Hatena::ブログ(Diary)

佐久の季節便り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-31 「5.30(ゴミゼロ)の日に…。

今年最後か、「河内晩柑」

雨上がりの朝、「霧」で浅間山は見えません。

長野県内、は濃霧と雷注意報が出されています。

アメダス最低気温は13.8度(4:51)、午後にはまた雨の予報です。

朝食のデザートは河内晩柑柑橘系果物は、今年の最後でしょうか…。

種子が無くグレープフルーツ似、ジューシーで美味しいです。

昨日は、語呂合わせ・ゴミゼロの日、各地で、ごみ片付け活動が行われました。

長野市戸隠森林公園では、外来生物帰化植物の「ハルザキヤマガラシ(春咲き山辛子)」が除去されました。

f:id:yatsugatake:20180530182129j:image

上ノ城区では、「ナガミノヒナゲシ(長実雛罌粟)」の除去を進めています。

繁殖力が旺盛で、周囲の植物の生育を阻害する物質を出すことが指摘されているからです。

f:id:yatsugatake:20180517111702j:image

長野県は、県民ゴミ排出量が全国一少ないとか…。

生ゴミ堆肥化など、更に努力するつもりです。

f:id:yatsugatake:20180530182243j:image

曇り空のチャンスに、花の苗を一回り大きい鉢に植え替え…。

サンパチェンス」、「インパチェンス」、在来種インパチェンス、つまり「ホウセンカ鳳仙花)」です。

f:id:yatsugatake:20180531130540j:image

大鉢に仕立てて、豪華さと華やかさを観賞したいです。

午後は、予報より早めに雨になり、雨量は、2.5ミリ(13時〜15時)、

止んだあと、仮設グランドわき花壇に、ダリア苗」を定植。

ついでに、伸び始めた不要な草を除草…。

こぼれ種による花壇づくりは、なかなか大変です。

夜になって、またにわか雨…、大気状態不安定…。

来週には「梅雨入り」か…?

アメダス最高気温は19.1度(11:57)、明日は、スッキリ晴れそうです。

2018-05-30 「トマト苗」を「寝かせ植え」に…、

ポイント予報は、午後から雨…。

昨夜半、就寝時に見えた「満月」は、おぼろに霞んでいました。

今朝は、どんより曇り空、「この分だと、梅雨入りが近いな…」素人にも感じられます

アメダス最低気温は15.3度(5:23)、期待の雨は、午後からの予報です。

朝の食卓に、冬越し・小松菜の摺り胡麻和えが並びました。

f:id:yatsugatake:20180529201309j:image

「お汚し」という呼び名を、懐かしく思い出しながら、地味ながらも栄養たっぷりな味を噛み締めました。

午後からの雨降り予報…、昨日の野良作業ジャガイモ」畝・土寄せは、大正解でした。

今日、雨降り前の午前中は、野菜苗定植のチャンスです。

ミニトマト」は、苗の状態で早くも花と実を着けています

f:id:yatsugatake:20180530122929j:image

この時期、伸び過ぎ状態の苗ですが、「寝かせ植え」を行います

苗を寝かせることで茎からの発根を促し、土から養分吸収を良くしようというわけです。

植え付けたトマト苗は、品種13本、これからの生育が楽しみです。

f:id:yatsugatake:20180530122900j:image

雨降前に、「下仁田ネギ」と「松本一本葱」の世話もしました。

除草・中耕・施肥の3作業を、能率的に同時に行います

こちらも、これからの生育が楽しみです。

待望の雨は午後から降り始め、夜遅くには上がりました。

佐久市雨量は6.5ミリ、(15時〜20時)、まあまあのお湿りでした。

アメダス最高気温20.7度(12:13)でした。

2018-05-29 井戸・手押しポンプが完成・稼働に…。

湿地に、紫色の「カキツバタ(杜若)」

雨が振らず、長野県中部地方には、連日の「乾燥注意報」…

今朝は、雲間に青空が…、しかし、すぐにどんより曇り空に…。

アメダス最低気温11.9度(4:21)、所によっては通り雨…。

ムラサキツユクサ(紫露草)」が咲いて、雨が期待されます

f:id:yatsugatake:20180529084415j:image

この紫露草は目覚ましい繁殖力の持ち主で、賢治ガーデンでは、いたる所に芽生えてきて、閉口しています

午前中は、たまった新聞に目を通しました。

5月13日コラム「晴考雨読」(森田正光)5月暑い梅雨早い?

一部を引用ます

〜今年は5月末にかけて全国的に気温が平年より高いと予想され、太平洋高気圧が優勢と言えるでしょう。となると、前線沖縄より北に位置しやすく、沖縄は雨雲の通り道から外れてしまいます。一方でその雨雲の一部が広がったり、湿った空気が流れ込んだりしやすいとみられる九州から関東地方にかけては、スーマンボースーの期間に晴天が少なく、「走り梅雨」のようなぐずついた天気が多くなる可能性があります。(以下略

日中も、佐久地方カラカラ天気、雨は期待できません。

井戸・手押しポンプ」が設置完了、水中ポンプ井戸に投入されており、地下水有効活用活躍ます

f:id:yatsugatake:20180529084457j:image

6月に入ったら、花壇の世話に来る4年生の総合学習体験し、地下水に関心をもってほしいです。

午後、野良作業に出かけるとき、「財布」が行方不明…、外で落としたかと「ひろば・賢治ガーデン」へ探しに…。

落ちているはずもなく、水やりをして帰宅途中、妻から見つかったよと、電話が…。

さあ、どこにあったでしょう?

答は、熱中症予防の飲料を入れる「保冷バッグの中」でした。

飲料持参で作業に出かけるなら、必ず探せたはずなんですが…。

面目なし、そこには気づきませんでした。

野良回り、「ジャガイモ」の畝に土寄せ、土手草刈り…。

野菜野草は待ってくれません、作業に追われる「毎日です。

今日卯月十五日」・満月(望/23:20)ですが、雲に隠れてしまいました。

ルナリア・合田草」、丸い果実が代役です。

f:id:yatsugatake:20180529160800j:image

アメダス最高気温は26.8度(13:29)、夏日になりました。

ポイント予報、佐久地方は午後から待望の雨予報です。

2018-05-28 田んぼに、「カキツバタ(杜若)「が咲いて。

バラ科の低木、「キンロバイ(金露梅)

就寝時に毛布1枚、朝になって寒くなり、布団を引き寄せていました。

外はどんより曇り空、そろそろ「梅雨入り」が近づいているのでしょうか。

アメダス最低気温は15.1度(4:50) 、日照は少なく所によっては通り雨も…という予報です。

新聞を開いてびっくり、コラム四季長谷川櫂)が連載5000回を迎えました。

昨日、宮沢賢治の「春と修羅」は、4999回ということか…。

5000回に寄せて 長谷川櫂さんは、「一滴の潤い届けたい」

日本語は、「詩歌言葉」、日本は「詩歌の国」なのです。

四季」はその水脈から毎朝一滴ずつ掬い上げた読者とともに味わう。ささやかなコラムです。その一滴がある人の一日の、もしかすると一生の糧になることを夢見ながらこれからも書きつづけてゆきます

今日は、西行和歌風になびく富士の煙の空に消えてゆくへも知らぬわが思ひかな

span class="deco" style="font-weight:bold;">「キンロバイ(金露梅)」黄色の五弁花がバラ科植物であることを物語っています

