大和但馬屋日記

この日記について

2006年08月31日木曜日

yms-zun2006-08-31

フィクション臭といふのは

「そんなものがあるかこのフィクションめ」といふよりも「そんなんフィクションの世界の中でしか見たことねえよこの野郎」みたいな感じで、ええと、同じか。

むせ返るほどフィクション臭がするものの代表といへば「これはフィクションだわ」「違ふわよ」「そんなことありませんわ」となんてな語尾で話す女性。どこに居るんだそんな生き物。大阪弁の「いや〜、今日は暑うてかなひませんわ〜」とかいふのとはたぶん別、といふかこちらは男女の区別ないし。いや、さういふ語尾が通用しさうなソサエティに属する女性と接触する機会がないだけなんだけどさ。といふ訣で関西なのにあんな語尾で話すハルヒはフィクション(今更

‥‥いや、西宮から宝塚方面の阪急沿線のハイソな方々はあんな喋り方をするのか。さうですか。

つか、心太黒蜜派か酢醤油かは地域差ではなく家庭毎の信条によるものである気が。うちは酢醤油。

すごい揺れた

といふエントリが今沢山上つた筈だ。

ついガッとなつて

keyword:タイムパイロットを登録。この程度の情報量でゲームの全貌が語れるつて、いいなあ。

おおう、キーワード画面のデザインが変つた。すごく良くなつた、つか前が酷すぎただけか。何にせよ、GJ

今日のゲーム(八月三十一日)

タイムパイロット(Xbox360,Konami)

毎週水曜に何かしら新コンテンツが追加されるLive Arcadeの、今週の分は「タイムパイロット」だつた。

アメリカ人の「全方位シューティング」好きつぷりは目に余る。Live Arcadeでダウンロードできるゲームのうち、シューティングやアクションに分類されるものの半分は全方位シューティングといつて過言ではない。ワシの魂を吸取つてやまない「ジオメトリーウォーズ」を筆頭に、懐かしの「ガントレット」「スマッシュTV」「ロボトロン:2084」など、「お前らそればつかりか!!」と言ひたくなるラインアップで些か辟易する。

そこに追加された「タイムパイロット」は珍しく純日本製の全方位シューティングなわけだが、例に洩れずアメリカ人にも大人気だつたらしく、今回の移植もアメリカの会社が行つた様だ。

で、この「タイムパイロット」、ワシはコナミレトロゲームの中では一、二を争ふほど好きなのである。といふか一番は絶対「ジャイラス」なので二番目に好きである。三、四がなくて五に「ロードファイター」てなもんである。え? 「ツインビー」? 「グラディウス」? バブルシステム以降のゲームがレトロだなんて、頭大丈夫ですか? ←

といふ訣で早速ダウンロード。試用版をやつてみる。グラフィックが全面的に描き直されて見辛いつたらありやしないが、ゲームの仕様はオリジナル通りの様だ。一面クリアしたら「金払へ」とダイアログが出てきたのでポイント支払ひ。適当に遊んだ。お、ポーズメニューで昔のグラフィックに変更できるぞ。うむ、見易い。やはりかうでなくてはならん。つか新グラフィックは本当にひどい。無駄に描き込まれて見辛くなつただけでも大概なのに、そもそも意匠的にどうしやうもなくダサくなつたのだから救ひ難い。

何回か遊んでからリーダーズボードを見ると、自分が何だかすごい上位にゐる。まだ配信が始まつたばかりだから、少し遊んだだけですぐ上位に行けるらしい。

それなら、と少しばかり頑張つてみた。四十万点越えた辺りで終る。順位をチェックしてみたら、おめでたう、世界一!!

まあ三日殿下どころか一晩で落ちるに決つてゐる。一往、三千人くらゐの中の一番ではあつたけれども。こんなヘボスコアでも一位になるとそれなりに注目は浴びるもので、洋の東西を問はず何人かからフレンド登録の申し出を受けたり、"Do you speak English"とボイスチャットの打診らしきものをもらつたりした。フレンドはさくさく登録、メッセージには"Sorry, I cannot speak English."と情けない返事を出した。逆立ちしたつて喋れんもんは仕方ない。いや、一瞬とはいへ面白い経験をした。

改めてゲームの具合をみてみると、グラフィックをオリジナルにすれば移植具合は良好。サウンドは一往オリジナルの曲や効果音が踏襲されてゐるものの作り直されて昔のPSGの味は消えてゐる。パラシュート取つた時の間抜けなジングルは許し難いが、まあいいだらう。

難易度は若干易しく感じた。どうやら自機の当り判定が甘めに設定されてゐるらしく、「昔ならこれ確実にやられてるよ」といふ極どい接近戦で生き延びてゐることが多い。まあ、変に辛く設定されるよりはこちらの方が良いだらう。数年前に復刻リメイクされた「コナミ80'Sアーケードギャラリー」の収録版はオリジナルより数段難しくて泣きさうだつたからな。

とりあへず、色々な意味で満足した。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060831

2006年08月30日水曜日

yms-zun2006-08-30

如何ともし難いローテンション

地を這ふにも等しい。夏休みが明日で終りだからといふ年齢でもあるまいに。

地域の違ひか世代の差か

職場で「冷し飴」といつて通じなかつた時の衝撃。

「飴を冷すんですか?」

「水飴みたいなやつですよね」

お前ら‥‥

いや、家で生姜が余り気味なので作らうかと思つたんだけどさ。

今日のゲーム(八月三十日)

ジオメトリーウォーズ(Xbox360,Microsoft)

特に何も書いてないけどもちろん遊んでる。上手くはなつてゐるはずなのにスコアが向上しない。むー

ギャラガ(Xbox360,namco)

パッチが当つてレスポンスが向上したと聞いて完全版にアップデートしてみた。みたんだけど。やっぱり、反応が鈍く感じられるなあ。以前ほどではないかもしれんが、どうにもフラストレーションが残る。

オガワムシのボーナス面まで行つた。

スタッフロール見たら、音楽はずん子師匠が担当してるのね。オリジナルの作曲者は 大野木氏よ、念の為。まあ、ずん子師匠とはいへ普通にギャラガの音なんだけど。つか、細野晴臣が再構築*1した「あの音」が耳に染み付いてるからオリジナルの「ギャラガ」の音が贋物の様に聞えて困るのはワシだけであるまい。

*1:かの「ビデオ・ゲーム・ミュージック」asin:B00005HQB4に収録された「ゼビウス」と「ギャラガ」の音は細野がシンセサイザで本物に似せて作つた音であるさうだ。実際、「ゼビウス」は前半のゲームプレイ直録り部分と後半のアレンジ部分でスタートミュージックの音構成がはつきり異なる、といふか採譜を間違へてる

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060830

2006年08月29日火曜日

yms-zun2006-08-29

我ながらひつこいとは思ふけど

ARIA the NATURAL」二十一話がどうしてもうまく自分で消化できないのでもう少し愚痴垂れる。

続きを読む

なんで業界語りが詰らないか

ここ半年といふか一年以上、ネット上でみかけるビデオゲームに関する一番熱い話題といへば「次世代ゲーム機で勝つのはどれか」だつたり「今後の業界は云々」だつたりするけれども、まあ、どれもこれも詰らんといふか下らんといふか。

何故さう思つてしまふのかと考へてみるに、まづ現状認識として「ニンテンドーDSの独り勝ち状態」を見て皆ものを言つてる訣だ。では二年前の今頃、DSのといふか業界の現状を予見し得た人間が居るのかどうか。発売日にDSを衝動的に買ひ、すぐに必要(?)に迫られて二台目を買つたワシはそれでもDSがここまで普及するとは思ひもしなかつた。「そんなに売れないだらうし、もしかしたらPSPの方が売れるんぢやないの? 自分は今PSPは欲しくないからDSを買ふけどね」と思つてたし、同様に考へた人は少なくなからう。ましてPS2をも追ひ込むとまで誰が予想し得たか?

まあ、現状は皆が見て知つてる通りで、未だにDSの入手は容易といふには程遠い状態だし、恐らく今年いつぱいはこの状況が続きさうだ、くらゐのことは言へる。夏の後に秋が来て冬が来ることを予測といへるなら、それと同程度にはね。

でもさ、今任天堂が大勝ちしてることなんてそれこそ「今の天気は晴れてますねえ」といふのと同じ現状の追認にすぎんわけだ。そんなの誰でも見れば分る。でも、どれだけ過去のデータの蓄積があらうと、一箇月後の天気を予測することはできない。そんなことばかり真剣に取り沙汰する気象予報士が居たとして、それを信頼できるだらうか。できる訣がない。

今のゲーム業界の状況をDS発売前に予測し得た人が居るなら教へてほしいものだ。別に未来予測をできることだけが正しいとは思つちやゐないが、さういふ人が居ることを願はずには居られないくらゐ、業界予測なんて空しく詰らないこととしか思へない。「自分は現状をこれだけ深く正しく読めてますよ」と暗にアピールしてゐるものほど、それを目にした時により強く思ふのだ。成程ご尤も、ところで二年前はどうお考へでしたか、と。

「今の状況を誰も予想し得なかつた」とエクスキューズを置くのが許されるならば、これから先に起ることにだつて常に同じことが言へるだらうに。

修理した

ストライダ専用輪行バッグにフロアポンプを入れて、電車で出勤。途中、御徒町でタイヤとチューブを一式購入。ついでにワイヤー類の値段を調べておく。送料を考へるとネット通販で買ふ必要はなささうだ。

大江戸線で春日に行つて、地下駐輪場で「すみません、パンク修理したいんで場所借りていいですか?」と声を掛けてからごそごそと作業した。管理人の人が興味津々で見てるものだから少し緊張しながらも(人前で自転車弄りなんてしたことないよ)、特にもたつくこともなく作業完了。時間にして十分くらゐか。

