ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-03-19

[][]憲法(第五版)芦部信喜著・高橋和之補訂 21:54 憲法(第五版)芦部信喜著・高橋和之補訂を含むブックマーク 憲法(第五版)芦部信喜著・高橋和之補訂のブックマークコメント

憲法 第五版

憲法 第五版

しがない弁護士とはいえ、憲法訴訟を担当することもないわけではなく、憲法に関しても常に関心は持ち続けているのですが、最近、上記の最新補訂版が出たので、早速、購入しました。

私が大学に入り憲法を勉強するようになったのは昭和58年ですが、その当時の司法試験受験生では、

憲法 (現代法律学講座 5)

憲法 (現代法律学講座 5)

を基本書にしている人が圧倒的に多く、私も、それにつられて、佐藤幸治・憲法を基本書にして勉強するようになりました。合格まで、憲法の基本書はこれで通したのですが、難解なところが多く、読んでいて骨の折れる本で、当時、LECで教えられていた伊藤真先生講義を聞いたりテキストを読んだりする中で、芦部説に触れて学んだ部分もかなり多く、結局、芦部説と佐藤幸治説をいいとこ取りして答案を書くような状態で合格した状態でした。当時は、まだ、芦部先生による憲法の体系書は出版されておらず、芦部先生論文集を読んで勉強している、真面目な受験生もいました。

上記の最新補訂版を手に取り、所々読んでいると、昔、勉強していた当時の懐かしいフレーズが次々と出てきて、自分の中に、まだ芦部説が残っていることを確認でき、ちょっとうれしくなりました。

憲法学習から離れてしまった自分が読んでいてもわかりやすく、憲法を学ぶ上で高く評価されていることが改めて強く感じられました。

[]小向美奈子さん釈放 地検「起訴に足る十分な証拠ない」 18:16 小向美奈子さん釈放 地検「起訴に足る十分な証拠ない」を含むブックマーク 小向美奈子さん釈放 地検「起訴に足る十分な証拠ない」のブックマークコメント

http://www.asahi.com/national/update/0318/TKY201103180391.html

逮捕容疑は、昨年5月14日、東京都品川区のホテル室内で、イラン人グループから覚醒剤約0.9グラムを約4万円で譲り受けたというもの。

薬物の譲渡、譲受という犯罪は、譲渡者、譲受者の供述程度しか証拠がないことが多く、一方が認めていてももう一方が否認すれば、一種の水掛け論状態になり、決めてもなく、起訴や有罪判決が難しい、ということになりやすい性質を持っています。警察も、そういった難しさはわかっているので、薬物密売人等を検挙して取り調べの中で譲渡に関する様々な供述が出ても、起訴される程度の証拠構造を持ったものを慎重に選別して立件する、ということをするのが一般的です。

上記の記事にある事件で、どういった証拠構造にあったのか、よくわかりませんが、譲渡側の供述逮捕状勾留状は出たものの、

譲受側が否認し、他に決め手になるような証拠もなく、起訴できず釈放した、ということでしょう。

薬物事件ではありがちなことですが、警察にしてみれば、こういった有名人被疑者の事件で起訴できなければ叩かれるのは目に見えており、決め手になるような証拠あっての逮捕だったのか、何か無理をするだけの理由なり事情があったのか、興味を感じます

2011年03月18日のツイート 2011年03月18日のツイートを含むブックマーク 2011年03月18日のツイートのブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20110319