yasuchan’s blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2019-01-02 年始に目を通したライフハック311 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。年始に確認したライフハック311項目をここにメモしておこうと思います。既知のものも多かったですが、今年はなるべく生活習慣の中にこれらを落とし込んでいければと思っております。

  1. 時間の使い方を変える
  2. モーニング・ページ(ジュリア・キャメロン)
  3. 細切れの時間
  4. 満足化(Satisficingm, ハーバート・サイモン
  5. コイントス
  6. 同じ判断は2度しない
  7. 言葉を真似る
  8. レトリック変換(否定→肯定
  9. メモとペンを持ち歩く
  10. What will Jesus do?
  11. イエスマン
  12. ルーティンを変える
  13. 鍵習慣・サポート習慣(S.J.スコット)
  14. 過程を楽しむ
  15. 時間は分・秒まで正確に意識する
  16. 時間を測定する
  17. 時間分解能を上げる
  18. 毎日の行動をメモする
  19. タイマーを持ち歩く
  20. タニタTD-370N
  21. メールにかける時間は1分を基本に
  22. 電話:「いま3分しかありませんので」
  23. 電話:留守電で選別
  24. マトリクス:「時間差で対応できる」「時間が拘束される」
  25. 時間の見積もりは2倍にする
  26. 時間を見える化:時間トラッキングサービス
  27. RescueTime
  28. 24時間のテンプレートを作成する
  29. 「固定時間」に「フローティング時間」を挟む
  30. 通勤時間:有効活用する
  31. 通勤時間:削減する(引っ越す)
  32. 黄金時間を記録する
  33. 黄金時間に最難関タスクを充てる
  34. メールを朝一番に見ない
  35. メールチェック時間を宣言する
  36. 日・週・月の計画を立てる
  37. 週の計画:カレンダーに記入し損ねている予定はないか
  38. 週の計画:移動時間を含めた前後の予定を計画しているか
  39. 週の計画:来週の仕事のために割り当てられる時間はどの程度か
  40. 週の計画:十分な休息と余暇を割り当てているか
  41. 月の計画:締め切りまでの日数はどの程度か
  42. 月の計画:逆算して今のうちに始めたほうがよい予定はないか
  43. 月の計画:予約、調整が必要なスケジュールはないか
  44. プランニングの時間をカレンダーに設ける
  45. すべての予定はクラウドにまとめる
  46. カレンダーは10種類作って組み合わせる
  47. 予定は1時間単位ではなく、30分単位で
  48. 余暇の時間」をあらかじめカレンダーに入れておく
  49. 「ロード時間」と「セーブ時間」を意識する
  50. 「30秒以内に見つかるか」というルールを徹底
  51. 「残業はいつだって非効率」と考える
  52. アイゼンハワーマトリクス(緊急性・重要性)を使って、時間の割り当てを決める
  53. アイゼンハワーマトリクス(緊急性・重要性)を使って、点数化する
  54. 80:20の法則(パレートの法則)を味方につける
  55. 仕事に入る儀式を決めて、レジスタンスを乗り越える
  56. 1日の最初の30分で一番回避しているタスクに手を付ける
  57. 立ち止まってしまいそうなときに「先送りメモ」を付ける
  58. 5分間だけ取り組み「ダンジョンの大きさ」を測る
  59. パーキンソンの法則で「自分締め切り」を設定する
  60. 1年の目標を横目に、四半期の目標を繰り返す
  61. 音声認識で、歩いている時間も書類が書ける
  62. ATOKやTextExpanderに「よく使う文章」(1日3回以上)を登録
  63. TextExpanderで穴埋めメール術
  64. Markdownで高速に文章を書く
  65. ToDoリストを作って仕事をラクにしよう
  66. ToDoリスト:「やるべきこと」と「できればいい」ことは分ける
  67. ToDoリスト:優先度はつけない
  68. ToDoリスト:を不安のリストにしない
  69. ToDoリストの紙と書き方にもこだわる
  70. やらないことリストを作っておく
  71. ToDoのフォーマット(1)ノートブック
  72. ToDoのフォーマット(2)ポスト・イット
  73. ToDoのフォーマット(3)ロディア
  74. ToDoのフォーマット(4)情報カード
  75. ToDoのフォーマット(5)個人ホワイトボード
  76. ToDoのフォーマット(6)組み合わせて使う
  77. ToDoのフォーマット(7)パソコンやスマートフォンアプリを使う
  78. タスクに「動詞」を入れると実行力が上がる
  79. S.M.A.R.T(スマート)方式(ジョージ・T・ドラン)
  80. 1枚の紙から、アクションを次々に撃ち出すDoingリスト
  81. ToDoリストの「ゾンビタスクは不安を明らかにしてくれる→細分化
  82. クローズ・リスト(マーク・フォースター
  83. 「この場所に来たら通知」してくれる機能を活用する
  84. GTDの考え方(1)頭を空にしてストレスフリーになる(実行、ToDo、プロジェクト、あとで、資料、ゴミ)
  85. GTDの考え方(2)「頭を空」にするときの3つのコツ(目的、拾う、すべてが書かれていないという気持ち)
  86. GTDの考え方(3)2分でできることはその場でやってしまう
