大和但馬屋日記

この日記について

2007年08月31日金曜日

yms-zun2007-08-31

あ、朝だ。

いつの間に。

うずうず

まあ、答はほとんどご自分で出されてゐる通りで、実際は複線ばかりといふ訣でもなく、また上野駅阪急梅田駅の様な櫛型ホームのターミナルで片側にしかドアが無かつたらどんだけ用地が必要やねんといふ事情もあり、現状がある訣です。といふか、乗降扉を片側だけにしなくてはならない必然性がよく分りませんが。

でも、乗降扉が片側にしかない鉄道車両が全く存在しなかつた訣ではありません。さすがに「電車」で存在したといふ例は寡聞にして知りませんが、客車と気動車(ディーゼル車)ではつい最近まで実用されてゐました。それはどこあらう、神戸市内の話です。兵庫駅和田岬駅を結ぶ山陽本線の支線、通称「和田岬線」において、片側にしかドアが無くもう片側は全部が座席といふ車両が使用されてゐたのです。詳しくは和田岬線 - Wikipediaをご参照あれ。

コメント欄が閉じられている(?)っぽいのでここに書きますが、乗降扉が片方だけにあると

  • 駅に着く度にどっちが開くのか気にしなくて済む。掲示もアナウンスも不要。
  • 混雑時、左右交互に乗降扉が開くようだと動線が悪い。
  • 座席を多少増やす事が出来る。
  • 多少なりとも車両のコストが安くなるんじゃないかと思う。もしかすると強度も。

ようなメリットがあるかなぁと素人の夢想をしたのでした。

成程理解しました。

乗客への利便性といふことであれば、個人的には「すべての駅で両側にホームを設け、どちらか一方を乗車口・他方を下車口とする」とするのが最も効率的である様に思ひます。都市の慢性的な混雑路線についてのみいへることで、座席もなくて良いといふ前提ですが。

扉を片側のみにすれば、車両のコストと強度については確かにメリットとなりさうです。ただし「すべての駅を同じ構造にする」といふ、とてつもない建設コストを度外視すればといふ話ではあるでせう。

利便性で考へたら、本当は鉄道なんか全部撤廃して「鋼鉄都市」に出てくる自動走路(動く歩道の凄い版)を全土に敷けばいいのに、と時々本気で思ひますが余談。

  • 2007年08月31日 funaki_naoto 鉄道
このエントリーをブックマークしているユーザー (1)

検索さんいらつしやい(八月三十一日)

うちではそんなものは取扱つてをりません。

つか、あの後また別の人が来たのよ。年の頃は四十台半ば辺りかな。「近所に新しく営業所を開くことになりまして、そのご挨拶に参りました」とか言つて。んで、今新聞を取つてるか読売は取つてゐないかなどと訊いてきて、「読売は取つてない」と答へると「ああ、良かつた」と。ここで一発カチンときた。

続けて「今日はご挨拶なんで勧誘とかさういふ話ではないんですけど、店を開くにあたつて上から言はれてゐるノルマがあるものですから、その、余つてる分を御宅に入れさせていただいてもよろしいですか? もちろんサービスですのでお金はいただきません」云々。ブチブチブチ。

「あなた、自分で言つてることが可笑しいと思はないんですか?

「 今からこの辺で商売するために店を開くんですよね? 人からお金を取つて新聞を売らうとしてはるんですよね? 人に売るものの説明をあなた一度でもしましたか? 他の新聞に比べて読売はこんなところが優れてるとか言へないんですか?

「それをなんですか、余つたからタダであげます? 余つて困るもんを押し付けんといてください。馬鹿にしてるんですか。

いやですからこれはサービスでモゴモゴ。

「サービス!! さつき余つてるからとか言ひませんでした? 売れ残りを押し付けるのがサービスですか。だいたい(金を払つてゐる人に)失礼でせう。商売をなんだと思つてるんですか。余つたから入れさせてくださいて、何それ。そんなもん要りません」

バタン。

読売新聞社はもうトイレットペーパーだけ作つてたらいいよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070831

2007年08月30日木曜日

yms-zun2007-08-30

武士の商法

あおやぎさんの日記から。

「武士(士族)の商法」つて、商売が下手な状態を揶揄する表現であつて、採り得る手段の一つとして認識されるべき言葉ではない。発言の前後関係が記事からでは良く分らないが、精一杯推測するに「私ら、厳しいですけどどうやつて収益をあげられますかね」「これは難しい。武士の商法だと思つてゐる」みたいな会話だつたのだらう。全然意味が分らないな。本当に言葉通りの意味で言つてゐるなら、この人の部下や出資してゐる人たちはさつさと逃げ出した方がよささうだ。記者はこれを「武士は喰はねど〜」の意味に(好意的に?)曲解して後を続けてゐるやうだが、要するに何が言ひたいのか全然伝はらない。

仮に防衛省の大臣が自分の施策を「生兵法だと思つてゐる」なんて発言したら不安に思ふよね。

まあ、公的な場で出てくる格言だの慣用句だのの類は聴衆を煙に巻くために使はれるものと決つてゐるから、さういふ意味では正しく機能してゐるのだらう。

何でも実績解除

あわせて読みたい」から辿つて知つた、画像ファイルをネタに何でも実績解除してしまふFLASHid:qki氏作成。

ネタ作成は【インフォシーク】Infoseek : 楽天が運営するポータルサイトで。

それにしてもワシはLiveアーケードが好きすぎる

ある人のダイアリーを拝読すると「週一、二本配信といふスケジュールを優先するあまり配信予定がぜんぜん公表されず、当日の配信時間になつてみないと何が来てるかわからない。ふざけるな」みたいなことが書いてある訣ですが、これから出るゲームの発売予定リストを眺めてブツブツいふ趣味が全くと言つていいほど無い自分からすると今の状況の方が楽しすぎて、むしろ一切発表なんかしないでいただきたいとすら思つてる次第。

変な言ひ草になるけど大きすぎる期待は、叶つた時の喜びよりも叶はなかつた時(配信されなかつたとか配信はされたけど実はクソゲーだつたとか)のダメージの方が絶対にデカいんで、さういふものは持たないに越したことはないといふか。目の前に遊べるゲームがあるかどうかだけが問題。先のことなんて気にしない。出てないゲームは存在しないゲーム。

さういへばカートオフの時にMakoXさんに「ずんさんはLiveアーケード買ひすぎ」とツッコまれたな。だつて面白さうなのが出てくるんだから仕方ないぢやないですか。

今日のゲーム(八月三十日)

SPACE GIRAFFE(Xbox360,Llamasoft)

二億点越えた。ランキング二十五位、レベル72あたり。

「レベル64をノーミスでクリアせよ」といふ実績があつて、どんなステージかと思つたらこれがもう。えーと、喩へるなら「アークエリア」の残像ステージみたいな感じ? 余計分らんか。まあ要するに表示機能を悪用してプレイヤーの視認性を著しく落すステージ。本当にムカつく。ムカつくから意地で実績解除したわよ。

その後は行動範囲を制限する敵といふか障碍物が必ず出現する様になるし、あーもう。

ベアナックル2(Xbox360,SEGA)

今週の配信物。メガドライブ用のベルトスクロール型格闘アクションゲームの復刻。何度も書いた通りでベルトスクロール型アクションは概ね大嫌ひだけど、古代サウンドに絆されて購入。

遊んでみたら、メガドラオリジナルといふこともあつてか遊び易い難易度で、結構先に進めた。展開がトロくて時間がかかるのは戴けないが、まあ値段相応で損はしない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070830

2007年08月29日水曜日

yms-zun2007-08-29

今日のゲーム(八月二十九日)

SPACE GIRAFFE(Xbox360,Llamasoft)

軽い気持で最初から始めたらレベル四十六まで進んだ。スコアは一億五千万超、通算ランキング四十九位。スコアボードの周辺を見たところ、同じスコアでの到達レベルとしては低い方なので、それなりに効率の高い稼ぎに成功した様だ。うーん、うーん、おも‥‥おも‥‥しろいのかなあ。まだよく分らん。画面内で起きてゐることはほぼ把握したのだが。

ギターフリークスV4(AC,KONAMI)

「恋」EXT完奏。C評価だけど。オルタでやつてたら途中でズレて死にかけた(ゲージが真黒になつた)ので後半は慌ててフルダウンで。レベル49の譜面を単独完奏したのはたぶん自己最高記録なのではないか。つか、「Sweet Illusion」よりは簡単だと思つた。

究極タイガー(AC,TAITO/TOA PLAN)

