Hatena::ブログ(Diary)

佐久の季節便り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-11-15 放射冷却、そして「小春日和:」に…。

強い霜で、冷凍のささぎ豆。

ラジオ・「今日は何の日」で、坂本龍馬誕生日、亡くなった日…」

なんと不思議、そんなことがあるんですね…。

1835(天保6)年11月15日土佐の国(高知県)高登城下本丁一丁目に郷士坂本八平次男に生まれた。実名は直柔(なおなり)、変名才谷梅太郎

1867年11月15日の夜、京都下宿近江屋中岡慎太郎階段中、幕府見廻組に襲われて倒れた。年33

気象情報で、日中は風も無く、穏やかな小春日和になるでしょう…」

今日は、旧暦十月八日十月異称で言えば小春・八日」です。

今シーズン初めて、小春日和が聞かれました。

朝、起きて窓を開けると晴れて、裏の「仮設グランド」が一面、降霜で真っ白です。

アメダスを見てびっくり、最低気温氷点下2.3度(5:42)、ポイント予報は2度だったのに…。

風も無く、翌晴れて、放射冷却による低温です。

「霜知らず」と呼ばれ、寒さに強いはずの伝統野菜「つるささげ豆」も冷凍状態です。

軒下に置いた鉢栽栽培の「つるささげ豆」、完熟したら種子を採り、来年栽培に備えます

f:id:yatsugatake:20181110102211j:image

愛称・「徳ちゃん豆」栽培を、賢治を読む会の会員の手で、広めるつもりです。

暖かくなってきたので出かけ、月半ばの今日散髪を済ませました。

午後、すっかり葉を落としたウメモドキ(梅擬)」の赤い実青空に映えています

f:id:yatsugatake:20181115145432j:image

そして、東の空には、「八日・上弦」のお月さまが昇っています

『月と暮らす』(藤井旭から月齢7上弦を一部引用ます

上弦の月とは上り月のことで、「上の弓張りのことなり」と『俳諧新式』にあるように、その月の“上旬半月”のことを指している呼び名なのです。

 弦月、半月、片割月、月の弓、月の舟など美しいイメージで呼ばれる上弦の月ですが、双眼鏡天体望遠鏡でのぞいても、月世界のようすがもっとも美しく眺められるころでもあります。欠け際に連なるクレーター群には、息をのまされることでしょう。

 野良回り、ハクサイ白菜)」が採り頃になりました。

f:id:yatsugatake:20181114164821j:image

栽培反省は、結球の大きさが不揃いで、苗の植え方が込み過ぎたためです。

夕暮れ迫る「浅間山、くっきりと見えて、明日の冷え込みを思わせます

f:id:yatsugatake:20181114164310j:image

寒くなり、鉢物を8割がた、部屋に取り込みました。

アメダス最高気温は13.0度(14:36)、予報に違わない「小春日和でした。