  87. GTDの考え方(4)「次のアクション」をひたすら回していく
  88. GTDの考え方(5)ToDoコンテキストで管理する
  89. GTDの考え方(6)週に一度はタスクを頭の外に追い出す
  90. マインドマップ(トニー・プザン)で大きな仕事を具体化する
  91. ブレイクダウンとボトムアップを使い分ける
  92. ロケットスタート―20%の時間で80%を完成させる
  93. 致命的な「ショーストッパー」を意識する
  94. 作業を「下り坂」でパーキングする
  95. 終わった仕事はテンプレート化する
  96. タスクダイエットを心がける
  97. ファースト・タスクを決めておく
  98. メールからタスクを剥ぎ取る「インボックス・ゼロ」法
  99. 返信する必要のあるメールは「読みました、あとで返事します」とだけ返信し、ToDoに書き込む
  100. Inbox by Gmailでメールを未来に先送りする
  101. Boomerangでメールの送信時間を未来に設定する
  102. モレスキンノートでGTDを実践する
  103. Evernoteタスクを管理する
  104. マルチプラットフォームToDo管理サービス、Todoistを使う
  105. パソコンで活用できるタスク管理アプリ&サービス 1.Rmember the milk
  106. パソコンで活用できるタスク管理アプリ&サービス 2.Toodledo
  107. パソコンで活用できるタスク管理アプリ&サービス 3.OmniFocus
  108. パソコンで活用できるタスク管理アプリ&サービス 4.Things
  109. パソコンで活用できるタスク管理アプリ&サービス 5.Microsoft To-Do
  110. スマートフォンで活用できるタスク管理アプリ 1.Clear
  111. スマートフォンで活用できるタスク管理アプリ 2.30/30
  112. スマートフォンで活用できるタスク管理アプリ 3.Habitica
  113. 48:12時間分割法とダッシュ法(10:2)
  114. 「シングルタスク」を心がける
  115. 似た仕事は「バッチ処理」を基本にする
  116. ポモドーロテクニックフランチェスコ・シリロ)でより「長いペース」を作る
  117. パソコンとスマートフォンの通知をすべて切ってみる
  118. 電話とインターネットを引き抜いて作業する
  119. 自分の「脱線パターン」を意識しておく
  120. まとまった仕事が終わるたびにパソコンを再起動する
  121. タスクに点数をつけてバランスさせる
  122. 気の進まない仕事は「選択」に置き換える
  123. 気の進まない仕事は「分解」する
  124. 選択肢とやりがいを都合よく調整する
  125. 会話のなかで相手の名前を使うことで記憶する
  126. 記憶力を底上げする「記憶の宮殿」を建ててみる
  127. 長くて複雑なパスワードを暗記するコツ(無関係単語法)
  128. フルパワーで生きるための睡眠の10-3-2-1ルール
  129. 緊張とストレスをときほぐす呼吸法をSpireで学ぶ
  130. 怒りを制御するための3つのテクニック 1.手のひらをパー
  131. 怒りを制御するための3つのテクニック 2.肩を下げる
  132. 怒りを制御するための3つのテクニック 3.声のスピードを落とす
  133. 落ち込んだときは、自分を肯定する言葉を大量に投下する
  134. ホワイトノイズで集中力を上げ、ストレスを下げる(noisli)
  135. 好きな音楽を入れた「ブースター・プレイリスト」をつくる
  136. 昼寝の最適時間は10〜20分
  137. Sleep Cycleで一番眠りの浅い瞬間に目覚める
  138. チェックリストでささいな失敗を防止する
  139. 自動化できるものはすべて自動化する
  140. 自動化するかどうかの目安は節約時間ではなく、利用回数
  141. IFTTTでウェブ生活自動化する
  142. 出勤・退勤時間を自動的に記録する
  143. iPhone/iPad自動化はWorkflowで
  144. バックアップを確実にする「3-2-1ルール」
  145. Blackblazeでバックアップ自動化する
  146. Hazelでデスクトップのファイルを自動的に整理する
  147. 時間を生み出す究極の修行「プログラミング」を学ぶ
  148. 「情報ダイエット」でセンスをみがく
  149. 情報を集めるタイミングと読む時間をずらす
  150. フロー情報は3つに分流して処理する(必須情報、スキャン情報、スキップ情報)
  151. Googleアラートで情報に向こうから来てもらう
  152. RSSで情報を1ヵ所に集約する
  153. 嫌なニュースはそもそも見ないという選択
  154. 二次情報サイトに時間をかけてはいけない
  155. Nuzzelで友人・注目する人のシェアしている情報を受け取る
  156. フィルターバブルを意識して情報元を増やす
  157. 使いこなしたいGoogle検索のテクニック:完全に一致させるには二重引用符
  158. 使いこなしたいGoogle検索のテクニック:除外するには先頭にマイナスを
  159. 使いこなしたいGoogle検索のテクニック:ORで「もしくは」を表現する
  160. 使いこなしたいGoogle検索のテクニック:ORで分けたものを()で結合する
  161. 使いこなしたいGoogle検索のテクニック:「100..200」100〜200の数字にマッチする
  162. 使いこなしたいGoogle検索のテクニック:「site:」特定のサイト内の検索
  163. 使いこなしたいGoogle検索のテクニック:「related:」関連するサイトを検索
