大和但馬屋日記

この日記について

2013年03月31日日曜日

ThinkpadTablet2本体と同時に注文してゐたオプション品が遅れて届いた。幾つかあるので順番に。

f:id:yms-zun:20130331123655j:imagef:id:yms-zun:20130331123656j:imagef:id:yms-zun:20130331123657j:imagef:id:yms-zun:20130331123658j:image

Bluetoothキーボード。本命品だな。本来ならタブレットPCにキーボードなど不要ではあるが、ショートカットキーが欲しい時はある。そして何より、このキーボードは本体スタンドを兼ねてゐる上に、トラックポイントまで付いてくる。あつて損なしの逸品だ。どんな物かはTPT2のレビュー記事を調べれば出て来よう。Bluetooth機器なので他機種にも使へるし、薄くて軽くてキータッチも良好。お勧め。今回買つた中で良かつたのはこれだけ。

次。500GBセキュアハードディスク。これは駄目。TPT2のオプションとしては売つてはいけないレべルのゴミ。何故なら本体がドライブを認識しないから。あれこれ悩んで、2chのTPT2スレで質問して、得た結論がこともあらうにUSBポートの電流不足。TPT2単体ではHDDひとつ満足に駆動できないのだ。実際、X61Tに繋いでみたところ何の問題もなく動作した。これはHDDが悪いといふよりはTPT2側の缺陥と思はれるが、TPT2をメインに使ふ立場としては「こんなものをオプション品として選択肢に含めるな」と言はざるを得ない。ひどい。返品するか、別の用途に使ふ他ない。

次。DCチャージャー。何でこんなもの買つたんだ俺。繋ぐ先、つまり自動車がない。

次。予備のペン。ペンは毀すか失くすかする確率が高いので買つておいたが、先に書いた通り付属のペンはあまり使ひ易いとは言へず、家にある過去のタブレット機種か、さもなくばワコムのペンを調達して本機のペンを予備扱ひにした方が良いレベル。そんなものをもう一本買ひ足す必要はなかつた。

といふ訣で一勝三敗。小物はともかくHDDは納得し難い。

まあ怒つてゐても仕方ない。

次に考へるべきは持運びの手段だ。本体だけなら無造作に鞄に放り込めば済むが、キーボードとセットにしてスマートに持運ぶ方法はないものか。メーカー純正の革製スリーブは、真先に候補から除外した。見るからに大振りで重さうで、鞄の中で蒿張る以外の機能はないだらう。それよりも、少し心に期するものがあつたので、浅草橋の文具店に立寄つてみた。

期待したものの一つは、B5サイズのビジネスノートカバー。革のゴツいのではなく、布製のしつかりした縫製の奴だ。

しかしこれは、当てが外れた。サイズ的にはピッタリに見えるのに、むしろピッタリすぎて本体もキーボードも厚みが邪魔をしてうまく収納できなかつたのだ。狙ひは良かつたと思うが、残念。A4のカバーでは大きすぎて意味がないし、それならヨドバシAppleにでも行つてタブレット用品を漁つた方が良からう。初めからさうしろといふ話か。まあよい。狙ひはもう一つあつて、むしろこちらが本命。ゴム製のブックバンド。これよこれ。

f:id:yms-zun:20130331123659j:image

ピッタリすぎる。大満足。こんなんでいいのかつて? いいのだ。何か問題があるだらうか。もう一本あつた方が安定して良いだらうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130331

2013年03月30日土曜日

英「AUTOSPORT」誌がマレーシアGPのドライバーに採点、最低点はべッテルとアロンソ。アロンソはともかく、べッテルが最低つて意味が判らない。

チームオーダーを破つてウェバーに仕掛けた結果、どちらかがポイントを失つたといふのであれば酷評にも値するだらうが、なんでチーム外のメディアが「チームの信頼を失つた」ことに対してかくも評価を下げる必要があるのだらう。理解できないなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130330

2013年03月29日金曜日

TPT2。先日、「USBケーブルをPCに差しても給電されなかつた」みたいなことを書いたけれども、どうやら勘違ひ。給電はされてゐる。しかし電圧がギリギりすぎてWindowsから見ると「充電されていません」と表示されるといふことであつたらしい。じつと待つて、少しづつではあるがバッテリー残量が回復してゐるのを確認。少しCPUを酷使すると減る方に傾斜するくらゐの微妙なバランスである様だ。モバイル用バッテリーを繋いでみたら、多少の延命には使へるといふレべルですぐにスッカラカンになつた。それなりに大飯喰ひだがバッテリー容量自体には余裕があるといふことかね。

F1。今週のニュースはマレーシアGPチームオーダー、特にレッドブルに関するそれの話題一色で、お前等どこまで話を大きくすれば気が済むのかと苛々する。ウェバーが引退するか、べッテルが出場停止になるかなんて話にまで膨んで、一体誰が得をするのかと。いやむしろ、「あれ」で一体どれだけの人が大損こいたのかといふ話なのだらう、きつと。裏で汚い金が動いてんだらうね。何より気色悪いのは、チームオーダーを遵守して大人の対応をしたメルセデス組が過剰に持上げられてゐる感もあることだ。チームオーダーの是非を巡つて誰がどんな発言をしてゐるか、追つてみると見えてくるものがありさうだ。ブリアトーレまでが何か言つてくるなんて、凡そまともな空気ぢやないだらう?

