大和但馬屋日記

この日記について

2004年03月31日水曜日

夜桜

無念夜桜

| 01:18

昨夜、江戸川橋公園で撮つたもの。三脚まで用意したのに十枚そこそこでバッテリーが上つてしまひ、予備もなく満足な写真が撮れなかつた。

そこへ今夜の強風雨。今年はもうダメだな。しよんぼり。

ぶつちやけありえない

| 16:03

他はしらず、「全然いい」は日本語テキニ全然オーケー。否定形にしか用ゐないと決メタノ誰ヨ。

つか、若者言葉なんて昔から*1乱れてんだよ。若者が社会に接するにつれてそれを矯正する力が学校教育なり世間そのものから失はれてゐるとするなら、それは学生生徒でなく大人の側の問題だわな。リテラシの低下つてやつですか? よくわからんけど。よくわからんままにこんな言葉を使つてごまかす奴らをまずドウニカシロヨ、王子。王様レインボー! (塊

大修館の編集部は「教育現場では、なぜ誤用なのか、説明するのに苦労している先生が多い。そんな先生に読んでほしい」と話している。

「キモい」「全然いいですよ」 国語の乱れ、高校の先生9割実感

つまり、その先生方もなぜ誤用なのか分つてゐないわけだ。単に「誤用だ誤用だ」と教はつてきただけなのだらう。頭を使はなくても知識豊かになれる素晴らしい戦後教育の成果が見事に現れてゐますね。ていふかこれ、広告記事ぽいな。

価格表示改定

| 13:49

あー、これを読むまでかういふ性質のものだと知りませんでした。これはアレか、消費税導入直後に共産党街宣車で喚いてゐた「百円持つてお店に行つた子供が十円のチョコレートを十個買へず、一個づつ十回に分けて買つてゐた。こんな子供が可哀想だと思はないのか」といふアレな主張にやうやく対応したわけだな。

遅いよ!

王様リンク。

| 20:23

特に大和但馬屋のことが言及されてるわけでもない他の方のダイアリーとかブログがたくさんリンク元になつてゐる。その数なんと十件以上。をかしいな、と思ひながら回つてゐて気付いた。どのエントリでも必ず「塊魂」のことが触れられてゐる!

ハッとして窓の外を見た。地平線の向うに大きな人が見えた気がした。

今日のゲーム(三月三十一日)

| 03:53

エスプガルーダ(AC,CAVE/AMI)

五ボスの小娘に負けた。四面まではノーミスで抜けたいところなのに、全然ダメだつた。緊急回避のボム発動を意識しないと。

あと四ボス第一形態が左に動くか右に動くかの法則つてあるのかしらん。自キャラが左側を回り込む時の方が難しく感じるのだが。

プレイするほど謎が深まる。

レスキューヘリエアレンジャー2(PS2,ASK)レスキューヘリ エアレンジャー2

実に久しぶり。操縦をプロモードにしたままだと全く何もできなかつたのでスタンダードに切換へた。何か負けたつぽい。

それはともかく、久しぶりでもゲーム自体の感覚は意外に忘れてないもんだ。

*1:たぶん明治時代から

doroyamadadoroyamada 2004/03/31 17:58 明治のころは「全然」のあとの肯定文も当たり前だったらしいですね。

yms-zunyms-zun 2004/03/31 18:03 当然だと思ひます。さう考へるのが自然です。私はそれを断然支持します。俄然やる気が出てきました。こんな私は天然です。

nobodynobody 2004/03/31 19:39 えー、ぼくは全然よくないです。ぼくは、もう明治を捨てました。

yms-zunyms-zun 2004/03/31 19:41 あー、ダメですか。悄然。

nobodynobody 2004/03/31 19:45 うわっ、反応はやっ! っていうか、さっきは ^_^ マークを付け忘れてました。ごめんなさい、ごめんなさい。反省を促すがごとく、ぼくのこころの中に、雨が沛然と降っております。:-)

yms-zunyms-zun 2004/03/31 19:47 ううん、全然大丈夫。

nobodynobody 2004/03/31 20:34 完全にぼくの負けや。(いや、勝ち負けの話では全然ないのだけれど ^^)。

usui_soupusui_soup 2004/03/31 20:38 大人の側の問題だわな<三十路前後のオッサンたる我々の問題でつね!ヘ(゜∀゜ヘ)アヒャ

yms-zunyms-zun 2004/03/31 20:43 当然さういふ含みですよ。2ch語に慄然。

nobodynobody 2004/03/31 21:08 完全の「ぜん」は全然「全然の『ぜん』」ではないことに、いまごろ気付き唖然……と、するも最早遅し。(←遅いのか早いのかはっきりしなさい。とセルフ・ツッコミ)。

yms-zunyms-zun 2004/03/31 21:15 実は私も同じミスをしかかつて蒼然。

mutronixmutronix 2004/03/31 21:38 わぁ、みなさんの会話の、どこが突っ込まれどころなのか全然わかりません! いや全然わかるの反対! まぁいいじゃないですかー…言葉は生き物ですからネ!

yms-zunyms-zun 2004/03/31 21:49 もう雑然として書いてる本人も何がなにやら。ところでマタドールとはまた(笑

mutronixmutronix 2004/04/01 00:13 明日にはまたマタドーリにします

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040331

2004年03月30日火曜日

ドーファン

訓練中

| 02:57

ホンダエアポートと覚しき場所にに近づくにつれ、真先に目に入つたのがずつと同じ場所にホバリングし続ける一機のヘリだつた。榎本牧場に寄道してゐる間も動かなかつたから三十分以上は留まつてゐたはずだ。

機影が判別つくところまで近づくと、それはヘリに詳しくないオレでも一目で分るドーファンだつた*1。赤い機体は消防庁のだらうか、と思ひながら目を凝らすと、ウインチを使つて人間が降下と上昇を繰返してゐるのが見えた。間違ひなくレスキュー活動の訓練だらう。そこで救助員をボブと名付けることにした。

しばらく見てゐるとドーファンは標識の様なものをぶら下げて次の訓練に移つた。久しぶりにエアレンジャーで遊びたくなつたな。

検索さんいらつしやい

| 01:21

いいキーワードぢやないか。あの頃に帰りたいとは思はないが、あの頃に感じた楽しさを今も求めてるんだ。

やめなさいつて。洒落になんないから。

うしおそうじ氏逝去

| 03:39

子供の頃、ライオン丸スペクトルマンが好きだつた。最後のお仕事はオタクトリビア(ASIN:4758010188)巻末の特別寄稿といふことにならうか。

様々な作品で楽しませて頂き有難うございました。

余談だがこの訃報に接するまで作曲家鷺巣詩郎氏と親子とは知らなかつた。本名が同姓なんだから気付かない方がをかしかつた。

信仰と政治

| 15:01

このニュースを読んで人間の集団が狂うと本当に恐ろしい。と感じるのは当然だ。「宗教」といふものを蛇蠍の如く嫌ふ人なら「これだから宗教は」といふいつもの結論に容易に結び付けるだらうな。

これも政治が信仰を歪めたといふことに他ならないわけだが。

CSS再構築記事について

| 16:46

読み慣れない仮名遣ひにも関らず参照して下さる方がいらつしやる様で、当方としても感謝いたします。

それは良いとして、記事を紹介して下さつた方のナビゲーションに頼りきりで自分の日記に記事へのポインタが一切ないといふのは激しく間違つてゐる気がしたので、サイドメニューの「テンポラリ」に項目を追加した。

ていふか、CSSといふカテゴリを新設すべきかな。

眠つてなどゐない

| 16:55

新しい感じの建物に見えるが、壁をはがせば煉瓦造りの何十年も前の古い建物がそのまま眠っている。

松屋浅草の壁の裏には・・

今も昔と変らず全館フル活用されてゐる建物なんだから、建物が眠つてゐるといふのは間違ひ。

あの天井の低さがいいんだよなー。

すごいAI

| 18:05

乱土労馬さんの日記から、二十の質問で考へてゐるものを当ててしまふAIプログラム。「F1」を念頭に置いて答へたら、たつた十三問で当てられてしまひました。すげえ。

何問か答へてゐるうちに「それは四つの車輪を備へてゐるか」と絞り込んできて,「さうきたか」とグッとくる。後は誘導されるままに白状していくと、意外に早い段階でI am guessing that it is a formula 1 car?ときた。

なんか、尋問された時の精神的な耐性がそのまま現れてゐる様で悔しいなー。

doroyamadadoroyamada 2004/03/30 18:49 うしおさんの記事読んでたのに気がつきませんでした。松本伊代初期作品のアレンジが好きでした。しかしなんではてなダイアリーキーワードの分類がアニメなんだろう?

yms-zunyms-zun 2004/03/30 18:59 鷺巣詩郎氏の話ですね。エヴァンゲリオンをはじめとするガイナックス作品や古くはメガゾーン23などでアニメファンの認知度が高いためだと思はれます。

yms-zunyms-zun 2004/03/30 19:01 さういへば私は「いいとも」の人、といふイメージを持つてゐました。<それはそれで

2004年03月29日月曜日

菜ノ花畑

菜ノ花畑

| 01:26

埼玉県上尾市辺り。桜はまだどこも全然だつた代りに、菜ノ花が満開だつた。

写真日記花と書くといいことありますか?

id:yukattiさんが分類して下さいました。なんか厚かましい素振りをしてすみません。

往復百キロメートル

| 02:15

目が覚めてしまつたので書いてゐる。四つ木橋から荒川を溯つて五十キロ、埼玉県桶川市まで行つて帰つてきた。家を出て戻るまで丁度九時間。正直、大変だつた。

はてなダイアリーを利用し始めてから荒川のことを書いた記憶がないから、最後に走つてから一年半は経つてゐるはず。前回は川越まで引返したのだつた。その時と片道十キロしか違はないはずなのに、その十キロが効いた。行きに飛ばしすぎたのと、帰りが向ひ風だつたのとでえらい目に遭つた。

それでも道程は楽しかつた。前回 折返した新上江橋のあたりは何もなくて荒涼とした風景なのだが、その先の開平橋から突然素晴しい風景に変る。サイクリストが立寄らずにゐられない立地(河口からここまで、ロード沿ひにある店はこれだけ)のうどん屋があつて、そのさらに先には牧場。ここでは自家製のアイスクリームが食べられる。それから程なくしてホンダエアポートがあり、軽飛行機やヘリが飛ぶのを眺められる。しかも体験飛行までできる。財布にお金を入れてなかつたので泣く泣く諦めたが、次こそは必ずヘリに乗りたい。エアポートのすぐ隣にはカート場まである。

この地図の上半分にこれだけの見所が詰まつてゐて、目標地点にするにはもつてこいだ。しかも開平橋から先はロード自体が一工夫されてゐて、ただ走るだけでも楽しい。スピードは出せないけど、散歩気分で気持ちがいいのだ。

行つて良かつた。また行かう。

余談。一日に走つた距離としても最高だつたが、たぶん一日に「な」と発音した回数も生涯最高。たぶん今後も破られまい。なんせ走つてる間、ずつとこればかり口ずさんでゐたのだから。

ナナーナナナナナーナーナーナーナナーナーナナーナー‥‥

ウイルスまみれ

| 13:39

昨日一日家を空けて、帰つて来たら十三通のメールのうち十通がウイルス感染メールであと二通はSPAM

その後もうんざりするほどウイルスメールを処理してゐる。この期に及んでチェックすらしてないユーザーに呪ひを。OutlookExpressに滅びを。

世代か情念か

| 16:57

キーワード:ホンダの生産車種のとこを見て、なんかをかしいと思ひませんかね。

など

オデッセイは? ステップワゴンは? フィットはぁ〜?

なんか、今のホンダといふ企業を支へてゐる車種がキレイに無視されてゐるあたりに、今のホンダの実態と「ホンダが好きな人々」との間に見える意識の乖離が見えすぎてて面白い。

今週末はバーレーンGP

| 18:10

バーレーンGPのチケットを偽造した犯人が捕まつたといふニュース。ていふか、偽造して金になるほどチケットが売れてゐるのかどうかが気にかかる。

マイケル君には武装衛兵が付くといふ話もあるし、さてどうなることやら。

蟹めし

| 22:25

id:candoさんの日記を読んで無性に蟹づいてしまつたので、セブンイレブンに買ひにいつた。

七百五十円(税抜)、高価ッ!

まあ、一度火のついた欲望に負けてしまつたわけですが。値段なりに旨い。旨いけど、これなら蟹缶買つて自分で炊込み御飯を作つた方が手間を含めても安上りだと思つた。蟹缶の安売りしてる店、ないかな。

usui_soupusui_soup 2004/03/29 02:03 桜は都内も市ヶ谷付近は3分ぐらいでしたね。江戸川橋は9分咲きでしたが。

skobaskoba 2004/03/29 22:01 私も自転車で何となく伊勢−津を往復したことがあります。往くだけならいいのですが帰るのが憂鬱になりますね(しかも同じ道だった・・・)

yms-zunyms-zun 2004/03/29 22:29 七十キロメートル以上あるのですね。サイクリングロードならまだしも、一般道の往復は辛いでせう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040329

2004年03月28日日曜日

yms-zun2004-03-28

思ひ立ち

| 00:11

明日は、ぢやなくて今日は遠乗りしよう。さうしよう。

終り

| 09:59

あれこれ不満を垂らしたりもしたけど、それも番組あつてのことなんだなとしみじみ。

朝霞にて

| 16:02

タマちやんヲチャーヲチ

ホンダエアポート

| 16:02

http://map.eznavi.jp/?datum=0&unit=0&lat=+35.58.38.35&lon=+139.31.17.54

こんな楽しい場所があつたなんて。また来よう。

帰り道

| 16:03

風が強くて大変。東京は遠いなう。

休憩中

| 16:03

赤羽のファミレスに緊急ピットイン。椅子に坐つた途端、ニ度と立上がれない気がした。つふかしてゐる。

あと20kmあるのだが。

帰宅

| 19:36

疲れた。寝る。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040328

2004年03月27日土曜日

浅草寺五重塔

浅草春到来

| 22:45

窓の外が騒がしいと思つたら、浅草神社の三社神興に塊入れの儀が行はれてゐた。知らなかつたが、今日は三社神興の浅草寺本堂への堂上げの日。浅草神社はご存じ浅草観音を隅田川から引揚げた二人の漁民とそれを祀つた僧を三柱の祭神として浅草寺境内に鎮坐する。極めて自然な神仏習合の姿といへる。こんな当り前の行事が、明治時代には禁止されて近年まで絶えてゐたといふ。政治が信仰を歪めたわけだ。

篝火と松明で赤く美しく照された三つの宮は無事本堂に収まつた。容易な様だが、一ノ宮の天辺にある鳳凰が入口の梁に引掛りさうではらはらした。

明日は堂下げの儀。少し街中も渡禦するらしい。気分は早くも三社祭か。

見上げると、五重塔に半月がかかつてゐた。

おお

| 04:15

あおやぎさんの日記がはじめてアンテナ捕捉された!(ォィ

今日のゲーム(三月二十七日)

| 03:46

FORMULA ONE 2002(PS2,SCE)Formula One 2002

マレーシアGP土曜プラクティス二回目。セッティングがどーもよくわからん。フロントにキャンバー角をつけると、コーナーで却つてアンダーが出てしまふのだが、さういふもんか? 高速コーナーでは少し安定するかな、といふ気はするが。てか、安定する=アンダー気味になるといふことか。うーむ。結局、下手に弄るよりデフォルト設定の方が速いんだよな。

走りの方は、一セク二セクはかなり速くなつた。そのペースを維持できればトップタイムをマークできるのに、三セクで二秒落ちてしまふ。実質ブレーキを踏むところはサンウェイラグーンと最終コーナーの二箇所しかなく、そこで遅いといふこと。うーん、パンターノブルーニを馬鹿にできんなあ。あそこは本当に難しい。

で、そのまま予選。なかなかクリアラップがとれずにいいタイムが出なかつたところへ、最後のチャンスと思つて出た四回目のアタック(ああ懐かしや十二周制限ルール)。デグナー似の九コーナーで痛恨のコースアウト、哀れマイケル君は十四番手からのスタートと相成つたのでした。

あおやぎあおやぎ 2004/03/27 04:31 検出範囲の設定がまずくて(?)更新されてないと判定されていたみたいです。とある方が直してくださったそうです。ちなみに、こっちのシステムは何も変えてないです。

yms-zunyms-zun 2004/03/27 04:32 あ、さうでしたか。何にせよよかつたです。

higeorangehigeorange 2004/03/27 23:03 五重塔の写真すてきです。

yms-zunyms-zun 2004/03/27 23:29 褒めていただいて嬉しいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040327

