ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-10-15

[]宗教法人「紀元会」を家宅捜索 暴行死関与か 長野県警 09:34 宗教法人「紀元会」を家宅捜索 暴行死関与か 長野県警を含むブックマーク 宗教法人「紀元会」を家宅捜索 暴行死関与か 長野県警のブックマークコメント

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071015/crm0710150919000-n1.htm

夫ら家族4人が犯行を認めて逮捕されているが、その後の捜査で、紀元会の宗教施設内で多数の会員が奥野さんを踏みつけるなどの暴行を加えた疑いが強まった。現場には当時、会員ら数十人がいたとみられ、幹部の指示のもとで行われた集団暴行だったとみて、県警は400人態勢で全容解明を進める。

長野県警規模で400名態勢というのは、大変な規模の捜査態勢と言えるでしょう。比率から言うと、警視庁であれば、数千名程度を投入しているようなものです。長野県警のこの事件に対する意気込みが伝わってきます。

長野県警、宗教団体と言えば、思い出されるのが、オウム真理教による松本サリン事件で、無関係、「被害者」である一般人に、的外れの嫌疑をかけ、真相を解明すらできなかったという大失態ですね。この事件で長野県警が早期に適切に動いていれば、その後の地下鉄サリン事件等の事件はなかったか、もっと被害を少なくできた可能性があります。

長野県警には、適正妥当な捜査で真相を解明し、汚名を挽回してもらいたいものです。

[]改札トラブル プログラム不良、13日中に復旧 09:24 改札トラブル プログラム不良、13日中に復旧を含むブックマーク 改札トラブル プログラム不良、13日中に復旧のブックマークコメント

http://www.asahi.com/national/update/1013/TKY200710120344.html

日本信号製の自動改札機には、送られてくるネガデータの量が特定の量だった場合、プログラムが異常に反応して機能停止を引き起こす不具合があった。問題となる特定量を上回っても下回っても、トラブルは起きないという。

これまで、ネガデータ量がこの特定の量だったことがなかったため、トラブルが起こらず、プログラム不具合に気づかなかったという。プログラム日本信号が開発。JR東日本などのスイカと、私鉄や地下鉄の各社が発行するパスモの相互利用が始まった、今年3月18日から使っていた。

先週、首都圏で発生した自動改札トラブルですが、この種のバグは、こういったシステムにはつきものと言えばつきものであるものの、極めて多数の人々が、次々と利用するシステムであるだけに、トラブルが発生した際の影響が甚大なものになってしまいます。

私も、オートチャージ機能があるパスモを利用し、パスネットを購入する必要もなくなって、便利、快適な状態ですが、こういった便利さ、快適さが、極めて脆弱な基盤の上に成り立っている、という恐ろしさは、今回の事故で改めて認識しました。

[]奈良の調書流出事件、鑑定医を秘密漏示容疑で逮捕 00:43 奈良の調書流出事件、鑑定医を秘密漏示容疑で逮捕を含むブックマーク 奈良の調書流出事件、鑑定医を秘密漏示容疑で逮捕のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071014-00000111-yom-soci

問題の本の著者に対し秘密を漏らした、という容疑のようですが、著者側(立件は未定のようですが)の刑事責任は、なかなか興味深い問題だと思います。

秘密漏示罪は、構成要件上の限られた主体が、「秘密を漏らした」際に成立する真正身分犯(一定の身分がある者のみに犯罪が成立)であり、漏らす相手方の存在は、そもそも予定されていて、処罰の対象になっていませんから、講学上、相手方は、「必要的共犯」と言われる範疇に入り、通常の関与にとどまる限りは不可罰、というのが法の趣旨なのでしょう。

しかし、通常の関与態様を超える(例えば、執拗に、秘密を漏らすよう働きかけるなど)場合は、犯罪の成立が考えられなくはない、と私は思います。ただ、その場合、共同正犯というのは、やや変であり(秘密を「漏らされる」ことと、共同正犯が両立しないように思います、一種の対向犯でしょうか)、成立するとすれば教唆犯ではないか、と考えます。

ただ、通常の関与態様を超えていたと言えるかどうかは、かなり微妙なものがあり、奈良地検としても、その点の捜査は行っているようですが、今ひとつ踏み切れないでいるのでしょう。

この種の行為の違法性の問題も含め、いろいろな重要問題点を含む事件です。

okumuraosakaokumuraosaka 2007/10/15 05:51 不起訴だそうです。
漏示罪が予定している程度の働きかけということでしょうか。
http://www.asahi.com/national/update/1011/OSK200710100081.html
流出を働きかけた「身分なき共犯」にあたる可能性があるとみていたが、上級庁と協議し、取材の範囲で立件は難しいと判断したとみられる。

 奈良地検といえば、児童ポルノダウンロード販売をそのまま「販売罪」で起訴したり、今では一罪とされている児童淫行罪+提供目的児童ポルノ製造罪を、地裁と家裁に分けて起訴したりしていて、何かと印象に残ります。