大和但馬屋日記

この日記について

2011年03月31日木曜日

yms-zun2011-03-31

往路百三分復路百十六分。往きが第二京浜で帰りは第一京浜。第一京浜は平坦で楽だが真直ぐすぎて退屈だ。あと、川崎市街でJR京急を潜つて多摩川を渡る一連のシーケンスが面倒すぎる。三つのルートがあるけど第二京浜しかないなあ。

それにしても目黒川恐るべし。あんなに細い川なのに、あの五反田の大峡谷を穿つたのだから侮れない。五反田がなければ一号線など恐るるに足りぬのだ。

f:id:yms-zun:20110401003247j:image

一号線沿ひにある節電中のマクドナルド。節電下にあつても自己アピールを諦めない赤毛のアイツですよ。ここはもう一文字節約して「マクド」にするのが正しいんではないかね。看板の字で表現できぬ「マック」などこの世には存在しないのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110331

2011年03月30日水曜日

yms-zun2011-03-30

契約アンペアを下げるといふのは我ながら良い思ひ付きだと思つたのだが、肝心の東電震災対応とかで受付を中止してゐる。儘ならんものだ。本当なら東電の側から積極的に呼びかけても良いくらゐのものなのに。ま、基本料が下がるからそれは有得んか。この際値上げは仕方ないから、ともかくも下げさせろ。

今日は朝が辛くて電車。朝食抜けば一時間余計に寝られるといふのはなあ。自転車で朝食抜きはそれこそ有得んし。

XBLAで「なんたらかんたらストラニア」配信。だけどまだ360を使へる状態にしてないのでスルー。

スパムメールに記載される誘導用のアドレスにも、短縮URIを見掛ける様になつてきた。予想はしてたけど、やつぱり見るとモニョモニョする。短縮URIはTwitterが広めた害悪だよなあ。Twitter以外のところで使ふ人の気が知れん。

といふか概念的には短縮アドレスをURIと呼んではいけない気がしたが、実際どうなんだらう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110330

2011年03月29日火曜日

yms-zun2011-03-29

だいたい百分丁度。これ以上のタイムトライアルは無意味だな。所詮は信号の運の差でしかない。尻手の交差点の二段階右折で二分くらゐ簡単に影響するつてなもんだ。

今日は花粉が目に来た。鼻方面は軽微な様子。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110329

2011年03月28日月曜日

yms-zun2011-03-28

ルートを第二京浜、国道一号線にして往路百二分。復路百五分。往きは百分切れるかな。第一京浜より明らかに近くて速いが、三田から馬込までアップンダウンが激しくて疲れる。

自転車を使つた日は花粉症の症状がほとんど出ない。片道三十キロメートル余も走つた後では身体も花粉如きの相手をしてゐる余裕がないとみえる。花粉症の人はヘトヘトになるまで運動すればいいよ、きつと。

山手線て、名前に反して「谷底線」だよね、特に品川から渋谷までは。

発売日に出ると思つてなかつた「きららCarat」出てた。新境地を模索してゐる風だつた「GA」が、いよいよ今までとは別の漫画に変貌した感があるなあ。今まで決して破らなかつたタブーまで何事もなかつたかの様に。単に絵柄が変つたでは済まない転機を見てゐる様だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110328

2011年03月27日日曜日

yms-zun2011-03-27

原発反対を唱へるならば、家庭用の電気のブレーカーを全ての世帯で20Aまでに制限して、電車の運行本数を半分以下に減らすくらゐぢやないと無理だよね。今後発売されるパソコンやゲーム機は消費電力100W以上のものは禁止とかにして。俺はそれでも構はないけど、皆はどうよ。今までと同じ生活しててこの夏を乗り切れるとか思つてるんぢやなからうな。自然エネルギーを利用した発電なんて寝言*1は、消費電力を前述のレベルまで下げた後に考へるべき問題だ。

これで胡散臭いエコ家電ブームが終つて、本気で節電を考へた生活様式に合せた電気製品が出回る契機になるといふのなら、関東以北を覆ふ狂気に立向ふ勇気も湧かうといふものだが、さて。

さういふ意味では石原発言とされるアレの、文言はともかく主旨に理はあるのだ。クリスチャンなら「天が与へ賜ふた試練」とでも表現するところを言ふに事欠いて「天罰」などと言ひ放つからをかしくなるのであつて。我が家は今二十アンペアの契約だが、これを十五アンペアに変へることをわりと本気で検討してゐる。意識的に上限値を下げた生活ができないといふのなら、いくら節電だの原発だのと口で言つたところでそれはポーズだ。そして、これは東北・東電管内以外は云々といふ話ともまた別だ。原発に頼らない都会での暮しといふものを、一度は体験しておくべきだらう。非常時の止むを得ない我慢ではなく、ただの日常として。

近所のスーパーで野菜がえらく安いと思つたら茨城栃木産だつた。経緯を考へれば諸手を挙げて喜べないが、安価なのはこちちも助かる。生鮮品なので大量に買へないのが残念だ。この店には頑張つてほしい。

オーストラリアGP決勝

DRSとKERSの表示付きのバトル映像は無駄に面白いな。ゲーム的といふか、バトル物のアニメ的な意味で。そのバトル、マッサがバトンを抑へこむ。バトンは何周もフラストレーションを溜めこんだ挙句にアロンソからも追ひ立てられて、ショートカットでマッサをパス。おいおい。その後フェラーリ勢はピットイン、これでコース上の順位修復は不可能となり、バトンにはドライブスルーのペナルティが科されることとなつた。これはマクラーレン、下手こいたなあ。速いマシン作るだけが能では駄目ですぜ。

妙に速くてイケイケなルビーニョ、小林を抜いた後にニコに対して無謀すぎる突込みを敢行。オンラインのゲームぢやないんだから。いくらなんでもあれは無理だ。小林は労せず順位を二つ上げたが、その後KERSとDRSのお手本の様な使ひ方でバトンに抜かれる。むう。この玩具はオーバーテイクは増えるものの、やられる方はやられ放しになるな。

