ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-04-26

[]広島原爆資料館がリニューアルオープン 15:39 広島原爆資料館がリニューアルオープン - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 広島原爆資料館がリニューアルオープン - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170426-00000425-fnn-soci

リニューアルした東館には、原爆投下前後の広島の街をCG映像再現する「ホワイトパノラマ」と呼ばれる白い模型が設置され、およそ1分30秒の映像投影し、一瞬にして街が破壊される様子がわかるようになっている。

また、これまで来館者に印象を深く残していた、被爆者の姿をした人形は、実物の遺品で被爆実相を伝えるため、撤去されることになった。

私は広島出身で、子供の頃から学校の見学などで原爆資料館は繰り返し訪れてきていますが、子供の頃は、展示の刺激がかなり強くて、夢に出てくるほどであったことが思い出されます被爆者人形も、かなりのインパクトを感じた記憶があります。実際の惨状とは異なるということで、議論の上、撤去になったようですが、より正確な展示を目指す上で、その役割を終えたということでしょう。

近く、広島へ帰省する予定があるので、その際に、時間があれば見学に行きたいと考えています

戦争を回避平和を維持する上で、原爆資料館は多くの教訓を与えるものです。特に、まだ行ったことがない方は、機会があれば行って、戦争が行き着くところまで行ってしまった場合に何が起きるのかということを見ておいてほしいと思います

2017-04-24

[]1万円札4枚が「4万7300円」で売買 メルカリ、現金「出品」を禁止23:18 1万円札4枚が「4万7300円」で売買 メルカリ、現金「出品」を禁止に - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 1万円札4枚が「4万7300円」で売買 メルカリ、現金「出品」を禁止に - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-296375/

ネット上では、現金出品の理由については、クレジットカードショッピング枠を現金化したい人を狙っているのではないかとの憶測が出ている。消費者金融などから借金が膨らめば、支払い期限に迫られて当座の現金が必要になるからだ。メルカリの決済はクレジットカードでもできるため、4万円のお札をそれ以上の価格カード決済しても、手元に現金4万円を手にしたい人がいるということだ。

クレジットカード利用規約上、カードで購入した物品の所有権は、決済まで、カード会社にあるとされているのが通常で、こうした「現金の購入」をクレジットカードで行った場合、決済までにその現金を使ってしまえば、理屈の上では横領罪が成立することになります。こういう売買の後、カード決済までに購入された現金が保持されているとは考えにくく、販売者やサイト運営者には、横領幇助罪の成立が、あくまで理屈の上でですが考えられるでしょう。実際には、立件は難しいとは思いますが。

メルカリではこうした取引規制に入ったようですが、コンプライアンス観点からは、ちょっと遅かったのではという印象を受けるものがあります

[]民進・小西議員「国外亡命発言 野田幹事長も苦言 22:19 民進・小西議員「国外亡命」発言 野田幹事長も苦言 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 民進・小西議員「国外亡命」発言 野田幹事長も苦言 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01812828-nksports-soci

民進党の小西洋之参院議員(45)が自身ツイッターに、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰改正案が今国会で成立した際の対応として、「本気で国外亡命を考えなければならなくなると覚悟している」と、つづっていたことが24日、分かった。

ナチス支配下のドイツにおけるユダヤ人のような存在になれば、国外亡命真剣に考え実行するしかないでしょう。しかし、日本のような自由民主主義国家において、仮に、共謀罪が成立することがあっても、国の根本が致命的に損なわれるとは思えません。

愛国者であれば、祖国を見捨てることなく、正しい方向へ進むために、愛する国内にあって最大限の努力をすべきだと思います。上記の発言は、共謀罪の危険性を表現したいがためのものだろうとは思いますが、軽々に国外亡命を口にすることは、真の愛国者としての存在性に疑問を持たれかねない、そういうことを感じさせられました。

2017-04-23

[]準備行為前でも捜査対象 「共謀罪」、政府が見解 21:17 準備行為前でも捜査対象 「共謀罪」、政府が見解 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 準備行為前でも捜査対象 「共謀罪」、政府が見解 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000003-asahik-soci

犯罪計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法の改正案について、政府は21日の衆院法務委員会で、テロなどの犯罪計画の疑いがあれば「準備行為」の前でも捜査できるとの見解を示した。

捜査というのは、これから真相を解明しようとして行うもので、本質的にそういう性格を持っている以上、捜査発動の条件である犯罪嫌疑」を考える上で、成立要件のことごとくが目に見えて満たされていることは、そもそも無理がありますし、全体として、ざっくりとした嫌疑というものが考えられる、そういう性格を持っています

