Hatena::ブログ(Diary)

やすこちゃんの日記

2018-10-27

やすこちゃんの日記が 引越しします ヾ(´Д`)ノ☆

↓↓↓↓↓↓↓↓ こちらの日記に引越しします ヾ(´Д`)ノ☆

https://yasukochan.hatenablog.com/



今までの日記も そのまま移行しています


これからも どうぞよろしくお願いいたします

m(。−_−。)m

2018-10-14

60年に一度 ヾ(〃^∇^)ノ 嵯峨天皇の般若心経

大覚寺嵯峨にある超有名なお寺ですが

実は嵯峨天皇が書かれた般若心経が勅封として奉安され

なんと今年が丁度1200年に当たるんです 


60年に1度だけ開封されるというラッキーな機会です

10月1日のニュースで 扉の封を切るところが映ってたよね

(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン


Tさんに 行こう行こうよ!! バスの定期を有効利用しようよ・・・

ε=ε=ε=((((o^ー^)o ブ-ン!!

f:id:yasukochan:20181014150454j:image:w360

★ 平成30年「勅封般若心経戊戌開封法会」----------


1200年前の平安時代、都で大飢饉による疫病が流行りました。

時の帝であられた嵯峨天皇さまは、弘法大師さまのお勧めにより、

写経をなされました


嵯峨天皇が紺紙に金泥で

『 一字三礼 』の誠を尽くして般若心経を書写されると、

勅封(封印)として奉安し、国民の安泰を心から願われました。


すると疫病はたちまちに治まり、大いなる功徳を得られました。


奉安された年が

弘仁九年(818)の戊戌(つちのえ・いぬ、ぼじゅつ)の年であったことから

干支が一巡して戊戌が巡り来る60年ごとに勅使によって

その御写経(勅封心経)をご開封し、

天下泰平をお祈りすることが伝統儀式であり、「戊戌開封法会」の由来です。


特に今回は20回目の戊戌という吉祥なる勝縁を迎えたのです

----------------------------------------------


f:id:yasukochan:20181014110740j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014110817j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014110855j:image:w360

戊戌開封法会期間中は、出口を別所に設け、一方通行になっているので

まず最初に勅封心経殿に進みます


f:id:yasukochan:20181017010122j:image:w360

長い廊下を渡っている間に薬師如来様のご真言を声を出して練習します

オン コロコロ センダリマトウギソワカ (^-^*)♪♪


そして、お坊様が皆の掌に清め香を少しずつくださいます

塗香のさわやかな香りが掌だけでなく、全身を包んでくれる気がします

o(*^▽^*)o


触るわけではなく、見せていただくだけなのに

こんなに丁寧な扱いをされるとは、いかに大切なものかというのが

ヒシヒシと伝わります


f:id:yasukochan:20181017004941j:image:w360

写真はトラベルMAR-KERのサイトより


勅封心経殿の中に入ると

真ん中に薬師如来様 左手に薬壺を持っていらっしゃいました

その前に写経を入れたあっただろう立派な櫃があり

一番手前のガラスケース越しに 嵯峨天皇のかかれた般若心経がみれるのです


1200年も前の文字を直接目にできるというのは感動です

紺色の紙に金色の文字で書かれてありました

とても薄くなっている所と

今でもはっきりと文字が読めるところとありました (^-^*)/

美しいまま、残されているのは

よほど大切にされていたのでしょうね


一人のお坊様が専属で、すっとご真言を唱えておられます

私たちもご真言を唱えながら拝見させていただきました

ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪


感動冷めやらず勅封心経殿を出ると、写真がOKになります

f:id:yasukochan:20181014113151j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014113257j:image:w360

このあと、順路は宝物殿へ

そこには、今見てきたばかりの嵯峨天皇写経の複製が

とてもきれいな姿で展示されてありました


嵯峨天皇といえば三筆と言われ

日本の書道史上の能書のうちで最も優れた3人

空海嵯峨天皇橘逸勢)のうちの一人です ┗|*`0´*|┛



復元模写をじっくり見ていても

一文字一文字がとても美しく・・・・・・ ん???

