Hatena::ブログ(Diary)

佐久の季節便り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-06-25 閏五月二日、「ツキミソウ(月見草)」も咲いて…。

雨を溜めない、「スカシユリ(透かし百

雨予報の中、早朝に雨音で目覚めました。

西日本の方では今度も大雨で、時間雨量が100ミリ…、信じられないほどです。

起き出すと、庭先の花々も雨に濡れています

梅雨時、花の内側に水が当たらないように、「ホタルブクロ(蛍袋)」の花は、内側をすっぽりと覆いガードしています

スカシユリ(透かし百合)」は、名前通り、花弁の隙間から雨水を流してしまいます

同じ百合でも、花弁を下向きにして内側を守る種類もあります

f:id:yatsugatake:20170625081901j:image

7時のテレビニュースを見てビックリ…、長野県南部地方に「震度5強」・強い地震が発生しました。(夕方テレビニュースより)

f:id:yatsugatake:20170625184813j:image

佐久市は「震度1」で、気づきませんでした。

その後、何度か余震が発生したようです。

アメダス最低気温17.5度(5:30)、雨は上がり雨量は3ミリ(5時〜7時)

『月と季節の暦』(制作志賀勝)を見ると、今月は「閏五月」です。

何か得をした気分…、「閏月特別企画から一部を引用ます

 今月は月暦に特徴的な「閏月」になっています。〜ひと月を十二回繰り返すと一年に近づきます。ひと月の概数は29.5日で、それに12をかけると354日、これが一年に近い月のリズムになりますが、11日間ほどの不足があり、調整しないとリズムはどんどんズレていきます。これが閏月を入れる理由で、19年のあいだに七回の閏月が設けられます。(以下、「閏月の入れ方の規則」を、後日のブログ投稿

今夕の「二日月」は、梅雨空のために望めません。

明日の「三日月」さまも、残念、梅雨空のために望み薄です。

それではと、期待の「ゲッカビジン月下美人)」の蕾は、虫に穴を開けられました。

こんなことは初めてです。

f:id:yatsugatake:20170625082006j:image

というわけで、遅れて生長した蕾が、先になりました。

f:id:yatsugatake:20170625082209j:image

「月」といえば、ツキミソウ月見草)」が咲きました。

f:id:yatsugatake:20170625191546j:image

黄色い花の「オオマツヨイグサ(大待宵草)」も咲き始めていますが、この白い花が正真正銘の「ツキミソウ月見草」です。

f:id:yatsugatake:20170625191429j:image

明日の朝の、花の色がまた楽しみだなー。

午後、思い出したように小雨が降りました。(雨量は0ミリ

アメダス最高気温24.9度(13:40)でした。

明日もまた「梅雨空」の予報です。