ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-18

[][]「彼女が乱暴されている」勘違い相手殴って逮捕…「正当防衛」が成立する可能性は? 「彼女が乱暴されている」勘違いで相手殴って逮捕…「正当防衛」が成立する可能性は? - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 「彼女が乱暴されている」勘違いで相手殴って逮捕…「正当防衛」が成立する可能性は? - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00007739-bengocom-soci

勘違いであっても「正当防衛」は認められるのだろうか。

勘違い他人が襲われていると思って、正当防衛行為に及んだ場合を『誤想防衛』と言います。そういう誤想(思い違い)に基づいていても、ほかの正当防衛要件を満たしていれば、犯罪は成立しないというのが判例です。

また、誤想した状況に対する防衛行為が行き過ぎた場合を『誤想過剰防衛』と言います。『防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、または免除することができる』という規定に基づいて処理されます(刑法36条2項)」

私が、昔、司法試験の勉強をしていた頃は、故意責任本質について、「規範問題に直面しながら、敢えて乗り越えて行為に及んだ点に強い非難が加えられる」と学んだものでした。その意味で、誤想防衛は、存在しない急迫不正侵害に対して反撃するわけですから客観的には違法行為であっても、規範問題、すなわち「特定行為を行なってはならない」という問題を乗り越えて行為に及んだわけではないことで、故意責任が問えず、また、誤想過剰防衛も、元々の誤想が考慮されて、責任主義観点から刑の減軽免除可能ということになるのでしょう。

弁護士ドットコムに依頼され、できるだけわかりやすくと思いつつ解説してみたのですが、読者の理解可能ものになっているでしょうか。さらっと書いているように見えても、これもそうですが、こういった解説ものは、わかりやすさを目指し、書いては消ししつつ、工夫しつつ書いていることが多いものです。

2018-04-11

[]西部邁さん自殺幇助 協力者2人は実刑判決を受けるのか? 22:50 西部邁さん自殺幇助 協力者2人は実刑判決を受けるのか? - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 西部邁さん自殺幇助 協力者2人は実刑判決を受けるのか? - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/226872

自殺幇助とはいえ、人が亡くなっているのだから起訴はされるでしょう」と言うのは元検事の落合洋司弁護士だ。

「ただ、裁判では容疑者2人が西部氏に尊敬の念を抱いていた点などが重視されるはずです。西部氏が生前から自殺を望む発言をし、2人がその信念を貫くために協力したというのであれば、情状酌量が認められると思われます

自殺場合生命という法益(法により守られるべき利益)の主体法益放棄していて、日本の刑法では自殺自体犯罪とはしていません。しかし、第三者自殺に関わる行為については、おそらく第三者との関係では法益としての保護性を認める見地から違法としています。ただ、主体法益放棄している関係で、法定刑は通常の殺人罪よりかなり低く抑えられています

人により死生観、終末観は異なる中で、自分の考え方に従い、自分の死に方を決めたいという人は今後もいるでしょう。そのようなことに関わるべきではないというのは簡単ですが、では、尊敬する人、愛する人がそのような状態に置かれた時、ただ、死ぬのはやめなさいと言って済むものなのか、難しい問題だと思います

この事件は、そういった普遍性のある問題を含むものではないかと私は感じています報道を見る限り、西部氏の自殺に関わった人々にもよくよくの事情や葛藤があったことが窺え、今後の刑事処分において、酌むべき事情があればきちんと酌んでいただきたいと思っています

2018-04-03

[]菊池桃子さんにストーカー行為、56歳の男逮捕 菊池桃子さんにストーカー行為、56歳の男逮捕 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 菊池桃子さんにストーカー行為、56歳の男逮捕 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00050054-yom-soci

女優の菊池桃子さん(49)につきまとったとして、警視庁池袋署が先月31日、元タクシー運転手で無職の男(56)をストーカー規制法違反容疑で現行犯逮捕していたことがわかった。

私は54歳で、このストーカー男氏とは同世代ですが、菊池桃子全盛期の人気はものすごいものがあり、いまだにこうして付きまとわれるだけの人気があるのだなと、記事を読み感じました。

亡きホイットニー・ヒューストン主演の映画「ボディーガード」でも有名芸能人に対するストーカーが登場しますが、対策の重要性や難しさということを改めて考えさせられます。各自の注意が必要でしょうし、深刻化しつつあれば、警察当局が早めに動いて対処することも重要だと思います

2018-03-29

[]<栃木女児殺害>検察側の訴因変更許可 犯行場所と日時 <栃木女児殺害>検察側の訴因変更許可 犯行場所と日時 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク <栃木女児殺害>検察側の訴因変更許可 犯行場所と日時 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000110-mai-soci