ザウバーの空気つぷり。かうなつてみると、可夢偉の残留がなくなつたのは当然だつたとみるべきかな。彼はもう、遅い車を何とか走らせて上位に食ひ込んでみせるなんていふ藝を見せる段階はとうに済んでゐる訣で、カルテンボーンもそれを踏へて「カムイの実力に疑ふ余地はない」と言つて卒業させたのだらう。ザウバーは勝つためのチームではなく、若手育成チームでしかない。ドライバーを戦はせるだけで、チームが戦つてゐる訣ではないのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130329

2013年03月28日木曜日

日記書きツールとしてのJournalはまあ良いとして、問題は普段の入カツールとしての「タッチキーボード」だ。

Windows7まで存在した、「タブレットPC入力パネル」といふデスクトップ機でも使へないことはなかつたものの代りとして、タッチ入力用のソフトウェアキーボードの機能の一部に手書き文字入カパネルが統合された。

「タッチキーボード」の良い点。文字認識能力が以前と比べて格段に良くなつた。平仮名、片仮名、漢字、英数字の似た様な字形も前後の繋がりから適切に変換してくれる。タブレットPCの登場以降、XPVista、7、8ときて着実に進歩してゐることを実感できる。

悪い点。その他全部(前にもこんなフレーズを使つたな)。

今回の改悪点の原因は明らかで、それは名前にも表れてゐる。さう、「タッチ」キーボード。指で触ることが前提の作りになつてゐるのだ。

7以前の「タブレットPC入力パネル」では、文字入力の可能性のある箇所をアクティブにすると、カーソルの近傍に入力パネルを開くためのシンボルが現れて、そこにペンをかざすだけで入力パネルがその場に開いて文字を書き始めることができた。そして、パネル内では画面の広さの許す限りどんな長い文章でも書き続けられて、自分の好きなタイミングで「挿入」ボタンにペンをかざすことでパネル上の文字列を入カすべき箇所に確定すれば良かつた。入カした先には次のシンボルが現れてゐるから、書き手としては淀みなく文書を書き続けることができた。

今回のタッチキーボードでは、これができない。入力フォーム上でもテキストエディタでも、入力を開始するにはタッチキーボードを自分で呼び出す必要がある。タスクバーにあるアイコンを「タッチ」。

入力パネルに文字を書く。一文字単位の枡目が無駄に大きい。指で書くのが前提だからだ。「タブレットPC入カパネル」なら、パネルのサイズを変更することで枡目の大きさを自由に設定できた。これに対しタッチキーボードはサイズ固定で、枡目の大きさも変へられない。縦画面モードの時入力できるのは、僅か三文字分だ。

コントロールパネルの「言語」オプションで枡目でなく自由に文字を書くモードに設定できる*1。こちらでは書いた文字の大きさに合せてパネル内の字詰めが動的に変化するから枡目に書くよりは幾分マシだ。しかし、それも一行分まで。タブレットPC入カパネルなら、画面を埋尽すまではどんどん勝手に改行してパネル自体が大きくなつたものだが、こちらのパネルのサイズは頑として変らない。

中途半端なところで確定を強要されるのは気分が悪いが、渋々「挿入」ボタンにペンをかざしても、当然何も起らないのだ。ボタンを「タッチ」しないと文字は挿入されない。タッチ、タッチ、ここにタッチ!!

これはやはり、名が示す通り「タッチキーボード」であつて「タブレットPC入カパネル」ではないのだ。よく聞き給へ諸君、Windows8によつてタブレットPCは死んだのだ。これに関しては、俺にとつては大きな退歩だなあ。枡目を大きくとるならとるで、スマホの手書きパネルの様に左右分割されたエリアに交互に書くことでノンストップに入力を続けられる方法などもあるだらうに(特許に阻まれてゐたりするのかもしれないが)。

そんなこともあつて、今の俺は今までになくJournalを活用してゐるといふか、Journalでなければならなくなつてゐる次第である。

*1:これが入力パネルのオプションにないのが流石のWindowsクオリティ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130328

2013年03月27日水曜日

今日のThinkpad Tablet 2状況。朝から日が変るまで無給電で残バッテリー五十六パーセント。普段持歩くには電源ケーブルは全く不要だな。あつても無駄な荷物でしかない。この点は文句のつけ様なく素晴しい。

Windows Journalは初代タブレットPC時代から機能的には何一つ変つた感じがしないけれど*1CPUやら0Sやらの基幹部分が良くなつてゐる所為か、今までになく使へる、といふか使ふ気になるツールに育った感がある。手書きの線をテキストに変換する速度がほぼ一瞬になっただけで見違へる様に使ひ物になつた。