2004年03月26日金曜日

キーワードモデレーションシステム案

| 18:39

キーワードモデレーションシステム案といふキーワードがid:hatenadiaryによつて作成されてゐる。現時点でまだ中身はないが、気にかかるなあ。

コメント求む:キーワードって何?といふキーワードも出来てゐるので、http://www.hatena.ne.jp/1080203768 絡みで意見を述べた方もこちらに改めてリンクを張られるのがよいかと思はれます。

といふか、アンケートはてなに言及した日記は「このアンケートを含む日記」として表示されるとかうした議論の際には有益ではないでせうか>id:hatenadiary


とりあへず例示された「オンドゥル〜」にわろた。それはさておき。

概要

  • はてなダイアリーキーワードは、キーワード作成者以外の複数のはてなダイアリーユーザーにとって有益な言葉のみ登録可能とする
  • キーワードの品詞を問わない
  • 各キーワードには、はてなダイアリー市民が投票可能な賛成・反対のアンケートシステムを設置する
  • はてなダイアリー市民は、アンケートシステムを用いてそのキーワードが「キーワード作成者以外の複数のはてなダイアリーユーザーにとって有益」であるかどうかを投票可能である
  • 全得票数のうちの、賛成票の割合をスコアと呼ぶ(例えば0〜10)
  • はてなダイアリーユーザーは、自分の日記に自動リンクするキーワードのスコアのしきい値を設定可能である(例えば5以上など)
  • しきい値が一定割合以下のキーワードは、自動的に削除される(例えば1以下など)
  • 各ユーザーがこれまでに作成したキーワードを、第三者が一覧として閲覧可能とする
  • 各ユーザーがこれまでに作成したキーワードの数と、そのうち自動削除された数を第三者が閲覧可能とする
  • あるユーザー(A)がキーワードを作成する際、以下の数字がキーワードの得票数として作成時に設定される
    • Aが作成したキーワード数 - Aが作成して削除されたキーワード数 => 賛成票
    • Aが作成して削除されたキーワード数 => 反対票
    • あるユーザーがこれまでに作成したキーワードがどのように評価されているかを、次の新キーワードの評価として反映する
http://d.hatena.ne.jp/keyword/キーワードモデレーションシステム案:title=キーワードモデレーションシステム案]

面白いと思ふ。賛成といふか、このシステムが実装されたものをぜひ見てみたい。

今日のアルバム(三月二十六日)

| 16:37

FAMICOM 20TH ANNIVERSARY ORIGINAL SOUND TRACKS VOL.2 (ASIN:B0001FAFOK)ファミコン 20TH アニバーサリー オリジナル・サウンド・トラックス VOL.2

ファミコンオリジナル音源復刻版その二。

何とも形容し難いラインナップだ。VOL.1の任天堂サウンドと比べると、同じ音源でもこんなに差があるものかと感じてしまふ。

「じゃじゃ丸君」の開発に携わつた人の向ひの席で仕事をしててこんなことをいふのも何だけど、アイレムとジャレコのタイトルより他に入れるものがあつたんではないか、といふ気もする。ハドソンなら「ナッツアンドミルク」と「ロードランナー」「ボンバーマン」とか。北海道つながりで「ヴォルガードII」とかさあ。つよいーぞれーざー。「スペランカー」は近年の妙なリスペクトがあるから分らないでもないが、「スクーン」はなあ。ファミコン初期のシューティングとしてはかなり面白い方だつたとは思ふけど、曲は覚えてないや。

でもまあ、「ヘクター'87」と「迷宮組曲」があるから満足だ。ヘクターの曲は泣けるよ。ゲームも難しすぎて泣けるけど。「迷宮組曲」を自力クリアしたのも懐かしい思ひ出。

音源トラックサルベージ

サターン用ソフトのサウンドトラックをサルベージ。「ガンフロンティア」の様なものが入つた銀色の円盤にも一応使ひ道があつてよかつた。


「何でファミコン時代のジャレコの音楽つて、どれも曲自体は悪くないのに耳障りな高い音だつたんですか?」と訊ねてみたら、「作曲してOKが出た後に、玩具屋でよく聞こえる様にキーを五度上げるのが上からの命令だつた」とのこと。へェーつていふか、作曲者もたまりませんな。

今日のゲーム(三月二十六日)

| 03:18

FORMULA ONE 2002(PS2,SCE)Formula One 2002

マレーシアGP土曜プラクティス一回目。コースに馴染めば馴染むほど、琢磨と同じところでミスする様になつた。二セクチェックポイントの後、サンウェイラグーンへ向ふ十二コーナーから十三コーナー。見た目に緩いんでついアクセルを踏み込んでしまひ、ズルズルとスピン。あれさへなけりや、いいタイムが出たのにと思つた途端雨が降り始める。みるみるグリップがなくなり(単にスリップし易くなるのでなくコーナーで踏ん張れなくなつていくのが何ともリアル)、たまらずにピットに戻つて雨用のセッティングを探つてゐるうちに時間切れ。四十五分は短いなう。

エスプガルーダ(AC,CAVE/AMI)

アゲハ使用で最終ボス第二形態まで到達。PS2版発売前に全クリを目指したい。PS2版を買ふかどうかは別として。

roverrover 2004/03/26 16:44 ス、スクーン………

yms-zunyms-zun 2004/03/26 16:46 おや、もしかして‥‥?

usui_soupusui_soup 2004/03/27 00:03 玩具屋でよく聞こえる様に<( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー。しかし、アーティストを舐めた仕様ですな。偉い人は…(以下略

yms-zunyms-zun 2004/03/27 00:16 つか、この場合舐められてるのは調子つ外れな音楽を延々聞かされる「実際に買つた」お客なわけでして。明るい店頭で見栄えがする様にコントラスト最大で出荷されるテレビ(宣伝文句のシールベタベタ)、なんて類例もありますな。

2004年03月25日木曜日

薬漬け

| 00:15

風邪薬のせゐか、一日中とにかく眠くて仕方がない。

寝る。

ロリコンのリロンブソウ

| 14:42

ロリコンだらうが何だらうが、己の性的嗜好世間に対して剥き出しにしてるのがをかしいんだつてばさ。どんな趣味を持たうと勝手だけれど、人目に曝していいものと悪いものがある。曝すべきでないものを曝せば嫌悪感を持たれるのが当然。それが社会といふものだ。「オタクだからこそ女の子を守ります」宣言なるものを見てをかしいと思ふ点はそこだ。

某大監督が本当にロリコンだつたとしても、彼の作品からロリペド臭は漂つてこない。きちんと作品として昇華してゐるから世界的に評価されもするんだ。

臭いものを剥き出しのまま置いておくな。

キーワードとは何か

| 18:20

はてなダイアリーキーワードについて新たな動きの兆候あり。

上記を踏まえて実施されてゐるはてなアンケートがこれ。

はてなスタッフよりはてなダイアリーユーザーにお聞きします。はてなダイアリーキーワードを、「百科的情報が期待されうる名詞」ならびに「多くのユーザーにとって有益であるため固有名詞化されたキーワード」のみ登録可能とする変更を検討しています。あなたはどう思いますか。

アンケートはてな

どう思つてゐるのだらう。考へてみた。

キーワードの存在意義は、主に2つあると考えています。

  1. 同じキーワードを使っている日記を探しだすことができる(自動リンクシステム的側面
  2. キーワードについての有益な情報を得ることができる(百科事典的側面)

自動リンクシステム的側面のみが期待されるキーワードについては、Googleなどの検索エンジンを用いるこで代替が可能です。

誰もが知っている言葉の意味を単に記述するという辞書的なキーワードについては、情報の有益性が希薄です。

自動リンクシステム的側面が期待できず、百科事典的側面のみが期待できるキーワードは存在しにくいと考えられます。

はてなダイアリー日記:はてなダイアリーキーワードとは何か

個人的に、はてなダイアリーキーワードの存在意義は1の方が大きいと感じてゐる。「捕捉目的ならgoogleでsiteオプションを使へ」といふ説はhirusai騒動の時に捻り出されたものだと記憶してゐるが、自分はこの考へには反対する。当時賛成したかどうか覚えてゐないが、たぶんどちらの意志も示さなかつたと思ふ。反対する理由は、「日記を書きたければHTMLファイルをFTPサーバに上げろ」といふのと質的に同じだからだ。他に手段があるから、で済むならはてなダイアリーを選ぶ必要はない。はてなダイアリーを選ぶからにはそれにしかないメリットがあつて、キーワードリンクによる他の日記への繋がりはそのなかでも大きなものの一つだ。

2については、個人的にはあまり期待はしてゐない。百科事典的な数と内容の充実を目指すと、キーワードは荷が重いものとなつてしまふ。キーワードの解説に書かれてゐることは「嘘でなければいい」くらゐにしか考へてゐない。

ユーザーが自由に作り上げる辞典的なもの、といふ連想でよくWikipediaとの類似点が指摘されるが、Wikipediaに習ふべき点は多々あるとしても同じ方向を目指す必要はないと思ふ。Wikipediaに倣つて「はてなダイアリーキーワードは何でないか」といふ記事を書くなら、その筆頭に「はてなダイアリーキーワードはWikipediaではありません」と書きたいくらゐだ。

キーワードはあくまでダイアリーの補助機能としてあればよい、といふか初めからさういふものだつたはずだ。だから、ダイアリー中に登場する単語は等しくキーワード登録され得るものだと思ふ(あくまで可能性の話)。その上で第三者による言及の全くないキーワード、リンクはあつても誤爆だらけといふキーワードについては取り除かれても仕方のないものだと考へる。

個人的に「をかしいな」と思ふのは、キーワードの解説本文から新たに別のキーワードが作れてしまふことだ。このために、誰のダイアリーにも登場しないキーワードが多数作られることになる。やり様によつては、自分の日記には登場しない言葉をあてこすりのために登録することが可能となるわけだ。appendしたユーザーの日記に当該キーワードが含まれてゐない場合は登録されないといふ処置があつてもよいのではないか。あるいは、キーワードの解説文からは新たなキーワードを作れない様にするか。閑話休題

キーワードの存在意義を上記の様に考へるため、普通名詞の是非については自分は問はない。日記を書くたびに、自分にとつて必要なキーワードとさうでないキーワードを「キーワードを編集」画面でより分けるのは、自分の書いた文章に責任を持つといふ意味で当り前の作業だと思つてゐる。この作業自体を簡略化するアイデアは歓迎だが、「キーワードリンクうざい」→「普通名詞イラネ」といふ短絡な発想には反対したい。

‥‥といふ考へを上記アンケートに反映するには、どう回答したらよいのだらう。困つたな。とりあへず、捕捉用キーワードといふ機能の必要性を訴へるために「反対」に票を投じておくことにする。日記で言及されたことのない百科事典的キーワードの方こそ不要とも思ふし。


キーワード捕捉の代替えとしてはgoogle検索よりBulkfeeds的なRSS検索(Bulkfeeds:大地讃頌でItemを検索がそうです)のほうが近いのでは。検索機能を導入できないだろうか。

id:yukatti:20040325#p3

なるほど、せつかくRSS配信をしてゐるのだから、はてな自身がそれを利用しない手はないですね。

能動的な検索だけでなく、おとなり日記みたいな感じにアバウトな捕捉一覧が実装されれば面白さう。ていふかそれが実現したらキーワード不要派に転向さへしかねない。

おとなり日記が停止してからそろそろ半年か‥‥


<追記>コメント求む:キーワードって何?にリンクしてみる。

くつ付けた 組み込んだ いろんなものをゲットした

| 21:30

あやのたんからのリンクがキーワード塊魂からのリンクを凌駕すべく成長中。ていふかもう超えた。


家に帰つたらとんでもないことになつてた。コタツの足元をうろちよろしてた塊がオレをコタツごと剥ぎ取つて行つた様な心境。

今日のゲーム(三月二十五日)

| 03:01

FORMULA ONE 2002(PS2,SCE)Formula One 2002

寝てない(あかんがな)

引続きセパン。金曜プラクティス二回目。だいぶラインをトレースできる様になつて、マイケル君はモントヤの三秒落ちくらゐのところに迫つてきた。これでも今年の予選タイムくらゐは出てるんだが。一分三十秒を切らないとトップは取れないのか。

一セクはCPUより速いのだが、二セク三セクが遅すぎる。まだミスの確率も高いし、土曜プラクティスで問題を解消したいものだ。

バトルギア3(PS2,TAITO)バトルギア 3

久々にイベントレース参加。ミツビシ車限定、超上級逆走。きつと上位はSクラスのちゅどーん車ばかりだらうが、そんなことはお構ひなしに三菱唯一のBクラス*1生エボ3で挑戦するのである。今三分五十七秒台で七十位。一つ上のエボ3がオレより三秒も速くて悔しい。

それにしてもF1ゲームの直後にやるとあまりの感覚の違ひに戸惑ふばかりだ。ガチガチのソリッドな走行感に馴れたあとでは、BGはフニャフニャに感じてしまふ。良し悪しではなくて、さういふ根本的な違ひがまた面白い。

*1:ウソ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040325

2004年03月24日水曜日

見てやらねっと

| 13:30

なんか、キーワードとかはてなダイアリー日記寄生したリファスパムが飛んで来てるな。uze.

ペンペン草一本残らない

| 16:20

何となく「ピクミン2」のことが気になつた。

そもそもピクミンてどんなゲームだつけ、と思ひ出さうとした。

さう、広い庭にピクミンたちが群れをなしてゐるんだ。

すると何か大きいものが転がつてきて、ピクミンたちをすべて巻き込んで行つてしまつた。

思ひ出し失敗。

サウンド魂

| 19:18

とにかく耳に残る塊魂のサウンド。豪華といへば超豪華、微妙といへば超微妙な顔ぶれが、ただのタイアップでない塊魂に満ちた歌を聞かせてくれる。‥‥なんかこの感覚、初めてぢやないんだよな。さう、アレだよ、「ビデオゲームグラフィティ」の一連のアレンジ曲。

アルファレコード(GMOレーベル)やポニーキャニオン(サイトロンレーベル)にやや遅れる形でビクター音産がゲーム音楽ジャンルに手を着けたとき、最初にフィーチャーしたのがゲーム音楽ジャンルの祖であるナムコの曲だつた。全編フルアレンジで、B面はラジオドラマ仕立てでボーカル曲化といふ当時誰もがぶつ飛んだ企画。その後の「VGGシリーズ」は普通のゲームサントラシリーズとして落ち着いたが、時々やはりボーカル曲を思ひ出した様に忍ばせてくるから気を抜けなかつた。傍流の「アラモード」シリーズも含めるとこんな感じのラインナップになる。

などなど、どう評価していいのか分らない様な顔ぶれが、そのゲーム特有のキーワード満載の歌を熱唱してゐるわけだ。最後のは、まあそのまんまだが。

塊魂のBGMは、さういふ豪華なパロディ企画の様なことをゲーム内でやつてしまつた感がある。だからどうだといふわけではないが、なんといふか「avexのアーティストをフィーチャリングしましたー」とかいふのとは一線を画してゐる気がしないか。

チェゲダ。ファンキダ。ミンナダマッテオレニツイテコイ。カモ。

ハルのウララのミナルディ

| 03:45

ハルウララという競争馬のことについてはネットのあちこちで見かける程度のことしか知らないけれど、そのブームを支へる意見の中に「負け続けても走り続ける姿に感動」云々とあるのを見ると「何やそれ」と思はざるを得ない。マキバオーぢやあるまいし、馬自身が勝ち負けを意識して不屈の闘志で走つてゐるわけではあるまい。

人間が出走させるから馬は否応なく走るのであつて、そこに変な物語を被せて喜んでもなあ、と。素晴しい馬といふのがどんな馬かオレには分らないけれど、やはりそれはトラック上で素晴しい走りをする馬なんぢやないのか。

その点で、ハルウララを応援(といふよりむしろヲチ)するのと野球やサッカーF1の弱小チームを応援するのとは質が違ひすぎるだらう。後者には、新しいシーズンを迎へるたびに「今年こそはもしや」と期待する余地がまだある。

で、無理矢理話をつなげてミナルディの話。「今年はもしや」といふ期待は早速打ち砕かれたといふか、さすがに誰も期待してなかつたとは思ふが、それでも一昨年の開幕戦や昨年のフランスGP予選の様なことがあるからつい期待してしまふ。とはいへ一昨年はウェバー、昨年はフェルスタッペンといふ役者がゐたからまだ良いが、今年はどうか。バウムガルトナーは論外として、ブルーニがどこまでやれるかだな。

ミナルディといふチームを見限れないのは、オーナーがポール・ストッダートに代つてもなほ、創設者のジャンカルロ・ミナルディが一スタッフとしてチームに残つてゐる点にある。組織的にどうであれ、とにかくF1といふステージに立ち続けるその意気。簡単なことぢやないぞ、あのやり手のトム・ウォーキンショウやネームバリューは超一流のアラン・プロストだつてF1チームを維持できなかつたのだから。

