Hatena::ブログ(Diary)

佐久の季節便り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-11-10 「ヒカリゴケ」を取材、Fm放送の準備に…。

頭上に煌々と、「九月十一日」のお月さ

外に出ると寒い!!空は晴れ、月が頭上で煌々と照っています。(5:46)

昨夜・「九月十一日」のお月さまです。

f:id:yatsugatake:20171110054639j:image

放射冷却で、厳しい冷え込み・強い降霜です。

アメダス最低気温氷点下1.8度(6:31)、日中は暖かくなる予報です。

佐久野辺山氷点下6度、全国で一番の低温…。

今月のFm放送予定は、「国の天然記念物岩村田ヒカリゴケ」。

妻の実家ではずっと昔からヒカリゴケ野菜室の中で観られます

今日は、放送のための取材写真撮りに出かけました。

大きな深い室(むろ)を上から覗くと、石積み部分ににうっすらと黄緑色が…。

f:id:yatsugatake:20171110094944j:image

備え付けの梯子を数段降りて近寄ると、石の面にはっきりと黄緑色が…。

発生が観られる石は、コケの生育条件が良いのでしょう。

f:id:yatsugatake:20171110095316j:image

更に近寄ると、コケと言っても高さがなく、へばりついている感じ…。

f:id:yatsugatake:20171110095515j:image

国の天然記念物・「岩村田ヒカリゴケ」の洞窟には、子どもの頃には自由に中に入れた遊び場でした。

70年も前のことなので時効…、お許しください。

ヒカリゴケ」の採取を試みましたが、当然ながら採れませんでした。

現在入り口の扉は施錠され、厳重に管理されています

ヒカリゴケ」が光るわけは、「胞子が発芽して、そのレンズ細胞原子体)による反射」です。

佐久市志 自然編』から光るからくり説明を借用します

f:id:yatsugatake:20171110110903j:image

地元の上の城区では区長が先頭に立ち、専門家指導のもと、生育環境調査をしたり、ボランティアメンバーが通路や周囲の環境を整えたりしています

国の天然記念物指定されたわけは、明治43年、当時の野沢中学校(現、野沢北高)生徒が、通学途中で「光る石」に気づいたことがきっかけです。

指定は大正10年3月3日、国の宝は佐久市の宝…。

改めて、佐久市民の誇りにしたいものです。

近いうちに、上の城区長はじめ、自然環境保全・美化ボランティアメンバーで、現地を訪れます

午後、「ひろば・賢治ガーデン」に出かけ、「カンナ」の球根の冬越し準備の仕上げに…。

もみ殻をいただいたので、上からすっぽりかぶせました。

f:id:yatsugatake:20171110161504j:image

さらに、ギンドロの枝・葉、筵と葦簀をかぶせました。

アメダス最高気温は16.3度(13:19)。

夕刊を見てびっくり、小海線中央東線車輪空転…。」

「降霜が原因とみられる。」とありました。

明日は、寒冷前線通過、大荒れの予報です。