大和但馬屋日記

この日記について

2004年01月22日木曜日

ゲシュタルト崩壊

| 14:46

ではウィリアムズのノーズ周りは

(´Д`)

ですか。

改革の是非その他

| 18:38

昨日の国語改革の話に関連して問ひかけを頂いたのでお応へしませう。

私個人の意見として国語改革で行はれたこと,さらにその過程で放置されてしまつたことについてははつきり悪だと考へます。ですが,だからといつて改革前の状態に戻すべきだとは考へてゐません。といふか戻せるわけがありません。

その上で正仮名遣ひを使ふことについては,折に触れてその理由を書いてきたと思ひますが,最大の理由は「言葉に対して意識的でありたい」と思ふところにあります。いふなれば「よりまともな文章を書くための日常的な訓練」とでもなりませう。その成果が現れてゐるかどうかは自分では分りかねますが,少しはましな文を書く様になつたのであればよいなと思つてゐます。悪文のままであつても,まあ少なくとも新かなづかいと同等の表現は可能なのだといふ証明にはなるでせう。それに意味があるかどうかはさておいて。

何であれ興味を持つたものに対しては,より根つこに近い原理的な事柄を知りたいと思ふ私の性格が言葉の方にも向いただけのことで,WEBに文章を書くといふことで手軽にそれが実践できるために目立つ様ですけれども,他の趣味に関しても私の接し方は似たやうなものだと思ひますよ。

私に関しては上記の通りですが,他の諸氏がどのやうな意図をお持ちかは与り知るところではありません。私が折に触れて国語改革批判をしてしまふのは,まあ悪い癖といひますか,自分のしてゐることの正当化なのでせう。あまり鼻につく様でしたら差し控へた方がいいのかもしれませんが,一方でいくら批判してもし足りないといふ気持ちもあり,我ながら困つたことだと思ひます。

「国語改革を無かつたことにしたいか」については,これも事の始めに書いたと思ひますが,「仮に無かつたとしたらかうなつてゐただらう」といふことを実践したいとは思つてゐます。何度か書いてきた通り,言葉は文化を伝へるものであり,特に誰かが手を入れるでもなく連綿と伝はつてきたものです。それがある日突然ほじくり返された。国語審議会における当時の経緯については,やはり「私の國語教室」を読んでいただきたいのですが,審議会の主要メンバーに国語学者が含まれてゐなかつた点をもつてしても歪であつたと言はざるを得ません。たぶん,邪魔だから除外されたのでせう。国語学者に思ひ入れはなくとも,これが不公正であることは分ると思ひます。かうして連綿と伝はつた文化がとつぜん歪められてしまつた,傷つけられてしまつたことについてはやはり憤りを感じるし,そのために失はれつつあるものを,残せるものなら残したい。改革を無かつたことにしたいわけでも新たな改革を起こしたいわけでもなくて,文化を保存し修復したいと考へてゐるといふのが最も正しい答へであると思ひます。

国語改革は事実としてあつたけれども,後世の評価としてあれは間違つてゐたと私は思ふ。現に,このやうに仮名遣ひを変へたところで(読みづらいと思ふ人もゐるでせうが)普通にコミュニケーションが取れてゐるわけですから,国語改革の成果などその程度のものだつたわけです。擁護に値すべきほどのものであるとは私には思へない。他の多くの様様な政治的な変革と比べても,国語改革がとりわけ歴史的に有意義であつたと証明するのはむずかしいのではないでせうか。そんなわけで,時計の針は戻せないけれど,ダメージが少ないうちに,残せるものは積極的に残したい。そんなところです。

「言葉は論理的に正しい必要はあるのか」については,「もともと(どちらかといへば)論理的であつたものをわざわざ非論理的なものに作り変へる必要はあるのか」と問ひ返してもよろしいでせうか(これではまるでフレーミングですがご容赦を)。国語改革はさういふものであつたから,それを非難してゐるのです。

「自然な変革と人工的な改革の違いはあるのか」について,大きな違ひはないと思ひます。といふか,日本人はそれを区別しません。仮に敗戦直後,志賀直哉が唱へた通りに英語あるいはフランス語が日本の国語に制定されたとしても,当時の日本人の多くはそれを受け容れたでせう。そして,六十年後に未だに日本語を使ひ続ける一部の人に対して,英(仏)語*1しか理解しない人が嘲笑を浴びせてゐることでせう。大衆は受け容れることを自発的に決定しません。ただ受け容れるだけです。是非はともかく,日本人とは*2さういふものだと私は考へます*3

