ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-01-21

[]遺体写真から目そらし涙、女性裁判員を解任 23:12 遺体写真から目そらし涙、女性裁判員を解任を含むブックマーク 遺体写真から目そらし涙、女性裁判員を解任のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100120-00001029-yom-soci

解剖医の証人尋問では、頭皮を切り取って頭蓋(ずがい)骨が陥没した様子を写した写真などが、モニターに表示された。女性裁判員写真が示された際、画面から何度も目をそらしたほか、涙をぬぐうようなしぐさもした。

解剖には、検察庁にいた当時、何度も立ち会ったことがありますが、一般的な手順として、頭皮を剥ぎ頭蓋骨を切り取り脳を取り出し切り刻んで内部を確認する(病変等がないかどうか)、といったことは必ずやるもので、何度見ても慣れることはできませんでした。平和で平穏な日常生活を送っている人が、いきなり、あのような光景を目の当たりにすると、ショックでPTSDになったりする人も出かねないでしょう。

検察庁にとっては、裁判員など、検察庁に都合良くコントロールするべき使い捨ての道具程度にしか考えていないのかもしれませんが、上記の記事にあるような写真をでかでかとモニターに映し出さなければ本当に立証ができなかったのか、疑問を感じます。やはり、裁判員に配慮した立証ということを考えるべきでしょう。

[]検察とリーク 13:27 検察とリークを含むブックマーク 検察とリークのブックマークコメント

小沢問題について、検察庁からのリークが問題になっていますが、ちょっとコメントしておきたいと思います。なお、いかに述べることは、私が直接見たり聞いたりしたことだけでなく、人づてに聞いたことなど渾然一体となった知識、経験に、そこから引き出せる推定も含めています。

東京地検の場合、特捜部を含め、マスコミに対応できるのは副部長以上ということになっていますが、マスコミ側は、特に大きな事件ではすさまじい取材攻勢をかけますから、副部長よりも下の検事に接触を図ることもあります。それが発覚すれば、検察庁から出入り禁止処分を受けたりしますが、平検事側にも、マスコミと接触することで相互に情報を交換したい、自分がやっていることを認めてもらいたい、平検事なりに世論を有利に誘導したい、といった思惑から、情報をリークするということも、絶対にないとは言い切れません。

副部長以上(ここでは地検だけでなく高検、最高検、法務省を含みます)についても、上記のような思惑で動くということは、やはり絶対にないとは言い切れません。地位が上がるにつれて、単純な思惑ではなく、世論を有利に誘導する、自分たちに追い風が吹くようにするといった思惑で動きやすくなるということも言えるでしょう。

見逃せないのは、高検、最高検、法務省あたりから情報が抜ける場合があるということです。かつての売春汚職の際に、特捜部から上にあげた情報がY売新聞に次々と抜けるということで、リーク元をあぶり出すためガセネタが流された結果、それが紙面に出てしまい、法務省内のリーク元(特捜畑で著名な人物)があぶりだされた、というのは有名な話ですが、従前からのマスコミ関係者との深いつながりから、高検、最高検、法務省あたりから情報が抜けて行く、ということもあり得ます。その場合、必ずしも世論を有利に、といった思惑だけでなく、単に個人的なつながりでサービスするとか、場合によっては特捜部の捜査方針に批判的な人物が、あえて情報を流している(正しいものではなくそうではないものを含め)ということもないわけではありません。

弁護士に転じた後ですが、あるマスコミ関係者と話していて、その人が、検察庁内部の関係者しか持っていないはずの資料を、分厚いファイルとして持っていて、こういうものまで入手しているんだなと思ったことがありますが、検察庁内の誰かが流さないとそういうものがそういう形で存在するはずがありませんから、「リークなどあり得ない」という公式見解、建前論が、いかに空しいものかがわかるでしょう。

追記:

マスコミ検察の犬」 自民・河野議員が「検察報道」批判

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100122-00000002-jct-soci

河野議員のブログが掲載されたのと同じころ、元検事の落合洋司弁護士も「検察とリーク」と題した記事をブログに投稿。検事時代の経験をもとに、さまざまなルート検察の捜査情報が流れている実態をつづった。

落合弁護士は、あるマスコミ関係者が「検察庁内部の関係者しか持っていないはずの資料」を分厚いファイルで持っていたというエピソードを紹介し、

検察庁内の誰かが流さないとそういうものがそういう形で存在するはずがありませんから、『リークなどあり得ない』という公式見解、建前論が、いかに空しいものかがわかるでしょう」