タイヤは今回も当然パナのエリートライトだけど、後輪と同じ黄色いラインの物が欠品してたので、渋々赤いラインのものにした。前後の色が揃はなくてやや不満。とか言つてるけどパナに換へる前はやはり前後で異なる色と銘柄の1.5インチを半年以上履いてゐたのだから、何を今更といふ話ではある。

週末にでもワイヤーを張替へるとしよう。シフトもブレーキもまとめてな。

f:id:yms-zun:20060829140912j:image

今日のゲーム(八月二十九日)

ギタドラ! GUITAR FREAKS 4thMIX & drummania 3rdMIX(PS2,KONAMI,ASIN:B000069TYE)

ベースモードとかパッドマニア側とか。アーケードで「dm」やつてるとパッドマニアの方も上手くなつてる不思議。

にしても「GF4」と「dm3」は同じ曲が収録されてるといふだけで基本は別のゲームといふ感じが強いね。今の「V」とかほどには統一感がないといふか。まあ、些細な差異なのだらうが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060829

2006年08月28日月曜日

yms-zun2006-08-28

オーディオとオカルト

面白いのでメモ。

昔どこかで読んだ記事によると家庭用百ボルト電源ケーブルのプラグ(いはゆるコンセント)に極性があつて、すべての機器のそれを揃へると音のノイズが抑へられるなんてのも某有名ブランドメーカーに言はせれば全く根拠がないさうだ。ヲタが五月蝿いからケーブルに極性を示すラインを入れるのをやめられないさうだけど。

冥王星がないとはかういふことか

今村さんが画像を追加された。

うわー、何このつまらない星系。ひどいや。

またパンク

湯島天神の坂でパンクしたのは二度目。前回と同じく、パンと破裂音がしてサイドウォールが弾けた。天神様に余程嫌はれてゐるらしい、と思ふこともなく今回は原因を突止めた。

登り車線路肩の排水口の蓋に錆びて朽ちかかつたのがあつて、それを踏んだら洩なくサイドウォールに尖つたフレームがぶつ刺さるといふ仕掛けだ。

早稲田まで押して歩く元気もないので春日の駐輪場に置いてきた。帰りに回収するか、明日その場で修理するか。面倒事を増してどうすんだ。

といふか、今までに経験したパンクのほとんどが春日通上で起きてゐる。もちろん春日通を走る時間の割合が他に比べて高いのは確かだけれど、それにしても異常。春日通沿ひの人は、道に木螺子やらガラス片やらを捨てないでください。あと排水口の蓋は新しいのに取替へてください。

部活

学園ものの漫画やラノベアニメやなんかを読んだり見たりしてゐると当り前の様に「部活」といふ言葉が出てくる。しかし自分には学生時代にさういふ言葉を使つた記憶がないんだよな。

関西の、ワシが生れ育つた範囲に限つていへば、部活に相当する表現はすべて「クラブ」だつた様に思ふ。関西だから発音は当然「ラ」にアクセントがある。「ク」にアクセントを置くと大人の遊び場の方を指すイメージ。

だから、「部活」といふ言葉にはすごくフィクション臭がする。まあ、地方人にとつて東京方言はすべてフィクションの象徴だつたりするんだけど。

今の関西の若者も同じかどうかは分らないが、意外にかういふのはなかなか崩れないんぢやないかな。大学生の学年を表す「n回生」とかと同じで。

  • 2006年08月28日 Yuichirou words, language, culture, interesting 関西では課外活動のことを「クラブ」と呼ぶ。ちなみに愛知在住の私の場合、課外活動は「部活」と呼んでる。
このエントリーをブックマークしているユーザー (1)

昨日のフェラーリの戦略ミスは

実は今年マイケルにチャンピオンを獲り逃させて、来季も再挑戦のためにF1に慰留させるためのバーニーの策略だつたんだ!!!

ΩΩΩ<ry

木曜日が楽しみですね

個人的にはお腹いつぱいな感じの収録曲。もうゲーセン行かなくていい、とドラムマニア始めてなければ*1本気で思つてしまふくらゐに。

最初に投票した三曲のうち二つ(「Sweet Illusion」と「Twinkle Star」)が入つてるし、シークレットにもう一つを期待しても良いのかしらん。所謂芋曲といふか「グラII」のアレ。字数が合ふのがなさげだから無理か。

同じ藤が付く人でも

近と伊ではかうも違ふんだなあ(ボソ

近い方の人は遠くへ行つてしまつて、伊の人が残つてしまつたんだなあ(ボソボソ

あーあ。まあ他所様の会社のことですから。


少しだけいやらしくない書き方をしようか。近くて遠い方の人ならば、自らの提供するサービスがある筋の人にはそもそも使はれてないなんて、たぶん想像すらしないと思ふんだ、良くも悪くも。で、もしさういふことを事実として指摘されたら真顔で「えっ!? なんで?」と驚いて、ぢやあどうしようかと考へ始めるんぢやないかな、と。

まあ、さういふキャラ設定が脳内でできてるつてだけで、さういふ行動を目の当りにしたことがある訣ぢやないけれども。

やけに更新量が多いのは

仕事に身が入らないからです。分り易い。あのね、パンクが悪いの。

今日のゲーム(八月二十八日)

ギタドラ! GUITAR FREAKS 4thMIX & drummania 3rdMIX(PS2,KONAMI,ASIN:B000069TYE)

ギターでNORMALモードの曲をすべて完奏。エクストラ曲も何とか。いや、本当に楽しい曲が多いね。

しかし曲のテンポによつてノートの流れる速さが変るのは勘弁してくれ。スピード×3+SUDDENでやつてたらエクストラで爆死した。ひでえ。何よりエクストラ開始前にはスピードを変へる手段がないのが酷い。

仕方ないのでテンポの速い曲でも対応できる様にスピード×2を常用することにしたけど、なぜかオプションのセッティングでは「×3(FAST FLOW)」と「×6(SUPER FAST FLOW)」にしか固定させられず、「×2」には毎回手動で合せなくてはならない、そして一曲目で必ずそれを忘れる‥‥といふ馬鹿コンボ。うーむ。

*1:あとギターのアケコンが予定通りに発売されてれば

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060828

2006年08月27日日曜日

yms-zun2006-08-27

早起きた

つふても七時半だけど。

のそのそ起きて、朝メシも喰はんと自転車を弄り始める。ここんとこ後ろのギアシフトの動きがよくないし、数日前に雨曝しにしたし。わしわしとチェーンをディグリーザで洗つた後に前と後ろのディレーラを調整。シフトワイヤーを引張り直す。端つこがバラけてきたし、そろそろケーブルごと交換したいなあ。

一通り調整し終へたら十時半。早起きは三文の得とはこのことか。昼から始めたら一日仕事の様に感じるもんだし。

ふとボサボサ頭が気になつたので浅草駅地下街で頭を刈つて、シャワー浴びてから自転車の調整確認がてら有明へ。

コミティアに来たと思つたら

コミックシティをやつてゐて焦りまくる。何で同時開催なんだ。

当るを幸ひ、といふ感じで十冊ほど購入。全体を一周したところでスウプ氏と合流して飯喰つて解散。

今日のゲーム(八月二十七日)

ドラムマニアV2(AC,KONAMI)

ハイハットを右手で叩く縛りでやつてみる。スティックが交差するのに戸惑ひ落ちまくる。アマイママイとイノコイが完奏できるまでしつこく練習した。取敢ず達成。

そろそうカードを作りたいが、今「V2」のカード作るのも明らかに無駄だしなあ。「V3」のリリースはいつよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060827

2006年08月26日土曜日 けふはサンバカーニバル

yms-zun2006-08-26

人がひつきりなしに通るのでシャッターチャンスが仲々とれない。

ARIA The NATURAL #21

銀河鉄道話。

うあー。何がワシをこれほどまでに困惑させるのか。今回、映像的演出面の水準は高い。ここのところの「ARIA」は一時の低調ぶりが嘘の様に堅実な演出を見せてくれる。その点に文句はなく、故にこの日記としてはここで話を終へた方が良いに決つてゐる。しかし、しかしだ。これは何なのか。

OPの時点で予感はあつた。アバンタイトルで銀河鉄道の存在を夢想する灯里。そのまま眠りにつき、画面はOPへ。アクアの夜に生きる猫、猫、猫。姫屋のヒメ社長も夜空を見上げる。その視線の先にあるのはきつと銀河鉄道だらう。そんな神秘的な雰囲気もどこ吹く風と、アリア社長の縫ひぐるみに咬付く練習に余念のないまぁくんが微笑ましい。本当に、レベルの高い演出だ。しかしOPの締めに現れた夜空が、ワシをかつてない混乱の渦に叩き込んだ。

アクアの月?

