Hatena::ブログ(Diary)

yk5656 diary

記事一覧: Linux | Ansible | Swift | Ruby | PHP | JavaScript | MySQL | Git | Vim

2014-11-20(木)

VirtualBoxにCentOS7をインストールしてみる

MacのVirtualBoxにCentOS7をインストールしてみる。

※VirtualBoxはインストール済みの状態。


CentOSのダウンロード

CentOSのサイト(http://www.centos.org/download/)からMinimal ISOのダウンロードページに行って、
f:id:yk5656:20141221233627p:image:w500


適当なサイトからCentOSのMinimalのISO「CentOS-7.X-X-x86_64-Minimal.iso」をダウンロードする。
f:id:yk5656:20141221233624p:image:w600



VirtualBoxで仮想マシンを作成

VirtualBoxを起動し、[新規]ボタンを押す。
そして、[説明を隠す]を押して、説明を隠した状態で進める。
f:id:yk5656:20141221233741p:image:w600


下記のような感じで設定する。
ハードドライブはデフォルトのままにしておく。

名前適当に入力
タイプLinux
バージョンRed Hat (64 bit)
メモリーサイズ適当に必要な分だけ指定する

f:id:yk5656:20141221233738p:image:w600


ファイルサイズを適当に設定し、他はデフォルトのままにしておいて、作成する。
f:id:yk5656:20141221233737p:image:w600


以上で、仮想マシンが作成される。
f:id:yk5656:20141221234156p:image:w600



仮想マシンのネットワーク設定

MacからVirtualBoxのCentOSにアクセスできるようにするために、
ネットワークアダプタを設定しておく。

[設定]を押して、[ネットワーク]-[アダプター2]を選び、
[ネットワークアダプターを有効化]をチェックして、
[割り当て]にホストオンリーアダプターを指定して、[OK]を押す。
f:id:yk5656:20141221234310p:image:w600

【補足】
「無効な設定が見つかりました」とでる場合は、
VirtaulBoxの環境設定から[ネットーワーク]-[ホストオンリーネットワーク]で+を押して
アダプタを追加する必要あり。
f:id:yk5656:20141221234309p:image:w400
(参考)http://d.hatena.ne.jp/love0hate/20120423/1335186045


CentOSのインストール

まず、CentOSを起動する。

すると、ディスクの選択画面が出るので、ダウンロードした「CentOS-7.X-X-x86_64-Minimal.iso」のファイルを指定する。
f:id:yk5656:20141221234553p:image:w600


「Test this media」はしなくても問題なさそうな気がするので↑キーを押して「Install CentOS 7」を選択し、Enterキーを押して、インストールを進めていく。
f:id:yk5656:20141221234552p:image:w600


まずは言語を「日本語」に設定する。
f:id:yk5656:20141221234551p:image:w500


基本的にデフォルトのままで特に問題ないが、
インストール先に警告マークが付いているのでクリックして、
f:id:yk5656:20141221234911p:image:w500

何も変更せず完了する。
f:id:yk5656:20141221234910p:image:w500

すると、警告マークが消えるので、インストールを開始する。
f:id:yk5656:20141221234907p:image:w500


インストールしている間に、rootパスワードの設定とユーザーの作成をする。
f:id:yk5656:20141221235212p:image:w600


rootのパスワードを設定する。
f:id:yk5656:20141221235210p:image:w630


ユーザーを作成する。
また「このユーザーを管理者にする」にチェックを入れておく。
f:id:yk5656:20141221235208p:image:w630


インストールが終わったら、[設定完了]して、
f:id:yk5656:20141221235443p:image:w600

[再起動]する。
f:id:yk5656:20141221235442p:image:w600


以上で、CentOSのインストールが完了。
f:id:yk5656:20141221235440p:image:w600



ネットワークアダプタの設定

まず、rootでログインする。
f:id:yk5656:20141222001914p:image:w400

nmtuiコマンドでNetworkManagerの設定を変更していく。

# nmtui

「Edit a connection」でEnterキーを押して、コネクションを変更する。
f:id:yk5656:20141222001913p:image:w600

enp0s3

まず、enp0s3(NAT)を設定する。
「enp0s3」が選択された状態でEnterキーを押す。
f:id:yk5656:20141222001912p:image:w600

IPv6は無くても問題なさそうなので無効<Ignore>にしておく。
あと、「Automatically connect」にチェックを入れて、<OK>。
f:id:yk5656:20141222002516p:image:w600

enp0s8

次に、enp0s8(ホストオンリーアダプター)を設定する。
f:id:yk5656:20141222002028p:image:w600

IPアドレスを固定にしたいので、<Manual>に変更し、IPアドレスを設定する。(今回は「192.168.56.101/24」にした)
f:id:yk5656:20141222002647p:image:w600