Note Anytimeなるツールが昨今の流行りらしいが、俺にはJournalが肌に合つてる。

ニンテンドー3DS用「スーパーハングオン3D」。「スペースハリアー3D」に続いて今度はジャイロセンサーによる傾きと画面の傾き加減で体感筐体の挙動を再現してゐる。これは凄い。あのミニライドオン筐体を「よっこらせ」と切返す感じがよく出てゐる。楽しいなあ。

*1:開発が続いてゐるかどうかも怪しい

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130327

2013年03月26日火曜日

ThinkPad Tablet 2を打合せとか仕事のメモとかに使つてみる。

今までのコンバーチブル型だと、図体の大きさやバッテリーの持ちの悪さなどによる取回しの間題で「無理して使つてゐる」といふ感じが当の本人ですらも拭へなかつたものだが、今回ばかりは誇張抜きに「普通に」使へてゐる。予め用意しておいたPDFファイルを、オンラインストレージを介してTPT2に取込んでおけば、PDFの上から直接ペンでメモを書込んだりできるし、いつもの日記と同じ感覚でWindows Journalに書込んだメモをそのままテキスト化して議事録として使へるし、走り書きをそのままにしてカラーペンでマーキングしてもいい。つくづく、「十年前に夢みた可能性」がやつと形になつたと思ふ。十年前はまだハードウェアインフラも未成熟だつたのだなあ。

Windows8も、慣れてくればこれはこれで良い物だと思へてきた。ただ、やはりペンなしでは使ひ物にならない。指だけで使ふなんてただの苦行だ。ペンと指の併用なら十分に便利だ。Windows7を搭載したB121と比べても、ペンとタッチの混用に対して充分こなれてきてゐると感じる。7の時は、ペン使用時にタッチ操作を封じるツールを併用しないと不便で仕方なかつたのだが、8ではペン使用時の指の誤検知が随分少なくなつて、さういふハックが必要なくなつた。

ペンと併用する限りにおいては、Windows8は快適と言つても差支へない。デスクトップマウス操作? 何でそんな馬鹿な用途にWindows8を使ふ必要があるのかと問ひたいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130326

2013年03月25日月曜日

Thinkpad Tablet 2を職場に持出してみた。

バッテリーの持ちが凄い。朝七時に家を出てから、夜の十一時になつてもまだかうして使へてゐる。日中フルに使つてゐた訣ではないにしても、これは驚くべきことだ。勿論一度も給電などしてゐない。といふか、付属のUSBケーブルをPCに繋いでも給電されなかつた。専用のACアダプタがないと駄目らしい。不便は不便だが、この稼動時間の前では大した問題ではなく思へる。

付属のペンは使ひづらい。細くて短い癖に、一丁前に取付けられたサイドスイッチが一々操作の邪魔をする。B121用の、サイドスイッチのないペン*1が使ひ易くて気に入つてゐるので家に居る時はそればかり使つてゐた。X61Tのペンも毀れてしまつたことだし、ASUSからペンを取寄せておかうかな。ワコムタブレット用ペンでもいいのだけど、今のワコムのペンは太すぎて好きではないのだ。Artpadの頃のが良かつたんだけどなあ。くたばれ人間工学。

あと、純正ペンは反応が気持悪い。ペン先が画面から二センチくらゐ離れてゐても反応してしまふ。ちよつと体感にそぐはない感じかなあ。

画面のシミ、といふか陰問題。輝度を最低まで下げると、Windowsボタンのある側の縁に薄暗い陰があるのが見える。ネットではこれに大騒ぎしてゐる人も居る様だ。人それぞれだけど、液晶の輝度ムラなんかで気に病んでたら早死にするよ。

輝度を上げればほとんど見えないものだし気にしないことにした。

とりあへずこんなとこで。

*1:一昨日の写真で使つてゐる白いペン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130325

2013年03月24日日曜日

まあね、大体物を買ふ時は色々比較検討して少しでも良い物を買はうとしたりしない訣で、Thinkpad Tablet 2にしても先にポチッた後から慌てて情報を集めたりしてる始末なので、そこに多少なりとネガティブな情報があつても気にはならないといふか。良いとこも悪いとこも、触つてみないと結局のところは判らないものだし。あと、「所詮Atomだし」といふ部分でそんなに大きすぎる期待はしてゐなくて、むしろ身構へてゐたりもする状況でもあり。

そんな状態で手にしたこいつの感想は、「別に言ふほど悪くないよこれ」といふ至極当り前のものではあつた。といふかですね、十年前に俺等が「タブレットPC」といふ存在に何を期待してゐたか、それを思ひ出してみて、今この手許にあるTPT2に触れてみると、しみじみ思ふ訣ですよ。ああ、「あの時欲しかつた」のは、まさにこれだつた、とね。今のレベルでどうかう以前にね。

iPadが登場してから「タブレットPC」といふ概念の指示す意味合ひが変つてしまつて、「もしかしたら俺の欲しかつたものは永遠に手に入らないのかもしれない」と諦めに入りつつもあつたのがB121を買つた辺りのこと。それが今になつてこんな形の物が出てくれただけで個人的には大満足なので、細かい不具合だの能カ不足な部分だのはどうだつていいのです。デジタイザの精度なんかはB121でも今ひとつだつたし。スペック的な完成度では未だにX61Tの方が上かもしれないけれど、もうデータを端末上にストックする時代でもなし、物理的な制約に捉はれることもなく好きな様に持運ベるTPT2は、十年来のタブレットPCユ-ザーとしてはただ「有難う」といふ以外にないのではないかなと思ふ次第。