何ですかこの天体は。アクアの空にこんなものはありません。コミックス九巻の月見エピソードをも全否定しかねないこの絵は何なのか。

ワシが何を言つてゐるか分らない人は、アクアといふ星がテラフォーミングされた火星であるといふことだけ知つておいて下さい。答は自づと明かになる筈だ。少なくとも天野こずえは自らさういふ設定にした意味を知り、きちんとエピソードに生かしてゐる。

この、フォボスでもダイモスでも有得ない巨大な天体が何を表すのか、困惑したワシは一回目の視聴を集中して行ふことすらできなかつた。二度目に見返して、これはこの後に起る不思議現象が全て灯里の見た夢であるといふサインなのだと理解することにした。さうでもしないと、この後の話をとても受容れられない。

OPに見たもう一つの予感。それは脚本・吉田玲子のクレジット。今回の物語が猫妖精の話であることは当然知つてゐる。吉田玲子と猫妖精。甦る第七話の違和感。その時、ワシはかう書いた。

「猫の王国」は灯里にとつて「時折何かの切掛けで迷ひ込んでしまふ素敵な場所」以上のものではない筈。しつこく障壁を乗越えてまで行かうとするものではないし、「呼んでる気がする」とか「来て欲しくないのかも」などと勝手に一線を越えて相手を慮るやうなものでもない。脚本が無駄に饒舌すぎるからをかしなことになる

要は、灯里と猫妖精の距離の取り方を少し見誤つてないかと思つた訣だが、今回はそんなものではなかつた。それどころか、その距離感こそが話のテーマとなつてゐた。

曰く、猫妖精(ケット・シー)はアクアの心であると。地球出身で、アクアから見れば他所者である灯里がアクアのことをより知りたいと願ふのと同様に、アクアも灯里のことを知りたがつてゐるのだと。しかしお互ひ付合ひ方が分らずに一歩づつ足を踏出してゐるのだと。

あー。‥‥ごめん、ついて行けん。なんぼなんでも話を大きく重くしすぎ。前回の様に灯里が危い目に遭はうとしてもアクアの意志が助けてくれるとか、何だそれ。「Dの食卓2」ですか。世界は私のためにありですか。距離の読合ひとか、まるで如何にも閉鎖的な女児コミュニティの様でもあり、息苦しい。大きいもの(星や自然*1など)とちつぽけな個人を対比させた時のスケール感のとり方が、これでは全く趣味に合はない。何より脚本が独り善がりに解釈しすぎて、こちらの想像の余地を奪つてしまつてゐる。頼むから「ARIA」を私物化しないでくれまいか。

猫妖精を星の意志といふことにしたり、舟を擬人化してみせたり、この吉田のセンスはどうなのだらう。申し訣ないがワシは良くないと思ふ。

といふ訣で、流れてゐる絵の楽しさに酔ひつつ話には辟易するといふ極めて困つた回であつた。冒頭の巨大天体はやはり「ここから先の話は嘘だかんね」といふサインなのだと思ふことにしたい。

ファンタジーゾーンいへるかな

whirl -> 200608からネタ頂き。

面の名前ボスの名前曲名
プラリーフスタンパロンOPA-OPA!
タバスコーダボランダSTEP ON BEAT
デューンコバビーチSAARI
ドリミッカクラブンガー?
?ポッポーズHOT SNOW
モクスター?ウインクロンDON'T STOP
アクエリアスアイダIIDREAMING TOMORROW
?パパオパ(嘘)YA-DA-YO!

むう、いくつか覚えてなかつたり自信なかつたり。四面の曲名、単語一つといふことは覚えてるんだけど。つか、三面曲と入換つてるかもしれん。

面の名前はちやんと覚えようとしたことがないんで、むしろよくこれだけ出たなと。肩書きとしては「超惑星ドリミッカ」てのがお気に入り。

曲名だけ答合せ

二面は「KEEP ON THE BEAT」。「STEP ON BEAT」て何だ? メガドラ版「アウトラン」の追加曲だつけか。四面は「PROME」だつた。あと「YA-DA-Y0」に「!」は要らんかも。

今日のゲーム(八月二十六日)

テクモヒットパレード(PS2,TECMO,ASIN:B0003H3IMW)

スターフォース」やりたい病に火がついた。もちろんファミコン版では我慢できないし携帯アプリなど論外。我家でできるベストはX68000版だが、三つもツインタワー本体がありながらまともに動く五インチドライブが一つもないといふ惨状。しぶしぶPS2のこれをやる。つか、X68は多少金使つてでも直さないと。

しかしこのパッケージは酷い。プロジェクタ買つてから初めて起動してみたら、あらうことかコンポーネント出力に対応してゐないのだ。何だこのゴミは。

わざわざS端子に繋ぎ替へて、ケーブルの長さが足りないからRD経由でプロジェクタに出してみたら、エミュの動作遅延とRDの表示遅延とDLPの表示遅延の御蔭でゲームがえらいことに。結局ジムダステギの所まで辿り着けなかつた。

これは本気でX68を直さないと。ハードウェアスプライト表示できないゲーム機なんてゲーム機ぢやありません。フレームバッファ? 何それ。

*1:アクアの場合それがすべて人工物だとしても

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060826

2006年08月25日金曜日

yms-zun2006-08-25

惑星は八個で決り

さんざん揉めた末に一番無難で詰らん線に落しやがつたなコンチクショー。

五十三箇もの惑星が、てのは確かに厄介かもしれんが別にええやん。冥王星-カロン系の説明が複雑すぎるなんてのは笑止千万。自然とは常にややこしいものなのであり、だからこそ興味をかきたてられるものでもあるのだ。

元の定義に戻つて「地球から逆行運動が観測されるものを惑星とする」とでもしたらええやん。この場合、真先に定義から外れるのは地球となるが。

さて、どなたかkeyword:惑星の記述ヨロ。ワシの手には余る。

  • 2006年08月25日 shimaken-op 冥王星関連。
このエントリーをブックマークしているユーザー (1)

カフェイン不足

昨日から今ひとつ頭がシャキッとしない。どうしたものかと考へてみたら、全くコーヒーを摂取してゐないのだつた。

これはもしかして、中毒あるいは依存症気味なのかしらん。一往、カフェインについてネットで調べた限りでは、多少摂りすぎたからといつて気にする必要はないと踏んでゐるのだけれど。まあ、多少依存してても別に死にやしないからいいや、くらゐの判断。無闇に危険性を煽る類の記事にはむしろ警戒してゐる。

ああ、美味いコーヒーが飲みたい。コーヒーメーカー壊すんぢやなかつた。いや壊したくて壊したんぢやないけど。

トルコGP始まつたけど

ライブタイミングモニタの調子が悪いですな。フリー走行1が終つてからこちら、「Please Wait...」と出たまんまだ。金曜は別にいいけど、予選と決勝が思ひやられるよ。まだ二年目の新しい施設だし年に一度のF1以外でそんなに使はれてもゐないだらうから、この手のインフラは構築から運用まで含めてまだ全然こなれてないものと想像。

さういふ意味では来年のFISCOでの日本GPも心配だ。鈴鹿でやれよー。

追記

コメントが出た。「今セッションの結果をお届けするのに不測の遅延が発生したことをお詫びします」て、結局原因は分らないままか。大丈夫かね。ライブタイミング自体、近頃リアルタイムでなくなる(決勝レース中に数ラップ遅れの情報が出る)ことがわりと多いから、どうも心配だな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060825

2006年08月24日木曜日

yms-zun2006-08-24

夏休み終り

けふから出勤。だるー

惑星の定義論争

あちこちでよく「教科書の書換へが云々」といふ記述を見かけるのだが、ワシには教科書に惑星のことがどう書かれてゐたかについての記憶が全くない。といふか、その辺の知識なんて学校で習ふ前から誰でも知つてる常識ぢやなかつたか?

ダンダンダダン

ついカッとなつてkeyword:スクランブルを追加。

ディストピア志向

no titleの八月二十日辺りから今日までの分から連想。

世の中にあるものの価値を「役に立つ/立たない」で二分できると思つてる人は多く居て、正字正かなへの非難の際にもそれがよく持出される。正字正かなが役に立たないといふ考へ自体に言ひたいことも山ほどあるが、まあそれはいい。はいはい、人それぞれ人それぞれと言つて聞流すことには馴れた。

それよりも、「役に立たないものは不要」と考へるその思考に怖気が走る。さう考へてゐる人は今の自分が少なからず何かの役に立つてゐると自負してゐるのだらう。その意気や良し。しかし何らかの乗引きならぬ事由で自分が自らの考へる「役に立つ」存在たり得なくなつた時、その人は自らを無価値と認めて自らの存在を否定できるものだらうか。

あるいは「誰がその正しさを保証するのか」などとも言ふが、誰かに価値なり正しさなりを保証してもらはなくては自分で判断すらできないのか。論理の正しさは個人の外にある。誰かの保証を必要としないから論理的正しさには信頼がおける。

誰かが保証した価値基準、その一つとしての「役に立つ/立たない」などといつたもので「合理的に」取捨撰択が行はれる社会といふのは、どう考へても一九九十年代初頭にほぼ死滅した社会形態の中でしか存在し得ないディストピアだとしか思へないのだが、未だにそんな世の中を(もしかすると無自覚に)望む人が少なからず居る様に見えるといふのは驚きだ。

とはいへ、さういふ価値観なり「正しさ」なりが自分でない誰かによつて保証されてゐるべきだといふ考へ方自体がどうしやうもなく「伝統的」である様に思ふ。日本人は、その上に載くものが神か仏か朝廷か武士か天皇マッカーサー無神論Googleかに関らず、どこまでも日本人であるのだから。

  • 2006年08月24日 firestorm 「超好き愛してる嫁にしてほしい/嫌い」でもいいとおもうのです。(なにその
このエントリーをブックマークしているユーザー (1)

今日のゲーム(八月二十四日)

昨日は一日ゲームばかりしてたのさ。

ドラムマニアV2(AC,KONAMI)

マーマレードに粘着、とか言ふと何か誤解を招きさうな。べとべとさん。度重なる失敗にもめげず、やうやく完奏。C評価だけど。Aまで上げられたらずいぶんdmスキルが上りさうな予感。

ギタドラ! GUITAR FREAKS 4thMIX & drummania 3rdMIX(PS2,KONAMI,ASIN:B000069TYE)

何があつたか知らないが、回収騒動があつたとかで市場流通が事実上ストップし、その後五年もの長きに渡る家庭用「GFdm」日照りの原因ともなつた作品、とのことで長らくワシも入手できずに困つてゐたもの。家庭用「GFdmV」発売によつて多少は状況が変つたのかしらん。ともかく中古品をいただいた。感謝。

で、初期二作&「V」以降しか製品としては知らぬ身だけど、なるほどこの頃の作品が今も高く評価される理由がよく分る。遊んでて楽しい曲が多いもの。システムは今の方がそれあ色々改良されてるけど。これらの曲を今のシステムで遊べたらなあ。さすがに譜面の動きの滑らかでなさだけは何とかならんものかと。

