ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

毎日「ゴキゲン♪」の法則・Study RSSフィード Twitter

HAPPYは「今日の自分に満足する」ことから
〜読書と知的探検を通して“私の時間”を楽しく〜

    

カテゴリーについて
過去のProject一覧
更新履歴
「読書メモ」の表記について



ただ今継続中のProject:

「たすくま」「習慣化」「整読」「願いごと手帖」「ライフログノート」「増田式・超絶技巧入力」 ※「断捨離」はLife版に移動しました(2014.12.20)

コメント歓迎!古い記事でもお気軽にどうぞ

2012年02月20日

プロフェッショナルのことば(2)

2月13日の続きです。

久しぶりに見た「プロフェッショナル 仕事の流儀」は、今までに登場した人たちの心に残ることばを集めた特集だった。
言葉のチカラスペシャルPart2 プロフェッショナルを導いた言葉

心に響いたもうひとつの言葉は、野生動物専門の獣医師・齊藤慶輔さんの

決まった道はない。ただ行き先があるのみだ

だった。

齊藤さんは当時、絶滅危惧種のオオワシがハンターの鉛弾による鉛中毒で次々に死んでいく現実に直面していた。鉛弾の撤廃を訴えても、いち獣医師の言うことなど取り合ってもらえない。
この言葉はそんな頃、調査で向かったサハリンで、ロシア人運転手が何気なく言ったもの。

目標さえはっきりしていれば、どんな道を通ってでも必ずたどり着ける。道は自分で作ればいいのだ。そうハッとしたそうだ。
私たちはついつい今ある道からどれを選べばいいのか、と悩んでしまいがちだ。道がなければあきらめてしまう。


でも、それは違う。一番大切なのは自分がどこを目指しているかだけなのだ。
私もハッとさせてもらった。折あるごとに思い出したい、大切な言葉になった。