大和但馬屋日記

この日記について

2005年04月21日木曜日

yms-zun2005-04-21

プラネタリウムを見てきました

メガスターの上映を観るのは初めて。なるほど、大掛りな施設でなくともこれほどのものが見せられるのですな。ただ、大掛りでないといつてもエアドームなので出入口がエアロック構造になつてゐる。出るときに良く見ると開け閉めの影響は大きいやうだ(全体の容積が小さいのだからむしろさうなつて当然)。本で読んだ通りではあるが、なるほどと実感。

それはさておき、本番の星の投影について。すごい、確かにこれはすごい。ただ、あまりに凄すぎて、光害の少ない場所で本当の星空を見上げた時と同じ様に当惑した。星が多すぎてどれがどれやら分らなくなるのだ。星座を見るだけならば六等星くらゐまでの星空で充分だとも言へる。さういふ意味では旧来のプラネタリウムにもまだまだ存在意義はあると思つた。メガスターの映し出す星空はそれとは全く別物だ。

あとは、その凄い星空をどう見せるか、かなあ。道具は凄いのだから、これは上映する側の問題だと思ふ。日本科学未来館インタプリタによる妙に名調子づいた解説は聞いてゐてあまり楽しくはなかつた。場所柄観客は大人しか居なかつたけれど、大人でもポカーンとした感じだつたし、もし子供が同じものを見ても興味を引かれるかどうか。科学未来館を訪れた子供達はどうなのか。

科学方面のイベントなどを見るたびに気にかかるのは、オレ自身を含む一般の人と、その科学分野がどの様に繋がつてゐるのか(あるいはどこで断絶してゐるのか)を上手く説明できてゐるかどうかといふこと。「こんな凄いものがあります、凄いでせう」といふだけではやはり駄目で、それがどう凄いのかが分らないと「ふーん」で終つてしまふ。といふか、オレ自身が「ふーん」で終つてしまひさうで、それがなんか悔しい。昨日「キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ」を読み終へた時には一人静かに打ち震へてたりしたのだから、自分の感性が摩滅してるわけではないと思ふ、思ひたい。

例へば、あざとい方法ではあるけれども「現実の東京の星空(都心では三等星以上くらゐしか見えない?)」→「従来のプラネタリウムで見られる星空」→「メガスターの実力」を段階的に見せるとかして、観客に「おお」と言はせるタイミングを与へてやるとか。

もうひとつ、現実と徹底的にリンクさせて、「今現在の星空(昼間の時間帯であつても、太陽がなければこんな風に見えるはずの星空)」を見せてくれたら面白い。当然今なら秋の星座が見えるはずで、その中に「今そこにある太陽」を一つの天体として置いてやるとか。そんな風に、知覚をほんの少しずらすだけで別の何か(言はば真実の一端)が見えるといふ様な構成になつてゐれば、擦れた大人にも「すごーい」以上の何かを感じさせられるのではないだらうか、と。

ともかく、モノは凄いので、まだメガスターを見たことのない人は行つてみるとよいです。今週の土曜日まで。観覧は無料。

この記事にコメント/トラックバック

成功の重みはたつた1kg×2

キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ(川島レイ,エクスナレッジ) - 大和但馬屋読書日記 - bookグループ

キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ

キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ

大学生による、十センチメートル立方の超小型人工衛星打ち上げ成功の記録。

もちろん、この本の結末がどういふことになつてゐるかは既に知つてゐる。隠された事実でも何でもなく、現に二つのキューブサットが今も軌道上を回つてゐるわけで、さういふ意味では安心して読めるはず。しかしまあ、その結末に至るまでに起きたことどものなんとドラマチックであることよ。ある局面では、ほとんど詐欺紛ひの目にさへ遭つてゐるではないか。よくもまあ打上げまで漕ぎ着けられたものだ。

仮に、「プロジェクトは必ず成功させなくてはならない」といふスローガンめいたものを大前提として掲げてみる。「なぜ成功させなくてはならないか」といふ理由など必要ない。この前提の前には、現れてくるすべての「理由」は「なぜ成功しないか」を説明するものでしかなく、そのことごとくを退けたものだけが成功を味はふことができるのだと、さういふ風に読んだ。

これは別に「成功することだけを信じていればよい」といふ精神論ではない。「成功しない理由」を退けられるのは具体的な目標であつたり、複数の回避策を講じておくことだつたり、人間関係を築いておくことだつたり、一度失敗しておくことだつたり、あるいは運だつたりもする。ただ、当事者が「成功しない理由」を退けられると信じてゐないことにはどうしようもないわけで、信じる信じないといふより「さういふ感覚を持てるかどうか」なんだらうな。