ともあれ楽しい。

エアロダンシング4 new generation(PS2,SEGA,ASIN:B000067OWE)aero dancing4 new generation

訓練ミッションを一から始めてハリアーを含めた固定翼機の分は一気にクリア。一作目と違ひ、コクピット視点で編隊飛行できるのが素晴しい。

で、回転翼機の訓練に難儀中。すげえ難しいんですけど。

回転翼機の挙動つて、要は仮想的な振子の錘に相当するのが機体そのもので、自分の操作によつて動くのは錘ではなく振子の糸の支点の方なのだな。そして厄介なことに、支点から錘までの長さ、つまり振れの周期までもが絶えず動的に変化すると。いや、それは嘘か。振れの周期はたぶん機種毎に決つてる。その代りといふか何といふか、鍾を吊下げてるのが糸でなくゴム紐の様なイメージ。

ともかく急激な操作の影響はその瞬間でなく数秒後の自分に致命的に帰つてくる。どんだけ難しいんだ。正直、無理。まあ、ハリアーでも原理は同じなんだけど、こちらはVTOLモード以外ではあくまでただのヒコーキだからまだ扱ひ様があるといふか。「レスキューヘリ エアレンジャー」ではもう少し扱ひ易い感じだつたが、あちらでは一番難しい操作モードは結局拗棄してしまつたからなあ。たぶん、やつてることは同じはず。といふか、トルクの影響が見られない分「エアダン」の方がこれでもまだゆるいはず。

訓練の間に時折挟まるスクランブルミッションは毎回惨敗。領空侵犯機にコンタクトして写真撮影→機種判別して敵性なら威嚇して退去させる(味方なら放置)→たぶん展開によつては空戦、といふ流れなのだが、ワシは写真撮影が下手すぎる。あと、一度威嚇したあともう一度銃を撃つたら「攻撃許可は出てゐない」と怒られて任務失敗になつたり。日本の空が心配だ。

あと、とにかくワシは空中で失速しすぎる。運動エネルギーを失くすのが如何に致命的なことかと頭では判つたつもりでも、つい無理なマヌーバでおマヌーな状況に陥つてしまふ。ぬう。

何つか、「エアダン」シリーズに感じるリアルさといふのは実機を如何に真似てゐるかではなく、ある共通の物理モデルにパラメータを色々載つけてみましたといふのがよく見える感じなのかな。たぶん本物の戦闘機と比べたらあそこが違ふここが違ふと幾らでも指摘できるんだらうけど、ベースの物理モデルに筋が通つてる(そしてそれがプレイヤーの「かうなんぢやないか」と思ふ感覚から大きく外れてない)ために確かな説得力を持つてゐる、といふことなんだらう。結論としては、「エアダン」サイコーつてことにしかならんのだが。もう最新ゲーム機での新作は望めんのかねえ。

零 -ZERO-(PS2,TECMO,ASIN:B00006AD9R)零?ZERO? PlayStation 2 the Best

昼間遊んでも仕方なからうと夜になるまで待つてからプレイ。

しかし夜中に一人暗い部屋でプロジェクタに映して遊んでると、自虐にも程があると自分でも思ふ。こちとら「ワンダと巨像」のボス戦で死んだ時に画面一杯に浮ぶモニュメントの顔でもガクブルできるくらゐにこちら方面には安上りなのだぞ。威張つて言ふことぢやないが。

とりあへず一章の中庭の様なところに出て水車の封印を解いたとこまで。マップを作らないといかんかな、と思ふくらゐよく迷ふ。目印に物が置けたらいいのに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060824

2006年08月23日水曜日

yms-zun2006-08-23

ARIA The NATURAL #20

怪談話。AT-Xのリピート放送を観ながら。

街の情景の見せ方としては高レベル。台詞をオフで流しながら街を見せるカットを多く挟んだり、話に絡まない人物や猫を舐めて風景を見せたりして、如何にも何か意味ありげな雰囲気を作るのに成功してゐる。「ARIA」で怖い話をやつてもたかが知れてゐるけれど、「ARIA」ならではの見せ方をきちんとしてくれたので嬉しい。

映像のお約束面では何箇所か、特にクライマックスシーンで何も考へずにイマジナリーラインを割つてみせる辺りに雑さを感じた。つか、コミック版ですら守つてゐる原則を何故破るのか。

あと、最後の「‥‥だから怖いんぢやないですか」はもつと溜めないと! それを言ふ広橋涼の演技も今ひとつ足りなくて残念賞。その代りといふ訣でもないが斎藤千和の演技はいつも以上に光つてゐた。この作品の中で一番キャラと同化できてんぢやないかな。前回のエピソード以降特に。話が逸れたが、同じ場面でのアリスの髪が風に靡いて、話す間にそれが止む演出は良い。それだけに後の溜めのなさが惜しまれた。

しかし何だ、この回を指して「作画がアレ」なんて感想を目にしたんだけど、一体どこをどう見ればさうなるんだらう? ワシには本気で理解できん。「神」以外は皆「アレ」か「崩壊」かですか。二分法は楽でええのう。

ARIA The NATURAL #19

リニューアル藍華のおひろめ話二編。

Aパート、風邪ひく話。少し変つた構成だつた。禁を破つて原作との比較を試みる。

藍華が風邪をひいたといふ前提がまづあつて、原作コミックでは灯里アリスが見舞に行く→何故か藍華が泣いてゐる→その説明、といふ物語的に綺麗な展開だつたのが、時系列順に並べ直されて藍華が泣くまでの過程を先に描写してしまつた。後の説明はそのままだつたので短いAパートの中で同じシーンをしつこく繰返す愚を犯した、かといふとさうでもなく。

今回はアニメの放映順として前回髪を切つた話を受けて藍華をメインに据ゑた回だから、あくまで藍華の視点で話を進める必要があつた。原作の様な灯里から見た藍華に纏はるちよつといい話、では駄目なのだ。そのために多少構成に無理を生じたとしても。

その再構成の御蔭で、練習に励む灯里とアリスを遠目に見て藍華が表情を曇らせるカットが名シーンとなり得たと思ふと、これはアニメなりの名演出だつたと言つて良からう。Bパートに繋がるヘアピンを撰ぶくだりも上手い。

Bパートは、藍華の乳でかいなーといふ感想はさておいて、特に文句のない出来。やはり藍華を軸に話を作るのはやり易いのだらうとは思ふが、それをきちんとやり遂げてるところを賞賛したい。斎藤千和に助けられてる部分も大きいのかな。

今回脚本担当の藤咲あゆなは他所の感想を見て回るにこの作品ではあまり評価が芳しくない様だが、個人的には当り回の率が高い。映像ありきで見た場合に妙な自己主張の強すぎない脚本家として、「ARIA」に適した作家だと思つた。

追記

あともう一つ、この回で「ほう」と感心した部分があつたのだけど、何だつたか忘れてしまつた。思ひ出したら書く。

バグではなくて仕様です

ゼビウス』は、そのバグが意図的に仕掛けられた初めてのゲームだったというといふのはなかなかに謎。意図的に仕掛けたものは普通仕様と呼ぶのでは。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060823

2006年08月22日火曜日

yms-zun2006-08-22

今日のゲーム(八月二十二日)

ドラムマニアV2(AC,KONAMI)

浅草六区界隈から「ギターフリークス」が消えて「ドラムマニア」だけになつた。まあ、覚えたてのワシの様な奴にはギャラリーを気にせず練習できるんで好都合、といふ訣でアマイアマイに粘着。二回目で完奏、四回目でA取れた。勢ひでイノコイも完奏、調子に乗つてマーマレードやつたら落ちた。イノコイが行けたのはパッドマニアで散々やつた御蔭らしい。

ハイスピードオプションは四倍で丁度良い感じ。

どうでもいいがROXのDM、音が大きくて嬉しいのだけど画面左が切れてゲージが全く見えない嫌がらせは何とかしてほしい。DARKオプション付けてんぢやないのだから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060822

2006年08月21日月曜日 店長出演中。

yms-zun2006-08-21

遊んだ

それあもう、色々と。

疲れた。寝る。

メモ

晶・逸樹両氏とあれこれ。

  • 「零」シリーズ三作をこれ以上ない方法でおヌヌメされてしまつたので有難く体験させて頂く。てか、あんたら二人で遊んだだらうからいいけどなー、こちとら一人で遊ばにやならんわけで、怖い怖いヒー
  • 「EAF」シリーズとか「エアダン」とか。やつぱ「Over G」の撰んだ方向は(商売上の理由とはいへ)をかしい。あと「エアダン4」は神の予感。同じチームの新作出ないかねえ。
  • タブレットPCを触りに秋葉原のサウスウインドへ。げげ、X41T完売だつてさ。しかしHPの最上位機種がカタログスペック的には愡れられるモノだつたのでワシも欲しくなつた。液晶はやはりX41Tがいいんだけど。
  • パッドマニアからドラムマニアにクラスチェンジ。V3が稼動し始めたらカード作るか。

とかなんとか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060821

2006年08月20日日曜日

yms-zun2006-08-20

ワンフェス

今からダラダラと出発。

会場一周終了

あまり買ひたくなるやうな物には行当らず。

毎回新作が楽しみなC-PROJECTさんとこでビーコンとバリケーンのセットを買つた他はオフィシャルのワンダ&リセットを一セット買つたのみ。リボルテックイングラムが欲しいがまだ買へなかつた。

怪獣方面、なんか新マンのが目立つた気がしたのは気のせゐか。あと、ゴジラ方面に面白いのがいくつかあつた。

その後、呑みで「ハルヒ」談議。まあ、旬だわな。

次の日、とあるのディーラー水無灯里さんを買つておけば良かつたと少し後悔。冬に見掛けたらその時こそ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060820

