矢次ゼミブログ

2018-05-21

【第6期】2018年5月16日のゼミ日誌

今回の日誌当番は、小松さんです。

===ここから===

5月16日のゼミは、前回に引き続き『高慢と偏見』の第6章の内容を読んでいきました。あらすじは以下の通りです。

エリザベスはジェインとビングリー氏の関係の事ばかり考えていて、ダーシー氏がエリザベスに好意を抱き始めていたことに全く気が付かなかった。ダーシー氏はエリザベスをもっと知りたいと思ったので彼女と話すための準備段階として彼女の話をよく立ち聞きするようになる。これには、エリザベスも気づいていた。ルーカス家のパーティーでシャーロットはエリザベスに二人が会話中の時に近寄ってきたダーシー氏に対して何か言うように彼女をけしかけた後、彼女に歌とダンスを勧める。エリザベスは最初乗り気ではなかったが、彼女の歌とダンスはなんとか人々を楽しませることが出来た。一方でダンスが好きではないダーシー氏は、会話の無いこのパーティーに腹が立っていた。そんな彼の元へサー・ウィリアムがやってきて彼と会話をする。会話の途中、エリザベスがやって来たので、サー・ウィリアムはダーシー氏に彼女と踊るように促す。しかし、エリザベスはそれを拒み、改めて手を取ろうとしだダーシー氏の行動も、サー・ウィリアムの説得にも応じずその場を去る。

今回読んだ内容で印象的だった部分は、発表者の武田さんも引用していた、
“Certainly, Sir; and it has the advantage also of being in vogue amongst the less polished societies of the world. Every savage can dance. (P32 L18)
という部分です。ダンスは上流社交界でも洗練された遊びの一つでもあると主張するサー・ウィリアムに対し、ダンスは上流社交界に限らず、野蛮人でも出来るという利点があると皮肉めいたダーシー氏のこの発言を見て、野蛮人でもできるダンスばかり行われるこのパーティーは彼にとって相当不服なものであったのだろうなと思いました。
エリザベスと踊ることを勧められたダーシー氏、また、サー・ウィリアムから手を取られダーシー氏と踊るよう促されるエリザベス、双方に動揺の様子が少し垣間見えた場面も、印象的でした。個人的な推測からして、二人とも、動揺しても相手からは気づかれないよう冷静に振舞いそうな性格をしていると思うのですが、そんな二人が動揺しているのがはっきりと分かるこの場面は、こちらとしては非常に目新しさを感じました。

今回読んだ内容は、ダーシー氏がエリザベスに好意を持ち始めたことが分かった上での初めての二人のやりとりであったので、これからの二人の関係の進展に興味がわく場面となりました。

===ここまで===

ダーシーの人柄が印象的な箇所でした。それと同時に、最初のパーティーで陽気にふるまってはいたけれども、ダーシーの言葉にエリザベスが傷ついた点も。2人が気持ちのすれ違いをどうやって乗り越えていくか。小松さんの書いている通り、興味がわく箇所でした。

2018-05-17

【第5期】2018年5月10日のゼミ日誌

今回の日誌当番は、羽藤さんです。

===ここから===

先週からカズオイシグロの『日の名残り』に入りました。
この作品は主人公の執事であるスティーブンスが過去を思い出していく物語です。

授業ではプロローグと第1章を考察していきました。
スティーブンスが主人にすすめられて旅に出ようとする場面です。
私が担当したところで特に気になったのが、主人に旅をすすめられてそれを断るところのスティーブンスの思いです。
a reply to the effect that those of our profession, although we did not see a great deal of the country in the sense of touring the countryside and visiting picturesque site, did actually 'see' more of England than most, placed as we were in houses where the greatest ladies and gentleman of the land gathered.
イギリスという美しい景色を見るのではないが、イギリスという国のありさまをお屋敷で働く中で日々目の当たりにしていると
スティーブンスは思っています。
私はこれを読んでこの言葉は職業意識だと感じました。執事という仕事は常にお屋敷にいて主人にお仕えしなくてはならない、そういう仕事としての言葉だと思います。スティーブンスの執事という仕事に対する姿勢はとても熱心だと思います。執事という仕事に誇りを持っています。
スティーブンスの仕事に対する熱意に注目していきたいです。
プロローグの後半ではミス・ケントンからの手紙でダーリントン卿の時代を懐かしく思い出します。同業者と話し合い考えを深めることができた時代、ミス・ケントンはどういう存在であったのか、これから彼女に会いに旅に出るので楽しみにしたいです。

