ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-18

[]六本木のダンスパーティでバブルを懐かしむアラフィフ女性告白 六本木のダンスパーティでバブルを懐かしむアラフィフ女性の告白 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 六本木のダンスパーティでバブルを懐かしむアラフィフ女性の告白 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://www.news-postseven.com/archives/20180717_719578.html

美奈さんが女子大生だったころ、日本は空前のバブル景気に沸いていた。就職活動では、特に苦労せず数社から内定をもらい、各社の採用担当者から連日の接待を受け、タクシー代と称し、会うたびに数万円を受け取っていた。プライベートでは「アッシー君」「メッシー君」と自家用車で送迎をしてくれるだけの男性、食事をおごってくれるだけの男性、という役割に特化された、交際していると言えなくもない相手もいた。もちろん「本命」の彼氏もいて、当時就職先としてはナンバーワンの人気を誇った保険会社に勤める五歳年上の男性と“なんとなく”結婚意識もしていた。しかし……。

多分、この人と私は同世代だと思いますが、私自身は、昭和58年大学に入り、昭和61年秋に司法試験に合格するまで、懲役で服役している修行僧のような生活をしており、遠くのほうで楽しそうにしている人がいるな、という感覚の中で生活していたことが思い出されます大学時代は、東京の地理が全く理解できておらず、住んでいた新宿区大久保、大学がある西早稲田、通っている司法試験予備校の最寄り駅の水道橋の3点を、三角形状態でめぐる生活で(そうなったのは大学3年からで、それまでは予備校に行っていなかったので基本的に下宿先と大学の往復)、大都会東京の中で、ひたすら本を読み物事を覚えるという、その繰り返しでした。その後も、当時は人気がなかった検事任官という進路で、沸き立つバブル景気とは無縁で、バブル崩壊後はその後始末的な事件処理に追われて、結局、何ら良い思いはできず、その検事も辞めて、苦労しただけで何ら報われもせずに、今ではしがない弁護士として細々と生きています。そういう私には、バブルへの「懐かしさ」というものは感じられず、上記記事のような、懐かしさを感じられるような生活経験してみたかったなー、と改めてしみじみ思いました。

2018-07-12

[]オウム松本死刑囚の遺骨「太平洋に散骨」…不安の声相次ぐ オウム松本元死刑囚の遺骨「太平洋に散骨」…不安の声相次ぐ - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク オウム松本元死刑囚の遺骨「太平洋に散骨」…不安の声相次ぐ - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00010015-fnnprimev-soci

漁業関係者は「散骨に賛成する漁師なんていない」、「魚が骨を食べると思うと嫌」と述べるなど複雑な思いを抱えていた。

神格化や新たなテロの誘発といったことにつながらないために、散骨というのは1つの方法だと思いますが、散骨、という方法言及する必要はないと思いますし、場所についても「太平洋」といった、具体的なエリアをあげる必要もないのではないかと思います。密かに処理し、処理後に「処理しました」と簡潔に公表することで十分事足りるでしょう。

注目されることや、遺骨の処理が宙に浮いたまま推移することで、新たな事件を誘発する恐れもありますから関係者は、早期に適切な処理をするよう、早めに物事を進める必要があると思います

2018-07-11

[]井上死刑囚「こんなことになるとは…」 井上元死刑囚「こんなことになるとは…」 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 井上元死刑囚「こんなことになるとは…」 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180711-00000083-nnn-soci

井上死刑囚は6日、大阪拘置所で死刑執行された。関係者によると、井上死刑囚死刑執行の直前に、「お父さんお母さんありがとうございました。心配しないで」と両親への言葉を残した上で、「こんなことになるとは思っていなかった」と話したという。そして、その後、落ち着いた様子で刑場に向かったという。

私は、平成7年4月から平成8年7月まで、東京地検公安部に在籍して、オウム真理教関連事件の捜査に従事し、その間、様々な事件担当しましたし、直接担当していない事件供述調書も随分と読みました。宗教の名の下に、何ら落ち度のない人であっても、子供まで無慈悲殺害して正当化する、無差別テロを平然と敢行する、そのような行為厳罰に処されて当然だと思いますし、彼らがやったことに対して、死刑という刑罰が重すぎるとも、正直に言って感じられません。