創設以来万年ビリの様なチームにも輝く時はある。89年のエストリルでは予選五位、ヘレスで四位、そしてアデレードでは三位。今とは状況が全く違ふにしても、当時だつて特別恵まれてゐたわけぢやない。

今年はさうだな、ジョーダンはともかくとしてトヨタよりいいリザルトを残したりなんかしてくれたら楽しさうだ。それから願はくば、中堅チームと同じペースで走れるくらゐの速さは持つてゐてほしい。

今日のゲーム(三月二十四日)

| 03:57

FORMULA ONE 2002(PS2,SCE)

久々に走つてみた。コースはセパンで。しかしバトルギア慣れしすぎてしまつて、全然まともに走れない。走りのセオリーも、画面上で表現されてゐるものも全く異なる。

ブレーキングシフトダウンは同時にしないとエンジンがすぐストールしてしまふし、コーナーでは「膨らんだ」と思ふ間もなくクルマはフェンスとお友達。ラインは一本、そこから外れない速度を常に保つこと。直線でフル加速→コーナー手前で減速、では割切れない難しさがある。

結局マイケル君はミナルディにもはるかに劣るタイムしが出せなかつた。悔しい。

*1:タラちやんの声の人

tachytachy 2004/03/24 16:56 いきなり来て失礼ですが,言わせてください。『ミナルディ』は90年の開幕戦では予選2位だったってことを…。失礼致しました。

yms-zunyms-zun 2004/03/24 17:00 さうでした! 「たしかフロントローの時もあつたよなー」と思ひつつ、89年の記録ばかり調べてました。有難うございます。あのレース、アレジのことばかり印象に残つてて‥‥

tachytachy 2004/03/25 16:00 いえいえ…。久しぶりに“ピエロルイジ=マルティニ”を思い出させていただき,ありがとうございました(笑)

2004年03月23日火曜日

ダウソ

| 13:52

今日も伏してゐるのです。

大美人

| 14:04

http://www.d3p.co.jp/s_20/fs_s20_050.html

id:mutronixさん経由。パッケージは結局普通だつた。つまんね。

てか、かういふ扱ひを受け続けるギャルゲキャラつてのもどうか。オリジナル(何だつけ)のファンはどう思つてるのかねー。客層も全然被つてなさげだが。

それとも世の中には理保たんゲーは全部買ふといふ人もゐるのだらうか。

紙一重マークアップ

| 22:04

http://members.jcom.home.ne.jp/w3c/omake/diary.html">闇黒日記経由でSpoken Language Processing panel discussion May-95。長文なのに全て太字*1でひどく読みにくいなあ、どうせ物理タグ使ひまくりでスタイルシートオフも効かんだらうなあ、何かのツール使つてんのかなあと思ひながらソースを見て愕然とする。

<HEADER>
<TITLE>Spoken Language Processing panel discussion May-95</TITLE>
</HEADER>
 
<BODY>
<H3>
<PRE>
 
(本文)
 
</PRE>
</H3>
 
<HR>
<A HREF="http://www.slp.tutics.tut.ac.jp/">Go to the Nakagawa Lab.'s Home Page</A> <P>

</BODY>

ただ凄いとしか。フォントサイズ指定のためにh3さへ使つてなければある意味strictといふのがまた何ともいへぬ味はひ。あ、最後の一行がお尻pなのでダメか。

あー、まだ本文読んでません(笑

言文一致幻想

| 23:10

(承前)で、Spoken Language Processing panel discussion May-95に書かれてゐる内容をテキストエディタで読んでゐるわけだが、これがまた非常に読みづらい。文章を目で追つても内容の半分以上が脳の後ろへ素通りしていく感じがする。その理由はやはり話し言葉の書起し文であるからで、この様な文章は記録のためのものであつて意味内容を読みとるためのものとしてはあり得ない。

上掲の文章にしても「あー」とか「ええと」とかいふ話し言葉特有のノイズは排されてゐる訳で、それでも文の結びがはつきりしないのが日本語の話し言葉である以上、どうしても読む時にはそれが障碍になつてしまふんで、それを何とかしようと思つたらこれから話す内容を頭の中で完成させて推敲まで済ませてから話すしかないんであつて、さういふことは現実にはできるわけがないといふか、それでは会話のリズムが損はれたり話し始める前に他の人に割込まれたりするわけで、しかもさうしてカッチリ出来た文章が耳から入つて来た時に理解し易いかどうかといふ問題もあつて、結局書き言葉と話し言葉は別物だと認めるしかないんぢやないかな、と思ふわけで。

*1

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040323

2004年03月22日月曜日

地上波で再見

| 00:05

開幕は仕事だつたんでスルーしたけど、今回は仕事しながら流し見。結局仕事だが。

スタートの瞬間、トゥルーリとバトンはもろに当たつてるよな。よく何事もなかつたもんだ。序盤の雨は画面に雨粒がはつきり映るほど。CSの画質では見えなんだ様な気がするが、時間の半分はタイミングモニタを見てるので定かではない。

しかし五周目にはドライのラップタイムに戻るんだから、それだけ暑いといふことだつたのか。

琢磨のスピンはもう本当に何といふか、そろそろ言ひ訳できないところまで来てるんで今後一切禁止したいところだ。それはそれとして、スタート後を含めて全スティントではじめの数周だけ異常に速くて(モントヤに匹敵した奴はさうゐない)、後半ペースダウンしたのはどういふことか。タイヤのタレが重量減より影響を与へたといふことかもしれんが、タイヤの使ひ方が下手といふ可能性もある。結果論だが、二回ストップはラップタイムベースで見れば明らかに失敗だつた。三回ストップでスピンがなければアロンソより遥かに前だつたらう。

私見では、エンジンブローも含めてかなりマシンに厳しい走りをした模様。巧さと速さならまだ速さを見せるべき時かもしれないが、とにかくチェッカーを受けてほしい。今のマシンなら、言つちや悪いが完走すれば点は取れる。しかしそれもせいぜいモナコまでだ。彼のキャリアにとつて、今が一番厳しい時ぢやないかな。

琢磨がんばれ。超がんばれ。


地上波の解説で森脇基恭氏が「琢磨は2ストップでもタイヤを上手く使へてる」と発言したさうで、だとするとオレとは全く正反対の見解になるわけだけど、でもそれはリップサービスでしかない気がするなあ。いくらなんでも贔屓の引倒しだよ。各周のラップタイムのチャートが示せれば一目瞭然なのだが。

試しに次のレースからは全周回の画面キャプチャを取つてみよう。タイミングモニタはJAVAアプレットなので普通にコピペできないのが面倒。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040322

2004年03月21日日曜日

オィーッス!

| 15:35

どうした、まだまだ声が小さいぞ。オィーッス!!

オレたちはこんなに元気ですよ、チョーさん。安らかに。

日記といふもの

| 19:47

千年前に男もすなる日記といふものを女もしてみむとてすなりと書かれた最古のネカマ日記*1は世に公開された著作物だつた。同様のものは日記文学として一ジャンルを形成してゐる。だからといふのが妥当かどうかは分らないが、適宜覚書:内界の価値付けで取沙汰されてゐる人の目を意識し努力して書く文章を日記とは呼びません。といふことに対して、何故だらうと疑問に思ふ。DACさんが指摘されてゐる系列にそった記録としてのみの側面のみしか書かれていない。といふ辞書の定義で不充分なのだらうか。blogと日記の関係やフィードバックの可能性などに絡めて色々人により思ふところがある様だが、だからといつて日記といふ言葉の意味をわざわざ狭めなくともよい気がする。

ぶつちやけた話、書いた人が日記と言へば日記だ、くらゐの緩い認識で困ることがあるのだらうか。逆に自分は日記を書いてゐるつもりはないと言ふならそれは日記ではないのだらう。何にせよ努力云々は別次元の話だし、公開非公開は全く無関係だ。懸命に書かれた日記といふものもあるだらうし、あつて良い。日記が気楽でなければならないなどと、いつ決まつたのか。

オレの日記は書きたいから書いてゐるし書くからには読者を意識してゐる*2けど、日記以外の何かだと名付ける必要を特に感じないものだ。たぶんはてなダイアリーで書いてゐるから誰もこのことに異存ないだらうけど、はてな以前から形式は変らないしはてな以外のブログツールに移つても多分同じだと思ふ。

何といふか、一言で日記といつても日記文学や日誌、交換日記などメディアや用途によつて幅があるのだから、WEB文書として互ひに参照・言及され得るものといふ意味を加へたら良いのではないかと。日記も世につれ。

以上、あくまで「日記」といふ言葉の範囲内で思つたことでした。

今日のゲーム(三月二十一日)

| 02:00

塊魂(PS2,namco)塊魂

おとめ座で何%取れるかに挑戦。190人、95%までは行つたがあと十人(だよな?)の居場所、或は有処が分らない。どこに隠れてゐるやら。


それにしてもBGMが良すぎるので早くアルバムを発売してほしいなあ。

*1:ネットぢやないけど

*2:もちろん記事内容によりバラつきはある

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040321

2004年03月20日土曜日

ダメ街道

| 05:54

結局熱を出して寝て、起きて転がしてまた寝る。トイレにすら行かなかつた二十四時間。

こんな阿呆は死んでも構はないんと違ふかと半ば真剣に思つた。

ほんとに雑談つふか独言

| 18:37

なんか、やはり何かの原理主義者ぽいやうなことを俺が書いたんだらうか、とか。関係ないさうです。失礼しました。

今日のゲーム(三月二十日)

| 18:27

塊魂(PS2,namco)塊魂

一通り遊び尽したかな、といふところ。「星をつくる8」の流れ星がどうしても出せない。イトコ集めは適当に。星の大きさはすべて王様を満足させるところまで到達、エターナル3つも獲得。星座づくりはまだ適当。牛乳パックも牛のうちですか。で、実はスタッフロールが結構難しい。コンプリートは195だ、頑張れ!

今は「星をつくる1」の記録に挑戦中。19cm2mmが最高記録、もう限界ぽい。


すべてに渡つてクオリティの高い歌やビジュアルも凄いけど、やはりPowers of 10を思ひ出させるスケール感の変化が醍醐味だな。特に「星をつくる8」で実感するのだけど、もう巻込める物が一つもない状態、高空からのカメラで街一つを蹂躙し尽すほどの大きさまで転がした後でステージの最初からやり直すと、そこは自動車のボディの下、目の前にはネズミ。このギャップにクラクラした。子供の頃によく見た悪夢を思ひ出す。Powers of 10な夢をあなたは見ませんでしたか?

あと、全然関係ないんだけど妙に「ジェットセットラジオ」を思ひ出すなあ。通底してゐるものに似たところが多いのだらう、一つ一つを取上げて並べるのは不毛だからやらないけれど。

usui_soupusui_soup 2004/03/20 17:32 そんなんで死んでいたら、スウプは月に数回死んでないとならんですヽ(´ー`)ノ。

yms-zunyms-zun 2004/03/20 17:51 いや、何をしたか(しなかつたか)より何故さうしたか(しなかつたか)がこの場合問題でして。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040320

2004年03月19日金曜日

今日のゲーム(三月十九日)

| 04:02

塊魂(PS2,namco)塊魂

あかん、めちやくちやオモロい。頭痛そつち除けでスタッフロール出るまで遊んでしまつた。進行度合は途中もいいところだけど。

このゲーム、五十万本を目指すとのことだが*1、五十万人の目にしか触れないなんてことがあつていいものか。

*1:といふ話を読んだ気がするがもはや記憶が定かでない

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040319

2004年03月18日木曜日

CSS再構築(その八) 日記のレイアウト残り

| 01:34

さて、残りを片付けようぞ。

日記本体のレイアウトが済んでない部分から。まづcalenderモジュールだ。基本はdiv.dayと同じなので、そこの設定部分をdiv.day,div.calendarといふ併記に書き直す。その上で差分の定義を追加。

/* calendarモジュール */
 
div.calendar { 
    margin:0 ; /* 外側余白 */
    padding:1em ; /* 内側余白 */
    font-size:80% ; /* 文字サイズ */
    line-height:1.2em ; /* 一行の高さ */
    }

これで日記部分の枠が揃つた。もう勝つたも同然だ(何が)。

この勢ひでコメント欄と脚注欄も一気に片付ける。

/* コメント欄 */
 
div.comment { 
    margin:0 ;  /* 外側余白 */
    background-color:#363 ;  /* 背景色 */
    border-top:1px #999 solid ;  /* 上に罫線表示 */
    }
 
div.caption { 
    padding:0 1em ;  /* [コメントを書く]部分の内側余白 */
    border-bottom:1px #999 solid ;  /* 下に罫線表示 */
    }
 
div.commentshort p { 
    margin:0 ;  /* 外側余白 */
    padding:0.5em 1em ;  /* 内側余白 */
    border-bottom:1px #696 solid ;  /* コメントの下に罫線表示 */
    line-height:1.4em ;  /* 改行幅設定 */
    }
/* 脚注 */
 
div.footnote { 
    padding:1em ;  /* 内側余白 */
    background-color:#666 ;  /* 背景色 */
    border-top:1px #999 solid ;  /* 上に罫線表示 */
    line-height:1.2em ;  /* 改行幅設定 */
    }
 
div.footnote p {
    margin:0 ;  /* 脚注段落の余白キャンセル */
    }
 
span.footnote { 
    font-size:60% ;  /* 本文中の脚注アンカーの文字サイズ */
    }

なんだかんだで設定すべき項目は多い。marginやpaddingは極力減らしたいが、なかなかさうもいかないな。これでも最小限に留めたつもりだ*1サンプル文書10

続いて、デフォルトで付与されてゐるスタイルを忘れずに書いておく。一つはワード検索時のハイライト表示用、もう一つは写真の配置用。特に説明は不要だらう。

/* はてなデフォルトスタイル */
 
span.highlight {
    color: black;
    background-color: yellow;
}
img.photo {
    margin:1em ;
    border: none ;

CSS再構築(その九) ヘッダのメニュー

| 02:47

あと、放置されてゐるのはヘッダ部分にある大和但馬屋ナビゲーションメニューだ。

ここはh1要素とセットではてなヘッダの偽装を狙つてゐる。

/* ナビゲーションメニュー */

ul.tab { 
    font-size:96% ; /* 文字サイズ */
    list-style-type:none ;  /* リスト項目の先頭マークをキャンセル */
    margin:0 ; /* 外側余白 */
    padding:0.2em 0 ; /* 内側余白 */
    color:#fff ; /* 文字色 */
    background-color:#77bac1 ; /* 背景色 */
    border-bottom:1px #276d75 solid ; /* 下側の罫線 */
    text-align:right ; /* リスト項目を右揃へに */
    }
 
ul.tab li { 
    display:inline ; /* リスト項目を一行に収める */
    margin:0 0.5em ; /* 外側余白 */
    }
 
ul.tab li a { color:#daeef2 ; background-color:transparent ; } /* リンク色 */
ul.tab li a:hover { color:#fff ; background-color:#933 ; } /* マウスロールオーバー */
 
form.hatena-searchform { 
    display:inline ;  /* 検索フォームを一行に収める */
    font-size:80% ;  /* 検索フォームの文字サイズ */
    }

やつてゐることははてなヘッダの真似だが、テーブルレイアウトにより表現されてゐるヘッダをリスト要素で再現するのは限界があるので、検索フォームの位置が本物とは異なつてしまつた。勝手に許容範囲とさせていただく。サンプル文書11

さらに、勝手ついでに有料オプションを行使してはてなヘッダを非表示にする。id:adramineさんの提唱する「ヘッダを工夫してはてなダイアリーらしさを」といふ考へもそれはそれで良いものだと思ふけれども、やはりh1要素よりも前に、よりによつてテーブルレイアウトの項目が並んでゐるのは好みではない。h1とリスト要素ではてなヘッダを再現することではてなダイアリーらしさといふものへの敬意に換へたい。

さて、レイアウトに関する設定はほぼ終つた。あとは本文中に登場する様々な要素に関する設定を片付ければおしまひだ。

CSS再構築(その十) 最終回

| 04:18

さて一気に行くぞ。もう疲れたし。笑。日記内で私が多用する要素から順にいかう。

まづは引用関係。

blockquote { 
    color:#fff ; 
    background-color:#036 ; 
    line-height:1.5em ; 
    border-width:1px 2px ; 
    border-color:#69c ; 
    border-style:solid dashed ; 
    margin:1em 0 ; 
    padding:0 1em ; 
    }
 
blockquote cite {
    display:block ; 
    font-style:normal ;
    fint-size:80% ; 
    text-align:right ; 
    margin:0 ; 
    }
 
q { 
    color:#fff ; 
    background-color:#036 ; 
    border:1px #69c dashed ; 
    }

blockquoteのサンプル

id:yms-zun:title

こんな感じになる。q要素はかうだ。blockquote要素をはてなの省略記法で書くと引用元の明示が行へないので、原則的に使はないことにしてゐる。字下げ目的に使ふなんて論外なのでそんな解説をしてゐる本またはサイトは以下略。