しかし瞠目すべきはペトロフの速さよ。タイヤ交換の回数にもよるとはいへ、レース中盤で三番手走行。ペースもそんなに悪くない。中団勢の速い方ではなく、上位勢に相応しいタイムを出してるもんな。これは素晴しいよ。

うわ、ハミルトンのフロアが落ちてゐる。こんなの直せるのか? といふか、ハミルトンは路面にフロアを擦つたままそのままそこそこのタイムを出し続けてゐる。オレンジボール旗*2が振られない限り走り切るつもりか。ジル・ヴィルヌーヴかよ。てか、空力つて何だつけ。三十八周目にピットインするも、タイヤ以外何も弄らず。いいんだけど、後の車検で引掛らないかねこれ。最低地上高の規定に抵触しさうな気が。

終盤になつてフェラーリがファステストを出す様になつてきた。「レースでは速いよ」といふのは嘘ではなかつたか。まあ先頭さんはクルージングに入つてるわけだが。それにしてもアロンソの走りは実に見応へがあつた。流石と舌を巻くほかない。

残り三周、表彰台をかけてペトロフをアロンソが追ふ。これは面白い。そして凌ぎきつた。ロシア人初のF1表彰台、ルノーの女性クルーが病院で観てゐるであらうクビサに「ロベルト、帰つておいで」と手書きのメッセージをカメラに向けた。本当に、この場に居ないなんて考へられない。驚きは、小林の前にチームメイト、F1ドライバーとして久しぶりのメキシコ人であるセルジオ・ペレスが入賞したこと。完走した中で唯一となる一回ストップ作戦はザウバーらしい奇襲攻撃だが、見事にデビューレースでそれを成遂げたのは賞賛に値する。ザウバーはいいマシンを作つたね。他のチームがピレリタイヤに振回されてゐる内にポイントを稼いでおけば、面白いシーズンになるだらう。楽しいレースだつた。

続きを読む

*1no titleにある通りである。東京駅で使用する電力を太陽光ですべて賄ふには、少なくとも東京駅には300本600番線分のプラットフォームが必要なのだ

*2:メカニカルトラブルによる危険を知らせる黒地に橙色の円の旗

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110327

2011年03月26日土曜日

yms-zun2011-03-26

F1オーストラリアGPフリー走行三回目。なぜかWEBの方のライブタイミングモニタにサインインできないのでそれはiPhoneアプリで。TVの方は、なんだか音が良くなつてる気が。昨年までがどうだつたか覚えてないけど、ディテールが聴き分け易くなつてると思ふんだ。

KERSに加へてDRS(動的リアウイングシステム)。レッドブルは昨日はDRSを封印してたさうで、ベッテルの今日のタイムは‥‥なんか、「ドサッ」と重たい何かを脱ぎ捨てた音が聞こえた気がするよ‥‥やつぱりTVの音が良くなつてるのかも。

どのマシンにも日本への応援メッセージが書かれてゐる。有難う。

予選Q1。ペトロフ三番手、小林五番手。昨年のルーキーがナンバーワンになつて頑張つたなあ。いや、ルノーはニックがナンバーワンなのかしらん。クビサの抜けた穴は思ひの外大きいのかもしれない。いや大きいに決つてる。ヒスパニアの二台は百七パーセントルールで予選落ち確定、かな。

Q2。アウトラップでルビーニョグラベルに捉まつた。あーあ、残念。午前は同じウィリアムズのマルドナード(F1ドライバー初のベネズエラ人)が同じ場所で同じスピンをしてゐた。後輪から滑り出すといふ典型的な「KERSスピン」だねえ。発電抵抗によつてリアに過大な制動力が発生し、温まりの悪いピレリタイヤがブレークしてスピン。ウィリアムズの今年のKERSは暫定的な電気式だから、マシンのブレーキバランスとの擦合せが上手くいつてないのかもしれないね。小林、六番手。やるなあ。

Q3。ライブタイミングがをかしいなあ。とりあへず、ベッテルの速さがをかしい。しかしマクラーレンウェバーを喰ふところまできてるのは喜ばしい。おかげでフェラーリが蚊帳の外に行つちやつたねえ。明日は気温次第か。ピレリタイヤを見極めるまではレースは占へないよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110326

2011年03月25日金曜日

yms-zun2011-03-25

今日は自転車を断念。朝起きるのが一番の難関だなこれは。

ファミコンが繋がつたのならスーパーファミコンも。うちのSFCはただ一つ、「奇々怪界 謎の黒マント」を動かすために取つてある。カートリッジを挿してスイッチを入れる。点かない。端子に徹底的にコンタクトZ処理をゴリゴリと施してみる。あと「ふー」の儀式も忘れない。電源オン。点いた。わーい。

何年か振りの「謎の黒マント」は凄まじく難しかつた。若い頃なら難易度ハードで楽々ノーミスクリアできたのに、ノーマルで五面終了。要素を忘れてゐる訣ではないのだが、適切に対応できてゐない。悔しい。でも面白い。「謎の黒マント」は「奇々怪界」より出て「奇々怪界」より「奇々怪界」。ゲームを構成するすべてが九十年代前半ならではの程良い加減で絶妙に絡まり合つて、「奇々怪界」を冠するゲームとしては至高の出来となつてゐる。俺にとつてはSFCタイトルとしてもトップクラスだし、全てのゲームの中でも上位の方にある。こんないいゲームを作つてくれて有難う。「オメガファイブ」の3DS版はどうなつてしまふのだらうか。出るなら本体ごと買ふのに。てか、3DS版「オメガファイブ」はやはりナツメが作ることになつてゐたのかしらん。

F1開幕。フリー走行のタイミングモニタをチラチラ眺めた限りでは、レッドブルが頭一つ抜けて速いのは相変らずとして、マクラーレンが仲々互角にやりあつてる感があつて嬉しい。今年はマシンの美しさでマクラーレン推しだ。テストの評判が今一つだつたのが心配だが、杞憂だつたか。あと、KERS推しでウィリアムズだな。バリチェッロがいつも良い位置につけてゐるのが頼もしい。ヒスパニアはあれかね、参戦実績だけ残して走らす車はない状態?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110325