2006年08月19日土曜日

yms-zun2006-08-19

ロケットまつり12

数秒毎に脳がフリーズする様なコンディションながらもとにかく参加。林氏が新たに発掘したといふ、日本のロケット黎明期の厖大な写真資料等の一部を見る会になつた。故に最先端の刺激的な話は今回もなかつたが、その資料的価値の高さを考へるとある意味で最も刺激を受けた一夜となつた。

今、日本のロケット発射台がどこにあるかと問はれれば、それに答へられる人のたぶん殆どが「種子島」と答へて終るだらう。もう一つ、M-Vの発射拠点である内之浦のことを知る人はさう多くないはずだし(Mロケットも種子島と思つてる人は多さうだ)、その前身である道川の海岸に作られた発射実験施設のことなど知らなくて当然。たぶん地元でも似た様なものではないだらうか。もちろん当時を生きた人にはそれなりに派手なイベントとして心に焼き付いてゐたりもするのたらうけれども。

そんな道川海岸での、ロケット実験場としては素朴を通り越して粗末とさへいへる風景は、しかしその粗末さ故に一緒くたに写し込まれた当時の日本の暮しぶりとの対比が面白く、この上ない歴史的資料となつてゐる様に思へた。これがどこぞの空軍基地の様な施設であれば、今ひとつ時代感に欠ける「ただの記録」として済ませてしまつたかもしれない。

これら資料がそのまま埋もれたりしない様、宇宙作家クラブをはじめとする御一同には頑張つていただきたいものであります。今村さんちょうがんばれ。

イベントとしては、盆明けといふこともあつてか客もいつもよりは少なめのまつたり進行。正直、これくらゐが丁度いいかな。

  • 2006年08月21日 adramine ロケットまつり
このエントリーをブックマークしているユーザー (1)

夏らしい夏

今日の東京は強い日差で大変な暑さだつたけれども、空気は乾いて清々しく、日陰に入れば涼しさすら感じる程だつた。だから、そんな日に相応しい映画を観た。

時をかける少女

評判に違はず面白かつた。最高。

映像的には実に教科書通りで、といふか、今後はこの映画を教科書にすると良いと思つた。全部を追ひかけてる訣ではないけど、たぶん細田守監督の今までの演出の総決算といふか、名詞代りのプレゼン的作品でもあつたのだらうね。

惜しむべきはテアトル新宿の音響の悪さで、何だかすごく損してる。こんな良作が(最近上映館が増えつつあるとはいへ)このレベルの館でしか掛かつてないといふのは勿体ない。あそこでかかつてるアレ(任意)とかソレ(任意)とかと入換へてくれと思つてしまつた。

ともかくあんまり素晴しいんでコンテ(ISBN:4870317427)も買つてしまひました。

観て良かつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060819

2006年08月18日金曜日

yms-zun2006-08-18

後門のメカドッグが強敵だつた

だからチュンチュンアップ!! それはさうとゴミ出しに帰りたいなあ。どうしようかなあ。雨で自転車がないから、電車代払つてまでといふ気もするし。

つか眠い。

あぎゃ

職場のコーヒーメーカーをめいでまうた*1。困つた。

*1:壊してしまつた。関西以西語

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060818

2006年08月17日木曜日

yms-zun2006-08-17

国益、ですか

その場の損得で行動を決定する打算的な人なり国なりが、果してどこまで他国からの信頼を得られるだらうか。

この記事を賛意を添へて紹介された乱土さんのことをどうかうは思はないけれど、自分はかうした問題を「国益」のみの観点で扱ふ姿勢そのものに大きな疑問を感じる。

国益のためといふなら、日本が戦争を起こして負けて現在の「問題」に至つたのだつて、当時の国益には沿ふものと考へられてゐたはず。そこから遠い未来である現代になつてその是非を問ふことが無意味だとは言はないが、では今「国益」とやらに従つた行動をとつて、それが五十年なり六十年後にどう評価されるかまで責任が取れるのだらうか。

そも、国益に適つたかどうかの判定はいつ誰がするのか。経済の話で、短期的に儲つてゐてもそれ自体が大きな落し穴への布石だつたなんて事例には事欠かない。そんなこと誰だつて知つてゐるのに、少し隣の国が騒いだからといつて「国益に反する」と極め付けるのはそれこそ知的怠惰といふものだらう。先のことなんて誰にも読めはしない。小豆の値段に一喜一憂するのと同じレベルで国の在り様を論じて良いものか。小豆相場なぞに手を出して良いのはそれで失敗しても破産しない算段を持つ者に限るとワシは思つてゐる。では国益が致命的なレベルで損なはれた時、我々の住むこの国はどう振舞へるだらう。ワシにはとんと想像できない。ただ「あの時うまく足抜けしてゐればここまで大損しなかつたのに」と後悔するバブル破綻後の経済人の姿だけがリアルに想起される。この国の(ひいては自分の)振舞ひを想像できないのはワシ自身の怠惰によるものだが、では「国益」優先の考へを支持する方々はどうか。その「国益」を優先して行動した末に不幸にもそれが徹底的に損なはれたとき、あなた方はどういふ態度をとるのかと。そんなのは結果論に過ぎないと仰るかもしれないが、よろしい、では結果論に過ぎないものを発端にして事を判断するのは本末顛倒であると、あるいは獲らぬ狸の皮算用であるとはいへないだらうか。 ワシはさう思ふ。

日本は永遠に日本であることをやめられない。それこそ島ごと沈没しない限りは。それは日本に限らずどこの国でも同じだ。さすがに今の世の中、国がそつくり滅ぶなんてことはまづ有得ないわけで。そして、これもたぶん世界中どこでも同じだと思ふのだけど、「他国がどんな顔をするか」で行動を決める様な国といふのは、とてつもなく恥かしい存在だと思ふ。恥かしくとも生延びれば勝ちだといふ考へがあることまでは否定しないが、さて損得勘定でどこまで生延びられるかといふと、それも甚だ怪しい様にワシには思はれる。それとも誰かがそれを保証してくれるのだらうか。内田樹なる人物にはそれが可能だと? もちろん、国土が沈没しない限りどんな在り様であつても「生延びる」ことにはなるが、それは彼らの望んだ姿なのか。

靖国参拝の支持・不支持についてどうなのかと問はれれば、ワシにはどちらとも答へやうがない。といふか、マスコミや言論が総じて「支持か不支持か」の二択しか突きつけてこないあたりに底知れない絶望を感じる。ただ、小泉首相もまた同じ二択の論法にわざと乗つて輿論を騒がせてみただけなのだとしたら、それはくだらないことをしたと思ふが、その真意を問ふ手段はワシにはない。

とりあへず、現時点から将来に向けて、日本が恥かしくない国であつてほしいとは思ふが、ではどうすれば恥かしくないのかといふ点において短絡的な答へには飛びつきたくない。「恥かしい云々とは、結局他国の評価を気にしてゐるのではないか」といふ予想され得るツッコミに対しては、「恥かしいか否かを決めるのはまづ自分だらう」と答へておきたい。

といふか、何よりも「他国の顔色」が先に立つ議論がをかしいのだ。まづ自分なりの定見*1を持つて、その是非を堂々と他国に問ひ、その上で擦合せるか突張り通すかを決めるのが筋なのではないか。総理が代れば変る程度の顔色を気にして何になるのか。

追記

あれこれ後から書足してゐたら、誤つて別のマシンから書き足した関係で半分以上のテキストが飛んでしまつた。こんな時に限つてはてダラを使つてゐない自分を呪ふ。決して何かを隠蔽しようとしたのではなく、ただの操作ミスである。折角書いた時間を無駄にしたくはないから、どなたか消失分をお持ちであればお知らせ願ひたいくらゐだが、論旨は上記分でほぼ言ひたいことのすべてなので、特に問題はないと自分では思ふ。

さらに追記

OperaRSSフィードに残つてゐるのを発見。無事復旧できた。ああよかつた。‥‥と書いて横目でみたらRSSフィードが飛んだバージョンに更新されてしまつた。危ない処だつた。セーフ。自分のサイトのRSSを取得することに意味があるかないかといへば、かういふ時に意味が出てくるんだらうな。

  • 2006年08月17日 kurokuragawa 靖国, みんな, 日本, 外交 「といふか、何よりも「他国の顔色」が先に立つ議論がをかしいのだ。」
このエントリーをブックマークしているユーザー (1)

なんてことをくだくだ書ける程度には余裕ができたかなと思つたら

MAYAが落ちた。

‥‥のに!!

‥‥のに!!!

‥‥のに!!!!

‥‥ワシが。

窮極の洗濯

つひに着るものが尽きたので洗濯の為に一時帰宅。人それを泥縄といへり。

前門の虎は片付けた

最大の危機は去つた。しかしまだ後門に狼がゐる。死ぬほど眠いが今日は帰れるだらうか。

今日のゲーム(八月十七日)

ドラムマニアV(PS2,KONAMI,ASIN:B000CSXWGE)ギターフリークスV&ドラムマニアV

ここんとこの泊り地獄の中で、これと「リズム天国」だけが息の抜きどころ。

現在のスキルは255で曲タイトルが赤と白以外の文字色のBSC譜面は全て完奏。白の旧曲もLV30以下なら大体いける。バスドラスネアは左右の手で叩き分けられるところまできた。

ええもちろんパッドマニアですよ。専コンは持つてないしさすがに職場では叩けん。

*1:これまた誤解を招きさうだが、国内で対立する意見をどちらかに捩じ伏せるべきだといふのではない。対立した意見の両方を併せて初めて「これが日本だ」といへるのだ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060817

2006年08月16日水曜日

yms-zun2006-08-16

まだ終つてない

残り一カット。

終らせるつもりでチェックに行つた

残りが三カットに増えますた。

‥‥のに!!

‥‥のに!!!