一文字じゃあなく一行で見てみると 全体の縦の軸がブレているよ ?(゜_。)?

と気づき、ハッと思い出しました


嵯峨天皇写経をされたときに『 一字三礼 』だけど

この礼というのは、最も礼儀をつくした礼 五体投地ですと

以前に教えていただきました

五体投地というのは、両肘、両膝、頭を地面につけるのです  w|;゚ロ゚|w

一文字ごとにそれを3度するのですから、

前の文字と次の文字のつながりが悪くて当たり前


改めて嵯峨天皇が日本の国を良くしたいと願っていた

お心持がわかる気がして、感動を覚えました ヾ(*≧∇≦)〃


レプリカが置いてあるお部屋には 嵯峨天皇だけでなく

後光厳天皇後花園天皇後奈良天皇正親町天皇さま、光格天皇

勅封般若心経も見ることができました

昔の人って滑らかな文字が書けるのねと改めて自分の文字を情けなく思ったり…

現代の皇室の方々やら、なんと京都検定でよく出てくる

田邊朔郎の般若心経までありました ヾ(〃^∇^)ノ

f:id:yasukochan:20181014120503j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014121349j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014121548j:image:w360

もうちょっと膝を落として写せばよかったな^^;


★大沢の池


大覚寺のお庭にあるのは かの有名な大沢の池です

ともかく大きいのです

f:id:yasukochan:20181014115915j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014125949j:image:w360

この龍頭鷁首船でお抹茶を頂けるはずだったのに

台風のため、それも中止になってしまい

泉仙のお弁当も売り切れ ナンタルチーア.+(〃ノωノ)゚.+°―!!


f:id:yasukochan:20181014132658j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014132738j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014133336j:image:w360

ゆばまんは中がとろりと とってもジューシーで大成功

みたらし団子は (;Α´∀`)


★名古曽滝跡

f:id:yasukochan:20181014125507j:image:w360

これは 入口の石碑で名古曽滝跡ではありません


残念ながら台風被害のため 近くまですら行くことができませんでした

w( ▼o▼ )w

名古曽滝は、離宮嵯峨院の滝殿庭園に設けられたもので、「今昔物語」では百済河成が作庭したものと伝える。水は早くから枯れ、石組みだけが残った。

大正11年国定指定名称に指定され、平成6年からの発掘調査で中世の遺水が発見され、平成11年に復元が完了した


滝の音は 絶えて久しく なりぬれど

     名こそ流れて なほ聞こえけれ

        大納言公任(百人一首 55番)


たきのおとは と詠むのか たきのねは・・・ どっちかしら ?(゜_。)?


★大柴灯護摩祈願法会


心経宝塔前に結界を張り 桧葉が積まれています

結界は正方形で四隅には御幣がつけられていますが其々御幣の色が違います

f:id:yasukochan:20181014143600j:image:w360

四隅には白・黒・青・赤

結界から出ているが近くの木に黄色の御幣


う〜〜〜ん と考えて  あっ ヾ(≧∇≦*)〃 四神だ!!

白虎玄武青龍朱雀じゃないかしら

でも黄色は・・・・・・ と声にだちゃってたら

山伏さんが 『 鬼門 』ですと教えてくれました


f:id:yasukochan:20181014140151j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014140205j:image:w360

山伏の皆さんが結界に入りました

f:id:yasukochan:20181014140801j:image:w360

赤い衣の方が一番くらいの高い人のようです

一人だけ 傘をさしてもらってるものね


お経を唱えた後

マサカリで四方を切るようなしぐさをします

f:id:yasukochan:20181014141510j:image:w360

わー こっちにも来た

f:id:yasukochan:20181014141607j:image:w360



次は四方に矢を射ます

f:id:yasukochan:20181014142204j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014142302j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014142303j:image:w360

上を向けて射るので、空高く弧を描いて落ちてきます

わ〜 ギリ 写ってた かすかに見えるかしら

f:id:yasukochan:20181014142405j:image:w360

お目当ての人は 走って取りに行くようです

良い厄除けのお守りになるんでしょうね


四隅の後は黄色の木に向かって矢を射 そして

中央に積んである桧葉に向かって矢を射ました


桧葉に向かってほら貝を吹き

f:id:yasukochan:20181014142804j:image:w360

呪文のようなものを唱え

f:id:yasukochan:20181014143601j:image:w360

火をつけます

f:id:yasukochan:20181014143826j:image:w360


私とTさんが あんなに青々とした葉っぱやったら燃えにくいんと違うの?

