ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-03-27

[]てるみくらぶ破産、渡航中止を呼びかけ 9万人に影響も 18:55 てるみくらぶ破産、渡航中止を呼びかけ 9万人に影響も - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク てるみくらぶ破産、渡航中止を呼びかけ 9万人に影響も - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000044-asahi-soci

山田社長によると、格安ツアーネット販売に陰りが出て、約2年前から新聞広告に力を入れ始めたが、経費がかさんで資金繰りが行き詰まった。航空券の発券に必要航空会社側への支払いが23日、できなかったという。

先ほど、テレビのニュースを見ていると、格安ツアーネット販売に陰り、の背景には、個人航空券ホテルを予約する人が増えたことがあると報じていて、私自身も、時々、海外へ行く際はネットエクスペディアなどで安い航空券ホテルを探して予約するのが当たり前になっていることも考えて、そういう背景があるのだなと実感するものがありました。

長野でのバススアー事故でも、格安ツアー危険性が指摘されていましたが、あまりにも安い、安すぎるサービスというものは、提供している組織サービス自体が、どこかで無理をしていることによるリスクがあると思います。うまい話には裏がある、ということでもあるでしょう。安かろう悪かろうという言葉もあります。そういう危険性ということを、我々は念頭に置いておく必要があることも、上記の報道に接して感じました。

2017-03-26

[]籠池氏の偽証罪での告発「野党の状況をみていると難しい」 自民下村博文幹事長代行 23:16 籠池氏の偽証罪での告発「野党の状況をみていると難しい」 自民・下村博文幹事長代行 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 籠池氏の偽証罪での告発「野党の状況をみていると難しい」 自民・下村博文幹事長代行 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000512-san-pol

下村氏は都内で記者団に対し「(籠池氏は喚問で)偽証罪に問われるべき発言が多々あった」と指摘した。ただ、国会の告発は喚問を実施した委員会の全会一致が慣例となっている過去を踏まえ、「(追及を強める)野党の状況をみていると難しい」と述べた。

偽証罪が成立するためには、「記憶に反して虚偽の証言をすること」が必要であり、記憶に反しているかどうかという内心の状況が問題になるだけに、否認事件であれば、虚偽性が証拠によりかなり高度に裏付けられていてこれだけの証拠関係では記憶に反して証言したことが明らかであるというレベルの事実関係にないと、起訴、有罪判決は難しいものです。水掛け論状態でいろいろな人に聞いてみても、供述が一致せず特段の裏付けもない、といったものは、告訴告発が出ても不起訴になるのが普通です。現在、報じられているような事実関係を前提にして、偽証罪による告発が国会から出ても、その後に目覚しい、偽証裏付け証拠でも出ない限り、不起訴になる可能性が相当高いでしょう。

偽証罪の立処湯というのは、それほど難しいものです。

2017-03-23

[]籠池氏「鮮明に覚えている」…首相夫人通じ寄付 13:03 籠池氏「鮮明に覚えている」…首相夫人通じ寄付 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 籠池氏「鮮明に覚えている」…首相夫人通じ寄付 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00050028-yom-pol

籠池氏は「鮮明に覚えている」と強調した。

贈収賄とか選挙違反などで、金銭の授受の有無が問題になることがありますが、1対1の状態でのやり取りで、「渡した」「受け取っていない」いった水掛け論状態になると、特に、数十万円から100万円程度の現金は、会社経営者とか政治家とか、それなりに金回りが良い人は金融機関からの出金を経なくても手持ちで持っていることもあってその面での裏付けも困難で、事実認定がかなり難しいものになりがちです。お金というものに色などは付いていないので、使徒先の解明で裏付けようにも(本件でもその面が問題になっているようですが)、仮に授受額と同額の入金が直近で金融機関等にあっても、それなりにお金を出したり入れたりしている人であれば特に、その入金が「その金」と厳密には特定しにくいことも多いものです。

まだ証人尋問は続きますが、少し見ていた印象として、ことさら嘘をついたり不自然、という印象は受けないものの、なかなか裏付けが取りにくい話も結構あるなという感じはありました。

2017-03-19

[]<防衛大>任官拒否者の卒業式締め出し 詐欺事件が契機 <防衛大>任官拒否者の卒業式締め出し 詐欺事件が契機 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク <防衛大>任官拒否者の卒業式締め出し 詐欺事件が契機 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000044-mai-soci

防大出身のある幹部自衛官は「任官拒否であろうと同期。なぜ別の卒業式にするのか理解できない。価値観はいろいろ。任官拒否は悪いことではない」と指摘。自衛官OBも「任官拒否し民間で活躍している人は多い。やっかみとしか思えない」と話すなど「締め出し」に首をかしげる。

防大創設当初も分離方式だったが、元警視総監の土田国保氏が1978年に学校長に就き、取りやめた。「防衛大学校五十年史」は「任官辞退者であろうと、本校で受けた教育を生かして国家社会のために働いてくれるはずだ、という確信土田氏にはあった。同級生の絆を尊重し、青年の誇りと名誉を傷つけてはならない、との配慮もあった」と記述する。

私は、土田氏の考え方に共感を覚えますね。多感な年頃に防衛大学校入学して、学ぶ中で別の進路を考え始めるというのは奇異なことではないと思いますし、任官自体者でも、その後に社会の中で活動活躍する中で、防衛大学校で学んだことを大きく活かしつつ、身近な、関係のある人々に対して国防自衛隊への理解を深めてくれたり、様々なプラス効果が期待できるでしょう。卒業式から締め出しても、マイナスの効果こそあれ何のメリットもなく、来年からはそういうことはするべきではないと思います。

2017-03-12

[]「エゴ」といわれた吉祥寺東町住民の「保育園作って」の陳情を武蔵野市議会が不採択 「住民対立をあおる」 「エゴ」といわれた吉祥寺東町住民の「保育園作って」の陳情を武蔵野市議会が不採択 「住民対立をあおる」 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 を含むブックマーク 「エゴ」といわれた吉祥寺東町住民の「保育園作って」の陳情を武蔵野市議会が不採択 「住民対立をあおる」 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 のブックマークコメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000521-san-soci

保育園の開設をめぐっては、「交通量が多い一方通行の隘路に面している上、業者に経験がなく不安だ」として吉祥寺東町の住民が反対。不同意書を提出し、業者が開園を断念した経緯がある。

保育園の新設については、騒音など種々の問題から反対する周辺住民との摩擦、軋轢が各地で起きていますが、「騒音」については、保育園を建物の中に封じ込める構造にすることで、外部に悪阻が漏れるのを防止でき、一定の解決が図れるのではないかと、素人の発想ですが、感じるものがあります。それにより増える建設費を、国などが予算をつけて補助する仕組みも検討されるべきでしょう。状況に応じて屋根や囲った周囲を開閉できる構造にできれば、閉鎖性が軽減できそうです。

かつての刑務所、拘置所が、高くていかつい塀に囲まれて周辺住民に嫌がられていましたが、現在の、都市型の刑務所、刑務所は、建物自体にうまく閉鎖性を持たせて、周囲に高い塀を築かなくても済むようになっていて、大きめのオフィスビルのような外観が可能になっています(最近では東京拘置所の建物がそういう構造です)。音に敏感な人が増えている現状で、保育所の設置と騒音問題を両立させるためには、そういった策も講じる必要があるでしょう。

そのようなことを、上記の記事を読み感じていました。