大和但馬屋日記

この日記について

2011年05月31日火曜日

涼宮ハルヒの驚愕」読み中。もうすぐ上巻を読み終へるところ。さすがに四年前の「分裂」の内容は忘れようとしても思ひ出せない感じで弱つたが、いざ読み進めてみると大して問題はなかつた。つまり物語的な情報量は殆どなかつたといふことだよな‥‥

まあ、俺にとつて「ハルヒ」は文章のギミックを楽しむためだけのものだから、これでよい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110531

2011年05月30日月曜日

洗濯物が乾かないのでエアコンをドライに設定して点けてみた。プロジェクター箱○を併用してもどうといふことはない。ま、同時にパン焼いたりしなければ大丈夫だわな。

俺は原発反対派ではないが、反対する前にやることはあるだらうと思つてゐる。使へる電気の総量が決つてゐるのなら、少なくとも分配の仕方は変へるべきだらう。とりあへず俺は無い袖は振れないといふところまで差出した。別に暑い夜にエアコン点けるのまで我慢するつもりはない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110530

2011年05月29日日曜日

モナコGP決勝

昨日予選で大クラッシュを演じたペレスは検査の為欠場。また、ハミルトンシケインショートカットによりQ3のタイムを抹消され、九番手からのスタートとなる。フォーメーションラップではバトンがステアリングの不調を訴へる。スタートして一周目、ハミルトンが「シューマッハーに当つてパンクしたかも」と無線。マクラーレンに試練の山。パンクは杞憂であつた様だ。

十周目、マイケル渋滞になりかかってきたところ、ハミルトンが一コーナーで見事にマイケルを抜き去つた。ホイール同士は軽く触れたものの、両者共にハミ出しも壁に当りもしない、正に紙一重と言ふほかはない見事なオーバーテイクだつた。背筋が震へたよ。

ニコも渋滞を作つてゐる。メルセデスはここでは駄目だな。マッサがタバコ屋でニコをパス。ここで仕掛ける度胸はいいね。

一回目のピットインを終へて、バトンがトップに立つた。お? ベッテルと八秒も差がついてる。これはこれは? てか、バトンのペースがすばらしいな。一方ハミルトンは前に出あぐねてピットに退避。明暗が分れてゐる。

三十周目辺り、四番手バリチェッロから小林、スーティルハイドフェルト、そして八番手ブエミまでは一回ストップである様だ。そこから後ろは一回ストップした後の二回ストップが確実なので、この一回ストップ勢の上位入賞の可能性が高まつてきた。その後ろのウェバー、マッサ、ハミルトンは涙目だ。かうも渋滞してゐては他のピット作業中に飛ばすこともできやしない。

そのウェバー、マッサ、ハミルトンが三十四周目にローズヘアピンで揉み合つて、その後トンネル内でクラッシュしたマッサがストップ。今季初めてのセーフティカー。この間にマイケルも最終コーナー手前でマシンが止つてリタイア

これでレースは仕切直し。一回ストップ勢も全員ピットに飛込んだ。小林は五番手で隊列に戻つたが、真後ろにウェバーとハミルトンが居る。接近戦の相手としては嫌な面子だが、彼らはもう一回ピットに入るだらう。

三十九周目に再ス夕ート。ベッテルが首位に戻つて、バトンと争ふことになる。ペースは明らかにバトンの方が速い。四十四周目、ハミルトンにドライブスルーペナルティ。ローズでマッサと当つた件か。

四十八周目にバトンが三回目のピットイン、三番手に復帰してすぐにファステストを連発、アロンソに迫る。ベッテルとアロンソはタイヤ交換義務は果してゐるが、あと一回ピットインするかどうかは分らない。モナコだから、タイヤが辛くても順位を守りさへすればよいといふ戦略は成立つ。残り二十四周。ベッテルはセーフティカーでタイヤを養生できたから作戦を変へたのかもしれないね。

五十六周目、ウェバーがピットイン。小林は少し楽になつた。

アロンソがベッテルに追付いた。タイヤのライフ的にはベッテルが苦しいか。バトンもそのうち加はるだらう。六十三周目、バトンも追付いて三台による優勝争ひが始まつた。その遥か後方、あるいはマップ上での前方ではスーティルと小林の四位争ひも白熱してゐる模様。

