Yappo::タワシ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-02-21

今日みた夢

会社清澄白河の方にあったり、埼玉方面から出てる京王線経由で高尾山いこうとしたら電車賃1500くらいかかったり、出社のルートが家から赤坂方面あるいて清澄白河に戻って意味判んなくて、ようやく会社に入ろうとした所で、自宅に入ってきた。何故か。自宅に。


家の中の配置が自宅(夢の世界の配置?)と違う違和感があって、というか新品のボットン便所で。

何か知らないけどすっげー見に覚えの無い広い家で(普段の夢でも見た事ないとこ)で、奥の部屋言ったら自宅でやるような葬式風だった。

で、家族とかが少人数で居るわけだけど、その遺体の筈の人が起き上がって、よく見たら15年前死んだ祖母だった。

とりあえず死んでるから抱きかかえるように支えてあげて、周りから「これは夢かなにかだから終わったら起きてメモれ」的な事を言われた。そのあたりから夢の中に居るという強い認識とともに何か意識が凄くはっきりした。



で、話し始めた。

あなたのお母さんね、今日の16時で亡くなっちゃうからね。お腹が弱ってたみたい。

それと毎晩20時頃に猫が鳴くから、愛ちゃんの喪が明けて謹慎が解けた愛ちゃん家族が大変な事するから警察に対応させる事。

だけど警察は投げやりだと思う事。

的な事を言っていた。夢なのでやっぱり言葉の細かいとこ迄わすれる。


という所で夢の中が不安定になったので、起きようとしたが起きれずいたけど

1分くらい悶えてようやく起きようとして、起きたら何か卵の薄皮みたいな感じで包まれてた。

まだ夢じゃんって事で薄皮破いておきて、これを書いてる所。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yappo/20090221/1235179192