ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2005-01-28

東京地検特捜部長「マスコミはやくざ以下」文書 23:51 東京地検特捜部長「マスコミはやくざ以下」文書を含むブックマーク 東京地検特捜部長「マスコミはやくざ以下」文書のブックマークコメント

http://www.zakzak.co.jp/top/2005_01/t2005012825.html

人間には「器」というものがあり、首相になる器、大会社の社長になる器、それらに対して、副大臣がせいぜいの器、中小企業の社長が精一杯の器、細々とブログを書くしか能がない器、など、正に人それぞれですが、こういった行動に出る人は、少なくとも、東京地検特捜部長の器とは言えないでしょう。

この程度の特捜部長しか持てない特捜部は不幸だと思います。

詐欺で地検事務官を逮捕 免許証コピー悪用か 23:14 詐欺で地検事務官を逮捕 免許証コピー悪用かを含むブックマーク 詐欺で地検事務官を逮捕 免許証コピー悪用かのブックマークコメント

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2005012801001392

コピーを使われた2人と面識はなく、地検は須崎支部で事件記録と一緒に保管したコピーを悪用した可能性が高いとみて国家公務員法違反容疑でも追及。仲介した知人が事情を知っていた可能性があるとみて調べる。

事件記録を悪用していたとすれば、検察に対する信頼を大きく揺るがしかねない、極めて深刻な不祥事になるでしょう。

虚偽自白 00:59 虚偽自白を含むブックマーク 虚偽自白のブックマークコメント

盗撮目的の女子トイレ侵入容疑で逮捕、勾留された司法修習生が釈放されたことが話題になっており、その人が、当初は自白したものの、その後否認に転じたことについても論じられている。

その関係で、私の経験を紹介しておきたい。恥ずかしい話なので、今まで、ほとんど他人には話していなかったことである。

検事になって数年たち、まだまだ若手ながら、自分なりに自信のようなものがついてきた頃だった。ある共犯事件で、逮捕、勾留された共犯者の1人を取り調べていた。その被疑者が、ある場所に行ったかどうかが重要性を帯びており、私は、別の共犯者の供述(一緒に行ったと明言)もあったので、「行った」と見ていたが、その被疑者は、「行っていない」と強く否認していた。

その後、徹底的に追及し、違法なことはしないものの、相当厳しく取り調べ、その被疑者は、「行きました」と自白し、その内容の供述調書も作成した。

ところが、である。

この事件の所轄警察署の刑事課長が、優秀かつ慎重な人で(今でも名前も顔も覚えているが)、若手検事があまりにも「行け行けー」という状態で突き進んでいることに不安を感じたようで、「行った」はずの場所に残っていた客観的な証拠(そこへ行くと受け取るものがあった、という感じ)を、捜査員に指示して徹底的に調べさせたのである。細かいことは覚えていないが、その結果、その被疑者が、そこには行っていない、ということが、客観的に裏付けられたのである。

要するに、共犯者の供述が間違っていたということであった(その共犯者も、意図的に虚偽供述をしていたわけではなく、勘違いしていた、ということだったと記憶している)。

私も、真っ青、という感じで、もちろん、その被疑者には事情を説明して謝り、再度、きちんと取り調べをやり直して、正しい内容の供述調書を作成した。非常に情けなかったのを覚えている。

その後、その被疑者に、「なぜ、行ってもいないのに、行ったと供述したのか?」と聞いてみたところ(人間関係は良好なものになっており、自分の勉強のためにも聞いてみた)、その被疑者は、諦めたような表情を浮かべて、「あの時は、検事さんが、行っただろうと強く言いましたからね・・・」と、しみじみと述懐していた。

こういう経験があったので、私は、虚偽自白というものが実際にあって、その原因が、取調官の間違った強い思い込みである、ということを痛感した。その後も、否認している被疑者を何人も取り調べたし、その結果、自白した被疑者もいたが、自分の見方を一方的に強くぶつける、ということは避けて、また、やむをえずそういう場面があった場合も、被疑者の主体的に供述できる環境が失われないように注意して、それまで以上に慎重に取り調べを行うようになった。

最近読んだ、ジュリスト平野龍一先生追悼号では、平野先生が、虚偽自白というものがあるのかと疑問に思われていたことが紹介されていたが、実際、こういうことはあるし、そこが実務の怖さ、と言うことができると思う。

問題の司法修習生の自白が、虚偽自白であったかどうかは、今後の捜査を待つしかないと思うが、「やってもいないことを自白するはずがない」とか、「司法修習生という立場にあって法律知識も豊富な者に虚偽自白はあり得ない」といった議論は、正しくないと私は思う。