小林がミラボーでスーティルに仕掛けた。少し引掛つたか、スーティルが体勢を乱してアウトに膨らみ、そこを突いて小林が前に出た! 凄い! ミラボーで前に出た日本人なんて歴史に残るぞ。しかし後ろからウェバーが猛烈にチャージしてくる。

小林に抜かれたスーティルはパンクしたか、ペースがみるみる落ちて大渋滞が発生。その状態でスーティルの右リアタイヤがつひにバースト、プールサイドで大混乱。漫画みたいだ。当然二度目のセーフティカーが出る。残り九周。この集団にはトップ三台も混つてゐたが、彼等は運よく難を逃れた。タイヤが厳しいベッテルには大きな幸運。

そして七十二周目、六周を残して赤旗中断、これをもつてレースは成立となつた。

‥‥え? コースがクリアになつたらレース再開? そんなルールだつけ? 川井氏が調べたところによると、全周回の七十五パーセントを消化してレースが中止となつた場合は全ポイントを付与する(未満の場合は半分)と規定されてゐるだけで、七十五パーセントを消化して赤旗が出たらレースを終了するといふ訣ではないとのこと。成程。

セーフティカー先導による再々スタート。残り五周。一コーナーでマルドナードとハミルトンが接触。マルドナードはクラッシュしてリタイアとなつた。六番手だつたのに残念。泣いていい。ちよつとルイスは無理しすぎ。当然審議対象となつた。七十七周目、小林にウェバーがシケインで差し込んで、小林はたまらずショートカット。これは譲らざるを得ない。

最後のショートスプリントをベッテルが余裕で逃げてモナコ初優勝。アロンソ、バトン、ウェバーと続いて小林が五位。ハミルトンはこれは六位だが暫定か。スーティルは自分が原因の赤旗に救はれる形で七位入賞。しかし、ますます小林を目の敵にするのだらう。

いや、色々あつたがいいレースだつた。ペレスが居たらどこに入つてゐただらう。

f:id:yms-zun:20110529233635p:image:w600

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110529

2011年05月28日土曜日

f:id:yms-zun:20110528160103j:image

TEPCOの人が来てブレーカーの交換。15Aでは心許ないことを頻りに心配された。

  • 「電気製品は何を使はれます? エアコンは?」「あります」
  • 電子レンジ炊飯器は?」「ないですねえ」
  • 「パソコンは?」「ノートだけなので」。箱○プロジェクターとX68のことは黙つておいた。
  • 「かういふ(契約アンペアを下げる)ことをする人つて他には居ませんか」
  • 「15Aつていふのは、ちよつとお勧めしてないですねー。倉庫などでお使ひになる人はいらつしやいますが。まあ、電気をあまりお使ひにならないのであれば(フォロー?)。熱を出すものを沢山使はなければ大丈夫ですが、エアコンが‥‥」
  • 「そんなに(負荷が)かかりますか」
  • 「点け始めはどうしても。設定温度になつた後はさうでもないんですが」
  • 「まあ、節電節電言はれるんでね、だつたら上限をカットした方がいいなと。一夏頑張つてみますよ」
  • 「有難うございます」

さてどうなるやら。

ピーク電力を四分の一カット。個人法人問はず、全員がかうすれば原発なんて要らないし計画停電もしなくていいよね。むしろ、何でやらないのつて感じ。かう問ひかければ、やらない理由をいくらでも聞けるんだらうけど、で、何でやらないのつて感じ。

モナコGP予選。絶好調でQ3まで進出したペレスがシケインで大クラッシュ。午前に同じ場所でニコの事故があつて、シケイン内側の減速用バンプがマシンを跳ねさせるので危険だといふことになり、予選前に撤去されたばかりだつた。ペレスは救出されて、意識も保つてゐる様子。ひとまづ安心。しかしマシンのダメージは甚大。トンネル内でのDRS使用が禁止になつてゐて、本当に良かつた。

