Hatena::ブログ(Diary)

左の人がいないからこんな事も書けるのよ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-23

1歳 1歳を含むブックマーク

今日、デビが1歳になった。正確には今日の13時6分。

いつもの通り、目覚まし時計が鳴る20分前の6時50分に、お腹を空かせて起きたデ

ビの「起きて遊んで」攻撃を受けて起きた。

寝ぼけ眼でデビを抱っこし、今日着て行く下着類をタンスから出してから、新聞

を取りに行き、キッチンに行ってミルクを作って、居間のカーテンを開けて、デ

ビを横に寝かせ、ミルクを飲ませてやりながら、冷蔵庫から水を出してコップで2

杯を一気に飲む。

そこで初めて今日はデビの誕生日だった事を思い出し、「おめでとう」と声をか

けた。

ソファーに座って新聞読みながらテレビニュースを見る。

テレビでは、早実地元への凱旋の様子が写ってる。

デビは一心不乱にミルクを飲んでる。

一年前の事が嘘のように遠い昔のようにも思えるし、つい数ヶ月前にも思える。

夜更かし癖がついたかみさんは、まだ寝てる。

自宅にずっといて刺激もさほど無い生活でストレスもあるだろうし、お義父さん

の事で心痛も大きいので、今は好きに自分のペースでやり繰りしてもらえればい

い。

シャワー浴びるために、デビを一旦寝室に戻す。

かみさん寝ぼけ眼でデビの「起きて遊んで」攻撃を受ける。

僕の出勤準備が終わり、寝室のかみさんとデビに行ってきますの挨拶。

今日ゴミの日だったのでゴミを持って出る。

上を見上げたら、かみさんがデビを抱っこして見送ってくれていた。かみさん

デビ、1年間ありがとう&誕生日本当におめでとう。

僕は君達と出会え、一緒にいられる事が何より何より嬉しい。

今日は美味しいケーキを買って帰ります。

ご馳走作って待っててください。

お母さんが読んで聞かせるお話 お母さんが読んで聞かせるお話を含むブックマーク

先日実家に帰った時に話題に上った絵本で、子供の頃、それはそれは大好きだっ

た。

どうも、僕か弟が、友人の出産祝いにとプレゼントしてしまったらしい。

どうしてもデビに見せてやりたくなったので、先週から調べていた。暮らしの手

帖社から、1970年代に出版され、藤城清治という人の影絵がとても印象的な絵本

「お母さんが読んで聞かせるお話」という題名で、AとBが出版されている。

さっそくググってみてもどの古本屋サイトでも売り切れ。

ヤフオクでも出品がない。

駄目元で、先週神保町にある「みわ書房」という絵本を主とする古本屋さんに、

入荷したら連絡をいただけるよう御願いしておいた。

で、昨日連絡あり!!

さっそく昼食を兼ねて(みわ書房さんが入っている古書センターにはかの有名な

カレー屋ボンディが入ってる!)取りに行くと、値段も超良心的。

ちなみにボンディは休み・・・キッチン南海カツカレー

で、ホクホクと持って帰ってきた。

ついでにみわ書房さんの近所の「ブックハウス神保町」という、これまた絵本

新品)専門店に寄ってみた。

女性&子供率100%だったのでちょっと居心地悪かったけど、対象年齢1歳のコーナ

ーを聞いて、だ〜れだ〜みたいな遊びができる、いかにも丈夫そうな絵本を購入

デビの誕生日プレゼントができた。

会社バリバリと袋を開けて懐かしさに浸りながら「お母さんが〜」を見

ていたら、隣の課の女の子が「ああ〜!!」と奇声を上げながら駆け寄ってきて

、「それ私が大好きだった絵本だ!」との事。

藤城清治さんの影絵は本当に綺麗で、子供心にはちょっと怖いなぁと思う感じな

んだけど、とにかく印象が残る残る。

かみさんもきっと喜んで読んでくれると思う。

あ〜早く帰って見せたいなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yasbay/20060823