Hatena::ブログ(Diary)

おわり。

2013-02-13 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

OperaがWebkitに堕ちるという。*1

まじか。

まじだった。

ついに維持できなくなったかという納得がまずやってきた。つぎにそこに至るのに捨てたプライドを思い、悲しくなった。

そして最後に、「それならまたOperaを使ってみよう」という喜びが湧いてきた。

Linux版でIMEがマトモに使えなくなった2010年にOperaを捨て、それ以来は試しすらしなかった。拡張まで備えたchromiumは便利で、さらにHT-03A⇒X06HT⇒SC-04DとAndroid一筋ゆえにブックマーク同期が便利すぎた。Google様に心とプライバシーを捧げていた僕には、OperaMobileは今一歩という印象だったのだ。

しかしそれでも。FirefoxのMobileよりはOperaの行く末に期待していた。

でなければ、今、ここに記事など書いていない。

まず、Operaが大きなものを捨てた。そしてこれからなにを拾うのか。まずはOperaMobileを、そしてWebkit版デスクトップを、楽しみに待ちたい。

MrTMrT 2013/02/14 00:26 Opera Ice の事ですか?

moonstonemoonstone 2013/02/14 18:09 おひさしぶりです。私もびっくりしました。
Opera界隈の人たちはどういう反応してるのかなと思って、昔のリンクをたどって来ました。
正直私もずっとchromeです。webkitにするというのは英断だと思っています。ちょっぴり期待してます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yaske/20130213

2010-02-18 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今では立派なchromium使いです。「どーせOperaで対応しないから」とweb系サービスに無関心だったのが、どんなに不幸なことだったかを思い知らされました。不満としては戻ると進むだけ面倒ですが、なんかもう慣れました。

あ、yaske.comは何故かまだ所持している状況でしたが、さっきDNS情報を消してきたので使えなくなってるはずです。

というわけで、僕がyaskeという名前を使うのもこれで最後とします。みんな、ありがと。愛してたよ。

edvakfedvakf 2010/02/18 14:54 yaske さんと会ったことはちゃんと覚えてますよ。寂しいですが、またいつかお会いするときがあればよろしく。

kara35kara35 2010/02/18 17:23 寂しくなります。
yaskeさんのおかげでおぺらーになれたのに。
またいつか会えたらいいな。
その時はまたOperaにピザおごってもらいましょうね。

ArcCosineArcCosine 2010/02/19 22:24 今までありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。

KurumaKuruma 2010/02/20 11:46 寂しくなりますが……またお会いする日まで!

imaosoimaoso 2010/03/05 01:18 おいおい、何言ってんの?
適当にかっこつけて終わってる場合か。

っちゅーか。お世話になりました。ほんまに。
今の私があるのはyaskeさんのおかげです。
これが最後ならば、yaskeでない方とまた遊びましょう、

家までおしかけるよ。
いや、ほんま。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yaske/20100218

2010-01-01

QTを除去するといった時点でそんな気はしていたが、実際に起きるとつらいものがある。 QTを除去するといった時点でそんな気はしていたが、実際に起きるとつらいものがある。を含むブックマーク QTを除去するといった時点でそんな気はしていたが、実際に起きるとつらいものがある。のブックマークコメント

uimから日本語入力できねー。xim経由もアウトなのか、これは?

scimやibusなら入力できるのかもしれんけど、試す気にもならない。何故なら現状SKK使いがマトモに使えるIMエンジンはuimだから。(scim-skkやibus-skkは完成度が低い。ibus-skkは将来マトモになるかもしれないが…)

これにてOperaとはさようならですね。android携帯のおかげでgoogle依存が強くなってたのもあるので、chromeさんこんにちはです。

と、いったもののchromeに乗り換えようとすると、Opera7の「良いところもあるんだけど痒いところに手が届かない」感覚を思いだしたり。

chimakichimaki 2010/01/03 20:21 Operaは一体どこへ行こうとしているのだろう?