そして、ペレスのマシンがザウバーで本当に良かつた。F1マシンのコクピットには、ドライバーの頭部を守る為の保護パッドが装着されてゐる。この装備こそ、あの忌はしい一九九四年に同じモナコの全く同じ場所で起きた、ザウバーのベンドリンガーの大事故を受けて、ザウバーが自主的にマシンに取付けたものが原型になつたものだ。今ではレギュレーションによつて全てのF1マシンへの装着が義務付けられてゐるが、けしからん空力馬鹿のニューイやバーンがFIAの目を盗む様にパッドを低く小さくしてサイズをごまかすダミーフィンを付け、速さの引換へにドライバーの命を軽視してきた間も、ザウバーは頑なに大きなパッドを守り続けてきた。今ではレギュレーションが厳しくなつて、それほど大きな差ではないけれども、それでもレッドブルのコクピットはザウバーよりも低い。ザウバーは第二のベンドリンガーを生まないためにパッドを付けてゐる。他のチームはルールで決つてゐるから仕方なく似たものを付けてゐる。

ペレスが乗つてゐたのがレッドブルでなくて良かつた。

haguremobilerhaguremobiler 2011/05/29 01:59 今、地上波放送で見ました<シケイン。
ヴェンドリンガーを思い出します。
大丈夫・・・とは思いますが・・・

yms-zunyms-zun 2011/05/29 10:16 その後の情報でも大したことはない様で、何よりでした。決勝はさすがに無理な様ですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110528

2011年05月27日金曜日

蔵出し写真。

f:id:yms-zun:20110528011158j:image

id:yms-zun:20110310で触れた写真の歪みの実演。iPhoneで走行中の電車を近距離で撮つてみた。iPhoneは画像の右から左にスキャンするから、スキャンしてゐる間に電車が動いて、左側の移動量が大きい部分ほど接近して大きく写ることになる。

してみると、id:yms-zun:20110309の時代の写真機のシャッターはスリット状で、銀板の手前をスリットが走る構造になつてゐるものと推測して良ささうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110527

2011年05月26日木曜日

モナコ今週だつたのか。一週空くと思つたら不意打ち喰つたわ。

「Forza4」の具体的な情報が出て来始めてゐる。まあ、E3でしつかり見せてもらはう。

Xbox360、春のシステム更新。今回は不正コピー対策と、それに伴ふDVD-ROMの容量アップといふ内部的な更新が主体だつたと思ふので、ダッシュボードに見た目の変化はなさげ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110526

2011年05月25日水曜日

今日も京浜東北線人身事故。今更綺麗事を言ふ気もないが、せめて朝はやめてくれよな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110525

2011年05月24日火曜日

早退けしてよい状況だつたので、帰りにコーヒー買ふついでに秋葉原でスイッチを買つた。工作は週末。

リフレクビート」面白いねえ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110524

2011年05月23日月曜日

秋葉原人身事故。乱れたダイヤが絶妙に乗継ぎの邪魔をする。同じホームの対面の電車のドアが開くのを見ながら閉めることないぢやないか横浜線。融通を利かすのは義務ではないだらうけどさ。

TEPCOの契約アンペア変更受付が再開されてゐたので15Aに下げる申込をした。週末に工事となる予定。これを以て電気に関するあらゆる文句は俺にとつて他人事といふことにする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110523

2011年05月22日日曜日

あーくそう、「F1 2010」と「Forza3」でカタルーニャ攻めまくりたいなあ!

f:id:yms-zun:20110522015249p:image

サーキットで語るんや!!

あれ、この公式ロゴのコースレイアウト古いのな。

AT-Xで「成恵の世界」。久し振りに観るが、やつぱりどうも、原作厨的「コレジャナイ」感が観賞の邪魔をするなあ。なぜさう思ふのか考へると、主に成恵姉妹がミスキャストなんぢやないかと。それは象徴的な表層で、つまりさういふ所に顕れる芦田豊雄の演出の方針と、俺の中にある「成恵の世界」の空気感との間に埋め難い齟齬があるとしか言へない。スクリプトレベルでは「原作と違ふ」点なんて何一つないどころか、極めて忠実に作られてゐる内容ではあるのだが、俺から見ると「全く別の作品」。出来が悪いとかではないから、俺にとつてはタチが悪い。悪いのは俺か。