また、enp0s3(NAT)と同じく、IPv6を<Ignore>にして、
「Automatically connect」にチェックを入れる。
f:id:yk5656:20141222002646p:image:w600


以上で設定完了。<Quit>で終了する。
f:id:yk5656:20141222002026p:image:w600


NetworkManagerを再起動して反映する。

# systemctl restart NetworkManager

以上で、Macから下記のような感じでVirtualBoxのCentOSにログインできる。

mac$ ssh hoge@192.168.56.101
・・・
hoge@192.168.56.101's password:
$ 

また、ここから先はrootになって設定していく。

$ su -
#


FirewallとSELinuxの無効化

ローカル環境のため、Firewallは無くても問題ないので、無効化しておく。

# systemctl stop firewalld
# systemctl disable firewalld

また、SELinuxも有効になっているといろいろ面倒なので無効にしておく。

# vi /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=enforcing
↓
SELINUX=disabled


CentOSの更新

CentOSを最新にしておく。

# yum -y update


設定完了

とりあえず基本的な設定は以上で完了。
ここから先は、より便利にしておくための設定です。


パスワード無し設定


パスワード無しでSSH

SSHでパスワードを入力するのが面倒なので、パスワード無しでSSH接続できるようにする。

鍵が無い場合は、作成しておく。

mac$ ssh-keygen

鍵をCentOSに転送して、

mac$ scp ~/.ssh/id_rsa.pub hoge@192.168.56.101:

CentOSにログインし、

mac$ ssh hoge@192.168.56.101

鍵の設定をする。

$ mkdir .ssh
$ mv id_rsa.pub .ssh/authorized_keys
$ chmod 700 .ssh
$ chmod 600 .ssh/authorized_keys

以上で、CentOSにパスワード無しでSSH接続できる。

mac$ ssh hoge@192.168.56.101


パスワード無しでsudo

パスワードを入力するのが面倒なので、パスワード無しでsudoできるようにする。

今回作成したユーザーは、「このユーザーを管理者にする」にチェックを入れて作成したため、すでにwheelグループに追加されている。

# cat /etc/group
・・・
wheel:x:10:hoge
・・・

visudoで下記のように設定すれば、パスワード無しでsudoできるようになる。

# visudo
・・・
## Allows people in group wheel to run all commands
#%wheel  ALL=(ALL)       ALL	←コメントアウト

## Same thing without a password
%wheel        ALL=(ALL)       NOPASSWD: ALL		←コメントをとる
・・・


yumリポジトリの追加


EPEL

EPELはyumでインストールできる。

# yum -y install epel-release

EPELを使うかどうかは明示的に指定したいので、enabledを0にする。

# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
enabled=1enabled=0

Remi

Remiはyumでインストール出来ないので従来通りインストールする。

# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

enabledはデフォルトで0になっているので変更不要。

RPMforge

RPMforgeも従来通りインストールする。

# rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el7.rf.x86_64.rpm

EPELと同様にenabledを0にする。

# vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
enabled = 1
↓
enabled = 0


Guest Additionsのインストール

先に必要なパッケージをインストールしておく。

# yum -y install gcc make kernel-devel bzip2

VirtualBoxのVMのメニュー[Devices]-[Insert Guest Addition CD image...]で
Guest AdditionsのCDをセットする。
f:id:yk5656:20141222110345p:image:w400


CDドライブをマウントする。

# mkdir /media/cdrom
# mount -r /dev/cdrom /media/cdrom

Guest Additionsをインストール。

# cd /media/cdrom
# ./VBoxLinuxAdditions.run
・・・
Do you wish to continue anyway? [yes or no]
(「yes」と入力)
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules[  OK  ]
Copying additional installer modules ...
Installing additional modules ...
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules       [  OK  ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
Building the main Guest Additions module                   [  OK  ]
Building the shared folder support module                  [  OK  ]
Building the OpenGL support module                         [  OK  ]
Doing non-kernel setup of the Guest Additions              [  OK  ]
Starting the VirtualBox Guest Additions                    [  OK  ]
Installing the Window System drivers
Could not find the X.Org or XFree86 Window System, skipping.

以上でGuest Additionsのインストールが完了。


スナップショットの作成

スナップショットを作成しておくと、何かあっても元に戻せる。

スナップショットの作成ボタンを押す。
f:id:yk5656:20141222120943p:image:w600

適当に名前を入力して[OK]すると、
f:id:yk5656:20141222120942p:image:w300

スナップショットが作成される。
f:id:yk5656:20141222120941p:image:w600

alocoholic_babayalocoholic_babay 2015/11/12 17:54 最高に助かりました!
ありがとうございます。

teppeiteppei 2016/05/25 00:06 感謝しかないです・・ありがとうございます。

teppeiteppei 2016/05/25 00:06 感謝しかないです・・ありがとうございます。

リンク元