‥‥のに!!!!

遊びたい

つか死んでも遊ぶ。遊べないなら死ぬ。死ぬくらゐなら遊ぶ。そんな感じの夢と希望。

今週末の予定

金曜:ロケットまつり12

今週か!! 忘れてた!!! 行くよ、そのために今日徹夜することになつてもね(フフ

ところでローソンチケットがどうとかいふ話はその後どうなりましたかね。ロフトの公式見ても特に情報は無い様ですが。今回は従来通りといふ認識でOK?

土曜:「時かけ」観に行きたい

行く。

日曜:ワンフェス

行く。

うがー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060816

2006年08月15日火曜日

yms-zun2006-08-15

今ホンダの前

どうやって帰らう。皇居前通るしかないか。どう走つても回り道なんだよなあ。

いや、赤坂見附で246を直進してみよう。

三宅坂に出ただけなんで絶望した。その三宅坂で自転車の外人に呼び止められる。新宿まで行きたいと。

地図を指差して説明しようとしてもこれまた絶望的に言葉にならないので新宿通りの入口まで「ついて来い」と言つて引張り、あとはここを真直ぐ行けと身振りで伝へた。役には立つただらうが、知的ぢやないなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060815

2006年08月14日月曜日

停電とな

職場が無事だつたのは何たる僥倖か。てか、本当に危ふいとこなんですが。

今回の事故で一番まずいのは「どこをどう切つたら首都機能を麻痺させられるか」を実例付きで知らしめてしまつたことだらうな。基幹インフラなんてさうさう簡単に新規で引き直せるものでもないだらうし、当分は丸裸だねえ。

最終チェックのはずだつたものが終つた

これからがオレたちの本当の戦ひだぜ!!

ずん先生の次回作にご期待ください。

つか、えーと、いつ眠れますかワシは。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060814

2006年08月13日日曜日 五年も経つてしまひました。

yms-zun2006-08-13

あまりの不快に耐へ兼ねて

シャワーと着替へのために一時帰宅。雷の様な音が聞こえるのに不安を覚えながらペダルを踏んでゐると、吾妻橋や駒形橋にちよつとした人だかりがあつた。人の視線を追つてみると、成程。東京湾大華火祭の花火が遠くに見えるのだつた。雷の正体もこれだつたらしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060813

2006年08月12日土曜日

yms-zun2006-08-12

今日中にモーションは終らせる

たぶん終らない。いや違ふ、終らせる。といふか終るまでが今日。

雷雨

暑さはさほどでもないが、激しく蒸す。

土砂降りになつた。ああ、かうなると分つてゐたら自転車で来なかつたのに。分つてたんだけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060812

2006年08月11日金曜日

yms-zun2006-08-11

ピンチはピンチなのだが

後門の狼を人任せにして追ひやることができたので、とりあへず前門の虎のことだけ気に掛けておけば良くなつた。何とかなるかな。

‥‥なるかなあ。

蜩の鳴く頃に

外から初めてカナカナいふ声が聞えてきた。うわ、夏の終りが見えてきたよ。まだ始まつてもゐないのに!! うわあん!!!

アケコン再延期

こんまい様からメールが来たよ。あはははは。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060811

2006年08月10日木曜日

yms-zun2006-08-10

朝の六時だといふのに

以下略。

全身から水が出る。

ぎやあ

六角が落ちた。二時間分の作業がパァ。その二時間を睡眠に充ててたら‥‥つか、時間よりも「また同じものを作らなあかん」といふ心理的ダメージがでかい。ああ。

まさに八時間後のドラえもん

ここにあつた画像は偶然とはいへ不謹慎なので今日の日記からは引込めました。

泣く泣くやり直したけど、絶対落ちる前の方が良かつた‥‥「やり直した方がいいものができる」なんてのは上手くいつた場合にだけ言へる結果論にすぎん。

どれ、サブウェイにでも行つてくるかね。

蝉とセッション

DS Liteの出来損ひのスピーカで「Led Zeppelin I」(ASIN:B00005HEFP)を聴いてゐると、外の蝉の声とギターの音が一瞬ハモッて格好良かつた。

そんだけ。

ボクシングの件なあ

所謂「噴き上つてゐる」人ほど、決つて「素人の私でも判る」とか書いてるんだよなあ。変なの。結局、ボクシングがどういふスポーツであるかはどうでもいいんだよな。亀田某とかいふ生意気な餓鬼はそろそろ痛い目に遭ふべきだつたのに、みたいな話で終つてる。あとはお決りの陰謀論。目の前の結果を受け容れられないときには誰の目にも見えないものを「ある」と言張ればいいといふのは、なんとも寒い話だ。

一昨年の、北朝鮮の出してきた拉致被害者の写真のことを思ひ出した。

救う会」はその後、彼らの主張するものが写つてゐるといふ高解像度の写真を公開してゐない。

ブライト艦長に黙祷

鈴置洋孝氏が肺癌で亡くなつたとのこと。

黙祷。

今日のゲーム(八月十日)

ジオメトリーウォーズ(Xbox360,Microsoft)

寝る前に少し、と思つてやつたらノーミスで百万点達成。このゲームでの実績をすべてアンロックできた。やつとこのゲームのスタートラインに立たせてもらつた、といふ感じだ。

世界中に自分よりこのゲームが上手い馬の骨が八千五百人も居るなんて我慢できないぢやないか。

パックマン(Xbox360,namco)

Live Arcadeにて配信開始されたので体験版ダウンロード。同じエミュレーションエンジンを使つてゐるらしく「ギャラガ」同様の極端な入力遅延がやはり発生する。しかしこのゲームに関してだけは、それが別に致命的ではない様にも感じる。瞬間の見切りが必要なゲームではないからね。まあ、もともと得意な訣でも好きな訣でもないから完全版は要らないや。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060810

2006年08月09日水曜日

yms-zun2006-08-09

検索さんいらつしやい(八月九日)

パネェ系。どんな系だ。さらにリンク先の検索結果を見ると「パネェ画」とか。どんな画だ。言葉がどうかうは別にどうでもいいが、字面から全くどんなイメージも想起できないことに愕然とする。

で、パネェ画とはなんなのか調べてみた。なるほど。ワシも真似してみよう。

  • f:id:yms-zun:20060809155423p:image:small
  • f:id:yms-zun:20060809155422p:image:small
  • f:id:yms-zun:20060809155421p:image:small
  • f:id:yms-zun:20060809155420p:image:small
  • f:id:yms-zun:20060809155419p:image:small
  • f:id:yms-zun:20060809155348p:image:small

なんかかういふものらしいですよ? つか「画」ぢやねえだろ。

  • 2006年08月10日 firestorm ぶはっ 朝から笑った。携帯の待ち受けにさせていただきます←きみはまちがっている
このエントリーをブックマークしているユーザー (1)

今のワシの状態を何かに例へるならば

さながら八時間後のドラえもんである。

f:id:yms-zun:20060810070505p:image

きゃあ、じぶんごろし。

  • 2006年08月11日 nobody でらえもん うわー.... なんかむちゃくちゃ大変そうだ. ... [でらえもんどらけ]
このエントリーをブックマークしているユーザー (1)
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060809

2006年08月08日火曜日

yms-zun2006-08-08

タブレットPCのOperaを9.01にしてみた

CSSの解釈が変りましたねえ。といふか、こちらがより標準に近いのか。この日記のスタイルシートを8.xに合せてチューニングしすぎた嫌ひがあるな。時間があるときに直さう。今は無理。

台風が三つも発生してますな

今やつてる仕事の納品先の人が今週後半に上海へ行くさうなのだが、発着ともに無理なんぢやないのかと思はざるを得ない勢ひで。

朝焼け

  • f:id:yms-zun:20060808074400j:image:small
  • f:id:yms-zun:20060808074312j:image:small
  • f:id:yms-zun:20060808073955j:image:small

今日のウンコ写真と同じ時間の同じ空なんだけど全然違つてみえるな。不思議だ。

夕焼け

| 20:02

窓際の席で仕事をしてゐると、ふと視界の端が妙な色に染まつてゐることに気付いた。見ると、視界が真つ赤になつてゐた。

「うわ、なんやこれ!! ちよつと出てくる!!」と言ひ残して飛び出したワシを不思議さうに見送るスタッフたち。‥‥帰つて来たのは三時間後。「捜索願ひを出さうかと思つてました」。うむ、たしかに危ない行動にしか見えんな。メシ喰つてたんだよ。許せ。

  • f:id:yms-zun:20060808185154j:image:small
  • f:id:yms-zun:20060808185012j:image:small
  • f:id:yms-zun:20060808184929j:image:small
  • f:id:yms-zun:20060808184554j:image:small
  • f:id:yms-zun:20060808184521j:image:small
  • f:id:yms-zun:20060808184333j:image:small

今日は全国的に「ツインビーの日」ださうなので

id:baddy:20060808にて拝見。なるほど、賛同いたします。

手許に「ツインビー」で遊ぶ環境がないのでiPodに入つてる関連曲を片端から聴くことに。初代のあと何故か「出たな!!」に行かずに「Pop'n」に突入してしまつた。

あ、手許に遊べる「ツインビー」発見。

今日のゲーム(八月八日)

ツインビー(EZアプリ,Konami)

今日の日付でこれを書けるのはなんだか嬉しいな。

といふわけで、W41CAを買つた直後にダウンロードしておいたのを思ひ出した。

ゲームの基本仕様はほぼファミコン版の忠実移植。グラフィックだけアーケードライクに描き直されて、かつツインビーとベルは「出たな!!」版の絵になつてゐるといふ代物。

放つておいたらショットを自動連射してボタンで停止といふ、他のシューティングならいざしらず「ツインビー」としては地獄としか言ひ様のない操作系により、ダウンロード直後は一面もクリアできずに投げ出したのだつた。

