ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-02-18

[]「必殺仕事人」俳優の藤田まことさん死去 12:13 「必殺仕事人」俳優の藤田まことさん死去を含むブックマーク 「必殺仕事人」俳優の藤田まことさん死去のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100218-00000530-sanspo-ent

週3回のリハビリにも励んでおり、今年3月の“完全復帰”を見据え、スタートを切っていた矢先の出来事だった。

まだまだ活躍できると私も思っていましたが、残念と言うしかありません。

私の印象の中では、やはり、必殺仕事人中村主水イメージが強烈ですね。日頃はうだつの上がらない、妻や姑の尻に敷かれた同心が、仕事人として、日頃の表情を一変させ鮮やかに目的を遂げ、再びうだつのあがらない日常へ戻る、その描き方が魅力的で、大学時代は、毎週、楽しみにして観ていたものでした。

冥福をお祈りしたいと思います。

[]警察庁が警察相談の全件記録指示 事件防止に管理も徹底 11:19 警察庁が警察相談の全件記録指示 事件防止に管理も徹底を含むブックマーク 警察庁が警察相談の全件記録指示 事件防止に管理も徹底のブックマークコメント

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010021801000262.html

警察庁によると、これまでは警察署を訪れた相談者が話しているうちに納得して相談自体を取り下げたり、警察の所管外であるとして対応しなかった場合は、最初に受け付けた署員らだけで処理し、文書記録を残さないことがあった。

警察庁の新方針では、交番や夜間の当直も含め相談すべてを文書に記録した上、専従担当者に連絡して集約・管理する。

記事では「納得して」とありますが、日本の警察の得意技は、被害相談等で訪れた人に、何だかんだと難癖をつけ嫌々、渋々、そのまま持ち帰らせること(こういうものは、常識的に「納得」」とは言わないと思いますが、警察側では「納得」の中に入れられてしまいます)、あるいは、表面上は親切に話を聞いた振りをしておいて、その後は徹底的に放置して時間の経過の中であきらめさせることで、両者をうまく使い分けながら面倒な仕事はできるだけしない、昇進にプラスになるような、点数稼ぎになるようなことは一生懸命一生懸命に見えるように)やる、というのが日本の警察官の基本中の基本と言っても過言ではないでしょう。桶川ストーカー殺害事件のような警察官の怠慢事例は、こういった事情の中で起きてきているものです。

警察庁が一生懸命に旗を振ったところで、こういった悪弊は現場の警察官の身体の隅々まで染み込んでいますから、一朝一夕に改めるのは無理でしょう。

文書を作成して管理、と言っても、文書を適当に書いたり、でっち上げたりするのも警察の得意技の1つである以上(桶川ストーカー殺害事件のように)、どこまで実効性があるのか、はなはだ疑問です。

警察へ被害相談等で行こうとする人は、こういった悪弊の巣窟へ行く、という意識を予め持っておくべきではないかと思います。

[]ウィルコム、午後に更生法申請 負債総額1700億円強 10:40 ウィルコム、午後に更生法申請 負債総額1700億円強を含むブックマーク ウィルコム、午後に更生法申請 負債総額1700億円強のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100218-00000510-san-bus_all

再建に向けて、ウィルコムを現行PHSと次世代PHSの2社に分割する案が有力。新たにスポンサーとなるソフトバンクは、次世代PHS出資。投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ(AP)が、現行PHS出資する方向。

PHSは、当初は携帯電話より利用料金が安くメリットがありましたが、携帯電話の普及や利用料金低下の中で次第にそういったメリットが薄れ「チープな携帯」といったネガティブイメージがついてしまった上、データ通信についても、かつてはコストパフォーマンスが良かったものが、ここでも携帯電話のほうが高速で定額の使い放題サービスを打ち出してきたことで(イーモバイルを皮切りに)落後してしまう形になってしまいましたね。

現行PHSには、それでも一定の需要はありそうですが、問題は次世代PHSで、ソフトバンクが、既存あるいは次世代の携帯電話サービスとどのように併存、両立させて行くのか、今後に興味を感じます。

[]「国母は命を救ってくれた」 スノボ仲間が語る素顔 10:22 「国母は命を救ってくれた」 スノボ仲間が語る素顔を含むブックマーク 「国母は命を救ってくれた」 スノボ仲間が語る素顔のブックマークコメント

http://www.asahi.com/olympics/news/TKY201002170501.html

海外遠征で忙しい中、移動の合間を縫い、入院先の病院に何度もお見舞いに来てくれた」と荒井さんは振り返る。08年夏に骨髄移植の手術を受け、元気になった。「自分を助けてくれる活動が、瞬く間に広まった。極端なことを言えば、カズがいなければ生きていなかった」

