ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-03-04

[]「殺害認めたものじゃない」=母への謝罪手紙めぐり―栃木女児殺害公判 「殺害認めたものじゃない」=母への謝罪の手紙めぐり―栃木女児殺害公判を含むブックマーク 「殺害認めたものじゃない」=母への謝罪の手紙めぐり―栃木女児殺害公判のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160303-00000182-jij-soci

被告勾留中に母親に書いた謝罪手紙について、「殺害を認める調書にサインしたことを謝るもので、殺害を認めたものではない」と主張した。

私は検事として被疑者被告人を見た後に、弁護士として見るようになって、両面から見てきているのですが、勾留中で取り調べを受けている被疑者は、通常ではない心理状態になっていることが多く、自責の念が、「犯行に及んだこと」以外の面から出てくることもかなりあると感じるものがあります。捜査機関、取調官は、都合良く、表面的に、「犯行に及んだこと」から謝罪したり反省したりしたと捉えがちですが、そこは裁判所が慎重に見て、真にそうであるのかを見極める必要があるでしょう。

かつて接したことがある被疑者被告人を思い出しながら、記事を読みそういったことを感じました。

[]2016年03月03日のツイート 2016年03月03日のツイートを含むブックマーク 2016年03月03日のツイートのブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20160304