今回は頑張つて、とにかくスピードアップとツイン砲をもぎ取つた。地上のキャンディで3WAYになつてからはほぼ無敵化、赤ベルでバリアを取るに至つて終らないゲームと化した。ひでえバランス。いやまあ、「ツインビー」自体さういふゲームだといへばさうなのだが。

二周して二百万点を越えたところで満足して終了。兎にも角にも「ツインビーの日」であつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060808

2006年08月07日月曜日 職場に携帯忘れたので写真が撮れなかつたよ

まだ朝の八時だといふのに

暑すぎる。殺す気か。つか、日中に移動してたら本当に死にかねん。一人サマータイムにしといてよかつた。

原典志向もほどほどにな

何を思つたか今頃になつてレッド・ツェッペリンとかベンチャーズを買つてきて聴いてる。「ベンチャーズの真似をして中坊の頃に一度はギターを抱へてテケテケの練習をしたことがある」といふ人たちより更に一回り下なんで、よほど意識的な音楽好きでなければ意外にその辺を聴いたことがない世代なんぢやないかワシらは。よく分らんけど。HR/HM好きの友人たちに何かを借りて聴いたこともないしなあ。

ベンチャーズを聴いてると、作品といふより素材集を聴いてるやうな感じがして面白い。たぶん、一曲の長さが短くて、曲ごとに表現されてゐるものがシンプルで振れがないからそんな風に感じるのだらう。つかそれはアレだ、「ギターフリークス」のサントラに感じるものと同じだ。

んで、かういふものを聴いてると何だか「その後に生まれたすべてのものは所詮これの亜流だ」みたいなことを考へたくなる気持ちがムクムクと顕れてくるので非常によろしくない。そんな単純なわけがないのに、つか少し齧つただけで何を分つた気になつてるのかと。いい加減、自分のそんな部分とも戦はないとな。具体的に何かするといふ訣でもないけれど。

夏の空

レッツ現実逃避

今更クリストでもないけれど、こんな大隈講堂が撮れるのも今のうちだけだし。さういへば浅草寺宝蔵門の修理も撮つておかないと。あれ清水だよねたしか。

なんだ、クリストはキーワードになつてないのか‥‥

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060807

2006年08月06日日曜日

yms-zun2006-08-06

サマータイム実施中

出勤時刻を六時間ばかし早めてみる。つか、夏コミ直前の同人作家並に忙しくてもF1だけは見逃さない努力。

あーいや、夏コミには行けませんけどね。行きたいけどたぶんその日は地獄を見てる。わんへすには行く。絶対。

タイヤの感触がいいとどこまでも走りたくなるね

いやそれは単に心が逃避を求めてるだけなんぢやないかと。

一カット作るのに十時間

かかりすぎ。泣く。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060806

2006年08月05日土曜日

yms-zun2006-08-05

タイヤを換へたら世界が変る

先日パンクしたスペシャのニンバスの代りとして、パナレーサーのストラディウス・エリートライトを買つて来た。久しぶりに細身のスリックを履いてみたくなつたのさ。

洗濯機を回してる間にタイヤを換へて、いざ出勤。おお。

今まで、タイヤを換へて「乗り味が変つた」といふのはもちろん感じてゐたけれど、今回初めて「良くなつた」と思つた。こいつあいいや。高めの空気圧でもガチガチではなくしなやかさを感じるし、街乗り程度ならどの状態にあつても常に安定したグリップ感がある。特にブレーキング時のスタビリティが高くて安心。つか、今までがどれだけ悪かつたんだと。

タイヤの着け外しも楽だし(嵌める時にタイヤレバーが要らないのは助かる)、とりあへず交換直後の満足度は高い。あとはウェット時にどうかと、長期使用した時にどう変化するかを知る必要があるな。

ARIA The NATURAL #18

第八話以降、五話おきに出来のいい回が来るの法則。もう少しハイペースでも文句言ひませんよ?

突出してどこがいいといふ訣ではなかつたけれど、話の流れを阻害せず意図をきちんと表現する良い演出だつた。第三話や第八話と同様で、藍華の感情の起伏はアニメとして表現し易い素材なのかもしれない。まあ、作る側も観る側も分り易いといふか、あの世界で唯一奇矯なところのない「普通」のキャラだからね、藍華は。それはそれとして、やはり五話おきの法則が活きてゐる様な。予告のサブタイトルから判断して次も藍華の話に違ひない(たぶんプリンの話とアルに新しい髪型を見せに行く話だらう)から、法則は破られるものと期待して良からう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060805

2006年08月04日金曜日

改めて見る「ARIA The ANIMATION」

第一期をPLAY-YANで垂れ流し中。

うわ、今見返したらキャラが全員デザインレベルで「誰ですかこれ」な感じがする。あと、声優の演技がまだ固まつてなくて、それが逆に良い感じ。前半に限つていへば演出が高水準。といふか、突出はしてなくて普通なんだけど、第二期の平均的な出来から比べると高く見える。原作依存度が低い分強引な部分が目立つけれど、それが今の目で見ると良い方に作用してる気がする。

まだ始まつて一年も経つてないのに、かうも違つて見えますか。もちろん興味のない人からは微妙な差異としても認識されないかもしれない様な話。

けふのりふぁら

千代田区千代田の省庁.go.jpからキーワードリズム天国」で来たりとか、市谷の省庁.go.jpからキーワード「ARIA」で来たりとかが続いてて吹いた。いや、別にいいんだけど。でもせめて五時を過ぎてからにしないか。関係ないか。

今日のゲーム(八月四日)

リズム天国(GBA,Nintendo,ASIN:B000G6DY0Q)「リズム天国 + ゲームボーイミクロ専用2Wayストラップmicro」 お買い得パック

暇をみて少しづつ進めてゐる。プレイやんの人も出演。バーバラ様は出ないのかしら。テイストが違ひすぎるか。

習字で「寸」の字が書けなくて自我崩壊中。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060804

2006年08月03日木曜日

yms-zun2006-08-03

八百長か否か

自分で打撃系の格闘技をやつてリングに上がつた経験もある上司から聞いた話。本エントリにワシ自身の主観は一切含まないが、聞いた話をここに書いたことに対する責任はもちろんワシにある。

要点は以下の通り。

  • 見た目の印象は誰が見ても亀田の負け。
  • しかし自分で採点して驚いたのだが、たしかに亀田の勝ちであり、八百長試合などではない。
  • 判定に疑惑があるとしたら、3Rの判定に10-10の引分けがあること。WBAのルールでは、ラウンド毎のポイントが引分けになることは有得ず、必ず優劣をつけなければならない。この件、本人からの申告により訂正。WBAのルールでは「必ず」ではなく「極力」差をつけなくてはならないさうだ。故にこの項目は無しといふことで。
  • この引分けの点をどちらに入れるかが判定での勝敗を分けた。これがランダエダ側に入れば亀田が当然負けになるが、逆にいへばそれでひつくり返る程度の点差でしかないのは明らかな事実で、「八百長だ」と大騒ぎしなくてはならない理由は存在しない。
  • 冷静に採点してみれば、「亀田が勝つのはをかしい」といふのと少なくとも同程度かそれ以上には、亀田に合計で3ポイントの負け点をつけた審判の判定の方がをかしいとすら言へる。
  • 「ダウンしたのに判定勝ち」といふが、ダウンで失ふのはたつたの2点。いくらでも挽回できる数字でしかない。
  • もちろん亀田を勝ちにしなければならないTBSの事情などは知つてゐるが、そのことと試合の判定結果とは全く別問題。ただ、結果的にボクシングの権威失墜となつたことは否定できない。
  • でも、自分で採点した者として、あの試合を八百長と呼ぶことだけはできない。

採点表(亀田-ランダエダ)

審判員パディージャタロン金光洙
1R8-108-108-10
2R9-1010- 910- 9
3R10- 910- 910-10
4R9-109-1010- 9
5R9-1010- 910- 9
6R10- 910- 910- 9
7R10- 910- 99-10
8R9-1010- 910- 9
9R10- 99-109-10
10R10- 910- 910- 9
11R9-109-109-10
12R9-109-1010- 9
112-115114-113115-113

以上、さういふ話もあるよ、といふことで。

今日のゲーム(八月三日)

リズム天国(GBA,Nintendo,ASIN:B000G6DY0Q)「リズム天国 + ゲームボーイミクロ専用2Wayストラップmicro」 お買い得パック

始めたらいきなりリズム感チェック。41.9点。低すぎ‥‥

このゲームはぜひヘッドホンで。音質はともかく、いい音出てるよ。

ゲームは普通に楽しい。特に書ける事もない。音ゲー好きなら遊んでおくといいよ。といふか、音ゲー好きぢやなくてもこれを触れば好きになれるよ。

スターフォックスコマンド(NDS,Nintendo,ASIN:B000FNMPEQ)スターフォックスコマンド

タッチペンで操縦桿操作の「スターフォックス」最新作。操作感は悪くない。

シューティングとしてはGC版「〜アサルト」と同様で全方位モードがメインといふか、それしかない。これが面白いのかと聞かれれば、それあ面白くないだらう。少なくとも一人遊びのゲームとしては。Wi-Fi対戦用ツールだなあ。対戦前提のゲーム設計といふ意味で、やはり「〜アサルト」に似てる。

タッチペンで進行ルートを決めるマップ画面は少しばかり「スターラスター」に似た面白さがあるけど、どうもメインのシューティングの味気なさをフォローするための後付け感が否めないといふか。まあ、要素として悪くはない。

もう初代SFC版や64版の様に奥へ奥へと進んで行く「スターフォックス」では遊べないのか。悲しいな。Xbox360版「プロジェクトシルフィード」に期待するしか‥‥ごめん絶対無理。大人しく64版やつとく。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060803