と漫才のような事を言い合っていると

結界の中にいる山伏さんが教えてくださいました


もしもし 昔のおじょうさん 護摩というものは火ではなくて

最初の煙が大切だから、生木の桧葉なんですよ

煙がモクモクとあがるでしょう 

それを天に昇っていく龍に見立てるんですよ 

   ヽ(。´Д`。)ノ へ〜 そうだったのかと納得♪♪


f:id:yasukochan:20181014145922j:image:w360

護摩木の準備かしら???

f:id:yasukochan:20181014144021j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014144118j:image:w360

全員で錫杖を打ち鳴らしながらお経を唱えます

f:id:yasukochan:20181014144811j:image:w360

立派な方は傘の下で扇がれながらお経を唱えます

f:id:yasukochan:20181014145833j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014145856j:image:w360

火が大きくなってきました

f:id:yasukochan:20181014150000j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014150454j:image:w360

こういう儀式って 引き込まれるような麻薬のような効果があるよね


護摩木がドンドン投げ込まれます

f:id:yasukochan:20181014145353j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014150523j:image:w360


嵯峨の『 たまごや 』

f:id:yasukochan:20181014154616j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014154623j:image:w360

フフフ 大覚寺に来たというよりも一番の目的はここかもしれません

たまごかけごはん」と「赤にぬき」と「ぷりん」ください

350円 100円 250円 です パチ☆"(p´Д`q)""(´pq`)"☆パチパチッ

f:id:yasukochan:20181014154057j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014155550j:image:w360

f:id:yasukochan:20181014155047j:image:w360


こんな風に今日も交通費0円のバス定期有効利用旅を楽しみました



楽しかったね 美味しかったね Tさん いつもありがとーね

 ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

2018-10-07

泣きたくなるほど美しい 。゚(゚^Д^゚)゚。 桂離宮

ドイツからやってきた建築家

ブルーノ・タウトも魅せられた 桂離宮 ヾ(´Д`)ノ☆


桂離宮というのは八条宮家初代の智仁親王と その子 智忠親王によって

50年もの歳月をかけて完成されました


時代は後陽成天皇後水尾天皇の頃

智仁親王後陽成天皇の弟で 次の天皇かと言われていたけれども…

そして桂離宮を造り

後水尾天皇も思い通りに政治ができずに、修学院離宮を造り…

あれ?似ているね


仲良しのTさんと一緒に行ったので私もテンション高いです

離宮に入る前からマックスです

f:id:yasukochan:20181007154432j:image:w360

Tさんが素敵な疑問 ねえ この垣根 綺麗ね〜 いったいどうなってるの?

葉っぱの色綺麗ね〜

なんで、生きてるのに高さがそろってるんやろう?

f:id:yasukochan:20181007154515j:image:w360

上をよくよく見ると

f:id:yasukochan:20181007140633j:image:w360

竹の茎の折り曲げたい部分を割いて 手前にグルンと折り曲げています

手前の茎は枝が下を向いています

f:id:yasukochan:20181007154112j:image:w360

こんな方法で、一年中青々としている生きたままの竹が生垣になるんです

何年も青々としているんですって

これが有名な『 桂垣 』 ヾ(仰゚Д゚)ノスゴッ!!!