文句の多い人は期待が大きすぎるか、今までの「狭義の」タブレットPCを使つたことがないかのどちらかぢやないかなあ。

第二戦マレーシアGP決勝

スタート前にスコールがあつて、濡れた路面からのスタート。アロンソが早々にリタイアしたのが残念。ベッテルに追突してウイングを傷め、ピットに入れと言はれたのを無視しての自滅だから仕方ない。たぶん、二コーナーでベッテルの脱出があんなに遅くなると思つてなかつたんだらうね。あまり彼らしくないミスだつた。

十周目までに全車がドライに換へた後、それでも上位陣がそこから三回ストップにしたのが不思議だつた。ペレスが最終ラップ直前にタイヤを換へたところを見ると、それが妥当だつたのだな。

ピットでもいろいろあつた。特にハミルトンが間違へてマクラーレンのピットに停まつたのは傑作だつた。スーティルタイヤ交換の度にトラブルが出て気の毒。

レッドブルメルセデスチームオーダー騒動。ウェバーはもう抜かれることはないと気を抜いてゐたらベッテルにやられた。ベッテルは無線で「マークが遅いからどかせてくれ」と主張してゐた。ハミルトンは終盤、ガス欠のためにセーブした走りをしてゐた。ロズベルクが「俺の方が速い、行かせてくれよ」と懇願しても、ピットからは「頼むから二台揃つてフィニッシュしてくれ、頼むから」と言はれ、最後にはニコに「覚えてろよ」と言はれる始末。表彰台は終始気まづい雰囲気で、進行役のブランドルもやりにくさうだつた。またぞろチームオーダーのあり方について議論が起りさうな気がするよ。

f:id:yms-zun:20130324210318p:image:w600

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130324

2013年03月23日土曜日

Thinkpad Tablet 2を買つた。買へた。オプションも色々つけて購入したが、先に本体だけが発送されてきた。小さい。軽い。セットアップ。ハードウェアとしてどうかう以前に、Windows8の使ひ勝手が今までと違ひすぎて色々と戸惑ふことが多い。

f:id:yms-zun:20130323220949j:image

まあ、はてダラを使つて日記を書けるところまでは辿り着いたので良しとしよう。それにしても、手書き入力パネルが使ひづらい。高性能にはなつたが、同時に不便さも増した。慣れで済めば良いが、どうだらう。一番「俺」に近い部分をコロコロ変へないで欲しいところではあるのだが。

f:id:yms-zun:20130323220946j:image

まあねえ、このパネルで日常的に日本語を書いてゐるユーザーなんて、世界広しと言へど俺一人しか居ないだろうからねえ。自意識過剰? いやいや、どうかね?こんな風に日記を書いてゐる人、居ますか?

f:id:yms-zun:20130323220947j:image

例によつてWindows Journalは目立たない処にひつそりとプリインストールされてゐる。これがある限りはタブレットPCの精神は死んでゐないと思ひたいところだ。

紙の様な機械に好きなことを書きつけるといふ目的に対しては、やつと望むものができたと思ふので、今度はすぐに毀したりしない様、程々に大事に使つていかうと思ふ。

などと書いてゐたら、DP1が故障した。レンズが繰出されたまま戻らなくなり、以後電源が入らなくなつた。写真の閲覧モ-ドには入れるが、レンズが動かないと撮影モードにはならない。ニ台続けてレンズが毀れた。次は繰出し機構のない機種にしよう。当分は買へないけどね。DP1の修理はできるかな?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130323

2013年03月22日金曜日

あのインなんとかさんのキービジュアルは、つまり「これが嫌な人は観ない方がいいよ」といふサインに他ならないと思つたので実写版パトレイバー」については何も見なかつたことにする。押井守が絡んでるなら悪意の産物だし、さうでなければ悪意以下の何かだらう。あの線を良しとした人間の手がける物がどんなであれ、それは俺とは関係のない世界のものだ。

別に「俺の好きなイングラムと似てないから嫌だ」とは思つてゐないし、当初押井が主張したといふ「風呂釜のような作業機械に手足」(昔アニメージュでそのイラストを見た覚えがある)の様なメカで作るならそれはそれで正しいと思ふ。「あれ」は、さふいふものではない。「お前らの好きなパトレイバーをわざと格好悪くしてやつた」といふ意図が含まれてゐないのであれば、ただのナンセンスな仕事だ。こんな面と面との突合せに何の説得力も合理性も見出せないデザインの機械が存在する世界で何が起らうと、知つたことではない。「パトレイバー」の世界は永遠にやつて来ない「十年後」なのであつて、こんなのが罷り通る別の時空の話ではない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130322