季節ですね、朝食にミョウガタケ茗荷竹)・おかかが並びました。

f:id:yatsugatake:20180527091723j:image

新卒の頃、下宿のおばさんが出してくれた「ミョウガタケ」には、シラス干し」がまぶしてありました。

この時期になると、その時の情景がまざまざと思い出されます

日差しが弱いので、鉢替えなどの外作業を進めました。

午後、「景観形成作物水田」に様子を見に…、どの田んぼにも水が張られ、我が家田んぼも水が注いていました。

カキツバタ(杜若)」湿地が適地…、美しい花を咲かせていました。

f:id:yatsugatake:20180527175424j:image

「いずれアヤメカキツバタ

見分け方は難しくありません。

外花被片という外側に垂れた花びらに網目の模様があればアヤメ単純な白い紋であればカキツバタです。さらアヤメは。カキツバタの生育する水辺に比べて、湿り気の少ない草原を生育場所とします

f:id:yatsugatake:20180527175450j:image

記憶が確かならば、「金沢兼六園」の池・水中に、「カキツバタ」が咲いていました。

6月のFm放送で、「カキツバタ(杜若)」について、「伊勢物語」「万葉集」に登場することなどを話したいと、考えています

午後は日照がなく好条件、畑に「ナス茄子)」や「ピーマン」を植え付けました。

夕方には、「卯月十四日」のお月さまが東の空に昇りました。

アメダス最高気温は26.3度(15:18)、蒸し暑いお天気でした。

四国でも梅雨入り、いよいよ近づいてきました。

2018-05-27 「夏野菜」の生長が早まる…。

試しに収穫、新玉葱。

ここ数日、朝と日中の気温差が大きくなっています

今朝も、空気が冷んやりと感じられます

アメダス最低気温10.3度(5:16)、夕方、所によっては通り雨…。

読売新聞コラム四季長谷川櫂)に、宮沢賢治詩集春と修羅」が登場。

わたくしといふ現象は/假定された有機交流電燈の/ひとつの青い照明です

途中を略すれば、私は…青い照明であるというのだ。されは確かな実体ではない。今にも消えてしまいそうにチカチカと明滅する、はかない現象、いいかえれば幻にすぎない。生命というもの宮沢賢治定義