続いて『 穂垣 』

f:id:yasukochan:20181007153213j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007153155j:image:w360

細い竹の節の位置が綺麗にそろっています

中に入る前からすでに感動でいっぱいよ ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

f:id:yasukochan:20181007152756j:image:w360

受付を済ませ 首から参観証をぶら下げます^^;


さあ、この扉からスタート ワクワクよ (^-^*)♪♪

f:id:yasukochan:20181007142858j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007142923j:image:w360

わ〜い 最初から美しい土橋です

f:id:yasukochan:20181007142944j:image:w360

単調にならないように 計算されつくしたズレです

橋の方向と道路の方向が少し違うのがわかるよね 

f:id:yasukochan:20181007152509j:image:w360


f:id:yasukochan:20181007143018j:image:w360

広く見えるように、向こうの道幅はわずかに狭くなっています

遠近法を強調するような手法で 視覚的により広く見えます


驚きの門は『 御幸門 』

f:id:yasukochan:20181007143040j:image:w360

(あべまき)という木の皮がついたままの丸太で屋根を支え

自然と一体化しています

f:id:yasukochan:20181007143614j:image:w360


石が敷き詰められた小道をよくよく見てみると

f:id:yasukochan:20181007143619j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007143631j:image:w360

石の平らな面を上に出して、綺麗に並べているのです !!(゚ロ゚屮)屮

名前を『 霰こぼし 』 

平らなので足の裏が痛くありません

水はけがいいように 真ん中が高くなっています


わびさびって、朽ちていくものを受け入れるような気がしていましたが

かなり積極的に技巧的に 何でもないような振りをさせているなんて

面白すぎますね ヾ(〃^∇^)ノ


f:id:yasukochan:20181007143644j:image:w360


『 御腰掛 』は座れなかった…残念 (・'v`・)??

f:id:yasukochan:20181007143720j:image:w360

左端の扉は、一度も使われたことがないトイレですって

入ってみたかったけど…ドアを開けて見るだけでも良かったのに…

説明の人が どんどん進みます w( ▼o▼ )w 口惜しや!!


足元の石も色が様々で引き付けられます

f:id:yasukochan:20181007143814j:image:w360

腰かけて正面に見えるのは 『 蘇鉄山 』

蘇鉄って、昔は高価なものだったのね

洛中洛外図屏風だったか?聚楽第の中にも蘇鉄の絵が描かれているし

二条城の大広間の奥のお部屋は蘇鉄の間だったな

ここに植えてある蘇鉄は薩摩藩からの献上品ですって

f:id:yasukochan:20181007143824j:image:w360


そんなことより、私もTさんも これは何?(゜_。)?

f:id:yasukochan:20181007144054j:image:w360

御腰掛から蘇鉄までの間に規則正しく3個ありました

「水はけをよくするためです」とかなり冷たく言われてしまった(;Α´∀`)


f:id:yasukochan:20181007143845j:image:w360

生込燈篭と二重枡形手水鉢『 涼泓 』


手水鉢は冬には中枡まで水を入れ

夏にはさらに外枡まで一杯に水を湛えて 風情の変化を表わします

よほどのお客様が来ない限り 蚊の対策で砂を入れているそうです


州浜に向かって歩きます


泣きたくなるほど美しい… ほんまやわ…

歩いていると 瞬間に景色が広がり パっと今までの景色とは変わるのです

f:id:yasukochan:20181007144142j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007144144j:image:w360

松琴亭が見えてきました 今はお庭と松琴亭しか見えません

f:id:yasukochan:20181007144241j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007144304j:image:w360

州浜の先の灯篭は 灯台の見立てらしい

そして 石橋から続く右上の細長い陸地は天橋立ですって


『 松琴亭 』

f:id:yasukochan:20181007144609j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007144502j:image:w360

松琴の扁額は後陽成天皇の宸筆です


f:id:yasukochan:20181007144544j:image:w360

正面左側にお茶室の躙り口が見えます

f:id:yasukochan:20181007144728j:image:w360

中を覗くと三畳台目のお茶室で

八窓の囲いの小堀遠州好みです 

最近 曼殊院の「八窓軒」も行ったので興味深いわ〜


市松模様 なんてモダンなんでしょう (゚д゚)(。_。)ウン!

f:id:yasukochan:20181007144742j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007144835j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007145127j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007144950j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007145101j:image:w360

この下に火を入れると、戸棚の中のものが暖められる

つまり、昔の電子レンジみたいなものらしいです

へ〜〜〜 ヾ(仰゚Д゚)ノスゴッ!!!


f:id:yasukochan:20181007145255j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007145333j:image:w360

