ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-02-28

[]私の司法試験受験時代 23:24 私の司法試験受験時代を含むブックマーク 私の司法試験受験時代のブックマークコメント

真剣に勉強しているかどうかの判断基準

http://blog.goo.ne.jp/9605-sak/e/965ec3b9f3e6cb982b8b816265b50e1a

を読んでいて、自分が司法試験受験生の時は、どういう生活を送っていたのか、を、少し思い出してみました。

一番勉強していたのは、大学3年生の択一合格後から、大学4年生の最終合格までだったと思いますが、思い出してみると、大体、こんな状態でした。

平日(土曜日含む)は、午前9時から午前10時の間くらいに大学早稲田大学法学部)へ行き、昔の8号館(今はない)の4階にあった学生読書室(通称「よんどく」、4階にある読書室なので)で席をとり(殺風景な、仕切りのあるブース席が並んでいました)、基本的に、そこで勉強し、時々、学部の講義に出たり、法職課程教室(大学がやっていた予備校のようなもの)の講義に出たりしていました。学生読書室は、通常、午後9時までで、司法試験の前になると午後10時までやっていたので、終了時刻までそこで勉強し、その後は自宅(私は大学から歩いて20分くらいのところにある風呂なし・共同トイレの6畳一間のぼろいアパートに住んでいました)に戻り、引き続き、午前1時か午前2時ころまで勉強していました。自宅に戻ると、さすがに疲れていたので、テレビをちらちら観ながら予備校でもらった資料を整理しつつ読んだり、といった、やや軽めの勉強をしていたように記憶しています。当時、深夜にテレビ朝日でCNNのニュースを紹介する番組をやっているのをよく観ていて、スペースシャトル(チャレンジャー号)の爆発事故が起きた時にも、確か、自宅で資料の整理か何かをしながら実況生中継を観ていて、事故を知り、椅子から転げ落ちるほど驚いた記憶があります(本題とは関係ないですが)。

日曜日は、司法試験の直前以外は大学学生読書室に入れず、遊んでいるわけにも行かないので、(前にも書いたことがあったと思いますが)大学3年生の時の択一試験直後から、日曜日に、合計6時間の講座(憲法、民法、刑法)をビデオで受講する、ということをするようになりました。これは、大学4年生の春先くらいまで続けていたと思います。せっかく受ける以上、きっちりやろうと思い、予習、復習も真面目にやったので、かなりきつかった記憶がありますが、何とかこなすことができた、という状態でした。

こういう状態で、やることが多く、忙しいので、遊んでいる暇などなく、飲み会等は見送ることが多かったと記憶しています。クリスマスも盆も正月もなく、大学3年生の時の年末年始は、帰省せず(と言うか、できず)、自宅にこもりきりになって刑事政策の勉強をしていました。

今でももてない私が、こういう状態で彼女デートなどできていたか、ということについては、もう言うまでもないでしょう。

かなり無理をしたせいか、最終合格した年の2月、3月ころ、体調が良くなく、一月に1度か2度くらい、まったく起き上がれない日があって、仕方がないので、そういう日は自宅で寝て過ごしていました(疲れとストレスのせいでしょう)。

世の中には、私よりも頭が良く要領も良い人はいくらでもいますから、もっと楽な受験生活を送り、大学生活をエンジョイし、余裕で司法試験に合格、という人もいたと思いますが、そういう話を聞いたことは、当時、なかったですね。合格者は、皆、それぞれ、苦労して勉強していて、勉強ハードであることは当然、というのがごく一般的な意識だったと思います。

上記のエントリーでは、コメントの内容について、「甘い」と批判されていましたが、時代が変われば制度も人の意識も変わるとはいえ、こうして昔のことを思い出すと、受験生の意識も変わったものだな、自分を徹底的に追い込んで顔の形が変わるくらい勉強する、という経験をしないまま合格という果実を早々と得てしまった人のその後が他人事ながら心配だな、と思った次第です。

[][][]朝鮮総連・集会での日比谷公園使用許可、都が取り消し 09:44 朝鮮総連・集会での日比谷公園使用許可、都が取り消しを含むブックマーク 朝鮮総連・集会での日比谷公園使用許可、都が取り消しのブックマークコメント