バンダアチェの津波は34・9m、国際調査団が測定 00:23 バンダアチェの津波は34・9m、国際調査団が測定を含むブックマーク バンダアチェの津波は34・9m、国際調査団が測定のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050127-00000116-yom-int

あまりの凄まじさに、声も出ないという感じです。

スローライフ”でまき人気 下呂のメーカーに注文増加 00:19 “スローライフ”でまき人気 下呂のメーカーに注文増加を含むブックマーク “スローライフ”でまき人気 下呂のメーカーに注文増加のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050127-00000008-cnc-l21

私の実家の風呂は、私が小学生くらいまでは、いわゆる五右衛門風呂で、もらってきた廃材などを、斧で適当な大きさに割って、それを燃やして焚いていました。

そういった廃材などが、雨が降ったりして湿っていると、なかなか火がつかなくて困ったものです。

冬は、火を焚きつけていると寒くて、早く燃えるようにして家の中に入りたい一心でした。

思い返すと懐かしいですね。

弁護士志望弁護士志望 2005/01/28 01:14 「虚偽自白」のお話、たいへん興味深く拝読しました。検事という立場にあった方が、実際に虚偽自白というものがあることを具体的に示してくださっていて、たいへん貴重な文章だと思います。ご自分の失敗を率直に告白なさっている点も尊敬いたします。

謎の現職謎の現職 2005/01/28 01:22 有名な「ピース缶爆弾事件」は,虚偽自白(アリバイが公判で確定)が証明されて,全員無罪となりましたね。アリバイを証明したのが,「警察の運転免許試験場での受験」だったから,目も当てられない……。

P庁な人P庁な人 2005/01/28 02:05 そ、それは、我が社の汚点中の汚点!
だけど大事な判決ですよね。>謎の現職さん

an_accusedan_accused 2005/01/28 03:03 取調官の熱意が時として虚偽自白を招いてしまうとのご指摘は、なるほどと感じ入りました。たとえ被疑者が法律家であっても、時として取調官に迎合してしまうものなのかも知れません。ただ、たしか「自白の信用性」(法曹会)によれば、(うろ覚えですが)逮捕直後の供述ほど信用性が高いとされ、裁判官もおおむねそのような経験則に沿った事実認定をしているようですし、私たち一般人も、そのように考えるように思います。その点を踏まえて、やはり彼には刑事弁護修習の成果を活かして、きちんと否認してもらいたかったと思います(なお、ことの黒白を論じるつもりはありませんので、ご理解下さい)。

ボルヒチボルヒチ 2005/01/28 09:14 昨日のネット賭博が犯罪なら、要件からみて、パチンコ、スロットなんてモロ賭博にあたるんじゃないでしょうか?よく言われてることみたいですが。

町村町村 2005/01/28 11:36 喧嘩売るつもりはありませんが、ピース缶の例は汚点中の汚点というほど珍しいことでもなさそうですがね。ともあれ、間違いは誰だってあるので、それを匡すために刑事裁判があるのだし、検察としても間違いが明らかとなったら警察研究などできちんと症例研究されると将来のためになるのでしょう。その点で、無罪判決が出るたびに検察側が出すコメントが気に入らないですが・・。

しまじろうしまじろう 2005/01/28 21:27 警察研究はとうに廃刊ではなかったでしょうか。現代刑事法も廃刊。刑事関係は市場が狭いですね。

とおりすがりとおりすがり 2005/01/28 23:57 うーむ。で何で盗撮ビデオ冤罪君は上申書を出しちゃったんでしょうか。早大教授の手鏡事件と同じ感じで信用できないと思うのです。
どっちにせよ虚偽自白しちゃうような人が弁護士に向いているとは思わないし、そんな疑いをかけられるような裁判官や検察官も要らないなぁ。

通り過ぎた人通り過ぎた人 2005/01/29 00:35 無罪のとき検察庁が出すコメントは判で押したようですので、おそらく「お約束」なのでは?>町村先生

SS 2005/01/29 00:42 「虚偽自白」についてですが、私は全く別の感想を持ちました。1月6日付けのこのHPで、この司法修習生が逮捕されたことに対して、落合先生はこの司法修習生が犯人であることを断定するような書き振りでコメントをなされています。本日のコメントは大分慎重な書き方をされていますが、このような経験をしている弁護士であってもマスコミの第一報に対してはこのような感覚を持ってしまうものか、と感じました。もちろん、だからと言って東京地検特捜部長のコメントを擁護するものでは全くありませんが。

