「取り」なのだとすれば、「両取り」に何もおかしいところはありません。あるいはパスしても次に「どちらか一方しか取れない」と考えるのではなく、「どちらでも好きな方を取ることができる」と考えるとか。

yaneuraoyaneurao 2014/09/30 03:16
> 次にパスしたら歩が取れるわけで、やねうらさんの説によればこれは予期的叙述法で、おかしくないと思います。

これは確かにそうなのですが、「横歩取り」のほうは100%取るので、「縦歩取り」のほうだけ予期的叙述だとおかしいかなと。

> 「当たり」=「取り」なのだとすれば

これはまあそうなんですけど(そして、実際、その意味で解釈するのが世間的には普通なんですけど)、この手のテクニカルターム、あまり多義的に解釈できる余地を残すと用語として使いにくいので、もうちょっと意味を限定して使って欲しいなーとか思いながら書きました。はい。

YakitoriYakitori 2014/09/30 05:43 曖昧と柔軟を重んじた時代の言葉ですからね。
多義的に解釈できちゃうのは歴史といえるのでしょうか。
自分もそのケがあってさいきんの人に通じなくなってきて困っています。
自分の主義通りに何人もが解釈すると喧嘩を始めるようですし。怖いです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20140814

2014-08-01 NHKはもっとヤラせをすべきではないか

[] NHKもっとヤラせをすべきではないか  NHKはもっとヤラせをすべきではないかを含むブックマーク  NHKはもっとヤラせをすべきではないかのブックマークコメント


いまどきは世間でもコンプライアンスに五月蝿くて、テレビ放送でヤラせなんかしようものなら強い批判を浴びる。しかし、許される範囲のヤラせというのも現実的には存在する。


例えば、ある会社訪問するとき、「ここが、XXXを作っているYYY会社ですねー。お邪魔しまーす」みたいな会社玄関から入ってくるシーンがよくテレビで流れるわけであるが、あれもヤラせと言えばヤラせである。実際は、いったんその会社担当者と打ち合わせをしたあと、「最後に、玄関から入ってくるところ撮影させてもらっていいっすか?」みたいな話になる。「いいですよ」と言うと、改めて玄関から撮影するわけである


玄関あけたらいきなりカメラを回しているだとか、そんなことはありえない。私は過去、数十回メディアの取材を受けたが、いきなりカメラを回しているテレビ局雑誌記者なんて一度もいなかった。


そりゃそうだろう。玄関あけていきなりテレビカメラが回ってたら、「ちょ、ちょっと!何してるんですか!やめてください!!」みたいな感じで猛烈に怒り出す人がいて、取材拒否にもなりかねない。そうでなくとも、「玄関から撮影NGです」と言われたら、せっかく撮影したビデオテープ無駄になってしまう。だから、そんな取材の仕方をする人はいないわけである


から、「ここが、XXXを作っているYYY会社ですねー。お邪魔しまーす」みたいなシーンは100%ヤラせなのである


撮影のため、小道具を持たされることもある。例えば私はプログラマーとして紹介される場合、決まって、PCに向かってキーボードを叩いてプログラムしているところを撮影させてください、みたいな話になる。そのプログラムを作ったのが私でなくとも、である。まして撮影中にプログラムが書けるはずもなく、これまた適当に何か文字をタイプしているだけとなる。しかし「普段、こういう風に開発している」ことには違いないので、まあ間違ってはいないのだが、これもヤラせと言えばヤラせである


また、こんなケースもある。ずいぶん前のことになるが、どうもそのときテレビ局ディレクターは、私が簡単なプログラムであくどく儲けているところを撮りたかったようなのだ。実際はあくどく儲けてなんかなかったし、私自身はさほど儲かってもなかったのだが、その番組で使う流れ上、そういう風に私を撮影したかったようなのだ。当時、コタツに入って仕事してて、コタツの上に食べかけのお菓子やらミカンやらが散在していた。「このコタツの上を片付けてもらえませんか」みたいな話になって、コタツの上やら部屋のなかやらいろいろ片付けた。私は普段はそんな状態で開発をしていたわけではないので、普段の状態ですらない。全くのヤラせであった。だからと言って許されない範囲のヤラせだとは誰も思わないだろう。


ついでに言うと、私の「これではほとんど儲かっていませんよ」みたいな発言は編集ですべてカットされていた。どちらかと言うとそっちのほうが問題だと思うのだが、本論とはズレるので話を先に進める。