浅草楽天地ボウルにある唯一の縦シューがこれといふのもどうかと思ふが、これだけあれば他は要らないぢやんといふ気もする。面白いと難しいが絶妙。1,113,110点。六面ボスで終つた。

ところで、今まで意識したことなかつたけど「究極タイガー」のマップも所謂ゼビマップ方式なのだらうか。どこかにマップを横に繋いだ画像がないかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070829

2007年08月28日火曜日

yms-zun2007-08-28

今年の夏、首都圏で異常な暑さが記録された原因

Xbox360PS3が出揃ひ、さらに「Forza2」が盛上つたことによつてワイヤレスレーシングホイールの異常発熱が云々。

あかん、実売台数に無理がありすぎる。Wiiが発熱マシンだつたらまだ尤もらしく見えるものを。

今日のゲーム(八月二十八日)

SPACE GIRAFFE(Xbox360,Llamasoft)

このゲーム、ゲームオーバーになつても到達したレベルを任意に選択してスタートできる。しかもその面に到達した時に出ていたハイスコアがクリア時のボーナスとして加算されるから、実質無限コンティニューと変らない。いい仕組だ。根本的な視認性の悪さを除けば悪いゲームではない気がしてきた。単に長く触れすぎてどうでもよくなつただけかもしれんが。

前述のシステムではあるが、まだまだ序盤で稼げるので最初からプレイした方が得点が伸びる。しかしレベル三十一がクリアできない。

FORZA MOTORSPORT2(Xbox360,Microsoft,ASIN:B000HDLUY0)フォルツァ モータースポーツ 2(初回出荷特典:限定車「NISSAN FAIRLDAY Z - Custom Forza Edition」入手権利カード同梱) - Xbox360

近頃の様子

まあ、見れば分る通りで毎日起動しては定番品のオク出品だけは続けてる状態。バイパーはそろそろ四百台に達しさう。最早出品しても時間切れで戻つてくる率が半分以上だけどな。

ペイントは新作に着手。本来的な意味での「痛車」といふやつに初挑戦中。

走る方は、試しにオンライントーナメントBクラス予選(ロードアトランタ)を走つてみたら、合格タイムの五秒落ち。全然駄目ですな。まあぼちぼち。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070828

2007年08月27日月曜日

yms-zun2007-08-27

「デッドガールズ」観た

AT-Xで放送。

まさかギャグアニメだとは。腹よじれた。たらららたららら。


あかん、あんなの観てから寝たもんだから、昼を過ぎても頭の中を新谷良子の「たらららたららら」が無限ループ中。

泣いた

うおお。つか気付くの遅いよ自分。

格好良く走つてくれて有難う。

新作クルー

さういへば、先日スウプ氏と話してゐて「PGRの存在意義つてどこにあるんでせうね」なんて話題が出たこともあるんだけど、さうだよ「PGR」は「ジオメトリーウォーズ」の最新作を運んでくれるコウノトリなんだよ!!

Liveアーケードでは配信しないとのことだし、絶対購入確定。いや、ゲームへのアクセシビリティを考へるとLiveアーケードの方が数百倍有難いんだけど。せめてHDDインストールくらゐさせてくれ‥‥

ワイヤレスレーシングホイール問題の続報

なんか登録が始まつた。なんにせよ帰つてからだな。

つか、動作異常の予防措置を取るのに情報を登録させる意味が分らない。追って弊社より、対策提供に関する詳細をご案内差し上げますとあるが、具体的な内容をまづオープンすべきではないのか。

今日のゲーム(八月二十七日)

SPACE GIRAFFE(Xbox360,Llamasoft)

ダッシュボードで音楽を「ギャラクシーフォース」にしてみた。合つてるやうなさうでもないやうなどうでもいいやうな。「Rez」のサントラが合ひさうな気がするが持つてない。

最初から通してプレイしてレベル三十一まで。通算ランキング百六十位辺り。敵弾が斜めに飛んでくるやうになると手に負へない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070827

2007年08月26日日曜日

yms-zun2007-08-26

今日のゲーム(八月二十六日)

SPACE GIRAFFE(Xbox360,Llamasoft)

べべ、別に面白いと思つてる訣ぢやないんだからねッ。ただ、面白さが分らないまま放つておくのが気持悪いだけよ(以上テンプレ)。テンプレとツンデレは似(黙れ)。

しばらく遊ぶうちに目が馴れて、画面内の全ての状況が把握できなくもない気がしないでもない辺りまで来た。ここでやうやくスタートラインといつたところか。

最初にチュートリアルで一千万点の実績を解除して、あとはノーマルモードをぼちぼちと。

画面の見通しの悪さを逆手に取つたデザインとか、ボーナスステージの美しい効果音に被さるゲップの音とか、現実の何かを擬へずに居られなかつた絵や音のデザインセンス(キリンだのフラワーだの)とか、いちいち神経を逆撫でされるにも関らずしばらくは遊んでしまひさうだ。悔しいけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070826

2007年08月25日土曜日

yms-zun2007-08-25

事故報告

ずんさん何したの?トラバ乱射だよ?

うわ - gobbledygook

ハイ、やつてしまつたやうです。皆様すみません。事の次第を以下に説明します。

何をやつたか

ダイアリー開設当初(平成十五年二月)からおそらく翌年の中頃あたりまでの日付の全ての日記から、はてなダイアリーの仕様による自動トラックバックを発生させてしまひました。トラックバック送信先の皆様、ことにトラックバックの受信通知をメールで受取る設定にしてゐる方には多大な御迷惑をおかけしてしまひ、大変申し訣ありません。

何故起つたか

当ダイアリーの更新は特別な場合を除いてはてなダイアリーライターといふツールで行つてをります。このツールの働きについての詳細説明はここでは省きますが、簡単にいふとダイアリーをテキストエディタで書いて保存すると自動的にはてなダイアリーにアップロードしてくれるといふものです(正確にはファイルの保存に伴つて自動アップロードを行ふのは外部プログラムであるhwm.exeの持つ機能です)。

はてなダイアリーライターはアップロード処理を行つた後、その時間を記録するtouch.txtといふファイルを生成します。次回のアップロード時にはこのtouch.txtに記された時間より後に更新されたファイルのみがアップロードされます。

今回の事故は、何らかの理由によりtouch.txtが破損したためにファイル更新時間の比較が行はれず、然るに過去すべての日記が古いものから順次アップロードされたために起つたものです。途中でアップロード処理の異常に気付いて処理を強制中断しましたが、既に大きな被害をもたらしてしまつた後でした。

原因

touch.txtが破損・消滅した原因は不明ですが、ダイアリーの更新前後にはてなのサービスにアクセスしようとしたらログアウト状態になつてゐました。はてなダイアリーライターがアップロード処理を行ふ際にはてなへのログインが正しく行はれず、その影響でtouch.txtが正常に作成されなかつたものと推測します。

対策

同じ事故の再発防止のために以下を行ひました。

  • touch.txtを手動生成
  • はてなダイアリーライターのスクリプト(hw.pl)を最新版に更新
  • ダイアリーの設定を「自動トラックバックを送信しない」に変更

以上です。

重ね重ね、ごめんなさい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070825

2007年08月24日金曜日

yms-zun2007-08-24

今日のロケットまつり

どうしようかな。

行かない派

  • 経済的にどうしやうもなく夏バテ
  • 最近のトークのあまりに愚痴つぽい流れに辟易気味

行かうよ派

  • 新しいゲストが出演するらしい

うーん。

なんか迷つてる時点で答は出てるよなー、と思つたので今回は申し訣ないけどパスします。

結果論だけど仕事で重要な電話が来たので、行かなくて正解だつた。ロフトプラスワンは携帯も届かないので危険。

土砂降りであつた

それは圧倒的なあまりに圧倒的な

全身の衣服といふ衣服を下着までずぶ濡れにし

靴に包まれた足の先までも水浸しにし

胸ポケットの携帯電話浸水の警告ランプを燈し

財布の中の紙幣をヨレヨレにし

Suicaのカードを半ば剥れさせ

ベルトのポーチのGBAミクロの画面を裏から曇らせ

ウエストポーチに忍ばせた文庫本の厚さを半増せしめ

頭の整髪ジェルを洗ひ落し

自転車の油の一切を洗ひ流し

ブレーキも効かせず

視界も利かず

それでもなんとか帰り着いてみれば

スカパー電波の受信すらできぬ

全く見事な、

土砂降りであつた。

今日のゲーム(八月二十四日)