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070227i205.htm

都によると、1月25日に朝鮮総連側から公園の使用許可の申請があり、使用料を受け取ったうえで、いったんは使用を許可。しかし、都や公園を委託管理している業者に対し、右翼団体などから抗議が相次いだことから、都は26日、「集会が開催されれば一般の利用者も巻き込み、大きな混乱になる可能性がある」と判断し、取り消しを決めた。

朝鮮総連をかばう気はありませんが、過去の同種事例で、憲法上保障された表現の自由や集会の自由との関係において、今回のような措置が問題になったことがあり、違法とされたケースもあったと記憶しています。

上記のような「大きな混乱になる可能性」が、どこまで具体的に認定でき、許可取り消しを正当化できるか、が問題になるでしょう。

なかなか微妙な問題であり、朝鮮総連側は東京地裁に仮処分を申し立てた、とのことですから、裁判所の判断が注目されます。

追記1:

日比谷公園の使用許可、東京地裁が総連側の主張認める

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000406-yom-soci

たまたま、昨日購入した最新版の

別冊ジュリスト No.186 憲法判例百選1

別冊ジュリスト No.186 憲法判例百選1

でも紹介されていましたが(88事件、なお、執筆者の川岸先生は、私と同じ年の昭和61年に司法試験に合格し、司法修習するか大学に残るか検討した結果、大学に残ったという方です)、最判平成7年3月7日が、この件の先例としては重要でしょう。

最高裁は、問題となった市条例の解釈として、この種の判断において集会の自由を制限できるだけの「危険性」について、単なる蓋然性では不十分であり、「明らかな差し迫った危険の発生が具体的に予見されることが必要である」という判断を示していて、このような最高裁の判断が、上記の東京地裁決定に大きく影響しているものと推測されます。

追記2:

都側の抗告棄却=朝鮮総連系団体の公園使用−東京高裁

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070301-00000106-jij-soci

宮崎公男裁判長は「集会による混乱は具体的に予測されていない。混乱があっても、警察の警備で防止することが難しいとはいえない」と述べ、都側の主張を退けた。 

判断枠組みとしては、地裁決定と同様のようですね。警視庁にしっかり警備してもらいましょう。>東京都

追記3:

東京地判平成21年3月24日(判例時報2046号90頁)

東京都による使用承認処分が取消が違法であるとされ国家賠償請求が一部認容された(確定)

[][]評論家池内ひろ美さん脅迫、45歳会社員の男を逮捕 09:32 評論家・池内ひろ美さん脅迫、45歳会社員の男を逮捕を含むブックマーク 評論家・池内ひろ美さん脅迫、45歳会社員の男を逮捕のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000414-yom-soci

容疑者は昨年12月20日未明、ネット上の掲示板サイトで、同日午後に予定されていた池内さんの名古屋市内の講演会を取り上げ、「灯油をぶちまき 火をつければ あっさり終了」「血の海になりますよ〜」などと書き込んだ疑い。

匿名ならば何をやっても安全圏にいて捕まることはない、というのが、単なる幻想、誤解であることを示す実例と言えるでしょう。

この問題については、かなり悪質な書き込みが多くあったようですから、他にも逮捕者が出る可能性があると思います。

[]ブロガーに共通する“5つの悩み”とは? 09:08 ブロガーに共通する“5つの悩み”とは?を含むブックマーク ブロガーに共通する“5つの悩み”とは?のブックマークコメント

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0702/26/news052.html

ブログをやっていて、ありがちな悩みが取り上げられていて、参考になりますね。

以前、本ブログで、

ブログを続けるためには」

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20050515#1116086886

と述べたことがありますが、結局、マイペースで楽しむ、ということではないかと思います。

[]元社長無罪「覆せない」 東京地検が控訴断念発表 09:01 元社長無罪「覆せない」 東京地検が控訴断念発表を含むブックマーク 元社長無罪「覆せない」 東京地検が控訴断念発表のブックマークコメント

http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2007022701000331.html

被告ビル転売益を得る目的で指定暴力団山口組後藤組の組長後藤忠正被告(64)=同罪で公判中=らと共謀し、2005年2月にビル所有権後藤組関連企業に移転したとの虚偽を登記したとして、昨年5月に逮捕起訴された。

証拠関係がわからないので、感想しか出てきませんが、1審で無罪判決が出て控訴もできない程度の薄っぺらい証拠しかなかったのか、という驚きと、今後の共犯者公判に対し無罪方向で影響が出るのではないか、ということを感じますね。

