ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-10-18

[]<凶悪無期懲役検察が仮釈放に慎重審理求める 指定事件で 13:19 <凶悪無期懲役>検察が仮釈放に慎重審理求める 指定事件でを含むブックマーク <凶悪無期懲役>検察が仮釈放に慎重審理求める 指定事件でのブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091018-00000005-mai-soci

無期懲役受刑者の相当数が有期刑最長の20年(当時、現在は30年)を下回って仮釈放され、再犯も散見されるとし、「特に犯情が悪質な者には従来の慣行にとらわれることなく、相当長期間にわたり服役させることに意を用いた権限行使をすべきだ。仮釈放に対する意見はより適切で説得力あるものとする必要がある」としている。

指定の対象は死刑求刑に対して無期判決が確定した場合や、特に悪質と判断した事件、再犯の可能性がある場合など。判決確定時や服役中の無期受刑者が仮釈放の審査対象になった場合に調査票を作り、刑務所に指定結果を伝えた上で、検察庁内で書面で引き継ぐ。

無期懲役受刑者が仮釈放を許可されるまでの平均期間は98年の20年10カ月から、08年は28年10カ月に延びた。仮釈放は刑務所長の申し出により、全国8カ所の地方更生保護委員会が審理する。受刑者本人への面接や帰住地調査、被害者の心情調査、検察への意見照会も含めて判断する。

検察官が反対しても許可できるが、99〜08年の無期懲役受刑者に対する仮釈放許可率は、検察官が「反対でない」とした場合が76%だったのに対し「反対」の場合は38%だった。

この制度については、かなり前に

マル特無期刑(?)

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20050528#1117214879

コメントしたことがあり、私のコメント記憶だけで書いたものでしたが、マル特無期に指定されると、仮釈放許可率が著しく落ち約半分になっていて、かなりの影響力があることがわかります。

ただ、刑が確定した後、長い年月が経過する中で、当初のマル特指定がどこまで有効性を維持していると言えるのかという問題は生じるはずで、仮釈放の審査にあたりマル特指定が決定的なものになる、ということはないはずですが、取り扱いによっては受刑者の更生を阻害したり更生意欲を削ぐということにもなりかねず、今後とも慎重な取り扱いは求められているように感じます。

[]加藤和彦さん首つり自殺…うつ病が悪化 12:10 加藤和彦さん首つり自殺…うつ病が悪化を含むブックマーク 加藤和彦さん首つり自殺…うつ病が悪化のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091018-00000045-spn-ent

遺書には仕事への悩みがつづられており、30年以上、一緒に音楽制作に携わってきた友人は「自分の思うようなものができないと悩んでいた。若い時には当たり前のようにできたことができなくなり、そのジレンマが卓越した創造性を侵していき精神的に追いつめられていった」と説明。加藤さんは新曲作りを依頼した真琴つばさ(44)の関係者と13日に会った際には「うつで仕事が進まない。作品を書こうと思うとダメなんだ」と話していたという。

お気の毒なことであり、ご冥福をお祈りしたいと思います。

私は、今、45歳ですが、60歳(あと15年)までは、働ける限り、バリバリと働きたいと考えており、それを目標にしていますが、60歳を過ぎれば、健康状態、気力、体力等によって、従来のペースを維持できるか、あるいは無理になりいろいろな物事を縮小、廃止して行くのか、真剣に考えなければならないだろうと考えています。上記の記事にあるような、「若い時には当たり前のようにできたことができなくなり」といった状態になるのは、年を重ねてくれば避けがたいことではないかと思われ、そうなった際、いかに乗り切って行くかが問われるだろうということは、人生の長期計画の中で、やはり組み込んで行く必要があるでしょう。この訃報に接し、そいういったことも感じました。