2013年03月21日木曜日

セガノートPC。メガドラ仕様はCPUを16ビットならぬ十六コアにするとか、テラドラ仕様にするとかぢやないんだな。

エクストルーパーズ」DL版値下げ。昨年秋にパッケージのみ発売→冬にDL版(定価)販売関始→春に値下げ。グダグダやな。元々DL版が欲しかつたのに仕方なくパッケージを買つた上でDL版も買ひ直した俺が次にとるべき行動は、せやな、カプコンの製品はもう絶対発売直後には買ふまい。

定価で買つて良かつたと思へる物も出せない上にこの仕打ちでは、好きな物になるべく金を払ひたいといふ気持ちごとへし折られたよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130321

2013年03月20日水曜日

TT2ぽちったー

ま、それはさておき。

休日だつたので自転車で出勤。気温が高くなつてきて、かうなると困るのが着替へ対策。上下の下着は必須として、Yシャツやらズボンまで持運ばなくてはならない。冬場はそれら一切がなくても良いくらゐなので、荷物の量といふ点だけは冬の方が助かるのだ。寒いのは嫌だけど。

以前はシートポストに取付けるタイプの荷台を泥除け代りに付けてゐたのだが、こいつはどうにも使ひ勝手が悪くて随分昔に取外してしまつた。再び使はうにもマウントの金具を失くしてしまつたし、ゴム紐もない。どうせ不便だし。といふ訣で、今日もまた矢口渡のワイズロードに寄つてみた。

何ぞいい物はないものか、と物色して目に止まつたのがリクセン&カウルといふメーカーのバッグ。

デザインと機能が俺の求めるものに近かつたので、ちと値が張るのを我慢して買つてみた。早速使つてみて思つた。これは逸品だ。

凄い点その一、マウント方法。シートポスト側にアタッチメントパーツを取付ける。このパーツをシートポストに取付ける方法が奮つてゐる。かういふ場合、大抵は大仰なクランプ状になつてゐるか、タイラップの大きい奴みたいなもので締めつけるかだと思ふ。何にせよシートポストにどうにかして巻き付く構造になる。このパーツも、金属バンドで巻付く構造なのは変らない。しかしこのバンドは閉じた輪つかになつてゐて、外から巻付ける方法がない。ハテどうしたものか。正解:シートポストを抜いて通せば良い。まあ合理的。アーレンキーでバンドを締付ければ、ゴテゴテした外見とは無縁の美しいマウントが出来上る。シートポストにゴテゴテしたものがあると太腿が当つて不快になるので、それを避けるための機能的デザインなのだと思ふ。

凄い点その二、バッグの固定方法。Amazonの写真を引張つてみる。

http://ec2.images-amazon.com/images/I/41JgrqcZvNL.jpg

バッグを支へる金属フレームが、これ以上ないくらゐ簡単な仕組でシートポストにマウントされてゐる。どんなに言葉を尽さうとしても、「ちよつと引掛けただけ」としか言ひ様がない。下の赤いレバーをずらせば一瞬で取外せる。装着は本当に、引掛けるだけ。これで十分なのだ。正直、これには啞然としたね。着脱がここまで手軽なのはとても重要。普通の荷台が駄目なのはまさにそこなのだから。事前準備のし易さ、出先でのセキュリティ、どちらのことを考へても一瞬で着脱できるのは理想的だ。

凄い点その三、無駄のないデザイン。正直最初は、少しゴテゴテしすぎかなと思つた。バッグ本体の周囲に大仰なポケットが三つもぶら提がつてゐて、無駄に容積を分け合つてゐるだけぢやないか、と。ところがさうではないのだな。

マウントに固定する為の金属フレームは、当然そのままバッグ全体を支へなければならない。だからといつて、フレームを籠の形にしたりすると重くなるし、自由度も下がつてしまふ。だからフレームは最小限の、バッグの外周を取囲む形にしておいて、バッグはフレームにぶら提がる構造にした。折角だから外側を大きなサブバッグにして、フレームの外側にも容量を確保した。サブバッグの側面には深いポケットを付けて、本体のバッグの蓋にも縛り紐つきの物を乗せられるスペースを確保。後ろのポーチの外側にはテールランプや反射板を付けられる様に合成皮革のバッヂが縫付けられてゐる。そして、ポーチの中にはバッグ全体を覆へる防水カバーが。もうね、一切の無駄がなくて、すべてが機能に奉仕してゐる。これこそがデザイン。

なんといふか、ドイツは世界一なのだなあと思つたよ。いい物を買ひました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130320

2013年03月19日火曜日

今更だけど。

似て非なるといふか、全然関係ないのかな? 権利表記も違ふし。「PLAYBOY」と「プレイボーイ」みたいなもんか。違ふか。iPodで見たどちらかの写真を壁紙にしたくてアクセスしたら違ふ方だつたので戸惑つた。どつちがどつちでも俺の人生には関係ない感じだが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130319