ともかく、普段の仕事風景ありのままに撮りたいのであれば本来盗撮するべきである。そうしてこそ初めて普段の仕事風景が撮れるわけであるしかし、現実的にはそうは出来ないので、取材でテレビカメラが回っているときに、取材される側の人間は普段の仕事風景っぽく演技しなければならない。もうこの時点でヤラせと言えばヤラせだし、こういうのをヤラせだと言い出すとキリがないのである。取材という性質上、どうしても作った映像になってしまうのは仕方ないのである


こんなことは、サンタクロースを信じている小学生でもない限り、考えればわかるはずであるが…。


さて、私は先日、NHKの『サキどり』という日曜の朝の番組の取材を受けた。

http://www.nhk.or.jp/sakidori/backnumber/140622.html


その放送内容は電王戦関係の話題に始まり、人工知能人間頭脳に迫ろうとしているという内容の放送があった。朝の情報番組なので比較的軽めの内容ではあるのだが、それでも激指開発者鶴岡先生研究室コンピューター将棋で使われている機械学習を応用して英文の誤りの自動検出プログラムを開発しているだとか、Google自動運転カーを作っているだとか、東大合格を目指す東ロボ君のプロジェクトリーダーへのインタビューだとか、取材は多岐に渡り、きめ細かな取材をされていた。さすがNHKだと思った。


この取材のなかで、NHK番組ディレクターからコンピューター将棋の開発をしている人はこんな(立派な?)仕事もしているだとか、コンピューター将棋プログラムはこんなプログラムに応用できる、応用しているみたいなものは何かありませんか?」と尋ねられたので、ああそういや、私が六本木ヒルズにあるセキュリティ会社CTOをしていることを「やねうらおは見栄を張って嘘言ってんだろw」ぐらいに思ってやがる輩がいまだにいるので、「おっしゃ、ワイの勇姿を全国放送で見せたるわい!おんどれら、メン玉ひんむいてよう見とけ!」とその会社に行ったときに取材してもらおうとNHKのそのディレクターに提案したのだが、取材日に折り合いがつかなかった。


仕方ないので、私が技術顧問をしているゲーム会社ゲーム製作のための授業をしているところでも取材してもらおうと思った。普段、何かのついででないと私はその会社には行かないので取材日を指定するなら交通費ぐらいNHK側で出して欲しいと思ったわけだ。そのことをそのディレクター相談したところ「最近、ヤラせ報道とかに対して厳しくて、すみませんが、お金は出せないことになっているんです」とのことだった。


あくま日常的にやっていることを取材して撮影するわけだから、そのための費用NHKが出すのはご法度ということなのか。いやー、そうは言っても、日常的にやってはいるけど、取材日を指定されるとわざわざその日に行かざるを得ないですよ?宿泊費は自腹で出しまから交通費ぐらいでませんの?出ない?そうですか…。


みたいなやりとりのあと、そうだ、いま取り組んでいる自動作曲プログラムのほうを取材してもらおうと思った。私は作曲家芳川よしのさん( http://www.yosshibox.com/ )と定期的に会って自動作曲ソフトのためのミーティングをしているので、コンピューター将棋ソフトの探索技術自動作曲ソフトに応用できるという趣旨で取材をしてもらうことになった。芳川さんとは、私が東京出張に行ったときはじかに会って話をしているのだが、そうでないときSkypeビデオチャットをしている。


番組ディレクターからは「Skypeではなく、実際に芳川さんに来ていただくことは出来ませんか?」と言われたのだが、芳川さんが東京から私の仕事場(大阪)に来る用事もなかったので「交通費でませんか?」と尋ねたが、「それはやはり出せない」とのことだった。


交通費を出したところで、これがヤラせに該当しないことは明らかだと思うのだが、ヤラせにつながるためか、こういう費用は一切出せないことになっているらしい。だったら取材費などの名目で出して欲しいところであるが、NHKは取材費は基本的に出さない。


このように書くと、「やねうらおは目立ちたいから取材費なんかなくても喜んでテレビに出るんだろ(藁)」とか言う声が聴こえてこなくもないが(そういう気持ちが無いとも言い切れないが)、何故私が取材費も出ないような取材に応じているかと言うと、電王トーナメントエントリーしたときドワンゴ側にサインして提出した書類には「メディアの取材には応じること」ということが明記されているかである。いや、明記されてなくても基本、取材には応じるけども、今回のように取材に応じてその交通費が自腹というのは非常に理不尽だと思うのだが…。(注:電王戦関係ドワンゴに行く場合交通費に関してはドワンゴからもらえます。念のため。)


そうこうしているうちに「せっかくテレビに映るなら、PCモニター越しではなく直接映りたい!」という芳川さんの希望があったので、私が芳川さんの交通費を出してあげて大阪まで来てもらうことになったわけだ。