[]先日の博多駅にて 02:42 先日の博多駅にてを含むブックマーク 先日の博多駅にてのブックマークコメント

先日、福岡に出張し、仕事の後、大阪へ移動するため、博多駅から新幹線に乗ろうとして、携帯電話を利用しJR東海のエクスプレス予約で予約を取って、在来線の改札口からモバイルSuicaで入場しようとしたところ、入れませんでした。近くにいた女の駅員が、「Suicaで入ろうとしたでしょう!使えないですよ!切符買って下さい、切符!」と激怒していました。その女が、うちはこれしか使えないんだ、などとICカードのことを口にして騒いでいて、後から確認してみると、

http://www.jrkyushu.co.jp/sugoca/index.html

のことでした。そう言われても、東京からこの日だけやってきて、Suica互換性がない(ということも後からわかりました)ICカードを持つのも非効率な話です。

切符買えと言われても、エクスプレス予約なので、JR九州の窓口で買うこともできず、発券機を探さないと、と思い、JR九州の切符売り場へ行って、そこでうろうろしていた別の女の駅員に聞くと、いかにも面倒だという感じで、「2階へ行って、2階へ」と邪険に扱われ、1階から2階へ行くと、そこに新幹線の改札口がありました。見回しても発券機らしきものは見えず、ここでもモバイルSuicaを使っても入場できず、エクスプレスカード専用のICカードで、やっと入場できました。

新大阪駅へ到着し、大阪駅へ移動するため、在来線のほうへ出ようとしたところ、博多駅ではICカードで入場してしまっているため、出られず、JR西日本の女の駅員(上記のJR九州の駅員女2名が不親切であったのに対し、福知山事故やその後の不祥事を申し訳ないと思っているのか親切)が、携帯モバイルSuicaを操作してくれて、それで在来線へ出て、何とか大阪駅まで移動できました。

振り返って考えてみると、博多駅でモバイルSuicaが使えず、発券機もなくて(発券されていれば、それで新大阪駅の改札経由で大阪駅までスムーズに移動できたでしょう)、エクスプレスカード専用のICカードでしか入場できなかったため、新大阪駅で駅員に頼んで面倒なことをする羽目になったものでした。

JR九州が独自のICカードを発行するのは勝手ですが、Suica互換性がないのは、今時、不便この上なく、また、JR東海やJR西日本への便宜を図るのが嫌なのか、博多駅構内にエクスプレスカード用の発券機が設置されていない(少なくとも私のように探した客の目に止まることがない)というのは、いかにも不親切で、今なお、このような、客不在の縄張り争いをやっているんだな、とあきれる思いがしました。

特に、JR九州の駅員(特に女)は、Suicaエクスプレスカードを持っている客が気に入らないのか、上記のような横柄な態度に出てきますから、九州以外から行ってJR九州を利用する際は注意が必要でしょう。

追記1:

エクスプレスカードサイトで見たところ、博多駅にも発券機はありました。

http://expy.jp/service/details/hakata.html

おそらく、当時の私は、新幹線東口から入場し、受取専用機は中央口にしかないようなので、目に入らなかったのではないかと思います。2階へ行けと言われただけで、どこにあるとも教えてもらえないのでは、客にはわかりにくいですね。

博多駅では、JR九州で切符を買ったり、名前が今でも覚えられないICカードを持っていない客は冷遇されることがよくわかったので、今後は注意したいと思います。

追記2:

上記の女の駅員のように、「外敵」を徹底的に排除しようという姿勢が、彼女らのはるか先祖(?)である九州の御家人団により、2度にわたる元寇を撃退し、日本の独立を維持することができた、という側面があるかもしれません。ただ、JR九州で切符を買ったりJR九州のICカードを持っていなくても、博多駅を利用する人は、一応、客で外敵ではないので、もっと違った対応はあるのではないかと思いますね(笑)

[]裁判員裁判で「求刑8掛け」不変 判決不服で6被告控訴 00:42 裁判員裁判で「求刑8掛け」不変 判決不服で6被告控訴を含むブックマーク 裁判員裁判で「求刑8掛け」不変 判決不服で6被告控訴のブックマークコメント