今年は、夏野菜の収穫期が、例年より早まっているようです。

タマネギ玉葱)」の茎が、早くも倒れ始めています

試しに収穫した玉葱料理が、今朝も食卓に並びました。

f:id:yatsugatake:20180526194804j:image

ジャガイモ」の生長めざましく、早くも花が咲き始めました。

f:id:yatsugatake:20180526104445j:image

種芋を植え付けて以来、まだ一ヶ月ちょっとしか経っていないのに…。

近寄って観ると、花も観賞価値があります

f:id:yatsugatake:20180526104523j:image

品種キタアカリですが、青いミニトマトのような実が観られそうです。

「賢治ガーデン」には、品種の「アンデスレッドも並べて植えてあるので、花や実についても比較観察できます

長野県中部地方には、相変わらずの乾燥注意報」…、気温が上がった割には暑さは感じません…。

まり乾くので、「ひろば・賢治ガーデン」に水やりに…。

オキナグサ(翁草)」の冠毛が、まるでお爺さんの白髪のようでした。

f:id:yatsugatake:20180527170601j:image

アメダス最高気温28.2度(14:01)、夏日でした。

夕方、空一面に薄雲が広がり、卯月十三日」のお月さまは、朧月になりました。

2018-05-26 「大賀ハス」・丸葉が水面に…。

花期が最も遅い「サツキ(皐月)」が開

天気下り坂の兆しか、薄雲が広がっています。

アメダス最低気温10.8度(4:34)、大気庭の状態不安定の予報が…。

庭先では、サツキ皐月の、花期が最も遅い種が咲き始めました。

天気下り坂の兆しか、薄雲が広がっています。

アメダス最低気温10.8度(4:34)、大気庭の状態不安定の予報が…。

庭先では、サツキ皐月の、花期が最も遅い種が咲き始めました。

天気下り坂の兆しか、薄雲が広がっています。

アメダス最低気温10.8度(4:34)、大気庭の状態不安定の予報が…。

庭先では、サツキ皐月の、花期が最も遅い種が咲き始めました。

6時少し前、ラジオで「落合恵子絵本の時間」で紹介された絵本『よるのおと』でしたと、知らされました。

忘れないうちにと、すぐにネッチ予約し、ついでに「利用状況」表に目を通し、返却予定の本に目を通しました。

水田関係の本・『田んぼ不思議』には、佐久地方水田養鯉が載っていました。

f:id:yatsugatake:20180526085453j:image

この写真から子どもの頃の「鯉取り」を懐かしく思い出しました。

また、『写真でわかる僕らのイネ作り』の裏表紙には、田んぼ雑草が描かれていました。

f:id:yatsugatake:20180526090210j:image

近年は、除草剤散布によって、目にすることが少なくなりました。

例えば、「ミズオオバコ」が消えてしまったことは残念です。

我が家田んぼ、「景観形成作物水田」・ハス田では、大賀ハスが葉を広げ、デンジソウ(田字草)」が水面に広がっています。

雑草と言えども、絶滅させたくないですね。

f:id:yatsugatake:20180526103953j:image

何と夕方の6:48、西空に太陽が…、日の入り時刻がだいぶ遅くなりました。

f:id:yatsugatake:20180526184328j:image

アメダス最高気温は25.3度(11:21)、夏日でした。

予報の「通り雨」はありませんでした。

2018-05-25 「賢治ガーデン」に、ホース水やり…。

盛岡市、本の購読第一位。

からスッキリ晴れて、日中は暑くなる気配がします。

アメダス最低気温は8.0度(3:58)、「真夏日」の予報です。

朝のテレビで、盛岡市が本の購読第一位が、放映されました。

石川啄木宮沢賢治文学者が多く、日頃から読書風土が醸成されているから…。

f:id:yatsugatake:20180525074309j:image

芥川賞:『おらおらでひとりいぐも』、直木賞:『銀河鉄道の父』。

どとらも、岩手県宮沢賢治関係あるもんな…。

午前中に地区内を配り物…、この暑さの中、作業の姿を見かけました。

草退治やら土寄せなど、タイミングがあるからやらねば…。

午後は、「賢治ガーデン」へホース水やりに…。

長野県中部地方には、またも「乾燥注意報」が…。

草取りもやりたいし、整枝作業も…、自然は待ってくれません…。

「ベニウツギ(紅空木)」は今が見頃、「ザリコミ」の白い花と引き立てあってくれています。

f:id:yatsugatake:20180525173028j:image

花に近寄ってみました。

f:id:yatsugatake:20180525173047j:image

水槽」と「ペットボトル」に、「陸羽132号・賢治米」を植え付けました。

「ひろば・ウェルカムガーデン」のバラが、咲きは始めました。

「賢治ガーデン」の片隅に、賢治が好んだバラ・「グルス・アン・テプリッツがひっそりと咲いていました。

見やすい場所に移してやろうかな…。

一輪だけ、お土産に持ち帰りました。

f:id:yatsugatake:20180525181420j:image

夕方には、「景観形成作物水田」に、「陸羽132号・賢治米」を植え付けました。

アメダス最高気温は30,0度(14:38)、予報が当たって、ジャスト真夏日」でした。

2018-05-24 Fm放送、「喋」を呼ぶ草木を話す。

新葉を伸ばす「キンズ(金豆)」の鉢。

昨夜来の雨は、早朝には上がったようです。

外はどんより曇り、雨上がりの「桐」に注意を…。

アメダス最低気温12.6度(1:46)、日中は、カラリと晴れる予報です。

佐久の雨量データは、10ミリ(昨夜21〜本日2時)と、まとまった量になりました。

今日Fm放送「喋を呼ぶ草木について話すために、ミカン科植物を出してみました。

鉢植えの「キンズ(金豆)」は、新葉を伸ばし豆のような実も着けています

種子を播いた各種の柑橘類は、発芽して生長し始めました。

ユズ柚子)、ポンカン、キンズ(金豆)などの実生です。

f:id:yatsugatake:20180524075909j:image

それぞれを生長させ、観葉・アゲハ喋類の食草として利用します

午前中に臼田警察へ出向いて、運転免許証更新手続きを済ませました。

道中の水田は、ほぼ田植えが終わり、ツバメも飛び回り…、まさに小満(しょうまん)真っ盛りです。

Fm放送は、身近にある、「喋」を呼ぶ草木

数種類の植物標本を持参して、放送に臨みました。

(1)「ひろば」にもある、産卵・吸蜜用の草木

ナミアゲハの食草「「サンショウ山椒)」

過日、サンショウ葉への産卵が、テレビでも紹介されました。

ユズ柚子)の葉を食害する幼虫は「ゆず坊」とか「ゆず虫」と呼ばれます

お隣の家の玄関に、「夏蜜柑」の植木鉢があり、アゲハチョウが産卵、葉が丸坊主に…。

キアゲハ(黄揚羽)の食草:「セリ(芹)」 

セリ科植物が食草、野生のほか植栽されたニンジンミツバゼリ、パセリセロリ…。

幼虫は、緑と黒の横縞があり、黒色部には各節に赤点があります

「せり虫」と呼んで、「ゆず虫」と区別し観察を楽しみます

賢治ガーデンには、アシタバ明日葉)、「イタリアンパセリ」なども植えて、キアゲハの来訪を待っています

CD曲:「夏は来ぬ」(芹洋子

(2)「フジバカマ藤袴)の花に集まる。「アサギマダラ浅葱斑)

飛来は、産卵目的ではなく、ヒヨドリソウの仲間の花の吸蜜です。

食草は、ガガイモ科のイケマ、カモメヅルです。

花の周りを、ゆっくり飛び回るので、観察が楽しめます

mた、長距離を移動することでも湯名で、翅にマーキングして情報交換も…。

森角忠さんは、ご自分の畑(岩子・伊勢林)の縁に群生させて、アサギマダラを呼びます

毎年、飛来を連絡してくれます

(3)「ひろば」の低木、花に蝶が多く集まる「ブッドレア」 英名:butterfly bush

f:id:yatsugatake:20180522154525j:image

4年前、「ひろば・ワークショップ」がコンテストみどり香るまちづくり」(環境省主催)に応募し、「におい・かおり環境協会賞」を受賞しました。

いただいた、受賞プレートです。

f:id:yatsugatake:20180522154418j:image

「蝶と人をいざなう香りレインボーガーデン」の企画に、副賞は草木の苗木。

「ブッドレア」は、蝶が多く集まる花ということで、4株が植えられました。

ブッドレアは、属名でいえば、ふじうつぎ属の総称で、園芸上は、中国原産フサフジウツギとその改良品種です。

基本色は淡紫色で、このほかに紅紫色、紅色、白色などがあります

繁殖は、実生・挿し木、…挿し木に挑戦中です。

f:id:yatsugatake:20180522184853j:image

(4)「ひろば」の蝶類の食草、産卵を期待される蝶

アブラナ科モンシロチョウスジグロシロチョウ ※ヤマガラ

ミカン科ナミアゲハカラスアゲハ※コクサギ

セリ科キアゲハ ◯マメ科モンキチョウ キチョウ ※ネムノキ

◯ニレ科:オオムラサキ ※エノキ ◯ヤナギ科:コムラサキ※カワヤナギ

スミレ科:ツマグロヒョウモン(暖地性の蝶だが、近年よく見かける)

シジミ蝶類は、仲間が多くコマツナギクララなど食草も多様です。

◎「ひろば」に飛来する喋をはじめ、昆虫にも目を向けよう。

アメダス最高気温24.6度(15:25)、「夏日」は免れました。

ポイント予報、明日は、もっと気温が上がり「真夏日」に…。

気温差に、要注意です。

2018-05-23 「ドイツスズラン(鈴蘭)」は、「在来種鈴蘭」よりも見栄え良し。

『北海道 花暦』、5月23日は「ドイツ

朝、起きると曇り空、お天気下り坂の兆しです。

アメダス最低気温11.7度(0:52) 、日中雨模様の予報です。

今日は、月に2回の「埋め立てゴミ」出し日、近年、処分場の余裕が少なく、近年ゴミ分別に厳しくなりました。

朝、ゴミから金物類を抜き出してステーションへ…、セーフでした。

近くで「カッコウ(郭公)」が鳴き、「モズ百舌)」が、キチキチと忙しく松の枝を渡っています

北海道 花暦』、今日ドイツスズランです。

電子辞書『ニッポニカ』から一部引用ます

在来種の)「スズラン(鈴蘭)」は〜高原に生え。中部地方以北の本州北海道、およびアジア北部分布する。切り花、鉢植え、庭植えにするが、現在よく栽培されているのは、ほとんどドイツスズランで〜、葉は丸みを帯び、光沢があり、花は大輪で、芳香が強い。

