大和但馬屋日記

この日記について

2010年01月31日日曜日

依然としてよくわからないんだけれども、Twitterの事をバカにしてゐるからバカにした使ひ方が出來るなら使つてやらうと、さう云ふ事?

no title

誤読だとまでは強弁しませんが、言葉の選び方で随分な印象になるので、「アカウント登録はしてみたものの自分自身に対して碌な使途の見出せないツールだつたが、折角だから使ひ途を見つけてみた」くらゐにしておいてくだされば。「意図された使ひ方でない=馬鹿にしてゐる」であればその通りかもしれないが。

わざわざ「使はない」宣言なんかする意味は客観的にはないんだけど、ワシのアカウントを見つけた友人知人のフォローが付いたので「いいけど何も書かないよ?」とは言つておかうと思つた。面倒だから使はないのではなく、意識的に距離をおきたいと少なくとも二年くらゐ前から思つてゐたことだし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100131

2010年01月30日土曜日

yms-zun2010-01-30

ワンフェスのカタログチケットを購入。行けるかな―。

「大地の汽笛」はワシのために作られたらしい

ゼルダの伝説 大地の汽笛」はその名が示す通り、ゲームの中核となる移動手段として鉄道が据ゑられてゐる。「風のタクト」の直系の続編だから、前回の船と同様に乗り物で移動するといふ企画にでもなつたのだらう。「風のタクト」の船による移動も概ね評判が良いとは言ひ難かつたらうに、よくこれで押し通したものだな。まあ、無難にまとめるよりは好感はもてるけれども。

移動中のゲーム性は概ねタイトーの「タイムトンネル」と「電車でGo!」に準ずる。誰が得するんだといへば俺が得するとしか答へられないが、「ゼルダ」を遊ばうとしたら「タイムトンネル」をやらされてゐた、といふのは一般的なゼルダファンにとつてはどうなんだ。知らん。

鉄道が主体のゲームなので、登場人物に鉄オタが登場する。彼の住む家は分り易くも鉄道車両で、その外観はどうみても京阪特急*1。車両は旧3000系のやうだが屋根上の装置は8000系みたいだ。鉄道といふものをよく分つてゐるではないか。これはやはり任天堂の旧本社(現リサーチセンター)が京阪沿線にあるのが関係してゐるのだらうか。

そんな感じで、今のところ大喜びで遊んでゐる。

*1:上半分が黄色、下半分が赤の旧塗色

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100130

2010年01月29日金曜日

yms-zun2010-01-29

iPad関係

五百ドルもする端末を持ち歩いてでも電子ブックが読みたいほど読むのが好きな人は普通に本を持ち歩いて読んでるんぢやないかな。そんな感じで、iPadが生活に溶け込んだ風景といふのは大変想像しづらい。iPhoneなら風呂の中でも使へるが、流石にiPadを風呂に持ち込まうとは思へないしなあ。

つか、携帯機の基準が風呂にあるのはどうなんだ。

まあ、タブレットPCを買つた後に知つた「タブレットPCでなければ嫌だ」といふ利点が見出せないとも限らない。マルチタスクが無いことは全く問題とは思はないしね。ただ、これはiPhoneに対する不満でもあるのだけれど、iPodで再生中の音楽を強制的に止めてしまふアプリは勘弁してほしいと思ふ。ゲームで音を鳴らす場合などは仕方がないのかもしれんが、それでも「ゲームアプリ側は無音でいいから再生中の音楽を止めずに流し続ける」といふ選択肢はあるべきだらう。iPadでもさういふケースは沢山ありさうだ。

価格だけ見ると、お風呂でiPhone、ってーのはそんなに気軽なモンじゃないんじゃないかと(笑)。

つかさ、 - ウスイ スウプの日記

それあさうかw

物を入手した時点で、その物の値段が完全に頭から消し飛んでしまふのはワシの悪癖。中古や下取りに出して幾ら、なんて生まれてこの方考へたこともない。本をブックオフなんかで売ることはあるけれど、買ふ時や読む間に売ることを考へたりはしない。そんなんだから金が貯らないのだな。

本筋と関係ない余談

id:usui_soup:20100129
ポルシェを買はうと思つたことはない*1けど、ケイマンとかボクスターを「貧者の911」と評するTopGearの話つてよく分らないんですよね。番組見てないから。値段のことはさておき、RRではなくてMRのポルシェに乗りたいつて人は居ないのかしらん。今現在RRに拘る意味つて、「RRに拘ること」にしか無いんぢやないかなあ。それこそが命だ、といふ話だとしたらそれを一番嫌がつてゐるのは当のポルシェではないだらうか。

Twitter関係

そんなものを蓄積して誰が得をするのかと。

no title

どこかの誰かが得をするとは思へませんね。BOTによる投稿自体を面白がつてゐる訣でもないし、そもそも自分でも日常的にはチェックしないし。MS社のサーバーに蓄積されてゐる情報をTwitter上に出力するだけ。私自身の利便性についていへば、「どのゲームをどの程度遊んだか」を時系列で追へるので、一年ごとに纏める際にそこそこ便利かな。それだけで自分には一定の価値はありさう。

昔からブログ界隈で流行つたり廃つたりしてゐるやうな、BOTによりランダムに自動生成される文章の投稿には何の意味も感じないし、むしろよくあんな気持ち悪いことができるなとすら思ふ。また、Twitterの特徴であるらしい、RTとか@とかいふのも自分がTwitterを嫌ふ理由となつてゐる。それが誰の言葉であるかが読者として判断しづらく文脈の把握を困難にするからだ。

自分が利用させてもらつてゐるXbox360の実績監視BOTは、それらとは明確に意図が違ふ。投稿は自動的に行はれるが、投稿のトリガーとなるのは自分自身がゲームプレイによつて実績を獲得すること以外にないし、投稿される内容は実績の内容そのものであり、そこには明確な一意性がある。MSのサーバに蓄積されたデータの再発行にすぎないとしても、それ以上に意味が拡散することもおそらくない。さういふ使ひ方ができるなら、折角取つたアカウントのために使つてみるのも良いだらうといふ程度のことだ。