屋敷の管理に不安を残しつつ旅に出たスティーブンスは労働者風の男に出会います。
その男にしつこく言われ、丘の上に登ることにしました。
I would say that it is the very lack of obvious drama or spectacle that sets the beauty of our land apart. What is partinent is the calmness of the beauty, of its own greatness, and feel no need to shout it.
丘の上から見た田園風景を見てスティーブンスは偉大だと感じました。
田園風景なんてとても素朴な景色です。
しかし、スティーブンスはどんな名所よりもなんてことない田園風景の方が美しいと感じました。
この胸打たれた景色は男にしつこく言われなければ見ることはなかっただろうし、素朴な景色を偉大だと感じることもなかったと思います。
スティーブンスにとって旅に出てとても重要な体験だと思います。
これからまだ旅は続きます。どんなものを見て聞いて感じていくのか、彼がどんなことを回想していくのかみていきたいです。

===ここまで===

過去の回想といっても、昨年の後期に読んだ『ジェイン・エア』とはずいぶん違いますね。スティーブンスの心理状態や、当時の状況について整理しながら、読み進めていきましょう。

2018-05-14

【第6期】2018年5月9日のゼミ日誌

今回の日誌当番は、巨島さんです。

===ここから===

今回は第4章の途中から第6章の途中まで進めました。

場面は日野くんが担当だったエリザベスとジェインのビングリー家の話の続きからです。話はビングリーとダーシーの友情関係に発展します。"On the strength of Darcy's regard Bingley had the firmest reliance, and of his judgment the highest opinion." からダーシーのビングリーへの絶大な信頼を感じられ、ビングリーもダーシーの判断力の鋭さに高い評価をしており、固い友情で結ばれていることが判明しました。

次に、浜崎さん担当のルーカス家の娘たちがロングボーンへやってきた場面です。さっそく話は昨日の舞踏会の話になり、後に話題はダーシーのことに移ります。ベネット夫人がダーシーの高慢さを非難する中シャーロットが "One cannot wonder that so very fine a young man, with family, fortune, everything in his favour, should think highly of himself. If I may so express it, he has a right to be proud." と一言。このセリフからシャーロットは彼は美男子で、家柄もよく、大金持ちだから高慢になるのは当然だという割り切った考え方をしており、シャーロットのものの見方が分かりました。

名本さん担当のビングリー氏とジェインについて、エリザベスと親友のシャーロットが話している場面です。シャーロットは、ビングリー氏に好意を抱いていながらもそれを表に出さずに振る舞うジェインに対してもっと積極的に行動すべきだと言い、ジェインの成功を祈りながら自分の結婚観を語ります。"They always continue to grow sufficiently unlike afterwards to have their share of vexation; and it is better to know as little as possible of the defects of the person with whom you are to pass your life." から、またしてもジェインの割り切った考え方が読み取れます。シャーロットの意見に対して "you know it is not sound, and that you would never act in this way yourself" とエリザベスは言いますが、この意見の違いは一刻も早く結婚をしたいと望む27歳のシャーロットとまだ20歳のエリザベスの境遇の差によるものもあるのではないかと感じました。

今回はビングリーとダーシーの友情関係、シャーロットの結婚観など今後の展開において重要になる部分が多くありました。後の展開を知っているからこそより重要視して読むことが出来たと思います。

===ここまで===

後の展開を知らずに(どきどきしながら?)読む一読目と、後の展開を知って、伏線などを確認しながら、また、自分が特に関心のある点について重点的に読む二読目以降では、味わいが違いますね。

2018-05-07

【第6期】2018年5月2日のゼミ日誌

今回の日誌当番は、樫本さんです。

===ここから===

今回は第3章の途中から第4章の途中まで進みました。

まず、横田さんが担当の舞踏会での場面です。ビングリー氏はダーシー氏にエリザベスと踊ることを勧めます。しかしダーシー氏は、“there is not another woman in the room, whom it would not be a punishment to me to stand up with.”という冷たい言葉を放ち、その場を去ってしまいます。自分のことを無下にされたにもかかわらず、それを面白おかしく話すエリザベスの様子から、上手く切り返しができる強い女性だということがわかりました。

次は山本さんが担当の、舞踏会についてミセス・ベネットとベネット氏が会話をする場面です。ミセス・ベネットがまくし立てながら話すことにうんざりしたベネット氏は、”he would not have danced half so much! For God’s sake, say no more of his parents. Oh! that he had sprained his ankle in the first dance!”と溜まった苛立ちを吐露します。この場面でのミセス・ベネットの“charming women”というセリフにも注目です。普通はladyと表現するのが礼儀正しいとされていますが、womanと発言していることから彼女の品の無さが読み取れます。また、この時代のaccomplishment<教養>とは、ピアノや歌、手芸などを指すということでした。

