Hatena::ブログ(Diary)

yk5656 diary

記事一覧: Linux | Ansible | Swift | Ruby | PHP | JavaScript | MySQL | Git | Vim

2014-01-03(金)

Railsでviewを表示してみる

RailsでHello, world!を表示してみるの続き

前回、空のindexを作成し、viewを表示するところまで確認。

renderを省略した場合

「アクション名.html.erb」のテンプレートを表示する場合は、renderは省略できる。

$ vi app/controllers/sample_controller.rb
class SampleController < ApplicationController
  def index
  end
end

$ vi app/views/sample/index.html.erb
<h1>Hello, world!</h1>

=>画面には「Hello, world!」と表示される。

変数を渡す

インスタンス変数に指定した値がそのままviewで参照できる。

$ vi app/controllers/sample_controller.rb
class SampleController < ApplicationController
  def index
    @var = "Hello, world! 2"
  end
end

$ vi app/views/sample/index.html.erb
<h1><%= @var %></h1>

=>画面には「Hello, world! 2」と表示される。


レイアウトでも同じように変数を参照できる。

$ vi app/views/layouts/application.html.erb
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title><%= @var %></title>
  <%= stylesheet_link_tag    "application", media: "all", "data-turbolinks-track" => true %>
  <%= javascript_include_tag "application", "data-turbolinks-track" => true %>
  <%= csrf_meta_tags %>
</head>
<body>

<%= yield %>

</body>
</html>

=>タイトルが「Hello, world! 2」になる。

viewを変更する

renderにactionを指定すると、viewを変更できる。
(:actionは省略することも可能)

$ vi app/controllers/sample_controller.rb
class SampleController < ApplicationController
  def index
    render :action => "index2"	# render "index2" でもOK
  end
end

$ vi app/views/sample/index2.html.erb
<h1>Hello, world! 3</h1>

=>画面には「Hello, world! 3」と表示される。

レイアウトも変更する場合はlayoutを指定する。

$ vi app/controllers/sample_controller.rb
class SampleController < ApplicationController
  def index
    render :action => "index2", :layout => "application2"
  end
end

$ vi app/views/layouts/application2.html.erb
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>Hello, world! 3</title>
  <%= stylesheet_link_tag    "application", media: "all", "data-turbolinks-track" => true %>
  <%= javascript_include_tag "application", "data-turbolinks-track" => true %>
  <%= csrf_meta_tags %>
</head>
<body>

<%= yield %>

</body>
</html>

=>タイトルが「Hello, world! 3」になる。

content_for

content_forを使うと、viewからレイアウトにコンテンツを渡せる。

$ vi app/views/sample/index.html.erb
<% content_for :content_sample do %>
aaa<br />
bbb<br />
ccc<br />
<% end %>
<h1>Hello, world!</h1>

$ vi app/views/layouts/application.html.erb
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>Sample</title>
  <%= stylesheet_link_tag    "application", media: "all", "data-turbolinks-track" => true %>
  <%= javascript_include_tag "application", "data-turbolinks-track" => true %>
  <%= csrf_meta_tags %>
</head>
<body>

<%= yield %>
<%= yield :content_sample %>

</body>
</html>

=>「Hello, world!」の下に
aaa
bbb
ccc
が表示される。

部分テンプレート

Viewの中でrenderを使うと部分テンプレートを表示できる。
(:partialは省略することも可能)

$ vi app/views/sample/index.html.erb
<h1>Hello, world</h1>
<%= render :partial => 'sample' %>	<!-- render 'sample' でもOK -->

$ vi app/views/sample/_sample.html.erb
ddd<br />
eee<br />
fff<br />

=>「Hello, world!」の下に
ddd
eee
fff
が表示される。

部分テンプレートには変数を渡すこともできる。

$ vi app/views/sample/index.html.erb
<h1>Hello, world</h1>
<%= render :partial => 'sample', :locals => {:var => 2} %>

$ vi app/views/sample/_sample.html.erb
ddd<%= var %><br />
fff<%= var %><br />
ggg<%= var %><br />

=>「Hello, world!」の下に
ddd2
eee2
fff2
が表示される。

参考

render - リファレンス - Railsドキュメント
http://railsdoc.com/references/render

content_for - リファレンス - Railsドキュメント
http://railsdoc.com/references/content_for

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yk5656/20140103/1388710032