ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-07-30

[]元副署長「起訴相当」検察審査会が議決 明石歩道橋事故 14:53 元副署長「起訴相当」検察審査会が議決 明石歩道橋事故を含むブックマーク 元副署長「起訴相当」検察審査会が議決 明石歩道橋事故のブックマークコメント

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200907300068.html

元副署長の不起訴処分に対する起訴相当の議決は計3度目。遺族側は今年5月21日、2度続けて起訴相当が議決されれば、自動的に起訴される改正検察審査会法の施行に合わせ、神戸検察審査会に審査を申し立てていた。

地検が再び不起訴処分とするか、3カ月以内に判断を示さなければ同審査会は2度目の審査に入る。同審査会が「起訴相当」と続けて議決すれば、検察官に代わり裁判所が指定する弁護士が元副署長を起訴し、公判を進める初めてのケースとなる。

今後、起訴するということになった場合、問題になるのは、有罪になるかどうかという問題の前に、公訴時効が完成していないか、ということでしょうね。

この点については、以前、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090511#1241969498

で、過失犯の共同正犯が成立するという考え方を前提に共犯者がまだ審理中であるので時効は成立していない、という被害者側弁護士の見解につき、

刑事訴訟法では、

第254条 

1 時効は、当該事件についてした公訴の提起によつてその進行を停止し、管轄違又は公訴棄却の裁判が確定した時からその進行を始める。

2 共犯の一人に対してした公訴の提起による時効の停止は、他の共犯に対してその効力を有する。この場合において、停止した時効は、当該事件についてした裁判が確定した時からその進行を始める。

と定められ、上記の記事で言われているのは、2項を指しています。ただ、過失犯についても共犯というものは想定できるとされていますが、故意犯に比べ、共犯が成立する範囲は狭く、明石の事故でも、起訴された者との共犯関係共同正犯等)を肯定できるかということになると、微妙ではないかという印象を受けます。その点は、もし、検察審査会による起訴相当という決議を経て起訴ということになった場合、慎重に検討を加えておく必要があるでしょう。

コメントしたことがありますが、やはり微妙さは感じます。

[]「全体公開の日記メアド書かないで」 mixi規約改定 09:14 「全体公開の日記にメアド書かないで」 mixiが規約改定を含むブックマーク 「全体公開の日記にメアド書かないで」 mixiが規約改定のブックマークコメント

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0907/28/news079.html

全体公開日記メールアドレスなど個人情報が掲載され、ユーザートラブルに巻き込まれるのを防ぐ目的

同社によると、全体公開の日記が誰でも閲覧できると意識せず、「携帯メアド変えました」などと、メールアドレスなど個人情報日記に掲載するユーザーがいるという。

同日の規約改定ではこのほか、「面識のない異性との出会い目的として利用する行為」「青少年家出を誘因・助長する行為」「性行為を目的として利用する行為」も禁止。異性との出会いを求めるユーザーが、プロフィール日記で連絡先を公開する――といった使い方も防ぐ。

ユーザートラブルに巻き込まれるのを防ぐ目的などと称していますが、大きなお世話で、メールアドレス等の記載を禁止する真の狙いは、記事にもある「出会い狩り」でしょうね。

私は、本ブログプロフィールで、メールアドレスを公開していますが、それを見た相談、依頼希望者やマスコミ関係者等から様々な問い合わせがあって、随分と便利な思いをしています。メールアドレス等を記載する人々が「異性との出会い」を求めているとは限らないでしょう。また、そういう目的がなくても、同性だけでなく異性と出会うことはあるかもしれず、それは人と人との出会いですから、SNSの運営者がとやかく言うべき問題でもないと思います。

どこからどういった圧力等がかかっているのか知りませんが、本来、人と人とが出会い関係を深めるために存在すべきSNSが、出会いを敵視し規約改正で利用者の利便性を低め、ますます不自由で使い勝手の悪い、「出会えない」SNSと化して行くという、滑稽なことが確実に進んでいるという印象を受けます。