*1:買はうと思へるほどの財力がない

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100129

2010年01月28日木曜日

yms-zun2010-01-28

iPadかー。あの大きさで指オペレーションは疲れさうだな。スタイラスペンはたぶんiPhone用に売られてゐるのと同じ太い奴を使ふことになるのだらう。タブレットPCとiPhoneを使つてゐるワシにこれが入り込むニッチは今のところなさげかな。要る・要らないではなく、意識を素通りする感じ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100128

2010年01月27日水曜日

yms-zun2010-01-27

風呂の中で「ゼルダの伝説 大地の汽笛」を始める。風呂の時くらゐしかDSを起動するチャンスがないのだ。今回のゼルダ姫はなかなかいいキャラだな。まあ、「風のタクト」の直接の続編で、あのゼルダの子孫であるなら当然か。「時のオカリナ」におけるナビィの役割をゼルダ姫にやらせるのはなかなかに大胆。表情豊かで時々自分勝手で、キャラが立つてゐる。「ゼルダ」において主人公のリンクはどうしても状況に対する反応が薄い(主人公=プレイヤーであるため台詞がない)のだが、今回はそのへんをゼルダ姫を使つてうまく演出してゐると思つた。その代り、リンクがますます傍観者といふか、ただ状況に巻込まれてゐるだけの第三者然としすぎてしまつてゐるのが問題といへば問題だが、まあシナリオのどこかでゼルダとリンクが切り離されるイベントが起るのであらう。

ゲームとしては、タッチペンのみの操作がやりにくい。よく練つてあるとは思ふのだが、フィールド上で敵を斬らうとしたら不用意に歩いてしまひ、ダメージを喰つて死ぬといふことが頻発する。不必要に操作難易度が上つてゐて印象は良くない。

あと、謎解きに若干の疑念を覚える。汽車に乗つて左右の分岐を正しく選択しないと目的地に辿りつけないといふギミックがあり、選択のヒントらしきものは自分で見つけなければならないのだが、それと思しきものを頼つて進まうとすると最後の一手で失敗するのだ。何度もやり直して、最後だけヒントと逆の方に進むことで解決はしたが、どうも釈然としない。「騙し」が入つてゐるといふ情報すら与へないのは少なくともファミコン時代以外の「ゼルダ」なら有得ないことで、ましてDS用でさういふことをするだらうか。もちろん、重要な何かをワシが見落してゐる可能性は少なくないし、「DS用ゼルダ」といふことで勝手に想定難易度を低く見積りすぎてゐるのかもしれない。ただ、なんだかどうも釈然としないのだ。先に進めば理解も深まるのかもしれんけど。

ともあれ、ゼルダ姫が可愛いのでしばらくは飽きずに遊べさうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100127

2010年01月26日火曜日

私は呟きませんよ、とここで呟いておかうかな。http://twitter.com/tajimayaにはXbox360の実績監視BOTによる自動投稿だけが蓄積されてゐる。最初の二件はiPhoneのゲーム未満のアプリスコア投稿。唯一360に実装されたTwitterのフロントエンドから書いた「箱○からテスト」だけがワシによるワシの呟き。もちろん、フォローはご自由に。

もともと「Forza3」発売前にTurn10から発せられる情報が欲しくてアカウントを取つてみたのだけど、よく考へたらT10のつぶやきを閲覧するだけならRSSを取得すれば済むのであつて、自分のアカウントなんか要らなかつたんだよな。そんな有様で放置中なので自分のページがどうなつてゐるかすら知らない。さつき久しぶりに見た。

「呟く道具」として使ふ気がないのは、どうせワシのことだもの、要らん諍ひの種になるだけだから。「読む道具」としては、文脈が追へないから嫌ひ。他人のを読んで諍ひになつたことすらある。だから書かないし、読まない。ただゲームで遊んだ記録が勝手に残るだけ。これがゲーム機の標準的な機能になればいいのに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100126

2010年01月25日月曜日

yms-zun2010-01-25

うーん、「UnEditor」にも「一行目をファイル名にする」といふオプションはあるのだが、さうぢやないんだよなー。結局、新しい文書には何か名前をつけて保存しなくてはならず、保存された文書はファイルとして管理されなければならない、さういふものは要らないんだよ。そんな白紙の原稿用紙を拡げるやうなのではなくて、もつと自由に書き散らせるものはないのか。書き散らしたものが勝手に保存されて、その中から必要なものだけちやんとファイル名をつけて管理できればいいんだよ。どうでもいい文書をどうでもいいなりに永遠に保存してくれる、さういふ気楽さが良いのだ。くそう、なんで起動しないんだ「紙copi」よ。

付箋系のツールを捜すべきなのか。あれはあれで違ふんだよなー。必要なのは文書を書き散らす道具でありメモ書きをする道具ではない。

朝起きたらメールで返答が来てゐた。アンインストール後にレジストリ削除でOKと。試した。動いた。今日も平和だ。

‥‥仕事メールの内容に目を剥く。全然平和ぢやねえ。

仏作って魂入れず

どうせまともに操作できるわけがないものがリリースされて、それが「いいこと」として拡散してゆく。大元のゲームが作られたときには快適に遊ばれるやうに腐心されたに違ひない操作上の工夫が「無かつたこと」にされて、ただの「こんてんつ」だけが消費されてゆく。切ない。

iPhoneなんかにゲーム出さなくていいよ。

ま、初期のメガドライブまでのセガハードの劣悪なコントローラのことを考へたら、そんな工夫や腐心なんてセガの家庭用ゲームに関しては端から存在しなかつたんだから別にいいけどなー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100125

2010年01月24日日曜日

yms-zun2010-01-24

職場マシンで、長年使つてゐる「紙copi」が突然起動しなくなつた。何やつても駄目。アンインストールしてから再インストールしても駄目。わりと洒落にならない事態だ。ファイル本位でなくテキスト本位で書けて、書いたものを保存する必要すらない「紙copi」に勝るエディタはワシにはないので、非常に困る。一往販売元には問合せておいたが、たぶんこの環境固有の問題だから解決はしないだらう。

見た目だけでも似た感覚で使へるものはないかと探して「UnEditor」なるものを験してゐる。これはこれで悪くない感じだが、やはりファイルを明示的に保存しなくてはならないのが困りものだ。ワシの中に、「テキストエディタでファイルを保存する」といふ習慣はないのだ。