昨年10月、元五輪代表らが開いたイベントで、参加した子どもたち30人が応援メッセージをくれた。国母選手はその一人ひとりに手書きで返事を書いて送ったという。

私は弁護士ですから、いろいろな人に接しますが、如才なく振る舞っていても、心が冷たく人を踏み台にしてでも自分利益を図る、という人は多いですね。そういった人に比べれば、言動にやや幼稚な、甘い面があっても、人に対する優しさがあり情がある、という人のほうが、人として見所があり評価できるのではないかと思います。

国母選手には、大勢の人が応援してくれていることを励みにしつつ、悔いのないオリンピックにしてほしい、結果がすべてではないにしても、できれば良い結果を出してほしいと思います。

[]デリヘル嬢に刀抜く 容疑の医師緊急逮捕、福岡県警 02:07 デリヘル嬢に刀抜く 容疑の医師を緊急逮捕、福岡県警を含むブックマーク デリヘル嬢に刀抜く 容疑の医師を緊急逮捕、福岡県警のブックマークコメント

http://www.asahi.com/national/update/0217/SEB201002170008.html

容疑者は「愛刀を鑑賞するために抜いただけ」と容疑を否認しているという。

容疑者は17日午前0時40分ごろ、派遣風俗店のデリバリーヘルスから自宅に呼んだ女性従業員(25)に対し、日本刀刃渡り約70センチ)を抜いて振りかざしながら性交を求め、「おれを誰と思っとうとや。なめとうや」などと怒鳴って脅した疑いが持たれている。

女性が逃げ出し、店が110番通報したという。

暴力行為等処罰に関する法律違反(おそらく示凶器脅迫)で逮捕されたということですが、記事に出てくる行為があったとすれば、強姦未遂罪のほうが問題になりそうな気がします。

デリヘル嬢を目の前にして、愛刀を鑑賞するために(?)日本刀を抜く、それも医師が、という、特異な事件で、こういった事件を見ていると、世の中、いろいろな事件が起きるな、という印象を改めて受けるものがあります。

感熱紙感熱紙 2010/02/19 03:50 警察相談に係る先生のご批判は非常に耳に痛いものがありますが、現在業務に携わる者からすると、今回のご批判は些か古い認識に基づかれているように思われます。
現在の警察安全相談活動そのものが、桶川事件や栃木リンチ事件等の反省と教訓に基づき構築されていますので、「桶川でああだったから」という根拠に基づくご批判は的を射ているとは言い難いように思われます。
また、警察安全相談活動は平成12年以降のいわゆる「警察改革」の中でも重要な柱として位置づけられており、適切な相談対応・処理は「昇進にプラスにならない面倒な仕事」どころか職員の勤務評定上重要なポイントとして評価され、不適切な相談対応、特に「何だかんだと難癖をつけ嫌々、渋々、そのまま持ち帰らせる」や「徹底的に放置して時間の経過の中であきらめさせる」といった事例については、即監察事案となり、事実であれば懲戒処分の対象ともなりえる重大な規定違反とされています。
でなければ、わざわざ総合相談番号「#9110」などを新設して広報するわけがありません。
相談管理についても、当方の勤務地の場合、警察相談として受理した相談や苦情、要望・意見は、全て本部警察安全相談課が管理する専用のデータベースに入力し、その後の対応状況、処理状況についても逐次入力・報告することが規定され、組織的な対応を行うこととなっています。
当然このような規定が設けられていても、職員の怠慢や不適切な処理による問題が発生しているからこその今回の警察庁の指示ではありますが、上記の通り平成12年以前の状況とは同一視できないと思われます。
落合先生からは、「バカのおまわりの戯言」と一笑に付されることと思われますが、先生のような影響力の強い法曹の方が、現状とは異なる認識に基づくご批判をされることの問題点を憂慮し、失礼ながらコメントさせていただきました。

yjochiyjochi 2010/02/19 09:09 最近、あるいは今現在、私自身が取り扱った事例が、ここで紹介するには差し障りがあり紹介できないのが残念ですね。「監察事案」「懲戒対象」にもなり得るということですから、そろそろ真剣に検討すべきかもしれません。

感熱紙感熱紙 2010/02/19 11:51 >落合先生
正当な理由のない受理拒否や放置(放置に正当な理由も糞もありませが)は、前述のとおり警察安全相談活動に対する重大な規律違反となります。
不適切事案の是正と今後の警察活動の改善向上のためにも、苦情申立をしていただければ中の人としても幸いです。