我が家玄関先には、両方の「スズラン(鈴蘭)」を栽培しています

見比べると、「ドイツズズラン」の方が確かに、見栄えがいいです。

ドイツスズラン」の、葉の裏側は光沢があり濃い緑色です。

f:id:yatsugatake:20180523180343j:image

高原公園で、「スズラン(鈴蘭)」の名で「ドイツスズラン」が植栽されているとか…。

「興醒めを覚えた…」と、聞いたことがあります

在来種を植えてこそ自然の植生…。」、まったく同感です。

運転免許更新明日申請する予定で、カメラ屋で写真を撮りました。

あと1〜2回で、免許の返納…、身支度を整えてカメラの前に座りました。

午後、気温が上がらず雨がパラパラ…、でも雨量には達していません。

気象情報明日は3Kに注意を…、「気(Ki)温差、雷(Ka)、黄(Ko)砂」だそうです。

夜になって、雨音が激しくなってきました。

アメダス最高気温は16.7度(14:55)でした。

2018-05-22 作業で出会った、低木2修…。

ブッドレア

乾いた空気からりと晴れた気持ちのよい朝です。

アメダス最低気温は7.1度(4:54)、遅霜もなく、日中も高気圧に覆われる予報です。

UEVC(上ノ城環境ボランティアクラブ)の活動日、天然記念物・「岩村田ヒカリゴケ」周辺の整備作業です。

強い日差し対策、麦藁帽子、古ワイシャツの身支度で出かけました。

藪の中には、不法投棄・埋まったポイ捨てゴミが…、引っ張り出しました。

まだ未使用オイル缶が2缶、工事後の長い水道管・止水栓?…、一同あきれてしまいました。

不法投棄をさせない対策は、きれいにしておくことが一番と、張り切って進めました。

作業が一段落、用水わきに日頃見かけない植物出会いました。

以前に近くで見かけ、花や葉の様子からコウゾ」か「ヒメコウゾか?と思われました。

f:id:yatsugatake:20180522172402j:image

帰宅して、ネット検索図鑑で調べてみました。

ウィキペディアコウゾ写真です。

f:id:yatsugatake:20180522124403j:image

ウィキペディア「ヒメコウゾ写真です。

f:id:yatsugatake:20180522124544j:image

電子辞書図鑑をいろいろ調べましたが、雌雄同株、雌雄異株について記載の混乱もあるようで、結局は同定できませんでした。

今後、結実の様子を観察していきます

午後は、「ひろば・賢治ガーデン」に出かけ、移植した「やまなし」や「クリンソウ九輪草)」などに水やり…。

それと、Fm放送「喋を呼ぶ草木」の資料作りの準備です。

4年前、コンテスト受賞の副賞でいただいた「ブッドレア」の様子です。

挿し穂をいただいて、挿し木に挑戦します

f:id:yatsugatake:20180522154525j:image

アメダス最高気温は25.3度(13:45)、今日も「夏日」、空気が乾いてカラカラ…。

火の元用心、雨が欲しいです。

明日は、一応傘マークが並びました。

まとまった雨量がほしいです。

2018-05-21 「陸羽132号・賢治米」、バケツ、ペットボトルで栽培…。

「アヤメ(文目)」の花が咲いて。

乾いた冷んやりした空気、晴れて気持ちの良い朝です。

アメダス最低気温9.0度(4:27)、風もあり洗濯日和です。

庭先のアヤメ(文目)」も咲いて、初夏の日差しに鮮やかです。

f:id:yatsugatake:20180521100248j:image

先日に新調した「手押しポンプ井戸端の佇まいに一役買ってくれています引用ます

f:id:yatsugatake:20180521092240j:image

二十四節気小満」、4月1日に播種した「陸羽132号・賢治米」、植え頃に生長しました。

バケツペットボトルに植え替えて、観察していきます

f:id:yatsugatake:20180521092412j:image

本日付の読売新聞コラム四季長谷川櫂)に、芭蕉の句(『奥の細道』)が紹介されました。引用ます

田一枚植て立去る柳かな 芭蕉

 田を一枚、植えて立ち去ったのは誰か。学者の間で議論があるが、一読すればおのずから納得。それは芭蕉でも西行でもある「気」だろう。俳句分析するのは、生命のありか探して人体を解剖するようなもの。〜

晴れていたので半袖で過ごしていると、肌寒さを覚え急いで長袖に着替えました。

午後は、空が薄雲に覆われて薄日になりました。

アメダス最高気温は25.1度(13:36)、「夏日」だったとは驚きました。

2018-05-20 田んぼに、「カキツバタ(杜若)」が咲き始め…。

「根曲がりだけ」h,「チシマザサ(千

昨夜の寒さから、「遅霜」が心配されました。

今朝は、どんより曇って「濃霧注意報」…。

アメダス最低気温は7.0度(3:37)、「長野県中部地方は、晴れてお出かけ日和」と、気象情報…。

北信濃のお土産「根曲がりだけ」鯖缶で煮て、いただきました。

チシマザサ千島笹)」が正式で、「竹ではなく、笹である

案内をいただき法事センターオープン見学会に出かけました。

後期高齢者にとっては、他人事ではない関心事です。

記念品・「新潟コシヒカリ」をいただきました。

袋に、銘柄ごとの味覚が表示されていて、参考になります。

f:id:yatsugatake:20180520123118j:image

「向田(むかいだ)田んぼは、田植えが真っ盛り、水面が緑に変わってきました。

稲を作らない景観形成作物水田は、「自走草刈り機」で除草し、協力しました。

f:id:yatsugatake:20180520155240j:image

畦のわきに植栽中のカキツバタ(杜若)」が、咲き始めました。

f:id:yatsugatake:20180520150434j:image

ちょうど、読売新聞コラム・はな図鑑に、カキツバタが登場しました。

f:id:yatsugatake:20180520080215j:image

松本洋子小原流講師)の生花 青々とした初夏 引用します。

 カキツバタは、古くからいけばなで使われてきました。「伊勢物語」にも登場し、尾形光琳の「燕子花(かきつばた)屏風」を始め、琳派絵画の画題としても採り上げられています。

 特徴は、日本人の心を魅了する青紫の花と、剣のような美しい葉です。今回は、初夏の青々とした葉を強調するため、花は低く抑え、葉は組み直して長さや枚数を調整しています。

 器は四角い銀製のものを二つ使い、奥にカキツバタ、手前に風情を感じさせるカエデ空間構成します。

 カキツバタの葉の瑞々しさが際立つモダン作品に仕上げました。(談)

 

夕方になると、空は雲で覆われお月さまは隠れました。

アメダス最高気温は21.4度(15:27)でした。

2018-05-19 「北信濃」の自然を堪能しました。

一面に群生、「コメツブツメクサ」

お宿の布団の中で、時々雨音で目覚めました。

6時頃に起きて窓を開けると、雨は上がり清々しい風が…。

昨夜就寝時の蒸し暑さは、ウソのように消えていました。

チェックアウト10時まで、家族従業員の方々とも懇談…、温泉民宿雰囲気を味わいました。

長野県内でもリンゴ生産地として有名な「飯綱町」、ワイナリー・「サンクゼール」に、立ち寄りました。

近くの丘にはチャペル結婚式場があり、華やかな賑わいを見せていました。

庭園には、手入れの行き届いた「ポタジェ」があり、「ビーツ」が大きく育っていました。

見晴らしのいい丘には、一面に黄色可愛い花・コメツブツメクサ(米粒詰草」」が群生していました。

近年に広がった帰化植物で、先日、「松戸矢切の渡し」周辺にも群生が観られました。

ワイナリー入り口シンボルツリー西洋トチノキ」…?が立っていました。

マロニエ」でしょうか、こんもりドーム状の樹形、花の色からは、「日本産トチの木」とは別種だろうと、思われました。

f:id:yatsugatake:20180519112754j:image

お土産店も並んでいて、芝生では「ロボット芝刈り機(オートモア)」を実演・宣伝していました。

山羊を繋いで、草を食べさせる」こと、「ロボット掃除機」のようだね…。

話しかけると、「その通り、ヒントに開発したのです。」と、開発中の写真を見せてくれました。

ワイナリーの中を案内・説明の後、売店で試飲…。

4種類を味わってからお土産龍眼」・ワインを1本求めました。

f:id:yatsugatake:20180519172216j:image

龍眼ブドウは、善光寺ぶどう」の名でも親しまれています。

ニュートンリンゴの木」並木、改めて、結実期に訪れたいです。

f:id:yatsugatake:20180519121316j:image

お昼頃には長野市へ戻り、母の実家三輪地区「美和神社・青苧神社に参拝しました。

長野電鉄本郷駅の前、偶然にも、境内を囲む石の柱に祖父名前発見…。

昨日に訪れた「渋温泉」とともに、今は亡き祖父と実母を偲ぶ旅になりました。

帰宅して、佐久市アメダスデータ確認

最低気温は15.8度(8:19) 、最高気温は21.3度(2:03)

雨量は、3ミリ(3〜6時)でした。

夕方は冷たい風が吹き、空はよく晴れて冷えてきました。

旧暦、四月五日、「五日のお月さま」を久しぶりに観ました。(19:30)

f:id:yatsugatake:20180519193007j:image

2018-05-18 「ヒメウツギ(姫空木)」が、「卯月(うづき)」に咲いて…。

「ナガミ(長実)ノヒナゲシ」の花。

この頃は朝の気温も高く、「遅霜」の心配が無くなりました。

これで、畑に野菜苗の定植が急がれます

井戸水の手こぎポンプ設置、工事を始めました。

井戸端に自生のクリンソウ九輪草)」工事で傷められないうちに、抜き取りました。

「ひろば・賢治ガーデン」に、水生植物標本として、植栽しました。

f:id:yatsugatake:20180518094836j:image

今日は、旧暦卯月四日、昨夕の三日月さまは雲に隠れてしまいました。

卯の花ウツギ(空木)」が咲くことが、卯月の由来とか…。

「ひろば・賢治ガーデン」の「ウツギ(空木)」は、まだ蕾です。

代わりに、ヒメウツギ(姫空木)」が見頃です。

f:id:yatsugatake:20180518095930j:image

近寄って観ると、雄しべ・花糸が扁平・撥状です。

ウツギの分類に、役立つそうです。

f:id:yatsugatake:20180518095919j:image

気温が上がってきました。

「雷注意報」、「真夏日」は免れるでしょうか?