2013年03月18日月曜日

発想の自由さと知識の蓄積と思ひ付きを形にする行動力がすばらしい。MADゲームと呼ぶべきか。

D

RSSは終つた説」に関して、ある人のツイートから。

要するに、RSSはインフラなのであり、それを誰がどう使はうと自由なのだし、色々なサービスがRSSを利用することで成り立つてもゐるといふことなのだ。RSSリーダーとして圧倒的なシェアを誇るものがひとつ無くなるからといつて「RSSは時代遅れ」と抜かす奴は、表層の流行り廃りには敏感であつても、それがどういふ仕組で動いてゐるかについては考へたこともないのだ。目の前から隠蔽されたのを見て「終つた」と騒いでゐるだけだ。

Twitterだつて、RSSと完全に縁を切つたわけではない*1。現に自分は前傾の記事について、自分のRSSリーダーで取得したある人のツイートを読んで知つたのだから。

*1:公式にはTwitterRSSフィード発行は廃止されたことになつてゐるが、RSSを取得するためのAPIが存在しない訣ではない

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130318

2013年03月17日日曜日

マイクロソフトSurfaceがすごく格好よいので皆これを買へばいいと思ふ。それでThinkPad Tablet2に向けた目が逸れてくれれば何より。いつになつたら販売が再開されるのか。

泊り仕事。F1が始まるまでに帰る。途中で兵衛の前を通つたら営業してた。土曜休みの日曜営業に変へたのかな。

オーストラリアGP決勝終つた。今年は逐一書くスタイルはやめて感想だけ後で書く。

第一戦オーストラリアGP決勝

予選までの結果だけ見るとベッテルの一人舞台に終始するのかと思つたら、フェラーリを引離すこともできないばかりか、七番手スタートのライコネンの見事なタイヤマネジメントに為す術もなかつたといふ意外な運びとなつた。アルバートパークのレースとしては珍しく殆ど荒れた局面がなく、タイヤのライフに苦労する中でライコネンだけがただ一人タイヤを完壁に使ひ切つてみせた。展開は静かだつたが、面白いレースだつたなあ。

シーズン前に聞えてきた話では、アロンソをはじめ何人かがベッテルではなくハミルトンを要注意と見てゐたのが気になつてゐて、その真意がレースで見られるかと思つたものの、ハミルトンは序盤にバトルで頑張りすぎてタイヤを駄目にしてしまひ、タイヤ交換を一回減らす作戦を捨てざるを得なくなつた時点で詰んだ。あのマヌーバ自体は流石といふものだつたし、アロンソが警戒するのも「速さ」に加へたあの闘志である筈なので、今年は特に彼に注目したい。昨年一年間で随分成長して、一昨年までの傍若無人さが昨年は全く見られなくなつて、ルイスのアンチでも文句の付け様がなかつたんぢやないかと思はれるくらゐだつたからね。強くなつたルイスの為なら、元BARチームであつても応援するよ。

今年の役者の揃ひつぷりは、昨年と同じ顔触れであつても全然違ふものの様に自分の目には映るので、その象徴としてのライコネンの先制パンチは実に痛快で面白いね。マクラーレンが蚊帳の外なのは困つたものだけど。マシンの出来を別にしても、戦力的に一人半だしなあ。

f:id:yms-zun:20130317163903p:image:w600

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130317

2013年03月16日土曜日

自転車で仕事に出る途中、御徒町の例のラーメン屋(兵衛といふ店だつた)に行つたら閉まつてゐた。うわ。

仕方ないので青島ラーメンにして、いや仕方ないと言つてはゐるがここより良い店はない、セット行動としてナツゲーミュージアムでジャイラスを一回。地球行きステージの敵出現パターンが難しいんだよな。ついでにCDを三枚購入。スーパースウィープの「ドラゴンスピリット」「マジカルチェイス」とズンタタの「スペースインベーダーインフィニティージーン」のサントラ

で、そのまま職場に向つてゐたら途中で後ろのタイヤがパンクした。何か踏んだかと思つたがさうではなくて、トレッド面が磨耗して駄目になつてしまつたせゐらしい。そろそろ寿命だとは解つてゐたものの、放置してゐたのが拙かつた。前に換へたのがd:id:yms-zun:20110824だから一年半。最低でも一年毎には換へるべきだし、そもそも長距離を走る様になつたのだから時期ではなく距離で考へるべきだつた。

パンクした場所は国道一号線と環八通りの交差する辺り。さう、そこは矢口渡。パンクしたのはザウエルの呪ひに違ひない。幸ひ、このすぐ近くにワイズロードのチェーン店があるので十分ほど歩いて到着。二十六インチのタイヤを探したところ、パナレーサーの「クローザー」を発見。存在を知つてはゐたものの、二十六インチなんてどこにも置いてゐないから見たことなかつたんだよな。実物を見て触つて、即決。これは明らかに、かの「ストラディアスエリートライト」の後継品だ。

タイヤとチューブを二本づつ買つて、店員に「パンクしたので店先借りていいですか?」と確認してその場で交換作業。空気入れも借りて、古いタイヤとチューブの処分まで引受けて頂いた。大感謝。ここにワイズがあつて良かつた。

