Hatena::ブログ(Diary)

やさぐれメルヘン

Nov 18, 2016

[]マイセンのマグカップ

ネットで買ってよかったと思うものを備忘録がてらに紹介したいと思って始めたカテゴリ。


f:id:yasagure-m:20161118113624j:image:w360

http://www.le-noble.com/d/s/product_info/404438135181/

母の日にお義母さんに贈った、マイセンのマグカップ。マイセンってものすごーくお高いのでは…?と思いつつも、お義母さんがマイセンが好きでいらっしゃるので、母の日の予算内でいいものはないかなあ、と調べて選んだもの。

意外と手頃で柄のいいマイセンのマグカップが少なく、こちらをネットで見つけた時には即買いでした。実際届いたものも写真と遜色なく、マイセンは持ちやすい為か、お義母さんもプレゼントしてからずっと愛用してくれています。

男女問わず使えるものなので、ちょっといい贈り物としておすすめです。

Jan 24, 2015

[]体育館の殺人

体育館の殺人

体育館の殺人


アニメオタクで学校にほぼ住んでて秀才の男子高校生が、体育館で起こった殺人を論理的に解いていく話。

登場人物達の行動に無駄な描写が少なく、難解な表現もなく、見取り図もついていて、とても分かりやすくて良い。まあ、どんなに文章が分かりやすくとも肝心のミステリとして機能していなければ意味がないけれど、粗削りながら素人目にもきちっと論理を組み立てていたと思う。が、北村先生も具体的には言わなかったのか、一つ特に気になった所があった。以下ネタバレなので反転にて。

単行本p276にて、裏染はもし自宅から二本傘を持ってきていたなら、傘を二本手に持つのは周りの注意を引いてしまうのでそれはない、と論じている。けれど、そのトイレに置かれた傘を差して、もう一本折り畳み傘か何かコンパクトな雨具を鞄に入れておく、という考えも出来るのではないだろうか。偽装用に使う傘を差す奴はいない、というのでは余り論理的ではない。結果として、折り畳み傘を使った者はいなかったにせよ、この部分もきちんと論理的に消去して欲しかった。あるいは、もう一つの可能性として残し、後に消去すべきだったのではないか。

また、読み終えてしばらくして気付いたのは、プロローグ=放送部部長を殺した犯人のものではない、ということ。密室殺人が計画的ではなかったのだから、当然「完全犯罪」とのたもう辺りが違和感。とってつけたようなエピローグでなく、きちんと構成されているなあ、と思った。

Aug 24, 2014

[]恋人と私

前々から私の中身が好きな男なんて信用ならないから、もっとわかりやすく外見が好きだという稀有な男と付き合いたい…と思っていたのですが、恋人がまさにそういう人で、私に本当に惚れてくれているのだな…と始めの頃こそありがたく照れくさく思っていたのですが、一ヶ月経ってもそんな感じなので、だんだん心配になってきてしまい、「脳髄からおかしくなっているのでは…?」と今日だけでも二回言いましたし、真剣に一度MRIを撮って欲しいと思っています。

Aug 22, 2014

[]

20日に彼氏が休みが取れるということで、彼氏(独身)と彼氏の娘さん(あんちゃん)と動物園と秋保温泉のプールに行こう、と車を出してもらい、三人で行ってきました。道中、後部座席でiPadでずーっと「トムとジェリー」の動画を観てるあんちゃん。集中力が凄くって、子供とは思えないほど静かなものでした。三人で一番うるさいのは、まあ私です。


f:id:yasagure-m:20140820103930j:image:w360


一時間ちょっとくらいで八木山動物園に到着。ウサギが見たい!と折角の動物園なのに小動物をまず観たがるあんちゃん…。順路としては、カバ辺りから巡る感じだったので、どの道入口付近にあるウサギは最後に観れるだろうとウサギはラストに取っておくことに。

彼が入ってトイレに行きたい、というので、順路の最初辺りで待ってようかと思ったものの、あんちゃんに手を引っ張られてずんずん先に進むことに。まだ会って三回目なのに、この人見知りのしなさたるや。見習いたいものです…。彼とは電話で連絡を取り合って、無事合流。


f:id:yasagure-m:20140820105455j:image:w360f:id:yasagure-m:20140820111125j:image:w360

f:id:yasagure-m:20140820111634j:image:w360f:id:yasagure-m:20140820112035j:image:w360

f:id:yasagure-m:20140820113355j:image:w360f:id:yasagure-m:20140820113747j:image:w360


私はホッキョクグマが大好きなので、ホッキョクグマゾーンですっごく興奮してました。暑くて面倒くさがったのもあり、ほぼホッキョクグマの写真しか撮ってません。彼が「(ホッキョクグマと)一緒に写真撮ってあげるよ」と言うのに、「私はホッキョクグマ単体が好きなの!!私が映ったら邪魔なだけだから!!!」と力説する私。あんちゃんは、ホッキョクグマには全く目もくれず、先に行ってしまってました……。