これから学生時代の仲間の会に参加、渋温泉「に出かけます

2018-05-17 「センテッドゼラニウム」、「ナガミノヒナゲシ」を話題に・。

「センテッドゼラニウム」の花。

日中「雲マーク」のポイント予報…、しかし実際は薄日が差しています

アメダス最低気温は16.6度(4:57)、日中はこのまま暑くなりそうです。

二階からゴミステーションを見て!!」と、妻の声…。

烏が、ゴミ袋を突付いて食べものを漁っているのです。

追いかけると逃げましたが、番(つがい)の2羽が雛を育てるのに、大変なようです。

ゴミ袋を出す人間様も、烏に負けない智慧を示してほしいですね。

今日は、近くの小学校会議に出かけるので、「センテッドゼラニウム」を手土産に用意しました。

f:id:yatsugatake:20180517111629j:image

ご存知、花屋さんには「蚊連草(かれんそう)」商品名で並びます

独特の匂い成分が、蚊が嫌がるということなので、「蚊嫌(かけん)草」が正しいのですが…。

赤毛のアン』に、アップルゼラニウムが登場します

リンゴ香りが由来ですが、訳者・村岡花子さんは、確かりんごあおい」と訳したと記憶しています

外国産植物が登場するとき訳者がどう和訳するか、読者としては興味深いところです。

逆に、日本文英語訳する場合も、興味深いところです。

先日、千葉県を訪れた際、「ナガミノヒナゲシが蔓延っている様子が目に入りました。

近年急に、我が家の周りにも見かけるようになりました。

オレンジ色の花は、一見して見栄えがよいのですが…。

f:id:yatsugatake:20180517111733j:image

困るのは、その猛烈な繁殖力です。

名前の通り、長い果実の中に細かな種子が詰まっていて、周囲に爆発的に増殖するのです。

散歩が楽しくなる 雑草手帳から一部を引用ます

毒物質で他の植物攻撃

 根から、他の植物の芽生えを阻害するアレロパシー物質を出す。このような物質を出す植物は少なくないが、ナガミノヒナゲシ物質は阻害活性が強いとされている。

 この事実を知ったなら、花を鑑賞したら早めに果実処分することをお勧めます

日中は気温が上がったようですが、長野県中部佐久地方乾燥注意報が出ていて、からりとしていました。

アメダス最高気温は30.2度(15:43)、2日連続の「真夏日」でした。

2018-05-16 「真夏日」に、「スズラン(鈴蘭)」、「タガソデソウ(誰袖草)」の

「サワフタギ(沢塞)」の白い花。

夏のようなお天気が続いています。

長野県中部・、佐久地方には「乾燥注意報」、カラッとした空気が慰めです。

アメダス最低気温11.2度(4:48)、日中は暑くなる予報です。

食後のデザート・「カラみかんいただきました。

f:id:yatsugatake:20180515074354j:image

聞きなれないミカンネット検索してみました。

ミカンのフィナーレ コクっと濃厚・樹上完熟春みかん

なるほど、味が濃いミカンではありますね。

太陽高度が高まり、縁側に置いた「カネノナルキ・クラッスラー」に、日が当たらなくなりました。

日の当たる庭先に出して並べました。

f:id:yatsugatake:20180516180721j:image

「センテッドゼラニウム」の花、上から観ると、面白い造形が…。

f:id:yatsugatake:20180516180853j:image

日中、散髪をすませ、タイヤの履き替えに…。

混んでいたので、午後3時以降に出直しになりました。

裏道の塀際を、ビニール紐刈払機で除草しました。

スズラン(鈴蘭)」や「タガソデソウ(誰袖草)」の白い花が、暑さを和らげてくれます。

f:id:yatsugatake:20180516181133j:image

f:id:yatsugatake:20180516181025j:image

仕事の仕上げは、花壇のホース水やり…、水中ポンプを働かせました。

アメダス最高気温31.1度814:29)、真夏日になりました。

明日は、曇り空で一息つけそうです。

2018-05-15 暑い日、「サワフタギ(沢塞)」の白い花が清々し…。

初々しさが際立つ「屋久島石楠花」の花

冷んやりした朝、でも日差しからは暑くなる予感が…。

アメダス最低気温は6.6度(4:50) 、日中は暑くなる予報です。

遅咲きの屋久島石楠花」の花、大のお気に入りです。

ほんのりとした色合い、まさに「番茶も出花…」の初々しさです。

お隣には、「ベニドウダン(紅満天星)」、新緑に赤色の小さな釣り鐘が似合います

f:id:yatsugatake:20180514135059j:image

真夏のような暑さの中、白い花は清々しさを感じさせます

「サワフタギ(沢塞)」の白い花は、新緑の葉とともに観る者を惹きつけます

f:id:yatsugatake:20180515095242j:image

近寄って観ると、1個ずつの花がきちんとした形で、美しいです。

f:id:yatsugatake:20180515095334j:image

またの名を「ルリミノウシコロシ(瑠璃実牛殺し)」、物騒な名前…。

瑠璃色をした果実の牛殺し」の意味ですが、「牛殺し」は、丈夫な木が牛の鼻環に用いられたことに由来します

昨日、賢治ガーデンに定植したカマツカ(鎌柄)」も、またの名を「牛殺し」と呼ぶのも、牛の鼻環に用いられたからです。

賢治ガーデンには、その両種が植栽されているので、ご覧ください。

午前中は、月に一度の通院日。

午後には、「ひろば・賢治ガーデン」点検、と所属会議、夜には〈月〉の会・佐久に参加…。

真夏のように暑く、忙しい一日でした。

アメダス最高気温は29.0度(14:49)、立派な「夏日」、「真夏日」は辛うじて免れました。

2018-05-14 「カッコウ(郭公)」初鳴き、苗類の定植を始めました。

レタスが食べごろに…。

昨夜の雨は、すっかり上がりました。

昨夜中に、雨量0.5ミリ24時)が加わりました。

早朝、ゴミ袋が烏に荒らされました。

烏は、鳥避けネットの内側から引き出し、嘴で突いて中身を食い荒らしています

レタスが食べ頃になったので、ハムとともにパンに挟んで、いただきました。

アメダス最低気温12.3度(2:40)、日中は気温が上がる予報です。

真っ盛りの「タガソデソウ(誰袖草)」が、風に戦いでいます

f:id:yatsugatake:20180514134830j:image

遅咲きの「ヤクシマシャクナゲ屋久島石楠花)」が咲き始めました。

日本産石楠花の中でも、際立つ初々しさが人気です。

f:id:yatsugatake:20180514134430j:image

外国で、数多くの改良園芸種・交配の親になっています

咲終わった石楠花の花柄摘みを、進めました。

薫風に乘って、カッコウの声が聞こえてきます

初夏ですね、今年の初鳴きです。

今日は、立春から数えて100日目、「遅霜」の心配殆ど無くなりました。

冬越しした、「カンナ」や「ダリア」を花壇に定植しました。

昨日佐久穂町の友人からいただいた「カマツカ(鎌柄)・牛殺し」苗木も、「賢治ガーデン」に定植しました。

鉢上げした2本とともに、特徴あるバラ科の花が今から楽しみです。

午後は野良回り、「オクラ」、「ズッキーニ黄色種と緑色種、「小玉スイカ」赤、黄、と黒色皮・黄色のポット苗を定植しました。

f:id:yatsugatake:20180514184024j:image

アメダス最高気温は22.5度(13:35)でした。

明日は、朝は冷んやりしますが、日中の気温は更に上る予報です。

「遅霜」の心配も無くなります

信毎・夕刊」コラム「あすの天気」引用ます

 きょうは立秋から100日目。立秋から数え、九十九夜は遅霜に泣かされる「泣き霜」の目安とされ、「県内の平地では遅霜の心配はほぼなくなる」日本気象協会長野支店杉本麻衣子気象予報士。けさの最低気温はほとんどの地点で10度を上回り、6月上中旬並み。朝の肌寒さともお別れできそうだ。

