大和但馬屋日記

この日記について

2006年01月26日木曜日

DSライト

あれだな、そろそろ「メーカーが公式に噂を否定したら早晩噂通りの物が発表される」といふ常識ができつつあるのな。つかワシが知らんかつただけか。

さて、今あるDSの片方は「脳トレ」つけて実家にでも送ろうか。‥‥あー、片方を「森」、もう片方を「カート」の通信専用機に設定しちまつてるよ。まあいいか。去年の暮れからこちら、一度も「カート」起動すらしてないし。


あー、ワシは別に親に「脳トレ」を与へるべき不安を感じてゐる訣ではない、といふかそもそも「脳トレ」の脳に与へる効果なんて信じちやゐないです。「脳トレ」が脳のトレーニングになるならそれはお手玉も同じことなのであり、結局のところ「脳トレ」で鍛へられるのは「脳トレ」で良いスコアを叩き出すスキルだけだらう、と人のソフトで遊んだ後で思つた。

実家に云々といふのは三台目のDS本体を購入しようといふ愚かな振舞ひについての自分自身への言ひ訣にすぎないのですきつと。

「瞬感パズループ」も三月二日発売

DSライトよりもこちらの方が重要かな。

アーケード版のダイヤルコントローラならではのダイレクトな操作感の再現を望むのはやめた*1。画面が狭いので、あのクラクラするやうなボールが押し迫つてくる圧迫感もたぶん味はへないだらうと思ふ。でも、ミッチェル任天堂の仕事に期待してゐるよ。

「ZUMA」をこの世から消し去るためにも。

「時かけ」と略すと蕎麦が喰ひたくなります

気付くのが遅い。

随分前のこと、id:yms-zun:20040506:1083774711主人公の名前が「芳山和子」のままといふことに物凄い違和感を覚えた。平成十六年に舞台を移した創作物の女の子の名前としては、あまりに時代がかつてゐる様に思ふなんてなことを書いたけれども、まさか本当に名前を一新してくるとは思はなかつた。はたしてそれが良い事なのかどうかは分らない。「名前が古くさく見える」といふのは、たしかに今はさうだけど、そのうち時代が進めばまたさうでもなくなつてくるかもしれないのであつて。

今日のゲーム(一月二十六日)

THEお姉チャンバラ2(PS2,D3/TAMSOFT,ASIN:B000BBMZVA)SIMPLE2000シリーズ Vol.90 THE お姉チャンバラ2

難易度バイオレントで全面クリア。六面の中ボスの熊が厳しかつた。ここで勾玉使ひたくないからね。

クリアすると難易度バーサークが出現した。遊んでみると、えらいことになつてゐる。敵を倒しても黄玉は一切出ず、稀にでるアイテムを除いてすべて赤玉(血晶)となる。これを一箇取るだけで即暴走。しかも暴走中は恐ろしいほどの早さで体力が減つてゆく。たぶん立つたまま三十秒も経てば死ぬだらう。ただし赤玉による回復量も通常より大きいので、敵を倒しつづける限りはあまり心配しなくてよい。また、アイテムの女神像は使用不可となるため、暴走解除はマップ中に置かれた大きな女神像に触れることでしか行へなくなる*2。これは厳しい。ただ、メリットが無いわけでもなくて、暴走してゐない状態で強制戦闘エリアに踏み込めばCOOLコンボ全段後の暴走(敵全滅効果)を狙ふチャンスが必ずあるといふことだ。この全滅効果はボスにも有効なので、ボス周囲に居る雑魚に対してCOOL全段(この間に雑魚の出す赤玉を勝手に拾ふ)→暴走でどんなボスでも即死することになる。但し雑魚との戦闘中は勾玉使用が不可欠。少なくともワシの腕ではね。

あと、バイオレントの二面に何度か挑戦してクエストのクールマスターを達成。咲をメインに使ひ、強制戦闘エリアでCOOLコンボ全段を何度も決めながら、空振りは一切しない様心掛けた。ボスはやはりCOOL全段暴走で即死させた。これで全クエスト達成。

あとはバーサーククリアを目指すのみ。二面まではクリアしておいた。‥‥さういへばこのモード、暴走しないはずのレイコを使ふとどうなるのだらう。仮に暴走しないとしても、それだけで大したメリットはなさげだが。つか、彩、咲、エバの三人はそれぞれ特筆すべき強さがあるけれどレイコだけはどうにもならんな。その分上級者向けとはいへるかもしれない。

バーサーク四面までクリア。先に書いた「女神像使用不可」てのは勘違ひだつた。でもアイテム欄の表示が「×0」のときと同じ色になつてますよ? 表示バグなのか、使へてしまふのがバグなのか。

おいでよどうぶつの森(NDS,Nintendo,ASIN:B0002FQD8G)おいでよ どうぶつの森

開門放置してゐたらちょいとさんが訪れてくださつたが、またネットワークが切れてしまつたさうだ。とりあへず、草むしりしときます‥‥

*1:「まわしてコロン」のせゐだ

*2:後述の通り、これは勘違ひだつた

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060126
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報