日本人は旧弊といふ言葉が大好きで,「旧いこと」と「弊害」は本来別個の要素のはずなのに,いつの間にか旧いことが即ち弊害であると考へてしまひます。'80年代に「××はもう古い,これからは○○の時代だ」といふ言ひ回しがやたらと流行つた記憶がありますが,今思へばかうした考へこそが日本人の持つ旧弊そのものなのではないかと思ひます。

また個人的な興味の話になつてしまひますが,今の私は「昔から続いて今も残るもの」に心を動かされることが多いのです。たぶん万葉集の仕事に携わつた時から芽生えた感情だと思ひます。今でも単発的な歴史上の事件(三国志とか戦国時代とか)にはほとんど興味がありませんが,さうした時代の人たちが今に残したものには心惹かれます。だから,それらの根本にある言葉については無関心でゐられないわけです。

長くなりましたが,以上でよろしいでせうか。

検索さん夜露死苦

| 23:55

そんな頭の悪い表記を使つた覚えはないぞ。

イベントレース開催

| 21:28

PS2版ネットイベントがやうやく開催される。待ち詫びたよ,つか遅いよ。さあみんな,最寄のワゴンでバトルギア3を買つて参加すれ。

さういへばTUNEDのRX-8のレースも開催中だな。参加しないとな。Q-X組の人たちはどうするのかな。

今日のゲーム

| 02:26

バトルギア3Tuned(AC,TAITO)

ランエボIIIのキーを作つて挑戦してみた。さすがに匠モードではマシンへの馴れの差が如実に現れる。つか,ハンドルが重いよ! こればかりはGTフォースでは再現できんからなあ。

弩級順走:匠モードタイム比較
車種区間1 区間2 区間3 区間4 区間5 区間6 TOTAL
寸゛EVOIII0'41.0400'46.5820'39.9790'38.2430'27.8740'28.5973'42.315
茉森晶EVOIII0'40.4720'42.1880'39.0970'38.1960'29.8990'27.1983'37.050
+0'00.568+0'04.394+0'00.882+0'00.047-0'02.025+0'01.399+0'05.265
弩級順走:匠モード理論値比較
車種区間1 区間2 区間3 区間4 区間5 区間6 TOTAL
寸゛EVOIII0'41.0400'41.9180'39.9790'37.3430'27.8740'27.9543'36.108
茉森晶EVOIII0'40.4720'40.1360'39.0970'35.8370'28.6220'26.7113'30.875
+0'00.568+0'01.782+0'00.882+0'01.506-0'00.748+0'01.243+0'05.233

でもつて,いつもの方も少し更新。痛恨のペナルティで負けてしまつたが,かなり速く走れる様にはなつた。

弩級B逆走:匠モードタイム比較
車種区間1区間2区間3区間4TOTAL
茉森晶EVOIII0'50.1590'47"3840'47.5590'55.0013'20.103
亜方逸樹RX-80'52.0630'47.5370'47.4770'55.1173'22.194
寸゛RX-80'53.8420'48.2910'50.2410'57.8523'30.226
寸゛MR20'53.3230'48.2770'48.7520'54.1853'24.537
弩級B逆走:匠モード理論値比較
車種区間1区間2区間3区間4TOTAL
茉森晶EVOIII0'50.1590'47.3840'47.5590'55.0013'20.103
亜方逸樹RX-80'49.6740'47.1900'46.1480'54.8883'17.900
寸゛RX-80'53.1770'48.2910'47.5450'57.8523'26.865
寸゛MR20'50.6480'48.2490'46.7190'54.1853'19.801