出会いの機会もなく誰とも出会えないような人間が、

阪急梅田駅で盗撮容疑、大阪府警巡査部長逮捕

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20090729-OYO1T00301.htm?from=main2

神奈川県警警部補、盗撮の疑い 電車女性下半身撮影

http://www.asahi.com/national/update/0717/TKY200907170061.html

警察官が署内で盗撮の疑い、愛知県警が処分

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090703AT1G0302A03072009.html

盗撮巡査長を停職6カ月 大阪府警

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090722/crm0907222044026-n1.htm

といったことをしでかすような気がしますけどね。

[]アンジェリーナ・ジョリー、イラクを訪問 08:31 アンジェリーナ・ジョリー、イラクを訪問を含むブックマーク アンジェリーナ・ジョリー、イラクを訪問のブックマークコメント

http://www.unhcr.or.jp/news/2009/090724.html

すぐ隣の9人家族の家では、アンジェリーナ・ジョリーは、生まれたばかりの赤ん坊をひざであやしながら、家族の窮状に耳を傾けた。子どもは学校に通えず、赤ん坊は暑さのため発疹に苦しんでいた。暴力が横行し、避難を余儀なくされるまで、この一家の娘は法律勉強していたという。

「不公平に思うのは当然」アンジェリーナ・ジョリーは言い、自身が再びイラクに戻ることを誓った。「またイラクに戻り、今より安定した暮らしを送る人々を見届けたい。UNHCRとイラク政府が、再建のために土地の確保をもたらすと願っている。貧しいから助けが必要なのではない。イラクの未来を築く重要な担い手だからこそだ」アンジェリーナ・ジョリーは強調し、サルワが弁護士になれるよう祈っていると加えた。

この記事を読んで素朴に思ったのは、イラクのような国に生まれ、戦乱の中で、法律勉強がしたくてもできなくなったような人が現実にいて、それに対し、平和な日本で、勉強したいことを勉強し、それなりに苦労したとはいえ司法試験に合格し、何とか法律で身を立てている自分は恵まれていたな、ということでした。ロースクール卒業生の8割が司法試験に合格できると思ったら3割だったとか、その種の不平不満や泣き言を言っているような人も、世界には、それどころではない人が大勢いることを、たまには考えて、謙虚努力するようにすべきでしょう。

アンジェリーナ・ジョリーは、私の好きな女優の1人ですが、スターの地位に安住せず、危険を厭わずイラクのような場所を訪問し人々を励ますという姿勢、行動には共感を感じ、応援したいという気持ちになります。

[]誕生から40年 クラシックジャンボ、最後の夏 07:57 誕生から40年 クラシックジャンボ、最後の夏を含むブックマーク 誕生から40年 クラシックジャンボ、最後の夏のブックマークコメント

http://www.asahi.com/travel/news/TKY200907240217.html

「ジャンボ」の愛称で知られるボーイング747型の中で、機長と副操縦士、航空機関士の3人で乗務する「在来型(クラシック)」が、この夏で日本の空から姿を消す。70年に日本に導入され、大量輸送時代を支えたクラシックデビューから40年。多くの時代の節目に立ち会ってきた。だが航空機の主力は燃費のいい中・小型機へのシフトが進み、世代交代の潮時を迎えた。

クラシックで忘れられないのは85年、520人が犠牲となった群馬・御巣鷹での墜落事故だ。事故機の機長はかつて、海外拠点で同じ職場だった。副操縦士は自社養成の後輩。機関士は1週間ほど前に一緒に乗務したばかりだった。以来、御巣鷹の尾根にはほぼ毎年、登っている。

多数の計器を監視し、離陸時には機長とともにエンジン出力を調整するスラストレバーを握る機関士は、クラシックとともに使命を終える。

記事にもある日航機墜落事故で、墜落までの操縦室内の様子をボイスレコーダーの再現で聞いていると、航空機関士が冷静に対応し、時折、パイロット意見も述べていて、素人目で見ると、航空機がハイテク化しても、また、そうであるからこそ、航空機関士のような存在は、やはり必要なのではないかという気がします。