警察の「暴力」の捜査は(他の分野以上に)、かなり粗い場合が多いので(口はうまく威勢は良いものの)、経験がない、あるいは乏しい検察官は慎重に臨まないと、こういった取り返しがつかないことになりかねません。

[]「DQN」で実名開示も?悪質書き込み対策で業界ガイドライン 08:43 「DQN」で実名開示も?悪質書き込み対策で業界ガイドラインを含むブックマーク 「DQN」で実名開示も?悪質書き込み対策で業界ガイドラインのブックマークコメント

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITba002026022007

今回の発信者情報開示ガイドラインでは、著作権・商標権侵害の基準は明確に示しているものの、名誉毀損の判断基準は抽象的な表現に留まり、どのような場合に情報が開示されるかわかりにくい。

名誉毀損かどうかを、プロバイダレベルで判断するのは、資料もほとんどなく、難しいものです。私の場合、この種の判断を6年余りやっていて、問題になった書き込み等を、数千か、もしかしたら万単位で見ていますが、微妙なものも多く、ガイドラインに照らし合わせて結論が出る、という性質のものでは、そもそもないと思っています(ガイドラインが何もないよりはマシだと思いますが)。

弁護士でも、こういった問題がわかる人は意外と少ないものなので、聞くならば適切な人に聞く、ということでしょう。

追記:

【週間ランキング】DQNのアウト・セーフは文脈次第

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITbq000003032007

記事を取り上げた弁護士のブログでは「弁護士でもこういった問題がわかる人は意外と少ない」とコメントし、判例が増えてきたとはいえ名誉毀損かどうかの判断はまだ難しいとしている。

この「弁護士のブログ」には、本ブログも含まれているのかもしれないですね。

酔うぞ酔うぞ 2007/02/28 11:55 わたしは、NIFTY-Serveの管理者(SYSOP)を15年ぐらいやってその間の変化も見てきましたが、名誉毀損かどうかと言うところになってしまうと、もう判断が大変です。
管理の実務の点から、それ以前になんとかするというのがコツでもあるのですが・・・。

    ]名誉毀損かどうかを、プロバイダのレベルで判断するのは、
    資料もほとんどなく、難しいものです。
    私の場合、この種の判断を6年余りやっていて、
    問題になった書き込み等を、
    数千か、もしかしたら万単位で見ていますが、
    微妙なものも多く、
    ガイドラインに照らし合わせて結論が出る、
    という性質のものでは、そもそもないと思っています
    (ガイドラインが何もないよりはマシだと思いますが)。

そもそも、プロバイダ等の立場では「問題が明らかになってから知る」のが普通ですが、調べてみるとそれ以前からの原因が吹き出してくるケースが多く、原因を知ると「解決のために判断はあれで良かったのか?」と思うことがしばしばありました。
ここらへんは興味持って経験を積むと徐々に分かってくることですが、こんなレベルの話をガイドラインに持ち込めるとは思えない。

    弁護士でも、こういった問題がわかる人は
    意外と少ないものなので、
    聞くならば適切な人に聞く、ということでしょう。

全く同感で、弁護士さんは立場的に法的解決が出来れば良いわけで、人生相談などの相談員ではないわけですから、弁護士に相談するべきか(警察にでも同じ)について相談(議論)できる人や場が必要だと思っています。
わたしたちの経験が役に立つと思っているのですが・・・・・。

ですがですが 2007/02/28 13:38 あるITにめっぽう強い弁護士先生は、1スレ1秒見て判断して削除できるはずだという推計をなさっています。不思議な計算があったものです。

OguraHideoOguraHideo 2007/02/28 18:12 「名誉毀損かどうかの判断ができない」から名誉毀損については削除も発信者情報開示も本訴での敗訴判決が確定してからでないと一切応じないということにすれば、 匿名の卑怯者さんは大喜びですね。ホスティングプロバイダからIPアドレスの開示を受けたころには、アクセスプロバイダはアクセスログの保管をしていないの、結局被害者は泣き寝入りで、加害者はやりたい放題です。
 そうしているうちに、匿名の卑怯者に迎合できる人以外は日本語ではコメント欄つきのブログを開設できなくなりそうですし、匿名の陰に隠れて他人に不快感を与えるだけのコメントを投稿してストレスを発散することに麻薬的に取り憑かれていったは人間としてどんどん落ちるところまで落ちていきそうですね。人間としての理性が残っていれば、匿名さんたちの要求に屈して謝らなかったからといって、放火予告等をしても構わないという感覚には成らないと思うのですが、まあ、現実にはそこまで理性が薄れていってしまっているということです。