どこを眺めても美しいね


f:id:yasukochan:20181007145448j:image:w360

踏み石は歩幅が広かったり狭かったり…規則的ではありません

f:id:yasukochan:20181007145631j:image:w360

土橋は歩幅が狭すぎて、味わいながら一歩を進めます

横を向くと…

f:id:yasukochan:20181007145621j:image:w360


『 賞花亭 』

f:id:yasukochan:20181007150017j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007145959j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007150141j:image:w360


『 園林堂 』

f:id:yasukochan:20181007150712j:image:w360


f:id:yasukochan:20181007150804j:image:w360

綺麗な模様になってるね パチ☆"(p´Д`q)""(´pq`)"☆パチパチッ


感動の『 笑意軒 』ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

f:id:yasukochan:20181007151340j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007150934j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007150913j:image:w360

どの窓も、庭を眺めるようになっていますが

唯一この窓だけが 外の畑を眺められるのです

そして 壁紙が見えますか?

f:id:yasukochan:20181010235604j:image:w360

センスが良いなんてもんじゃないですよね

f:id:yasukochan:20181007151035j:image:w360

ふすまの引手は船の櫂です


書院の月見

f:id:yasukochan:20181007151755j:image:w360

見上げずに、池に映る月を見たのかしら

f:id:yasukochan:20181007151517j:image:w360


f:id:yasukochan:20181007152013j:image:w360

鷺が来たよ

f:id:yasukochan:20181007151830j:image:w360


船の底のような屋根

f:id:yasukochan:20181007152026j:image:w360

かわいいふすまの柄

f:id:yasukochan:20181007152125j:image:w360

この棚に何を置いたんでしょう

f:id:yasukochan:20181007152233j:image:w360

樋まで素敵です

f:id:yasukochan:20181007152306j:image:w360

船には乗せてもらえませんでした

f:id:yasukochan:20181007152521j:image:w360


中に入らせてもらえないので 見れなかった桂棚は

Tさんがパンフレットを買ってくれたのでパチリ

f:id:yasukochan:20181007153459j:image:w360


はしゃぎ過ぎて ぐったりと写ってしまった二人

f:id:yasukochan:20181007152616j:image


もちろん中村軒に寄りました (@⌒ο⌒@)b

f:id:yasukochan:20181007160044j:image:w360

f:id:yasukochan:20181007161309j:image:w360


Tさん 楽しかったね いつも一緒に遊んでくれてありがとうね

ヾ(´Д`)ノ☆

2018-09-15

清水寺 青瀧会 o(*^▽^*)o

むか〜し昔のその昔 1200年以上も前のこと

桓武天皇京都に都を作ろうと決心されたのは

京都が四神相応の地だったから… o(*^▽^*)o


北の玄武船岡山 南の朱雀巨椋池 西の白虎山陰道

そして 東の青龍鴨川


青龍の地にある清水寺には

観音さまの化身である龍が音羽の瀧に夜ごと飛来して水を飲む

という伝承があります

また 奥の院南脇堂に祀られている夜叉神は

この青龍の地と御本尊を守り 

人々の悪縁を断ち良縁を結びなおす神として信仰されてきました

その二つが結びついて青龍会が始まったのです

f:id:yasukochan:20180915144553j:image:w360


行ってみたかった青龍会 今年は土日 やった〜 ┗|*`0´*|┛

雨も今 上がったばかり

これなら龍も降りてきてくれるよ きっと


f:id:yasukochan:20180915143153j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915140038j:image:w360

獅子と狛犬ではない、獅子と獅子の清水寺に着きました

フフフ どっちもお口を大きく開けた 阿形の獅子同士です

( ●´艸`) 面白いね〜


f:id:yasukochan:20180915143332j:image:w360

さあ、西門からほら貝を吹きながら『 転法衆 』が降りてきました

数段ずつ降りては ほら貝を吹きます

見ていてとっても奇麗です

洗練されたショーを見ているようです


f:id:yasukochan:20180915143428j:image:w360

次に降りてくるのは『 四天王 』です

持国天増長天広目天多聞天四天王

行道で青龍を守護します

四天王はそれぞれが順番に大声で何かを唱えているんですが

周りが騒がしくって聞き取れず残念 (;Α´∀`)