スペインGP決勝

なんだよ仕事から帰ってきてみたらあつさりアロンソがトップかよ。てなわけで十二周目あたりから。小林何があつたんだ、接触? それにしてもアロンソはよく前に出たな。偶数奇数はあまり関係ないと思ふけど、それにしても。

展開早いなあ。開始五十分で三回目のストップのアロンソとウェバー。ピットレーン勝負は少し危ふいが、まあペナルティにはならないか。アロンソが前を守つた。しかしプライムタイヤでの挙動は厳しい。ストレートでDRSを使つて追ふウェバー、KERSで逃げるアロンソ。レッドブルはKERS使へないなら下ろせばいいのにと思ふが、ウェイトハンディと思へば丁度いいのか。

三十六周目、アロンソとウェバーにバトンが襲ひかかつてあつさりとパス。ウェバーへの仕掛けは巧かつたね。ていふか、一・二コーナーがクランクなのにストレートでインに寄せたウェバーは自滅としか言ひ様がない。レーン変更のチャンスをこんなとこで使つてどうするの。

四十周目にアロンソが四回目のピットイン。残りを一セットで走り切るのは辛すぎる気がするが。五位確定かなあ。川井氏曰く、フリー走行でプライムタイヤは十二、三周でトレッドが無くなり構造が剥き出しになつてゐたとか。そんなタイヤで二十五周て。グリップが足りない所為でライフが短いのかなあ。

今日もベッテルに「KERSは使ふな」。それを聴いてハミルトンに「ベッテルはKERSを使へないぞ」。どうなる。四十八周目、ウェバーが四回目。四番手キープか。そしてベッテルも四回目、この間にハミルトンが首位に。どこまで飛ばせるか。あ、でも五十周目にピットインした。あとはKERSを活用して追ひ込むだけだ。しかし、ベッテルのKERSも復活したとか。ヒートアップしたらしばらく冷やさなくてはならないものらしい。

小林のペースがいいなあ。トップグループと同じタイムだよ。最初のパンクがなければなあ。すげえ、DRSの御蔭もあつて第一セクターでトップタイムだ。

ハミルトンがベッテルに追ひ付いた。あと十周。ベッテルのブロックラインは流石。カタルーニャの一コーナーはかく守るべし。ハミルトンが明らかに迷つてるもんね。

ペレスがマッサを抜いて八番手に。マッサは落ちる一方。タイヤが完全に終つて、六十一周目にマシンをコース外に止めてリタイア。小林が入賞圏に入つた。いや、マッサはタイヤではなくギアボックストラブルらしい。

ハミルトン、ベッテルの一秒以内に迫つてからが遠いなー。独走ばつかりだから忘れてるけど、ベッテルは速いよね。懐に入れてくれない。いや独走ばつかりつてことは速いつてことだけど、さうぢやなくて。

ベッテルは五番手アロンソまでを周回遅れにする走りで優勝、ハミルトンは僅差の二位。ベッテルは昨日の予選でウェバーからポールを奪はうと最後までマシンにしがみついてゐたのをチームに説得されて諦めて、記者会見でそのことについて言外に不満さうにしてたよね。でも、あそこでチームに従つて良かつたと思つてるんぢやないかな。あそこでタイヤを一セット潰してゐたら、たぶんハミルトンに抜かれてゐた筈。

三位にバトンが入つてウェバーを表彰台から弾き出した。六番手のマイケルはニコの一つ前でフィニッシュ。やるぢやん。ザウバーが二台入賞は開幕戦(但し失格)以来。パンクがなければ! そのシーン見てないけど!