続いてリスト関係。

ul,ol,dl {  /* 箇条書きリスト、番号つきリスト、定義リストのまとめ設定 */
    font-size:100% ; 
    line-height:1.5em ; 
    margin:0 ; 
    padding-left:1em ; 
    list-style-position:inside ; 
    }
 
div.main ol {  /* 日記本文内にある番号つきリスト */
    margin:1em 0 ; 
    padding:0 ; 
    }
div.main ul {  /* 日記本文内にある箇条書きリスト */
    list-style-type:none ;
    margin:1em 0 ;
    padding:0 ;
    }
div.main li {  /* 日記本文内にある箇条書き・番号つきリストの項目の装飾 */
    border-width :1px 0 ;
    border-color:#999 ;
    border-style:solid ;
    color:#fff ;
    background-color:#666 ;
    margin:0 ;
    padding:0.2em  ;
    }
 
dt {  /* 定義リストの定義語部分 */
    line-height:2em ;
    font-weight:bold ;
    padding:0.5em 0 0 0 ;
    border-bottom:1px #fff solid ;
    }
dd {  /* 定義リストの説明文 */
    padding:0 0 1em 0 ;
    }

それぞれかうなる。

  • 箇条書きサンプル
    • 入れ子の箇条書き
  • もひとつ箇条書き

それから

  1. 番号つきリスト1
  2. 番号つきリスト2
  3. 番号つきリスト3

もひとつ

定義リスト1
説明文1
定義リスト2
説明文2

文字装飾関係、といふか強調。

em { 
    font-size:100% ; 
    font-weight:bold ; 
    font-style:normal ; 
    }
 
strong { 
    font-size:120% ; 
    font-weight:bold ; 
    font-style:normal  ; 
    }

em要素による強調と、strong要素による強調。いづれもイタリック体はキャンセルしてゐる。日本語フォントをイタリック体で表示すると強調どころか弱弱しく見えると思ふがどうか。可読性も下がるので、私は好かない。

その他、雑多なもの。

hr { margin:1em 0 ; }
 
pre { 
    font-size:100% ; 
    line-height:1.5em ; 
    padding:0 0.5em ; 
    }
 
div.section table { 
    margin:1em ; color:#fff ; 
    background-color:transparent ; 
    font-size:80% ; 
    }
td.lead { color:#fff ; background-color:#339 ; }
td.behind { color:#fff ; background-color:#933 ; }

table要素はバトルギアのタイムを示すのに多用する。td要素の"lead"と"behind"はその時のタイム比較用なので、他人の参考にはならないだらう。

それから画像表示関係。

img.right,img.left { 
    float:right ; 
    margin:10px; 
    border: none ;
    }
 
ul.catalog { 
    list-style-type:none ; 
    padding:2px 16px ; 
    background-color:#336 ; 
    border-color:#999 ; 
    border-width:4px 0 ; 
    border-style:dotted ; 
    }
 
ul.catalog li { 
    display:inline ; 
    margin:4px 2px ; 
    padding:0 ; 
    }

imgのクラス名"right""left"はまつたく正しくない。私が悪かつた。過去に遡つてクラス名を変へるのも面倒なので、それは後日の課題とする。とりあへず今はleftであつても右寄せで配置してしまふことにした。

ul.catalogはモーターショーのレビューの時に産み出したスタイルだ。自分としてはわりと気に入つてゐる。

最後に、小見出しに表示されてゐる更新時刻表示を非表示にして、一応スタイルは完成。

.timestamp { display:none ; }

とりあへず、作業としてはここまで。細かいデバッグや調整も施した完成版スタイルをid:yms-zun:20030106に置いた。

また後でこの作業を通じて感じたことなどを記していきたい。

追記(2006.11.08)

はてなダイアリーのテーマを公開する機能がついたので同じスタイル(とヘッダとフッタ)をはてなダイアリーに公開した。参考にされる方はインポートなどされるとよからう。

ただしヘッダやフッタは現状の当日記のものをそのままコピペしただけで到底他者の使用に耐へるものではないので、適宜変更されたい。

CSS再構築まとめ

| 14:57

一通り作業を終えて、再構築前のものと見比べてみた。細かいところが随分異なるけれども、もちろん作り直した今の方がオレは良いと思つてゐる。

そんな瑣末な部分は良いとして、今回デザイン自体を一から作り直さなかつたのには一応の理由がある。

  • 新しいのを考へるのが面倒だつたから
  • このデザインがそれなりに気に入つてゐるから

といふのはこの際関係ない。あくまで今回の目的は「デザインすること」でなく「CSSを書くこと」にあつたから、といふのがその理由だ。一からデザインしながらの作業ではその目的がぼやけてしまふ。新しいデザインが一発で決まるわけはなくて、何日もかけて試行錯誤することになるだらう。それはそれで楽しいが、また別の機会にしたい。

なぜCSSを書き直したくなつたかといふと、id:yms-zun:20040311#1078941613に記した通りである。自分で書いたものが自分でメンテナンスできない代物になつてをり、それが我慢ならなかつた。特に「プロパティ継承」について全く意識してゐなかつたので、新たな何かを書き加へるたびに「熱海温泉旅館*2」状態になつてしまふ。だから今回はそこを常に意識したつもりなのだが、いざ実践してみるとまだまだ甘い。特にmarginとpaddingのポリシーを最初に固めておかなかつたために、ブロック要素が出てくるたびにいちいちそれらを指定し直すハメになつてしまつた。なんとも面目ない。次からは気をつけよう。一応、注釈等を除いた素のCSSファイルにして8.14KBだつたものが5.26KBまで小さくなつたので、成果はあつたといふことで。

思ふに、見た目だけを弄る行為は「表現」であつてデザインではない。デザインとは、たんなる表現に留まらない。ユーザビリティなる言葉もそろそろ消費し尽されてきたが、ではユーザーの利便性に尻尾を振ることがデザインかといふとさういふわけでもない。近視眼的なユーザビリティの重視は、しばしば熱海の温泉旅館化を招く。デザインするといふことは、作者の表現とユーザーの利便性の間を合理的に結びつけようとする行為だとオレは思つてゐて、その「合理的に」といふ部分こそがとてつもなく厄介かつ面白い部分ではないか。

WEBでこれを実現するには、今のところHTMLを正しく理解しつつスタイルシートを適切に記述するしかない。幸い「HTMLを書く」ことについては、はてなダイアリーは比較的十分なレベルのソースを書き出してくれる。だからこそ、かうしてスタイルシートを使つていろいろ試すことができるわけだ。

などと偉さうなことを言つても、オレのレベルはご覧の通りの情けないもの。より高いレベルの実践はカススタon はてな(サムネイル版)にある皆様のダイアリーでどうぞ。

overflowプロパティ

| 17:43

紹介下さつてどうも有難うございますといふ御礼とともに、併せて紹介頂いたoverflowプロパティに関する各ブラウザの対応状況が大変ためになつたのでメモ。

id:yukatti:20040317#p1

pre要素にoverflow:scrollと設定してもInternetExplorerではスクロールバーを表示させず、ウインドウ全体を横にスクロールさせるといふ暴挙に出てしまふ。pre要素自体はテキスト幅一杯に拡張してくれるので、サイドバーレイアウトも崩れることになる。

これは仕様書の読みの解釈の違ひであり間違ひとは言へない話なのか、それとも単に対応し忘れてゐるだけなのか。困つたことである。

カイコン

| 15:58

オゲカプ*3第五弾。「塊魂塊魂買ひました。早く帰つて遊びたい。

今のオゲカプ候補はかうなつた。

なんか追加するものはないかね。「グラディウスV」とか。何にせよもう少し発売が迫つてからだな。

残り滓

| 16:47

仕事で調べ物をしてゐたら、googleの検索結果にインパクのパビリオンサイトが引掛かつた。もちろん、リンク先はFileNotFoundである。折角の有効かもしれないリソースが、馬鹿な期間限定の縛りのために今となつては参照できない。インパクとはつくづく糞なイベントだつた。

危険信号

| 20:35

ここまで一冬を風邪知らずで乗り切つてきたといふのに、今日になつていきなり寒気がするは吐気がするは‥‥突然気温が下がつたのに対応できなかつた模様。

帰つて寝るます。

*1:脚注のサンプルを書いてみたりなんかして

*2:行つたことはない

*3:面白さうなゲームは買つておかうプロジェクト

yms-zunyms-zun 2004/03/18 01:41 コメントのテスト

higeorangehigeorange 2004/03/18 12:46 お疲れ様でした。

yms-zunyms-zun 2004/03/18 12:55 有難うございます。

roverrover 2004/03/18 15:08 継承の概念は、ちゃんと理解できてて、常にそれを念頭に入れられればとても強力な味方になりますよね。往々にして忘れがちになるのもこれですけど。で、しばらくしてHTMLを眺め直し、CSSとつき合わせてみて「なんでこんなアホな事やってたんだろう」と鬱になってしまう、と(^^;)。

yms-zunyms-zun 2004/03/18 15:10 まさに仰る通りで、今回のCSSの書き直しで不要になつたクラス名がいくつもあります。今回の様に手順を小分けして書き直さないと、とても把握できないんですよね。

2004年03月17日水曜日

CSS再構築(その五) サイドバーをつけてみる

| 00:14

さて、昨日の続き。昨日付の分で、日記本体の基本的な部分はだいたい望む通りになつた。コメント欄とか脚注とか、その他にも弄るべき点は色々あるけれど後回しにして、下の方にズラッと並んでゐる項目を何とかしたい。

その前に確認しておかう。下の方に並んだ「カレンダー」「話題別インデックス」「テンポラリ」といつた見出しは、これもh2要素でマークアップされてゐる。それぞれの項目も、見出しに対応した本文として記述されてゐる。HTML文書の構造としては極めてシンプルだ。

日記本体部分は昨日も書いた通り、はてなダイアリーによつて"main"といふクラス名のdivで大きく括られてゐる。それより前の部分は設定画面の「ページのヘッダ」、後ろの部分は「ページのフッタ」に書いた内容が反映される。ここでは、フッタに書いた内容をまとめてサイドバーとして表現したい。

そこで、フッタ部分を大きくdiv要素で括る。クラス名は、横にあるのに"footer"では変だし、かといつてスタイルの設定次第で横にあるとも限らないから"sidebar"も不適切だし*1、一度ならず困つたところである。で、結局"infobar"とした。色々とアレな名付け方だが許せ。

で、兎にも角にもdiv.mainとdiv.infobarが横に並ぶ様にしたいといふわけである。そのために、両方のdivにテキストの回り込みの設定をしてやる。

div.main { 
    width:80% ; /* 日記本体の横幅を全体の80%に */
    margin-left:1em ; /* 左側に一文字分の余白 */
    float:left ; /* 左側に配置して回り込み設定 */
    }
 
div.infobar { 
    font-size:80% ; /* フォントのサイズを80%に */
    color:#cccccc ; /* 文字色 */
    background-color:#000 ; /* 背景色 */
    width:17% ; /* サイドバー部分の横幅を全体の17%に */
    margin-right:1em ; /* 右側に一文字分の余白 */
    padding:0.2em ; /* 内側の余白設定 */
    border:1px #ffffff solid ; /* 枠線の設定 */
    float:right ; /* 右側に配置して回り込み設定 */
    }

サンプル文書6。ワハハ、これはひどい。ただ「サイドバーが付きました」以上のものではないな。しかも、ちゃんとサイドバーとして表示されてゐるのはOperaだけときたもんだ。MozillaNetscapeもInternetExplorerもダメである。widthを%指定しておきながら、余白をemで指定してゐる様ではきちんと表示される方が不思議なのだ。

ここからは試行錯誤あるのみ。理屈だけで上手くいくならWEBデザイナーの方々も苦労なんかしないのだ。苦労させないでくれよう。

‥‥しばらく試行錯誤を繰返し、なんとか落着いた。

div.main { 
    width:78% ; /* 日記本体の横幅を全体の78%に */
    margin-left:1% ; /* 左側に1%の余白 */
    padding:0 ; /* 内側の余白設定 */
    float:left ; /* 左側に配置して回り込み設定 */
    }
 
div.infobar { 
    font-size:100% ; /* フォントのサイズを100%に */
    color:#cccccc ; /* 文字色 */
    background-color:#000 ; /* 背景色 */
    width:18% ; /* サイドバー部分の横幅を全体の18%に */
    margin-right:1% ; /* 右側に1%の余白 */
    padding:0.2em ; /* 内側の余白設定 */
    border:1px #ffffff solid ; /* 枠線の設定 */
    float:right ; /* 右側に配置して回り込み設定 */
    }

marginも%指定にして、widthの値をすべて合計しても100%に満たない様にすれば問題なく収まつた。もしかしたら「最初から問題ないぢやないか」と思はれた方もゐるかもしれないが、私の閲覧してゐる環境は少々特殊である。タブレットPCのたて画面モードを常用してゐるため、画面の横幅は768ピクセル。WEBブラウザを最大化してもウインドウの横幅は700ピクセルがいいところで、かういふ状態でサイドバー表示をしようとすると結構設定がタイトになつてしまふのだ。ともあれなんとか収まつたので、サイドバーの中身に取り掛からう。サンプル文書7

CSS再構築(その六) サイドバーの中を整へる

| 01:30

サイドバーの中は、見てわかる通りほとんどul要素で構成されてゐる。また、細かい構造に特徴がある。

狙つたわけではないが、はてな提供の便利なモジュールと手書きのリストが交互に混在してゐる。ともあれカレンダー以外はすべてulで記述されてゐるので、それを前提にスタイルを設定することにしよう。

div.infobar h2 { 
    color:#ff3 ; /* 文字色 */
    font-size:80% ; /* フォントのサイズ */
    border-color:#ff0 ; /* 下線の色 */
    padding:0.25em 0 ; /* 内側上下の余白 */
    }
 
div.infobar ul {
    font-size:80% ; /* フォントのサイズ */
    list-style-type:none ; /* 箇条書きのマークを消す */
    margin:0 ; /* 外側余白 */
    padding:0 ; /*内側余白 */
    }
 
div.infobar li ul { 
	margin:0 0 1em 0.5em ;  /* リストの入れ子の下げ幅 */
	font-size:100% ; /* 文字サイズを上位の要素に揃へる */
}
 
li.index { 
    border-bottom:1px #990 solid ;  /* 手作りのリスト項目に下線表示 */
    }

中見出しのh2要素もここでは小さな文字に設定するが、2px幅の下線だけはアイデンティティとして守ることに。特別なクラス名を与へなくとも、div.infobar h2 { と続けて書けばinfobarの中の見出しが変るのは昨日も書いた通りだ。結局のところ、基本書式のh2要素はヘッダの一つだけしか登場しないことになるが、それは気にしない。

同様にul要素を設定してゐる部分は問題ないとして、次のdiv.infobar li ul { がやや面倒な部分だ。li要素に続いて登場するul要素、つまり入れ子となる部分の設定である。少し字下げをしつつ、文字サイズを100%として上位のリスト要素と同じ大きさを保つ様にしてゐる。かうしないと、div.infobar ul で設定したfont-size:80%がこちらにも効いてしまひ、文字がどんどん小さくなつてしまふ。こんな細かい設定をするからスタイルシートがどんどん大きくなるのだが、まあ仕方ないところだ。

なほ、リストの入れ子部分でInternetExplorerのみ妙な余白が空いてしまふが、こんなローカルな以下略。ともかくこれで手作りリスト部分はよしとしよう。サンプル文書8

CSS再構築(その七) サイドバーの中のはてなモジュール

| 03:01

続いて、はてなモジュールの設定。この辺から状況は泥沼化してくる。如何にシンプルにまとめられるか。まづはcalender2モジュールだ。

table.calendar { 
    font-size:72% ; /* カレンダーの文字サイズ */
    margin:0 ; /* 枠の外側余白 */
    padding-left:2% ; /* 内側左の余白 */
    text-align:center ; /* カレンダー内の字詰めを中央に */
    }
table.calendar * { /* カレンダー内の各要素の余白と罫線をキャンセル */
    margin:0 ; 
    padding:0 ; 
    border:0 ; 
    }
td.calendar-day { color:#666 ; background-color:#ccc ; } /* 日付部分の基本色 */
td.calendar-sunday { color:#c00 ; background-color:#c66 ; } /* 日曜部分 */
td.calendar-weekday { color:#000 ; background-color:#666 ; } /* 平日部分 */
td.calendar-saturday { color:#00c ; background-color:#66c ; } /* 土曜部分 */
td.calendar-prev-month,td.calendar-current-month,td.calendar-next-month { color:#000 ; background-color:#666 ; } /* ナビゲーション部分 */

td.calendar-day a { color:#000 ; background-color:#ccc ; } /* 日付部分のリンク色 */
td.calendar-day a:hover { color:#fff ; background-color:#933 ; } /* 日付部分のマウスロールオーバー */