  164. 毎週金曜日にアルバムを1枚買う
  165. コンテンツとの偶然の出会いを意識する(サジェスチョンを利用する)
  166. すべての紙はデジタル化すると誓う
  167. コンパクトな裁断機を家庭か職場に確保する
  168. 毎年提出する書類をデジタル化して記入する
  169. Evernoteを使いこなすための3つのノートブック(インボックス、ウェブクリップ、資料)
  170. 「読まない」ことが読書の極意
  171. 「速く読む」ために、頭の中の声をマントラで抑制する
  172. 速読の代わりに、いくつもの本を同時に読む
  173. 毎日の「読書ジャーナル」をつくる
  174. Audibleを使って本は耳で聴いてしまう
  175. 記事を耳で「読む」ためのPocketの読み上げ機能
  176. 洋書を短い断片に分けて送信してくれるSerial Reader
  177. 知的限界を突破する「ディープ・ワーク」の時間をもつ
  178. 集中的特訓で10000時間の練習を加速させる(Deliberate Practice)
  179. 学びのジェットストリームを維持する
  180. Lyndaを使ってスマートフォンスキルを学ぶ
  181. オリジナル発音記号で英語の発音を正確にうつしとる
  182. クリップボード履歴ツールは、小さな縁の下の力持ち
  183. Gmailの検索をマスターする
  184. アプリケーションランチャーを使わない手はない
  185. 職場のメールを、Gmailで送受信する設定
  186. duetでiPhone/iPadを外部ディスプレイにする
  187. クラウドストレージをメインの作業場所にする
  188. Gmailのメールの固有リンクを活用する
  189. Gmailフィルターでメールを1通でも減らす
  190. デスクトップを「押し出しファイリング」で管理する
  191. アイデア法(1)すべての発想はリミックスである
  192. アイデア法(2)大量の悪いアイデアをつくる
  193. アイデア法(3)「執着期間」(obsession)で狂ったように発想する
  194. アイデア法(4)情報カードの星座でパターンを見出す
  195. 毎朝5つのアイデアを書き留める
  196. 「欧楊脩、三上=馬上、枕上、厠上」、「3B=Bed、Bath、Bus」、コンテキストの違う単純作業をして発想
  197. テーマを決めて、歩きながら考える
  198. 梅棹式「こざね法」でアイデアの断片をストーリーにする
  199. アウトライナーで、マクロとミクロの思考をつなぐ(Word, OmniOutliner(mac), Workflowy)
  200. 記憶を記録に変えるユビキタス・キャプチャーの習慣
  201. ユビキタス・キャプチャーモレスキンで実践する
  202. ユビキタス・キャプチャースマートフォンで実践する(DayOne, Evernote)
  203. ブログは、情報アウトプットの最高のトレーニング
  204. 1日に10万字を読んで、5000字をアウトプットする
  205. 小さな違いが、スライドを個性的に見せる
  206. プレゼンの印象が一変する「体を開いた」姿勢
  207. 自然なプレゼンは1分あたり400文字を目安にする
  208. 録音でプレゼンの「あー」「えー」を根絶する
  209. 怒りや不安を、メールや手帳に書いて積み下ろしする
  210. 利き手と逆の手を使ってマインドフルネスを体感する
  211. ハッカソン個人的に開催する
  212. すべてのミーティングは「対話メモ」にしておく
  213. 仕事のメールはすべてアーカイブする
  214. Noといえないなら「Yes, but」を取り入れる
  215. 他人の「No」はこのように理解する
  216. 会話から抜け出すために、自分自身に電話をかける
  217. 嫌な人の言動は「ハンロンの剃刀」を通して見る
  218. ザイオンス効果を利用して気難しい人を味方にする
  219. 敵対的な空気を和らげる 1.表情を制御する(眉を上げる、目を大きくして意外そうな表情をする)
  220. 敵対的な空気を和らげる 2.ゆっくりしゃべる
  221. 敵対的な空気を和らげる 3.体を相手に向けず、角度をつけるか横に並ぶ
  222. 敵対的な空気を和らげる 4.可能なら第三者を呼ぶ
  223. 会話ではカメレオン効果を意識して、相手の姿勢を真似る
  224. フランクリン効果で相手の好意を引き出す
  225. 人間というコンテキストタスクを管理する
  226. チームの運営は「心理的安心感」を尺度にする(全員発言、発言を途中で遮らない、ディスカッションタイムなど)
  227. チームの仕事のプロトコルを決めておく
  228. ミーティングの進め方を決めておく
  229. 「立ち話」のアイデアをチームと同期する手段(Slack)
  230. 全員の週間タスクを貼り出しておく
  231. チームのタスクを付箋で管理する
  232. 複雑な仕事はツーマンセルで行う
  233. 2人1組の意外なメリット
  234. 短所は長所――異なる才能で仕事を高める(才能は多次元で、必ずどこかに組み合わせ方がある)
  235. 他人にふった仕事は、次の日、中間日、3日前に確認する
  236. 転職活動やチャンスは「弱いつながり」のなかで探す
  237. P時間とM時間の両方を持つ
  238. 片付け前に写真を撮影してイメージ作りをする
  239. 「使用中・保管中・飾り」で持ち物を分類する(愛着の排除)
  240. 1日1箱の整理術
  241. 「紙→デジタル」のフローを机の上に作っておく