今回の収穫は、ザウバーが普通にレースで速いマシンになつてきたことだね。奇策のまづ通用しないカタルーニャで二台入賞は、「強い」つてことだよ。次はモナコだ。

f:id:yms-zun:20110522230229p:image:w600

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110522

2011年05月21日土曜日

週末は日比谷ビールでも、と思つたら仕事。緊急要員ではないが待機してくれと。

スペインGPアウトだなー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110521

2011年05月20日金曜日

Yahoo曰く大丈夫らしい。どうかしらん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110520

2011年05月19日木曜日

Yahooセキュリティがどうたらかうたら。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110519

2011年05月18日水曜日

中村光毅氏の名前を見ると必ず劇場版「伝説巨神イデオン」のポスターが眼前に浮ぶ。俺の「宇宙」はここから始まつたのかもしれない。合掌。

あと、ズム・シティは中村光毅の仕業と友人Kが言つてゐたがさうではないらしいですよ。

『ズム・シティの庭園は、ジオンノ公国の設定に沿って、帝国主義的なイメージでデザインしました。公館ビルの表面が顔のようなデザインになっているのは、監督が描いたラフイメージにあったアイディアです。』

// musi-musi // : 「Confort」中村光毅氏インタビュー

犯人はトミノ。引用したブログは、「ガンダム」における中村氏の果した「建築美術」としての役割が垣間見えるインタビュー記事としておすすめ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110518

2011年05月17日火曜日

まだ鼻は詰まるが、概ね恢復したかな。

出向先の人の振りをしてクライアントで打合せ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110517

2011年05月16日月曜日

寝てるばかりでつまらないので、「F1 2010」で未走コースを走つてみたり「Forza3」のキャリアを少し進めたり。

「F1 2010」でトルコを走つてみたが、名物の第八コーナーはゲームだと「進入のラインの広さが脱出の一本に絞られてゆく難しさ」くらゐしか感じるところはないな。現実の横G‥‥は流石に無理なので、レースモードでの燃料の搭載量とかタイヤへの過入力とかを感じるとまた違ふのだらう。タイムアタックとしては第四から六コーナーまでの繋きの方が奥深いかも。

新シルバーストンは、「現実もかうだつたらよかつたのになあ」といふ感じか。実際はバンプだらけで跳ねまくるもんなあ。レイアウトは、改修前よりずつと面白い。

「Forza3」、Fクラスの富士見タイマンレースがあつたので、手持ちの「東京無線GT-Rのエンジン回りをチューンして挑戦。タイヤがプアなままだし、流石に旧車では話にならないかと思つたが、絵に描いた漫画の様な走りで結構行けてしまつて面白い。ちやんとしたシミュレータのはずなのに、ここだけ違ふタイトルのゲームで遊んでるみたいだ。ばとるぎ〜ぃあ〜ぁ。んで、相手がハチロクだと惨敗。あのな。

f:id:yms-zun:20110516021336j:image:w900

意味もなくステレオグラム。左二枚で交叉法、右二枚で平行法。作つておいて何だが俺には平行法は無理。

俺は所謂「セダン」型の車を格好いいとは思へない性分で、それが何故かといへば幼少の頃から親父の車がライトバンばかりだつたのでそのユーティリティの高さから較べると不便にしか見えないのが一つ、どうせ不便ならハッチバックとかオープンの方が思ひ切りがいいといふのが一つ。要するに合目的性の面で中途半端といふことか。セダンつて、禦者に運転させて乗る馬車のイメージなのよな。自分で運転する車ぢやない。

で、この「東京無線」GT-Rが痺れるほど格好いいと思つてゐるのは一見矛盾してゐる様に見えるのだが、タクシーとはまさにセダンであるべき種類の車な訣ですよ。「Forza4」にはクラウンコンフォートを収録して下さいマジで。だいぶ前にMegaWebに展示されてゐたコンフォートのレース仕様車も格好よかつたもんなあ。

おつと2ドアGT-Rをセダンと呼ぶのは無理があるか。まあいいや。凸型の車と読み換へてくれ賜へ。あと、大したユーティリティもない癖に幅と車高がやたらデカいだけのなんちやつてRVはどうにかしてマジで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110516

2011年05月15日日曜日

何とか恢復しつつあるが、まだ少し熱つぽい。鼻と咽喉は通る様になつてきたので声は元通りだと思ふ。

詰まつた鼻をとにかくどうにかしたい、といふ向きには「鼻うがひ」がマジオススメ。生理食塩水を作つて鼻から吸つて口から出す。これだけ。「鼻に水を入れるなんて痛いぢやないか」と自分もはじめは抵抗感があつたけれども、生食なら全く痛みを感じることはない。生食といつても厳密に量ることはなくて、「鼻水と同じ辛さの薄い食塩水」を作れば問題ないわけで。