とはいえ、時代の流れというものの中で航空機関士がその使命を終えた現実は厳然とあって、今後は、その知識や経験を生かし、空の安全のため貢献してほしいと思います。

[]「コンカツ・リカツ」弁護士会抗議 行政書士の相談場面 07:38 「コンカツ・リカツ」弁護士会抗議 行政書士の相談場面を含むブックマーク 「コンカツ・リカツ」弁護士会抗議 行政書士の相談場面のブックマークコメント

http://www.asahi.com/culture/update/0729/OSK200907290086.html

問題となったのは5月8日放送分。清水美沙さん演じる主人公の女性が、夫の浮気が発覚したため、ふせえりさん演じる行政書士に離婚の相談をし、慰謝料請求などについて尋ねる場面があった。

弁護士会は6月9日付の抗議書で、行政書士が「最終的には慰謝料は分割に、養育費も月々の支払いになるでしょう」との見通しを示したり、助言を約束したりしたやりとりについて、「弁護士しか扱えない法律相談業務にあたる」と主張。行政書士は行政書士法で民事上の権利や義務などに関する書類作成業務とその範囲での相談しか請け負えず、視聴者に誤解を与える恐れがあるとしている。

一方、大阪府行政書士会の石津良宗総務部長は抗議内容への評価は避けたうえで「離婚についても、当事者間で争いがない場合、書類作成に必要な範囲で相談に応じることは可能だ」と話している。

国内の離婚は毎年20万件以上あり、行政書士や司法書士が関与するケースも増えている。司法制度改革で法曹人口が急増する中、大阪弁護士会は職域の侵害を見逃さない姿勢を強めており、異例の抗議につながったとみられる。

私は、この場面を見ていないので、ドラマ中で行っていた行為が違法なものかどうかは何とも言えませんが、こういった行政書士の行為が、その職務の範囲を逸脱しているかどうかは微妙で、グレーなところという印象は受けますね。ただ、例えばドラマで殺人とか銀行強盗の場面があったからといって、殺人銀行強盗が推奨されているというわけでもなく、弁護士会が放送局に抗議書を送りつけるというのも、やや大人げない、という気はします。

弁護士会が、現状の法制度の中で、「職域の侵害を見逃さない姿勢」を強めるのは当然と言えば当然ですが、「現状の法制度」で、弁護士以外の隣接法律職ではできないことになっているものの事実上やっていることが、できないままで良いのか、見直しを行い国民の利便性も考えできるようにすべきものもあるのではないか、ということは、今後、きちんと議論する必要があると思います。

私自身が手がけている仕事の多くは、隣接法律職ではできないことなので、競合を気にすることはありませんが、確かに、今のように弁護士の数が激増すれば、競合する場面も増えてくるのは必然であり、現状の法制度が変わらない限り、今後、この問題は、より深刻化する可能性が高いでしょう。

通 2009/07/30 12:16 落合さん、荒れまくってますね・・・大丈夫ですか・・・

歴史的順番では歴史的順番では 2009/07/30 14:04 通信士(航空士;ラジオマン),航法士(ナビゲータ),航空機関士(フライトエンジニア)の順番にコックピットからいなくなりました。あとはコパイとキャプテンだけ。全自動操縦機になれば無人?

ShigeruShigeru 2009/07/30 21:39 >人と人とが出会い関係を深めるために存在すべきSNS

mixiは未成年(15歳以上)も利用できますよね。それでも

>SNSの運営者がとやかく言うべき問題でもない
のでしょうか?

sanuki-udonsanuki-udon 2009/07/31 00:36 30年くらい前は趣味関係の雑誌の後ろの方に「文通相手募集コーナー」なんかがあって,本名,年齢,性別,住所なんかが当たり前のように掲載されていたんですよね(遠い目
同じ趣味を持つ若者同士が趣味の話題を通じて人脈を広げて行くことに何ら後ろめたさは感じませんでしたけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090730