2011年03月24日木曜日

yms-zun2011-03-24

自転車通勤二回目。行きは百五分、帰りは百十分。往復共に二時間は切れるな。道の最適化と、土地鑑によるペースコントロールが上手く行つた感じだ。

帰り途は当然夜間走行となる訣だが、神奈川県内よりも都内、それも大田区品川区よりも都心に近いほど道路の照明が皆無に近くなり、交通量の少ない道に入らうものなら路面が全く視認できなくなる。これが三月十一日以降の東京の実状だ。そんな中を自転車で走るのだから、それなりの前照灯が必要となるのは当然であるにも関らず、都内を走る自転車の殆どはこれが全くなつてゐない。無灯火は論外としても、十中八九キャットアイLEDフラッシュライトをチカチカ点滅させるだけの輩にしか出会はないのだ。よくそんなので今の夜道を走れるものだ。

自分は、那夫塔林のハテダ。を拝読してすぐに同じものをAmazonで購入して、二年近くずつと使つてゐる。今の東京の道は、このライトの最大光量モードでやつと安心して走れるといふくらゐに暗くて危険なのだ。チカチカのLEDのみで走れる東京は、三月十日を以て終つてゐることを認識すべきだ。

そもそも、LEDライトをフラッシュ状態で使用するといふのが、道の明るさに関らず度し難い。前後に関係なく、「完全に消灯してゐる瞬間がある」といふのはそれだけで危険なことくらゐ、少し考へれば解りさうなものだ。ふと時計の文字盤を見て、目に入つた秒針がまるで長時間止まつてゐる様に感じた経験は誰にでもあるだらう。じつと文字盤を見てゐれば一秒は一秒だが、前後の連続性が途切れた状態での一秒は主観で大きく変るのだ。それが偶々消灯してゐる瞬間だとしたら、それを見逃したドライバーの自動車は次の点灯の瞬間までに何メートル空走してゐるだらうか。俺は断言する。LEDライトは点滅させてはならない。テールランプに至つては、点滅させるくらゐならば自発光しないただの反射板を付けておいた方が遥かにマシであると思ふ。ついでに言ふなら、赤ランプを前向きに、青や白のランプを後ろ向きに点けてゐる奴は、一人で溝にでも落ちてしまへばいい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110324

2011年03月23日水曜日

yms-zun2011-03-23

ファミコンが繋がつたので「エアー・フォートレス」で遊ぶ。今を時めく岩田聡氏のHAL研時代の作品だ。当時ファミコン通信で「地味」と評された通り、地味だ。といふか、なんつふか、どんだけナムコが好きなんだいわっち。「ナムコのゲームみたいなゲームを作つてみたい」オーラがものすごいぞ。で、地味だがしつかり面白く遊べる。三面パスワード「KA91」。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110323

2011年03月22日火曜日

yms-zun2011-03-22

スレタイだけで笑へた。

7 名前:ラーメン大好き@名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/22(火) 11:53:26.41 ID:HmZKBblp
しかし実際、放射能の基準値超えた野菜より
二郎のラーメンのほうが体には悪いんだろうな

放射能基準の野菜は2000回食って初めて体に害を及ぼす可能性らしいが
二郎のラーメン2000回食ったら確実に死ぬ
ラーメン二郎のスープから基準値を上回る油脂が検出

うむ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110322

2011年03月21日月曜日

yms-zun2011-03-21

いついかなる時も東京ドームは形を保つ為に電力を馬鹿喰ひしてるといふ事実すら、エラい人らは意識することも無いんだらうなあ。万一の時のフェールセーフも確保できないから、あれだけデカいスペースなのに避難所として転用することもできないといふことも考へつかないんだらうなあ。全くエラい人はエラいなあ。

セ・パの対応の違ひを見てゐると、いつぞやのリーグ統一騒ぎの際に露見した筈の「プロ野球が従来の形のまま未来永劫維持できるほど社会から必要とされてゐる訣ではない」といふ当り前の事実を、少なくともセ・リーグ側は認識できてないんだらうなと改めて思ふ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110321

2011年03月20日日曜日

yms-zun2011-03-20

スウプ氏に誘はれて「東京とびもの学会」に行つてみた。特に心構へもなく、何か引掛るものがあればラッキーくらゐの感覚で。

グルッとブースを眺めつつ、映像展示に目を向けてみた。どこぞの体育館の中で、電動ラジコン飛行機を飛ばしてゐる映像。なんだかさういふ大会らしい。

映像の中の飛行機の動きを、自分の中にあるマヌーバの知識と擦合せながらじつと見てゐた。成程、屋内機ならかういふことかできるのか‥‥ふーん‥‥えっ‥‥えええっ!? 何ですかこの楽しい物体は。

映像自体はYouTubeにあるものを寄せ集めたらしいが、一時間近い上映にずつと見入つてしまつた。例へばこんなの。

D

上映が終つた後、映像の主のブースについて行つて食ひつく様にあれこれ質問してみた。飛行機の構造、パーツの揃へ方、作り方、ここはどうなつてゐるのか、あれはどうか。何かアクロバット用の特別な機構を備へた飛行機なのかと思つたら、屋内競技用ならではの軽量化や強度の絞り込みに対する工夫は凝らされてゐるものの、構成要素自体は至つて常識的な飛行機にすぎないと知つて二度驚く。へええ。

ラジコン飛行機用のフリーのシミュレータソフトも教へてもらつた。「FMS」で検索すると出てくる。WindowsXPまで対応、Vistaは要追加DLLWin7は未対応。Xbox360用有線パッドをプロポに見立てて飛ばしてみるが、当然まともに飛んだりはしないのだ。プロポ型の安価コントローラAmazonで買へるやうなので後でポチらう。プロポとゲームのスティックの違ひは「ニュートラルに戻るか否か」なんだな。