許可されたのは、検察側が従来の起訴内容に予備的に加えるとした訴因変更請求。殺害場所は「茨城県常陸大宮市の林道」から「栃木県か茨城県内とその周辺」、日時は「2005年12月2日午前4時ごろ」から「(下校中の被害者が同級生と別れたとされる時間を起点とした)同1日午後2時38分ごろから同2日午前4時ごろ」に広がった。

許可されたのは、検察側が従来の起訴内容に予備的に加えるとした訴因変更請求。殺害場所は「茨城県常陸大宮市の林道」から「栃木県か茨城県内とその周辺」、日時は「2005年12月2日午前4時ごろ」から「(下校中の被害者が同級生と別れたとされる時間を起点とした)同1日午後2時38分ごろから同2日午前4時ごろ」に広がった。

高裁裁判官が、この事件でどういう心証を抱いているのか、よくわからない面があります。ただ、少なくとも、既存の証拠関係で、1審が認定した、訴因変更前の訴因(おそらく被告人の自白に大きく依拠したもの)は維持できないと考えていることは間違いないでしょう。そうであるからこそ訴因変更へという流れになっていることは容易に読み取れます

可能性としては、おそらく2つあって、既存の証拠構造では変更後の訴因でしか有罪判決可能性はない、ということを明確にした上で

・有罪判決を維持する(訴因変更は有罪方向への布石だった)

・無罪を宣告する(訴因変更は、手続上のけじめをつけ、検察に救済の道筋を示し補充立証を促すものだった)

という、どちらかになるでしょう(有罪か無罪か、ということですから当然ですが)。

通常は、自白の信用性が崩れれば、自白を根幹とした証拠構造の事件は無罪へと流れるのですが、「自白していたこと」「自白を維持していたこと」自体を、1つの状況証拠として、他の間接事実とも併せ見て有罪、という手法も全くありえないわけではなく、今後の判決結果が注目されます

2018-03-20

[][]3度の「再審」検察が壁 大崎事件・特別抗告 弁護団、国賠請求の方針 3度の「再審」検察が壁 大崎事件・特別抗告 弁護団、国賠請求の方針 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 3度の「再審」検察が壁 大崎事件・特別抗告 弁護団、国賠請求の方針 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

http://news.livedoor.com/article/detail/14457324/

鹿児島地裁に続き、福岡高裁宮崎支部も「殺人事件ではなく事故だった可能性」にまで言及したが、なお福岡高検は特別抗告に踏み切った。その背景について元検事の落合洋司弁護士は、高裁決定の根拠となった法医学鑑定が「真犯人の存在を明確に示すDNA型鑑定などとは質的に異なるからだ」と推察した。

弁護側が第3次再審請求で提出した法医学鑑定は、確定判決が被害者の死因とした「窒息死」を否定し「転落事故による出血性ショック死の可能性が高い」とした。高裁はこの鑑定を認めたが、一方で昨年6月の地裁決定は「直ちに窒息死を否定できない」との評価にとどめていた。

落合弁護士は「地裁と高裁で判断が割れたように、法医学鑑定は裁判官の『評価』に左右される」と指摘。その上で「確定判決の法秩序を守るため、争う余地があれば抗告するのが検察の立場だ」と語った。

特別抗告の理由として認められているのは、憲法違反、判例違反で、大崎事件についても、実質的にはそういった理由はないはずですが、刑訴法411条が

第四百十一条 上告裁判所は、第四百五条各号に規定する事由がない場合であつても、左の事由があつて原判決を破棄しなければ著しく正義に反すると認めるときは、判決で原判決を破棄することができる。

一 判決に影響を及ぼすべき法令の違反があること。

二 刑の量定が甚しく不当であること。

三 判決に影響を及ぼすべき重大な事実の誤認があること。

四 再審の請求をすることができる場合にあたる事由があること。

五 判決があつた後に刑の廃止若しくは変更又は大赦があつたこと。

特別抗告にも準用されるというのが判例なので、判例違反にこじつけて特別抗告→憲法違反、判例違反はないが、最高裁が411条所定の事項(特に事実誤認)についても職権調査、という流れになりがちです。最高裁は、職権調査を行う義務はないですが、どこの馬の骨かわからない弁護人や被告人の特別抗告は簡単に棄却しても、検察官の特別抗告は、事実誤認等も含めじっくりと検討するのが通例で、どうしても時間がかかってしまいます。こういうところにも、裁判所と検察庁の、敗戦まで司法省として一体化した名残があると言えるでしょう。

対策としては、判例変更して、検察官申立の特別抗告については411条の準用を否定するとか、特別抗告については主張からかなり明確に411条所定の事由が窺われない限り職権発動をしないことにするとか、そういったやり方が考えられるでしょう。

「まだ最高裁がある」と、公益を代表する検察庁が主張、立証の失敗を最高裁にすがるというのは、何とかしなければならないという気がします。もし、今後私が政界へ進出するようなことがあれば、こういったことへの取り組みもするつもりです。