2018-05-13 「賢治ゆかり・石鳥谷のやまなし」、記念植樹の後に大雨が…。

酢味噌和えの食材、「軟白ウド」の芽。

アラームで6時起き、「ひろば」のイベント当日です。

どんより曇り空、すぐには雨にならないようです。

アメダス最低気温12.8度(4:36)、前線が近づいて、夜には雨になる…」予報です。

先日、収穫した「軟白ウド(独活)」の芽です。

お気に入りの「酢味噌和え」でいただいています。

9時半から開会式、引き続いて10時から「ひろば開園5周年記念植樹式」…。

「ひろば」の西北端、後方・北に北陸新幹線」高架が見えます。

f:id:yatsugatake:20180513132910j:image

教育長、市会議員、ひろば運営委員鹿島学園高校の生徒・先生方などが参列、お手植えをしていただき、開園5周年を記念することができました。

f:id:yatsugatake:20180513132923j:image

隣に設置した「案内板」の文言と、記念樹のルーツを話しました。

配布した説明資料の内容を、記します。

「感じゆかり石鳥谷やまなし」(賢治ガーデン)

花巻市から佐久市へ、2本を記念植樹した。(27.5.20)…鹿島学園高校生、賢治を読む会・会員が3年前。

開園5周年を記念して、そのうち1本を移植する。(30.5.13)

本日上記の皆さん方。

同時に、下記・内容の「説明板」を立てる。(30.5.13)

宮沢賢治が見上げた、「やまなし」の木

バラ科 ナシ属 落葉高木

育成:岩手県花巻市石鳥谷 「石鳥谷賢治の会」

 今から100年ほど前、宮沢賢治は稲作指導のために、

花巻市石鳥谷を6回訪れました。

会場近くの道路わきには、「ヤマナシ」の古木がありました。

 のちに、宮沢賢治の業績を長く後世に伝えようと、

その木の種子から苗を育て、「やまなし園」を開園しました。

この樹は、そのうちの1本です。

 「ヤマナシ」の実は、童話・「やまなし」に登場し、

小6国語光村図書)に載っています。

 「どうだ、やっぱりやまなしだよ。よく熟している。

 いいにおいだろう。」

 「おいしそうだね、お父さん。」

昔、冷たい風を防いだり、飢饉(ききん)に備えたりするために、

家の周りに「ヤマナシ」や「クリ」の木が植えられました。

              平成30年5月13日 佐久市

午前中のイベント内容は、順調に進みました。

しかし、午後2時前ころから雨が降り出しました。

残念ながら、「ガーデンツアー」などの午後の内容は、中止となりました。

 

帰宅後、激しく降り続きました。

佐久穂町の友人から、「カマツカ(鎌柄)・牛殺し」の苗が用意できたから取りに来て…、電話が入りました。

苗や鉢植えをいただいた帰り道、郷土力士・御嶽海の勝利を聴きました。

アメダス雨量のグラフを観ると、雨量は25.5ミリ(14〜20時)まとまった量になりました。

f:id:yatsugatake:20180513202203j:image

アメダス最高気温20.3度(10:32)、明日は、好天気の予報です。

2018-05-12 「ウド(独活)」の株を、「賢治ガーデン」に移植。1

開花した「トチ(栃・橡)」。(30.5)

今朝も「遅霜」が心配されましたが、セーフでした。

空は晴れて、「浅間山」は黒々と夏の色を魅せています。

アメダス最低気温は5.5度(4:44)、日中は気温が上がる予報です。

午前中に「ひろば・賢治ガーデン」へ、明日イベント準備へ…。

トチ(栃・橡)」の大型名札を設置しました。

f:id:yatsugatake:20180512105210j:image

樹木考 君は何者?』からトチノキ解説を読みました。

雄花と両性花(雌しべ)は、興味深いことです。

f:id:yatsugatake:20180512131446j:image

畑でウド(独活)」の株を掘り、「賢治ガーデン」に植えました。

f:id:yatsugatake:20180511174815j:image

これから、同級会に出かけます。

アメダス、雲りがちながら、最高気温は25,8度(15:34) 、夏日でした。

2018-05-11 霜害、「ジャガイモ」の葉に…。

ポイント予報、最低気温は3度。

ポイント予報・最低気温の3度は、降霜・霜害が心配される低温です。

起きて北窓を開けると、「浅間山」は九合目より上が、雪で真っ白です。

アメダス最低気温は1,5度(4:23)、予報より冷え込みました。

午前中は、「ひろば・賢治ガーデン」へ出かけ、「大型名札」10本をそれぞれの草木のわきに立てました。

これを見て、草木に関心をもってほしいと、切に願っています。

午後、野良回り…、4度以下まで下がったので、遅霜・降霜心配です。

ジャガイモ」畑は青々としていて、被害は無さそうです。

f:id:yatsugatake:20180511171353j:image

しかし、よく観ると葉が茶色くなり、わずかに霜害が認められました。

帰宅してから写真を撮りました。

f:id:yatsugatake:20180511193707j:image

「向田(むかいだ)田んぼ」で田植えが始まりました。

浅間山」の雪は、頂上部分だけを残して消えています。

f:id:yatsugatake:20180511150832j:image

我が家田んぼにも水が入りました。

アメダス最高気温24.0度(15:33)、明日も暑くなる予報です。

2018-05-10 [「賢治ガーデン」の「トチ(栃・橡)」が開花して…。

「オキナグサ(翁草)」が完熟・冠毛に

「濃霧」・「霜」注意報の朝、霜は無くセーフでした。

アメダス最低気温は8.2度(5:29)、冷たい風が吹いています。

昨日から冬支度になり、季節が逆戻りしています。

それでも、「賢治ガーデン」の草木は季節通りに生長…。

f:id:yatsugatake:20180428174024j:image

入り口「コトネアスター・ベニシタン」の花バラ科小花は、意外な美しさです。

f:id:yatsugatake:20180506174720j:image

トチ(栃・橡)」の花も、開きました。

f:id:yatsugatake:20180509151128j:image

結実・完熟して「とちの実」が落ちるのは8月末ころでしょうか…。

「とちの実」は、賢治童話・「鹿踊りのはじまり」に登場してきます。

キクイモ菊芋)に代えて、「大型名札」にも採用することにしました。

〜おしまひに、栃の団子をとちの実のくらゐ残しました。

日中は、日照がありながら、北西の冷たい風が吹き荒れました。

最大風速は、4.0m/(14:30) 。

仕事は控え室内で、「大型名札」作りを進めました。

アメダス最高気温は15.6度(14:06)、連日の寒い日になりました。

夕方から、ぐんぐん気温が下がってきました。

ポイント予報、最低気温・3度は、遅霜が心配です。

f:id:yatsugatake:20180510210339j:image

2018-05-09 「大雨」上がって、植物観察会。

昼食会場の「アンスリウム」。

昨夜来、雨は降り通し、6時前、激しい雨音に目が覚めました。

ラジオで、上田佐久地方大雨警報が…。

雨雲レーダーは、激しい雨降りを示しています。(5:40)

f:id:yatsugatake:20180509054825j:image

「賢治を読む会・5月例会は、例年、「賢治ガーデン」に会場を移して行います

「小雨決行」を承知しているものの、今回の大雨は大いに心配でした。

それでも、開始時刻10時には小降りになり、15名が集まりまりました。

前回、4月11日の会で観た「植物標本3種」が、一ヶ月後どう生長・変化したかを拠り所に観察しました。

f:id:yatsugatake:20180411083253j:image

ミヤマウグイスカグラ(なわしろぐみ)の花 ⇒

◯シデザクラ・ザイフリボク 閉じた葉、蕾 ⇒

◯ニワトコ(接骨木) 冬芽・蕾 ⇒

f:id:yatsugatake:20180506174559j:image

◯コトネアスター・ベニシタン バラ科の花 小さな5弁花

リュウキョウコウメ(竜峡小梅)小粒・肉厚の果実 漬物

◯オドリコソウ(踊り子草)・ラミウム シソ科の花・吸蜜の遊び

オキナグサ(翁草) 冠毛・種子の散布と「浅間の焼石」・火山

◯「賢治ゆかり石鳥谷やまなし果実 5/13 別株を移植・記念植樹

来園者から「賢治ゆかり植物と賢治作品との関わりを案内してほしい」要望があり、大型名札を用意しました。

そのうちの1枚です。

f:id:yatsugatake:20180509080309j:image

「オオヤマザクラ(大山桜)」の株元に置いてみました。

f:id:yatsugatake:20180509151037j:image

「昼食会」でまとめ、秋の「賢治ガーデン・観察会」に向けて学習を深めることにしました。

昨夜来の大雨、雨量データを整理してみました。

昨夜分のトータル雨量は、12.5ミリ(19~24時)、本日分26ミリ(1〜11時)

