ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-05-27

[]記者の目裁判員制度 重くなる弁護士負担=銭場裕司 23:37 記者の目:裁判員制度 重くなる弁護士負担=銭場裕司を含むブックマーク 記者の目:裁判員制度 重くなる弁護士負担=銭場裕司のブックマークコメント

http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20080527k0000m070163000c.html

複数の現役裁判官に取材したところ、弁護士の中には新たに証拠請求ができないルールを知らなかったり、接見が不十分なため公判被告想定外の弁解を始めて、法廷が混乱したケースもあったという。

日々の取材で感じるのは組織力の差だ。例えば、検察側の場合は、地検の幹部や若手が法廷傍聴に日参して、担当検事とともに公判前後に改善点などを模索している。検事は日々こうしたプレッシャーを受けながら公判に臨んでいる。だが、弁護士の場合、模擬裁判や実際の公判経験が当事者だけに限られて終わっている。

上記のような「組織力の差」は、私のように、「組織」からドロップアウトしてしまうと、痛いほどよくわかります。裁判所、検察庁といった組織の中に身を置いていれば、日々、次々と新たな最先端情報が舞い込んできて、それを着実に身につけておくだけで十分仕事がこなせますが、そうではない環境においては、そもそも、情報を取ることが大変であり、常にアンテナを張り巡らせ、意識して努力するようにしないと、組織力に対抗することは相当困難です。

刑事司法の世界では、残念ながら、裁判所・検察庁連合の力と、それに対する弁護士の力には、例外はありますが、多くの場合、大学生小学生くらいの格差があり、裁判員制度や公判前整理手続の導入により、力量差が大学院生幼稚園児くらいにまで開いてしまう可能性があるように思います。

このような大きな格差を、今後、どこまで埋められるかということが、弁護士側の大きな課題でしょう。

[]「刃物で刺殺、遺体の一部ごみに」江東・侵入容疑者 09:28 「刃物で刺殺、遺体の一部ごみに」江東・侵入容疑者を含むブックマーク 「刃物で刺殺、遺体の一部ごみに」江東・侵入容疑者のブックマークコメント

http://www.asahi.com/national/update/0527/TKY200805260360.html

容疑者は4月18日午後6時〜6時半ごろ帰宅し、19、20の両日はほとんど外出していなかった。同容疑者は19日午後3時ごろには手ぶらで外出し、マンションそばで報道陣に「18日午後11時ごろ警察官が来て、外出しないようにと言われた」などと話していた。警察官が最初に入居者方を訪問したときは玄関先で話をしただけで、各室内を詳しく調べたのは20日ごろからだったという。

結果論ですが、警察が捜査に着手した時点では、被害者が、被疑者方に監禁された状態で生存していて、その後、短時間のうちに殺害され、死体損壊に至った、という可能性も、現時点では否定できないでしょう。従来の報道では、以前から、外部からの建物への不審な侵入者があった、といったことが報じられていた印象がありますが、結果として、捜査が、外部に犯人がいるという一種の思い込みにとらわれすぎていた、という面はあったのかもしれない、という気はします。捜査員としては、後味の悪さ、何とも言えない悔恨を感じているかもしれません。

[]BMWベンツ…輸入車はアフターサービスで勝負 メンテナンス費・期間で差別化 02:16 BMW、ベンツ…輸入車はアフターサービスで勝負 メンテナンス費・期間で差別化を含むブックマーク BMW、ベンツ…輸入車はアフターサービスで勝負 メンテナンス費・期間で差別化のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000963-san-ind

ユーロ高に伴う値上げの影響で、外国メーカーの輸入車販売台数は平成19年度に5・6%減少した。今年度も「年内に再値上げが予想され、厳しい状況が続く」(日本自動車輸入組合)見通しだ。少しでも販売を伸ばそうと、メンテナンスや販売網の整備といったサービスの拡充競争が続きそうだ。

東京都港区あたりにいると、ベンツBMWといった車がはいて捨てるほど走っていて、見飽きてきます。私の場合、いま乗っているのはドイツの大衆車(8年落ち)ですが、前から、レンタカーではリーズナブルトヨタヴィッツに乗ることにしていて、乗っていると、燃費も良くこれで十分だな、と思うので、次に買うのはヴィッツか、競合するホンダフィットあたりにするかもしれません。

車に無駄お金を使わない、という傾向は、今後さらに進みそうで、自動車業界の冬の時代はますます本格化しそうな気がします。