「紙copi」においては文書の一行目がファイル名となり、以降書かれたものはそのままファイルとして確定する。「紙」で開いた文書は以後「紙」から直にアクセスできる様になる。ユーザーの目から見て、「アプリケーションでファイルを開く」といふ感覚とは随分異なる。これの何が気に入つてゐたのか今まで考へたこともなかつたけれど、他のエディタを験してみて分つた。たぶん、ワシはそこに「Opendoc」と「Cyberdog」の幻影を見てゐたのだ。

それはともかく、使へなくなつたアプリケーションを褒めそやすのは死者の思ひ出を語る様で空しいよな。褒めるなら使へてゐるうちに褒めとけ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100124

2010年01月23日土曜日

yms-zun2010-01-23

今週のXBLA配信物「DEATH BY CUBE」。スクエニによるリリースといふことで、過去の事例から少し引き気味で体験版を験してみた。

「モトス」みたいなフィールドで戦ふ全方位シューティングで、内容的にはどちらかといふと「ザンファイン」に似たものを感じる。

敵の目前でダッシュを使ふと敵が「ピヨる」ので、その隙に接近して倒すと倍率アップといふコツを理解すると面白い。ここが呑み込めなければ凡庸なゲームと思はれて終りだらう。

面白いと思つたので購入したが、不安なのは先のステージを含むすべての要素のアンロック条件が「ゲーム内通貨による購入」で成り立つてゐること。これはウザい。

あと、画面を染める血飛沫の描写が嫌ひだ。登場するのは全てメカだからこれはオイルなのださうだが、さういふ小賢しいゴマカシを駆使してまで血飛沫を入れたがるその感性が嫌ひだ。ゲーム上の視覚効果としても別に役に立つてないし。どうせ制作元は海外なのだらうと思つたら作つたのは日本人で、海外受けを狙つてわざとさうしたらしい。馬鹿ぢやないのか。これがスクエニのいふ「海外戦略」なのだとしたら情けないやね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100123

2010年01月22日金曜日

わりとよく見かける「マイクロソフトポイント(MSP、通称『ゲイツ』)はドルベースなのに円高の今も1MSP≒1.48円のままなのはをかしい、ボッタクリだ」といふ意見。2chの「アフターバーナークライマックス」関連スレにもさういふ意見があつたので反論を書いたのけど、それは誤解だ。

マイクロソフトポイント - Wikipediaに「各国通貨においての各種ポイントの通貨別価格」なんてリストが記載されてゐるからかういふ誤解を生み易いのだらうが、そもそもMSPはドルの代りではなく、あくまでマイクロソフトが提供する商品であるにすぎない。アメリカ人は1.25ドルで100MSPを購入し、日本人は148円で100MSPを購入する。それだけだ。ドルと円の価値は為替相場によつて日々刻々と変化するが、そのことによつて「アメリカ人にとつてのMSPの価値」も「日本人にとつてのMSPの価値」も変化はしないのだ。

アメリカ人の買つたMSPは日本のマーケットプレイスでは使へないし、逆もまた然り。もちろん日本人がアメリカのアカウントを(規約では認められてゐないが)取得して、アメリカのマーケットプレイスでアメリカのMSPを利用することは可能だ。その場合にのみ「アメリカのMSPを日本円で買ふと幾らになるか」といふ計算が意味を持つ。それは、アメリカで売つてゐる商品を日本円で買ふことになるからだ。翻つて、日本人が普通に日本のマーケットプレイスで利用できるMSPを購入するといふのは、日本人が日本円で日本の商品を購入することに他ならない。そこに「一ドル何円」といふ価値観が入りこむ隙はない。

「アメリカで売つているアメリカ人向けの商品の値段」が日本円に換算すると幾らか、などといふことをいちいち気にしてゐても仕方がない。日本人にとつての150円とアメリカ人にとつての1.25ドルが、各々の国の金銭感覚として大きく乖離してゐるとも思はない。そこに露骨な隔差が生じてゐるとしたら、その時は物価について国家レベルの経済問題になつてゐるだらう。今がさうでないとは言はないが、今とは比較にならないレベルで。そんな大きい話をしても意味がないのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100122

2010年01月21日木曜日

yms-zun2010-01-21

昨日今日と何だか奇妙に暖かい。朝起きたら台所に小さな虫が湧いてゐた。おいおい、まだ啓蟄には早すぎる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100121

2010年01月20日水曜日

yms-zun2010-01-20

で、地震発生12時間くらいまでの行動としてはトイレ用に水を貯めるってのは、あながち間違いじゃないよな、と。

(中略)

まぁ、オレが転がってたのが、震災時に人々が集まる病院てのもあって余計に、なんだけど、でも夫婦に子供2人位の家族が朝に排出する量を考えると、とりあえず水を確保して個別の生活環境を衛生的に保つのも間違いじゃないよ、と。

その水を貯める行為が、他の人の迷惑になるって?

や、その場合は、困ってる人に自分が確保した水を分け与えましょう、ってのが正解じゃないかな。つか、そういうの、あの現場では結構見られたことだと思うんだが。

過剰な気遣いで近所一帯だれも水を確保してなくて、っていう状態の方がよほど悲惨な気がするよ。

3日以降はまた別になると思うけど、域外からの援助がいきわたり始める3日間は、そんな間違ってないと思うな。

※強調は引用者(たじまや)による

タヒチでの - ウスイ スウプの日記

ヒートアップして両極端な価値観の押付け合ひになると、かういふごく当り前の視点が抜け落ちてしまふんですよね。といふか、これが当り前であつて欲しいなあ。強調部分は自分には衝撃的ですらあつた。

災害後に水を溜めておくべき」「べきでない」なんていふのは硬直した原則論であり、運用的視点が抜け落ちてゐる。地震が起きた、でもまだ水は出る、ぢやあ確保しておくべきか否か。それが他の人の水を奪ひ取ることにならないかなんてのは、その時の状況によつて変るのだから一概に「どうすべきか」なんて言へるものではない筈だ。

原則論は原則論で必要だけど、原則に反したからどうかうなんて、事が起きた後には無意味なんだし。実際問題として、ぢやあ普段から水を溜めておけるかといふと難しい。自分もたまに風呂桶に常に水を張つておかうと試みるけれども、これ、常に実践しようと思ふと経済的にも衛生的にも難しいよね。しかも、いざ事が起きたときに本当に役立つといふ保証すらないんだ。家ごと潰れたらアウトなんだし。うちはその確率が高いんで貯水はあきらめた。