四天王の装束もカッコいいね Ψ(`∀´)Ψ

普段は仏像四天王しか見ていないけど

ヘルメットの下の目の周りを保護しているところもカッコいいし

鎧にオレンジ色も強そうに見えるわ〜

あっ 錫杖 持ってはる


f:id:yasukochan:20180915143510j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915143544j:image:w360

四天王の次に現れたのは『 十六善神 』です

16人いらっしゃるので次々と現れます


十六善神は経典・大般若経を守護する十六体の神々です

「南無観世音菩薩」を唱えます

清水寺の御本尊は千手観音様だものね


f:id:yasukochan:20180915143807j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915143821j:image:w360

ま〜 なんて素敵なんでしょう ヾ(´Д`)ノ☆

夜叉神 』は人々の幸運を祈り

厄除、招福を祈願する観音加持を司ります

この細い棒で、お水をみんなに振りかけてくれるんです


f:id:yasukochan:20180915143921j:image:w360

『 会 奉行(えぶぎょう) 』が現れました

法会の儀式一切を統括し指揮を執ります

杖の先には龍の頭が付いています


誰かに似てるな〜 あっ、内田裕也さんに似ていらっしゃいませんか

( ◎´艸`)


f:id:yasukochan:20180915143935j:image:w360

こうやって並ぶと まるで映画の中に入り込んだよう ヾ(仰゚Д゚)ノスゴッ!!!


龍が降りてきました 勇ましい掛け声をかけながら動き回ります

f:id:yasukochan:20180915144015j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915144036j:image:w360



階段下まで降りた龍は、ポーズをとりながら練り歩きます

そして『 夜叉神 』は観客に観音加持をしてくださいます


三十三間堂の柳のお加持と同じような感じです

そういえば上賀茂神社のお田植祭で

権禰宜の藤木さんも同じようなことをしていらっしゃったな〜


f:id:yasukochan:20180915144445j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915144455j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915144516j:image:w360

さあ、こっちに来るよ

f:id:yasukochan:20180915144533j:image:w360

ブオー ブォー と聞こえます

f:id:yasukochan:20180915144537j:image:w360

杖の先の龍がギリギリ写ってるわ

f:id:yasukochan:20180915144539j:image:w360

お加持のお水をかけていただきました 嬉しい〜

f:id:yasukochan:20180915144545j:image:w360

四天王が続きます

今 気付きましたが、四天王はそれぞれ鎧も兜も着物も違うのね

当たり前かもしれないけれど…(σ≧∀≦)σ

f:id:yasukochan:20180915144548j:image:w360

龍が来ました

f:id:yasukochan:20180915144555j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915144603j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915144607j:image:w360

どうしてこの龍が見たかったのかというと…

f:id:yasukochan:20180915144553j:image:w360

龍の模様は すべてお経の文字で出来ているんです

f:id:yasukochan:20180915144604j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915144608j:image:w360

凄いな〜 !!w(゚o゚*)w

f:id:yasukochan:20180915144612j:image:w360

龍の後ろは やはり四天王が守っています

そして、兜は何と 竹で編まれているんです

f:id:yasukochan:20180915144549j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915144613j:image:w360

凄いね〜 カッコいいね〜 お洒落すぎます


f:id:yasukochan:20180915144620j:image:w360

一番後ろは十六善神が付いていきます


f:id:yasukochan:20180915144808j:image:w360

面白かったのは 門前町のお店の中一軒一軒に

ウォ〜と言いながら龍が勢いをつけて駆け込んでいくことでした

お土産買ってる人 キットびっくりしてるよね  w|;゚ロ゚|w


グルっとめぐって帰ってきたときは 仁王門から入ってきました

f:id:yasukochan:20180915151407j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915151411j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915151415j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915151418j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915151423j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915151424j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915151429j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915151438j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915151443j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915151449j:image:w360