正直、曜日部分の色を変へたりしなければこんなに記述が大きくなることはないのだが、凝れるところには凝つておきたいではないか。設定内容自体は妥当なところだらう。

最新タイトル五日分については、実質これだけ。はてなダイアリーが自動的に付与する「最新タイトル」の文字がp要素でマークアップされてゐるのが嫌なのでこれを非表示にする(根本的な解決ではないが)。

p.recentitem { display:none ; } /* 「最新タイトル」表示をキャンセル */

また、リスト項目に下線をつけたいので先のli.indexの部分にsectionモジュールの要素も併記する。

li.index,ul.hatena_section li { 
	border-bottom:1px #990 solid ;  /* リスト項目に下線表示 */
	}

最後にphotoモジュールについて、下記の様に設定。写真の一つ一つも箇条書きリストの項目になつてゐるので、これをdisplay:inlineと設定することで横一列に並ぶ様にした。もちろん、収まりきらない場合は適宜折返されるので、ウインドウの表示幅によつて配列は変化する。写真表示の枚数を12枚に設定することで、配列がどう変動してもそれなりに見える様にしたのが一工夫。

ul.hatena_photo { 
	padding:0 2px ; /* 枠の内側余白 */
	text-align:center ; /* 字詰めを中央寄せに */
	border-color:#999 ; /* 左右の飾り枠の色 */
	border-width:0 4px ; /* 左右の飾り枠の幅 */
	border-style:dotted ; /* 左右の飾り枠のスタイル */
	}
ul.hatena_photo li {
	display:inline ; /* リスト項目をインライン表示に */
	}
ul.hatena_photo li img { width:48px ; height:48px ; } /* 画像サイズを固定 */

a img { border:0 ; } /* リンク付画像に表示される枠をキャンセル */

これでサイドバー部分は完全に終了だ。あとは細々とした設定を残すのみ。ここまでのサンプル文書9

スタイルシートid:yms-zun:20030105にまとめた。

BB交換

| 15:50

CSSの方が忙しくて書き損ねてゐたが、月曜日にid:usui_soupさんに教へてもらつたプロショップモンキーに行つてみた。店の人はとても丁寧に応対してくれ、こちらの悩みと要望を瞬時に理解して説明してくれた。すばらしい。シマノDEOREのBBの在庫はなかつたが一つ上のXTならあるとのこと。しかも一度他車に取付けたもの(未走行)といふことで比較的安価で譲つていただき、こちらとしては願つたり叶つたり。かういふお店の作るオリジナルフレームに興味が沸いたので、もし次に乗換へる時が来たら真剣に考へようと思つた。

で、家に帰つて早速BBの交換。モノの良し悪しは分らないが、DEOREの左碗がプラスチックなのに比べてXTのは金属製。組付けの際にも、DEOREに感じた渋さが全くなくスルスル入つてくれる。カタログ上では五グラム位の違ひしかないが、かういふ整備性の良さも性能のうちといふことなのだらう。で、試乗。

音鳴つてるし。前より激しいし。orz

ペダル交換

| 16:07

ここで挫けてはいけない。BBが問題ではなかつたことが判明したのは前進だ。

残る可能性は三つ。

  • ペダルの異常
  • クランクの異常
  • チェーンラインの異常

もしどれでもない場合、フレームのブラケット部が歪んでゐるといふことにならう。

まづ、クランクとスプロケの接合ネジを締め直した。ダメ。チェーンラインを目視で確認。異常なし。となると、手付かずなのはペダルだけだ。

今日、出社途中にODBOXに寄つてペダルを物色した。千七百円程度の安いデカペダルが各色揃つてゐたので、思ひ切つて白を選択。ついでにミシュラン印の新しいグリースも買つて、近くの公園で組付けた。ペダルレンチ持つて出勤して悪いか。

結果。

直りますた。

田中むねよしのマンガみたいなオチですまん。本当に、ここまでの頴末をマンガにしたいくらゐだ。なんかこの一ヶ月でかなりのパーツが入れ換つたけれど、それはそれで楽しいから良いのだ。

さういへば、そろそろブレーキワイヤは交換しないとな。

検索さんいらつしやい

| 16:27

大阪は弁天町にあるのは交通科学館なので間違ひなきやう。中身は、まあ似た様なもんですが。

現金即払

| 19:38

人間とは実に身勝手なもので。

今朝家を出るまでは愛車に乗るのが憂鬱だつたのだ。それが今は、乗り回したくてもうウズウズしてゐる。異音ひとつ収まつただけのことで、何なんだこれは。

なのに、外は嵐の如く激しい風。

*1:はてなダイアリーのテーマを利用したければsidebarと名付ければよい

2004年03月16日火曜日

CSS再構築(その一) body要素

| 00:00

  • サンプル文書0(スタイルが一切定義されてゐない状態。設定画面のテーマの欄も「指定なし」を選択した。)

とりあへず、大枠から手を着けることにした。大枠といへばまづはbody要素だらう。

まるで呪文の様に、HTML文書の始めの方と終りの方に書けと言はれて書かされる要素である。もちろん、はてなダイアリーでは始めから用意されてゐるので、ユーザーが普段その存在を意識することはない。といふか、はてなダイアリーを普通に使ふ分にはどんなHTMLタグも意識する必要はないのだけれど、それではCSSが書けない。

で、こんな風に書いてみた。

body { 
    color:#033 ; /* 文字色の設定 */
    background-color:#3cc ;  /*背景色の設定 */
    margin:0 ; padding:0 ; /*枠の外側・内側の余白の設定*/
    font-family:osaka,verdana,sans-serif ; /*フォントの種類の設定*/
    font-size:100% ; /*フォントの大きさの設定*/
    }

body * { font-size:100% ; }

かうすることで、このダイアリーサンプル文書1の様な見てくれになるはずである。なほ、サンプル文書の方でははてなヘッダなどの画像が表示されないが悪しからず。

何をしてゐるかはソースの注釈にある通りである。body要素に設定しておく項目としてこれが適切かどうかは正直わからないが、とりあへず私が設定しておきたいのはこれだけだ。

よく議論になるのがフォントサイズとフォントの種類の設定についてである。ここでは100%として、閲覧者のブラウザの標準設定の大きさに準拠する様にしてゐる。かうしておけば、閲覧者がブラウザの文字サイズを読みやすい様に変更できるので具合がいい。また、標準サイズが人によつて違ふからには100%以外の数値にすることに意味はない。

最後の body * { font-size:100% ; } は、body要素の中にあるすべての要素に対しても同じ様にフォントサイズに100%を適用せよといふ意味。おかげで、見出し要素だらうが何だらうがすべて同じ文字サイズとなつてゐる。これはこれで好みなのだが、見易さといふ点ではよろしくないだらう。見出しは見出しらしくあるべきだが、これは後で調整する。

もう一つ、フォントの種類の設定についてだが、これも設定すべきでないといふ意見があり、無碍にそれを否定すべきではないとは思ふ。ただ、個人的に標準的なパソコン用のセリフ付フォントは解像度の低いモニタ上では読むに耐へないものだと思つてゐるので、閲覧者が特に指定しない限りサンセリフ体で表示するようにさせていただいてゐる。この点、押付けがましいことには違ひないので要審議。

とりあへず、この項終り。次は日記本体を読み易くする方向で。

CSS再構築(その二) 日記本文

| 15:09

立て続けにその二である。といふのも、一のままでは読み辛くて仕方ないからだ。

さて、はてなダイアリーはdiv要素を沢山使ふ。div要素とは、特に目的の定められてゐない便宜的な要素である。「HTMLの各要素には意味や目的がきちんと定められてゐることが重要である」とする考へからは、divの多用はよろしくないこととされてゐる。しかしはてなダイアリーは自動的にdiv要素を出力してしまふのであり、それを避ける方法はない。ならば上手くレイアウトに活用するのが知恵といふものだ。

さて、日記本体に出力されるのは以下のdiv要素だ。

<div class="main">
  <div class="day">
  見出し:日付
    <div class="body">
      <div class="section">
      見出し:話題
      日記本文
      </div>
      <div class="section">
      見出し:話題
      日記本文
      </div>
      <div class="section">
      見出し:話題
      日記本文
      </div>
    </div>
  </div>
  <div class="day">
  見出し:日付
    <div class="body">
      <div class="section">
      見出し:話題
      日記本文
      </div>
      <div class="section">
      見出し:話題
      日記本文
      </div>
      <div class="section">
      見出し:話題
      日記本文
      </div>
    </div>
  </div>
</div>

この様に、クラス名"day"のdiv要素で一日単位に括られ、日付の見出しがあつて次に"body"、さらにその中に"section"で括られた話題が並ぶ。そして、画面に表示されてゐる一ページ分の日記が"main"で括られてゐる。随分深い入れ子構造だ。"body"は余計だろ、とも思ふが活用しだいでデザインに幅が出る可能性はある。それにしてもbody要素と同じ名前のクラス名は感心しない。

もちろんこれらはすべてデザインに利用できるが、よほど注意深くしない限り全部細かく指定しすぎてもややこしくなるだけなので、ひとまづ一日単位の"day"をターゲットにデザインを決めようと思ふ。下記の設定をスタイルシートに追加。

div.day { 
    color:#fff ; /* 文字色の設定 */
    background-color:#333 ; /* 背景色の設定 */
    border:1px #999 solid ;  /* 枠線の設定 */
    margin:2em 0 ; /* 枠の外側の余白設定 */
    padding:0 ;  /* 枠の内側の余白設定 */
    line-height:2em ; /* 本文の行の高さの設定 */
    }

これで一日ごとのブロックがグレーの枠線で括られ、その内側が濃いグレーの地に白い文字で表示される様になる。これだけでも少しはいつもの大和但馬屋らしくなつただらう。サンプル文書2

枠の外側の上下に一文字分の余白を空けて一日単位に分かれる様にし、本文の行間は一行分空けることにした。emは「一文字分の横幅」といふ単位なので厳密には一行分とはやや違ふが、ここではスルーしてほしい。

まだ少し読みづらいので、話題ごとの"section"に余白を設定する。上下に二行分、左右に一文字分の余白を空けるために、下記の設定を追加。

div.section { padding:2em 1em ; } /* 枠の内側の余白設定 */

サンプル文書3の通りである。

CSS再構築(その三) リンクアンカー

| 10:12

次に、リンク部分の色を設定する。ブラウザの標準色では大抵暗すぎて、暗い背景色には合はないのだ。リンクを示すa要素に対して次の様に設定する。

a:link { color:#ff6 ; background-color:transparent ; } /* リンク部の色 */
a:visited { color:#fc6 ; background-color:transparent ; } /* 一度訪れたことのあるリンクの色 */
a:hover { color:#fff ; background-color:#933 ; } /* マウスポインタが重なつた時の色 */
a:active { color:#993 ; background-color:#fff ; } /* クリックした瞬間の色 */

特に重要なのは上の二つ。下二つは必要ないといへばないし、遊びの範囲だ。なほ、link、visited、hover、activeはこの順番で書かないと狙ひ通りに機能しない。CSSは常に「後から書いたものを優先」するからだ。理屈を考へてみよう。

それから、キーワードリンクのスタイルを別に設定する。キーワード用のa要素にはクラス名"keyword"が与へられるので、これを記述に加へる。

a.keyword { color:#fff ; border-bottom: 1px #99c dashed ; }  /* キーワードリンクのスタイル */

文字色を本文と同じ白にして、下に点線を表示。これで普通のリンクとキーワードリンクの区別がつく様になつた。サンプル文書4

CSS再構築(ちよいと横道)

| 11:28

いきなり瑣末な設定になるが、スタイルシートの記述部分が本文の説明と同じスタイルで並んでゐるとどうも見づらいので、ここを本文と分けて表示する様にしたい。この部分は"source"といふクラス名のpre要素でマークアップしてゐるので、次の記述を追加。

pre.source {
    border:1px #999 dashed ;  /* 枠線の設定 */
    padding:2em ;  /* 枠の内側の余白設定 */
    line-height:1.2em ; /* 行の高さの設定 */
    font-size:80% ; /*フォントの大きさの設定*/
    overflow:scroll ; /* はみ出したらスクロール */
    }

pre要素内のコンテンツは枠をはみ出す長さになつてもお構ひなしにぶつちぎってくれるので*1、はみ出し対策にスクロールバーを出してみた。‥‥ところが、InternetExplorerの表示を見てビックリ。そ・れ・は・意味が違ふだろ! こんなローカルなブラウザはさつさと捨ててしまへ。

CSS再構築(その四) 見出し要素

| 21:57

さて、どんどん進めるぞ。

続いて、見出しの設定だ。見出しといへばh1〜h6要素である。HTMLの学び始めに「H1タグは文字を大きく表示します。FONTタグとは違い、数字が小さくなるほど大きい文字になります。文字を大きくしたいときはFONTタグを使いましょう」などと教へられ、HTMLのマークアップの道を踏み誤ることになるアレである。こんな「常識」は忘れるべきだ。こんな解説をしてゐる本は今すぐゴミ箱に捨てろ。こんな解説をしてゐるサイトはブックマークから消せ。オレたちは嘘を教へられたんだ。「人」といふ字は人と人とが支へあつてゐる形なんかぢやないんだ。騙されるな。

W3C曰く、HTML文書は須く「見出し」と「本文」がセットになつて構成されてゐるべし、である。これを言ふとすぐに「形に縛られすぎだ、オレのホームページはもつと自由でゐたいんだ」とか言ひ出したくなるのが人の常だが、そこはそれ、発想を逆転させてみよう。フォーマットに合はせながら、どこまで自由な発想ができるか、と。あるいは、自由な発想から生まれた文書を如何にしてフォーマットに合はせるか、と。どんな素晴らしい発想も、形に縛られることでしか他人には伝へられないのだ。誰もあなたの脳の中は覗けない。つふか、たかだかこの程度のフォーマットに合せることで損はれるやうな個性なんて云々。

さて、はてなダイアリー(に限らずすべてのHTML文書)で推奨される構造とはこんなものだ。

<body>
<h1>大見出し</h1>
  <h2>中見出し</h2>
      <h3>小見出し</h3>
      本文
      <h3>小見出し</h3>
      本文
  <h2>中見出し</h2>
      <h3>小見出し</h3>
      本文
      <h3>小見出し</h3>
      本文
  <h2>中見出し</h2>
      <h3>小見出し</h3>
      本文
      <h3>小見出し</h3>
      本文
</body>

本来、文書の構造はこれだけでよい。小見出しはさらにh4,h5,h6と細かく取ることができるが、基本構造はこれだけである。はてなダイアリーの場合、これをさらにdivで括るからかへつてわかりにくくなつてしまふが、文書の構造を作るのはdivではなくあくまで見出しと本文の関係によつてである。

見出しのレベルについては、あくまでその文書の中で最上位となるものを<h1>と見倣す。<h1>では文字が大きすぎるからといつていきなり<h3>あたりから始めたりするのは間違ひだ。文字の大きさはスタイルシートで決めればよい。

さて、はてなダイアリーでは、それぞれの見出しの内容が以下の様に自動的に決定される。

h4〜h6は特に定義されてゐない。わざわざ使はうと思はない限り、さう使ふものでもない。

h1,h2,h3,h4,h5,h6 { 
    font-weight:bold ; /* 見出しは全部太字に */
    margin:0 ; /* 外側の余白 */
    padding:0 ;  /* 内側の余白 */
    }

h1 { 
    font-size:180% ; /* 文字サイズ */
    color:#77bac1 ;  /* 文字色 */
    background-color:#4594a0 ; /* 見出し部分の背景色 */
    background-image:url("http://d.hatena.ne.jp/images/diary/yms-zun/2002-12-30.gif") ; /* はてなロゴ画像 */
    background-repeat:no-repeat ;  /* ロゴ画像の繰返し設定 */
    background-position:0% 100% ;  /* ロゴ画像の表示位置 */
    padding-left:110px ;  /* ロゴ画像の横幅分だけ左に余白を取る */
    border-bottom:1px #276d75 solid ;  /* 下に枠線表示 */
    vertical-align:bottom ;  /* 文字の配置を下揃えに */
    }

h2 { 
    font-size:140% ;  /* 文字サイズ */
    color:#066 ;  /* 文字色 */
    margin:0.5em 0 ;  /* 外側の余白 */
    padding-left:0.5em ; /* 内側左の余白 */
    border-bottom:2px #fff solid ;  /* 下に枠線表示 */
    }
div.main h2 { 
    font-size:120% ;  /* 文字サイズ */
    color:#fff ;   /* 文字色 */
    padding-left:1em ; /* 内側左の余白 */
    border-color:#fc0 ;   /* 下線の色を変更 */
    }

h3 { 
    font-size:120% ;   /* 文字サイズ */
    color:#fff ;   /* 文字色 */
    margin:1em 0 ;  /* 外側の余白 */
    border-bottom:3px #9ff solid ;   /* 下に枠線表示 */
    }