「普段から水を溜めておくこと」を完全に実践しようと思つたら、「何があつても絶対に壊れず倒れず、事後に誰でもアクセス可能で中の水も永久に腐らない貯水塔」みたいなものを作つておくしかない訣で、まあ、絶対に無理。個人でできる備へなんて限界があるのだから、事が起きた後に慌てず騒がずその場での最適解を求められる様でありたいと願ふしかない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100120

2010年01月19日火曜日

yms-zun2010-01-19

寝坊したついでに秋葉原に寄つて消耗品の補給。さらにそのついでに「ゼルダの伝説 大地の汽笛」を買つた。二千九百八十円。もひとつ、カオス館で「Guitar Hero Van Halen」も購入。ヴァン・ヘイレンは聴いたことないけど、まあ「GH」なら何でも良かつた。パッケージの裏面を見る限りではエディット機能もある様なので、そこに惹かれた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100119

2010年01月18日月曜日

yms-zun2010-01-18

数日前の検索リファラバンナム中の人iPhone版の「パックマンC.E.」の評判について調べた様子が残つてゐて、さういふものがあるのかと知つたのでダウンロードしてみた。まあ、この時点で大きな期待はしてゐなかつたのだが、いざ遊んでみるとやはり操作性が駄目だつた。iPhoneでゲームパッドジョイスティックを必要とする類のゲームは無理だ。ゲームがどんなに良く出来てゐても、それを楽しむより先に操作の不快感が先に立つ。これは物理的に解消のしやうがない。随つて、自分にとつてiPhoneはゲームで遊ぶための道具ではない。

郷里大輔氏が。なんなのここ数日。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100118

2010年01月17日日曜日

ゼルダの伝説 大地の汽笛」といふものを全く知らなくて、公式サイトを見たらもうとつくに発売済で、猫目リンクとゼルダ姫は大好物なのでググッと惹かれかけたがゲームシステムの説明動画を見るうちに萎えてきた。過去のGB/GBAの「ゼルダ」のプレイ体験を思ひ出すだけで事足りた。これが初めて触れる「ゼルダ」ならきつと楽しめるだらう。まあ、出かけた際に売つてたら買ふこともあるかもね。

小林繁氏死去。子供心に「格好いい」と思つた人が若くして亡くなるのは悲しいものだな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100117

2010年01月16日土曜日

yms-zun2010-01-16

ダッシュボードのトップにゲームオンデマンドの「雷電IV」があつたので深く考へずにポチッた。市販タイトルだからとHDDの圧迫を気にしながらダウンロードしてみると400MBもなくて笑つた。少し遊んでみたが、プロトンレーザーは何のためにあるのだらう。正直、「紫アイテムのある雷電」は苦手なんだよな。

田の中勇氏、死去。

Forza3日記

アマルフィセブンイレブンはあるのかな*1

f:id:yms-zun:20100116165928j:image:w600

2-ELEVENは、標準状態でブレーキとデフ以外は殆どレース用パーツが奢られてゐるのでセッティングもできてしまふ。なのでiPhoneアプリForza Tune」で出した数値を突込んでみた。すると、吊しのセッティングで得た「楽しい」乗り味から一転して凶暴なマシンへと変化した。別に乗りにくくなつた訣ではないが、「速く走らなくては意味がない」と車に言はれてゐるやうな、精神的に余裕のない動きになつた。

どうせさうなるならばエンジンに手を入れて、PIを600に調整して走つてみる。速い速い。

また一時間程度で済まさうと思つてゐたのに何時間も走つてしまつた。眠い。

f:id:yms-zun:20100116180849p:image

初期状態のパーツ構成の2-ELEVEN用セッティングデータ。単位はヤード/ポンド系。メートル系での表示も可能だけど、「Forza」側での目盛がメートル系だと曖昧になるんだよな。だから「Forza Tune」を使ふときだけは単位系を変更してゐる。

ブレーキ圧90%といふのだけは理解不能なので100%にして走つてゐる。

*1:調べてみたら、無いみたいだ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100116

2010年01月15日金曜日

yms-zun2010-01-15

自分が居ても実りのない打合せの場に長時間同席したせゐで無気力状態。やる気出ろ―

D
これ見て気力戻した。なんて滑らかなの。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100115

2010年01月14日木曜日

yms-zun2010-01-14

Forza3日記

2-ELEVEN好い気分。語呂が悪い。

f:id:yms-zun:20100114123346j:image:w600

三十分だけ、などと思つて走り始めたら二時間も経つてゐた。眠い。

それにしても楽しいな2-ELEVEN。直列四気筒エンジンでたかだか二百五十馬力程度しかないのに堂々とAクラスに居坐るのは車重がとんでもなく軽いから。サーキットの直線ではとても他のAクラスマシンに敵はないけれども、富士見やポジタノの様な狭くてツイスティなロードコースならば無敵ぢやないか。といふか、速いとか遅いとかぢやなくて、楽しいんだ。四輪車たるもの須く斯く走るべし、だ。

2-ELEVENでポジタノを走つてゐると、丁度北千住のカートコースを攻めてゐるのと全く同じ感覚がする。コースの広さとマシンのスピードレンジが絶妙に合つてゐるんだな。

スーパーセブンの様なコンセプトで現代的解釈のマシンを作ればかうなるのか。ロータスの精神は今も健在なのだな。名ばかりのロータスF1チームのことはさて措いて。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100114

2010年01月13日水曜日

yms-zun2010-01-13

Forza3日記

遊んでる暇があつたら眠るべき昨今なのだが、「昨年末頃からずつとErrorを吐いて自分のアップした画像を落せなかつたPC用Forzaサーバが復旧した」「一月のDLCカーが配信され、その中にロータス2-elevenが無料コンテンツとして含まれてゐる」といふ二つのトピックを見過すことができず、ついカッとなつた。

f:id:yms-zun:20100113032234j:image:w300f:id:yms-zun:20100113032235j:image:w300

前に作つたアリモノ素材の改変の上にデザインベースはcandoさんのを丸パクリ。すんません。

画像板に貼りに行つたらもう同案の先客が居た。早い者勝ちといふか、やつたもん勝ちといふか、むしろやつたもん負けな感じ。

candocando 2010/01/13 07:06 おお、ロゴがちゃんと「2」になってるんですね。つか、この配色はやばいくらい格好良いなぁ…w ちなみに、実際の制服とはピンクの部分が左右逆だったりしてます。うっかりミスです。

yms-zunyms-zun 2010/01/13 08:48 デザインギフトいたしましたよ当然ながら。左右逆とか全然気付きませなんだ、まだまだ711スキルが足りないw
いやほんと、この配色にはね、惚れてますマジで。社用車風のカラーも考えましたけど、やる気になりませんでしたから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100113

2010年01月12日火曜日

yms-zun2010-01-12

ステルヴィア」と「大運動会」つて何か似てるよね、とか今更。宇宙にある学校といふ舞台の他にも、頼りない主人公とか大阪弁の相方とか。‥‥しーぽん別に頼りなくないしアリサは大阪弁でもないな。あれ? 似てるよね?

