Hatena::ブログ(Diary)

yk5656 diary

記事一覧: Linux | Ansible | Swift | Ruby | PHP | JavaScript | MySQL | Git | Vim

2016-03-21(月)

PhpStormでPHPUnitを実行してみる

CakePHP3をインストールしてみる
の続き

PhpStormでPHPUnitを実行してみる。


PHPUnitの設定

PHPUnitをインストールし、

$ sudo yum -y install php-phpunit-PHPUnit

phpunit.xmlを用意する。

$ cd /vagrant/sample
$ mv phpunit.xml.dist phpunit.xml


PhpStormの設定

前回作成したCakePHP3のsampleをPhpStormで開く。
f:id:yk5656:20160421113945p:image

設定画面を開く。
f:id:yk5656:20160421113944p:image


PhpStormの設定(インタプリタの追加)

[Languages & Frameworks]-[PHP]で、Interpretersの画面を開く。
f:id:yk5656:20160421114104p:image:w550

[+]ボタンを押して、[Remote]を選択し、
f:id:yk5656:20160421114103p:image:w550

[Vagrant]を選択し、Vagrantのフォルダを設定する。
f:id:yk5656:20160421114102p:image:w550

以上で、インタプリタが追加される。
f:id:yk5656:20160421114101p:image:w550


PhpStormの設定(PHPUnitの設定)

[Languages & Frameworks]-[PHP]-[PHPUnit]で、[+]ボタンを押し、 [By Remote Interpreter]を選択する。
f:id:yk5656:20160421114337p:image

先ほど追加したインタプリタを選択する。
f:id:yk5656:20160421114336p:image

[Default configuration file]にphpunit.xmlのパスを設定する。
f:id:yk5656:20160421114335p:image:w550


PhpStormの設定(Runの追加)

[Run]-[Edit Configurations]を選択し、
f:id:yk5656:20160421114429p:image

PHPUnitを追加する。
Test Runnerは「Defined in the configuration file」にする。
f:id:yk5656:20160421114427p:image:w550


PHPUnitの実行

PHPUnitを実行すると、
f:id:yk5656:20160421114558p:image

PHPUnitの結果が表示される。
f:id:yk5656:20160421114556p:image:w600

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yk5656/20160321/1461206312
リンク元