後半はライオンが見たい!と息巻くあんちゃんでしたが、肝心のライオンは暑さでだらけてました。湿度の高い暑さには、百獣の王も勝てないようです。同じ猛獣の虎も日陰にいるし、元気なのは猿類ばかりでした。先祖が同じ私(27歳)と彼氏(40歳)は、坂の多い動物園でへばってましたけど。

一通りぐるっと回ったところで、お目当てのウサギへ向かう私たち。「ウサギと触れ合えるかなあ?」というあんちゃんに、「ふれあえるでしょ」としれっという彼氏。が、いざ行ってみるとウサギは檻に入って触れる感じでもなく、ウサギさんの餌さえも売り切れ。その辺の草あげよーぜ、と草を持ってくる彼を「だめです!」と叱りました。

ウサギに触れずしょんぼりのあんちゃん。ウサギに触れるだろう、と言っていた彼氏の尻を「おしおきだー!」と蹴るか叩くかしてました。私この、あんちゃんが彼にお仕置きする光景が大好きなんですけど、何でしょうねこれ、性癖?

動物園を満喫してココスでお昼ご飯を食べて、秋保温泉の華乃湯のプールに行こう!と思ったのですが…何と終日清掃中で、プールは今日は入れないとのこと。凄いショックでしたが、帰って来てからホームページ見たら、ちゃんと清掃の日付書いてありました。完全にチェック不足です。

着いたのが14時半くらいで、他のホテルも15時にはプールは終了とのこと。宿泊客も来るから仕方ないか…と思いつつ、スライダーを楽しみにしてたあんちゃんのがっかりした顔を見てると、胸が痛みました。

折角水着も持ってきたし、どこか別の所を探そうと思い、ジャバかクアハウス碁点の二択で、ジャバは一昨日あんちゃん行ったばかりだし、彼も温泉がいい、と言ったので、山形県の村山市まで行くことに。碁点にはスライダーがないので、その旨を道中話すと「やだやだー!」とあんちゃんはごねちゃいましたが、彼が碁点を押し通して、村山市までドライブ。今調べ直したら、天童市にある総合運動公園には屋外プールにスライダーがあるみたいだったので、来年はそっちに一緒に行けたらいいなあ。

クアハウス碁点のプールは、サイトで見るよりも控えめなサイズでちょっと拍子抜けしました。ちびっこがあまりいないのは良かったけど、その分水中歩行がっつりしてるじいちゃんばあちゃんの多いこと。ぐるぐるプールを回るもんだから、ちょっとした流れるプールになってました。うーん…夏休み中くらいプールは子供に譲ってあげたりとかないのかな…?

まあそれでも子供ですから、誰がいようと関係ありません。思いっきり泳ぎます。はしゃぎます。前まで水泳を習っていた為か、あんちゃんの水泳のフォームは綺麗で、すいすいクロールで泳いでました。それに引き換え、彼の泳ぎ方ときたら、何故か足が浮かず、クロールしても腰から下が沈んでる。あんちゃんにも「パパ、だっめだなー!」と散々言われていました。幼少期に五年スイミング習ってた私のクロールも、彼に言わせると「溺れてた」なので、人のことは笑えません…。でも、だんだんと感覚取り戻してきましたからね!

ちなみにプールで写真は撮らなかったので、あんちゃんのキュートショットも私のセクシーショットもございません。ノーモアロリコン。

18時半頃にプールからあがり、大浴場に行こうと更衣室で水着を脱いでいた時、急にあんちゃんが「なつきちゃんは、結婚してるの?」(※彼女に私と彼はお友達と話してます)と言われ、ふきだしてしまいました。「ううん、結婚はしてないよ」「そっかー。結婚はさ、男の人から言ってくれなきゃだめだよね!!」と女子らしいあんちゃん。言うだけ言って、ゴーグルを忘れたまま颯爽とロビーへ行ってしまいました…さすがだぜ!

夜ごはんは何食べたい、とあんちゃんに聞くと、「ココスしか浮かばない」とのこと。彼が「牛丼は?」「和食は?」「麺は?」としきりに聞くも、「やだ。麺類はやだ!」と。普段あまり外食しないのと、偏食気味のあんちゃんの為に、夜もココスへ。ココスはまあ美味しいし、夜と昼とではちょっとメニューも違うから私も全然良かったのですが、昼におこさまナポリタンを食べたあんちゃん、夜は別なのにする、と言って、選んだのはおこさまうどん。うどんは麺類やないかーい!と彼と二人、心の中でずっこけました。

Aug 14, 2014

[]

ルームメイト [DVD]

ルームメイト [DVD]

深キョンの顔が好きなのとレンタルランキング上位だったので借りてきてはみたものの、このオチって本当に色んな本で読みましたわ、という感想。私が個人的にこのオチが好きではないのと、主役二人の演技力がアレなのに脇を固める人が弱い、というのもあって、映画としてはいまいちだと思った。正直、予告編のが怖い演出がしてあって、本編はそこまで怖くもない。