なんで昨日「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・メ」にしなかつたのか、自分でも分らん。ストパンよりは「スカイガールズ」の方が好きです。ていふかストパン観たことないですごめんなさい。

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」はAT-Xでも始まつたから観てみた。なんともキメラな作品だな、といふのが感想。過去のいろんな作品から売れ線を拾つて一本に纏めました、ただしエロ要素抜き、といふ感じ。原作なしのアニメオリジナル企画とのことだが、むしろ過去のあらゆるアニメが「原作」と言つて過言ではあるまい。その上でこの作品ならではの何かが上積みされるのかどうかは第一話だけでは分らないが、第一話で感じられないものが後から出てくるだらうか。まあそれはそれとして、売れ線狙ふには聖地探訪のハードルが高過ぎる気がするよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100112

2010年01月11日月曜日

yms-zun2010-01-11

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・コ」とでもすれば仮名遣ひの問題は解決。話もその方が面白さうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100111

2010年01月10日日曜日

yms-zun2010-01-10

さすがに今日は働いてやるもんかといふ気になつて休んだ。髪切つた。

楽天地ボウルのゲーセンで「ドラゴンスピリット」。最終面最後のアイテムでファイヤーブレスを引いた御陰でザウエルを一瞬で焼却。概ね楽に遊べた。よく考へればアイテムの引きが難易度を左右するなんてシューティング史的にも珍しいんぢやないかといふ気がする。しかしこの台、今日のインカムはこの一周分百円で全てなんだらうなあ。

f:id:yms-zun:20100110232313j:image:w600
天門の分解修理が終つてゐた。美しい。八年間もこの脇に住んでゐたことがありながら、修復前の姿を写真に撮つたことがないのが心残りだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100110

2010年01月09日土曜日

yms-zun2010-01-09

今日も作業があるかと思つて出社したら誰も居なくてテンションがマイナスに。帰つて寝たい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100109

2010年01月08日金曜日

あれ、いつの間に金曜が終つてゐたのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100108

2010年01月07日木曜日

yms-zun2010-01-07

今更泊りの仕事くらゐは屁とも思はないが、折角誘はれた魅力的な呑み会に断りのメールを出さなきやならんのは凹むなー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100107

2010年01月06日水曜日

yms-zun2010-01-06

今日は火曜日だと思つてゐたら水曜日だつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100106

2010年01月05日火曜日

yms-zun2010-01-05

「気にする必要はない」と「気にしない」の間には深くて大きな隔たりがあるなと、メールのCC欄にアドレスを並べる時に思ふ。その序列を世間では気にするのだらうか。ワシは気にする必要は全くないと考へてゐるが、さう考へること自体が気にしてゐることの裏返しなのであり。想像上の生き物として、メールのCCの序列を気にする人が居る。そのことを気にしてしまふのだ。こんな自分が面倒臭いな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100105

2010年01月04日月曜日

過去十年間のゲーム十選

ええと、ゼロ年代とか言ふんですつてね。さう呼ばれる時期が終つて初めてその呼び名を知つた訣ですが。まあ、そんなこととは与り知らず、「今年のゲーム十選」に相当する行事を始めてから十年目と相成つたので、丁度良いからその中からさらに十選を捻り出してみる。

条件はいつもの十選と大きく変らない。業界的にとか、時代的にエポックな作品であるとかどうとかは全く意識せず、あくまで自分にとつてどれだけ大切なタイトルであるかで選んだ。

それと、「十年間の各年から一作づつベストを選んだ」といふ訣ではない。あくまで、過去十年間に採り上げた百タイトルを同列に並べて、その中から十作品を改めて選び直した。さんざん迷つて、断腸の思ひで落としたものが十タイトルほどもある。ジャンルごとに分けて枠を増やそうかなどと小賢しいことも考へたが、ともかくも十本に絞ることで自分にとつてどう大切なのかを見直すのも良からう。

さう考へて選んだ十本がこれだ。

罪と罰 地球の継承者(N64,Nintendo/TREASURE)

いつ遊んでも面白い。これに関しては「面白い」といふ言葉しか出てこないな。

Nintendo64の、今となつては乏しい表現力を駆使して力技の演出を見せてくれるところも好みだが、あくまでそれもゲームの面白さを支へるためのもの。

これが遊べて良かつた。

これがあつたから続編のためにWiiを買つた。なのにまだ開封もしてゐないのだ。

Mr.ドリラー(AC/DC/PS/GBC,NAMCO)

十年前に登場して、あつといふ間にシリーズを重ねて陳腐化し、XBLA版で止めを差されてしまつた感じのするタイトル。この十選の期間中に賞味期限が終つてしまつた感がある。

それでも、たまに引張り出して遊ぶ一作目はやはり文句なく面白いのだ。一作目で遊べるハードがもうほとんど残つてゐないのが残念だが。PS版を買つておけば良かつたかな。DC版もGBC版も今第一線のハードでは遊べないのだ。

次の十年間にこのタイトルが話題に上ることはおそらくないだらうが、過去十年間の中では忘れ難い。

ゼルダの伝説風のタクト(NGC,Nintendo)

自分にとつては、「ゼルダ」シリーズの中ではベストとなる作品。

トゥーン調の画面表現と、それによつて描き出される画面内の世界のすべてが愛ほしい。箱庭系のゲームは後からいろいろ出たけれど、これに勝る世界には未だ出会へてゐない。

といふか、これに類するボリュームのゲームを遊び通すだけのモチベーションが失はれたことを、後の「トワイライトプリンセス」で痛感した。「トワイライトプリンセス」の続きを遊ぶくらゐなら「風のタクト」をもう一回遊びたい。それは間違ひない。

