Hatena::ブログ(Diary)

ymd-yの日記

 

2018-07-31

あまりにも暑さがつづくので、

22:25

ストレス症状がなくなりました。

f:id:ymd-y:20180731222304j:image

いや、ほんと、なんで? 暑さはストレスにならんの?

休みの日でもひきこもれない(エアコンがないから)のも、ストレスにならんの?

わからん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ymd-y/20180731

2018-06-30

避暑にいきたい。

21:27

勤務時間を減らしてもらってから二ヶ月、ちょっとは体調よくなったか、といえば、あんまり……。

つねに、なにかしら、些細な、不調がある。微熱とか首が凝るとか、唾液が出ないとか頭痛とか腹痛とか血の気が引く感じとか膨満感とか。ある程度以上わるくはならない、というあたり、とてもストレスっぽいけど、ストレスといわれても困る。というか、体調をのぞけば、むしろ、機嫌はよろしい。ここ数日の暑さにより降下しているが。

もうちょっとなんとかならんのかしら。とくにおなか。胃なのか腸なのか。おなかが張って食べられなくなるのが困る。ただでさえ夏なのに。体重が減りやすい夏なのに……!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ymd-y/20180630

2018-05-19

今朝みた夢

23:14

昨夜、オリヴァー・サックス『音楽嗜好症: 脳神経科医と音楽に憑かれた人々 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)』を読んでたら、音楽の夢の話があった。

夢で音楽が流れたことはない……というか、声も基本、ないんじゃないかな。たいてい、ストーリーがあるのかどうかもびみょうだけど、会話によってすすまない気がする。

でも夢の音楽って、とても鮮明に聴こえるものらしい。歪められないし、起きたときにもおぼえている。

まあ、今朝みたのは音楽の夢じゃないわけだが。

しかし珍しくカラー。

緑の山にかこまれた湖、細くて頼りない橋の上になぜか駅があって、情緒のない白いのっぺりした電車が止まっている……、という。ちょっと電車が残念な感じだけど、きれいだった。景色は。湖じゃなくて海なのかもしれません。干潮時に橋の下近くに歩いて渡って、うっかり時間くって帰りに困った、っぽい。水面は山の緑が映ってるので緑だし、波もそんなにないっぽいんだけど……。で、それを写真に撮ろうとして、うまくおさまらなくて右往左往する。ちょっと視野が狭くて空の記憶がないのはカメラを構えてたからだな。なんかところどころ残念だな……。

ただ、いっしょにいたのは誰。

あと、能登、っていう設定だった。設定……。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ymd-y/20180519

2018-05-12

戻れない一線

20:57

歳をとるって、老いるって、もっとこう、小さくなる、ってことかと思ってたんだけど(というか、まあ具体的な想像はしてなかったんだが)、バランスが崩れることじゃないかな、と思う。

それに対処しているうちに、ほかのところでも崩れていく。という繰り返し。

ここ五年ほどのうちに、戻れない一線をいくつも越えてる感じだ。体力とか筋力の衰えとかは感じないのですが。ええ、もともとないので。もともと使ってないので。

f:id:ymd-y:20170612204842j:image:w900

まだ二十代だったころに、二、三歳年上の人から、三十になったら紙がめくれなくなるから、と予告されたことがあって、これ、ほんとうでした。手の脂、とかいうけど、これって汗なんですな。去年、菅屋潤壹『汗はすごい: 体温、ストレス、生体のバランス戦略 (ちくま新書 1264)』を読んだときに知った。そして、ヒトは手のひらに汗をかくのだ、ということもはじめて知った……。私、ないんです。いや、たぶん、ふつうに蒸発するだけの汗はかいてるはずなんですが、滴るほどにかいたことはない。夏に紙に絵を描きにくいのも、手のひらより、腕の汗のせいだと思う。それまで、手に汗を握る、とかいうの、そういう慣用句なだけだと思ってたんですよ! 異性と手をつなぐのに汗かいちゃって恥ずかしいどきどき、とかいう経験がない……。で、フィクションでそういう描写があったときも、思春期特有の自意識過剰だよ気にしすぎだよ相手はそんなん気づかないよ的描写なのかと、ずっと、思っていたんです……。人体にはまだ不思議なところがたくさんある……(そうじゃない)。

「すっごく緊張して 手に汗かいちゃって恥ずかしいのに! なのに! なのにですっ!

