大和但馬屋日記

この日記について

2014年02月28日金曜日

yms-zun2014-02-28
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140228

2014年02月27日木曜日

yms-zun2014-02-27
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140227

2014年02月26日水曜日

yms-zun2014-02-26
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140226

2014年02月25日火曜日

yms-zun2014-02-25
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140225

2014年02月24日月曜日

yms-zun2014-02-24
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140224

2014年02月23日日曜日

yms-zun2014-02-23
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140223

2014年02月21日金曜日

yms-zun2014-02-21
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140221

2014年02月20日木曜日

yms-zun2014-02-20
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140220

2014年02月19日水曜日

yms-zun2014-02-19
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140219

2014年02月18日火曜日

yms-zun2014-02-18

F1の歴史的なドキュメントとして手軽に読める漫画。

DIGITAL アリババコミックス F-1伝説 上巻 のだしげる

バブル期にF1に興味を持つた俺が本格的に入れ込む様になつたのには、この漫画の影響がそれなりに大きい。

うちにあるのはコンビニコミック的な総集編(コミックジャングルなんて雑誌があつたことはWikipediaにも載ってない)と、後から出た単行本だけど、どこかに埋れてしまつたのでe-bookで買ひ直した。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140218

2014年02月17日月曜日

yms-zun2014-02-17

RUSH」つながりかどうかはよくわからないけど。昨年のブラジル国内でのブラジルGPのオープニングとして放映されたといふ映像。

D

大好きだこれ。隅から隅までF1愛に満溢れてる。

単にマシンと有名ドライバーの時代毎の変遷を追ってゐるだけでなく、コースサイドの雰囲気とか挙動の違ひまでちやんと押へてあつて、セナが鈴鹿でのブラジル国旗を掲げた走行をしてみせたり、ベネトンマイケルVsフェラーリマイケルの戦ひを演じたり。堪らんです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140217

2014年02月16日日曜日

yms-zun2014-02-16

買出しに出る。自転車の乗りにくい道で弱つた。

d:id:yms-zun:20140201にて「RUSH」の感想にまつはるコメントをid:skobaさんとid:roverさんに載いてます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140216

2014年02月15日土曜日

当然家で引籠る。

f:id:yms-zun:20140213234536j:image:w600f:id:yms-zun:20140213234537j:image:w600 D

「Forza5」でマクラーレンM23。

YouTubeのフル画面で再生してみると判るのだが、ロッキングアーム式サスが完全に再現されてて、ドライブシャフトも上下しながらくるくる回つてる。「Forza4」まででは考へられなかつたグラフィック表現。

挙動計算にもこの構造が反咉されてゐると思ふのは夢見すぎか。

あと、何と言つても素晴しいのは煙草広告規制でデフォルトのカラーリングがパチモン臭くなつてゐても、有志が正しいマールポロペイントをちやんと作ってくれてゐるところ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140215

2014年02月14日金曜日

yms-zun2014-02-14

また雪。会社から帰宅命令が出た。交通は乱れに乱れ、東横線では列車の追突事故が。あーあーあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140214

2014年02月13日木曜日

yms-zun2014-02-13

アマゾンでThrustmaster TX Racing Wheel を注文した。XBOX ONE対応のハンドルコントローラ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140213

2014年02月12日水曜日

yms-zun2014-02-12

異動かもー。面倒くせー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140212

2014年02月11日火曜日

昼過ぎまで寝てた。

外に出る気も起きずXbox360の映画配信で「マイティ・ソー」を観る。なんかどう転んでもクソにしかならなさうなのにギリギリのところで踏み留まつてちやんと仕上げたなあといふ感じ。

ソーが力を失つてゐる部分は文句なし、力を失ふ前と取戻した後は割とどうでもいい。普通に父と子の物語としても見られるし、ロキはいいキャラだと思つた。ヨツンへイム在住の方々は気の毒。

スタッフロールの宇宙描写は見応へがあつた。

映画館に続編を観に行かうとまでは思はないにしても、結構楽しめた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140211

2014年02月10日月曜日

yms-zun2014-02-10

仕事。休みを入れておけば良かつた。体が怠い。

SIGMA dp Quattro 発表|株式会社シグマ

シグマからDPシリーズの新製品が発表された。今回からは小文字でdpか。奇態な形やな。何だか訣の分らない方向に.肥大化して見える。センサーも新しくなるとかで、興味がない訣ではないけれども、とりあヘずDP1とDP3 Merrillが俺の道具だといふことで変りはない。

カメラが欲しいんぢやなくて、今あるカメラで何かを撮りたいんだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140210