THE地球防衛軍(PS2,D3/SANDLOT)

シリーズの中でも特に初代。これほど遊び甲斐のあるタイトルにもさうさう出逢へるものではなからう。

シリーズを追ふごとに旧作でテクニックと見做してゐた要素が潰されて、「時間をパラメータに変換する作業」の方が重要になつてしまつたのが惜しまれる。わざわざさうするといふことは、ゲームを作る人たちもさういふのが面白いと思つてゐるといふことなのだらうか。

だとしたら、つまらない世の中だと思ふよ。

ギターフリークスV2(AC,KONAMI)

音ゲーに本格的にハマる切掛けとなつたのは「バンブラ」なのでそちらを挙げようかとも思つたが、今も断続的にではあるが続けられてゐるのは「ギターフリークス」なので、こちらを挙げておく。「V2」であることに特に意味はなく、過去の十選に挙つた中から一つを選んだだけ。遊ぶなら常に最新バージョンなのだし。

これについては、他の何より入れ込んでゐる友人達が居て、彼らの感じる楽しみのおこぼれに与つてゐるといふのが自分にとつての在り方であると思ふ。そして、それは自分にとつても楽しい経験なのだ。さういふ楽しみ方があつてもいいだらう。実力的にはとうに壁にぶち当つてゐるので、あまり巧くはなれさうにない。すまぬ。

あと、なぜかこればかりは家で遊ぶよりアーケードで遊んだ方が(一人の時でも)楽しいんだよな。家庭用移植の出来が特に悪い訣でもないと思ふのだが、アーケード筐体でなければ弾けない曲だつてあるくらゐなのだ。

そろそろシリーズが代替りして、遂にフレットのボタンが五つになるとか何とか。どこまでついて行けるかは分らない。

TEST DRIVE Unlimited(Xbox360,ATARI/eden)

年の変り目はこれをやつておけば良かつたんぢやないかと、今気付いた。なんだか悔しいな。

Forza」を体験したあとでは車の動き方に不満はあるけれど、それでもこいつは最高だ。ただ道を走るだけで楽しい。そして、道がなければきつとここまでは面白くならないだらう。「FUEL」は未だ遊んでないけれど、たぶんそんな気がするんだな。

Portal:Still Alive(XBLA,Valve)

世の中には凄いことを考へる奴が居るもんだ!!

それに尽きる。是非体験して欲しい。3D酔ひする人には奨め難いけれども。

Geometry Wars2(XBLA,Microsoft/Bizarre)

なぜ一作目でなく「2」なのかといふと、「2」の方が単純に出来がいいからではあるけれども、やはり好きなのは一作目(Geometry Wars:Retro Evolved)なのだ。しかし、その年の十選で一作目を別枠扱ひにして変な採上げ方をしてしまつたから、今更選べないのだ。困つた。

後半のインフレ状態が一見無秩序で無節操なものに見えても、コントロール可能な状態として実は作られてゐる。さういふ点で一作目の方がより優れてゐると思ふ。「2」は洗練されてゐるし、六種ある各モードそれぞれに面白く遊べるけれども、唯一一作目の「永遠に持続する可能性のある地獄」が失はれてしまつた気がする。自分でそこまで到達できるかは別にして、さういふ宇宙があるかどうかが重要。

Forza Motorsport 3(Xbox360,Microsoft)

バトルギア3」を十選に入れようかと散々迷つて、これがあるから落としてもいいことにした。今年の十選にも書いた通りだ。過去の楽しい疑似運転ゲームはすべてこれを楽しむ為にあつたのだ。

最近、3ペダル化とシフトレバーの追加改造をわりと本気で考へてゐる。たぶん、かかる費用もさほどではない筈。問題は、それが完成してしまふとそれに満足してしまつてゲームで遊ばなくなつてしまひかねないことだ。流石にそれは避けたい。

かういふものにハマつてゐると、「そんなに好きなら実車に乗ればいいのに」と揶揄されることが多い。今までは「いやあさうなんですけどねえ」と頭を掻いて苦笑するのが人としてとるべき反応だつたが、ここはもうひとつ押し進めて「車に乗る暇があつたら『Forza3』やつてた方がいいですよ」と言ふべきか。そんな時代がやつて来た。さよならゼロ年代。

アイドルマスターライブフォーユー!(Xbox360,NBGI)

いやあ、まさかねえ。これが入るとはねえ。とある仕事絡みでもらつたナムコの広報誌「NOURS」で見た「(仮称)アイドルゲーム」の記事を見た時には想像もつかなかつたよ。

今となつては何が切掛けでここまでになつたのかよく覚えてゐない。色々と徴候はあつたのだらうが、やはり「Do-Dai」の配信が一番大きいのだらうか。なんでか知らんが、あれで化けた。さういふ意味ではやはり採り上げるべきは「L4U」なのだな。

まとめ

自分のハードウェア遍歴として過去十年間を顧みるとDC→GC→PS2→NDS→Xbox360とメインが変遷してゐる訣だが、その中ではGC(ゲームキューブ)の存在感が薄い。「風のタクト」がなければ十選漏れするところだつた。

PS2の存在感もそれほどではない。今部屋のどこかで埃を被つてゐるメモリーカードに、どんな内容があつたかすらほとんどどうでも良くなりつつある。PS3がPS2の互換性を高いレベルで維持してくれてゐたら多少は状況も変つてゐただらうか。

そしてニンテンドーDSは結局入らなかつた。ハードウェアとしてはエポックだし、初期の自分の入れ込み様も相当なものだつたけれども、さりとて後にまで残したいタイトルがどれほどあるかといふとなあ。かつての山内溥社長が語つた「ゲーム機といふのは、ソフトで遊びたくて仕方なく買ふものだ」といふ趣旨の言葉とは裏腹に、「プラットフォームが面白い」といふところに留まつた印象。

それについてはXbox360も同様で、やはり「プラットフォームが面白い」といふ点に魅力の多くを負つてゐるのだとは思ふ。ゲーム機の性能が凄いといふのとは別の次元の環境を提供し得たのは、今世代ではやはり360なのではないだらうか。Xbox Liveといふ仕組がなければ、もう少し他のハードの動向にも目を配れたのかもしれないが、正直いつてそんな暇はなかつたと言つてもいい。ゲームのための周辺環境として、Xbox Liveに居るだけでいつぱいいつぱいなのだ。