検察情報管理の甘さを指摘した。

情報管理の甘さ、という見方もできますが、意図的に流しているわけですから、一種の確信犯で、それだけに危険と言えるような気がします。

保秘がしっかししていると信頼して、関係者供述しても、右から左情報がリークされるようでは、捜査にも支障が出かねない、ということも考える必要があるでしょうね。

[]昨日の裁判員裁判(横浜地裁・3日目) 09:09 昨日の裁判員裁判(横浜地裁・3日目)を含むブックマーク 昨日の裁判員裁判(横浜地裁・3日目)のブックマークコメント

裁判員裁判】タクシー強盗致傷で懲役10年など求刑/横浜地検

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1001200053/

論告求刑では、「凶器などを事前準備した計画的犯行で、3被告の犯行は危険で巧妙」と指摘。当時は未成年で被害弁償をしている点を考慮し、21歳の男のみは懲役9年の求刑とした。

昨日は、3名のうち残り1名の被告人質問、検察官請求証拠中の一部の取調べ、弁護人請求証拠(情状関係)の取調べ、被告人質問(情状関係)、論告、弁論が行われて結審しました。今日の午後、判決宣告の予定です。

弁論で、私は、モニターに予め準備した主張したいポイントを映し出しながら、それをただ棒読みすることは避け、できるだけメリハリをつけて述べるようにしましたが、そういった、一種のプレゼンテーション的なやり方に慣れ親しんできてはいないので、なかなか難しいものということを改めて感じました。

求刑は、懲役7年から8年程度かと予想していましたが、2名について10年、1名について9年で、予想より重く、裁判員裁判ということで、何らかの考慮がはたらいて求刑を重めに設定しているのかもしれない、という気もしましたが、はたしてどうなのでしょうか。

3日間の審理でかなり疲れ、裁判員裁判というものは疲れるものだということもよくわかりました。

寝たろう寝たろう 2010/01/21 17:22 こんにちは

>「リークなどあり得ない」という公式見解、建前論が、いかに空しいものかがわかるでしょう。

官僚の「無謬幻想」と似てますね。「密約はない」とずっと言い続けてきた外務省も似たようなものですね。
こういう空虚な建前論を振りかざして事足れりと考える人間や組織は、このネット社会ではもう生きていけないのではないでしょうか。

satoshisatoshi 2010/01/22 15:07 自民党・河野太郎公式サイトより

http://www.taro.org/2010/01/post-698.php

僕が法務省の副大臣をしていたときにホリエモン事件があった。
そのときにすごく気になったのが、XXXという供述をしているというニュースが毎日のように新聞やテレビで流れたことだ。

なぜ取り調べの供述が外に漏れるのか、取り調べをした検事の責任はどうなっているのかということを秘書官に調べさせた。
秘書官は検察庁にいくわけにはいかないから、法務省の幹部に副大臣がこう言っていると聞きに行ったのだろう。

戻ってきた答えは『接見した弁護士が漏らしているのではないか』

僕はぶち切れた。

当時の杉浦法務大臣は、さらに検察の聞きたいような供述をするとすぐに外に出られるけれど、そうでないとなかなか出られないという状況もおかしいと、いくつかのことを検討させた。

そのうちに小泉内閣が総辞職した。

最近の石川某がこういう供述をしているという報道は、明らかにおかしい。

日本の司法制度では、有罪が確定するまでは無罪である。被疑者の段階で、あたかも被疑者が悪人であるというような世論を作らんが為のリークを検察がするのは間違っている。(そんなリークをする弁護士は懲戒の対象になるかもしれない)。
被疑者の人権問題になりかねない。

検察のリークがほしいマスコミは、まるで飼い主からえさをもらう犬のように、飼い主には吠えず、ただ気に入られようとするあまりにしっぽをちぎれんばかりに振ることになる。

検察のリークで紙面や番組を作っている新聞やテレビに検察批判ができるのか。
検察がもし間違ったことをしたときに、マスコミがどれだけそれを報道できるのか。

鹿之助鹿之助 2010/01/23 04:55 一連の小沢氏問題に関してですが、

日本は正常な国とはいえませんね。
民主主義国として成立していない。

こんなのは検察ファッショですよ!!本当に異常です。
一応先進国とされている日本でこんなことが起こるなんて、
僕は日本国民としてほんとに情けないし、恥ずかしいです。

東京地検特捜部はいわば、日本経済をボロボロにしてきた既得権益者たちの番犬のようなものです。
ここで彼らに好き勝手されたら、日本の未来はきわめて暗くなるでしょう。

このままでは検察官僚をはじめとした官僚たち、そしてその他の既得権益者たちによる日本支配が続いてしまう。
民主党は早急に司法制度改革をすべきです!!