ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-04-27

[]寄贈本1万冊を無断廃棄=故桑原武夫氏の蔵書―京都市 寄贈本1万冊を無断廃棄=故桑原武夫氏の蔵書―京都市 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 寄贈本1万冊を無断廃棄=故桑原武夫氏の蔵書―京都市 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000081-jij-soci

保管倉庫の改修に伴い図書の置き場所がなくなり、当時の副館長が15年、遺族に無断で計1万421冊の廃棄処分を決定。

寄贈の詳細な経緯がよくわかりませんが、いろいろな報道を見る限り、活用を前提とした寄贈であったようであり、桑原氏の遺族に無断で廃棄というのは不適切しか言えないでしょう。

ただ、こうした故人所有の蔵書が、かなりの量になる場合に、注意しておかないと、寄贈された側が活用できず、保管場所もなくなり持って行き場がなくなってしまうということになりかねません。活用せよ、と言うのは簡単ですが、別の報道では、廃棄時に書籍が約400箱あったとのことで、よくよく注意しておかないと、今後もこうしたケースは発生しかねません。

蔵書をできるだけそのまま保管したいのであれば、そのための法人を作ってきちんと保管するなり、書籍を余裕を持って保管できる大学を見つけてそこに保管してもらうなど、見通しをつけつつ処理しておく必要性を強く感じました。

2017-04-25

[]復興不適切発言 今村雅弘復興相辞任へ 震災「東北で良かった」発言で更迭 21:22 復興相不適切発言 今村雅弘復興相辞任へ 震災「東北で良かった」発言で更迭 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 復興相不適切発言 今村雅弘復興相辞任へ 震災「東北で良かった」発言で更迭 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000101-jij-pol

今村氏は25日、所属する自民党二階派パーティーで講演し、東日本大震災被害に関し「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な、甚大な額になった」と述べた。

首都圏に近ければ莫大な額になった、というところを簡潔に言えば済むものを、「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。」という、全くの余計なことを付け加えてしまったことで大失言になってしまい、日本政治上失言史に新たな1ページを付け加えることになってしまいました。

気楽に話していると、流れの中で、つい、まずいことを言ってしまうということを往々にして起きがちですが、そういうことがないように、頭の中で適宜、フィルタリングをかけながら言葉を選ぶという、そういうスキルは、政治家に限らず必要なことでしょう。

私自身も注意すべき、教訓になる失言例であると感じました。

2017-02-13

[]文科省元幹部慶応大にも天下り 私学助成課長経験文科省元幹部、慶応大にも天下り 私学助成課長の経験者 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 文科省元幹部、慶応大にも天下り 私学助成課長の経験者 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00007273-houdouk-soci

元幹部は、私立大学への助成金などを担当する、私学助成課長経験者だという。

天下りは良くない、けしからんという批判もっともですが、官僚役人が定年や勇退退職した後の人生も長いですし、すぐに仕事をせず悠々自適になるわけにもいかないでしょうから、退職後の身の振り方を缶あげる必要があります。大学生や若手社会人では、キャリアプランということがよく言われていますが、退職後のキャリアプランを、退職前の数年くらい、しっかりと考えて準備しておく、させておくように、しっかりとした制度、仕組みを作っておく必要があると感じます。例えば、元々、法学部を出ているような人なら、司法試験に合格して弁護士になるとか、できることはいろいろとあるでしょう。

そういう意味で、官庁、役所も旧来のものを引きずるままではなく、変わるべきものに変わらなければならないと思います。

2017-01-21

[]早大総長「違反の認識なかった」 文科省天下りあっせん 早大総長「違反の認識なかった」 文科省天下りあっせん - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 早大総長「違反の認識なかった」 文科省天下りあっせん - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000005-asahi-soci

前局長が文科省を退職したのは15年8月4日。早大によると、同年7月13日、文科省人事課から「教員志望の人がいる」と、前局長の名前を伝えられた。再就職規制に抵触しないかを尋ねると、文科省は「正規の採用手続きが退職後に開始されれば問題ない」と回答したという。

私は早稲田大学OBですが、こういうことで「受け入れ先」(押し付け先?)として早稲田大学の名前が出ることは、非常に残念ですし大学側に対して、むしろ文部科学省以上に怒りを覚えますね。大学の成り立ち、歴史や、先人が何を求め何を目標としてきたのか、学の独立とか在野精神といった、語り継がれてきたものが持つ意味は何かといったことが、忘れ去られているのではないかという気がします。それらは、現実離れした雲をつかむような理想論なのかもしれませんが、そう割り切ってしまった場合に、では残るものは何でしょうか。功利的にうまく立ち回ることで小さくまとまってしまうようでは、それはあるべき早稲田大学とはもはや言えないのではないかと私は思います。

その意味でとても残念です。

2016-12-27

[]フジテレビ、利益供与の記者を懲戒処分 「調査続ける」 フジテレビ、利益供与の記者を懲戒処分 「調査続ける」 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク フジテレビ、利益供与の記者を懲戒処分 「調査続ける」 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000097-asahi-soci

フジテレビ企業広報部によると、男性社員は2014年春にこの取材先と知り合い、東京都内の高級飲食店で20回以上接待を受け、名義を貸したという。局の聞き取り調査に対して男性社員は「高額な接待を受けていたため依頼を断れなかった」と説明しているという。企業広報部は「今後も調査を続ける」としている。

おそらく、警察側が問題視しているのは、上記のような経緯の中での、その記者からの情報漏れの有無、あったとしてその程度でしょう。記者クラブ所属の記者は、特に警察の記者クラブでは、事件、事故関係の様々な、一般にはなかなかアクセスできない情報が入手できますから、そういった情報を入手したいと考えれば、記者クラブ所属の記者に接近するのが早道です。

記者クラブ制度は、当局とクラブとの癒着や排他性がよく批判されますが、当局側としては、マスコミをとりこめるメリットがある一方でこういうリスクもあるわけで、警察の記者クラブ所属の記者については、今後、怪しさがあれば行動確認が行われるなど監視の目が強まる可能性がありそうです。