最後は日野くんが担当の、エリザベスとジェインの会話の場面です。この場面では2人の性格の違いがよくわかります。ジェインは褒められると舞い上がってしまうのに対し、エリザベスは冷静で状況をすぐに把握する鋭さを持っています。また、”a circumstance more deeply impressed on their memories than that their brother’s fortune and their own had been acquired by trade.”から、ビングリー家の地位がわかります。当時は、商売で成り上がった家よりも、不動産収入がある家の方が品が良いとされていました。

今回の授業で取り上げたミセス・ベネットとベネット氏の会話の場面は、個人的に好きなところでした。奥さんがすごい勢いで発言し、それに対し旦那さんは皮肉っぽく返す。気にせずに続ける奥さん。という流れが好きで、実際にありそうだなと思いました。次回はビングリー姉妹ががつがつ登場するので、話がさらに面白くなると思います。

===ここまで===

ベネット夫人とベネット氏、エリザベスとジェイン、ダーシーとビングリ―、様々な対比が出てきました。「最初のダンスで(ビングリ―が)足首を折ってしまえばよかったのに!」というベネット氏の台詞は面白いですね。

2018-05-01

【第6期】2018年4月25日のゼミ日誌

今回の日誌当番は、宇高さんです。

===

今回は第2章と第3章の途中まで進めていきました。

ベネット氏が、内緒でビングリー氏を訪ねていたことを知ったベネット夫人は大いに喜びます。そして、ビングリー氏がダンスの相手になってくれるのでは、と、娘たちも期待します。夫からビングリー氏について聞き出せないベネット夫人は、ルーカス夫人からのまた聞き情報で「若くて、美男子で、感じの良い青少年であり、何より好ましいことに今度の舞踏会ではたくさんの人を連れてくるらしい」ということを知りました。ベネット夫人は、娘たちみんながいいところへ嫁ぐことだけを望んでいます。舞踏会当日、ビングリー氏は姉妹2人、義兄、友人を連れてやってきました。ビングリー氏の友人であるダーシー氏は、外見や年収注目を浴び、誰からも賛嘆の目で見られていました。しかし、高慢な態度が反感を抱かれるようになります。ベネット夫人は、加えて、娘が彼に無視されたことにも怒ります。そんな中、ビングリー氏は美しいジェインを見初めます。そして、なかなか踊らないダーシー氏に、エリザベスと踊ることを勧めるけれど、「あえて踊りたいほどの美人じゃない」と冷たく言い放ちます。その会話を聞いたエリザベスの心には、不快な感情が残ったが、陽気な性格であるので、この話を面白おかしく家族や友人に話しました。

あらすじはこのような感じです。

“Mary wished to say something very sensible, but knew not how. ”

メアリーがベネット氏に意見を聞かれた時、メアリーは立派なことを言って知的なところをアピールしたいけれど、何も言えませんでした。私はこの部分を読んで、メアリーのことを好きになりました。小説に出てくる本をたくさん読むキャラクターは、冷静で知的、というイメージがあったけれど、そうはなれないメアリーが、すごくかわいらしいと思いました。

“She had a lively playful disposition, which delighted in anything ridiculous.”

エリザベスの魅力が伝わる場面だと思いました。私がダーシー氏に同じことを言われたら、絶対笑いながらは話せないし、ダーシー氏の悪口も言ってしまうと思います。しかし、面白おかしくケロッと話すところが、さばさばしてて好きだと思ったし、強いと思いました。私もこのような人になりたい、ととても憧れる性格です。

自分の母親がベネット夫人みたいな人だったらすごく疲れそうで嫌だと思いました。しかし、わかりやすいお調子者なので、意外と簡単なのかもしれません。

ダーシー氏は嫌な人だけど、ネチネチした感じではなくて、はっきりしてて裏表のない嫌な人なので、気持ちが良いと思いました。

今回の授業から、担当者がレジュメを作成してきて発表する、本格的なゼミが始まりました。自分が気づけなかった部分で様々な発見をしていたり、人物像に対しても、違う印象があったりして、とてもおもしろいと感じました。次回からも、さらに理解を深めていけるように頑張ります。

===

ゼミ活動、本格始動。まだちょっとぎこちないかもしれないけど、少しずつ慣れていきましょう。