地球防衛軍3(Xbox360,D3/SANDLOT,ASIN:B000FSBL0U)地球防衛軍 3 - Xbox360

HARDESTミッション15、ライサンダー2二丁持ちでクリア。何も好き好んでヘクトルの足許をうろつくことはないな。

続いてミッション16も難なくクリア。巣穴をライサンダーで毀し、迫つてきた虫をC26で一掃。楽ちん。

SPACE GIRAFFE(Xbox360,Llamasoft)

稼ぎ方は分つた。しかし、うん、面白くないわこれ。

ビューティフル塊魂体験版(Xbox360,namco)

マーケットプレースにあるのがまさか体験版とは思はなかつた。ムービーだとばかり。

制限時間三分間、マップはおそらく体験版専用。どうしやうもなく普通の「塊魂」だ。特筆すべき点は何もない。

ただ、巻き込めるオブジェクトの量はたしかに多くなつてゐる。転がせば何かに当るといつた風で、マシンスペックが上つたことが生かされてゐる。しかしそれが大した実感に繋がらないのが不思議。PS2でももともとこのくらゐだつたかと錯覚してしまふ。

操作は若干懸念した通りで、左右のスティックが対称に配置されてない分だけ少しやり難い。慣れればどうといふこともなからうが、気になるものは気になる。

Blazing Angels 2: Secret Missions体験版(Xbox360,UBI)

第二次大戦を舞台にしたフライトシューティング

これは面白いね。レシプロ機のコクピット視点といふ奴がたまらなく好きなので、絶対に欲しいタイトルだ。日本版は出さうにないけどな。 前作も欲しいけど日本版の本体で動くのかしら。

エースコンバット」とどちらかを選べと言はれたら絶対にこちら。有視界の格闘戦で誘導ミサイルをバカスカ撃つても別に楽しくないもの。格闘戦なら機関砲だろ。

とはいへ、こちらもサブ兵装のリモコン式ミサイルが便利すぎるのでできれば封印したい。あと敵のダメージメーターとか方向を示す矢印とかレーダー表示とか、時代を考へるとオーバーテクノロジー過ぎて萎えるな。まあ、これらが無ければゲームにならないから妥協はするけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070824

2007年08月23日木曜日

yms-zun2007-08-23

ワイヤレスレーシングホイールのリコール?

なんか大事つぽい。

通販で買つたソフマップ・ドットコムからも注意喚起のメールが来た。ちやんとしてるなー。

今日のゲーム(八月二十三日)

地球防衛軍3(Xbox360,D3/SANDLOT,ASIN:B000FSBL0U)地球防衛軍 3 - Xbox360

HARDESTミッション15、二回目にでてくるヘクトル軍団で殺されるな‥‥ライサンダー2+C26では限界があるか。遠くからの狙撃に徹するか、第二波のガンシップ群をミサイルで凌いでヘクトルはあくまでC26に頼るか。むう。C26はガンシップにもそこそこ有効ではあるのだが。グレネードランチャーの、難易度相当に強い奴が入手できてないから困る。

もう少し悩む。

SPACE GIRAFFE(Xbox360,Llamasoft)

今週のライブアーケード配信物。まあ、ぶつちやけ「テンペスト」。ゲームで参照できる「遊び方」を見ると一行目に「これはテンペストではありません!」と書いてあるくらゐ、歴とした「テンペスト」。では何が「テンペスト」と違ふのかといふと、紹介サイトにもあるやうな「体当りによる稼ぎ云々」といつたあたりだらうか。

実際遊んでみると、まあ確かに色々ややこしい仕込みがされてるなあとは思ふけれども、ぢやあそれが「テンペスト」を超えた面白さを提供してゐるかといふと結構微妙。ただルールを複雑にしただけで、それが奥深さに繋がつてゐる様には今のところ感じられない。丁度二十年前頃に流行つたアーケードリメイクブームみたいな感じだ。

そんな訣で四百ゲイツ払つて購入したけれどもいきなり食傷気味。エフェクト過剰なビジュアルもカッコいいを通り越してただ見づらいだけだし、困つたな。「ジオメトリーウォーズ」が如何に神憑りの出来であるかが良く分つたよ。

StreetTrace:NYC(Xbox360,Gaia Industries)

今週の配信物もう一本。

ジェット式のスケボーゲーム。武器を使つたレースといふかバトルといふか。体験版チュートリアルだけ遊んだ。操作感覚があまり楽しさうぢやないんで見送り。ライブアーケードのゲームとしてはしつかり作られたものである様に見えるけど、あまり好みではないので。気が向いたら買つてもいいかな、とは思ふ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070823

2007年08月22日水曜日

yms-zun2007-08-22

今日のゲーム(八月二十二日)

地球防衛軍3(Xbox360,D3/SANDLOT,ASIN:B000FSBL0U)地球防衛軍 3 - Xbox360

コミケ休み中に茉森先生と二人プレイでHARDESTミッション8をクリアしたので、その勢ひに乗つて*1ミッション14までクリア。地上はC26爆弾、地中はセントリーガンが頼りだ。ミッション15もライサンダー2とC26の組合せでクリアできさう。失敗原因はほぼすべてC26による自爆なので、なんとかなる。ヘクトルにはC26を五発まとめてお見舞ひすればいい。

それにしても、ここまでの六ミッションで新規武器がひとつも手に入つてゐないのが困る。まあ、それなりに強いのが揃つてはゐるが。

*1:360の電源つけたらディスクが入つてゐただけともいふ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070822

2007年08月21日火曜日

徹夜明けつてさ

書くことがないよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070821

2007年08月20日月曜日

yms-zun2007-08-20

へとへと

十日ぶりに自転車で出勤。自転車筋がごつそり衰へて、湯島の坂や富坂を登るだけでへとへとになつた。

ワンフェス&コミケまとめ

帰省を間に挟んで、ワンフェスに始まりコミケに終つた夏休み。忘れないうちに感想を。

ワンフェス

スペースの密度も人の出も、とても歩き難かつた前回の冬に比べたら随分楽な印象だつた。冬のはあれか、ハルヒ効果か。よくわからんが、出展物も冬の「ハルヒ」一辺倒具合に比べると全体が何かのネタに支配されてる感じはなく、全体にバラけてゐた。それはそれでいいことだと思ふ。ただ、全体のクオリティの隔差も目立つた気はする。立体として見るに厳しいナスビ顔のフィギュアがいつもより多かつた。それも新規参入者が増えたと捉へれば悪いことではないので、その中から巧い人が一人でも多く育てばいいと思ふ。

あと、今に始まつたことではないけれど「ピンキー」フォーマットの出展がかなりのシェアで定着したなと思つた。参入障壁を下げる役割は大きいんだらうなと思ふ反面、立体的に面白くなり様がないので個人的にはスルーしてしまふ。「可愛さ」の上限値が予め決つてるのは見る側として辛い。

購入物は以下の通り。

ほとんどが小スケールのキット。作るのは大変さう。特に「ARIA」のキットが尋常ではない。セーラーカラーが全部極薄の別パーツなんだぜ。高さ五センチ程度で三人+三匹でパーツ点数が三十九だつたかな。いやはや恐ろしい。

つかちやんと作れ>自分。

コミケ

ワンフェスとは比較にならない人の多さ、暑さ。コミケに行くこと自体数年ぶりだから面喰らつた。

しかし一般参加者として行くコミケには自分の居場所がないなー。自分が「中の人」にならない限り行く意味が感じられなくて往生した。温かく迎へてくれる友人がゐるからそれでもまだ行けるけど、さうでなければどうしやうもない。ほとんどまともにサークル巡りもせずに終つたのもいつもの通り。通りすがりに目に止つた、絵の可愛い本を数冊買ふに留まつた。

つべこべ言はずに何か作ればいいのに>自分。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070820

2007年08月19日日曜日

yms-zun2007-08-19

ゆりかごめんね

初めてゆりかもめ豊洲から乗つてみた。おもろい。超オヌヌメ

ちよつと話題になつた市場前駅界隈の何もなさ加減も含め、視界が開けてゐて眺望が素晴らしい。

いづれ開発が進めば視界が遮られて見えなくなる、期間限定のクルーズだ。乗るなら日差しの強い夏の昼間がいい。

昨日と今日

昨日は池袋で遊んだ。東口北側の界隈に「ギタドラ」の穴場みたいなタイトーの店を見つけてホクホク。二百円だけど。二階には「エクイテス」があつたりなんかして。「シューティング技能検定」二十三歳。