OguraHideoOguraHideo 2007/02/28 18:28 壇先生の情報ネットワーク法学会等での発表でもありましたけど、少なくとも弁護士が代理人について発信者情報開示請求を行うものについて言えば、「専ら公益目的」がないことが文面から明らかに読み取れるものが多いわけだし、真実性についても、開示請求者に適事実が真実でないことの証明を厳格に求めていくことが馬鹿馬鹿しいものが殆どではないですか?
 某エステサービスアンケート情報流出のときだって、プロバイダの方々は、裁判所においても、「一切の違法性阻却が成立しないことを開示請求者の側で主張せよ。プロバイダの側は、どんな違法性阻却があり得るのかを特定する必要はない」として、上記アンケートデータをWinMXでばらまいていたユーザーを必死に庇ったわけで、プロバイダというのは、ユーザーのやっていることが違法だと分かり切っていても、ユーザーを庇い、被害者に泣き寝入りを強いることで、顧客集め競争に勝とうとするものだなあとしみじみ思いました。
(あの主張が認められてあのプロバイダが勝った場合には、「他人のプライバシー情報をWinMXでばらまきたかったら、プロバイダは○○を選ぼう」みたいなことを口コミ情報で流して、そういうことを好む顧客を集めて一儲け企むことができるわけですし)。

長文意見表明は長文意見表明は 2007/02/28 19:15 ご自身のブログでなされて、トラックバックを飛ばすのが礼儀かと。

訴訟進行は訴訟進行は 2007/02/28 19:45 事案の違いや代理人の能力に左右される面が強いです。裁判官の…(自主検閲)…もあるでしょう。

Barl-KarthBarl-Karth 2007/02/28 23:36 日比谷公園の事件は,昨日,関係者から情報を得ました。<「明白かつ現在の危険,例えば集会を開くと日比谷公園が火の海になる」がない限り仮処分はとおる。>とアドバイスしておきました。「例えば,中○派の公園利用申込があったのち,革○派のテロ予告があったとしてもぎりぎり中○が勝つという学説があったし,まぁ勝てるでしょう」とか述べたら,とても元気が出た様子でした。

toshitoshi 2007/03/01 00:35 blogは毎日読んでいる者です。
昨年の論文落ち以来、法科大学院は受験せず今年の旧司法試験に合格するために勉強しています。
択一試験まで残された時間が少なく、大事な局面に直面したときの自分の弱さを実感させられる日々をすごしています。
そのような日々の中で、高校の同窓という先生との関係を勝手に利用し、先生の受験生時代のエピソードへの共感を自分の力とさせていただきました。
感謝の念などというものはいつの場合でも一方的なものだとは思いますが、一方的に感謝しております。

OguraHideoOguraHideo 2007/03/01 00:52  私は落合先生ほど禁欲的ではありませんでしたが(その辺が4年生合格と5年生合格の差に繋がったのでしょう。)、一応、週40時間を目途に勉強するようにはしていました。ただ、当時から、多くの司法試験受験生(合格者の、ではない。)の勉強時間はそれよりかなり少なかったはずです。

同期法曹同期法曹 2007/03/01 07:27 1日5時間週4日バイトで自活しながら受験してましたが,週平均46時間は勉強時間を確保できました。もちろん,勉強と仕事と食べて寝る時間だけの繰り返しでしたが。ただし,洗濯は週に1度と衛生面ではお勧めできません。風呂なしトイレ共同6畳1間と落合先生と同じだったのでクリビツです。

なつかしいなつかしい 2007/03/01 09:52 私の場合は,論文後10月(論文の模試が始まる)までが1日2,3時間。10月から2月ころまでが9時間くらい,3月から論文が終わるまでは12,13時間やってました。親のすねをかじっていましたので,働かずにすんだのが良かったです。それでも3年半かかりました。

okumuraosakaokumuraosaka 2007/03/01 15:29  不合格体験記ならいくらでも語ります。

同期法曹同期法曹 2007/03/01 22:23 不合格体験記は7年分のストックがあります。それ以前はメモも残ってないで無理ですが。

早ければ早ければ 2007/03/02 01:25 いいというものではない。早すぎると女性に嫌われて一生独身の危険あり……と某裁判官に教わりました。ボツネタ判事とは別の退官された方です。