一時的にでも鼻が通れば、動く力も湧くといふもの。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110515

2011年05月14日土曜日

薬が嫌な効き方をして、全身が神経痛な感じ。何喰つても旨くないし、眠くても眠れないし、もういつそのこと(ry

不穏なことを書いたら派手に文字化けした。文末の(ryが判定ミスを誘つたか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110514

2011年05月13日金曜日

仕事出た。「ジャック・バウアーだ」と似てもゐない物真似で戯けるのが関の山

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110513

2011年05月12日木曜日

仕事出た。声が別人だと言はれた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110512

2011年05月11日水曜日

熱は下がつたものの咽喉の腫れが尋常でなく、呼吸に支障を来しかねないほどになつた。立つて歩くと常に立眩みがするし、もう一回休み。薬を飲んで寝るしかない。

インフルエンザの季節を乗り切ったのに、寝冷え一発でここまでとは。トホホ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110511

2011年05月10日火曜日

「ROCKBAND THE BEATLES」。この手のゲームをギタコンで遊ぶと、ネックに近い方のボタンで低い音が出るのが普通。まあ、ギターの構造を考へたらさうなるよな。ところが、このゲームのベースパートはそれが逆になつてゐることが多い。あれ? 何で?

‥‥チキチキチキチーン。画面内のポールのベースを見よ。納得。芸が細けえなあ。

出勤しようと身支度を整へ、家を出たところで汗だくに。これはをかしい。起きてから咽喉も変だし。どうも寝冷えで熱が出てゐるやうだ。仕事にならなさうなので職場に一報入れて寝直した。

寝るのに飽きて夕方頃に「ROCKBAND」やつてたら、急にピッキングができなくなつた。ストラムバーのダウン側が効かない。分解してみたところ、基板自体に異常はないやうだ。スイッチの根元を短絡してみればちゃんと反応がある。つまりスイッチが機械的に壊れたといふ訣だ。とりあへずスイッチの半田を吸取つて取外しておいた。週末に代替品を買つてこよう。ALPSの古いキーボード用スイッチとほぼコンパチらしいので、ジャンクのキーボードを買ふ手もあるか。ともあれしばらく「RB」も「GH」もお預けだ。「GH3」のコントローラーは、プレイ感は良いのだが脆すぎるのではないかね。おかげで修理情報がネットに多く上がつてゐるのは助かるけれども。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110510

2011年05月09日月曜日

連休まとめ

当日分ダイアリーに書いてないことも含めて遊び記録。

四月ニ十九日(金)

前日配信のXBLA「トラブルウィッチーズ」がトラブッてゐたのが直つてゐたので製品版を購入。原作PC版(同人ソフト)もアーケード版もピンと来なかつたのだが、XBLA版でやうやくシステムを把握した。把握できてみると、これはよく出来てゐて面白い。一日これで潰して部屋の片付けができず終ひ。

四月三十日(土)

近年カメラに凝りだした友人Kを迎へて、中古カメラ屋巡り。浅草で一店、中野で数店、新宿西口でも何軒か回る。友人の目当てのアイテムは見つからなかつたが、眼福であつた。俺がフィルムカメラを買ふことはまあないと思ふけど、ハマるツボはおぼろげながら見えてきた気がする。

中野の店で「安原製作所懐古録」を買つた。

五月一日(日)

COMIC1でKのブースの店番。ビッグサイトの東館三館を使ふ大イベントながら、出展数も参加者数も控へ目であつた印象。ブースの空きがかなり目立つた。人の動きは午前でほぼ止まつたし、全体に低調だつたと言はざるを得まい。

閉場後、参加した旧友たちと打上げ。

五月二日(月)

Kと近場を散歩。浅草から上野を経て秋葉原まで。

f:id:yms-zun:20110509000523j:image

絵に描いたやうな東照宮

f:id:yms-zun:20110509001053j:image

三年ぶりくらゐの「今日のソフィテル」。

f:id:yms-zun:20110509001249j:image

カオス館を覗いたら、海外版の360用「PORTAL2」と「ROCKBAND THE BEATLES」が安かつたので衝動買ひしてしまつた。

ビートルズ音ゲーになるとこんなに楽しいか。映像的にも見るべき点が多い。ファンならぜひ遊ぶと良いし、これで遊べばファンになれるだらう。

五月三日(火)