色々見たけど、何より面白い玩具に出逢へて満足。いつかは本物も飛ばしてみたいものだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110320

2011年03月19日土曜日

yms-zun2011-03-19

ささやかながら旨いもん食つて寝た。

家の周りを見てゐる分には、食糧物資の需給バランスは平穏を取戻しつつある様にみえる。しかし相変らず牛乳が手に入らない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110319

2011年03月18日金曜日

yms-zun2011-03-18

悶々と考へて塞いでしまふのは考へる時間があるからだ。考へに悪酔ひするくらゐなら薬物に頼つた方が良い、といふ訣で自転車浅草の自宅から新横浜の勤務先へ出勤した。第一京浜川崎を通るルートで百三十分。帰りは都道県道二号線ルートでやはり百三十分。どちらも少し無駄な回り道等をしたので、片道丁度二時間で行けさうだ。

薬物とは何かといふと、それあ勿論エンドルフィン。長時間の運動は、かういふ時こそ必要だ。実際、随分と気は晴れた。

一週間、ゲームをしようといふ気が起きなかつた。

  • プロジェクターのスクリーンに修復不能な折り皺がついてしまつた
  • 激しい余震が収まるまで頭上にプロジェクターを設置する愚など犯すものか
  • 余所が停電してる時にプロジェクター+Xbox360なんてのは流石にちよつと

うちの箱○はプロジェクター導入後にやつてきたものだから、それ前提に組まれてゐて他に映す手段はないと言つたら嘘になるが、15インチの4:3ブラウン管に映して遊ぶ程のものではない。で、ゲームから離れてみたら、別にそれはそれでどうでもいいことなんだよな。遊びたいゲームがない訣ぢやないが、今は本当にどうでもよい。自肅とかぢやなくて。

Wii? 一度も結線することもなく手放した。さうしないとメシも喰へない時期があつた。PS2? 地震で勝手にスイッチが入つてたなさういへば。癪なので電源ケーブル抜いといた。DS? 一番起動し易いが、さりとて遊びたいものもない。「ドルアーガ」くらゐか。

今なんとなく遊びたいのはファミコンだな。グチャグチャの結線を見直して点けてみるか、気が向いたら。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110318

2011年03月17日木曜日

yms-zun2011-03-17

あの日以来、何度か石原都知事の発言を論つて「石原が再出馬を表明したせゐで地震が云々」といふ不愉快なジョークを目や耳にする。それはつまり、石原を知事にした都民に対する天罰が余所の県の方々の上に下つたといふ意味ですかい? 俺は石原に投票したことはないが、民主制度下の一都民として、その責任をとつて代りに死んで詫びんといかんのかね?

ジョークつてのは、それなりの頭を使つて言ふもんだ。

近所のスーパーやコンビニ、百均の惨状に乾いた笑ひ。生鮮食料品と魚介類は至つて普通だからまだマシではあるが。

今、都内に住んでゐるといふのは、それだけで耐へ難い重圧だ。今までは原発の恩恵を享け、今は停電の対象から外されてゐる。もとより贅沢な暮しなどしてゐないが、それでも罪だといふなら、俺は何をすればいい?

別にネガなことばかり考へてゐる訣ではない。適当にごまかしながら生きてゐる。ごまかしと分つてるからごまかしきれないだけ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110317

2011年03月16日水曜日

yms-zun2011-03-16

体調を立て直すために一回休み。物食はないと治るものも治らないが食欲がない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110316

2011年03月15日火曜日

yms-zun2011-03-15

さて、とりあへず仕事に出る準備はしておかう。仕事になる気は全くしないが、身の振り方は家に居ても決められない。正直、うちらの職種が東京では成立しない可能性まで考慮に入れない訣にはいかない。

むしろ都心でないと仕事にならない感じか。コアタイムの三時間は大きい。仕事と身体を適応させていくしかないな

‥‥などと言つてゐられる状況であればよいのだが。

昼頃出勤して、定時に上つた。体調が頗る悪い。半分は花粉症だが半分は精神的ストレスだな。新横浜地下鉄駅は入場制限をしてゐたので新幹線を使つた。この体調では何十分も立つて待てない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110315

2011年03月14日月曜日

yms-zun2011-03-14

東電の情報が錯綜してゐるのは望ましいことではないが、そもそも事故の当事者(原発に限らず)なのだし、今も続く停電の被害状況の把握と並行して計画立案しなくてはならないのだから、不手際なのは残念だけど仕方がない。酷い酷いと騒ぎたてる人は、PCの画面上の地図をポチポチクリックすれば停電区域を決められる様な印象をなんとなく持つてゐるのかもしれないが、現実はさう簡単ではないのです。電気は送電線のネットワークであり、行政上の区切りと送電線の流れは必ずしも一致しません。区域毎の需要量(つまり効果の度合ひ)も違ひます。素人の見積ですが、平時であつても一日二日で十全に立案できる様なものではないのです。「言つてることとやつてることが違ふ」と言ふのは簡単ですが、それは、少なくとも今は批判ではない野次でしかありません。NHKですらそれを煽りかねない報道の仕方をしてゐる。お願ひだから、落着いて。

あの資料にしても、わかり易い形にまとめ直す暇もなく内部用の「生」に近いデータを出さざるを得なかつたといふものだと思はれる。きちんと調理された「お知らせ」になるまでには時間が掛らう。それができる頃には、我々もそれに適応した生活を送つてゐるに違ひあるまい。

横浜の勤務先は月曜は休業と決つた。

以前のGPSのトラックデータを見返してみたら、平時なら片道二時間で自転車通勤可。あくまで平時なら、だが。六時間歩いた後なら、どうつてことないと思へるな。パンク対策だけはしつかりしておかう。と思つたら雨の予報orz

三号炉。日テレとNHKで映像の印象が違う。それは第一に持つてゐるソースの違ひであるだらう。あとは、どこを切取つて流すかといふ選択とセンス。それは捏造とか隠蔽とかではないと信じたい。酷い方を見てパニクるなかれ、平穏な方を見て安心するなかれ。映像屋の端くれとして、映像の印象で左右されてはいけないよと強く言ひたい。

あ…! 新幹線通勤余裕ぢやん俺。料金誰が出してくれんの!?