そして漕ぎ出して、久し振りのストラディアス風の感触に改めて驚いた。いや、あれよりも進化してゐるのではないか。三十分前まで乗つてゐたのとは明らかに違ふ乗り物だ。タイヤ換へる度に同じことを言つてゐる気がするが、今回こそ本当に驚いた。同じタイヤ幅を謳つてゐながら明らかに一サイズは大きく重かつたコモドと比べ、数字なりの幅で最軽量級のクローザーに換つたのだから、乗り味は当然硬く鋭くなるものと身構へてゐたのだけれど、感触は全くその反対。尻に感じる路面のショックはむしろ和らいで、フレーム全体がしなやかに感じるほどになつた。ペダルの踏み心地すら変つた気がする。自転車はタイヤが九割。

惜しむらくは色が選べるほど置いてなかつたので、赤いフレームに青ラインのタイヤといふちぐはぐな配色となつてしまつたことだ。しかしそもそもがザウエルの呪ひなのだから、それを振り払ふ色は青以外には有得ない。よし。

タイヤ交換しながら横目でiPodアプリで見てゐたF1オーストラリアGP予選は、雨でいつまでも始まらないし始まつた後も中断が長いし日は暮れるしで、結局Q2とQ3を日曜日の午前に行ふことになつた模様。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130316

2013年03月15日金曜日

税金払つた。がつぽり取られた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130315

2013年03月14日木曜日

Googleリーダーが終了。アホか。もう潰れろGoogle今すぐに*1。金にならないなら有料にしてもいいから、かけた梯子を外す様な真似はしないでくれ。

Google Reader終了 ― 結局のところ「RSS」は一般の人が必要とする情報収集手段ではなかった | TechCrunch Japan」一読しただけで反吐が出るクソみたいな記事。Googleリーダーが停止するといふだけでRSSフィードの存在まで全否定だよ。頭が膿んでるとしか思へない。

TwitterFlipboard、そしてFacebookのおかげで、面白いコンテンツに不自由はしなくなった。実のところWIREDに載っているからといって、そのすべての記事を読みたいわけではないのだ。私の知っている人たちが「面白い」と言っている記事を読みたい。Google Readerにはそうした機能はなかった。それ故に私は使わなくなり、そして今、Google Readerが舞台を去ろうとしている。

Google Reader終了 ― 結局のところ「RSS」は一般の人が必要とする情報収集手段ではなかった | TechCrunch Japan

Twitter脳が。何年か後には同じ様に「そして今、Twitterが舞台を去ろうとしている(キリッ)」とか書くつもりなのだらう。馬鹿馬鹿しい。といふか、このライターだつて「Gmailをやめる」と言はれたら泡喰つて反対するだらうに。

RSSリーダーが時代遅れとか言ってるけど、自分が使いきれてない事を時代のせいにするなよ - あざなえるなわのごとし」前掲のクソ記事とは正反対の見解。我意を得たり。時代に阿るだけの馬鹿と、時代と自分との付合ひ方を考へられる人の違ひ。

*1:俺はGmailを使ふ気は全くないしAndroidなんか二年縛りさへなければいつでも捨てられるのでリーダーがないなら潰れてくれて構はない

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130314

2013年03月13日水曜日

小林可夢偉スクーデリアフェラーリのドライバーとしてAFコルセチームからWECシリーズに参戦。F1のリザーブドライバーとどちらがマシかは分らないけれど*1、「スクーデリア・フェラーリの一員になつた」といふこと自体は喜ぶべきだと思ふ。ここから先のキャリアはペイドライバーの歩む道とは違ふ、といふことがはつきりしたんだからね。これは凄いことだよ。頑張れ。

*1:458イタリアで耐久レースを走ることに「F1ドライバーとして」意味があるかといふとね

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130313

2013年03月12日火曜日

ファントムブレイカー:バトルグラウンド」にDLCが来た。追加キャラとして「シュタインズゲート」の助手が参戦、あとキャラのレベル上限が五十から九十九に拡大される。

殆どのキャラのレベルを五十まで育てるくらゐに毎晩遊んできた訣だが、この事実上のレベルキャップ撤廃は、どうだらう。ない方がいい、とまでは言はないけれども、配信開始後二週間で行ふ梃子入れとしては早すぎたと思うのだが。

このゲームはレベルアップで得られるポイントの振り分けによつて、ゲーム中にとれるアクションの種類が増える「スキルツリー」と、キャラの攻撃力・防御力・移動速度の基本パラメータを強化できる。レベル五十では、そのすべてにポイントを割振ることはできない。九十九あれば、すべてを強化して「最強状態」になれる(筈だ)。

低い難易度なら元々「俺TUEEEE」できるバランスではあるのだが、最高難度ではキャラの個性と自分の腕に合せてパラメータの配分を考へる必要があり、それを探る楽しみがあつてこそ毎晩アホみたいにジョイスティックガチャガチャ叩いてゐたものだ。画一的に最強になれてしまふことで、その楽しみは確実に死んだ。面白いゲームなのだから、さういふところは大事にして欲しかつたなと思ふ。せめて一箇月くらゐは待つても良かつたのではないか。