f:id:yasukochan:20180915151509j:image:w360


新しいお祭りとはいえ、決まりすぎていますよね

それもそのはず

青龍・装束デザイン奉納:ワダ エミ


そりゃあ素晴らしいはずです

ワダ エミさんは京都府出身の衣装デザイナー

1985年『乱』黒澤明)の衣裳デザインによりアカデミー賞(衣裳デザイン賞)を受賞

★2007年 女性初の織部賞グランプリを受賞

そして和田 勉さんの奥さまですよ〜 ヾ(´Д`)ノ☆


青龍・装束には京都伝統工芸職人の技と心が結集しており

それらは各種職人の方々ほか多くの方々のご協力、ご奉納によるものです

青龍会のサイトに書かれてありました

職人の皆さん 心からありがとう ヾ(´Д`)ノ☆

2018-09-09

『 はたらく細胞 』┗|*`0´*|┛

皆さん 見てますかヾ(´Д`)ノ☆ 今 一番面白いね〜

f:id:yasukochan:20180909214406j:image:w360


ここはとある「人」の体内。

その中では数十兆個もの細胞が年中無休で働いている。


赤血球酸素を身体中に運び、

免疫細胞たちは細菌ウイルスなどの身体を脅かす異常と戦い、

その他の細胞も自分たちの働きを全うしている。


小さなことから大きなことまで様々な騒動が起こる身体の中で、

新米の赤血球「AE3803」や白血球「U-1146」などを中心に、

そんな細胞たちの日常を描く。


神戸でのコンサートの帰り、京都駅から地下鉄に…

やってきた電車のドアを見ると

キャ〜 キラーT細胞様が… ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

f:id:yasukochan:20180909214951j:image:w360


中に乗り込むと ドアの内側にも窓ガラスにも

f:id:yasukochan:20180909214524j:image:w360

f:id:yasukochan:20180909213526j:image:w360

f:id:yasukochan:20180909214406j:image:w360

f:id:yasukochan:20180909214743j:image:w360

f:id:yasukochan:20180909213812j:image:w360

f:id:yasukochan:20180909213807j:image:w360

座ってる人が降りるたびに、順に写していきました

(;Α´∀`)


f:id:yasukochan:20180909214922j:image:w360

f:id:yasukochan:20180909214753j:image:w360

くしゃみ一号 打ち上げ成功♪♪ 面白いね〜 o(*^▽^*)o

f:id:yasukochan:20180909214750j:image:w360

f:id:yasukochan:20180909214929j:image:w360

f:id:yasukochan:20180909214947j:image:w360


ラッピングカーはたまに見かけますが

まさか、働く細胞のドアから乗れるなんて

それも一番イケメンのキラーTさんよ ヾ(仰゚Д゚)ノスゴッ!!!

今日はなんて良い日なんでしょう


主人公は白血球個人ナンバー「U-1146番」さんかしら

f:id:yasukochan:20180920000015j:image:w360

侵入者に対処する警備部隊として何万何億という個体が存在する。

平時赤血球たちに混ざって血管内をパトロールし、

侵入者を見つけるや否や、常備しているダガーナイフで斬殺する。

戦闘に関しては容赦が無く、返り血まみれになった姿に一般細胞からは恐怖を抱かれ、血気盛んで変な奴らと思われているが、

実はほのぼの系で優しく、基本的に温厚な性格

   --- ウィキペディアより ---


今では毎週土曜日が楽しみです


神戸に帰るたびに たこ焼き を食べています

明石焼きとかたまご焼きなんて言うけれど

神戸ではたこ焼きと言ったらこれよね

f:id:yasukochan:20180909143406j:image:w360

f:id:yasukochan:20180909142924j:image:w360

f:id:yasukochan:20180909141729j:image:w360

ああ 美味しい (@⌒ο⌒@)b

お代わりが欲しいわ〜


ついでなので たちばな にも行ってみました

f:id:yasukochan:20180909143625j:image:w360

f:id:yasukochan:20180909143735j:image:w360


コンサートがなければ生きていけませんが

同じくらいにアニメっ子でもあります ヾ(´Д`)ノ☆




はたらく細胞 第1話「肺炎球菌」

http://www.nicovideo.jp/watch/1530757326

はたらく細胞 第2話 すり傷

https://www.youtube.com/watch?v=3LQpTmjYUKM

どんどん続いていきます