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009101701000530.html

この求刑通りの3件を除く実刑判決とそれぞれの求刑を比較すると、量刑求刑の50〜94%。求刑通りの3件を含めた全体の平均は80%、「8掛け」になっている。

まだ件数が少なく、現段階で断定まではできないものの、多大な時間、労力、費用をかけてきた裁判所、検察庁が、裁判員を巧みに抱き込み、量刑面では従来の「8掛け」刑事司法を維持しつつある、という可能性を感じさせるものがあります。

刑事訴訟法上、当事者対等であるはずであるにもかかわらず、検察庁は税金をふんだんに使って裁判員制度対策を進め、それに対し、弁護士会は手弁当状態で、多くの弁護士は準備もままならず、こういったミサイル対竹槍状態にあること自体が、この制度の本質的な欠陥を物語っているという見方もできそうです。

同期法曹同期法曹 2009/10/18 13:18 同じJRグループと称しながら,スイカ等の電子カードで相互利用が最初から計画されておらず,囲い込みを優先するのはどかと思います。せめてJRグループ内での移動が予想される「全国新幹線網」くらいは最初から使えないと。

分散と平均分散と平均 2009/10/18 14:48 「裁判員でも8掛け」を非難されているようですが、むしろ有期懲役の量刑が求刑の50%〜100%の幅に広がっていることに着目すべきでしょう。裁判官のみでの判決では70〜85%がほとんどで,求刑の半分とか求刑どおりなんてまず出ませんでしたから。
そういう意味では、判決の幅が裁判員制度で広がったと見るべきで、むしろ個別事情を踏まえた量刑(従来より重くも軽くもなりうる)がされていると評すべきでしょう。落合先生も「裁判員制度憎し」で目が曇っていないでしょうか?

なお、元記事では「無期懲役を含めた平均」も出しているようですが、求刑が無期懲役で判決が有期懲役(例えば30年)のときはどうするのでしょうか? 30÷∞=0??

名前名前 2009/10/18 15:32 その個別事情の踏まえ方が適切とは限りませんよ。
分散しているから個別事情を適切に考慮している、ということにはなりません。
どんな事情を考慮しているか、個別のケースを見てみないと。

目が曇っているのはどなたでしょうね。

○○○○○○ 2009/10/18 17:49 分散と平均氏の言う通りだとしたら、量刑がそのときの裁判員の面子や
検事・弁護士の力量によって極端に左右されてるわけですから
あんまり好感できる話じゃないですよね。

謎現謎現 2009/10/18 17:54 >[訃報]加藤和彦さん
 自分と仕事に真摯かつ誠実な人ほど追い込まれてしまうという不条理な現実。ご冥福をお祈りします。

So-ShiroSo-Shiro 2009/10/18 18:19 博多駅の女性駅員の対応、きわめて興味深いです。

渡辺淳一氏の伝説の「気の利かないJR西日本の車掌」
http://wonderyes.seesaa.net/article/10047103.html
も一方的に淳一さんの自分本位さが攻撃されていたけども、実はどっちもどっちだったりして・・・

優希奈優希奈 2009/10/18 18:46 関西在住ですが、JR西日本は例の事故以前から丁寧な対応だったように思います。関西ではもともと私鉄が強いせいかもしれません。
それにしても、JR九州の駅員さんもっとまともな対応あるでしょうに…。

博多より博多より 2009/10/18 19:28  JR九州のICカードは、スゴカと言います。これは、来年の春からスイカとも互換性が発生する予定です。これに懲りずにまたJR九州を使ってみてください。
 なお、福岡県人の中でも北九州、大牟田、飯塚出身の方はもともとのマナーや言葉使いが悪いです。麻生前首相も飯塚出身です(笑)。