  242. ScanSnap Cloudで書類を全自動で整理する
  243. 未来に書類を飛ばせる43 Foldersシステム
  244. マグネットシートで空中にものを整理する
  245. 無印良品のEVAケースで小物を縦に整理する
  246. 思い出の品は捨てずにminikuraで保管する
  247. 冷蔵庫をすっきり収納できる3つのアイテム(1.ボトルホルダー、2.百均ショップの収納バスケット、3.仕切り板)
  248. モレスキン・ハック(1)あこがれの手帳を使いこなす定番ハック 1.ページ数を入れる
  249. モレスキン・ハック(1)あこがれの手帳を使いこなす定番ハック 2.情報は日付を入れて時系列で管理する
  250. モレスキン・ハック(1)あこがれの手帳を使いこなす定番ハック 3.上の部分に期間とおもな出来事を書いておく
  251. モレスキン・ハック(1)あこがれの手帳を使いこなす定番ハック 4.小口に色をつけて整理する
  252. モレスキン・ハック(2)拡張ポケットに窓をつくる
  253. モレスキン・ハック(3)写真シールでページを賑やかに(A-One)
  254. モレスキン・ハック(4)テンプレを透かして使いこなす
  255. レゴで身の回りの小物を自作する
  256. 手帳を彩る手描きアイコンを覚えておこう(Pinterestで「ノート ラクガキ」「notebook doodles」検索)
  257. 紙全体を使って、大量のアイデアを「キャプチャー」する(ニーモシネA4ノート、EDiTアイデア用ノート)
  258. 百均でも買える代用モレスキン情報カード
  259. 繰り返し使う書き込みは自作スタンプにする
  260. 「指差し確認」を生活にも取り入れる
  261. 充電ケーブルとバッテリーは行き先とカバンの数だけ買う
  262. 出張の準備を「指令書」にしてかばんに隠しておく
  263. 扇風機のあて方で暑い部屋を冷却する
  264. 毎日行う小さなトレーニングで、ゆるやかに健康を維持する
  265. 水を定期的に飲んで疲労を避ける
  266. TrackRで「なくし物」をスマートフォンから探せる
  267. イヤホンのケーブルは8の字で巻いて絡まりを防ぐ
  268. 充電ケーブルの断線はマスキングテープで防ぐ
  269. アフォーダンスを利用して傘の持ち去りを防ぐ
  270. 写真で髪型のテンプレートを保存する
  271. 防水から簡単な修理にまで使えるダクトテープ
  272. 旅行で役立つミニマル無印良品のアイテム:ポリエチレン小分けチューブ
  273. 旅行で役立つミニマル無印良品のアイテム:フィルム石けん
  274. 旅行で役立つミニマル無印良品のアイテム:携帯用ランドリーセット
  275. Googleオフラインマップを旅先で活用する
  276. 現地の人が使っているクチコミサイトを活用する(TripAdvisor, Travelocity, Yelp)
  277. 時差ボケを防ぐために重要な3つのポイント 1.旅の疲れをできるだけ軽減する
  278. 時差ボケを防ぐために重要な3つのポイント 2.脱水を避ける
  279. 時差ボケを防ぐために重要な3つのポイント 3.体内時間を現地に合わせる
  280. 時差を調整するサービスを活用する(JetLagRooster, entrain)
  281. 長時間フライトを快適にする3つの方法 1.適度の運動とちょっと大げさな水分補給
  282. 長時間フライトを快適にする3つの方法 2.ノイズキャンセリングヘッドフォンで騒音を抑える
  283. 長時間フライトを快適にする3つの方法 3.SeatGuruで快適な席を確保する
  284. 「やめない」仕組みをつくる
  285. 試す行動を、努力ややる気などに依存しないところまで小さくする
  286. 行動の回数を数えて調整してゆく(Streaks)
  287. 習慣のフィードバックループを意識して行動を変える(チャールズ・デュヒッグのトリガー、応答、報酬)
  288. 習慣のトリガーとして優秀なのは「時間」と「場所」
  289. 新しい行動の「習慣リボルバー」を撃ち続ける
  290. フランクリンの13徳目習得法
  291. 鎖を途切らせない「サインフェルドメソッド」(Don't Break the Chain)
  292. 手作り手帳の「習慣トラッカー」を使う
  293. 新しい習慣をすでにある習慣に「接ぎ木」する
  294. チャリティーを開いて習慣化を応援してもらう
  295. 続けないとお金が引き落とされるBeeminder
  296. 悪癖メモでやめたい行動を断ち切る
  297. 3種類ある「意志の力」を意識する(I won't → I will because → I want)
  298. 暗示の力でダイエットをする
  299. 毎日記録したい、3種類のライフログ(睡眠量(Misfit)、食事、調子の良さ)
  300. 写真は10倍撮影して、毎日1分の動画を撮影する
  301. AI時代に向けて、仕事を投げる訓練をしておく(Kaori-san)
  302. 「30日チャレンジ」で人生を楽しく変えてゆく
  303. 人生マッピングで長期的思考を俯瞰する
  304. 安心領域を攻略して不可能を可能に変えてゆく
  305. 究極のライフハック習慣としての瞑想(Insight Timer)
  306. ライフゴールを次々にかなえてゆく
  307. ライフスタイルインフレに注意する
  308. 一点の趣味だけを豪華にする
  309. 「変」であることを、どこかに持つ
  310. ニッチを攻める
  311. 人生の航路をゆっくりと変える(毎日の小さな行動から変える)

