思いつきのメモ帳

2016-07-24

[]40代の人でも幼少期の記憶はあやふやだったりする

久々に更新。

7月23日付け読売新聞朝刊を読んでいて、「あれ?」と思った記事。
2面の『「空のF1」で日本人初優勝 室屋義秀さん 43』

f:id:yasugoro_2012:20160723112157j:image:medium

記事中で次のように紹介されている。

幼稚園の頃、アニメ機動戦士ガンダム」を見て「空を自由に飛びたいと思った」。


しかし、今年43歳の人が幼稚園児の時にガンダムを見ているのかな?と思い確認してみた。

まず、『機動戦士ガンダム』の放送期間は1979年4月7日から1980年1月26日である。
一方、室屋義秀氏は1973年1月27日生まれの43歳だ。
室屋 義秀 | Red Bull Air Race

室屋氏は早生まれなので1972年出生の人と同学年であり、1979年4月には満6歳として小学校に入学していたはずで、「幼稚園の頃にガンダムを見た」というのは室屋氏の記憶違いか勘違いではないかと思われる。とはいえ、室屋氏が飛行士を目指したきっかけが幼少時のガンダム体験であることは間違いないのだろう。

時々、高齢者体験談の細部の誤りをあげつらって否定しようとする言動を見かけることがある。中には「認知症w」と半ば嘲笑気味な発言を目にすることもある。しかし、室屋氏のような40代の若い人でもこのような記憶違いをするものである。高齢者体験談に多少の間違いがあっても、同様に単なる記憶違いに過ぎない場合もあるだろう。加齢による認知症が原因とは安易に言えないし、高齢者の多少の記憶違いをあげつらって「認知症w」と嘲笑するのは慎みたいものだ。

まあ兎に角、室屋氏の今後の更なる活躍を期待したい。

QLOOKアクセス解析