ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-05-26

[]郵便不正 村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用 21:17 郵便不正 村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用を含むブックマーク 郵便不正 村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100526-00000019-maip-soci

横田裁判長は「証明書の作成自分1人でやったと伝えたのに、村木被告から指示された内容の調書を検事がでっち上げた」とする上村被告公判証言について、「(上村被告が拘置中に記載していた)被疑者ノートの内容は公判証言に合致する。検事は村木被告関与のストーリーをあらかじめ抱いていた」と指摘。さらに、上村被告が自身の犯行を認めている点にも触れ、「虚偽の公判証言をする理由が見当たらない」と公判証言が信用できると判断した。取り調べ段階の供述調書に特信性(高度な信用性)を認めず、証拠採用却下した。

また上村被告のほか、横田裁判長が先月、一部無罪判決検察側が控訴)を言い渡した「凜の会」代表、倉沢邦夫被告(74)ら2人の調書についても「検察官による誘導があった」などとして証拠採用却下した。

検察庁としては、立証の主要な柱が軒並み倒壊してしまったようなもので、論告すら書けない可能性もあって、極めて深刻な事態と言っても過言ではないでしょう。このような事態を招いてしまった捜査の在り方について、猛省の必要があることは明らかです。

従来の検察庁における独自捜査では、

1 警察よりもはるかに頭の良い、経験も備えた主任検事等(ロッキード事件における吉永祐介氏のような人)が、内偵に基づき実態に即したストーリーを作る

2 低調な弁護活動を遥かに凌駕する圧倒的な捜査力が集中的に投入され、そのような捜査力に屈服し「しゃべる」被疑者が確保される

3 裁判所が、検察捜査を信頼してくれ、多少の無理には目をつぶってくれる

といった好条件に恵まれ、それなりの成果を挙げてきたと言ってよいでしょう。

しかし、今や、1のストーリー作りが、かつての完成度が8、9割とすれば、3、4割程度がせいぜいというレベルにまで落ち込んきている上(その背景には世の中が複雑になってストーリーが追いつかないことや、うまくストーリーが作れる熟達者がいなくなったということがあるでしょう)、2についても、弁護活動が、熾烈化、活発化し、その一方でかつてよりも捜査力が低下する中、被疑者側としても安易にぺらぺらと自白しなくなって、「しゃべる」被疑者が確保しにくくなっているということもあると思います。3についても、裁判所の事実認定が厳格化し、かつてのように、検察庁にはおまけしてくれたり目をつぶってくれるといった検察寄りの裁判官が、まだ残ってはいるものの徐々に減ってきているということも言えると思います。

検察の独自捜査というものを根本的、抜本的に見直して行かないと、今後、ますます、無理な捜査により墓穴を掘り無残な結果に終わり国民の信頼をますます失墜させて行く、ということになりかねない(と言うか、確実にそうなって行く)と思います。

[]ブロガーに最大300万円の援助 ライブドア奨学金」でアルファブロガー育成 19:01 ブロガーに最大300万円の援助 ライブドア「奨学金」でアルファブロガー育成を含むブックマーク ブロガーに最大300万円の援助 ライブドア「奨学金」でアルファブロガー育成のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100526-00000045-zdn_n-inet

応募条件は、月間1万ページビューPV)以上のブログを1つ以上運営し、「得意分野・専門分野の情報を発信することで、世の中に役立つちたいブロガーであること。同社で審査した上で受給種別を決め、「特待生」には年間300万円を支給。「第1種」には年間120万円、「第2種」には年間60万円、「第3種」には30万円を支給する。返還義務はない。

ブログの将来性や成長性を現在PVや内容、奨学金受給後のビジョンなどから審査し、「今後のブログ未来を背負うと判断」したブロガーに支給する方針だ。支給対象になった場合、応募ブログは「livedoor Blog」に移転するのが条件となる。

私の場合、条件は一通り満たしていると思うので、応募しようか、と一瞬思ったのですが、今更ライブドアブログ引っ越しするのも面倒なのであきらめました。

なかなかおもしろく、意欲的な企画で、どこまで成果が出るかは未知数ですが、こういった制度を利用して大きく飛躍する人が出ることを期待したいと思います。

[]犯罪検挙率は警察の捜査方針次第で上下する 09:15 犯罪検挙率は警察の捜査方針次第で上下するを含むブックマーク 犯罪検挙率は警察の捜査方針次第で上下するのブックマークコメント

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100525-00000000-rnijugo-soci

同時期に警察は「桶川ストーカー殺人事件」などにおける捜査の不備が露見して方々から批判を浴び、その反省から以前よりも被害届の受け入れを拡充しました。しかし、たくさん受理したはいいけれど、捜査する側の人数には限りがありますから、処理能力が追いつかなかったわけです。

警察が、被害届を出そうとしても渋ってなかなか受理しようとしない(犯人検挙しにくいものであればあるほど)のは、検挙率が下がるのを嫌がるから、というのはこの世界常識ですが、そういった作為により上がったり下がったりするのが検挙率ということでもあります。数字として参考にしても、その上下の背後にはそういったカラクリがあることを念頭に置きつつ見るべきでしょう。

警察庁が、理念理想をいくら掲げても、現場の警察官は、面倒なことはしたくない、警察へ被害相談等でやってくる国民は余計な仕事を増やすゴミ同然の輩と思っているものなので(例外はありますが)、犯罪の被害にあって警察へ行くと、被疑者同然の扱いを受けるということを覚悟しなければならないでしょう。

警察庁長官が銃撃されても解明できずに時効にかけてしまう警察に、多くを期待できるはずがありません。

ひらのひらの 2010/05/26 21:32 検面調書の特信性が否定されることもあるんですね・・・。それだけこの事件の取り調べに問題があったということなのでしょうが。

学生学生 2010/05/27 19:27 昔に比べて、検面調書の特信性の判断は厳しくなされるようになった、と実務の方から聞いたことがあります。
今回の件も、その流れに沿うようなものなのでしょうかね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20100526