【主な参考資料】

2017-12-02

点検読書覚書 『アイデア大全 創造力とブレイクスルーを生みだす42のツール』読書猿, フォレスト出版

〈新しい考え〉を生みだす方法、発想法

  1. バグリスト 不愉快は汲めども尽きぬ発想の泉
  2. フォーカシング 言葉にならないものを言語化する汎用技術
  3. TAEマイセンテンスシート 何を書くか身体に尋ねる
  4. エジソン・ノート 発明王はここまでやる、1300の発明をもたらした3500冊
  5. ノンストップ・ライティング 反省的思考を置き去りにする
  6. ランダム刺激 偶然をテコに、枠を越える最古の創造性技法
  7. エクスカーション 手軽に大量のアイデアが得られる発想の速射砲
  8. セレンディピティ・カード 幸運な偶然を収穫する
  9. フィンケの曖昧な部品 創造性の実験から生まれたビジュアル発想法
  10. ケプナー・トリゴーの状況把握 直感を思考のリソースにする、懸念の棚卸し法
  11. 空間と時間のグリッド 異なるスケールを探索し、問題とその兆しを察知する
  12. 事例 ― コード・マトリクス 質的データを深掘りし仮説を見いだす
  13. P.K.ディックの質問 常識と日常を叩き割る最凶の問い掛け
  14. なぜなぜ分析 トヨタ生産方式を産んだ「カイゼン」由来の思考ツール
  15. キプリングメソッド 5W1Hという万能思考
  16. コンセプト・ファン 水平思考の開発者による、思考の固着を剥がすスクレイパー
  17. ケプナー・トリゴーの問題分析 Why(なぜ)をWhat/When(いつ何が)に変換する
  18. 仮定破壊 発想の前提からやり直す
  19. 問題逆転 発想の狭さを自覚させる簡易ゲージ
  20. ルビッチならどうする? 偉大な先人の思考と人生を我がものにするマジックフレーズ
  21. ディズニーの3つの部屋 夢想ミッキー・実務家ドレイク・批評家ドナルドダック夢想を成功に結びつける
  22. ヴァーチャル賢人会議 発想法の源流にまで遡る、方法としての私淑
  23. オズボーン・チェックリスト ひらめきを増殖させるアイデア変形の十徳ナイフ
  24. 関係アルゴリズム 認知構造の深い部分で働くメタファーの力を、活発にし利用する
  25. デペイズマン シュルレアリストが駆使した奇想創出法
  26. さくらんぼ分割法 軽便にして増減自在の、新世代型組合せ術(アルス・コンビナトリア)
  27. 属性列挙法 潜在的な記憶宝庫を賦活化し使い倒す
  28. 形態分析法 鬼才天文学者が開発した総当り的発想法
  29. モールスのライバル学習 あえて避けているところはないか?そこに探しているものはないか?
  30. 弁証法的発想法 矛盾や対立こそ創造的発見のヒント
  31. 対立解消法(蒸発する雲) 組織/社会の問題から個人の悩みまで、対立/ジレンマを解体するスキナーナイフ
  32. バイオニクス法 何十億年の自然淘汰が磨いた生物のもつ優れた「知恵」を我がものにする
  33. ゴードンの4つの類比(アナロジー) 問題解決過程の録音と分析から抽出されたシネクティクスの中核技法
  34. 等価変換法 アナロジー発想法の最終到達
  35. NM法T型 4つの質問で自分の中のリソースを違うやり方で読み出す、アジャイルアナロジー発想法
  36. 源内の呪術的コピーライティング 世に呪術〈まじない〉の種は尽きまじ
  37. カイヨワの〈対角線の科学〉 分野の仕切りを貫通する、最も長い射程をもつアナロジー
  38. シソーラスパラフレーズ 類語辞典を発想の支援ツールにする
  39. タルムード弁証法 すべてを失ったユダヤ人が生きのびるために開発したテクスト解釈法
  40. 赤毛の猟犬 アイデアの原っぱで転げ回る
  41. ポアンカレのインキュベーション すべてはここから始まった、発想法/創造性研究の源流
  42. 夢見 夜の眠りを味方につける

著者ご本人による書籍紹介や補足

http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-780.html

2017-11-30

点検読書覚書 『問題解決大全 ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール』読書猿, フォレスト出版

問題解決ステップ

  1. 問題の認知
    1. 目標設定 1,2,3,(27)
    2. 問題察知 4
    3. 問題定義 5,6,(28,29,30)
    4. 問題理解 7,8,(31,32)
  2. 解決策の探求 
    1. 情報収集 9,(33,34)
    2. 解の探索 10,11,12,13,(35)
    3. 解決策の改良 14,15
    4. 解決策の選択 16,17,18,19
  3. 解決策の実行 
    1. 結果予測 20
    2. 実行計画 21,(36,37)
    3. 進行管理 22,23
  4. 結果の吟味
    1. 結果の検証 24
    2. 反省分析 25
    3. 学習・知識化 26