申告後の税金納付の序でに近所のパン屋に行つたら、オバちやんの大行列。あのなー。まだ普通にしてたらええんよ。その大量のパンどうするんだ、すぐ食べ切らないとどうしようもなからうに。しかたないからしばらく麺のストックと米だけで凌ぐか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110314

2011年03月13日日曜日

どこのTwitterを見ても同じRTばかりが目に入る。「どんどん面白いツイートすべきだと思うんだ」云々。言つてゐることは分るが、これ自体が集団的な洗脳と化してゐて怖い。譬喩でなく肉体的に全身が戦慄した。それが何であれ、価値観の表明に対する同意が果てしなく伝播するのがが恐ろしい。明日(今日、か)はネットから少し離れよう。

前段は「不謹慎な話題禁止」とか「Twitterヤベェ」とかぢやなく、俺自身の情報に対する中毒症状を書いただけ。病んでゐるのは俺。

映像で爆発に見えても結果は崩落であつた。映像だけみて「爆発だ、爆発だ」といくら言つても、あの映像から判断できることは何もなかつたといふこと。以上すべて結果論だけど、当事者以上の判断材料を自分は持つてないし、出された情報から判断する限り、何かを「糊塗」している様にも見えないなと。少なくとも「嘘」はついてない様に見えるし。「情報を出す」つてのはそれだけで大仕事だし、検討中の現場を生中継でもしない限り、いちいち「全部」を発表する手間の方が惜しいだらう。もちろん、現状のやり方がベストであるとは思はないけど、さういふ評価を下すのはタイミングでもないだらう。例へば「状況の把握に努めてゐる」と包み隠さず言つてるのに対してだつて「何かを隠してるんだらう」とは言へるんだよね。

危機的側面はこちらが伝へてゐる。これはこれで看過できないが、かういふ情報が抹消されてゐるの訣でもなし、後は「何を優先して報じるか」の取捨選択の問題だと思ふ。「すべてを鵜呑みにせよ」などとは自分も言つてゐないし、取捨選択が正しかつたかどうかなんて後になつてみないと分らない。そして、諸外国のメディア原発に特に注目するのは当然として、政府NHKにとつては「何十何百とある最優先事項のひとつ」でしかないんだ、悲しいことに。

爆発の瞬間、1フレームだけだがオレンジ色の光が見える。これ故、水蒸気でなくて水素爆発であろう、という事で、これは政府の発表と合致する。

続いて、建屋の高さの2倍から3倍の上空にショックコーン、あるいは建屋天井の残骸が飛ばされているのが見える。

つまり、建屋内部から高い圧力が掛かって建屋が吹き飛ばされているのは確実なわけで。

http://d.hatena.ne.jp/usui_soup/20110313

では、「爆発の結果崩落した」と言ひ換へませう。爆発現象がなかつたと強弁してゐるつもりはなかつたけれども、結果として残つたのは「天井が崩落してゐる」といふ事実。発表のタイミングではそれを言つた、といふだけでは? と自分は判断してゐるのです、とだけ。まあ、どうかしてるのでせう、ネット越しにウダウダ言へる程度には。今の自分が「どうもしてゐない」とは思へない。

アクセス集中&随時アップデートのため読めない可能性あり。

大阪の弟とメールでやりとり。どうも向うは呑気でいいな。まあ、それがよい。

そろそろ本格的に片付けないとな。しかし腰が痛くて重い。

気象庁の発表に改めて戦慄する。何が怖いつて、もう余震馴れし始めてる自分が怖い。緊急地震速報の音がスパムメールの着信音に聞こえるんだぜ?

三号炉の建屋も吹つとぶ可能性がある、と会見発表。容器が無事ならいいよ、と僅かにでも思つてしまつた。駄目だ。確かにどうかしてる。

輪番停電の話が具体化してきたが、「今雨が降つたら東北・関東地方の水系にどんな影響があるか」についてもそろそろ見解がほしい。これについて何か言つたら、阿鼻叫喚の地獄がやつてくるといふ予感が拭へないが。

十七時五十八分、津波注意報は全解除。

こんな時だがe-Tax確定申告。サービスが止つてゐないことに、少し平静を取戻す。スカパーアブダビGPの再放送を眺めつつ。このくらゐいいよね。

計画停電の資料が拡散してゐるが、FIXなのかどうかが分らず混乱とデマの温床となつてゐる模様。おちつけ。あと、関係ない地域の人は閲覧を控へてください。本当に必要な人がアクセスできる様に。

日も変りさうだしそろそろ洗濯物を干さうかな。花粉の少ない時間にしないと。室内にするかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110313

2011年03月12日土曜日

yms-zun2011-03-12

とりあへず、部屋を何とかしようといふ気にはとてもなれないので風呂入つて寝る。寝床だけは確保したし、これ以上部屋のエントロピーが増大する心配も恐らくなからう。

なんて誕生日だ全く。

そして今頃(午前一時)、震源地付近の惨状を知る。うわ‥‥自分のことで一杯一杯といふのは、愚かしく幸せなことだ。

Twitterのログを消した。声をかけてくれた友人たちのログは忍びないけれど、本人のところに残るだらう。ハイテンションな状態で書いたものをずつと残してS/N比を下げるのは良くない。あと、移動あるいは避難中の情報源として2chの優秀性は強調して良いと思つた。様々な点でRT拡散より有効性は高いと自分は思ふ。受け手に情報の選別がし難いといふのは、Twitterの明らかな弱点ではないだらうか。

Twitterを専用アプリで使ひこなす余裕のある人ならば、2chの臨時地震板・交通情報板に人を集める呼びかけをするのもひとつの手であると提案したい。そこには、地域の人が知りたい情報がある確率が今のところ高い。情報は拡散でなく集中を。そして、一人でも多くの人に、情報の集中している場所を教へてあげよう。