送る方も受ける方も、コンテンツの消費が早すぎるよ。時間をかけて作つたのを早く枯らせてしまつては、それあソシャゲに負けるよね。あつちはそれこそ矢継ぎ早どころかガトリング砲なんだから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130312

2013年03月11日月曜日

結局、花粉症の鼻水が治りきらない咽喉と肺を刺激して咳を誘発してゐるのだらうといふ訣で抗ヒスタミン薬を処方してもらつた。アホなこと言つてないで早くからかうしておけば良かつた。

訃報、納谷悟朗氏。銭形警部の次にウルトラマンAを思ひ出すのもどうかとは思ふが、男女の合体変身による中性的な外見のAの声があのオッサン声といふのはやはりインパクトがありすぎるのだつた。それはそれとしてやはり銭形だなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130311

2013年03月10日日曜日

相変らず眠れない。

昼過ぎまでうだうだしてたら、窓の外が異様な色に染まつた。黄砂としたらやりすぎだ。九州辺りが砂に埋もれてゐるだらう。まさかな。

夕方に仕事に出て夜中に帰る。そしてまた眠れない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130310

2013年03月09日土曜日

ひどい咳で眠れない。一回休み。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130309

2013年03月08日金曜日

近頃話題の「太陽系が渦巻の軌跡を描きながら銀河系内を飛ぶCG映像」。着眼点はいいと思ふし綺麗な映像だけど、なんかニューエイジ系の人がイメージ先行で作つた感が強くてやだなーと思つてゐたらやはり「不正確だ」とツッコミが入つてた。しかし映像の力は絶大だから、多くの人があれを「正しい」ものとして見るだらう。映像なんてロクなもんぢやないね。

風邪のおかげで花粉症が弱まつて云々と書いてはみたが、むしろ免疫系が誤作動してる間に風邪のウイルスの侵入を許したのではないかとも思つた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130308

2013年03月07日木曜日

風邪が治まつてきたらまた鼻がムズムズし始めた。もうそつちはいいから。ずつと風邪ひいてた方がマシにすら思へる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130307

2013年03月06日水曜日

午前を休みにしたら熱は下つた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130306

2013年03月05日火曜日

頭がフラフラするのを押して出勤、打合せに出席。しかしどうも熱があるので早退した。医者に行つたらただの風邪と言はれた。

よくしたもので、風邪の症状が出てゐる間は花粉症が形を潜める。免疫系が「倒すべき敵」を正しく認識してゐるのだらう。熱とどちらがマシかといふ話ではあるが、あの目の痒みと際限のないクシャミが止るといふのは有難いことだ。

そして腰の痛みもいよいよ酷くなる。何この身体。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130305

2013年03月04日月曜日

ファントムブレイカーBG」ハードをなんとかクリアして、難易度ナイトメアに挑戦。これは難しいな。経験値アイテムがバカスカ出るから、キャラのレベルを上げるには好都合だが最初のステージで軽く殺される。

それはさうと咽喉が痛い。そして腰を痛めた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130304

2013年03月03日日曜日

ファントムブレイカーBG」難易度をハードにしたらそれほど楽ではなくなつた、といふか躊躇ひもなく初代「ストII」のリュウよろしく小足ハメをしてくるボスキャラ(主人公?)て。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130303

2013年03月02日土曜日

XBLAファントムブレイカー:バトルグラウンド」。パッケージで発売されてゐる対戦格闘ゲーム「ファントムブレイカー」のスピンオフ作品らしい。ドット絵の画面に惹かれて購入。ガチャガチャ操作してゐれば適当に勝てる緩い難易度のベルトスクロールアクションで、まあよくできたドット絵を愛でながら実績を埋めればよいのではないかな。秋葉原池袋の背景はよく描き込んであつて楽しい。池袋のあの辺り、一時期は庭の様にうろついてゐたのに、気が付けばとんと御無沙汰だな。

Xbox Liveのゲームオンデマンドで週替り・日替りのセールス大攻勢。あまりに安いので既にパッケージで持つてゐる作品でも買ひ直したくなるくらゐだが、さすがにHDDの容量がパンクしてゐるのでさうポンポンとは買へない。旧型本体+HDD120GBでは今の時代を生き抜くには辛い。かといつて今250GBのHDDが乗つた新型本体に買ひ換へるのも時期が悪い。次世代機の情報待ちだなあ。とりあへず余つてゐた古い外付けのUSBハードディスクを繋いで(Xboxからは32GBのストレージとして使用可能)茶を濁しておく。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130302

2013年03月01日金曜日

月が変つて春の気温になり、猛烈な花粉に苛まれた。たまらん。

ギンガフォース」ハードだとステージ一つをクリアするのにも相当苦労させられる。「地球防衛軍」で言へばインフェルノだ。最適の装備を探つてステージに挑む様子は正に「地球防衛軍」のそれなんだよな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20130301
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報