準備行為の「前でも」捜査できるというより、おそらく、共謀の嫌疑があり、また、準備行為が行われた嫌疑があれば捜査権力は発動可能ということであって、捜査してみた後に、起訴できるだけの証拠収集できませんでした、ということになっても、嫌疑があって捜査したことが遡って違法ということには必ずしもなりません。

そういう論法に基づけば、あくまで上記のような嫌疑存在すれば、任意捜査だけではなく強制捜査可能ということになるでしょう。裁判官が令状を出すに当たっては、嫌疑は、あくまで嫌疑であって有罪判決を出すわけではありませんから、ざっくりと判断するものであり、およそ準備行為があり得ないような事情があればともかく、捜査機関が揃えた疎明資料で準備行為についても存在嫌疑があれば、令状は出るでしょう。その辺が現行の令状制度の怖いところでもあります

共謀罪というものには、そういう危険性もあるということは厳然たる事実として認識しておく必要があると思います

[]「五月病予防策」は、連休から準備すべし! 16:46 「五月病予防策」は、連休前から準備すべし! - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 「五月病予防策」は、連休前から準備すべし! - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170423-00010005-dime-bus_all

五月病とは、ちょうどゴールデンウィーク明け頃に起こりやすい、心身の不調のことを指す。気分がうつになる、頭痛や肩こり、疲れが取れないなど、さまざまな症状が出るものだ。

私は、1989年平成元年4月に、東京地検検事になって1年間の新任検事生活を送りましたが、最初の4ヶ月、刑事部にいた当時が、かなり、特に精神的にきつかったのを思い出します。仕事には慣れておらず、検察という仕事ですから相当な厳格さを要求されますし、うまく進められないことが多くて、今振り返っても辛かった記憶があります。その後、徐々に慣れてきて次第にそういったきつさは解消されましたが(新任検事としてストレスを感じながら生活していたことは変わりませんでしたが)、新入社員とか、環境が大きく変わったような人は要注意でしょう。

記事にもいろいろな対策が書いてありますが、適度に休息を取り、うまくいかなくて当たり前、程度の気持ちで臨み、できるだけ周囲で相談したり助けてもらえる人を見つけておく、といった自分なりの工夫も必要な気がします。思いつめてしまって視野が狭くなってしまわないように、注意してほしいと、そうなる可能性がある人にはアドバイスしたいです。

2017-04-19

[]つり銭をチャージ コインレス社会のテストあすから=韓国 16:17 つり銭をチャージ コインレス社会のテストあすから=韓国 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク つり銭をチャージ コインレス社会のテストあすから=韓国 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000038-yonh-kr

韓国スマートカード(Tマネー)、イービーカードキャッシュビー)、新韓カード、ハナカードなど七つのプリペイドカード事業者がチャージ対応する。

韓銀は、この仕組みを導入することで消費者は小銭を持ち歩く不便を解消でき、韓銀は硬貨製造流通コストを抑えられると期待を寄せている。

韓国のTマネーは、以前、韓国へ行った際にカードを手にに入れて、その後も何度か行った際に使っていますが、日本のスイカパスモのように、交通機関の利用だけでなく買い物にも使え、余ったウォンをそこにチャージしておいて帰国することもできて便利に感じています

日本でも、現金で払うと釣り銭は現金で、小銭がたまってきて煩わしく思うことがあり、釣り銭をカードチャージできれば、それをその後に買い物に使えて便利でしょう。日本でも導入してほしい気がします。

硬貨製造にもコストはかかりますから、こうしたコインレス社会の広まりは社会にとってもメリットがありそうです。

2017-04-18

[]<文科省>OBへの「先輩証」廃止 天下り横行の温床と判断 <文科省>OBへの「先輩証」廃止 天下り横行の温床と判断 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク <文科省>OBへの「先輩証」廃止 天下り横行の温床と判断 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000124-mai-soci

先輩証には退職時の所属部署記載され、裏面には「入構の際、便利となります」と書かれていた。同省人事課によると、2000年度から退職時に国立大学法人、独立行政法人などに所属した職員を含め、本省勤務歴のある部長級以上のOBで申請をした人に渡していた。延べ1000枚を発行。他省庁に同様のカードはないという。

このようなもの存在するとは、今回の報道まで知らなかったので、知って驚きましたし、こういうものを発行する、先輩後輩の過度のつながり、もたれ合いといったことが、違法天下りの背景にあることを強く感じました。

単に、先輩なら発行するわけではなく、「本省勤務歴のある部長級以上のOB」に発行していたというところに、不明朗なものを感じるのは、おそらく私だけではないでしょう。

民間会社では、かつての終身雇用年功序列という秩序がかなり変化してきていますが、今なお、そういった性格を色濃く残す官僚組織における弊害といったことも感じさせられるものがあり、是正すべきは是正することを避けては通れないでしょう。