Kと大阪に帰る。いつもの0520東京静岡行。新大阪蓬莱の豚饅食つて帰宅。

五月四日(水)

実家。散歩がてら「横綱」のラーメン。万人受けする丸い味付けに変つたといふのは本当だな。不味くなつた訣ではないが、「横綱」ならではといふ感じもしない。

「棚を空けろ」と言はれて古い漫画を仕分けて処分。十年以上前の衝動で買つたものばかりなので、残したいものもさう多くはないなあ。

弟の一家が遊びに来て夕食。甥はともかく姪は最後まで懐かなかつた。安価地球儀を買つて与へた。前に俺が子供の頃にあつた古いものを欲しがつて持ち返つたさうだが、さすがに「ソビエト連邦」とか書いてあるオンボロを持たせておくのは偲びない。

五月五日(木)

難波に出てQ-Xさんと遊ぶ。梅田に出て新装なつたばかりの大阪駅を見物。人出が激しくてろくに見られず、追出される様に地下へ潜り、大阪駅前第一〜第四ビルの地下ゲーセン巡り。随分店舗は減つたものの、それぞれ得意なジャンルにしぼつた店舗群を見てゐると、地下全体で大きな一つの総合ゲームセンターを形成してゐる様で面白かつた。レトロ系の店がそれなりにやつていけてさうな感じだが、はてこの夢空間がどれだけ維持できるだらうか。

夕方まで遊んで、新幹線で東京へ戻る。大変な混雑だが、大阪始発の「ひかり」で坐れた。

大阪駅の特急ホームで空間パノラマに挑戦。ちと失敗して破綻。

f:id:yms-zun:20110509003614j:image:w600

五月六日(金)

しごと。

五月七日(土)

「PORTAL2」を一気にクリア。映像のレベルは素晴しく向上してゐるが、ゲームとしては「PORTAL」の新しいステージが増えただけ。良くも悪くも。いや悪くはない。少し食ひ足りないだけ。

海外版だが日本語完全対応でXBLA版より遊び易かつた。GLaDOSのヤンデレヒロインぶりが極まつてゐるな。随分イモ臭くなつてしまつてまあ。ヤンデレがツンデレに変つて行く様子も見物だが最後は(ネタバレ)。久しぶりにSF成分を堪能した。あとF1

五月八日(日)

フレンドの人に誘はれて「PORTAL2」のオンライン協力プレイを少々。俺は主に足手纏ひ役だが面白かつた。こつちが本編なのかなあ。あとF1。

散歩中にいい色合ひで撮れた。

f:id:yms-zun:20110509010052j:image

以上。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110509

2011年05月08日日曜日

yms-zun2011-05-08

トルコGP決勝

グロックピットスタート

スタートは偶数列が大損こいた。ロズベルグウェバーの前に出て、ハミルトンはバトンの後ろに。ペレスがフロントウイングを脱落させてピットへ。

ハミルトンはバトンに対して猛烈なアタックを繰返す。トルコのハミルトンはまさに水を得た魚。よほど強力なチームオーダーでもない限り、バトンが前のままといふことはなからう。七周目、順位逆転。しかし八周目に再逆転。DRSの使へない区間で、バトンやるなあ。

グロックは出走できずリタイア

ハミルトンはタイヤが終つてるんだな。九周目、マッサに抜かれた後に二台同時にピットイン。かういふ時に強いマクラーレンピット、フェラーリより一秒も早い作業でハミルトンをリリースしてマッサの前に出た。

ピットストップの綾ではあるが最後尾スタートの小林が五番手に。数少ないプライム(硬め)タイヤのスタートで、序盤に順位を稼ぐ作戦だらうか。周囲より二秒遅いタイムだとどうだらう。十五周目にピットインして十二番手に。半分抜いた。あとはオプションタイヤの新品を使い倒して何台抜けるか。早速メルセデスの遅い方の人をパス。