何やら記述が香ばしくなつてきた。順に説明すると、一行目で見出し要素六種類を全部太字で表示する様にしてしまつてゐる。余白も一旦全部詰めて、後から異なる部分だけ個別に設定することにした。

で、大見出しとなるh1要素である。これを「はてなダイアリー」のヘッダの様に見せかけるため、いろいろと設定しなくてはならない。まずはてなのロゴを切出して背景画像に設定し、見出しとなる文字列はロゴの幅だけ余白をとつて表示させるわけだ。この様にすることで、はてなダイアリーの出力するHTMLには手を出せなくともある程度自由に遊ぶことができる。これがCSSを使ふ醍醐味だと思ふがどうか。

続いて中見出しのh2要素。ここでまたややこしいことをしてゐる。まず普通のh2要素についてだが、ここでは文書の始めの方にある「この日記は」といふ見出しについて設定してゐる。レイトンブルーの背景に合せた配色だ。しかしこのままでは日記の日付の見出しとしては具合が悪い。そこで、日付の方では別の設定をしたいわけだ。

そこでdiv.main h2 { といふ記述が登場する。日記本体を括るdiv要素の中にあるh2要素については、こちらの設定を適用しますよといふ意味だ。先に書いたh2要素の設定はまんま生きてゐるから、そこから変更したい部分だけ上書きする様に設定すればよい。ここでは、下線の太さやスタイルはそのままに色だけを変更するようにしてゐる。

h3要素は、まあそのまんまだ。サンプル文書5。ついでにh4,h5のスタイルも設定。h6は使つた記憶がないし、使ふとしてもボールド表示だけで十分なので放置。

h4 { 
    padding-top:0.5em ; /* 内側上の余白 */
    border-bottom:1px #fff solid ; /* 下に枠線表示 */
    }

h5 { 
    border-width:1px 8px 1px 0 ; /* 枠線の幅 */
    border-color:#696 ; /* 枠線の色 */
    border-style:solid ; /* 枠線のスタイル */
    margin:0.5em 0 ; 外側の余白
    padding-top:0.25em ; /* 内側左の余白 */
    width:50% ; /* 横幅を表示領域の50%に設定 */
    }

h4の表示サンプル

h5の表示サンプル

ここで以前のCSS設定を改めて見返すと、何のために定義したかわからない様なクラス名が続々と出てきてゾッとする。それなりに意味はあるのだらうが、いつたいどこで使はれてゐるのやら。

ここまでのCSSをid:yms-zun:20030104にまとめて置いた。参考にしたい人はご自由にどうぞ。

もえるゴミに対して

| 18:06

なえるゴミといふのはどうか。

紹介御礼

| 23:05

何人もの方に、CSS再構築について紹介いただいてをります。あまりに基本的すぎてその筋の方には「何を今さら」な程度のことしかできませんが、見てくれる方がゐれば良いプレッシャーとなりますので生暖かく見守つてくだされば幸ひです。をかしな点は遠慮なく指摘して頂ければなお幸ひ。「自分もやつてみよう」といふ方がゐたら無上の喜びですが、そこまでは望みますまい。

あくまで目的は自分のCSSの適正化であることを忘れぬよう>オレ。

*1:pre要素は「整形済テキスト」といふ意味だからさうしてくれないと困る

2004年03月15日月曜日

空振り四振

| 02:43

ずつと寝てゐるわけにもいかず、もそもそ起き出して03GA改めハチゴーのBBを取り外してみた。外さないとサイズが分らないから新しいのも買へないといふわけで面倒な作業ではあるが仕方ない。

それにしてもグリースは完全に無くなつてるは(といふか塗られてゐた形跡がないのかも)、赤茶けた錆の様な汚れにまみれてゐるは、今までバラしたことがないのがマズかつたか。それはさうと、手でBBを回しても特に異常がない様なのだが‥‥まあいいか。

ともかくもBBを持つて御徒町へ。しかしODBOXには同じサイズの在庫がなく、ASAZOはいつのまにかロード専門店の様になつてゐてMTBなぞお呼びでないといふ雰囲気。仕方なく神保町まで歩いてVictoria本店に行くとここも自転車フロアが消えかかつてゐて、同系列のL-breathを最後の頼みと覗いてみたがやはり在庫なし。寒い、寒いなう。

結局、小川町近くのゲーセンでBG3やりまくつただけに終る。何やつてんだ。

仕方ないので、外したBBをグリースてんこ盛りで組付け直す。明日乗つてみて問題なければ結果オーライだ。


乗つてみた。何も変らねえ‥‥orz

CSSダイエット計画始動

| 17:45

まづはプレーンな状態にしてみた。これから、より効率的な記述で以前の姿に戻すまでを順を追つて試していきたい。スタイルシート初心者が読んでためになる内容になれば良いが、期待はせぬが吉。

方針を記しておかう。

  • 一からデザインし直さない
  • 途中経過を晒すことを厭はない
  • 設定の一つ一つに理由を持つ
  • 迷つたら迷つてゐる旨を記す

こんなところで。さて、どこから手をつけたものか。いきなり迷つてますが。

今日のゲーム(三月十五日)

| 03:08

バトルギア3TUNED(AC,TAITO)

AE85で赤城の山を上つたり下りたり上つたり下りたりした。

  • 弩級B順走匠:3'49.993
  • 弩級B逆走匠:4'13.452

順走はノーペナルティで走れずじまひ。まだいくらでも伸びるはず。辛うじて車種別二十位に入つたが、これは単に人口が少ないだけだな。逆走はノーペナ、理論値タイ。攻めきれてないコーナーがいくつかあるのは自覚してゐるが、もうこれ以上削るのは苦行の域となるタイムだ。こちらは車種別十一位、人口の少なさは順走以上だがこちらはオレとしては上々だと思ふ。例によつてライバル指定よろ。

それにしてもハチゴーは面白いなあ。死ぬほど遅くて。

P.N.03(NGC,CAPCOM)P.N.03

オゲカプ*1第四弾。御徒町から神保町に歩く途中に秋葉原がある罠にまんまとはまる。石丸電気でワゴンでもないのに安売りされてゐたのを確保。

遊んでみた感じ、Rezみたいなのかと予想してゐたが全然違つた。非常に操作の不自由なアクションシューティングだが、敵との駆け引きがまるで「タイムクライシス」の様で、なかなか悪くない。売りの「躍つて撃つ」云々はよく分らんが、プレイが極まるとそんな風になるのかしらん。

コンボシステムは「お前もか」な単なる時間制限でガッカリ。まあ、点数稼ぎしないなら狙ふ必要もない。

ともかく、ちとトンガリすぎで人にはよう薦めんけど個人的にはきつちり遊ばうと思つた。

第十惑星

| 18:49

ルシファーぢやないのかー。

*1:面白さうなゲームは買つておかうプロジェクト

usui_soupusui_soup 2004/03/15 11:49 馬場でよければこんなお店が>http://www.monkey-magic.com/

yms-zunyms-zun 2004/03/15 12:03 行つて見ようかな。サンクスはコンビニです。

2004年03月14日日曜日

寝週末

| 02:40

この一週間あまりの睡眠不足の代償として一日寝まくつた。インプットもアウトプットもなし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040314

2004年03月13日土曜日

豆字

| 01:09

豆字*1が読みづらいのは、単に寸法が小さいことよりもむしろ文字を構成するピクセルの情報量が文字として認識するにはあまりに足りないせゐなのは明らかである。要するに豆字は(特に日本語フォントとしては)出来損ひの文字であるから、読めなくて当然なのだ。そんな豆字でサイズを固定したサイトを格好良いと思ふその気が知れない。といふか、格好良いかどうかは好き好きだが「読ませる」目的にはとても使へない。

パソコンのモニタに300dpi以上の解像度があるならポイントの小さい文字に固定するのも結構だらうが。

今日のゲーム(三月十三日)

| 03:25

グラディウス(FC,KONAMI)

お馬鹿にプレイを実機でできるか試さうとしたが無駄だつたので、「赤カプセルを一つも取らない」プレイに挑戦。四面の火山弾にやられて終了したが凡ミスの類ひなので注意すれば一周くらゐはできさうだ。三面でモアイを一つも倒さずに進む余裕さへあつたし、こんなに簡単なゲームだつたかと。よほど最近のゲームに鍛へられてんだなあ。


再挑戦。最終面が手ごわい。ミサイルとダブルとオプションとシールドが欲しいなー。

*1CSS指定で12pxより小さい文字のことらしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040313

2004年03月12日金曜日

さんしじふににち

| 01:11

歳をとつた。

これだから三月は。

トヨタロボ

| 02:34

各所で話題のトヨタロボ。「ホンダがやつてるからうちも」といふ臭ひが充満してて、見た目には驚きも面白みもないな。ただ、ワイヤー駆動式のやつだけは頑張つて発展させてほしい。関節毎にモーターを仕込んでるうちはロボットに未来はないと昔から信じてたし、昔同人マンガに描いたロボ娘もさういふ構造を念頭においてゐた。他のは放つておいて、こいつに全力を注いでくれればASIMOより好きになれさうだ。

で、搭乗型なんか作るくらゐなら早くPMを実用化してくれ。その方がトヨタらしくて面白い。

さわやかな朝を迎へるために

| 07:41

一睡もしてゐない。納品済んだばかりなのにもう次のチェックだ。テレビが絡むとどう休みをとればいいのかわからなくなるな。

QX方面の皆様方も月刊連載お疲れさまッス。

溜池にルノーあり

| 14:06

赤坂方面にチェックに行つた帰り、溜池山王日商岩井ビルの前を通りかかるとそこに昨年型ルノーR23が置いてあつた。プレートにはR24と書いてあるが、かういふ所では嘘を書くのが当り前なので注意。

溜池といへばNTT王国で、これもi-modeプロモーション企画の一つ。したがつてカラーリングは今年のもの。近くの人は行つてみよう。

キリ番

| 00:02

今日の終りにコンビニで買物をしたら、金額が税込で三一二円だつた。とりあへず、すべてよし。

みかがみみかがみ 2004/03/12 02:06 お誕生日ですか〜おめでとうございます〜。毎年言ってますが、歳を取る事自体はめでたくは無いですが、新しい歳を死なずに迎えられた事は感謝しましょ〜。

yms-zunyms-zun 2004/03/12 02:38 ありがたうございます。いや全く、生きるのも大変。

茉森茉森 2004/03/12 06:38 おめでとうございます。そして8日区切りで逸樹・→俺。うーん、もう誕生日はどうでもいいなー。お互いがんばりましょー。

yms-zunyms-zun 2004/03/12 07:35 おや、では逸樹店長はあの人と同じですか。知合い同士の誕生日が固まる傾向にあるのは不思議ですなー。ともあれがんばりませう。

usui_soupusui_soup 2004/03/12 10:43 テレビが絡むと<そういう時は、「(俺様は)休む!」で、休まないとどうにもなりません。あと、「ココで無理して最後まで持つのか」て考えると良いです。

逸樹逸樹 2004/03/12 12:43 遅ればせながら、おめでとう?ございます〜、いやはや締め切りは大変ですよね…

yms-zunyms-zun 2004/03/12 13:43 うう、休まうにもチェックの波状攻撃が‥‥

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040312

2004年03月11日木曜日

CSSダイエット開始

| 03:00

改めて自分のスタイルシートを見ると、あまりの大きさややこしさに眩暈がしてきた。一年以上にわたつてパッチを当てる様に部分的な改変を加へてゐるうちに自分でも手に負へない代物になつてしまつた。まるでどこかのOSの様だ。

はてなダイアリーの仕組の関係で、日記の表示をするたびにこれだけのサイズのテキストをダウンロードしてゐるわけで、それは甚だよろしくないので、一度白紙の状態から書き直さうかと考へてゐる。

ダイエット開始とか言ひながら「考へてゐる」で終らせてしまふのも困つたものだが、まずは体重計に乗らなくては始まらないのだ。

‥‥体重計に乗らずにダイエットを始めたことのある奴が何を言ふやら。

CSSの肥大化に対しては、はてなの吐くソースがそもそもそれを助長する様なものであると言ひ訳してもよいだらうが、言ひ訳は言ひ訳だな。指定の順序を入替へるだけでもスマートになるはずだ。常に上流から下流までの値の流れを意識すべし。

ファミコンゼビウスのための弁明

| 12:01

http://www.st.rim.or.jp/~shoda/diary/diary.htmlを拝読して。

ファミコン版ゼビウスにおいて、そんな事実はありません。実機で確認すれば分りますがソルバルウはむしろ画面端より半キャラ内側で止まります。ファミコンミニはファミコンの安全フレームに相当する部分より外側を削つて解像度不足を補つてゐるらしいので、はみ出るとすればその為でせう。解像度の違ふハードで無理矢理エミュレートしたものを指してオリジナルを非難するのは不当です。

今日のアルバム(三月十一日)

| 22:53

これでほぼ最後かな。あとは実家に放置してあるものが数枚あつたはず。あとはミュージックテープやLP盤でしか持つてゐない音源をどうやつてサルベージしようか。LPで買つたテクモゲームミュージックとかアイレムゲームミュージックなんて、この先絶対に復刻されないだらう。ミュージックテープの方も、VGG3(アサルトにギャラガ'88)やVGG4(ベラボーマン)などなど、掘り起こしておきたいものが山ほどある。

それにしてもゲームの音をLP盤で買つてゐた時代‥‥書いてるオレ自身ですらもはや信じられないよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040311

2004年03月10日水曜日

突入口

東京ゆめもぐら(却下)

| 20:51

id:manpukuyaさん経由で、東京ジオサイトプロジェクト第二弾の情報。シールドマシンは是非拝みたいので絶対に行く方向で。第一弾の感想は右のメニューから辿れます。

この横穴に、つひにシールドマシンが突入するのだ。

人として大切なこと

| 00:30

隙をみてシャワーを浴びに帰つた。これであと一日戦へる。つふか朝には納品なのだがー。

検索さんいらつしやい

| 14:09

この二つが並んでましたよオレにどうしろと。

山越

| 15:25

とりあへず納品は済ませた。家に帰る気力もないからこのまま寝袋で寝ようかと考へてしまふダメなオレ。

F1ページを模様替へ

| 20:32

どうも散漫で整理されてなかつたF1ページレイアウトし直した。昨年以前のファイルに手をつけるのは大変だからそれは追々やるとして*1、今年の分からは少しは読みやすくなつたはずだ。

そこ、「デザインがワンパターン」言ふな。とはいへ自分でもサイドバー式に固執するのもどうかとは思ふし、DIV厨に近くなつてゐるのは否めないが、あくまでインデックスページのみといふ扱ひであれば有りだらうと判断。全てのファイルに同じメニューを用意して擬似フレームの様にするくらゐならフレームを使ふし、それならとばかりにフレームにしたところで閲覧に不便かつ更新が面倒なだけだし。

今日のアルバム(三月十日)

| 17:24

で,ヤケクソのやうにデータ化。これで手持ちのCDは九割方HDDに収まつたと思ふ。またドラキュラか、と自分でツッコミをいれてみるが、それも打止めだ、たぶん。

*1:やらんと思ふが

rushtetsurushtetsu 2004/03/10 19:05 HDDのクラッシュでせっかく取り込んだMP3失ったことあるので、バックアップは早めにしておきましょう。

yms-zunyms-zun 2004/03/10 20:14 さうですねえ。ノートのHDDが半分以上埋まつてしまひました。HDD搭載型のMP3プレイヤーを考へるべきかもしれんですね。

skobaskoba 2004/03/11 16:08 すみませんキーワードの上の奴は私の書き込みがひっかかったんですね(笑)

yms-zunyms-zun 2004/03/11 16:12 ネタ提供ありがたうございました。笑。

2004年03月09日火曜日

恒例行事

| 02:47

二連泊。明日も泊りは決定。始発で風呂に帰らうかな‥‥

帰り損ねた。冬場はいいが,この季節はさすがに辛い。人前に出られんなー。

ASIN書影オプション

| 16:21

昨日のアルバムリストにそのまま突込んでみた。

  • TAITO GAME MUSIC(TAITO,GAME SOUND LEGEND シリーズ「タイトー・ゲーム・ミュージック」)
  • DARIUS(ZUNTATA,ダライアス)
  • Z-REPLICA Vol.1 THE NINJA WARRIORS(ZUNTATA,Z-REPLICA Vol.1 THE NINJA WARRIORS)
  • nouvelle vague G.S.M.TAITO 7(ZUNTATA)
  • SEGA GAME MUSIC vol.2(SEGA,セガ・ゲーム・ミュージック VOL.2)
  • SEGA RALLY CHAMPIONSHIP IGNITION(SEGA,セガ・ラリーチャンピオンシップ イグニッション)