それに反比例する様に、ゲームセンターから足がすつかり遠のいてしまつた。あちら側でもワシを温かく迎へてくれるゲームをあまり置かなくなつてしまつたから、これは必然なのだらう。

セガラリー2」以降「バトルギア3」の頃までは、「本当に面白い車ゲームで遊ぶにはゲーセンに行くしかない」といふ状況だつた。「バトルギア4」で少し様子が変つて、身の処し方に困つてゐる間にアーケードから面白い車ゲームが消えてしまつた。そして、過去の全てを凌駕するものが家にやつてきた。これでゲームセンターに行く理由の大半が失はれた。あとは専用筐体で遊ぶ音ゲーの為でしかない。変つたのは自分か時代か、両方か。

それにしても、かうして振り返る十年は長く、そしてあまりに短い。正直、2000年に「シェンムー」があつたといふのが信じられないのだ。それが古すぎるのか新しすぎるのかすら分らない。ただ自分にとつての十年といふ月日と、個々のタイトルの擦り合せが上手くいつてゐないだけだと思ふが、それが十年といふ月日なのだな。なんかシミジミとしてしまつた。

各年の十選に入つた作品を改めて並べておかう。

続きを読む

チーノ☆チーノ☆ 2010/01/07 17:56 お初です。知ってるソフトの名前が出てきたので思わずコメ書いてます;私はPS3ですがブレイジング・エンジェルやってます☆めっちゃ私は好きです。Wii買って使わないぐらいならPS3やってみてください!ほかのソフトもきっと楽しいんで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100104

2010年01月03日日曜日

yms-zun2010-01-03

平成二十一年版「今年のゲーム十選」

今年のゲーム十選。つか、昨年のゲーム十選だよなと今更。

昨年一年間に遊んで、日記で言及したゲームの中から十本を選んで挙げる。特に順位はつけない。新旧もあまり問はない。

十本に絞るのは結構迷つた。とはいへ、どれもこれも面白すぎて困つたのではなくて、平均温度が低めのところで中途半端に切り捨て辛いタイトルばかりといふのが本当のところで、どちらかといふと一強皆弱みたいな印象。なので強いのだけ勿体つけずにトップで扱ふ。

Forza Motorsport 3(Xbox360,Microsoft)

まあ、これですよねー。実のところ、今年タイトルそのものに注いだ熱量としては「Forza2」に対するそれの方が遥かに大きい。今年前半の、レースイベントをこなす間の充実感は大変なものだつた。しかしそれといふのも、来るべき「Forza3」の前に未練をすべて失くしておかうといふのが動機だつた訣で。

「Forza3」そのものに対しては、あまり熱を上げることなく末永く付き合つて遊べればそれでいいと思つてゐる。なんといふか、望むものを手に入れてしまつた老人の様な心境で。ある意味、「不満だらけの神ゲー」であつた「2」を遊んでゐた時の方が幸せだつたかもしれない。それは別に今が不幸せといふ意味ではなく。

もう、他の何かと比べてこれが優れてゐるとか劣つてゐるとか、そんなことはどうでもいいんだ。今ここに「Forza3」がある、それだけでいい。生まれてこの方、疑似運転ゲームを遊んだり自動車免許を取つて実車を運転して感じた楽しみのすべては「Forza3」を味はふためにあつたのだ。

Race Pro(Xbox360,ATARI/Simbin)

「Forza3」が出るまでの繋ぎとして買つて遊んだ。その役目は十二分に果たしてくれた。これでなくては味はへない楽しさがちやんとあるから、忘れない様に十選に入れておく。

トータルパッケージとしては不具合があまりに多すぎて褒められたものではない。他と比べてどうかう以前に、ちとどうかと思ふよこれは。

Trials HD(XBLA,Microsoft/RedLynx)

オートバイのゲームとしてどうなのかはさておき、物理演算自体を相手に戦ふ系のゲームとしては抜群のインターフェース。しかし最高難度の最初のステージで詰つたままだ。

しかしまあなんといふか、かういふゲームにもギャグとして残虐描写を入れずにおけないところに彼我のゲーム文化の違ひを強く感じる。この程度ならCERO A(全年齢対象)ではあるが。ゴール地点のライダーの咽喉元に鉄骨を突き出しておくなんて、悪趣味以外の何物でもなからう? さういふのが悪いと言ひたいわけではなく、そもそもそんなことをしようなんて思ひ付かないぢやないか。

まもるクンは呪われてしまった!(Xbox360,GREF/GULTI)

言ふなれば和製薄味演出代表。これはテーマがテーマなんだからもう少し毒を入れてもいいと思ふんだ。

シューティングとしては「シューティングラブ。200X」とどちらにしようか迷つたが、両方入れるには枠が足りずこちらを選んだ。アーケードシューティングゲームをXbox360に移す上で何をするか、といふ点でこれ。ケイブの作品もそれぞれに頑張つてゐるとは思ふけど、メニューや画質で頑張つたといふのは十選に入れる判断としては少し違ふ気がした。

システムをちやんと理解して遊べば面白い。そこのところを、特典DVDのマニアックな副音声チャンネルなどではなく、遊ぶ過程できちんと理解できる様に作られてゐれば良いのだが。

The Dishwasher : Dead Samurai(XBLA,Microsoft/Ska Studios)

インディーズ上りのXBLAタイトルにはそこそこ良いものがたくさんあるから、選ぶのには本当に苦労する。そんな中で、これはかなり真剣に遊びこんでしまつた。

革新的なところは特にない。つか「革新的!」と呼べるのは「Peggle」だけだ。難易度設計も破綻気味だし、粗の多い作品ではあるけれども、その粗も含めて「ちやんと作つてあるな」といふのがインディーズ作品としてのこれに対する感想。手を抜かず、全体にちやんと目が行き届いてゐて、その結果として粗いのだから、これはさういふゲームなのだ。

今更ながら、ゲームで語られるストーリー展開は石森章太郎のヒーローそのものだと思つた。主人公の皿洗ひをバッタ男に置き換へれば万事オーケー。違ふところといへばオヤッさんが最強すぎるくらゐか。