コンティニューしてしまひ,リプレイのチェックができなかつたのでペナルティのリストはなし。

やはりオレは1セクのスネークセクションが大嫌ひですわ‥‥。最初のヘアピンを理想的に抜けたことがない有様で。

*1:たぶん本来の英語やフランス語からかけ離れたものに変化してゐるはず

*2:日本人に限らないかもしれませんが,とりあへずここでは日本の話として

*3:私はさうではないと言ふ話ではありません,悪しからず

あおやぎあおやぎ 2004/01/22 20:26 長文によるご回答ありがとうございます。まずはお礼申し上げます。

あおやぎあおやぎ 2004/01/22 20:26 最初に予防線も兼ねて私の立場を改めて書かせていただきたいと思います。私は国語改革を善であるとしたいわけではありません。擁護する積りもありません。私自身の正直な立場を言うならば「国語改革そのものに興味が無い」が最も近しい。その上で、国語改革は事実としてあったので、ただその存在を認めているだけです。ではなぜこれだけ正かな議論に首を突っ込んでいるかと言うと、単に個人的な知己である寸゛さんがなぜどのように拘っているかが知りたいからです。これがネット上で知らない他人がやっている議論なら、最初から気にもしなかったでしょう。おそらく寸゛さんは以上の事は了解されていると思いますが、これを読んだ方があおやぎを余計なレッテル貼りするかもしれませんので、予防線とさせていただきました。

あおやぎあおやぎ 2004/01/22 20:26 「国語改革を無かつたことにしたいか」については、明らかに余計な文章でしたので元日記では削除させていただきました。必要以上に攻撃的であったと反省しております。にも関わらず冷静なご回答を頂けた事に感謝いたします。ご回答は私が危惧したものとは反対のものでしたので、全てが杞憂でありました。

あおやぎあおやぎ 2004/01/22 20:26 「言葉は論理的に正しい必要はあるのか」については、わざわざ非論理的に作り変える必要はないと思います。ただ、現在の私たちはその改革後の世界に生きていますので、改革はあったことを前提に話をしなければなりません。改革を非難する事は出来ますが、では今の非論理的な日本語を論理的な日本語に更に改革する必要があるのでしょうか、と問い返させてください。批評と今後の話は別個の話だと思います。

yms-zunyms-zun 2004/01/22 20:59 基本的に上に書いた通りですが改めて。
純粋に「必要があるか」と問はれれば,もともとさうだつたものに戻すだけのことですからさうすべきだと思ひます。今さうすれば,今から初等教育を受ける子供達は新しい常識を疑問なく受け容れるでせうから,問題はありません。そのもの自体が論理的であり,歴史的にも由緒あるものですから,理由付けとしても充分でせう。言葉自体が変るわけでもなし,普通に考へれば反対される理由が思ひつきません。
しかし,先日も書いたやうに「自分が学校で教はつたものと違ふから」といふだけの根拠でもつて全力でさうした運動を潰さうとする人が多いと思はれるので,はつきり言つて無理です。できるわけがありません。さういふ人を相手に政治的活動を行ふ時間も金も力もありません。どうせ黒船がやつてきたとか戦争に完敗したとかの口実ひとつで簡単にひつくり返る程度のものですが,誰も内側からの正しさの主張に耳を傾けなどしないのです。ただ誤りを誤りであると指摘し続けることはできますからさうし続けるまでです。

yms-zunyms-zun 2004/01/22 20:59 「究極超人あ〜る」で,「おまえなんか人類が滅亡したあとも一人で健康に気をつけてればいいんだ」と揶揄する鰯水に対して鴨池が「そのつもりだよ」と返すコマがありましたが,今は鴨池君に大変な共感を覚えます。

yms-zunyms-zun 2004/01/22 21:07 あおやぎさんに,ではありませんが一応注釈。「内側からの正しさの主張」の正しさとは論理的な正しさと歴史的な正しさのことです。倫理的な意味合ひは含みません。

skobaskoba 2004/01/22 21:27 私はあーるで「鳥頭」や「韜晦」と言う言葉の存在を知りました(笑)

yms-zunyms-zun 2004/01/22 21:29 鳥頭はたぶんあの漫画の造語ではないでせうか。真偽は不明ですが。

stella_nfstella_nf 2004/01/22 23:11 「鳥頭(とりあたま)」は辞書にもある言葉だと思っていました。ひいてみたら「とりがしら」しかありませんでした。

yms-zunyms-zun 2004/01/22 23:17 いづれ辞書に載らないとも限りませんが、まだ当分先だと思ひますよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040122
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報