関係ないけど「ギタドラ」は浅草では絶滅したと思つてゐたら楽天地ボウルに復活してゐた。また撤去されないやうに遊んでおかないとな。

今日は昼過ぎてから有明に移動。雨にならなくてよかつた。暑さもそれほどではないか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070819

2007年08月18日土曜日

yms-zun2007-08-18

昨日のことさ

布団のシーツを二枚、友人が来るからと洗濯して干しておいたら夜に雨が降つた。早く取込んでおけばよかつた。

友人達と遊んでゐるとネットに繋いで何かする暇なんてそれあなくなる訣だが、そんなことまで優越感だか劣等感だかの材料に使へるらしい。そんなことしてしんどくないのかな。

などと、一人早くに目覚めた時間に書いてゐる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070818

2007年08月17日金曜日

yms-zun2007-08-17

スカパーに津波アイコンが出た

午前一時を過ぎてから、だと思ふ。南米地震の余波がやはり日本にも届くとみられた模様。注意されたし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070817

2007年08月16日木曜日

yms-zun2007-08-16

崩壊

蒸し風呂に戻つて見れば、足元に白い棒が。ぎやあ。

二本渡した突張り棒の片方が落ちてゐるではないか。すると当然、上に載せたプロジェクタも落ちて‥‥

ない。ないぞ。これは一体。

目を上げれば、ネジ留めしたVGAケーブルが命綱となつて、もう一本の突張り棒から運良く宙吊りになつてゐた。落ちたのがこちらの棒でなければアウトだつた。

問題は何が原因で棒が崩落したのか。荷重のかけすぎといふわけではない筈だが、地震でもあつたかな。

霊峰無残

遠目に伊吹山を見たら、何だか知つてゐる山容と違ふ。妙に人工的な台形のラインだなと訝しみつつWikipediaを引いてみたら、石灰岩の採掘が進んでああなつたとのこと。いやしかし天下の霊峰をあれほどの規模で削つてしまへるものなのか。

山の猪の怒りに触れてしまへなどとつい考へてしまつた。恐ろしや恐ろしや。

「こだま」に乗つた

自由席にありついた。

改札の外でビールを買つたらちいとも冷えてない。ホームの売店でカップ入りの氷を買ひ足して難を逃れた。

東京まで四時間。何を読まう。

出発

香里園駅前の青春を浪費したゲーセンで「GFV4」を初プレイ。一回百円は有難い。

大阪着いた

渋滞もなく早く着いた。今日中に東京に帰つてしまはうか。

帰る

ひとまづ大阪まで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070816

2007年08月15日水曜日

yms-zun2007-08-15

あまりペースは早くない

しかし創作物を一日二冊以上読んでも印象が混つたりするので良くないかもだ。

マルティプレックス(田村登正,電撃文庫) - 大和但馬屋読書日記 - bookグループ

「エンダー」もの。高校生が遊んでゐるバーチャル戦争ゲームと思つてゐたものが実は‥‥といふ話。その「‥‥」の先がこの巻では全く明らかにされなかつたのは肩透かしだつた。主人公が真実に気付く過程の運びは悪くないものの、シリーズの一冊目として三百五十ページも費やして投げ放しエンドといふのはいただけない。

書き手はそれぞれのエピソードに対して一区切りつけたつもりかもしれないが一冊の本として纏めきれてゐない。作者の力量に因るのでなければ編集者の方針といふことにならう。かういふのが当り前になりつつあるのだらうか。

読後感が消化不良すぎて面白かつたどうかもよくわからないが、少なくとも「エンダーのゲーム」や「All You Need Is Kill」を読んだ後の様な味はひをこのシリーズから得る機会は逃してしまつたやうだ。続刊が出てからの纏め読みならよかつたかもしれない。しかしさういふ読み方では続刊の出版自体が危ふくなるこの時世。ままならんの、と嘆く前に話を一冊で纏めてくれ。

カラクリ荘の異人たち(霧島ケイ,GA文庫) - 大和但馬屋読書日記 - bookグループ

夏らしい異世界探訪話。盆に読むには丁度良い題材だつた。

扱つてゐる題材はそれなりに面白いのだが文章に今一つ味が足りなくて惜しかつた。決して下手ではないけれど。

あと、同じ日に読んだもう一冊ほどではないがやはり最後を投げ気味の気が。本作の場合エピローグの章を設けて主人公太一の日常のささやかなる変化、特に采奈との関係について等に僅かでも触れなくてはなるまい。え? これで終り? とページを繰り直してしまつたほどだ。

続き物の開幕といふものへのスタンスが業界ごと変りつつあるのかなあ。文藝としては明かな退歩だと思ふ。

秋山瑞人が沈黙してしまつたこと、「ハルヒ」の新刊が延期になつたままであることなど、直接関係のないネガティブ事象を何故か連想してしまつた。

暑いとか暑くないとか

少し日向を歩いただけで全身から水が吹出す。さりとて日陰に居れば冷房など全く不要。

蝉の声はサラウンドで聞こえるが喧騒とは全く無縁。

何であんなとこに住んでんだ。ここで仕事できねえかな。ネットがブロードバンド化さへされてゐればあるいは。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070815

2007年08月14日火曜日 珍客

yms-zun2007-08-14

リアルメガスター

盆の時期に月がなくて、かつ晴れた夜空を眺める好機も滅多にない。天の川を肉眼で見たのは十数年振りだ。

視力は落ちてゐるし空気は瞬くしで実際に見える星は星の数ほどもないが、東京の貧相な空に比べれば星の数ほども違ふ。

メガスターは凄い機械だが、どうしても拭へない違和感の正体も何となく分つた気がする。だからメガスターが駄目とかいひたいのではなくて、興味を一つの機械ではなくこの現物の空へ結びつける何かがやはり必要だと思つた。大平さんて凄いねー、で終らせたら駄目だと思ふ。

携帯からでも通常更新

灼眼のシャナXV(高橋弥七郎,電撃文庫) - 大和但馬屋読書日記 - bookグループ

灼眼のシャナ〈15〉 (電撃文庫)

灼眼のシャナ〈15〉 (電撃文庫)

五巻に一度の外伝、今回は『約束の二人』の過去編。本編との繋がりは何処に、と思へば『彩飄』フィレスが吉田一美に託した宝具の意味を読者に再確認させるための物語であつた。

ただの脇役として登場したかに見える『空裏の裂き手』クロード・テイラーの過去が語られるにつれ、彼こそがこの物語における坂井悠二なのだと気付いたら俄然面白くなつた。クロードの妻が『約束の二人』に託した最後の言葉が胸を打つ。そして今まさにこれを書いて、クロードの妻が最後の言葉を託した相手の通り名が『約束の二人』であることに気付いたら、それが感動に変つた。

表面上の主役であるフレイムヘイズたちの話として読んでゐる間は、ハワイが舞台であるといふ個人的な「TDU」補正なくしては興味を持続させられなかつたけれども、読み終へた今は大満足。傑作だつたと思ふ。

それはそれとして早く本編の続きを読みたい。一刻も早く。

コケティッシュと

好敵手は似ている。

「シャナXV」を読んでゐると

無性に「TDU」をやりたくなつて困る。

ぬこ

ここでは珍しげな首輪付き。

f:id:yms-zun:20070814085851j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070814

2007年08月13日月曜日 六年

yms-zun2007-08-13

船上

笠岡から乗船。夏期ダイヤだからか普段と異る配船で、観光用の少し小さい船体だから待合室の全員が乗船できぬといはれた。そんなこといはれても。

結局最も近い白石島へ渡る客のみ代船に振分けて対処された。

遠くで通り雨が降つてゐるやうだ。

f:id:yms-zun:20070813165603j:image

帰省

ワンフェス明け。海胆海月氏と新幹線に乗つて西へ。途中で氏をリリースして、今は岡山へ向ふ途中。

冷房が効きすぎて寒い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070813

2007年08月12日日曜日

yms-zun2007-08-12

「とらドラ5!」読了

入場待ちで読み尽してしまつた。

最高に面白かつたが炎天下なので目がチカチカする。つか目の奥が熱い。‥‥いや感動して、ではなくて物理的に。だと思ふが。

直射日光で本を読んではいけない。

七時二十六分

列最後尾は橋の西詰。二時間半も何して過ごさう。

プレイやんを忘れた。デジカメも忘れた。後者は致命的かも。携帯カメラは禁止といふディーラーもあるからなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070812

2007年08月11日土曜日

yms-zun2007-08-11

今日のゲーム(八月十一日)