HNHN 2009/10/18 20:24 加藤和彦さん。うつにも本当にいろいろなものがあり、いろいろな要因があり、要因の一つに性格も関係してくる場合もあり(そうでない場合ももちろんある)、察するに、加藤和彦さんの場合も、どれだけかその性格からの要因もあったのではと、勝手に思っています。
そういう性格を知っているような人が何かしらの形でサポートしてあげられなかったのかと思うのと、また、そういう性格やいろいろな面を知っていたような人間にとっては、本当に無念だったのではないかとも思います。
生活に余裕のある最近の元気なお年寄りは、本当に元気です。仕事から解放された時間を自由に過ごして、新しい楽しみを発見したり、気を紛らしたりできなかったのかと思います。いろいろな人を満たす仕事のプレッシャーが、かえって逆の結果を引き起こして、自ら終止符を打ってしまった事はとても惜しい事だと思います。

JR。首都圏にいた時は、JRが本当に主要な交通機関である事を感じ、Suicaが本当に便利でした。
JRの体質からのサービスの低下もあるかもしれないですが、規格がバラバラで統一されていない不自由さは、とても日本的であるように感じたりもします。いろいろ複雑な背景とかあって、スムーズにいろいろな所で利用しやすいものになるのには、時間がかかってしまいそうにも思います。

裁判員。結構やってみたいです。裁判官をも説き伏せるようなことも、できるのであればやってみたい。ですが、そんなに大きく量刑が変わったりするものなのか。実際のところ、どうなんだろうという感じもしたりもします。司法の現場のいろいろな面を見てみたいのと、裁判所で済ませたい用事が少しあるので、済ませれたらそれを済ませたいという思いが少しあったりもします。
過去に、裁判所の判決に納得が行かず、不服の申立てをした経験があり、それまで関心の無かった司法の現場に関心を持つようになりました。裁判員制度によって、何かが変わり得るのか、変わり得るのなら、どう変わるのか。現場で雰囲気を体験してみたい、かな。
でも裁判員制度が始まる前触れって、個人的にはあまり感じられなかったです。ちょうど私が過去に裁判に臨んだ時に、裁判所で裁判員制度が始まる事を知らせるビデオが流れていて、それで知りました。

通りすがり通りすがり 2009/10/18 23:36 裁判所が過去の裁判例から抽出した量刑資料を評議の材料として提供し、他方で検察庁が従来の求刑基準を変更しなければ、結果的に少々のばらつきが出ても従来通りの「8掛け」に収束するでしょうね。裁判員制度が始まる前は、死刑事案を除いて厳罰化の流れが加速するとの予測もあったことを思えば、よく8掛け程度で収まっているなと感心しています。それだけ量刑資料の影響は良くも悪くも大きいと言うべきでしょうか。

分散については個々の裁判例の検討が必要でしょうが、そもそも「適切な考慮」の判断基準を多数の素人に任せるのが裁判員制度なのであって、その点を法曹の「常識」で批判すべきではない、という点は抑えておくべきでしょうね。

あと、検察庁対弁護士が「ミサイル対竹槍状態」であるのは今に始まった話ではなく、残念ながら日本の近代司法制度導入以来の事実です。本質的欠陥を有しているのは日本の刑事裁判制度全体であり、裁判員制度だけを批判するのは片手落ちでしょう。

sawachansawachan 2009/10/18 23:37 JR九州の窓口の対応はとても残念というか、
サービス業の体をなしていないと感じます。
JR東日本のスイカとJR九州のスゴカは来年春に相互利用が
開始の予定ですが、お客様と直接顔を合わせる駅員が
この調子ではトラブルが起きそうです。
現在、福岡ではJR九州のスゴカ、福岡市営地下鉄の「はやかけん」、西日本鉄道の「ニモカ」とICカードをそれぞれが非互換で発行しています。同じ市内で・・・。
それも来年春にスイカとの相互利用開始と同時にその3社も同時に相互利用開始となりますが、それまでは、JR九州は地元の人に対しても、無愛想な、お客様をお客とも思わない態度で接しているのでしょうか。
残念な次第です。

toytoy 2009/10/18 23:41 本当に彼女がそのように思ったとお思いですか?

nekoneko 2009/10/20 06:55 toyさんへ
お客様対応としては、「そう捉えられる可能性のある」応対をしただけで十分NGだと思います。