Hatena::ブログ(Diary)

佐久の季節便り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-12-07 二十四節気「大雪」、「ひろば」の運営委員会。

「コトネアスター」の赤い実。

6時半、外に出ると、辺りは妙に静かです。

空高く、「昨夜・十九日」のお月さまが白々と浮かんでいます。

「濃霧」というより、顔に霜らしい物が当たっているように感じます。

アメダス最低気温氷点下7.8度(6:36)、えーっ信じられない…。

浅間山麓の軽井沢より低温…、佐久盆地は、放射冷却」による冷え込みです。

読売新聞コラム英語歳時記放射冷却」▶ radiative cooling 引用します。

 Radiative cooling is a phenomenon when the heat of the ground warmed by the sun during the day is released overnight, causing the ground surface temperature to drop. As the air near the ground is also cooled,the temperature decreases.

  放射冷却は、日中太陽に温められた地面の温度が下がる現象です。地面に接する空気も冷やされ、気温が下がります。

 [豆知識]雲のない(cloudless)夜に起こります。

「ひろば運営委員会」・12月例会のために出かけました。

開会前に園内を巡ると、昨朝に続き、期待の「氷華」が観られました。

f:id:yatsugatake:20171207095926j:image

近寄って観ると、まさに自然の造型です。

f:id:yatsugatake:20171207095942j:image

Fm放送で話す予定の、クリスマスを飾る植物を観てまわりました。

「コトネアスター、赤い実と緑の葉、おまけに蔓性の長い茎…。

クリスマスリース」作りに、ピッタリの素材です。

f:id:yatsugatake:20171206084153j:image

クリスマスツリー」としても人気、シルバーリーフのコニファーです。

植栽したボランティア仲間に尋ねると、「プンゲンストウヒ」と、教えられました。

f:id:yatsugatake:20171206084319j:image

この木は、環境庁募集したコンテスト・第8回「みどり香るまちづくり企画コンテストに応募、〈におい香り環境協会賞〉を受賞し、副賞としていただいた記念すべき樹木です。

改めて皆さんに報告して、観賞してほしいと思います。

帰宅して、植裁リスト検索すると、別名:コロラドトウヒ」品種名はグロボーザと分かりました。

 販売造園会社宣伝文…を紹介します。

 葉はモコモコとしていて、コップ洗いのブラシのような形をしています。硬く尖っています。生育は遅く、1年で10cm〜程度しか伸びない雄大な品種です。お値段も高価な樹木です。銀青色の美しい葉色が特徴で、雪とのコントラストがとても似合いアンティーク雰囲気もあり、一年を通して葉色が楽しめます。

会議内容は、3月に開催する「第3回市民交流ひろば周回駅伝大会計画が中心でした。

日中は、穏やかに晴れて気温も上がりました。

アメダス最高気温10.2度(15:09)でした。

大雪」に入っても、小春日和と言っても、許されそうです。