今回・昨夜来の大雨は、トータル38.5ミリとなり、久々の大雨でした。

f:id:yatsugatake:20180509174855j:image

アメダス最低気温は4.2度(6:43)、最高気温12.6度(13:53)、寒い一日でした。

明日一日、天気が不安定な予報です。

2018-05-08 雨の中、「エビネ(海老根)」「シャガ(射干)」が咲いて。

辺りを明るくする、レンゲツツジ(蓮華

昨夜から早朝にかけて雨、朝には一旦上がったようですが…。

アメダス最低気温10.6度(5:14)、午後にはまた雨の予報が…。

雨量は、昨日付けが24ミリ(14〜24 時)、本日付が1.5ミリ(1〜4時)

7時に、本日予定した、ボランティア作業は中止します。」と、電話が入りました。

たとえ雨が止んでも、地面や草などが濡れているので、中止は仕方がありません。

庭先を歩くと、エビネ海老根)」が目に入りました。

「地海老根」の名の通り、この花は地味ですが趣が感じられます

f:id:yatsugatake:20180508155724j:image

そして、シャガ(射干)」がいつの間にか見頃になっていました。

f:id:yatsugatake:20180508155914j:image

f:id:yatsugatake:20180508160115j:image

日中、時々日照がありますが気温は上がりません。

仕事はせず、明日の「賢治を読む会」の資料を仕上げました。

市立図書館に届けた後、帰途は野良回り…、田んぼに水がかかり始めました。

夜になって、やっぱり佐久地方「大雨注意報が…。

雨雲レーダー画像長野県はすっぽり覆われています。(19:10)

f:id:yatsugatake:20180508212120j:image

明日、「ひろば・賢治ガーデン」会場で行う「賢治を読む会」が気がかりです。

いつもの通り、「少雨決行」約束しているので、身支度を整えて実施しましょう。

アメダス最高気温は15.4度(11:26)、寒い一日でした。

夜になってからの雨量は、4ミリ(19〜21時)、まだ降り続いています

2018-05-07 雨降りに、「野菜苗」を求め…。

豪華な「ツクシシャクナゲ(築紫石楠花

から雨模様…、小雨がそぼ降っています

昨日の施肥、耕耘などの野良作業大正解でした。

アメダス最低気温は13.7度(5:49)、日中の日照は期待できません。

一番美しい「日本原産の石楠花」とされる、ツクシシャクナゲ(築紫石楠花)」も豪華な花を見せています

レンゲツツジ蓮華躑躅)」も、初夏の色を見せています

花の朱色と淡い黄緑色コントラスト、この花の独特な美しさです。

f:id:yatsugatake:20180507100226j:image

ご存知、放牧場に多く観られるのは、有毒なために放牧の動物たちが食べないからです。

近間の名所は、佐久市の「荒船高原」、東御市の「湯の丸牧場」が有名です。

オニツツジ(鬼躑躅)」と呼ばれるのも、有毒で大群落を作るためと考えられます

午前中は、予報のようには、なかなか雨が降りません。

午後1時半、ポツポツ降り始めました。

今年また栽培しようと頼んでおいた「食用ホオズキ…。

生産者直売所・「こまがた」から、入荷の連絡が入りました。

大小のタイプを2ポットずつ求め、「賢治ガーデン」などで栽培ます

お店で見た『トランヴェール2月号』に、伊能忠敬関係記事があり、先日の見学の復習になりました。

予報通り大雨が降り始めましたが、小諸市野菜生産農場直売所まで足を伸ばしました。

トマトナスピーマンズッキーニ小玉スイカなどを求めました。

f:id:yatsugatake:20180507180641j:image

雨が上がったら、いよいよ植え付けの本番になります

ここしばらく天気が不安定で、「お月さま」とはご無沙汰です。

「月」に由来する植物ルナリア・合田草」が咲き始めました。

f:id:yatsugatake:20180507180718j:image

『月暦』(制作志賀勝)の「月名(つきのな)植物にも登場しています

アメダス最高気温は16.5度(10:00)、季節が逆戻りの肌寒い一日でした。

雨量は、夜までに20ミリ超え(14〜21)、まだ、降り続いています

2018-05-06 次々に見頃の、「シャクナゲ(石楠花)」。

厄除けの「ショウブとヨモギ」

薄曇りの朝、お天気が変わる兆しです。

アメダス最低気温は5.5度(5:23) 、佐久地方には相変わらず「乾燥注意報」が…。

ラジオ深夜便誕生日の花」、今日6日は「シャクナゲ、昨日5日は「ショウブ」。

f:id:yatsugatake:20180505191850j:image

f:id:yatsugatake:20180506084411j:image

石楠花や朝の大気は高嶺より 渡辺水巴

高原で迎えた朝、山から下りてくる冷気が心地よい。

赤やピンクの花を咲かせるシャクナゲもまた、大きく深呼吸しているようだ。 石楠花(初夏)

我が家の石楠花たちも、次々にお気に入りの花を見せてくれています

遠州石楠花・細葉石楠花」も見頃を迎えています

f:id:yatsugatake:20180506084656j:image

お隣には、アカボシシャクナゲ赤星石楠花)」が満開です。

赤星・名の由来は、花弁にある赤い斑点と思われます

f:id:yatsugatake:20180506084601j:image

野良回り、開花中の「ブルーベリー」8株の株元に、ピートモスを施しました。

「アキグミ(秋茱萸)」が強風によって倒れたので、枝を切り詰めて起こしました。

畑では、苦土石灰を播いて耕耘作業タマネギ玉葱)、ジャガイモなどに施肥…。

これで、雨が降ればありがたいんですが…。

雨雲の動き、予報を見ても佐久地方にかかりません。

夜が更けても、まだ降り始めません。

アメダス最高気温28.9度(13:56)、意外に高温でびっくり…。

2018-05-05 「ショウブ(菖蒲)・ヨモギ(蓬)」を軒に吊るしました。

新緑の供、「ネムノキ(合歓木)」も芽

二十四節気・「立夏」、空はスッキリ晴れて、浅間山」も黒々と夏色です。

アメダス最低気温は4.1度(4:45)、冷えましたが「遅霜」はセーフ…。

新緑の候、寝坊さんの「ネムノキ(合歓木)」も、芽生えました。

こどもの日」は、新暦・「端午の節句ということで、田んぼで「ショウブ(菖蒲)」と「ヨモギ(蓬)」を土手草刈りで採り、軒に吊るして厄除けに…。

f:id:yatsugatake:20180504155811j:image

f:id:yatsugatake:20180505163842j:image

「ショウブ(菖蒲)」はサトイモ科の多年草、「ミズバショウ水芭蕉)」もサトイモ科です。

「ヒメカイウ(姫海芋)」という、ミニ版・水芭蕉とも言える、珍しい植物を見せてもらいました。

f:id:yatsugatake:20180504154450j:image

水芭蕉と比べると、可愛らしさが際立っています。

f:id:yatsugatake:20180504154239j:image

『ニッポニカ』から一部を引用します。

サトイモ科の多年草〜葉は心臓形で長さ7〜14センチメートル〜。花序は太い花柄上につき、円柱形で長さ1.5〜3センチメートル。両性花および頂部に雄性花があり、基部に白色で長さ4~6センチメートルの仏炎苞が1個ある。