バトルギア2(PS2,TAITO,ASIN:B00005OUS4)バトルギア2

PS2でなんかやりたくて目に止まつた。せめて「3」にしとけばとかブツブツ思ひつつGT-Forceをセット。

「バ・ト・ルギ〜イアァ〜〜」を一通り聴いて満足。いや、満足してない。

弩級FD3Sで走りまくるが、一向に完走できない。「BG3」の走りは身に滲み付いてゐるが「2」のはさうでもないし、コースをいちいち「BG3」のそれに翻訳しながらでないと走れないのでコーナーに対する反応がいちいち鈍い。そしてなにより、壁への接触ペナルティ(スピードの落込み)がシビアだ。

結局完走できなんだ。でも、久々に「逆走」アラートが表示されるほど深いドリフトアングルを堪能したので良しとする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070811

2007年08月10日金曜日

yms-zun2007-08-10

「スペランカー」つて

身も蓋も無い言ひ方をするとマップがやたら広くて難しい「ドンキーコングJR」だと思ふ。あと「BAGMAN」の影響もたぶん大きい。子供の頃、駄菓子屋にあつた「BAGMAN」が一面もクリアできなくて悔しかつたな。

もちろん「スペランカー」の独自性は疑ふべくもないし、ワシも好きなゲームだけど(あれがクソゲーなんてゲームに失礼だ)、あれがゲームの特異点であるやうな扱ひをされてるのをみると「んー?」と首を捻つてしまふ。ワシほどゲームにのめり込まなかつた弟がワシより先にクリアしたくらゐだから、滅茶苦茶難しいゲームといふ訣ですらない(ワシより先に投げ出さなかつたといふ意味で)。少なくとも一周目に関しては試行錯誤だけでクリアできる様に作られてゐる。

つか本当にクソゲーなら、話題にもならなければ記憶にすら残らないんだよな。類似ジャンルなら「スーパーピットフォール」とかね。アレは駄目だ。

今日のゲーム(八月十日)

Track&Field(Xbox360,KONAMI/DE)

今週のライブアーケード配信物。

タイトルが違ふが、元祖アーケード版「ハイパーオリンピック」である。DSのアレでも同じく改題されてゐた。「オリンピック」がマズいといふことだらう。

購入して、いきなりオンライン対戦に挑戦。しかしラグが酷くて、全体の処理速度が下手したら半分以下になる。相対的に連打速度が上がるから凄い記録が出るかといふとさういふわけでもなく。たぶん入力判定も粗くなつてるのな。やはり日本人同士でないと快適な対戦は無理か。

仕方なくオフラインで遊んでみるが、ハンマー投げが全くクリアできない。つか、DS版以外で成功したことがない。我家のXbox360の場合、たぶん「プロジェクタの表示遅延」+「ワイヤレスコントローラの入力遅延」でタイミングが取り辛くなつてゐるに相違あるまい。これやる時は仕方がないから有線コントローラ繋ぐか。最近はレーシングコントローラとの兼合ひで有線コントローラの出番が全くないのである。何故さうなるのかの詳細は面倒だから省く。

フェイタル・イナーシャ体験版(Xbox360,KOEI)

コーエーのフライトレーシングゲームの体験版。「F-ZERO」と「ワイプアウト」と「スター・ウォーズ」のポッドレースを足して「マリオカート」で割つた様なゲーム。

まあ、それなりといふか何といふか。コースの作りが割と意地悪で、且つ障碍物に引掛つた時のペナルティがストレスフルなのでお世辞にも気持ちいいゲームとはいへない。ニンテンドー64版の「ウエーブレース64」がゲームキューブ版「ウェーブレース・ブルーストーム」になつた時に感じた「つまらなさ」と同種のものを感じた。ああさうだ、この手触りはゲームキューブのアレやコレやに似てゐる。そのアレやコレやが嫌ひなワシが、このゲームを購入する目は万に一つもなささうだ。消し。

どうでもいいけど「イナーシャ」を最初に変換したら「否ー車」になつたのでワロタ。つか、慣性とか全くお構ひなしで看板倒れだ。

Stranglehold体験版(Xbox360,MIDWAY/Tiger Hill)

ジョン・ウーチョウ・ユンファがどうたらかうたら。よく知らないけど、さういふ感じの香港アクション映画風TPS

画面がもうどこから見ても次世代シェンムー」。「シェンムー」としてみれば次世代だけれども、現世代機上のグラフィックとしては「すんごいドリキャス」みたいな味はひがたまらない。好きだな、このテイストは。

難易度カジュアルで始めてみると、両手に握つた拳銃を弾数気にせずパンパン撃てて気持ちいい。テーブルや障碍物に引掛ると勝手に颯爽とそれを乗越えてくれるし、さういふアクションやダイビングジャンプの最中に敵を捉へるとバレットタイムアクションになり、その間に敵を倒すと「カッチョいいアクション評価」が貰へるあたりが特徴らしく、手軽に面白い。

これは「買つてもいいかな」と思はされる、良い体験版。日本版が出れば、の話な。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070810

2007年08月09日木曜日

yms-zun2007-08-09

天平vs天保

毎日ウンコの写真を撮つてゐると、稀に道を尋ねられたりする。今日は色の黒い外人のお姉さんだつた。

で、「テンピョー、テンピョー」と何度も言はれるが何のことか分らず、怪訝な顔をしてゐたら、お姉さんは掌を合せて拝む仕草。「オー、テンポー、アサクサテンポー、桶桶」とやうやく理解して、雷門の交叉点を指で示して事無きを得た。

あれはどこの訛なのだらう。つか、それをいふならセンソージテンポーだらうと自己ツッコミ。

時をたべる少女(すこし違ふ)

時載りリンネ! 1(清野 静,角川スニーカー文庫) - 大和但馬屋読書日記 - bookグループ

時載りリンネ!〈1〉はじまりの本 (角川スニーカー文庫)

時載りリンネ!〈1〉はじまりの本 (角川スニーカー文庫)

食事の代りに本を読むことで情報を摂取して生きる「時載り」と呼ばれる種族の少女と、その幼馴染の普通の少年の物語。モチーフだけ見ると「文学少女」シリーズとか「モモ」とかいろいろ思ひ出す。一方、物語の構造としては「灼眼のシャナ」や「円環少女」などに似てゐる。まあ、それらの様に血腥いアクションではないけれども。まあ、今時のラノベらしくいろんなものを下敷きにしてるな、と思つた。

一冊分の物語の中で、異種族の背景を小出しに説明しつつ話を進める手腕は「シャナ」や「円環」にも劣つてゐないと思ふ。文章も、時々引掛る点がなくもないが巧い表現を沢山持つてゐる印象。

ただ、登場人物全体の年齢設定に若干の無理を感じるのが難点。読み始めた時は彼等が皆小学生だなどと思はなかつたし、途中の展開を考へてもそれで押し通すのは無理すぎる、あるいはそれを許容できる舞台設定になつてないと思ふ。一往、現実世界に近い札幌が舞台の様だし。「りすか」あたりの影響だらうか。

続編ありきの様だが、能力インフレバトルの方向に進まなければ良いな。一見すると能力限定バトル物の体だけれども、その限定の仕方と打破り方が恣意的なので初手から実はインフレ気味ではある。特に語り手である少年が一番怪しいことでもあり。とりあへず続きが出たら読んでみる。

それにしても「透過光」はないと思つた。文脈的にその使ひ方はをかしい。メタな表現として有得ない訣ではないが、どうなのだらう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070809

2007年08月08日水曜日

yms-zun2007-08-08

ディアボロ・ジンジャー飲んだ

これは良い炭酸入り冷し飴ですね。

これを機に首都圏でも冷し飴が簡単に入手できる様になるといいなあ。


ついこなひだ冷し飴のこと書いたよな、と思つて検索かけたら一年前だつたorz...

