ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-01-23

[]クリントン長官、初登庁で大騒ぎ 女性としては3人目 14:35 クリントン長官、初登庁で大騒ぎ 女性としては3人目を含むブックマーク クリントン長官、初登庁で大騒ぎ 女性としては3人目のブックマークコメント

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009012301000258.html?ref=rank

大統領選でオバマ氏と最後まで民主党候補指名争いを繰り広げ「恥を知れ、バラク・オバマ」と声を荒らげて非難したこともあったクリントン氏。だが、この日午後には初の省庁訪問先に国務省を選んだオバマ氏と並んで職員の前に立ち、米政府内での“外交復権”を際立たせた。

こういった形で政権内部へ入り主要閣僚になるということは、それだけオバマ政権に取り込まれてしまう、ということで、活躍すればするほど、オバマ政権を後押しすることになって、「次の大統領」の目はなくなってきかねません。

今後、クリントン長官(「ヒラリー」というほうがしっくりきますが)が、どのような身の処し方をするかは、同様の事態が世の中では起きがちなだけに、注目されるように思います。

[]米最高裁長官、大統領就任宣誓の語順間違える 09:41 米最高裁長官、大統領就任宣誓の語順間違えるを含むブックマーク 米最高裁長官、大統領就任宣誓の語順間違えるのブックマークコメント

http://www.afpbb.com/article/politics/2561088/3708637

ロバーツ氏は連邦控訴裁判所判事を経て最高裁長官に任命される前には共和党政権法律顧問として働いた経歴もある。ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)前大統領は2005年ロバーツ氏を連邦最高裁判事に指名したが、オバマ大統領は上院司法委員会ロバーツ氏の指名承認に反対した22人の民主党上院議員の1人だった。

こういう経緯があった上で、「faithfully」(誠実に)の語順を間違う、というところに、単なる間違いであったのか、ということを感じさせるものがありますね。

大統領は最高裁裁判官を指名する権限を有しており、現在の米国最高裁は保守リベラルが拮抗している状態で、今後の人事によっては最高裁の判断に大きく影響する可能性が高く、単なる間違いとは思いにくいものがあります。

追記:

このエントリーが別のブログで取り上げられた関係で、アクセス数が多くなっていますが、米国最高裁の内幕を描いたものとして、古くなりますが、

があります。私もかなり前に読みましたが、保守派の判事リベラル派の判事がしのぎを削り、そこに中道派の判事が絡んでくるといった様子が生々しく描かれていて、一読に値します。

[]米最高裁、ウェブポルノ規制する児童オンライン保護法を最終的に却下 09:18 米最高裁、ウェブポルノを規制する児童オンライン保護法を最終的に却下を含むブックマーク 米最高裁、ウェブポルノを規制する児童オンライン保護法を最終的に却下のブックマークコメント

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20386876,00.htm

COPAは、オンラインポルノへの不安が高まった1990年代後半、裁判所に骨抜きにされた以前のネット検閲法に取って代わるものとして、より対象を狭めたかたちで制定された。COPAでは、「未成年者に有害コンテンツ」を掲載する商用ウェブサイトの運営者は最長6カ月の懲役ないし最高5万ドルの罰金、あるいはその両方に科されると定めている。

アメリカ自由人権協会(ACLU)は、COPAは対象範囲が広くあいまいで、既存のパブリッシャー罰金刑や懲役刑に科される恐れがあるとして、これに反対する訴訟をフィラデルフィアで起こした。

ACLUの弁護士であるChris Hansen氏は21日に発表した声明の中で「人々がネット上で閲覧するものや行うことの可否を判断するのは政府の役割ではない。そうした判断は、個人やその家族にゆだねられるべきだ」と述べている。

日本の場合は、米国での上記のような状況に影響を受けてか、有害情報については直接的な法規制をかけず、戦前大政翼賛会的な手法がとられつつありますが、何が有害なのか、ということについて定義が困難なまま、有害反対、有害排除、といった方向へ動けば、表現の自由に対する萎縮的効果といったことが生じる可能性は高いでしょう。

日本の場合、有害情報問題を大きな利権と捉えた人々が蟻のように群がろうとしているように思われるのが気になります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090123