番組ディレクターからの事前の話では、私と芳川さんがピアノの前で話している映像番組エンディングで使われるとのことだった。私と芳川さんとの事前打ち合わせでは、私がピアノを弾く係となるはずであった。芳川さんは作曲家ではあるが、DTM主体ピアノはブルグミラー程度の腕前らしく、「それなら私(やねうらお)のほうが上手いよね…」という理由で私が弾く係(ピアノの前に座る)となるはずであった。ところが、その番組ディレクター希望で私が芳川さんのノートPC(DTM用)を持って椅子に座り、芳川さんがピアノを弾いている映像撮影することになった。


この『サキどり』の放送されたエンディング部分を見ると、芳川さんには紹介のテロップが入っていないのでどこの誰かもわからない。私がノートPCを持っているので、そのノートPC上で動く自動作曲ソフトで作った曲をあたかも演奏者の人が演奏しているかのような映像になってしまっている。この放送を観てそのように誤解して受け取らない人が一人でも居るというなら教えて欲しいぐらいであるノートPCのほうは、DAW(曲作りのためのソフト)が立ち上がっているのだが、私は使ったこともないソフトであり、使い方もわからないソフトである


まあしかし、「コンピューター将棋技術自動作曲に使える」というのは事実であり、私が自動作曲ソフト製作であることも事実である。それはきちんと視聴者に伝わっているわけで、イメージ映像としてはこれでいいのではないかと思う。この程度のことをヤラせだの捏造だの言うと映像編集という仕事自体が成り立たなくなるのである


どうかNHKは、世間からのヤラせ批判などに負けず、取材の時には交通費ぐらい出せる体質になっていただきたく、よろしくお願い申し上げます。


あ、あと。ちょうどその番組放送を見てらしたシンガーソングライター樋口了一さんからはこんなツイートが。

https://twitter.com/ryoichihiguchi/status/480505494180614144

f:id:yaneurao:20140801063230p:image

ジャックジャック 2014/08/01 14:30 予想ありがとう御座いました。

あまりにも長時間だと人間不利なのかなと感じました。
菅井さん 可哀想なぐらい疲れてたような・・

>最近、ヤラせ報道とかに対して厳しくて、すみませんが、お金は出せないことになっているんです

これ嘘と本音が混じりあってる感じがしますね。

ヤラせ報道に厳しいのは昔からですよね。
ヤラせに厳しいとか云々関係なく(ヤラせに厳しいってのは本当だとは思うが)
NHKの方針としてお金は出さないって事だと思います。

NHK杯 テレビ将棋トーナメント
NHK紅白歌合戦
等々 NHKの番組はギャラが安いって噂で聞きます。

twinings04twinings04 2014/08/01 19:35 はじめまして

内容はやらせと演出の違いのように思いますね。

例えば打ち合わせ後に玄関から訪問という場合は演出で、

撮影時に何かハプニングが起こったとしてそれが実は番組サイドの企画でそれが企画だと述べられなかったような場合はやらせになると思います。

ゆうたろうゆうたろう 2014/08/01 23:58 第二回将棋電王トーナメントの募集がはじまりましたが
やねうら王は今回も出場されるのでしょうか?

り 2014/08/02 13:05 A氏は確かに電車を使ってB地点からC地点に移動したみたいなことを確実に証明できればいいだけなので、NHKの誰かが同伴して移動するみたいなシステムを構築すべきなんでしょうね。

「やらせにつながるかラ〜」なんて脳味噌使わないお題目となえるだけの体質を籾井さんなら変えてくれるんじゃないのかな?知らないけど。

名無し名無し 2014/08/02 19:57 確かに、放送内容に問題があった時、金銭の授受があったかどうかがまず調べられるはずです。
しかし、授受があった場合、あらぬ嫌疑をかけられてしまうので…というのは建前論ですね。

本音は…。
現場スタッフは相手を説得し易くて仕事が進む。
上層部は取材コストをカットできて嬉しい。

やねさんが希望する方向には行くわけないと思いました。まる。

ストーリーありきストーリーありき 2014/08/03 01:22 「ほんっっと〜〜に不愉快」 漫画家・唐沢なをき氏、非常識すぎるNHK取材に激怒…番組放送中止要請
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1301496.html

kbkb 2014/08/10 19:01 そういえば電脳戦のゴタゴタも、そういうTV的なやらせの責任を
やねさんひとりにおっかぶせられたような話でしたよね…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20140801
 | 

1900 | 01 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 |


Microsoft MVP
Microsoft MVP Visual C# 2006.07-2011.06