殿方殿方 2005/01/29 00:43 歴代の特捜部長の中では、熊崎勝彦氏が印象に残っています。

早起きしまじろう早起きしまじろう 2005/01/29 05:08 この修習生が犯人だ、というのはもちろん良くない断定ですが、「これは虚偽自白だ」というのも同じく根拠の無い断定に過ぎません。現段階では、疑わしいけど裁判に堪える証拠が揃わなかった、という程度のことですから、自白が真実だった可能性は十分あるわけです。ですから、アリバイがまだ立証されていないのに、「修習生の事案に関連して」他のブログで虚偽自白とか捜査ミスといった表現が見られるのは、逆の方向で、ぶれすぎていると思います。(社会事実としての話なので手続法上の無罪推定原則はどうしたとかいうツッコミは無しでお願いします(笑)

通りすがり通りすがり 2005/01/29 05:45 虚偽自白だと断定している人なんて誰もいないでしょう。期限までに起訴されなかった以上、その可能性を論じることが「ぶれすぎている」ということはないはずです。

nonamenoname 2005/01/29 08:15 東京地検部長の発言は、マスコミが切り貼りし印象操作された感は否めませんので、全文読んで判断された方がよろしいかと。

小倉小倉 2005/01/29 09:09 熊崎さんは、退官後晩節を汚さなければいいなあと思っているのですが。

yjochiyjochi 2005/01/29 09:29 司法修習生の事件の、当初の報道では、「本人も認めている」とあったと思います。そういった報道を前提に、「司法修習生にもこういう人が出てきた」といったコメントをしたわけですが、「犯人と断定」というのとは、ちょっと趣旨が違うと思っています。報道をすべて疑い、冤罪の可能性をとことん追求するという書き方も不可能ではありませんが、それをはじめると、事件に関するコメントはできないか、非常に限られた部分でしかコメントできないでしょうね。
なお、私のブログを見ていただければわかるように、被疑者、被告人名は、ブログ本文では原則として記載せず、リンク先のニュースが消えれば、個人名はわからなくなるように配慮しています。

yjochiyjochi 2005/01/29 10:01 特捜部長の「私信」全文は、見られるならば是非見てみたいと思うのですが、見る方法ありますか?月曜日にでも特捜部へ電話して、「ブログで批判めいたことを書いている弁護士ですが、私信全文を拝見できないでしょうか?」と電話してみましょうか?(笑)

an_accusedan_accused 2005/01/29 10:25 落合先生
こちらが件の「私信」のようです。
http://www.rondan.co.jp/html/kisha/0501/050127-sub.html

yjochiyjochi 2005/01/29 10:36 ありがとうございます。やはり、こういう話題は「論壇」が参考になりますね。

an_accusedan_accused 2005/01/29 10:53 上記「私信」を読む限り、氏は「マスコミ対策がいかに検察の頭痛のタネであるか」を修習生らに訴えたかったようです。原典にあたっても、氏の文章は“穏当さに欠ける表現”には違いなく、軽率の謗りは免れないように思われます。このような愚痴めいた内容の文章を修習生向けに出してどうなさるおつもりだったのか、意図がよくわかりません。また、検察も記者クラブを都合よく利用してきたり、報道から捜査の端緒を得たこともあったでしょうが、氏はそういった側面には言及する価値を認めておられないようです。

yjochiyjochi 2005/01/29 11:02 マスコミを徹底的に蔑視していて、捜査機関が意図的にリークした情報を捜査機関に都合良く報道する、といったことで協力させること以外には、何の価値もないと思っているのではないかと推測しますね。

みやけみやけ 2005/01/29 14:41 全文読みました。
私信とはいえ立場有る者の発言として相応しいのかどうか?には見解が分かれるところではありますが、マスコミの取材のあり方については、多種方面で疑問が投げかけられています。
簡単に「器がない」と判断するだけでなく、この本部長の意見について検証する必要があるんじゃないでしょうか?
この本部長の発言もまた形を変えた「告発」には違いないのです。野党のような「メディア規制だ」では話が進みません。メディアの取材方法には問題があることも事実なので、今このさいですからキチンとメディアは発言内容を吟味してみるべきです。

altoalto 2005/02/04 03:55 公権力を監視するといってるマスコミ自身に自浄能力が無いというのは、もうここ
何年も指摘されてますよね。
マスコミは自分たちは好き勝手に書いて良いが、それに異論を言うのは言論弾圧だ。
政治家がアカウンタビリティを果たさないのはいけないが、マスコミ自身は黙っていてもいい。
自民党がNHKに何か言うのは言論弾圧だが、野党が自分のCMのことで民放にいちゃもんをつけるのはOK。
etc.etc,,,
なにか、おかしいとおもいませんか?