書影が登録されてゐないものはASINコードも表示されなくなつてしまふ。よつて、かういふ使ひ方には不向き。といふか、重くなるからそもそもそんな使ひ方はするべきでないか。

追記

id:adramine:20040309#p3をみるに、上記の問題は解消されてゐるはずなのだがここでは反映されないやうだ。謎。


 -TAITO GAME MUSIC(TAITO,ASIN:B00005V4E3:image:small)
 -DARIUS(ZUNTATA,ASIN:B00005FQK9:image:small)
 -Z-REPLICA Vol.1 THE NINJA WARRIORS(ZUNTATA,ASIN:B00005GB07:image:small)
 -nouvelle vague G.S.M.TAITO 7(ZUNTATA)
 -SEGA GAME MUSIC vol.2(SEGA,ASIN:B00005HOFJ:image:small)
 -SEGA RALLY CHAMPIONSHIP IGNITION(SEGA,ASIN:B00005GO2X:image:small)

この様に記述してゐるのだけど、問題あるのかな。思ひついたことを実験。

  • ASIN:4152085134

ISBNだと問題ない模様。ASINには対応していただけないものでせうか。>id:hatenadiary

2004年03月08日月曜日

アキレスと亀

| 17:44

昨日の豪GPルノー勢が禁止されてゐるはずのランチコントロールシステムを搭載してゐることは明らかだつた。出足の良さに加へて、左前後タイヤをグリーンに落としてなほモントヤに並ぶことのできるトラクションのかかり方はTCSとしても相当に優秀なものとみた。

もちろんそれを「ルール違反だ!」などといふつもりは微塵もない。TCS自体は合法なのだから抜け道を探せと言つてゐる様なものだし、真先に正解にたどり着いたのがルノーであるといふことだ。エンジンはすでに一万九千近く回せるチームもあるし、何をどう規制したつてコースレコードが出てしまふ。バーニーさんは大層ご立腹らしいが、これだからF1は面白いのだ。フェラーリ独走大いに結構。悔しかつたらもつと速いマシンを作れつての。

年の差なんて

| 22:24

仕事のBGMに「ナムコット・ゲーム・アラモードII」を聴いてゐると懐かしさに涙が出さうになる。普通の人は「ファミスタ」に反応するのだらうが、オレの場合は「ファミリーサーキット」だ。ノンストップで延々ループしつづける呑気なBGMをバックに、当時ニッサンシケインなどといふ無粋なものがなかつたために一体何画面分あるかもわからない長大なユノディエールを流し続けた日々。で、すぐにエンジンが焼きついてスローダウンしやがんの。這々の体でピットに戻つたら、一体何時間かかるか分らんけどピットクルーが必死でマシンを直してんの。脇のホームストレートをライバルが駆け抜けていくのを悔しさうに見ながら、それでもマシンが直るのを待つてんの。やつと直つたと思つてコースに出たら、自分がすつかりスピード感を失つてて最初のコーナーの壁にぶつかつてクラッシュリタイアしてやんの。バーカバーカ。レースゲームの真髄ここにありだ。

このゲームのBGM、「クイズ年の差なんて」のオープニングに使はれてゐたのは密かに有名。

今日のアルバム(三月七〜八日)

| 01:01

数大杉。

でも、「タイトーゲームミュージック」一枚だけで死ぬまで生きていけさうな気もする。何だかんだいつて、タイトー(ZUNTATA)全部合せてもこのアルバムより好きなものはないんだよな。

「ヌーヴェルバーグ」はASINコードが付いてないのが不思議だ。見落としてるのかな。このアルバムを持つてゐる人は多いだらうが、そのうちの大多数が「ギャラクティックストーム」がどんなゲームかすら知らないものと思はれ。アルバムに画面写真の一枚も載つてないし。オレはたぶん二回しかやつたことがない。単純にゲームとしてみた場合、「ギャラクシーフォース」や「ナイトストライカー」の後にあんなもん出されても。ヘボいゲームにZUNTATAの素晴しい音楽といふ組合せは後の「逆鱗弾」にも通じるものがある。でも曲は本当に素晴らしいんだよね。

「MIDI POWER」の2と4は一体何がX68000なのかわからんといふか、単にX68000のドライバSC-55を鳴らしただけだろと。「2」のグラディウスのアレンジは噴飯もの。個人的にこのシリーズは「ゲームのBGMとしてきちんと使へるアレンジを施したもの」と思ひ込んでゐて、「グラディウス」はさうでなかつたから。今改めて聴けば、かういふのも面白いと思へるのだけど。「4」のゼクセクス島本須美の余計なボイスがない分良い。島本須美は悪くないがあのボイスとデモは「フェリオス」と双璧を為すいただけなさだ。

ファミコンメモリアルベスト3」は「愛戦士ニコル」が目当て。他には「ドラキュラくん」とか入つてるが、そもそもドラキュラ関係だけで何枚アルバムを持つてるのかオレは*1。たぶん、所有アルバムの中でダントツだと思ふ。

ナムコ系は基本のやつばかり。ワルキューレは今や超レア品かな。あらうことか、アイテムゲットのジングルが入つてないといふ致命的な瑕疵がある。SE集のトラックまで用意しておきながら、あの音をなぜ入れなかつたのだらう。

サンダーフォースV」はゲームに付録として付いてきた音楽CD。これもレア品かも。歴代シリーズのアレンジ曲が入つてゐるが、初代は絶対に無視されるなあ。ゲーム性も違ふし、そもそも「ひょうきん族のテーマ*2」を聴かされて嬉しいかと問ひ詰められると黙るほかない。

オフコースは第一期と第二期の傑作と言はれるものを一枚づつ。「over」は確かに物凄いアルバムだけど、あそこまで完成度が高すぎるのもどうかと。あれを出したら、もう一旦解散する以外になかつただらうな。個人的ベストはまた別にあるがそれについては後日。

*1:つか何枚出したのかコナミ

*2:初代のBGMはカッコ悪くも「ウィリアム・テル序曲」だつた

2004年03月07日日曜日

日本GPチケット

| 01:57

本日10:00より発売開始。昨年秋の先行割引予約期間をうつかり逃してしまつたバカなオレ。

GPでのBARの決果次第ではプラチナ化する恐れもあるかもね。ここ数年はまつたり買へるのが良かつたのに。

オーストラリアGP決勝

| 14:08

F1ページ更新

さて,仕事仕事。寝てないので死にさうだが。

拡大と浸透と成長と

| 18:02

キーワード"F1"にリンクしてゐる皆さんの日記にざつと目を通しながら「はてなダイアリーも本当にユーザーが増えたよなあ」としみじみ思つた。昨年の今頃は片手で余るほどしかヒットしなかつたし、少しでもヒット対象を広げるために"F-1"だの"F1"だのを登録しようかと考へたこともあるくらゐだつたのだが*1、今はその必要も全くないだらう。

キーワードに功罪はいろいろあるけれど、ともあれあるべき姿に育つたと思ふ。管理者あるいはユーザーの誰かが望んだ通りの姿であるかどうかには一切関係なく、ね。

OnlineCircuitか‥‥

| 23:25

id:shutaro:20040307を拝見して。世の中には何とも面白さうなものがあるらしい。PCをゲームに使ふことは当面オレの人生からは泣く泣く切り落とさざるを得ない*2のだが、かういふものを見ると「さうも言つてられんなあ」と思ふ。

まあ、バトルギアが楽しいからいいのだ。コンシューマのF1ゲームもそろそろオンラインの有効利用法を見せてほしいなあ。

*1:もちろん思ひ留まつた

*2:金も時間も気力もない

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040307

2004年03月06日土曜日

オゲカプ候補

| 00:43

面白さうなゲームは買つておかうプロジェクトに色々入れておきたいタイトルがあるので、とりあへず列挙しておかう。順不同、新旧及び既発未発も問はない。

単に欲しいもののリストともいふ。

P.N.03とか、「面白さう」なのか? と我ながら思ふ。ワゴン漁りに行くか。御堂筋線は東京の店では買へないレアアイテム。梅田のカーブを我が家で! ところで江坂以北は収録されてゐないのだらうか。緑地公園手前の超高架は?

オゲカプ第三弾

| 00:45

BOOK OFFPS2版「バトルギア2」を買つた。新品流通品が存在しないことになつてゐるので中古で止むなし。

検索さんいらつしやい

| 00:49

なんだらう。気になるなあ。出町柳から北にも実は線路が続いてゐて、深泥池の地下に世音神殿があるとか。でもつて一条山からロボ発進。

オーストラリアGP予選

| 14:39

F1ページ、今年最初の更新。オフシーズンの間は?Dしか使はないんで、普通の更新の仕方を忘れてしまつたよ。

今日のゲーム(三月六日)

| 18:23

バトルギア2(PS2,TAITO,ASIN:B00005OUS4)

バトルギ〜イアァ〜♪ ィェァ。めちやくちや面白いな、これ。「3より2の方が面白い」といふ人の気持が今初めて分つた。CGのクオリティは同時代の他タイトルと比べても数段ショボい*1し、とにかくいろんなところが荒削りだけど、BG3がドライブゲームとして洗練し尽くす過程でごつそり捨て去つてしまつたゲームとしての楽しさが溢れてる。とにかく走つてゐて気持ちいいんだ。これは、中古で見かけたら即買ひですぜ。

ああ、見た目とアーケードの筐体のチャチさに惑はされてこんな楽しいゲームを見落してゐたなんて、勿体ないことをした。なんと不明であつたことよ。でもまあアーケードのあのハンドルがどうにもいただけないのは事実。PS2でGTフォースを使へばその最大の欠点が無くなつて、楽しさを満喫できるといふ次第。「2」で速く走れる様になつたら、その時は「BG3」へようこそ、だ。

ところで超弩級のモデルはどこだ。とてもまともに走れんぞ‥‥

*1:ていふか、たしかGT3と同時発売だつたはず。考へ得る最悪のタイミングだ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040306

2004年03月05日金曜日

yms-zun2004-03-05

へへ、ちよいとしたパズルだね

| 01:36

BG3の筐体にゐたアムロ君。爆風でバラバラになつたガンダムマニュアルを並べ直してゐるポーズ*1

いよいよ開幕

| 01:29

元旦から平成十六年は始まつてゐたが、オレにとつて二〇〇四年は今日をもつて始まるのである。開けましておめでたい頭。これだから三月は。

とりあへず、F1ページを今年仕様にした。ポイントランキング表も更新。サーキットもドライバーも、お馴染みさんやお帰りなさいや初めましてが並んでゐて、いや心躍つてきましたよ。本当はレイアウトを全面的に見直したいのだが、今それをする時間はないので後日にお預け。

関係ないけどF1-Live.comの日本語ページは毎度ながら酷い。予選や決勝の時間帯はおろか、日本とメルボルンの時差まで間違へてゐる。あんな隅々までいい加減なページは消えてなくなれ。英語の方は上記の件は正確なので安心してよい。

オーストラリアGP金曜フリー走行

| 15:31

PosNoDriverTeamTime
11Michael SchumacherFerrari1:24.718
22Rubens BarrichelloFerrari1:24.826
37Jarno TrulliRenault1:25.757
49Jenson ButtonBAR-Honda1:25.786
58Fernando Alonso Renault1:25.853
64Ralf SchumacherWilliams-BMW1:25.882
73Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW1:26.206
85David CoulthardMcLaren-Mercedes1:26.215
914Mark WebberJaguar-Cosworth1:26.312
106Kimi Raikkonen McLaren-Mercedes1:26.579
1111Giancarlo FisichellaSauber-Petronas1:26.601
1210Takuma SatoBAR-Honda1:26.967
1312Felipe MassaSauber-Petronas1:26.969
1616Cristiano da MattaToyota1:27.710
1715Christian KlienJaguar-Cosworth1:27.724
1817Olivier PanisToyota1:27.807
1918Nick HeidfeldJordan-Ford1:27.826
2120Gianmaria BruniMinardi-Cosworth1:28.991
2221Zsolt BaumgartnerMinardi-Cosworth1:29.708
2319Giorgio PantanoJordan-Ford1:30.061

さて、どう見ようかね。なほ,順位の数字に空きがあるのは下位六チームのみ金曜に第三ドライバーのテスト走行が認められてをり、そのタイムがオフィシャルの記録からは除外されてゐるため。

未確認だけど、四番手タイムを出したバトンはエンジンブローに見舞はれたらしく、それが本当なら予選順位からの十番降格がすでに決定。酷いルールだね。(追記)BARのプレスリリースによると特にこのことには触れられてゐない。安心してよささうだ。

予選は75%の確率で雨と予想されてゐるらしい。

今日のゲーム(三月五日)

| 01:33

バトルギア3TUNED(AC,TAITO)

三月三日から加はつた新コース、上級B順走を走つてみた。いかにも空気の薄さうな高所のコース。NA車はパワーダウンするらしいので気をつけろ*2

高速S字のイン側はともかく、各コーナーのアウト側にある雪は乗つたら終りぽい。それと、最終セクションの一番奥のコーナーのラインがわからん。アスファルトをキープすべきか、イン側の雪に思ひ切り乗れるものなのか。

何にせよ、「雪の上のコントロールを楽しむ」といふコースではなかつた。やや残念ではあるが、匠モード専門プレイヤーとしてはなかなか熱く楽しめる。ライバル指定よろしく。

あとは弩級B順走を数本。やつと速く走る方に気を回せる様になつてきたが、ペナルティの罠は依然厳しい。タイム更新ならず、ショボン。

今日のアルバム(三月五日)

| 23:01

なんかパロディウスだらけ。「極上」は名盤だが、後ろの数トラックが余計*3。聴く気も起こらないのでそこはファイル化しなかつた。「実況」も密かに名盤。SFCの音源であることを忘れさせてくれる。ゲームも面白かつた。後に出たセガサターン版も悪くないけど、やはりSFC版の方がいい。「セクシー」は、ゲームも曲もある一線を踏み越えてしまつた感がある。もうついていけない。

OGRギャラリー、一曲目からいきなり「アウターゾーン」のアレンジといふのが凄い。このゲーム、見たことある人も少ないんではないか。ていふかオレは見たことも遊んだこともないぞ。二枚組で捨て曲一切なし、スクランブルフォーメーションの没曲で泣くっしょ。

ハーレーダビッドソン」は「クレイジータクシー」のβ版みたいなゲーム。クレタクほど壊れてをらず正直地味なゲームだつたが、「一つの街を縦横無尽に走り回る」感覚はこちらの方が純粋でオレ好みだつた。かなりやりこんだのでマップはまだ頭に入つてゐるはず。どこかに置いてないかな。

「GTI CLUB」もメーカー違いの似た方向性のゲームだつたが(つかこれが元祖か)、出回りが少なくてあまり遊ぶ機会がなかつたのが悔やまれる。収録三作がどれもマイナーすぎてASINコードも見つからなかつた。

「19XX」はゲームが好きだつたんで買つたアルバムだが、曲は正直あまり面白くない。残念。

おつと、「20thアニバーサリー」は新譜だつた。ゲーム方面の超豪華メンバーによるフルアレンジアルバム。壮大な映画音楽みたいなスーパーマリオが特に気に入つた。それにしてもめがてんやミッシェル古川やメタルユーキやYack.が任天堂の曲をアレンジするなんて、いい時代になつたもんだねえ。

カレカノ」はACT2.0を買つたのをすつかり忘れてゐた。「遠い叫び」は微妙にアニソン。ていふかジャケットからしてアニソン。

*1:ウソ

*2:ウソ

*3:ゲームとは全く関係のない声優のドラマとボーカル曲。作曲はミッシェル古川だがいらんものはいらん

みかがみみかがみ 2004/03/06 00:35 やったことも無い時のオカリナの音楽が凄く好きです。  曲を聴くと、「ああこういう場面かな」とすぐに解ってしまうのが、任天堂の音楽の凄いところ。  ただ、(悪い意味で)もっと凄いのは、いい仕事してるのに、個人名が殆ど表に出ないのも任天堂。  なんか寂しいですな…。(苦笑)

yms-zunyms-zun 2004/03/06 00:57 スーパーマリオにゼルダといへば近藤さん、といふのもやはり知る人ぞ知る知識になつてしまふんですよね。たぶん世界中で一番知られたゲーム音楽の作者なのに‥‥

yms-zunyms-zun 2004/03/06 02:55 ていふか、折角ハードを買つたのだから是非遊んでみてはいかがでせう>オカリナ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040305

2004年03月04日木曜日

ううう

| 00:39

家に帰つても仕事、仕事、仕事。BG3ちゅどーんの追加コース走りたい。

あ、テストコースつてのは(今回は)ガセだつたやうで、申し訳ないです>店長どの

ネタ被り

| 01:47

BGMとして「スペースチャンネル5」と「Gダライアス」を立て続けに鳴らしてゐたら特徴あるサンプリングのコーラスに同じ素材が用ゐられてゐることが分るのだが、かうした場合に音屋さん(当事者)はどういふ反応を示すのだらう。「やつちまつたー」なのか、「さう来たか」なのか。

曲の印象を左右するほど特徴ある素材の場合、他で使はれてゐることも承知で選んだりもするのだらうが、はて。

怪獣は好きですか

| 02:48

心の底からよく分る話。

さういへば、このことでワンフェスの日の帰りの電車で友人と少し口論になつてしまつたのだ。

経緯はともかく、オレは流れ上ゴジラを擁護‥‥といふか容認‥‥する立場にならざるを得ないわけで、友人はそれに対して「いつまでもゴジラばかり作つてないで、新しい怪獣映画を作らんとあかんやろ」と言ふのだ。それは確かに正しいが、オレは反射的に「でも今さら新しい怪獣映画なんか見たいですか?」と答へてしまつた。我ながら良くない答へだとは思ふが、それが偽らざる気持だ。怪獣なんてフィクションとしても有得ないことを、もう皆知つてしまつてゐる。オレはゴジラといふ怪獣の造形が好きだから毎年観に行つてるので、アイドルの追つかけと全く変らんし、だからゴジラが作られ続けるべきだとは思はない。ただ「どうせ怪獣映画を作るんならゴジラにしとけばー」くらゐにしか思つてなくて、その程度の期待に対して「メガギラス」以降充分以上に面白いものを観せてもらつたことを感謝するばかりである。

次で最後だといふならそれも良からう。出来に期待しないことにも馴れてゐる。新しいのが上映されたら観に行く、良かつたら喜ぶ、それだけだ。

随分昔に「しあわせのかたち」でゴジラを植木等になぞらへてファン心理を皮肉つたマンガがあつたけど、あれは秀逸だつたなあ。

朝だ〜

| 11:43

といふか世間的には昼だし。やつと一仕事終つたので、さあ職場に行かう。

ゲッソリ。

昼だ〜

| 13:27

掛かつてくるはずの電話がこない。

オレにカレーを喰はせろ!