2006年08月02日水曜日

駄目すぎるジレンマ

録画したまま溜まる一方のアニメを一気に観るためにPLAY-YAN microは結構使へる。使へるからと折に触れて未見アニメをYAN用にmpeg4で圧縮してゐると、そのムービーファイルがこれまた溜まる一方になる。大体平均してアニメ一話あたり100MB前後*1、十話分で1GBくらゐとなる。

もともとiPodの母艦用にと買つておいた外付の120GBハードディスクドライブにmpeg4データを溜めておいたら、これがあつといふ間に溢れてしまつた。さてどうしよう。

  1. 観たファイルはどんどん消して容量を空ける
  2. mpeg4データをDVD-Rに焼いてバックアップをとる
  3. HDDを買ひ足す

「常識的」な大人として選ぶべき行動は間違ひなく「どんどん消す」だらう。必要ならまだmpeg4に再エンコードすれば済む話ではある。しかし容量が足りないからいふ理由で既に作つたデータを消すのは、デジタルデータの扱ひ方としてどうなのか。

次に「常識的」なのはディスクメディアへのバックアップだが、ちよつと待て。そもそもmpeg4のソースはHDDレコーダからバックアップとして焼いたDVD-Rなのだ。同じコンテンツのディスクメディアをフォーマットだけ変へて複数種類持つのはあまりに間抜けではないか。どうせ家でゆつくり観る時間もないし、視聴をPLAY-YANだけにすると割り切れるのであれば、mpeg4データをディスクメディアに焼く代りにソースのDVD-Rを廃棄するといふのもありといへばありなんだけどな。

結局の所HDDを買ひ足すのが一番現実的な解となりさうなのだが、どうもどこかに自分に対する欺瞞が含まれてゐさうで釈然としない。

これを読んで「馬鹿ぢやねーの」と思つた人は正しい。本当に馬鹿だなあと我ながら思ふよ。

しかしMPEGて赤に弱いねえ

少しでも赤が勝つ部分はモザイク状になるよね。何とかできんものか。

赤といへば

レッド・ツェッペリン「レッド」は赤でなくLEDだと、恥かしながら昨日初めて知つた。つか、初めてCD買つた。

良い台詞と悪い台詞

必ずしも台詞が「洗練」されてゐれば良い訣ではないといふのは、例へばかういふことだらうか。

機動警察パトレイバー」の最初に起きる、テロリストによるレイバー*2の暴走事件。隅田川を遡上し浅草で上陸したレイバーを上野公園に誘導するといふ後藤隊長の決定に、隊員がなぜわざわざ浅草から随分距離のある上野まで追ひ込まなくてはならないのかと問ひ掛ける。それに対する後藤隊長の台詞。資料が手許になく、古い記憶に頼つて書いてゐるので正確さを欠くことをお断りしておく。

コミック版
(後藤)「太田よ‥‥俺には見えるぞぉ。飛び交ふ銃弾、吹飛ぶパトカー。浅草一帯火の海だ。」
(太田)「じ‥‥自分がそんな無茶苦茶な人間に見えますかぁっ!」
(篠原、太田を笑ひながら)「た‥‥隊長ぉ、近隣住民の保護の観点から市街地での戦闘を避けるのは分りますが、上野は上野で寺社やら文化財やらが沢山ありますよ。それらへの配慮はどうなつてゐるのですか」
(後藤)「傷をつけるな。」
(篠原)「そ‥‥それだけ?」
(後藤)「それだけ!」
OVA版
「あそこはね、俺が生まれたとこなの。」

少年サンデーでの長期連載が予定され、読者にキャラクター像を印象付ける目的を込めて描かれたコミック版の会話と、如何にも押井守作品らしく端的に纏められてしまつたOVA版の台詞。メディアの違ひに目を瞑り敢へて両者に優劣をつけるならば、自分は断然コミック版の方が優れてゐると思ふ。OVA版は何もかも端折りすぎで、結局それはその後すべての「パトレイバーアニメ作品に登場する人物の底の浅さを象徴したとも言つて良い。もちろんOVA版の台詞を「洗練されてゐる」あるいは「洒落てゐる」と評価することはできる。それはしかし見方を変へれば陳腐である。

さうした台詞に対する作り手の態度がその後の泉野明に「あたしのイングラムはなあ‥‥あたしが毎日乗つて‥‥少しづつ動きを覚えさせて‥‥ここまで鍛へあげたんだ‥‥あんたが気紛れで遊ぶ玩具とはなあ‥‥違ふんだっ!!」と言はせてバドの操るグリフォンを圧倒的に捩じ伏せさせるか、「あたし、いつまでもレイバーが好きなだけの女の子でゐたくないの」などと如何にも「自分探し」な独白をさせるかの違ひを産み出してゐる。押井(あるいは伊藤和典)は陳腐と知りつつ野明に後者の台詞を言はせてゐる。その程度の人間性をしか彼女らに与へず、物語の中心から彼女らを追出してしまつたからだ。

そのことが作品自体の優劣を決定付ける訣ではないが、作品を通じて制作者たちが何を出力しようとしてゐるかの違ひは浮き彫りになつたといへる。コミック版「パトレイバー」の登場人物たちの台詞は登場人物自身の言葉であり、初期OVA版、そして劇場版「パトレイバー」の登場人物のそれは伊藤和典を通じて発せられた押井守の言葉である。物語における台詞の在り方として、ワシはコミック版の方が理想的であると言つておく。

蛇足ながら、コミック版のストーリーラインを一部で忠実になぞつたテレビ版「パトレイバー」がコミック版と同等の物語を獲得できたかといふと、それは大いに疑問が残る。テレビアニメ版は例へば「知恵と勇気」といつたキーワードを決め台詞的に使ひ過ぎた。これはテレビアニメを手掛ける脚本家に共通する悪い病気だと思ふ。

*1GONZO系なら80MB前後、キッズ向けは140MB超。分り易い

*2:コミック版ではクラブマン・ハイレッグ、OVA版ではぴっけるくん

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060802

2006年08月01日火曜日

yms-zun2006-08-01

ARIA The NATURAL #17 続き

灯里たち三人と、先輩三人がそれぞれ撮つた「思ひ出の写真」といふのがあつて、その中の三人のポーズの取り方がやけに原作者つぽいなあ、これは頑張つたなあアニメスタッフと思つてみてはいたんだけど。

キーワードで感想巡りしてるとEDクレジットの原画のところに天野こずえの名があつたらしい。道理で‥‥

つか、ちやんとエンドロールは見てたはずなのに気付かなかつた。ワシが如何に「作画」に興味を持つてないかが良く分る。笑。

台詞の在り方

演じられる都度に役者によつて新たに作り上げられる舞台劇や戯曲と、作画と撮影によつて固定されるアニメとでは台詞の書かれ方にも少なからぬ差異が生ずるのではないかなあ。カメラといふ概念の有無もあり、全く同じ方法論では語れないと思ふ。もちろん根底に通ずるものは多分にあるだらうけれども。

検索さんいらつしやい(八月一日)

スターフォース」の「面(エリア)」の概念はプレイヤーの行動により動的に変化するので、地上標的であるジムダステギがどのエリアで出現するかを確定的に述べることはできない。

検索ワードはまあ普通だが、リファラがかの有名なごーるきーぱーだつたのでコーラ吹いた。市況調査御苦労様です。

ごめんぜんぜん分らない。

二十四時間経つた

眠いがゴミ出しに帰らなくては。

早稲田の券売機が小銭を認識しやがらねえ。

あ、「ガーゴイルおるたなてぃぶ」持つて出るの忘れた。

眠い。

その後のメガライナー

かつて、東京駅つくばセンター間を走るメガライナー「つくば号」といふ長大バスがあつた。ワシも一昨年の秋、JAXA筑波宇宙センターの見学の際に利用したことがある。国内では異例の全長十五メートルといふサイズのため、特別に認可の下りた道路しか走れないといふスペシャルなバスだつた。

昨年つくばエクスプレスが開通して東京−つくば間のバス利用客が激減したことにより、今年の六月に「つくば号」としてのメガライナーの運用は終了し、東京−大阪間を結ぶ夜行バス「青春メガドリーム号」として新たな運用に就くことになつたさうなのだが。

職場の人が、これを利用して大阪に帰省したといふ。さぞ快適だつただらうと話を向けてみると、「は?」と怪訝な顔で返された。聞けば、かういふことらしい。

  • 夜行バスとして設計されてゐないので座席の幅もピッチも狭く、リクライニングもほとんどしない。もちろんトイレもない。
  • 何らかの制約があるらしく、到着までにかかる時間が通常の「ドリーム号」より二時間も長い。
  • 認可の下りた道しか走れないため、名神吹田から大阪駅までの下道の通行に時間が掛る。
  • 緊急時の迂回ができないため、乗車に一定のリスクが付きまとふ(つくば時代も同様)。

等等の理由で、とてもではないが快適な旅とは言ひ難かつたさうだ。因みにその人はかつて職業としてバスに乗つてゐたため、「馴れないバス旅行に疲れた」などといふレベルで出た感想ではないはずだ。

さうか、ワシがあれを快適だと思つたのは二階席最前列を確保したからだつたのだな。東京−つくば間なら精々一時間程度しか乗らない訣だし。

そもそも「青春」といふ名前が怪しい。「青春18きっぷ」の例もある様に、国鉄絡みのサービスに「青春」が付く時は「格安のサービス」といふニュアンスが付き纏ふ。実際、「青春メガドリーム号」も東京-大阪間で繁忙期以外は四千円を切るといふ破格の値段であることが売りらしい。まあ、前述の感想を聞けばさもありなんといふか、流石にそれ以上の値段は取れないだらうといふ気にもなる。

鳴り物入りで輸入したスペシャルバスも、かうなるとなんだかうらぶれて見える。日本で就役が始まつてまだほんの数年なのに、今ではどちらかといふと要らない子扱ひ。諸行無常よのう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060801
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報