Hatena::ブログ(Diary)

う〜ん Twitter

2012-09-06 Co.山田うん「ショーメン」

Co.山田うんは今年結成10周年!

週末上演する「ショーメン」は2010年初演の作品。お客さんはどこから観てもいいよ!全部正面だよ!というこのダンスは、当初のコンセプトのまま進化をしてきました。広場みたいな作品にしたい!と思ったら広場で踊る作品になってました。

倉庫でも体育館でも畑でも船でも踊れちゃう「ショーメン」。民謡でもジャズでも踊れちゃう「ショーメン」。5人でも20人でも踊れちゃう「ショーメン」。振付けはいつも変わらない「ショーメン」。衣装や音楽や会場は私達の「ショーメン」のソトヅラ。外側の面がどんなに変わっても変わらないものが観てほしいところの正面のない「ショーメン」。

今回出演者は総勢24名!10名ほどのコアメンバー、時々参加メンバーとしばらくいなかったけどまた戻って来たメンバー、地方滞在ダンサー、ダンサーじゃないけどカンパニーとは親戚みたいな俳優、物理学者、プラス音楽隊!

シンプルなダンス作品。「ショーメン」は誰でも入ってこれる、みんな帰ってこれる、ダンス作品というよりはダンス広場。「品」じゃなくて「場」です。完成度をあげるためには上手にやりこなせるようになっちゃいけない。生命そのものようなうまくいきすぎていないのにうまくいってる感じが必要。常にフレッシュでオープンで、なんでもできそうな雰囲気で、だけどなんでもできるっていう訳じゃなくて、常にものすごい勢いの新陳代謝を繰り返す、そんなエネルギーの流れを作り続ける時間そのものを作っていくということ。ダンスだけじゃなく音楽の「ショーメン」ももっともっと考えていきたい!というところに踏み込んでいきたいショーメンです!

さて広々とした横浜KAATの稽古場にはママダンサーの子供のゆきるもいて終始誰かが遊んでいて和やか朗らか。あなたの周りの人も含めてあなたのショーメンでそれが私のショーメンにいつもありますようにと願っている。

さて、、、今回の「ショーメン」野外バージョンの流れ。

15h30にKAATでシーン1、15h45-16h00頃は山下公園でシーン2、16h20-16h45頃がメインステージ氷川丸でシーン3、という運び。無料なのでどこで観ていただいてもOKですが、氷川丸で観る場合は船に乗車できる整理券が必要です。黄色いバッグを持ったスタッフがKAATと氷川丸で15h00から配りますのでどしどしゲットしてください。

西陽の強い夕方に背景と一緒に楽しんでいただけますように。メンバー一堂横浜でお待ちしてます!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yaun/20120906