とりあへず情報ポータルとして。

余震とかさういふレベルの話ですらないな。あまりに頻繁に揺れるので眠つてゐられない。今度は中越が震源とか。

昨日の今日で被害の全容もまだ明らかでないのに「さすが日本だから被害がこんなもので済んだ」云々などといふ自画自賛なコメントがネットを駈け巡つてゐる。外国人がさういふのは構はない、勝手に言はせておけばいい。こんな安くて薄つぺらい自尊心で満足できるのなら、それこそ「さすが日本」だ。情けない。

従姉の次男が仙台に出張中で消息不明と聞いてゐて心配だつたが、何とか連絡はついたさうだ。しかし当然、現地で身動きはとれない。

昨夜六時間歩いたパンツの尻が大きく破れてゐることに気付いた。何てこつた。替への保充に、松屋ユニクロへ。

松屋は十八時まで、東武有料特急の運行なし、隅田川水上バスは全休。浅草の街も人影が薄い。食料の調達に寄つてみたらコンビニは全滅、行きつけのパン屋は早々に売切れ、近場のスーパーは平常通り。そして、家に戻つてみたら原発が終つてた。保安院の会見が酷すぎる。記者も含めて、言質取り合戦をやつてる場合か。

あの「爆発」の映像をNHKが流さないのは、当然だと思ふ。一、たぶんソースを持つてない。二、他局で流してるのと同じ映像を流すのは無駄。三、あれには「映像」的価値しかない。

二十三時五十分頃の東電の会見の写真で、吹つ飛んだのは上半分の外壁だけだつたことは確認できた。センセーショナルな「映像」に興奮しすぎない方がよいと思つた。もちろん楽観はできないが。

一時期、この原発の運営費から捻出される予算のおこぼれに預つた、地元向けのTV番組の制作に関つたことがある。だからといつて何といふ話では全然ないのだけど、自分と無関係だと割切ることができなくて複雑な思ひがする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110312

2011年03月11日金曜日

yms-zun2011-03-11

D

徳丸完氏逝去。765プロの高木前社長、そして「J9って知ってるかい? 昔太陽系で粋に暴れまわってたって言うぜ」の人(だよね?)。寂しく、そして哀しい。

実は、一昨日くらゐに「2」を遊びながら「社長も交代してしまつたし、いつかさういふ日が来るのかもな」とボンヤリ考へたりもしてゐたのだが、その時には既に故人となつてゐたのだつた。

昨日付の「ラジオDEアイマSTAR」では、いつもの通りに明るく楽しく素材出演されてゐた。高木社長はまだ生きてゐる。「2」の世界でもハワイで休暇中なだけだ。たぶん、このままずつと。

地震横浜でもビルが大揺れ。とりあえずマシンを落として全館避難中。電話がどこにも繋がらないので日記に書いておく。

twitterでピンを打つことにした。IDはtajimayaで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110311

2011年03月10日木曜日

yms-zun2011-03-10

昨日の写真の件についての補足。

f:id:yms-zun:20110310015336j:image

相変らず雑な図で申し訣ないが、カメラを固定した状態であるシャッタースピードで写真を撮つた時、そのシャッタースピードの時間内における走行中の車輪の移動量は図に示した通りになる。接地面は地面に対してほぼ止つてゐるのに対し、タイヤの上辺は回転に合せて相当な拒離を進んでゐる。車体そのものの移動距離は、当然車輪の中心点の移動距離に等しい。タイヤの天辺付近が大きく歪む理屈はそれでよい。

しかし、実はそれだけでは説明のつかない部分が昨日の写真にはある。車輪と、そして自動車全体もかなり前のめりに写つてゐるのだ。これはどうしたことか。

優秀なドライビングシミュレータであると同時に、優れたカメラシミュレータでもある「Forza3」のフォトモードで実験してみた。

f:id:yms-zun:20110310015337j:image

上が大体、ルノーの写真と同じくらゐのブレ具合を再現した状態。下は分り易い様にシャッタースピードを長めにしてみた。車輪や車体のブレ具合は、前述の理屈通りになつてゐるのが分ると思ふ。しかし、だからといつて車体が前のめりに写つたりはしない。

これは、おそらくカメラのシャッター構造に起因する問題だ。当時のカメラの構造に詳しい訣ではないが、想像するにシャッターは一枚の遮光板がスライドして感光させる仕組なのだらう。写真の下側から先に乾板が露出して、自動車の先進とともに上端まで露出する仕組になつてゐるから、写真の上に行くほど像が前に進んで、全体としては前のめりな絵になつてゐるものと考へられる。

似た様な現象は、コピー機やスキャナのヘッドが移動する間に原稿を動かすことで再現できる。

そして、実は現代のデジカメでも同じ現象は起る。手持ちの携帯電話の内蔵カメラで、高速走行中の電車や自動車を撮つてみるとよい。まず間違ひなく、前のめりならぬ後ろにのけぞつた様な姿で写つてゐる筈だ。デジカメは上からスキャンしてゐるので、画像の下側になるほど被写体が前進してしまふ。高性能なデジカメならば対策はとられてゐるだらうが、廉価なケータイのカメラ程度なら、わりとはつきりそれが写し出される筈だ。お試しあれ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110310

2011年03月09日水曜日

yms-zun2011-03-09

wikipediaにアップされてゐるこの写真が好きだ。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/fe/Marcel_Renault_1903.jpg/800px-Marcel_Renault_1903.jpg

モータースポーツ黎明期の、ルノー兄弟によるパリ-マドリード間レースの様子。構図、躍動感、マシンのデザイン、ドライバー達の扮装とポーズ。どこにも非の打ち処のない、最高の写真だと思ふ。まるで漫画の一コマではないか。

車輪、とりわけ前輪がひどく歪んで見えるのは、露光時間中に最も速い速度で移動して見えるのが車輪の上端であり、逆にほとんど静止してゐるのが車輪の接地面であるといふ理屈による。カメラの性能が向上し、流し撮り等の撮影テクニックが当り前となつた今では逆にかういふ写真は撮り難くなつたのかもしれない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110309