なぜに「スカイガールズ」、と思つたら

公式サイトがブログパーツを提供して、URL登録したサイトにトラックバックを飛ばす仕組を作つてんのね。なるほど。

どうでもいいけどテレビ版はOPが小坂りゆでないのでガッカリ。

ラノベいろいろ

シャナ」とか「とらドラ!」とか今すぐ読みたいものの最新刊が出たので買つた。今夜のうちに二冊とも読みたい勢ひなのだが、帰省の暇つぶしの為にとつておく所存。

しかしその帰省の機会が潰されさうでファッキンな予感。

今日のゲーム(八月八日)

FORZA MOTORSPORT2(Xbox360,Microsoft,ASIN:B000HDLUY0)フォルツァ モータースポーツ 2(初回出荷特典:限定車「NISSAN FAIRLDAY Z - Custom Forza Edition」入手権利カード同梱) - Xbox360

今日のバイパー

昨日の続き。

引続きアライメントを微調整してマシンの根本的な性格を決めてから、タイヤの圧を全体的に引き上げてみた。デフォルト値に近いあたりで後ろが僅かに軟らかい程度。これで随分反応が良くなつた。タイムは二分八秒前後。

で、いよいよサスペンション周辺に手を着けたい訣だが、昨日も書いた通りでそもそも根本的なところがまだ分つてない。ヘルプに従つて「前を硬くしたらどう、後ろを硬くしたらどう」といふのは出来るけれども、さういふのは分つた内に入らない訣で。

で、まづ分りやすさうなスタビライザーから手を出してみる。横方向の動きをタイヤに負担させるか車体で受け流すかを司るのがスタビライザーの役目といふことでよろしいな?

で、とりあへずは後ろをかなりハード寄りに固めてみた。お、コーナーの動きがシャープになつていい感じだ。ではそのまま前も固めたらどうなるか。ますます動きは良くなるが、クリップを突けなくなつてしまつた。なるほど、前が固いとアンダーになりますか。では前は柔らかめにしてと。

この状態で二分二秒を切つた。これは、このマシンでの自己ベストタイムではないか。しかもタイム狙ひのガチ走りでなく、テレメトリを睨みながらの走行でたまたま出たタイムなので、かなり好感触だ。ではスタビはこれで良しとしよう。

で、いよいよサスペンションなのだが、ここでドツボにはまつた。フリクションを見ながら走つてみると、どうもフロントタイヤが滑つてばかりできちんと仕事をこなしてゐない気がする。そこでフロントに荷重をかけるべく四苦八苦するも、どうもうまくいかない。弄れば弄るほどクリップが遠ざかるは、アクセルオンでスピンするは、あーもう。訣が分らなくなつたところで時間と気力が切れた。サスの設定はデフォルトでいいよもう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070808

2007年08月07日火曜日

yms-zun2007-08-07

ロールプレイングシューティングゲーム

とりあへず、「キングスナイト」と「頭脳戦艦ガル」のことは全力で無視するとして、「RPGめどいからシューティング形式にすれば」といふ提言に一番近いのは「ザンファイン」ではないかと思つた。

しかし「ザンファイン」の良さは鼻糞ホジる暇すら与へてくれない目くるめく畳み掛け感にあるので、合間に少しでも幕間劇とか文字情報とかが出るだけで詰らなくなると思ふ。

ともあれある種のコンピュータRPGの面白さを「息止め素潜りゲーム」と表現するなら、「ザンファイン」は極上の一本だと思ふ。ちよつとリアルタイム性が半端でないだけのことだ。

みんな「ザンファイン」やるといいよ。XBLAに来ねえかな、来ねえよな。

きな臭くなつて参りました

事件そのものに対する印象としては、「餓鬼の喧嘩がえらい事になつたな」としか言ひ様がない訣ですが。

ロンにかういふ事態の調停能力がないとはいはないけれど、セナとプロストの時といひ、チャンピオンシップが絡むと辣腕チームマネージャーとはいへ舵取りできるものでもなからう。「オレとアイツのどちらかを選べ」なんて少女漫画ラノベ紛ひの迫り方をされたら、それあ困るだらう。チームとはいへ団体競技ぢやないんだから、そもそも構造に無理があるんだよな。

では、「アロンソハミルトンか」と迫られて困るのは誰か。

アロンソは「二年連続チャンピオン」の看板でどこへでも行けるぜ、といふカードをちらつかせて強気に出てゐる。ハミルトンはまだ今年の実績しかなく、とりあへずマクラーレンに育ててもらはないと困る。チームとして御し易いのはハミルトンだし、贔屓目も少なからずありさうだ(何だかんだ言つてマクラーレンは生抜きの情に厚い)。

さりとてアロンソがチームと訣別した場合、行く所はあるのだらうか。行先として現実的なのは古巣のルノーフェラーリくらゐだらう。BMWは実力的に今一歩だし、チームとしてもアロンソに払へる金があるならマシンの開発に回したいだらうし。むしろハミルトンの方を欲しがるチームは多さうだ。

あとは、まあ、さうだなあ。「親父さんがマネジメントに絡むと碌なことにならない」といふ一例がまた増えたつてところか。バトンとかジャック(勿論親父はとつくに死んでゐるので親代りのポラックのこと)とか。もちろん成功例もあるんだらうけどさ。

スパイ疑惑の件もあるし、マクラーレンがトラックの外で騒がしすぎるよ。みんなレースに集中しようぜ。

ひどい捏造

ハンガリーGP地上波放送では、表彰式にマクラーレンスタッフが上らなかつたことについて「チームの命に背いたハミルトンのために、スタッフが表彰台に上らなかつた」といふストーリーが作られてしまつてゐるさうだ。なんてひどい。これは全くのでたらめ、捏造である。

実際は、レース途中にFIAから報道陣に対してプレスリリースが出されてゐる。その内容は、「もしこのままハミルトンが優勝しても、レース前の決定事項に遵つてマクラーレンのコンストラクター優勝に対するセレモニーは行はれない」といふもの。当然、チームスタッフは表彰台に上りたくても上らせてもらへなかつた。これが真相。CSコメンタリ陣は即座にこれを伝へてゐる。

相変らず酷い放送だね、地上波は。その程度のCSとの連携くらゐ取れるだらうに。

今日のゲーム(八月七日)

FORZA MOTORSPORT2(Xbox360,Microsoft,ASIN:B000HDLUY0)フォルツァ モータースポーツ 2(初回出荷特典:限定車「NISSAN FAIRLDAY Z - Custom Forza Edition」入手権利カード同梱) - Xbox360

今日のバイパー

曼蛇バイパーを作り直すの巻。いや、ペイントの話でなく、走る方。チューニングを見直したい。

パーツをアップグレードしてSクラスのPI値996までパワーアップしたバイパーSRT10だが、鈴鹿でどうしても二分が切れない。

また、それはそれとして、先日スウプ氏とセッティングの見解が全く反対であることが判り、好みの違ひはあるとしても自分に勘違ひがあるとしたらそこは正したいと思つた。

てな訣でチューニングを一旦デフォルトに戻し、テストドライブで延々鈴鹿を走り込む。デフォルトでは二分十秒を切ることすら難しい。耐久に使ふことを考へてタイヤはレーシングタイヤではないからさう簡単にタイムが出るものでもないが、ともかくこれでは扱ひ難い。

ここからどう自分好みに仕立てるか。テレメトリの、主にフリクションと熱の画面を出しながら少しづつ弄ることにする。目指す方向は、とにかく安心してアクセルの踏めるセッティングにすること。ハイパワーFRなのでリアの安定が最優先。その上で、130Rに一発で切り込めるハンドリングにしたい。

空気圧

まづはタイヤの空気圧。リアを最低に、フロントをそれより若干高めに。FRなので放つておけばリアの温度ばかりが高くなる。圧が高い程熱がよく入るので、コースを一周した頃に前輪と後輪の温度が等しくなる様に調整。

もちろん圧を下げると応答が鈍る。どこかで全体を底上げすべきかも分らんが、とりあへず低目で様子を見る。

アライメント

いきなりそこかよ、と言はれさうだが今のワシは未だサスペンションのバネとダンパーの関係を正しく理解してゐる自信がない。それらは挙動の変位を司るものと理解してゐるので、それは後回しにしてともかく「ワシの考へる真直ぐなライン」をトレースする足を作りたい。

で、前後のキャンバー角を弄つてみた。どちらもネガキャン(ハの字状態)にして、前を多めに。しかしどうもフラつくし、コーナーで踏張れてる感じもしない。熱の入りを見るとタイヤの内側が熱くなりすぎてゐる。一旦キャンバー角は抑へ目に戻した。

次にトーイン/アウト。ここが一番見解の分れるところだが、ワシには生憎知識の裏付けがないのでテレメトリだけが頼りだ。とにかくリアを落着かせるにはどうすべきか。デフォルト状態でフリクションを見ると、タイヤのグリップのベクトルが左右で散らかり気味になる。トーイン(マイナス側)にするとストレートでベクトルが内側を向く。ボーゲン状態だな。たぶんこれが正しい。トーアウトにするとコーナーでの動きが怪しくなる。

f:id:yms-zun:20070807170904p:image:w300:right

これを理屈で考へてみる。リアの動きにのみ着目した図も描いてみた。実際はこれほど単純ではないだらうけど。

コーナーでリアのアウト側に荷重がかかり、さらにそこに駆動力が加はるとどうなるか。トーインだとリアがコーナー内側に進まうとし、トーアウトだとアウト側に逃げようとする筈だ。ならトーインが良いに決つてゐると考へるのはたぶん早計で、車体の重心とフロントとの関係に注目すれば、リアがトーアウトならノーズが内側を向く。ドリフトするならこの方が都合がよからう。しかしワシはバイパーでドリフトしようとは思はん。コントロールできねえよ。

