大和但馬屋日記

この日記について

2005年05月26日木曜日

やりきれん

no title体験版が遊べる「LUXOR」といふゲーム。「ZOO KEEPER」を起動中に流れるデモ画面を見て知つた。何だこれは。「パズループ」そのまんまではないか。試しに遊んでみた。何だこれは。「パズループ」そのまんまではないか。

もちろん、操作系が違ふから、完全なパクリではないといふことはできる。それにしても、操作系以外の部分がそのまんますぎる。さらにいへば、これは「パズループ」の孫コピーと考へた方がよささうだ。すでに「パズループ」は深刻なパクリ問題を抱へてゐる。詳しくはNGM-text for Video Game:『ZUMA』は『パズループ』のパクリ?を参照されたし。

アイデアの盗用などについて口やかましく言ひたい訣ではない。前述のリンク元のNGMの方(id:msrkbさん)と同じで、オレは「パズループ」が好きなのだ。なのに、そのコピーや孫コピーばかりが広まつていくのが悲しいんだ。畜生。

どのくらゐ「パズループ」が好きかを今更テキストになんか起せないので、何年も放置してゐるコンテンツの方にリンクを張つておく。書いたのはもう六、七年前だらうか。

評点として★なんかつけたりしてて恥かしいけど、まあ、「好き」といふ気持ちだけは伝はるだらう。あの「直感ヒトフデ」を作つたミッチェルのことだ。といふか、任天堂の人が「パズループ」を見て「何か作らないか?」と持ちかけて出来たのが「直感ヒトフデ」だときく。前にも書いたけど、もう一度。ニンテンドーDSで遊べる「パズループ」を作つてください。お願ひ。

つか、「LUXOR」といへばPC-88用のシューティングだよな普通。

皮肉なもので

b.hatenaからのアクセスが多いな、と思つて調べたらブックマークやめた宣言のエントリがオレの記事の中で最高の被ブックマーク数になつてるよorz (参照)

ともあれ皆さん有難う。読んでくれる人が居るのは幸せなことです。

でもさ、たかだかネットの片隅の一個人の後ろ向きな意志表明に注目しすぎでない? とも思ふよ正直。これではまるで行列のできるラーメン屋ぢやないか。

コメント欄に書いたことから話を広げると、日本における「ソーシャルなんたら」て、どれもこれも空気醸成装置として働きやすいものだなあと。日本社会といふものが空気に支配されてゐるのだから当り前の話ではあるが。もう既にネット中のいたるところが、なかんづくはてなのサービス全体が「空気嫁」といふ空気で満ち満ちてゐるんぢやないかといふ気がして、窒息しさうになつた。

とりあへず皆、「「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))」嫁。

まだ査定中

いつ返事がくるのかしらん。

しかし、今住んでゐる区の役所よりも、引越先の役所の方が現自宅に近いといふのはどうよ。

皆知つてるけど遊んだ奴はまず居ない

562 :NAME OVER:2005/05/26(木) 06:50:52 ID:???
【機種】 ゲームウォッチ
【ジャンル】 アクション
【年代】 20年位前?
【その他気がついたこと】
かなりうろ覚えですが、忍者がプレイヤーで、
上から手裏剣とかが降ってくるので避けながら画面の右端から始まって左端までたどり着く、の繰り返し。
582 :NAME OVER:2005/05/26(木) 21:43:31 ID:???
>>562
スネオのヤツ?
583 :NAME OVER:2005/05/26(木) 21:46:25 ID:???
>>582
そうきたか

【機種名を忘れずに】レトロゲームの名前質問スレ32

死ぬほどワロタ

遊びたかつたなー、あれ。まあ、ほとんど「ヘルメット」まんまだけど、右端で時々現れる侍が曲者なんだよな(どつちかといふと曲者は忍者の方だが)。つか、それは「クロスハイウェイ」か。

mutronixmutronix 2005/05/26 15:46 [注目]読んでるかどうかっていうより、そこを起点にした気分の表明・人の気分の確認みたいなのがSBMの(日本的な?)機能なんだなーと、自分のことも含めて思いました。

yms-zunyms-zun 2005/05/26 15:48 なるほど納得です。私が昨日恐怖を感じたのも、さういふ「空気醸成ツール」みたいな側面を感じたから、ともいへさう。

yukattiyukatti 2005/05/26 18:58 個人的にはBMのマイナス面として知識欲と思考まで切り出しちゃう風な知識・思考提示欲(あるとすれば)なんだろうか、とか、立ち現れる思考トレースに脅威を感じてもいたんだけど、やっぱり「空気嫁」なんですかねー。そういう使われ方はなんかつまらないなぁ……としょんぼりしてしまう。

yms-zunyms-zun 2005/05/26 19:35 たぶん、ユーザー個々人の使ひ方としてはyukattiさんの仰る方がより実態に近いと思ひます。mutronixさんの意見と組合せてみますれば、こんな感じかと。敢へて悪い方に悪い方に考へてみますよ。
・ある記事を「発見」してクリップし、コメントを付ける。1ゲットなら、たぶん「そこを起点とした気分の表明」である確率が高い。それは気分を言語化したものであつたり、単に文字数の制約のせゐもあつて、日記なりブログなりに書かれるものよりも生煮えの「思考の切出し」に近い。もちろん、醸成された思考の優れた要約である可能性もあるが、要約であるが故に伝はらない可能性も高い。
・いくつかコメントが重なると、多数意見がその場を支配する「空気」を為す。もしかしたら、それは「うむ」とか「同意」とだけ書かれたコメントが醸成するものかもしれない。
・システム上コメント間で議論が成立し得ないので(複数回のコメントができない)、当該ブックマークをさらにブックマークすることでメタ言及的にコメントを増やせる。そこでは、最初のブックマークの空気とはまた別の空気が生れる可能性がある。
・どの段階においても、そこにあるのは「場」でしかない。コメントを通じた直接のやりとりはできないし、大元の記事が消滅しても「場」が消えることはない。
・コメント者同士、あるいは元記事の主がコメント者と直接対話をできる保証はない(ダイアリー利用者とは限らない等の理由で)。
かうして、WEB上のあらゆるURLに対して一つづつ、または複数のある空気を纏つた場が生れる可能性がある。それがSBMといふか、他は知らないので「はてなブックマーク」の持つある一面なんだなと。これは、もしかしたら、2chのヲチ板なんかとは比べ物にならない脅威と考へてよいかもしれません。
勿論、ほとんどの人は悪意をもつて利用してゐる訣ではありませんが、それ故に私には恐ろしいものに感じられます。空気といふのは意図的に作るものではなく、自然にできるものですから。
ああ、結局はてな語りをしてしまつてます私。やめたつもりなのに。

yms-zunyms-zun 2005/05/26 19:37 当然の反論として「それは今までだつて同じだ」といふことは可能ですが、ある方向に加速してゐるのではないかといふ危惧はそれでは解消されません。もともと原理の問題ではなくて程度の問題なのだから。

2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報