2011年03月08日火曜日

yms-zun2011-03-08

くねくねしてみた

一昨日付の日記につけていただいたブックマークから辿つて読んだ記事。

あれ、この鹿野氏のブログRSS購読してる筈なのにこの記事は読んでなかつたな。まあそれはさておき。

で、面白かったのはそれではなくて、この走っている台車の上から、真横にブーメランを投げたら、ブーメランはどこへいくかって実験。

ブーメラン投げる人は、日本チャンピオンだかの人で、地上なら、投げたところに確実に戻せる腕前の持ち主。

で、まあ、これは物理を知っている人なら、結果は台車の上から投げようと、投げた人のところに戻ってくるだろうなって思うと思う。

動いている台車にのって、真上にボールを投げたら、そのボールは、投げた人にとっては真上に上昇し、そのまま真っ直ぐ下に落ちてきて、キャッチできる。慣性の法則ね。台車に乗ってない人から見ると、ボールは台車の速度分前方に飛び出して、放物線を描いて、投げた人にキャッチされる。

ブーメランはこれが横になっただけと考えればいい。

で、学者の過半数は、ブーメランは投げた人のところに戻ってきて、キャッチできると答えた。オレもそうなると思った。

ただ、理系の学者でも、物理とか工学系でない人の中には、戻ってこないという人もいて、それはどうよって感じではあったが。

no title

当該番組を観た訣ではないので、この文章から受けた印象だけで書いてしまふけど、いやいや、それはどうよ。

動いている台車にのって、真上にボールを投げたら、そのボールは、投げた人にとっては真上に上昇し、そのまま真っ直ぐ下に落ちてきて、キャッチできる。慣性の法則ね。台車に乗ってない人から見ると、ボールは台車の速度分前方に飛び出して、放物線を描いて、投げた人にキャッチされる。

ブーメランはこれが横になっただけと考えればいい。

これ、をかしいよね。ちゃんと考へればすごくシンプル。

ブーメランは、投擲による放物線運動(無重力下では直線運動)を回転による揚力が捩じ曲げることによつて円軌道を描く訣だから、移動体のエネルギーによつて初速度が増しても円軌道が大きくなるだけの筈だ。曲がる力そのものはブーメランの回転によつて生じるのだから、初速度とは無関係。移動体から横向きに投げても、円軌道の最初のベクトルが客観的に変化はするが、円の形自体は変らないはず。

移動体上の手許に戻つてくる為にはブーメランは客観的には螺旋軌道(といふか筆記体の英小文字のl(エル)の様な軌道)を描かねばならず、つまり曲率を経時的に変化させる外的要因が必要となる。そんな要因は、どこにもない。

図に描いてみた。

f:id:yms-zun:20110308051720j:image

それぞれの力のかかり方を単純に図にしてみた。雑で悪いが、青い軌道は正円に近いものと思つて見てほしい。グレーの線を描くために自然な力のかかり方を見出すことはできない。

おそらく陥りがちなのは、図中のブーメランやボールに対して「常に」マゼンタで示したEの台車の力が加はつてゐるといふ錯覚だと思ふ。もちろんそんな訣がなくて、赤い矢印の方向に投げたつもりでも実際はマゼンタのベクトルが加はつて、シアンの方向に飛んでゐるといふのがここでいふ「慣性」の正体なのである。マゼンタの力で「常に」加速し続けない限り、ブーメランは台車に追ひ付くことなどできる筈がないのだ。

もしこの実験が、台車の上に乗って動いている東京ドームみたいなところで行われたとしたら、東京ドームが動いていようが止まっていようが、ブーメランは投げた人のところに戻ってきたはずだ。

投げる人が移動を意識して云々といふのは無視すべきとして、宇宙ステーション上でブーメランが戻つてきたといふ実例はあるからこれは正しいのだらう。慣性系が違ふのだから当然だと思ふが、言ひ切る自信はない。

hisamura75hisamura75 2011/03/10 00:23 どうもです。まぁだいたいこんな感じです。ただブーメランは途中で移動速度も姿勢も回転速度も変わりますので、円軌道にはならないですね。右手投げですと、だいたい投げた方向の左90度〜120度くらいから帰ってきます。
あと主観的には、力一杯投げても軌道半径はさほど変わらない感じです。その変わり戻ってきたときにはまだ高度も移動速度も保たれているので、1周よりたくさん回ってしまいます。

yms-zunyms-zun 2011/03/10 00:47 ありがとうございます。なるほど、ブーメランの飛翔能力はある程度のところで頭打ちになるけれども、最初に与えられた運動エネルギーは保存されているという感じでしょうか。

hisamura75hisamura75 2011/03/10 23:38 お書きになっているとおり、軌道半径は初速と回転速度との比で決まる、と考えられるのですが、人間の腕で投げる限りこれを大きく変えるのは難しいのです。スナップの効かせ方次第で「鋭い(ゆるい)軌道を描く」という感覚はありますが、調整の幅はあまり広くありません。だから最初の設計によって軌道半径はほぼ決まってしまう、という感じです。

yms-zunyms-zun 2011/03/11 00:59 なるほど、その辺りはやはり空力的装置ならではという感じですね。だからこそ、慣性だけで全てを説明できるものでもないということなのでしょうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110308

2011年03月07日月曜日

yms-zun2011-03-07

土曜の深夜に二周目を終へた。うーん、イマイチ。

f:id:yms-zun:20110307020347j:image:w300

メンバーからの好感度も、エンド間際の台詞からは手応へがあつたのだが(一周目はわりと酷かつた)、社長のコメントを見るとさうでもない。地域賞が北東エリア一つしか獲れなかつたのが悔やまれる。三つは獲れるつもりだつたのに。ファンの総数は54万人まで伸ばせたのにね。

P・フェアリーのプロデュースを終へたのと引換へに「アイマスSP」のプロジェクト・フェアリーの衣装が使へる様になつた。何この手遅れ感。

三周目は千早をリーダーにやよいと真のユニットで、「RARE」と名付けた。希少価値でステータスな感じ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110307