雨だ〜

| 14:57

最悪だ。これだから三月は。

今日のアルバム(三月四日)

| 18:54

今日棚から手に取つたのはさういへばこんなの買つたつけなあ、といふものばかり。ズンタタもセガラリーも、買つてから一度しか聴いてないと思ふ。アレンジアルバムはよほどツボにはまらないとかういふことになりがち。今改めて聴けば決して悪いわけぢやないんだけど、それはむしろオレの方が冷めてしまつたせゐかもしれない。ま、DUAL MOONなんかは元が良いからどうアレンジしたつて悪くはならんし。DDRもaikoも、オレが買ふわけがないだろと自分でツッコむほど明らかな衝動買ひだ。

それにしてもナムコの古い音源は悉くASINコードが付かない。中古でもよほど出回つてないのだらう。ウイニングランは名盤だと思ふがなあ。

「陽だまり」はある意味アニソン

検索さんいらつしやい

| 20:23

怪物ランドのプリンスだい。パケットは、わては妖怪ランド。

yms-zunyms-zun 2004/03/04 08:45 ごめんなさい、個人の特定は本題と関係ないのでそれについてのコメントは勝手ながら削除しました。

みかがみみかがみ 2004/03/04 10:20 たぶん「ガ〜イジ〜ンさん〜も〜」というオペラコーラスの事ですね、ついでにレイブレーサーのCDで「TEKNOPERA」という曲をを聞くことをお奨めします。(笑)  音ネタのかぶりについては、多分気にしてない人が多いと思います。コラージュ系のテクノの作曲者にはむしろ好んで有名なドラムフィルとかをサンプリングして組み込んだりする人も多く居ます、自分があまりやらないのでコラージュ系の美学を語るもおこがましいのですが。  音ネタの素材そのものではなくそのコラージュの技法自体に美学を感じる人にとっては「同じ音ネタで俺はこんなに面白いリフを作れる」という快感があるらしいので、逆に同じ音ネタ同じサンプラーで作ることにこそ価値を見出す…という人もいるようです。  あと、現在主流になっているサンプラーという楽器自体が「元々誰かの音(単音に限らず)をネタとして使う」というものだったので…古くで言えばオーケストラヒットとか。  あのオケヒという楽器の存在自体が、小さな音ネタぐらいならという前提で音ネタの拝借を暗に認めよう、という上に成り立っていますからねぇ。  長文ですみません。

みかがみみかがみ 2004/03/04 10:21 あ、答え忘れ。(苦笑)  そんなわけで、「さう来たか」となるのではないかと。

yms-zunyms-zun 2004/03/04 13:32 有難うございます。どうやら、時代的にはレイブレーサーが最初に使つたといふことになりさうですか。なるほど。テクノサウンドのことはほとんど知らないので参考になりましたです。

yms-zunyms-zun 2004/03/04 13:34 あ、「最初に」つてのはここに挙がつた中では、といふ意味です。

skobaskoba 2004/03/04 22:39 雨ならいいですが石川では雪が降っています・・・

yms-zunyms-zun 2004/03/04 22:47 ああ‥‥日本は広いですねえ‥‥そちらの方ではやはり冬場に自転車なんて乗れないものなんでせうか。

skobaskoba 2004/03/05 09:15 いえいえ、自転車乗りは平然と路肩を走行してますよ。こけたら轢かれるというのが難点です(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040304

2004年03月03日水曜日

固定翼の天使

| 01:36

ハイウイング・ストロール(小川一水,ソノラマ文庫,ISBN:4257770279)

小川一水の「空モノ」最新作。てつきり続き物の第一巻かと思ひきや、綺麗に完結した作品。一冊の物語として抜かりなく面白かつた。雰囲気としては「イカロスの誕生日」に近いものを感じたが気のせいか。クライマックスが多少強引なのもいつも通りの味はひだ。

ソノラマのサイトにはぜひともアニメにしたいとあるが、これはどちらかといふとオンラインゲーム向きではないだらうか。といふか、読んでゐて「まるでゲームのノベライズやなあ」と思はされる箇所が多かつた。ゲーム風小説を書くならかう書け、といふ手本にはなるだらう。だからといつて、もちろん設定の羅列に堕してはゐない。設定はすべて物語のために。これがなかなか難しいのだ。

平行宇宙の先にあるもの

| 02:14

と、前項でさんざん褒めた*1後だが、ひとつだけ気にかかることがあつた。といつても作品の本筋とも、作品に対する評価とも全く関係のないことだ。

小川一水といふ作家は精力的に作品を発表してゐる。SF作家といふこともあつて描かれる世界は多様だが、概ね我々の住むこの世界と地続きであることが特徴と言つていいと思ふ。

それでは、すべての物語がひとつの時間軸に収まるのかといふとさうでもなささうだ。ざつと考へて「回転翼の天使」「郵政省特配課」あたりはこの世界と大きく変らないが、そこから「群青神殿」と「イカロスの誕生日」のどちらかに分かれると互ひに行き来はできない様に思へる。「第六大陸」は「群青神殿」のすぐ後の話だらうが、その先の未来は「導きの星」には続かないだらう(ETIに関する設定に齟齬がある)。

「群青」路線と「イカロス」路線のどちらからも取り得る未来として「メデューシン」があり、さらにその先に「ハイウイング・ストロール」があるのではないかと考へられるが、それもやはり「導きの星」とは別の宇宙だらう。以上,ここに挙がつてゐない作品は未読なので何ともいへない。

この様に考へることに意味があるかといふとたぶんないのだが、ともあれ気になつたのは「この作家の中では、これらの作品ごとの世界はすべて独立したものなのだらうか」といふことだつた。たぶん答へはイエスなのだらう。といふかオレはさうであつてほしいと願つてゐる。といふのも、「ハイウイング・ストロール」の世界ははつきり言へばナウシカ世界そのものであつて、途中にどんな時代があつたか知らないがそんなものは全て歴史の中に封印された後の話なのだ。

オレがそんなことを考へる様になつたのはどうやら「ターンAガンダム」の印象が強烈だつたせゐらしい。過去の映像としてアムロの操るRX-78ガンダムMS-06ザクを貫くシーンが映し出されても、それは遠大な悲劇の始まりといふ扱ひなのがいたたまれなかつた。これを見せられたらもうどんなガンダムの新作が作られても「はいはい、どうせこれも黒歴史の一ページなんだね」といふことになつてしまふ。だからもう、オレはガンダムの新作に興味を示せないし、実際SEEDが最終的にどうなつたのかも知らない。

ガンダムのことはともかくとして、さういふ風に考へてしまつては新作を楽しめなくなつてしまふから、「実は一つの世界だつたんだよーん」などと種明かしされたりしない様願ふ次第である。要らぬ心配だとは思ふが、作家によつては大きな矛盾に目を瞑つてでも自らの作品世界を統合しようといふ考へに取憑かれるのもまた、よくあることなのだ。

浅草火事

| 10:45

昨日の朝、浅草の三平ストアが全焼したことを今日になつて知つた。今年に入つてから、自分に関係のある場所、馴染み深い場所が毎月焼けてゐる。これで三件目だ。何なんだ一体。

これだから三月は。

*1:読み返すとさんざん褒めた、といふほどではないな

2004年03月02日火曜日

寒の戻り

| 01:27

外を歩くと息が白い。これだから三月は。

マイナス異音

| 19:41

モーションチェックのために赤坂へ。早稲田から三十分はかかると見てゐたら、二十五分でも余裕があつた。でもさう思つてゐると次回に遅刻するので三十分かかるものと思つておかう。

で、途中どうしても市ヶ谷の丘を越えなくてはならないのだが、もう音が鳴る鳴る。これはやはりBBを換へる必要があると判断。しかし次の休みにそれをする時間があるかどうか、つか休みなんてなささうだが困つたぞ。

今日のゲーム(三月二日)

| 02:24

Kunoichi-忍-(PS2,SEGA)

面白さうなゲームは買つておかうプロジェクト第二弾。単なるワゴン漁りともいふ。

世間的にそこそこ評価されてゐた様だが、うーん。いや、PS2のアクションゲームによく見られることで、このゲームに限つた話ではないのかもしれないが。気になつたのは二点。

ひとつは使ふボタンが多すぎてまともに操作するのが難しいこと。まあ慣れの問題だけれどそこまでボタンを分けなくても、と思ふことが多々ある。BIGINNERモードではいくつかの操作がまとめられてゐる様だが、いつそそれを標準にしてゲームバランスの方をそれに合せた方が良いのではないか。さう思はされるくらゐ、ボタンの割当てに必然性がない。

もう一点はシステムの方。出現した敵を一定時間内に倒すと殺陣タイマーが発動、これがなくなる前に四体以上の敵を倒すと「殺陣」が成立してプレイヤーキャラが見栄を切る。あと「連撃」なるいはゆるコンボもあり、それぞれボーナス点などに関はる様だが、どちらも結局「一定時間内に何かする」だけのことでありその時間設定にこれまた必然性がない。何といふか、そんな勝手なルールを押付けられてもなー、と醒めた目で画面を見つめてしまつた。なほかつその「何か」とは攻撃ボタンを押しまくるだけで、結局やつてることはガチャプレイ。これが気持いいかといふと、全然そんなことはないわけで。

  • やたら多くのボタンを使はされる
  • 大抵コンボといふ形で必然性のないルールを押付ける

この二点、PS2のゲームによく見られると思ふのだが、何とかならんものか。敵を倒す気持よさの演出はさういふシステム側の押付けではなく、もつと根本的なところで目指すべきだらう。THE地球防衛軍三國無双の様に数で押してくるのも手だし、他にも色々手はあるはずだ。対戦格闘におけるコンボは「相手が一切手出しできない状態」といふ必然性があるが、一定時間内に攻撃を繋ぐだけなどといふただプレイヤーを急かすだけの仕組みはそろそろ捨てていただきたいものだ。

しかしなんだ、何度も「PS2のゲーム」と書いたがこれ、セガのゲームなんだよな。やはり郷の色に染まるものなのか、それとも時代が変つたといふことか‥‥ ことさらセガを特別視することはないにせよ、アクションゲームを作るための方法論の蓄積はこんなものではないだらうに。それも幻想か。

今日のアルバム(三月二日)

| 01:21

グラディウスアーケード」は既存のアルバムと少し違ふミキシングの様で、グラIIのPCMコーラスの音量が非常に小さい。なんだかX68000版の内蔵音源バージョンを思ひ出すが、これはこれで良い感じだ。88年当時は「サンプリングでござい〜」と滅茶苦茶な音量バランスで聴かせる曲がメーカーを問はず多かつたわけで、本来このくらゐに抑へておくべきものなのだらう。あと、PS/サターン版のエンディング曲が入つてるのはポイント高い。本当に名曲

あ〜る」のドラマは今聴いても完成度が高い。練りこまれたシナリオはOVA以上だ。「裏返つたなA面B面!!」といふ台詞に時代を感じるものではあるが。

みかがみみかがみ 2004/03/03 02:16 VIDEO GAME GRAFFITI vol.6』

みかがみみかがみ 2004/03/03 02:19 すみません、リターン押しました…。『VIDEO GAME GRAFFITI vol.6』これが今でも簡単に手に入るものなのですか?  正直羨ましいです、こっちではレア扱いの6000円ってところですかね。  シルバーガンのサントラなんて、未開封10000円ですよ、僕が売った時は3000円だったのに。(笑)  長いこと中古CDを漁っていなかったので、いまどんな物が流れているのか全然わかりません。

yms-zunyms-zun 2004/03/03 02:25 ASINコードが見つからないくらゐですから、入手は困難でせうね‥‥
このリストは手持ちのCDをデータ化した、といふものなので大抵のものは今や入手困難だと思ひます。ゲームCDなんてナマモノですからね(泣)
VGGシリーズをはじめ、ビクター音産のナムコ音源シリーズは復刻されるべきだと思ふのですが‥‥

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20040302

2004年03月01日月曜日

お誘ひ御礼

| 00:38

orkutにてyukattiさんやshimakenさんから私如きに友人のお誘ひを頂いております。本当に有難うございます。

うあ

| 00:51

Aカップ終つちまつた‥‥

FOOL ON THE WHEELS

| 01:17

ういーす。またそのうち。ポテチになるまでは今のを使ひます<やめとけ

そちらの購入計画ですけど、十五万出せるならカーボンフレームのフラットバーロードが狙へさうでいいなあ、とか。個人的にはMTBよりそちら方面に目移り中。

といふのも、走るのはほとんど車道なので「これならMTBである意味がないなあ」といふのが実感でおます。特に顔面ダイブ以後。ヒヤッとする瞬間も決まつて歩道を走つてゐる時に起りますし、経験した深刻な事故もすべて歩道走行時でした。車道の方が安全とはとても言へませんが、予測のつかない事態はむしろ歩道の方によく起ります。

| 10:36

やつと乗れる様になつたと思つたら雨ですよ。まあ電車なら本が読めるけど。「ハイウイング・ストロール」(小川一水)は今日中に読了できるかな。

‥‥雨と思つたものは霰でありました。これだから三月は。

GTSゲーム

| 20:28

id:takanabe:20040301経由。GTS(Giantess:巨大女)フェチ方面には一定の理解と距離を置いてゐるオレであるが、これは何ともはや。商売になると思つた企画の人が凄い。てか、なるのかなー。

それより何より気になるのは、これのパッケージをきみづかセンセが描くのかどうかといふ点であるが、つふか描け。

検索さんいらつしやい

| 22:11

このワードでうちが二番目にヒットするのかー。それはよいとして「弟一話」つてなんだ。絶妙なDQNぷりだな。それが当たるオレの日記モナー

今日のアルバム(三月一日)

| 03:21

面倒なのでASINは割愛。

なほ、「ル・マン24」は愛してやまないDCの名作ではなく微妙にクソゲーアーケードのアレ。最高速度で走つてる自車の目の前でクラッシュ、宙を一回転したCPU車がなほ自車の前を走つたままで抜けないといふゲームをクソゲーと呼ばずして何と呼ぶか。しかもこのゲーム、CPUを抜くことで残りタイムを稼がなくてはならないシステムなのだ! アホかとバカかと。

仕事中にシングル・マンを聴くのはあまりお奨めできないかも。脳みそのどこかを掻き毟られる感じ。決して嫌いではないのだが。

2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報