Hatena::ブログ(Diary)

エールのオンデマンドなblog

2016-06-27

道の駅へ!

皆様こんにちは!新米営業の菅原でざいます!

気付いたら初のブログ投稿をしてから一ヶ月!
早いものですね〜。
一日一日無駄にならないように動き・考えなければ!
と日々奮闘しております。

最近では既存のお客様や新規のお客様のところへ
一人で訪問している私ですが、お客様のお話を聞いていると、
「地域おこし」や「道の駅」「ふるさと納税」等、北海道を盛り上げよう!
という企画、プロモーションに携わる仕事をしている方が多くいるように感じております。

そこで、エールでも北海道を盛り上げれるように何か出来ることはないか!
と考えた私。

まずは休日を利用して「道の駅」に遊びに行こう!
美味しいもの食べて、特産物や野菜を安く買うぞ!と考えました!
もちろん休日なので9割遊びです(笑)

まずは札幌から近いの三笠市へ行ってきました。

三笠市はかつて炭鉱都市として栄えていた町でしたが、
平成元年に北炭幌内炭鉱が閉山したことで経済が著しく衰退、
現在では人口が1万人を下回り全国で2番目に人口が少ない市なのです。

しかし!三笠市は有名な三笠メロンの町!さらには!
三笠スイカ・三笠たまねぎ三笠あすか梅の杜(旧三笠梅林邦梅園)の梅、
炭鉱史跡群、アンモナイト化石等がございます!
(一部Wikipediaより引用)

私にとって三笠市メロンのイメージしかなく、
アンモナイトも有名であることを道の駅に行って知りました。
小さなアンモナイト化石販売していたのですが、気になったのが「三笠ジオパーク」。
このような特別ブースも設置されてました。

f:id:ye-ll:20160625125515j:image:w360

ジオパークとは、「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを
組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を丸ごと楽しむことができる場所をいいます。
三笠ジオパークオフィシャルサイトより引用)

その地域の歴史や文化、生態をまるごと楽しめる施設なのです。

三笠市アンモナイト化石が見つかった経緯から炭鉱まち特有の文化を感じることができます!
ツアーやイベントも多く開催しておりますので、是非、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

私も次回はじっくり三笠ジオパークで「一億年時間旅行」を堪能したいと思います!

さて、今回道の駅で発見した「三笠ジオパーク」特設ブースのお陰で、
私自身、三笠の歴史を知ったりジオパークとは何なのかを知りました。

多くの方がイベントブースやポスターをきっかけに三笠市を知ってもらいジオパークにも
是非足を運んでいただきたいですね♪

エールではイベントの紹介チラシやポスター、
はたまた上記写真内でもあるブース設置、ミニのぼり等も承っております。

「誰かに何かを伝えたい!」

そんなお手伝いも是非させていただけたらと思います!

■ 型抜き印刷専門
型抜き印刷ドットコム
http://katanuki-insatsu.com/

■ エールのネットショップ
YELL CRAFT - エールクラフト
http://www.yellcraft.jp

■ CD・DVD紙ジャケット印刷専門店
ZaZaZa WORKS - ザザザワークス
http://zazazaworks.jp/