2011年03月06日日曜日

yms-zun2011-03-06

目にするたびに、控へ目に言つて愉快でない気分になる言葉の話。最近知人もよく使ふので、殊更に波風立てたい訣ではないが、以前から書かうと思つてゐたことを今書くことにした。

それは「終つたコンテンツ」といふ言回しを四文字に約めた言葉である。自分の書いた言葉として残すのも嫌だから直接には書かない。

少し前、呑み会の席でイラスト描きを生業とする友人が「俺、あの言葉が嫌ひなんだよね」と言つた。個として物を作る側の人間として、見倣ふべき態度だと思ふ。そして、同じく何かを作る側に身を置きつつ、自分はその友人とも少し違ふ理由でやはり嫌ひだと思ふ。

「終つたコンテンツ」と呼ばれる対象の何が「終つた」かといふと、それは同時性に基づく経済的効果が「終つた」と言つてゐるにすぎない。要は、「ネットで話題にならなくなつた」以上の意味ではない。ニュー速ふたばニコ動、そしてTwitter等で垂流される主体性のない浪費の中で、好き勝手に貼つて回られる軽薄で下らないレッテルだ。何か自分にとつて一つでも大切なコンテンツがあるならば、それが如何に下らないレッテルであるかの説明など不要であらう。

その言葉の発祥となつたと思はれる、中断中のとあるラノベ(「とある」のラノベではない)の最新刊が、四年ぶりに刊行されることになつたさうだ。アニメイトアニメ版「GA」のビジュアルガイドブックと「アイマスDS」の涼ちん漫画を買つたらついてきたフリーペーパーに書いてあつた。自分でも意外なことに、それを「嬉しい」と思つた。さうだ、四年前の俺はこれを待つてたんだよ。中断直前の巻に仕込まれた装訂のギミックに気がついて、そんな筈もないのに「これに気付いたのは世の中で俺だけかも」なんて思つたりして、その答へ合せを心待ちにしてるんだよ。世間ではアニメが始まつたり終つたり映画になつたり忙しかつた様だが、そんなもんは知らん。俺にとつては、止つていただけで終つてなどゐないのだ。

「GA」ビジュアルガイドブックでは原作者が後日談の漫画の中で「アニメが終わればもぉ世間にとっちゃ過去の作品!!」とトモカネに叫ばせてゐる。自虐にも程がある。

「アイマスDS」は、あれだけ散々貶されてゐながら、今は「2」を貶すためのダシに使はれて一部で変な持上げられ方をしてゐる。剰りの馬鹿馬鹿しさに言葉もない。それら作品のタイトルに、決つて付けられるのが例の四文字だ。

それを使ふ側の人間は、レッテルを貼る対象にコミットしない、理解を示すつもりがないといふことを無自覚に示してゐる。言葉自体に嘲笑の意味があるといふことを、少なくとも解つておくべきだ。物を作らない、人の作つた物を愛さない者がどんな馬鹿な言葉を使はうと知つたことではないけれど、馬鹿の真似をして馬鹿な言葉を、わざわざ意味をずらしてまで使ふことはない。

ひとつ、嫌な予言をしようか。何年か後、軌道投入に失敗した金星探査機の再投入が近付いた時に、きつとかういふ奴が出てくる。「『あかつき』は○○○○」「宇宙開発は○○○○」。想像しただけで気分が悪い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110306

2011年03月05日土曜日

yms-zun2011-03-05

ここんとこ日記がおざなりなのはアレですよ、蟹喰つてる間は無口になるといふやつで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110305

2011年03月04日金曜日

yms-zun2011-03-04

目の痒みに悩まされた一日。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110304

2011年03月03日木曜日

yms-zun2011-03-03

さすがに元961プロだつたりさうでもなかつたりしさうな我がP・フェアリーの実力はたいしたもので、一曲目でいきなり竜宮小町を上回るセールスをマークしたのだが、それでも最初の対決にはダブルスコアで負けさせられるのな。ここは柔軟に作つてほしかつたと思ふのは贅沢か。衣装やアクセサリ、そして何より御守りが揃つてきて負ける気がしなくなつてきた、と何かのフラグを立ててみる。これはどちらかといふとナントカ無双系のゲームなのかもしれん。

それはさておき美希の浴衣姿にやられたわい。今回、はじめから収録されてゐるコスチュームのバリエーションが中々充実してゐる。本来さうあるべきだといふのはともかくとして、単純に目に楽しくてよろしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110303

2011年03月02日水曜日

yms-zun2011-03-02

「アイマス2」二周目。美希・貴音・響のユニットでP・フェアリー。捻る気なし。

最初の仕事でいきなりバッドコミュニケーションなのは、ミキ的にはむしろ当たり前ってカンジ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110302

2011年03月01日火曜日

yms-zun2011-03-01

アイドルマスター2」残り六週間をライブやフェスに費して(途中で美希に負けたけど)、ファン獲得数を三十一万人まで増やしてから961プロの「ジュピター」と対決する我が「すあま」。最後に受けたオーディションの後に買つた、噂の最強アイテムである御守り「スガモちゃん」の力でジュピターに一度もバーストアピールのチャンスを与へることなく、余裕の勝利。IA大賞の授賞式では部門賞をひとつも獲ることもなく、しかし見事にアイドルアカデミー大賞を受賞して「すあま」は活動を終了した。

ラスト周辺のイベントを眺めながらぼんやり考へてゐた、春香と雪歩と真美にかけたい言葉。「すあま」はないわー。

いや、まさか、スムーズにIA大賞が獲れるなんて思はなかつたもんよ。ズタボロのBADエンドへ一直線コースだと思つてた。部門賞を全部逃がしたし、プロデュース評価は「B」だつたからベストエンドではなかつたのだらうけど、ここまで調子よく進むとはね。前作の辛い思ひ出に身構へすぎて、少し拍子抜けしたかもしれない。

ともあれ、遊んでゐる間が楽しかつた。これは本当に良い作品。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110301
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報