問題解決技法

  1. 100年ルール 大した問題じゃない
  2. ニーバーの仕分け 変えることのできるもの/できないもの
  3. ノミナル・グループ・プロセス ブレスト+投票で結果を出す
  4. キャメロット 問題を照らす理想郷という鏡
  5. 佐藤の問題構造図式 目標とのギャップは直接解消できない
  6. ティンバーゲンの4つの問い 「なぜ」は4種類ある
  7. ロジック・ツリー 問題を分解し一望する
  8. 特性要因図 原因と結果を図解する
  9. 文献調査 巨人の肩に乗る
  10. 力まかせ探索 総当りで挑む万能解決
  11. フェルミ推定 未知なるものを数値化する
  12. マインドマップ® 永遠に未完成であるマップで思考プロセスを動態保存する
  13. ブレインライティング 30分で108のアイデアを生む集団量産法
  14. コンセプトマップ 知識と理解を可視化する
  15. KJ法 混沌をして語らしめる、日本で最も有名な創造手法
  16. お山の大将 比較で判断を加速する
  17. フランクリン功罪表 線1本でつくる意思決定ツール
  18. 機会費用 「選ばなかったもの」で決まる
  19. ケプナー・トリゴーの決定分析 二重の評価意思決定する
  20. ぐずぐず主義克服シート 先延ばしはすべてを盗む
  21. 過程決定計画図 行動しながら考える思考ツール
  22. オデュッセウスの鎖 意志の力に頼らない
  23. 行動デザインシート 過剰行動の修正は不足行動で
  24. セルフモニタリング 数えることで行動を変える
  25. 問題解決タイムライン 問題解決を時系列で振り返る
  26. フロイドの解き直し 解き終えた直後が最上の学びのとき
  27. ミラクル・クエスチョン 問題・原因ではなく解決と未来を開く
  28. 推論の梯子 正気に戻るためのメタファー
  29. リフレーミング 事実を変えず意味を変える
  30. 問題への相談 問題と人格を切り離す
  31. 現状分析ツリー 複数の問題から因果関係を把握する
  32. 因果ループ図 悪循環と渡り合う
  33. スケーリング・クエスチョン 蟻の一穴をあける点数化の質問
  34. エスノグラフィー 現場から知を汲み出す
  35. 二重傾聴 もう1つの物語はすでに語られている
  36. ピレネーの地図 間違ったプランもないよりまし
  37. 症状処方 問題をもって問題を制する

著者ご本人による書籍紹介や補足

http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-784.html

2017-09-18

読書猿さんの語学関連記事を自分用に見える化してみた。

英語学習方法論

  1. 発音センシティブな英語弱者のための数冊の浮き輪 読書猿Classic: between / beyond readers
  2. 叫ぶ英会話!音読が想像以上に凄い6つの理由 Read Aloud!! 読書猿Classic: between / beyond readers
  3. 中学0年生からやり直す英語読み 読書猿Classic: between / beyond readers
  4. 一人で読めて大抵のことは載っている教科書(洋書編):数学からラテン語まで(追記あり) 読書猿Classic: between / beyond readers
  5. 英単語の過剰学習にGoogleを使い倒すための+4クリックで英単語の定着率を飛躍的にあげる(追記あり) 読書猿Classic: between / beyond readers
  6. デスクトップに貼れる英語の「心臓部」/3つのイラスト 読書猿Classic: between / beyond readers
  7. 第2外国語に何を選ぶべきか?と考えることに意味はあるか? 読書猿Classic: between / beyond readers
  8. 家で辞書を引いてくる《予習》は単語を覚える役に立たない 読書猿Classic: between / beyond readers
  9. 辞書をうまく使えない人は、わからない言葉だけを引いている 読書猿Classic: between / beyond readers
  10. 英語の接尾語(辞)をまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
  11. 英語の接頭語(辞)もまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
  12. ボキャブラリーの「広げ方」をマインドマップで書いてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
  13. 英語圏大卒社会人のコアボキャブラリーAWL570を7クリックで覚える表 (旧題:570の学術系英単語を5クリックで覚える表) 読書猿Classic: between / beyond readers
  14. むかし村上春樹が書いてた、英語が読めるようになるほとんど唯一の方法、というか「生き方」 読書猿Classic: between / beyond readers
  15. 今あるだけの貧弱なボキャブラリーでも何とかする英語の技術 読書猿Classic: between / beyond readers
  16. おちこぼれのチャーチルがノーベル賞までとった文才を磨いた教え 読書猿Classic: between / beyond readers
  17. 語学と精読を思考訓練に高める鈴木式6分割ノートがハンパない 読書猿Classic: between / beyond readers
  18. 語学学習に最適なオンライン上のこども百科事典をまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
  19. 97冊から選りすぐり→外国語学習の成功者たちがやったことまとめ 読書猿Classic: between / beyond readers
  20. 日本の英語教育が落っことしがちな英単語最頻出2000語を7クリックで覚える表 読書猿Classic: between / beyond readers
  21. 根気も時間もないあなたが外国語習得の臨界点を越える一番ゆるいスタートアップの方法 読書猿Classic: between / beyond readers
  22. 無料で学べる多言語学習のための教材と素材をまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers

 

時系列順

  1. William Strunk,E.B.White: "The elements of style" 読書猿Classic: between / beyond readers
  2. 発音センシティブな英語弱者のための数冊の浮き輪 読書猿Classic: between / beyond readers
  3. 叫ぶ英会話!音読が想像以上に凄い6つの理由 Read Aloud!! 読書猿Classic: between / beyond readers
  4. 中学0年生からやり直す英語読み 読書猿Classic: between / beyond readers
  5. 最小限の英語 読書猿Classic: between / beyond readers
  6. 最低限の英語2 “言い返す” 読書猿Classic: between / beyond readers
  7. 一人で読めて大抵のことは載っている教科書(洋書編):数学からラテン語まで(追記あり) 読書猿Classic: between / beyond readers
  8. 原書を読みたいが自信がない? よろしい、ならばVery Short Introductionだ 読書猿Classic: between / beyond readers
  9. 世界一わかりやすい、完璧な「おバカさん」のための洋書シリーズ 読書猿Classic: between / beyond readers
  10. 「血を吸う」って英語でなんて言う?/英英辞典の粋で助かる使い方 読書猿Classic: between / beyond readers
  11. 子供の辞典は、今さら聞けない大人の味方である(英語篇) 読書猿Classic: between / beyond readers
  12. 英単語の過剰学習にGoogleを使い倒すための+4クリックで英単語の定着率を飛躍的にあげる(追記あり) 読書猿Classic: between / beyond readers
  13. 62の言葉を英語で独習するリスト/Teach Yourself Complete Courseシリーズ 読書猿Classic: between / beyond readers
  14. 経済学英語ハンドブック(名古屋大学高等教育研究センター)が地味にスゴイ 読書猿Classic: between / beyond readers
  15. デスクトップに貼れる英語の「心臓部」/3つのイラスト 読書猿Classic: between / beyond readers
  16. [基本英単語]その意味の「大海」を名訳に乗って渡りきる/翻訳訳語辞典×Basic English 読書猿Classic: between / beyond readers
  17. [英語]主張は現在形、データは過去形、先行研究は現在完了形で書かれている 読書猿Classic: between / beyond readers
  18. 第2外国語に何を選ぶべきか?と考えることに意味はあるか? 読書猿Classic: between / beyond readers
  19. 家で辞書を引いてくる《予習》は単語を覚える役に立たない 読書猿Classic: between / beyond readers
  20. 辞書をうまく使えない人は、わからない言葉だけを引いている 読書猿Classic: between / beyond readers
  21. 英語学習という「民間療法」のウソ/×聞くだけでOK、×単語は文で覚えろ 読書猿Classic: between / beyond readers
  22. 「英文法」「英語構文」をスルーしてしまうと「考える」ことができない人になる理由/人工言語体験としての英文法・英語構文/人文学の形稽古 その5 読書猿Classic: between / beyond readers
  23. パソコン、ロケット、ダイナマイト……世界を変えたあの発明の特許全文が読める 読書猿Classic: between / beyond readers
  24. 学術書や論文に出てくる略号をまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
  25. ゆるふわポリグロット(多言語使い)に捧ぐブックリスト 読書猿Classic: between / beyond readers
  26. 英語の接尾語(辞)をまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
  27. とある科学のノンフィクション賞/アベンティス改め王立協会科学図書賞 読書猿Classic: between / beyond readers
  28. 夏休みだし絵本で英語でも(子供の本は大人の味方−オンライン篇) 読書猿Classic: between / beyond readers
  29. 夏休みだし絵本で英語でも(子供の本は大人の味方−紙の絵本篇) 読書猿Classic: between / beyond readers
  30. 英語で(無料で)聞く世界の名作200選 読書猿Classic: between / beyond readers
  31. 英語の接頭語(辞)もまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
  32. リスニング、あと何が足りないか? 読書猿Classic: between / beyond readers
  33. ボキャブラリーの「広げ方」をマインドマップで書いてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
  34. フリーの英単語リストをまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
  35. 英語圏大卒社会人のコアボキャブラリーAWL570を7クリックで覚える表 (旧題:570の学術系英単語を5クリックで覚える表) 読書猿Classic: between / beyond readers
  36. アメリカ映画ベスト100の脚本(スクリーンプレイ)を集めてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
  37. ニーチェを読む暇があったら、さっさと英語を読めるようにした方がいい 読書猿Classic: between / beyond readers
  38. むかし村上春樹が書いてた、英語が読めるようになるほとんど唯一の方法、というか「生き方」 読書猿Classic: between / beyond readers
  39. ネットで引ける世界の百科事典(up-dateしました) 読書猿Classic: between / beyond readers
  40. 今あるだけの貧弱なボキャブラリーでも何とかする英語の技術 読書猿Classic: between / beyond readers
  41. もう書き出しは迷わない/アタマにやさしい文章構成のルール 読書猿Classic: between / beyond readers
  42. おちこぼれのチャーチルがノーベル賞までとった文才を磨いた教え 読書猿Classic: between / beyond readers
  43. 日本人が英語ができた時代→ネットで読める至宝の英語参考書 読書猿Classic: between / beyond readers
  44. 言葉は静かに街に眠る/世界一素敵なラテン語の授業 読書猿Classic: between / beyond readers
  45. ここまでできる→ネットで無料で読める世界の語学教科書(古典語篇) 読書猿Classic: between / beyond readers
  46. 語学と精読を思考訓練に高める鈴木式6分割ノートがハンパない 読書猿Classic: between / beyond readers
  47. あなたが知らずに話しているドイツ語 /知的革命の残響を聞く 読書猿Classic: between / beyond readers
  48. 語学学習に最適なオンライン上のこども百科事典をまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
  49. 意外と知らない英辞郎で必要な英文/和訳を素早く探す4つの基本技 読書猿Classic: between / beyond readers
  50. 無料でここまでできる→外国語を書くのに役立つサイト24選まとめ 読書猿Classic: between / beyond readers
  51. 97冊から選りすぐり→外国語学習の成功者たちがやったことまとめ 読書猿Classic: between / beyond readers
  52. 日本の英語教育が落っことしがちな英単語最頻出2000語を7クリックで覚える表 読書猿Classic: between / beyond readers
  53. そのボキャブラリーでどこまで理解できるのか?/英、仏、西、露、中、朝、日語の頻出順単語リストとカバー率 読書猿Classic: between / beyond readers
  54. ランドセルは軍用だった→あなたが知らずに話しているオランダ語 読書猿Classic: between / beyond readers
  55. アメリカの小学生が文の構造を見える化し英語文法を血肉化するのに使っている図の描き方 読書猿Classic: between / beyond readers
  56. (実況中継)英文精読はここまでやるー精読とはコンテキストを補完しながら読むこと 読書猿Classic: between / beyond readers
  57. 借りれる英語力ー英会話をアクティベートするフレーズストックの定番書8+1冊 読書猿Classic: between / beyond readers
  58. 無料で学べる多言語学習のための教材と素材をまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers

2016-09-03

「将棋 棋書ミシュラン!」総合評価S,A,Bランク棋書をKindle Unlimitedより抽出したリスト

将棋 棋書ミシュラン!」という将棋に関する書籍の評価サイトでS、A、Bランクの評価を受けている書籍をkindle unlimitedより抽出したリストを作成しました。

将棋 棋書ミシュラン!」にはこちらから。

2016年9月3日現在の情報によるリストです。

あいうえお順での著者別分類形式で記載しています。

原則、[出版年月][タイトル][著者(敬称略)][出版社][棋書ミシュラン総合評価]という順で棋書を表記しています。

近年は棋書出版のペースが速いためか、棋書ミシュランの管理人さんに未だ評価されていない棋書が新刊本を中心に多数あるようです。そのような本は、Kindle Unlimitedで案外たくさん公表されていますが、未評価ゆえに当リストには載せてありません。管理人さんの評価が待たれます。

私が確認した限りでSランクの棋書が6冊、Aランクの棋書が83冊対象とされており、ジャンルも多彩なので、大盤振る舞いといえるのではないでしょうか。ただし、Sランク棋書の多く、あるいは多くの方にバイブルとされる羽生善治先生、渡辺明先生、藤井猛先生などの棋書はあまり対象とされておらず、万能とまではいえなさそうです。

当リストには入っていませんが、雑誌『将棋世界』がバックナンバーを含め対象となっている点は付記しておきたいと思います。各種名局集も対象のようです(9月3日現在、名局集は対象外になってしまっているようです。)



青野照市

阿部健治郎

飯島栄治

石井健太郎

糸谷哲郎

稲葉陽

上野裕和

及川拓馬

  • 2013-02 すぐ勝てる!急戦矢倉,及川拓馬,マイナビ A

勝又清和

門倉啓太

金井恒太

  • 2010-08 対急戦矢倉必勝ガイド,金井恒太,MYCOM A

北島忠雄

北浜健介

木村一基

桐山清澄

  • 1989-05 次の一手「仕掛け」,桐山清澄,創元社 B

窪田義行

久保利明

近藤正和

坂口悟

佐々木慎

佐藤天彦

佐藤和俊

佐藤康光

週刊将棋

所司和晴

菅井竜也

杉本昌隆

鈴木大介

瀬川晶司

先崎学

高崎一生

高橋道雄

高見泰地

武市三郎

谷川浩司

田丸昇

遠山雄亮

戸辺誠

豊島将之

内藤國雄

長岡裕也

中川大輔

永瀬拓矢

中田章道

中村修

中村太地

西川和宏

沼春雄

  • 2007-04 1手・3手必至問題,沼春雄,創元社 B
  • 2003-10 大人のための将棋再入門,沼春雄,創元社 A

野月浩貴

橋本崇載

畠山成幸

羽生善治

日浦市郎

広瀬章人

深浦康市

藤倉勇樹

藤森哲也

  • 2014-08 藤森流急戦矢倉,藤森哲也,マイナビ A

松田基弘

宮田敦史

武者野勝巳

村田顕弘

  • 2013-07 アマの知らない マル秘定跡,村田顕弘,マイナビ A
  • 2012-02 最新戦法 マル秘定跡ファイル,村田顕弘,マイナビ B

村山慈明

森信雄

屋敷伸之

八代

山崎隆之

吉田正和

米長邦雄

渡辺明