メルセデスの速い方のニコがマッサにアタックされている。メルセデスはとにかくタイヤに厳しいマシンの様だが、直線の速さでフェラーリを寄り切らせない。ていふか、ニコはこんなにバトル上手かつたつけ。結局タイヤが保たずにマッサとバトンに抜かれたが、立回りは見事なものだつた。遅い方の人とは大違ひ。小林はオーバーテイクショーを見せつつショートスプリント。イイヨイイヨー。

三十周目、アロンソがウェバーを抜いて二番手へ。綺麗に抜いたなー。流石、上手いよね。

ハミルトン、ピット作業に手間取る。インパクトレンチが不調の様で、勿体ない。

それにしても今回、上位が皆「ライバルの動向でピットのタイミングを決める」といふ消極的な作戦ばかりだな。前回のベッテルの敗北が全体に影響してしまつた様だ。上位はほぼ四回ストップ、小林は三回にして十番手に上つてきた。残り九周、タイヤが保つかどうか。

残り八周、ウェバーがアロンソを抜いた。直近のペースはレッドブルの方が速いが、アロンソもまだ余力は残してゐる様子。まだわからない。しかしその後も差は開く一方。前戦同様、終盤のウェバーの追上げは素晴しいな。往年のプロスト型か。セナ型のベッテルを喰へないところが限界だが。といふか体力の有余つてるセナなんて想像したくもないが、それがベッテルだ。チームに「ラストラップだからペース落せ」と窘められてるよ。

ベッテルとウェバーのレッドブル1-2フィニッシュ、全然カメラに映らないセバスチャンは絶叫で存在をアピールしてるのかな。本当に速かつた。

小林は十位入賞、マッサのピットでのトラブルがあつてのポイントではあるが、それをモノにした走りは立派。十三台抜いたのだから文句なしだ。

メルセデスはレースペースに厳しいといふが、ニコはハミルトンとバトンの間に割つて入つた。頑張つたよね。遅い方の人は、もうね、これしか言ふことがない。「バトルが下手糞すぎる」。新人ペイドライバーですか。

f:id:yms-zun:20110508224709p:image:w600

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110508

2011年05月07日土曜日

yms-zun2011-05-07

トルコGP予選

Q1で最初に走り始めた小林のエンジンがダウン。いやーん。載せ換えたばかりのフェラーリエンジン、これで一基死んだなんてことにならなければいいが。残りのノックアウト枠は順当に二年目組が埋めた。

Q2。赤牛無双であつさりコースレコード

Q3。赤牛、タイヤを温存してアタックを節約。フロントロー独占した上にタイヤを一セットづつ残してしまへるんだから、もう周囲に手を出す余地なんてないよな。

ロズベルグが三番手。フリーからメルセデスは好調だつたが、正直ここまでの力があるとは思はなかつた。おみごと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110507

2011年05月06日金曜日

yms-zun2011-05-06
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110506

2011年05月03日火曜日

yms-zun2011-05-03
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110503

2011年05月02日月曜日

yms-zun2011-05-02
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110502

2011年05月01日日曜日

yms-zun2011-05-01

何うでもいいけれども「漢字を開く」つて言ひ方、本當にへんだよなー。

no title

全くその通り。だから俺も昨日、自らの言葉としてはその様な言回しを使つてゐない。「漢字を開く」などとは、とどの詰り出版業界内部の符丁にすぎない。「・・・」でなく三点リーダを使ふべきである、みたいな慣例も含めてその様な「ルール」の殆どは新聞か出版業界が印刷の都合で勝手に取決めてゐることにすぎないと思ふ。それ以外に合理的な理由があるならそれを明示してみよ。

折角WEBを用ゐて「素人」が日本語を扱へるやうになつた時代に、なんであんな閉ぢた業界のルールを押付けられなくてはならないのか。

出版業界人が「出版」のプロであることは勿論異を狭む余地はないし、そこには敬意を表するが、彼らが必ずしも「言葉」のプロであるとは思はない。思へる根拠がない。我々「素人」は、一度彼等の手から日本語を奪ひ返さなくてはならないとすら思ふ。少なくとも彼等の主張する「センス」とやらに唯々諾々と従ふべき理由など、万に一つもない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20110501
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報