Hatena::ブログ(Diary)

佐久の季節便り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-06-22 小学校の音楽会、午後はFm放送日…。

開花した「アマリリス」。(29.6.22)

雨が上がり、空気はしっとりとしています

アメダス最低気温は16.5度(5:20)、昨夜9時に、0.5ミリの雨量を記録…。

昨日、早朝からのトータル雨量は17.5ミリでした。

改めて、佐久盆地は高い山に囲まれ、雨雲がブロックされ、雨が少ないことが証明されました。

浅間連峰の山裾は、白い帯状の雲に覆われています

f:id:yatsugatake:20170622063211j:image

干天の慈雨、ありがたいお湿りのおかげで、雁喰豆ダイズ(大豆)」苗も息を吹き返しました。

f:id:yatsugatake:20170622070239j:image

近くの岩村田小学校音楽会に招かれて、参加してきました。

プログラムに、全校合唱ビリーヴ」と「WAVE」の歌詞印刷されています

f:id:yatsugatake:20170622123532j:image

昔の音楽会と大いに様変わりしていることは、発表する選曲効果的な演出です。

入場しながら、全校合唱…、すでに音楽会が始まっているのです。

特に歌唱の部では、どの学年の内容のある歌詞信頼とか希望とか…。

〜今 未来の 幕を 開ける時

悲しみや 苦しみが

いつの日か 喜びに 変わるだろう

I believe in future 信じてる

言葉で言う以上に説得力のある、音楽の力を感じさせます

学校目標「ひとりになれる、ひとつになれる」の見事な具現の姿であると、感心しました。

今朝、偶然に開花した「アマリリス」の花、子どもの頃に歌った「アマリリス」の歌を懐かしく思い出しました。

ラリラリリラ、〜調べはアマリリス〜」

f:id:yatsugatake:20170622123642j:image

Fm放送6月は、バラ科常緑低木・「コトネアスター

持参した標本は、「コトネアスター属」の3種です。

f:id:yatsugatake:20170622144319j:image

(1)和名が付いた「シャリントウ(車輪桃)」、「ベニシタン紅紫檀)」

CD曲:「螢」(タンポポ児童合唱団

(2)白い壁に沿わせて楽しむ、栽培

ベニシタンは、伸びて壁などに突き当たると、その表面にも広がる性質がある。

上の城区、小林勇さんの壁沿い栽培

さらに、根から出たひこばえ(蘖)を「玉造」。

こぼれ種子の芽生えを、「懸崖」。

(3)枝を曲げて「クリスマスリース」作り

「ひろば」には、枝が長く伸び、冬にも赤い実と緑の葉をつける種がある。

昨年12月、「広場の子育てチーム」がイベント計画実施した。

(4)殖やすには、「挿し木」がお勧め

◎「ひろば・賢治ガーデン」や「駒場公園」で、「コトネアスター」を探して観察しましょう。

よく探すと、数種類のコトネアスターがあるので、それらの違いを較べてみましょう。

原色園芸植物図鑑』(花木編)(佐久市立図書館所蔵)参照

アメダス最高気温は25.8度(13:30)、「夏日」になりました。