では、リアを安定させるためにトーインにしたらどうなるかといふと、当然アンダーステアになるだらう。フロントでこれをフォローするにはどうすればいいか。試したところ、結局、トーインにするしかなささうだ。ただでさへ曲らないバイパーだから、ターンインを少し鋭くしてやらなくてはどうしやうもない。

二時間走り込んで、決つたのはここまで。前後ともトーインにしたらタイヤの外側が異常に熱くなつたので改めてキャンバー角をつけて調整しなくてはならないが、それは次の機会に。

ここまででタイムは二秒程速くなつた。奥が深すぎる。つか、ほとんど知識がなくてもテレメトリと睨めつこして走ればちやんと理詰めで考へられる材料を与へてくれるのだから、本当にいい教材だよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070807

2007年08月06日月曜日

yms-zun2007-08-06

きこえるわけではないらしい、見つめるわけでもないらしい

海をみあげて(日比生典成,電撃文庫) - 大和但馬屋読書日記 - bookグループ

海をみあげて (電撃文庫)

海をみあげて (電撃文庫)

夏だし夏つぽいものを手にとつて読んでみた。

タイトルと、表紙と、舞台設定がすべてかな。物語そのものは少しあつさり流れすぎて、心に引掛るものがない。もう少し具体的に鯨の謎に踏込むとか、街の人々の鯨に対する感情を煽るとか、街の外の視線から鯨を捉へてみるとか、主人公と鯨の関係を深めるとか、さういふ何かが欲しかつた。良いとか悪いとか以前の何かが。

絵師も影響を受けてゐると公言してゐるからジブリに喩へると、「魔女の宅急便」の前半部分だけ観て終つた感じ。原作童話の「魔女の宅急便」でももう少し深みがあつたと思ふ。読んだの随分前だから忘れてるけど。もう一味あれば学級文庫に置くジュヴナイルとして相応しくなりさうなだけに勿体無い。

土屋武士氏とのレース映像

随分前に参加したオンラインレースイベントの模様がやうやくアップされた。スタートの時にチラッと映る黄色いスープラがワシ。あとは全く映りもしないw

つか、土屋選手の走り方が凄いわ。ヘアピンでさういふ踏み方をするのか、とか。これあ敵ふ訣がない。リプレイを保存し忘れた自分の間抜けさを呪ふばかりだな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070806

2007年08月05日日曜日

yms-zun2007-08-05

ハンガリーGP予選事件

  1. 予選Q3セッションの残り時間二分十五秒の時点でアロンソマクラーレンピットに停止、タイヤを新品のソフト(今レースでは固い側)に交換。
  2. 同二分八秒、タイヤ交換終了。ジャッキダウン。ロリポップは「BRAKES」のまま。
  3. 同一分五十秒、ロリポップが「1st GEAR」に。ハミルトンが既に直後で待機中。
  4. 同一分四十八秒、ロリポップが上る。この時点でアロンソがピットを離れない理由はない。
  5. 同一分三十八秒、アロンソ発進。
  6. 同一分三十四秒、ハミルトンが所定位置に停止してスーパーソフトタイヤを新品に交換。
  7. 同一分二十六秒、ハミルトン発進。当GPの予選ベストタイムが一分十九秒台であることを考えると、この残り時間でアタックラップに入ることは絶対に不可能。
  8. アロンソ、ベストラップ更新。
  9. ハミルトン、時間切れ。チーム代表ロン・デニスヘッドセットを投げ捨て、アロンソのパーソナルトレーナーに何事か責め立てる仕草をする。

以上が国際映像から分る客観的事実。この一連の件について、FIAは以下の裁定を下した。

  • アロンソは他のドライバーの走行を故意に妨害したのでスターティング・グリッド五つ降格のペナルティ。六番手スタートとする。これを覆すことはできない。
  • マクラーレンチームは本競技とモータースポーツの利益を著しく損つたために、本グランプリで得るコンストラクターズポイントを無効とする。本決定に対してチームは抗訴することができる。
ハミルトンの言ひ分
「何が起つたか分らない。皆が見た通りだよ」
アロンソの言ひ分
コースに出るタイミングはチームが知つている。自分は無線の指示に従つただけだ。
ロン・デニスの言ひ分
バーンアウトのラップ中に、ハミルトンに対してアロンソを先に行かせる様指示したが彼は従はなかつた。その為にプランが狂ひ、アロンソをピットに留める必要が生じた」

以下個人的推察。ロンの発言が「責任はハミルトンにある」といつた内容になつてゐるのは不可解。セッション終了後の激昂との辻褄が合はないし、ロリポップを上げてからの十秒が「チームの指示」といふのもをかしい。ロリポップが下つたままなら話は分るけれども。

アロンソ個人を悪くいふつもりはないが、結局「どつちがナンバーワンか教へてやるよ」といふチーム内のパワーゲームが、ロンの発言をも左右させてゐるとしか思へないよな。

FIAが釈明に納得せずペナルティを課したのは尤もだと思つた。やるならもつと巧くやれよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070805

2007年08月04日土曜日

yms-zun2007-08-04

ぷぷぷっぷ真夏の秋葉原

光デジタルオーディオ端子のセレクタを物色しに行つた。三系統←→一系統の入出力ができるオーディオテクニカの奴しかないな。

audio-technica 光デジタルセレクター AT-SL37 OPT

audio-technica 光デジタルセレクター AT-SL37 OPT

贅沢をいふと四系統欲しいところだが、まあいいか。安いし。

ついでにヘッドホンも見て回る。ヨドバシの試聴棚でソニーのMDR-XD300とMDR-XD400を比較。まあ、試聴ソース比でいふとそれあ高価い方がいい感じだよな。目的の用途でどうかは分らん。

欲しい物をヨドバシで見定めた後、石丸の一号店に移つて一括購入。セレクタ+ケーブル三本+MDR-XD400。

SONY ヘッドフォン MDR-XD400

SONY ヘッドフォン MDR-XD400

ヨドバシで買はなくて済む物はなるべく他所で。石丸は今なら全品展示価格より一割引中。

その後ゲーセンをハシゴ。しかしゲーセン内の客層が恐ろしく様変りしてて引いた。つか、もうゲーセンに居場所がねえ。

コノザマクオリティ

カスタマーレビューがどれも全く同じ。価格帯が全く異るのに室内用ヘッドフォンでこの値段なら納得とか意味が分らない。XD400とXD100では同じコメントでも意味するところが違ふだらう。

こんなのだから他に選択肢がない限りAmazonを使ふ気にはなれないんだよな。

今日のゲーム(八月四日)

シューティング ラブ。2007 〜 EXZEAL & シューティング技能検定 〜(AC,TRIANGLE SERVICE)

初プレイ。先に「EXZEAL」をやつて、三面のブロックに押潰された。

次に技能検定。三十九歳。微妙に笑へねえ結果に笑ふ。つかこれは高ければいいのか若ければいいのか。つか新作シューティングにときめく心を失くしたワシの心はさて何歳。

バトルギア4TUNED(AC,TAITO)

いつの間にかコースが大量追加されて、「BG3」のコースは全て走れる様になつてゐたので「超弩級C」を二本MR2で。

「BG3」と同じタイミングでブレーキを踏むと刺ることも多いが、それでも結構走れてしまふ。「Forza」と「バトルギア」は別腹やなあ。身体に染み付いた動きといふか。このコースで走れるなら、ちよつと「BG4」に復帰してもいい気がした。やつぱり楽しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070804

2007年08月03日金曜日

yms-zun2007-08-03

はてなダイアラーのロックオン大好きっ子とな。

大好きだつたかどうかは微妙。つか一度くらゐしか見たことないし。

タツミ作品ならダントツで「TX-1」、あとは「アパッチ3」と「ラウンドアップ5」が好きだつたな。

  • 2007年08月03日 firestorm うふん, ぶはっ しんだ。タシカニ
このエントリーをブックマークしているユーザー (1)

検索さんいらつしやい(八月三日)