くどい様だけど、XBLAの良さつてかういふ作品に出逢へるところにあるんだと思ふ。

Braid(XBLA,Microsoft/Number None)

インディーズ系XBLAとしては至高の一品。

クリアした後からストーリーの解釈に纏はる諸説をネットで読んでみた。まあ、テキスト部分の解釈にはいろいろあるよね。その辺も含めて、何かを作らうとする人が「訴へたいこと」を表現する手段としてゲームを選び、それが成功してゐるのが凄い。

そして何より素晴しいのは、ゲームが面白いことだ。

電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム(XBLA,SEGA)

マスプロ系XBLAとしての決定版。まあ、それもこれも「暴走プログラマ(公称)が勝手に移植した」といふ逸話があつてのこと。

ゲームとして完成しつくしてゐて、細かいバランスについてマニアがあーだこーだ言ふくらゐしか文句の付け様がない。最早ワシにはそれを遠巻きに見ることしかできないのだが、それでも十選に入れざるを得ないのは言ふまでもなくツインスティックを作つてしまつたことに因る。久々に楽しい遊びだつた。

インベーダーエクストリーム2(NDS,TAITO)

DSならではのプレイ感覚を実現してゐるのだが、DSでなく大画面で遊びたいと思つてしまふジレンマ。もし自分がDSi LLを買ふとしたらこれで遊ぶためだけれど、流石にこれだけのために本体は買へないしな。

もう年単位でDSを触る機会が減つてゐて、それが何故かといふと非常に身体に悪いからだ。目が疲れる、肩が凝る。もし最近視力が落ちてゐるのだとしたら、その理由はDSにハマつた所為だと確信を持つて言へる。

そんなことを言つて、この「インベーダーエクストリーム2」が例へばXBLAに乗つかつたら面白いと思ふかといへば、あの不幸な前作のXBLA版のことが思ひ出されてしまふから困るのだけれども。

ああ、ゲームの話をしてないな。まあ単純に気持ちのいいゲームなので、例へば「Rez」が好きな人なんかにもお勧めしたい。効果音をリズムに乗せる感覚だけはあれに似てゐる。このゲームの場合「気持ちいい」のレイヤーがいくつもあるから、どこかで誰かのツボに嵌るでせう。傑作だと思ふよ。

アイドルマスター(Xbox360,NBGI)

今更も今更だが、無印アイマス」をやつとキチンと遊んだのが昨年だといへよう。併せてDS版「ディアリースターズ」を入れようか迷つたのだが、敢へて落とした。

三ユニット目の雪まこの途中で経過を書くのをやめてしまつたが、それあもう何かを書く気が失はれるほどひどい結果だつたのさ。後半は何をどうしたらオーディションに通れるのか分らなくなる有様で、二ユニット目の亜美真美の時にどれだけ後半の成長力に助けられてゐたかを痛感した。全く、「箱○版のバランスはぬるい」とか言つてる人たちはどんだけ天才なんだか。パラメータ管理型のゲームは苦手です、ハイ。

まあ、その敗北感も含めてゲームだからそれで良いのだ。しかし、あれだけ苦労して未だに実績ポイントが0て。どういうことなの。

Mafia Wars(iPhone,Zinga)

最後に、自分としては問題作。前にも触れたことがあるが、こんなの全然ゲームぢやない。

何かといふと、要は「時間を対価にしてパラメータを増やす作業」。ただそれだけ。インターフェースの体裁は典型的なパラメータ管理型のゲームそのもの。しかし、当然そこにあるものとして期待される所謂「ゲーム性」の様なものは皆無。かといつて、それに代るストーリーテリングがある訣でもない。かけた時間に比例してパラメータの数値が上昇するのを眺めるだけ。どうしてこんなものを、ワシは半年もの間一日も欠かさず遊んでゐるのだらう。「遊んでゐる」? まあ、仕事以外のことを仕事中にするのが「遊び」であるならこれも遊びだ。

職場の後輩にこれの内容を話したら、「要するにMMOと同じですよ」と答が返つてきた。ああ成程。であれば、これに触れてゐればMMO廃人などにはならずに済みさうだといふのはどう考へても詭弁で、始めからこれがなくても困らない筈だつたのだ。しかし手許にiPhoneがある限りこれに触れずには居られないほどの習慣がすでにできてゐて、つまり「Mafia Wars」の画面をつつくといふのはワシにとつては喫煙行為なのだ。それですべて片付いた。

まとめ

以上十本。「0-D Beat Drop」「アイマスDS」「The Maw」あたりは入れておきたかつたが入れるほどに語る言葉もなく。

しかし「アイマスDS」入れない御蔭で本当にXbox360ばかりになつてしまつたな。ほとんどゲーセンに行かなくなつたし、DSにも触れないし、Wiiは買つてから未だ一度も火が入つてゐないし。

もう少し意欲的に遊べないとマズいな、といふ気がするので今年はそのへんに気をつけてみたい。

以下、選考に使つたタイトルを列挙して畳んでおく。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100103

2010年01月02日土曜日

yms-zun2010-01-02

今日は拘束なしで待機状態。家で「The Maw」を遊んでゐた。優れて「映画的」なゲームだなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100102

2010年01月01日金曜日

yms-zun2010-01-01

日が変る前に帰宅して、録画しておいたF1総集編(CS特別版)でも観ようかとTVを点けたら清志郎が歌つてゐたのでそのままにしておいた。清志郎もずつと歌つてゐた。

Forza3」を起動してオンラインに出てみたら外人衝突部屋にばかり当つた末にフリーズしたのであきらめて、風呂に入つて湯船の中で週マスランキングスペシャルを見る。凄い時代になつたものだ。

長風呂から出ると、それでもまだ歌つてゐた。屋上に出てみたら部分月蝕があつて、寒さに震へて戻つてみればまだまだ歌つてゐたので最後まで付合つたら夜明け前だつた。

f:id:yms-zun:20100101153541j:image:w600

今年が少しは良い年であります様に。

拘束はされてゐるが忙しいわけでもないので十選でもまとめようかと思つて過去ログを読み返した。十本も遊んでない気がしたがそんな訣はなかつたか。しかし十選に残せるほどちやんと遊んだものがどれだけあるかな。一年はあつといふ間に長かつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20100101
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報