「プロジェクトは必ず成功させなくてはならない」といふ大前提に沿へば、自分が身を引かなくてはならない場合(学生だつたら卒業もするし、何が起るか分つたものではない)でもプロジェクトが止まることは有得ない。当り前のことばかりだが、日頃プロジェクトが前に進まない理由にまみれて生きてゐる身にしてみれば、読み進めながらいろいろとつまされるものがあつた。

それにしても、本当に小さいよキューブサットは。何となく名前からの連想でニンテンドーゲームキューブくらゐの大きさを想像してしまふのだけど、実際は‥‥

この記事にコメント/トラックバック

なんとかクラッシャー

「傾城」「傾国」の当代風解釈といふことにしてはどうか。意味も字面もピッタリだ。

この記事にコメント/トラックバック

タグ付けとレッテル貼り

同じ事象でもどちらの言葉で表現するかにより意味が正反対になりさうな。ええと、コノテーションて奴ですか。

この記事にコメント/トラックバック

今日のゲーム(四月二十一日)

ギターフリークスV(AC,KONAMI)

三回プレイ。

茉森師の有難い教へ(ギターフリークス初歩の初歩 - matumori’s blog)に従ひ、最初の一プレイ(三曲)はベースモードでやつてみた。「TIERRA BUENA」で全コンボ達成。あとは通常プレイ。

ノートの速さはカードを作つてすぐに二倍速にはしてたのだけど、ベースプレイ三曲と二回目のプレイの二曲目では四倍速にしてみた。しかしこれは同じライン八分刻みの続く時にどこを弾いてるのか分らなくなるのと、そこへ急に十六分が混じる様な時に全く対応できなかつたので、「琉球ランデブー」以降は三倍速で。この辺がオレには丁度良い様だ。

オルタピッキングは家で練習する時には試してみたりもするのだけど、ほとんど成功率の低いガチャ弾きと化してゐて今はまだサッパリ。

それより気になるのは、稀に予期せぬMISS判定が出ること。どうも、ピッキングの後の戻りのバネが勢い余つて反対方向に入力したことになつてゐる様な気がしてならないのだが、これつてかういふもん? 店のメンテが悪いのか、オレが気をつけなければならんものなのか。

あれほど不満に思つてたバンブラの誤入力も最近は滅多に起らなくなつてゐるから、これもその類の問題にすぎないのかもしれないけれども。

機動戦士ガンダム-一年戦争(PS2,BANDAI/namco:ASIN:B00065G7PQ)機動戦士ガンダム 一年戦争

ジオング戦。残り一パーセントの耐久力でジオングの胴体を破壊するまでは良かつたが、最後つ屁のビームに殺された。

こちらの攻撃が当らないこと甚しい。アシストだけでなく、ロックオンそのものを切れないものか。

この記事にコメント/トラックバック

candocando 2005/04/21 06:46 あー、確かに。一発目避けられるのは仕方が無いにしても、避けてる軌道上を狙ってビシバシ当てたいですよね。「off」のロックオン状態だと、旋回行動取られてる最中はまず当たらないですし。個人的には、「照準の色は変わるけどロックはしない」という設定があれば良い塩梅かも。

matumorimatumori 2005/04/21 13:07 今現在ちょうどいいようなので、しばらくスピードを変える必要ないと思いますが、いつか次に上げる時が来たら0.5ずつ上げてみて下さい。

matumorimatumori 2005/04/21 13:20 ちゃんと弾いてるはずなのにMISSが出る、暴発と呼ばれる現象ですが、多くの人が疑問に思っているようです。V稼働時から、全国的に、という事で、ソフト的な反応の違いが出ているんじゃないかと予想されています。個人のプレイスタイルによって出たり出なかったりしているようなので、対策については…優しくピッキングしてみたり、逆に強くピッキングしてみたり…色々試してみるしかないかな(汗)

yms-zunyms-zun 2005/04/21 13:55 >candoさん:その通りなのですよ。こちとらニュータイプに目覚めたアムロなんだから、敵の移動する先にビームライフルの弾を置いとくのが筋といふものでせう。それができずに、アシスト強にしたら弾が誘導されてよく当るつて、それではガンダムではなくてスペースコブラです。つかこちらがサイコミュ兵器ですかと。
>茉森師:まあ、一度極端な設定にしてみて限界を知つておくといふのはわりと常套手段になつてますので。曲を身体で覚えないとこれ以上速くはできませんなー。暴発はオレだけの現象ぢやないのね。かへつて不安ではありますが。

2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報