チェイスH.Q.」の面白さつてほとんどボイスだけだよね。

ゲーム内容としてはタツミの「ラウンドアップ5」の方が‥‥いやただのパクリゲーだけどさ。オートバイの賊をクルマでどっかんどっかん蹴散ら(以下自粛)

今日のゲーム(八月三日)

FORZA MOTORSPORT2(Xbox360,Microsoft,ASIN:B000HDLUY0)フォルツァ モータースポーツ 2(初回出荷特典:限定車「NISSAN FAIRLDAY Z - Custom Forza Edition」入手権利カード同梱) - Xbox360

今日の走行

プジョー908でアーケードモードのレースに挑戦。高速域でのコントロールが難しいマシンなので散々。後でセッティングを詰めてみよう。

それにしても、プロトタイプレーシングカーとはいへ、やはりディーゼルエンジンなので音がダサいところがなんともいへんな。

The Elder ScrollsIV:オブリビオン(Xbox360,スパイク/BETHESDA,ASIN:B000N5F1B0)The Elder ScrollsIV:オブリビオン - Xbox360

とりあへず始めてみた。

パッケージには分厚いマニュアルに加へて某誌編集部によるガイドブックなんてのも附いてきたが、いきなりこんなものを読んだところで頭に入る筈もないから、まづ触つてみるに限る。

最初にキャラ作成。種族・性別・顔の造作を決められる。「TDU」にもあるやうなモーフィング機能による顔の作成は、どう頑張つても自分好みにならないところが良いのかな。まあ、「スーパーマリオ64」のタイトル画面と大して変らない。豹頭の種族の男を選んで「ヤマタジ」と名付けた。

始まつたら自分はいきなり地下牢に囚はれてゐて、中をうろついてゐたら皇帝陛下がお目見えになつた。急転直下にも程がある。何でも暗殺者に襲はれたので地下牢の逃げ道を求めてきたのだと。で、たまたまそこに囚はれてゐたのがワシで、皇帝陛下はワシのことを夢で見たことがあるので、これも運命だから一緒に添ひ遂げてほしいと。こんなところで愛の告白をされてもな。

ともあれ牢獄から地下迷宮に抜ける道が開いたので、陛下御一行様と共に地下へ潜る。いきなり敵に襲はれる。何をすればいいか分らずポカスカダメージを喰ふ。Rトリガーが攻撃だつたことを思ひ出し、とりあへず素手で殴ると敵は簡単に倒れた。あら弱い。こちらもいきなり瀕死だが。

倒れた敵を調べると色々アイテムを持つてゐる。身包み剥いで、武器などを装備。錆びてゐるけど大丈夫か。なんてことをやつてゐるとあつさり御一行と逸れてしまふ。まあいいや、何とかなるだらう。

地下迷宮を歩く。ワシの種族は夜目が利くらしいが、それでも真暗で歩き辛い。メニューを開いてみれば一定時間辺りを照らす魔法があるので使つてみる。「レミーラ!!」暗視スコープを通した様な画面になつた。

ついでに、体力回復の呪文も唱へた。「ホイミ!!」少しだけ体力回復。何回か重ねると体力は全快したが魔法が使へなくなつた。メニューから「待機」コマンドでゲーム内時間を一時間進めると、全部回復した。皇帝陛下は何処に。

少し進むとネズミが出た。倒すと肉になる。喰ふとスタミナが減退するらしい。まあいいや、喰つたれ。現れるネズミを片端から喰つてゐると、「錬金術のレベルが上つた」とかなんとかメッセージが。その他にも、とにかく何かをやれば何かのスキルが上る「ダンジョンマスター」方式らしい。さういへば、この地下迷宮を歩いて行動する限り「ダンジョンマスター」の最新作を遊んでゐるのと何も変らんな。OK、把握した。

把握したところで中断。お浚ひとして、風呂の中で分厚いマニュアルを繙いた。

いきなり前書きめいた説明で「自由」「自由」と書いてやがるな。「何でも選べる自由」なんてのはただの耳当りのいい餌で、実際は「死と隣合せの、誰も手を引いてくれない自由」であることを望む訣だが、さて。最初の迷宮はチュートリアルなので、まださういふものを実感できる段階ではない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070803

2007年08月02日木曜日

yms-zun2007-08-02

オブリ買つた

とりあへず。買ふだけならタダ←

あ、いや、思ひつきでボケただけだが、言ひ得て妙かもしれん。ゲームに幾ら金を払つたかの問題ぢやないんだよな。

今日のゲーム(八月二日)

FORZA MOTORSPORT2(Xbox360,Microsoft,ASIN:B000HDLUY0)フォルツァ モータースポーツ 2(初回出荷特典:限定車「NISSAN FAIRLDAY Z - Custom Forza Edition」入手権利カード同梱) - Xbox360

今日の走行

Forza2」に初のダウンロードコンテンツが来た。無料の日産車パックと、有料のプジョー908。#8といふことは今年のル・マンポールポジションを獲つて二位で完走したアイツだな。有料とはいへ僅か五十ゲイツ、七十五円。これを落さない理由はない。

で、908で走つてみたら、これが滅法面白い。プジョー908といへばアウディR10と並ぶプロトタイプディーゼルカー。このディーゼルエンジンのフィーリングがガソリン車とは全く違つてゐて、最初はまともに走れなかつた。

タコメータは6000回転までしかない。ギアは6速、ターボのブースト計は3まである。ガソリンエンジンみたいに八千も一万も回さなくてもスピードが出るといふことは、パワーはあるといふことだらうか。

しかし、いざ走つてみると低回転域のあまりの使へなさに唖然とする。4000から下は無いも同然。2速まではブーストもかからないから、スタートの蹴り出しは全く期待できない。焦つてギアを上げると益々ドツボにはまる。

4000から6000までの狭い範囲を維持しつつブースト圧に任せてガンガン踏んで行かないとタイムが出ない。コーナーでは普段より一つ余計にギアを下げて、所謂セナ足で煽りながら曲るしかなさげ。ワシはセナ足が苦手だが仕方ない。

エンジンの根本が変ると走りまで変るのが実感できて、本当に面白いよ。908オススメ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070802

2007年08月01日水曜日

がんばれー

海胆海月氏の夏WFの新作。「ARIA」題材とだけ聞けばそれなりにキャッチーな筈なのに、少しアクの強いタッチの天野こず絵を立体で再現、アニメ? 何それ!? といはんばかりのネタ選定のマニアックさがいつもながらもう!! ワシのツボは直球だけど世間的にどうなのか!! 売れろ、売切れろ!!

てか、あの髪の毛はどうやつたら抜けるんだらう。

ともかく色塗り頑張つてくだされ。

オゲカプ

オゲカプつて何の略だつたつけ。語呂しか覚えてない。まあ、次に欲しいゲームソフトだ。

実はどれもそんなに欲しくない、てのが困りどころ。

若いのに「ゼルダ」と「オブリビオン」のどちらを遊ぶべきかと訊ねたら「サクッと遊びたければ『ゼルダ』、じつくり遊ぶなら『オブリビオン』」と至極当り前の答が返つてきた。そらさうだわな。

ちと何でもアリにしすぎな感が強いがどうか

ガーゴイルおるたなてぃぶ(3)(田口仙年堂,ファミ通文庫) - 大和但馬屋読書日記 - bookグループ

表紙からして「誰やねん」と言ひたくもなるが作者によると「新キャラが一人も出てこない」最新作。

鳥屋と愉快な仲間たちvs怪盗百色一家、といふ表向きの話ではあるがメインはやはり錬金術vs古科学。「吉永さん家」本編ではいよいよやりにくくなつたバトル描写をこちらで存分に、といふ方針なのかどうか、今回は九十九色‥‥えーと、ぶつちやけ梨々(といふ本名は出てこないが)のスキルがまたえらいことになつてゐるな。本編七巻の感想として「無茶が過ぎる」などと書いたのが阿呆らしくなるくらゐに。ストーリーもその七巻を受けてのものなので、やはり先に本編を読んでおくべきだらう。

前巻でオシリスを出さなかつたのでさういふ方針かと思つたらあつさりデュラハンは登場(但しやはり名前は出ない)。もうこの先いつ吉永家が、とりわけ元祖ガーゴイルが登場してもをかしくはない気配だが、さてどういつた形で絡めてくることやら。本編での高原親子の関係への決着とも無縁では居られなくなるわけだし、全体をどう纏めるのかが興味のポイントかな。

あれ、さういへば本編十二巻の感想書いてなかつたか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070801
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報