〜水湿地に生え、中部地方以北の本州北海道、および北半球の温帯に広く分布する。名は、全体がカイウ(英名カラー)に似ているが、より小形であることによる。

水芭蕉」の栽培については自信のある森角さんですが、「姫海芋」の冬越しについては気がかりなようです。

昨日に鉢上げした「賢治ゆかり石鳥谷やまなし」の様子を見に行きました。

心配していた葉は萎れず、安心しました。

夜に、「菖蒲湯」に入りました。

アメダス最高気温23.0度(16:17)、初夏らしい陽気でした。

2018-05-04 「みどりの日」、強風の中、「ひろば」で作業。

「斑入り石蕗」を、記念に植える。

風があり、心配された「遅霜」はセーフでした。

アメダス最低気温は7.4度(3:30)、全国的大気状態不安定の予報です。

今日祝日ですが、「ひろばのイベント」の準備作業約束してありました。

「風薫る5月…」、「みどりの日」にぴったり、「ひろば」は新緑の候です。

千葉の妹宅からの「斑入り石蕗(つわぶき)」を、木陰に移植しました。

強風が吹き荒れ、展開したばかりの「トチ若葉をなびかせています

強風に逆らわず、若葉を傷めない、見事な葉の構造には感心します。

f:id:yatsugatake:20180504114724j:image

さて、「賢治ゆかり石鳥谷やまなし」、イベント当日に記念植樹する予定で、その移植・植え穴を掘り上げました。

後ろに北陸新幹線高架が見える場所「ひろば」の北西端に当たります

f:id:yatsugatake:20180504093745j:image

「賢治ガーデン」の「やまなし」2本移植のためとアブラムシ対策のために、枝葉を整理しました。

f:id:yatsugatake:20180504113918j:image

f:id:yatsugatake:20180504113813j:image

どちらも、今後の管理を怠りなくしていきます

午後は野良回り、田んぼに水が入り始めたので、土手の刈り払い作業を始めました。

アメダス最高気温17.1度(13:00)、最大風速は、南西の風5.9m/(8:50)でした。

2018-05-03 「大賀ハス」が芽生えて、一安心。

「クルメツツジ・ホースインホース」も

「大雨」は、予報ほどは降りませんでした。

でも、8時の時間雨量は4.5ミリ、昨夜からトータル雨量は8ミリ(22〜3,6,8,,10時)と、なりました。

咲き始めたクルメツツジ・「ホースインホース」も雨粒に濡れています。

昨日、妹の家からいただいてきたツワブキ石蕗)」、雨を受けで元気です。

明日、「賢治ガーデン」に移植する予定です。

f:id:yatsugatake:20180503072358j:image

午後、久しぶりの野良回り…、用水沿いの里山は、若葉から一気に新緑に…。

移植した「オドリコソウ(踊り子草)」は白い花を見せ、「ハルジオン(春紫菀)」が花茎を擡げています。

心配していた大賀ハス」の冬越し…、ハス田に目をやると、小さなハス・巻き葉デンジソウ(田字草)」確認できました。

f:id:yatsugatake:20180503182016j:image

少しばかり、施肥をしてやろうかな…。

「アキグミ(秋茱萸)」の花が満開スッキリ甘い香りが漂っています。

f:id:yatsugatake:20180503182453j:image

大気不安定とか…、妙に風が強いです。

佐久地方に、「濃霧」、「雷」、「霜」注意報が…。

アメダス最高気温は25.4度(14:32)、「夏日」でした。

2018-05-02 「北総エリア」・成田山、印旛沼などを巡る。

芝山町、「航空博物館」

利根川西方に遡る形で、北総エリアめぐります

広い川幅を、東関東自動車道の長い橋が跨いでいます

その手前、道の駅・「発酵の里こうざき(神崎)」に立ち寄りました。

米どころで、酒作りが盛んなことが分かります

大土手を見ていると、昔に流行った「三波春夫の・大利根月夜」が口をついてきます

「〜利根の川風よしきりが…〜佐原囃子が聴こえてくらぁー…」

成田山新勝寺は、「開基一〇八〇年祭」で、善男善女で大賑わい…。

f:id:yatsugatake:20180503130402j:image

成田山だより 智光』巻頭言から引用します。

〜大開帳は、本年四月二十八日を開白として、五月二十八日を結願とする三十一日間にわたり奉修される。

 大本堂前には大塔婆が建立されて、五色の綱が垂れている。この綱は、大本堂の御本尊不動明王左手の羂索と結ばれていて、「御手綱(おてづな)」と呼ばれる。ご信徒は、この「御手綱」に触れることで、御本尊と直接結ばれる機会となるのである。

 記念大開帳期間中は、大本堂で、特別護摩供が毎日八回厳修され、記念御護摩札も授与される。この好機に、大本堂に上がり、荘厳な護摩修法に参加することが望ましい。(以下略

というわけで、「利益がありますように…」、体験しました。

行列のできる、有名な「川豊」で、遅い昼食をいただきました。

成田空港の周囲をめぐり、「航空博物館屋上ジェット機離発着航空会社・機種の違いを楽しみました。

夕闇迫る印旛沼にも、足を伸ばしました。

f:id:yatsugatake:20180501183012j:image

利根川本流の堆積物によって生じた堰止湖(せきとめこ)、1968年昭和43)に沼の中央干拓され、北印旛沼と西印旛沼に二分された。二つの沼は印旛水路(しょうすいろ)で連絡している。

魚や野鳥の種類も豊富で、ハイキングを楽しむ家族連れや釣り客など、訪れる人も多い。(以下略

北総エリア観光」の案内板がありました。

f:id:yatsugatake:20180501183518j:image

北総(ほくそう)」下総(しもうさ)の異称上総(かずさ)に対する呼称です。

「三は、佐倉の惣五郎…〜七つ、成田の不動さん…」

お手玉歌にも、親しまれています

2018-05-01 香取神宮を参拝、国宝・「海獣葡萄鏡」などを見学しました。

「サツキ(皐月)」、大型の花。

昨日の強い風も止んで、暑くなりそうです。

東関東自動車道で、一気に利根川下流方面へ…。

香取神宮、以前に参拝を計画しましたが念願がかなうことなりました。

杉の大木に覆われた杜には、サツキ皐月)」の花が鮮やかです。

駐車場わきに、「せんだんの木」の札がかかった古木、蕾が認められます

f:id:yatsugatake:20180503071512j:image

開花はいつごろになるでしょうか、以前、6月に彦根城を訪れた際、初めてその花を観て感激しました。

確か、『枕草子』にも登場、「賢治ガーデン」の木に、いつ花や実が着くか楽しみです。

見事な石灯籠が立ち並ぶ参道は、昼なお暗く荘厳な気持ちにさせてくれます

本殿を参拝し、隣の宝物館では国宝海獣葡萄などを見学しました。

f:id:yatsugatake:20180501094150j:image

栞、の解説には、白銅製径九寸八分裏面文様海獣異禽をめぐる葡萄唐草文を中心としたもので、その表現極めて鋭利精巧中国時代作品奈良正倉院四国大山祇神社にある御鏡と共に日本三名鏡の一つである

佐原の町並みを歩き、旧家を訪れて伊能忠敬の像にも出会いました。

f:id:yatsugatake:20180501104746j:image