 それでも頑張って手を繋いでくれるから 良いんじゃないですか……」

赤坂アカかぐや様は告らせたい 3 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ymd-y/20180512

2018-05-11

素朴な疑問

08:54

マイケル・S・ガザニガ『人間とはなにか 下 (ちくま学芸文庫)』で、「動物は自分が何を知っているかを考えるか?」という問題が提起されてたんですけど、ふと、昔からの疑問が思い浮かんだ。

「蚊は人間の存在を知っているのか」。

蚊がどう思って(思って?)いようと、刺されればかゆいことにはかわりないがな!

f:id:ymd-y:20180331212234j:image:w900

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ymd-y/20180511

2018-05-02

さんじゅうねんまえ

20:56

引き出しの整理をしてて、昔の通帳を見てみたら、年月日の年が「7」になってて、ななっていつだ……とさらにさかのぼったら「63」になって、昭和! という衝撃。

なんで銀行の通帳って元号なんだ……。

無職だった頃は、たまにブックオフオンラインの入金がちょろっとある以外は減る一方で、いまさらながらどきどきいたしました。当時はへいきでしたが。

f:id:ymd-y:20180502205235j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ymd-y/20180502

2018-05-01

体調についてばっかり書くのもどうかと思う

22:08

今日は唾液が出ない日。

うむ。変数がわからん!

ところで、前から不思議に思ってるんだけど、「ストレスが原因」というのは、どういう根拠があって推定してるんだろう。

後頭神経痛について調べたときも、微熱が続いて調べたときも、原因のひとつに「ストレス」とあるんだけど、原因不明を言い換えているだけではないかという気が否めない。もちろん胃潰瘍もだ!

ネズミにストレスを与えて胃潰瘍をおこさせる研究をちらっと読んだことがあるけど、ネズミのストレスと人間のストレスが同じかという疑問も。

こころに元気がないから身体の調子が悪いのではなく、身体の調子が悪いから気分が沈んでるんですが、私の認識としては。

実際、心拍数や体温変化や発汗によって、じぶんの感情をじぶんの意識が知る、という面がある、らしいし。知る、なのか、決める、なのか。

まあ、「気分」とか「感情」とかと、「ストレス」はまた別か。別か?

f:id:ymd-y:20180404162402j:image:w900

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ymd-y/20180501

2018-04-30

近況

18:36

唾液が出にくくなって喉をいためた。

何か月か前にも同じ症状が出て、数日で治まったのですが、同じく、いまは治ったというか、治ったのか? よくわからん。喉をいためないように気をつけているからそこは無事だけど、唾液分泌量自体は減ったままなのかもしれない。

そして原因がわからん。

「加齢」と「ストレス」が多いらしいんですけど。加齢……。

ストレスについては、いまよりもストレスのない生活は無理っつーか、ストレスってまったくないのもよくないんだよね。

あんまり働いてない。去年のいちばん忙しかったときの半分です。赤字です。でもいいんだ、今年度は赤字にするのが目標です。

f:id:ymd-y:20180404164406j:image:w900

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ymd-y/20180430

2018-03-31

そういえば間近で見たことがない

21:41

「新卒の社会人」。……あれっ……?

f:id:ymd-y:20180331212145j:image:h900

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ymd-y/20180331

2018-03-30

春休み

21:16

f:id:ymd-y:20180327074045p:image

兼六園周辺の人出を見るに、おとなも春休みしてるだろ、って思うんですけど!

f:id:ymd-y:20180330204328j:image:w900

f:id:ymd-y:20180330205818j:image:w900

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ymd-y/20180330
 
ページビュー
364351