ただ、死刑というのは人の命を奪う究極の刑罰であり、死刑執行により誰かがハッピーになるようなことでもなく、死刑執行により人の命が失われることには気が重いものがあります死刑囚の中には、自らの罪と向き合い反省を深め、そういう状態人物への死刑執行に躊躇を感じるようなことが起きることもあり、井上死刑囚の、上記のような最期の様子を知って、そういう気持ちを持ちました。

ただ、死刑制度が存置されている現行法制の下においては、死刑存廃の議論必要ですが、確定した死刑判決執行は、慎重でありつつも粛々と進めざるを得ないでしょう。

命の重さということを、今後も噛み締めていきたいと改めて感じました。

2018-07-10

[]検証しかオウム報道でTBSが炎上 7人死刑執行情報リーク批判も…「坂本弁護士問題」はスルー 検証なしか!オウム報道でTBSが炎上 7人死刑執行と情報リーク批判も…「坂本弁護士問題」はスルー - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 検証なしか!オウム報道でTBSが炎上 7人死刑執行と情報リーク批判も…「坂本弁護士問題」はスルー - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000018-ykf-soci

ただ、情報リークという点でいうと、TBSはオウム事件に大きな責任を負っている。1989年10月26日、TBSのワイドショーが、オウム真理教被害者支援活動を行っていた坂本堤弁護士=当時(33)=のインタビュー映像オウム幹部らに見せ、11月4日に坂本弁護士一家オウムに惨殺された。

私は、坂本弁護士一家殺害事件被疑者らが逮捕された平成7年9月に、東京地検での捜査陣の中に組み入れられ、幾つものパートに分かれていた中で、オウム真理教のマスコミへの攻撃状況を担当していました。私は、TBSではない、別の在京テレビ局関係者から事情聴取していましたが、TBS担当していた検事もいました。1989年当時のオウム真理教は、信者親族支援する坂本弁護士のような人々、報道するマスコミに対して徹底的に対抗しようとしており、その中で起きたのが、上記のようなTBS問題であり坂本弁護士一家殺害事件であった、そういうことを、記事を読み振り返って追憶していました。

TBS対応が、直ちに殺害へと直結したとまでは言えないと思いますが、殺害へと及ぶ流れに影響を及ぼしたこと否定できないでしょう。事件から30年近くが経過し、その辺のことがわからない人々が増えていること自体はやむを得ないと思いますが、あったことへの配慮が欠落していれば、上記のような批判を受けることにもなると思います

2018-07-08

[]宮台真司氏「似たような事件は必ず繰り返される」松本死刑囚を知らない若い世代が知るべきオウム真理教 宮台真司氏「似たような事件は必ず繰り返される」松本死刑囚を知らない若い世代が知るべきオウム真理教 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 宮台真司氏「似たような事件は必ず繰り返される」松本死刑囚を知らない若い世代が知るべきオウム真理教 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00010003-abema-soci&p=1

そこには今の首相官邸周辺とまったく同じ、権力者に気に入られるための忖度競争があったはずだし、これは帝国陸海軍や日大アメフト部のメカニズムとも一緒。僕たちがよく知っている問題と同じ構造は今も繰り返されている。このことが多くの人に理解されないまま事件が忘れ去られるのであれば、同じことは再び繰り返されるだろうし、繰り返すことは非常に容易だ」(宮台氏)。

私は、平成7年から平成8年にかけて、東京地検公安部の検事として、日夜、かなりの数のオウム真理教信者を取り調べました。教団の言うことを鵜呑みにし、真相に目を向けようとしない彼ら、彼女らに対して、粘り強く、様々な働きかけ、説得を行っていた日々が思い出されますし、人の弱さ、洗脳された際の脱け出しにくさといったことを、そういう経験に照らして強く感じるものがあります

結局は、個々が大いに学んで強くあるしかないのですが、現実的には、それができない人が多数存在しています宗教という、そういうものではなくても、カルト宗教にはまって洗脳されるような状況は、社会の各所で容易に起きる、その危険性は今後も存在し続けるでしょう。

その意味で、オウム真理教事件には、長く語り伝えられるべき、多くの教訓を含んでいるということを、改めてしみじみ感じます