2014年02月09日日曜日

yms-zun2014-02-09

ワンフェスに行くことにした。足許が不如意で危なつかしい。

行きしなの風景。DP1の絵がやつぱり好きで、これに比べるとDP3 Merrillは今一つ使ひこなせてないな。Merrillセンサーは難しい。ワンフェス会場内でもDP3とDP1を使ひ分けてみたけれど、DP1の方が打率がいい。といふか、DP3のFOVではマクロ撮影時の被写界深度が浅すぎて。

f:id:yms-zun:20140211033051j:image:w600

モーレツ宇宙海賊」のオデット2世号。主役機の弁天丸より、こちらの方が俺にとつては主役機な気がする。やつぱり、ヨット部が好きなんだよな。光子帆船としてのギミックも魅力的だし。今月の映画も楽しみだ。

f:id:yms-zun:20140211033050j:image:w600

グラディウスIII」のモアイ面再現。かういふ切取り方にはDP3の方が向いてゐる。パッと見でゲーム画面に見えないこともない。

f:id:yms-zun:20140211033629j:image:w300f:id:yms-zun:20140211033630j:image:w300f:id:yms-zun:20140211033628j:image:w300f:id:yms-zun:20140211033631j:image:w300

デフォルメゴジラ四種。キンゴジだけ一箇残つてゐたので買ひ求めた。

f:id:yms-zun:20140211033053j:image:w600

企業ブースタカラトミーの「ウルフファング」全パーツ。昔、ワンフェスで同様の趣旨のガレージキットを長期間出品してゐたディーラーがあつたけれども、売切れて見なくなつてからもう何年も経つてゐる。今になつてまさかの市販商品化とは酔狂なことだ。もちろん買ふよ。

f:id:yms-zun:20140211033052j:image:w600

グッスマのLP500R。毎年恒例のGT300のレーシングミクも御披露目。車を眺めてたら隣のステージで「歌シェリル」の人(May'n氏)のライブが始まつた。生で聴くと鳥肌モノですな。あんな声、ライブで出せるんだ…

会場の動向としては、やはり「艦これ」人気が高まってきてゐた。特に企業側はどこも「艦これ」一色。一般ディーラー側も盛上ってきてゐるものの、ピークは次の夏くらゐになりさうかな。今回はまだキャラが偏つてゐた。

割りを食つたけどまだ優勢なのが「ガルパン」勢。今回はアンチョビ多め。OVA合せなのだらうけど、元々造型師受けは良ささうなデザインだよな。でもペコネンさんだ。

やはりといふか、雪で来られなかつたディーラーが多く、会場の二割くらゐは空席だつた。仕方ないね。流石にペナルティもないのだらうし。その分、古物商ブースが目立つ感じで、全体の三割くらゐになつてゐた。

特撮系ディーラーはむしろ増えてゐた様な印象で、今回一番元気がなかつたのが「普通の」美少女フィギュアだつた様にも思ふ。従来、大掛りなブース設営で気合を入れて出展してゐた実力派のディーラーが形を潜めてしまつた様で、これが全部雪のせゐなら良いのだけれど、ひよつとしたら何か様相が変る節目なのかもしれないといふ気もした。

ガレキにもアクションフィギュアの波が来て、スタチュー系が減つてくるのかもしれないとか思つたり。それが合つてゐるのかどうかは次の夏を見ないと分らないね。

f:id:yms-zun:20140211041421j:image:w600

二足歩行ロボットランドウォーカー」。擦足でぎこちなくではあるが、ちやんと歩いてゐた。「誰でも乗れる」レべルの完成度はある様で、俺はクラタスよりもこつちを評価したいな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140209

2014年02月08日土曜日

yms-zun2014-02-08

豪雪。エアコンが効かない。すぐ落ちる。ダメだこりや。

実家に電話。関西はさほどでもないとか。

大学時代からの旧友から電話。ワンフェスで会はうといふ話は良いとして、無事行けるのか明日。神奈川県内は電車が壊滅してゐたが、千葉は?

高校時代の同級生からメール。合コンの誘ひ。さういふ柄ぢやないつてば俺は。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140208

2014年02月07日金曜日

yms-zun2014-02-07
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140207

2014年02月06日木曜日

yms-zun2014-02-06
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140206

2014年02月05日水曜日

yms-zun2014-02-05
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140205

2014年02月02日日曜日

yms-zun2014-02-02

二日続けて映画、「THE IDOLM@STER MOVIE」。昨日の内に行つておかなかつたのはチケットを取り損ねたのもあるけれど、続けて観ると印象がボケるのもあるからこれで良いのだ。

TVアニメ版「アイマス」の後日談であり、総決算。765プロアイドルの話としてはこれで一区切りとなるのだらう。その意味で、一分の隙もない出来だつた。あまりに完璧すぎる出来なので、内容について特に語る言葉はない。

俺も、これでコミック版*1と、あとは二次創作の「ぷよM@S」を残して「アイマス」に対しては一区切り。

思ひ出を有難う。

*1:今回の映画でも書下しの小冊子が無料配布された

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140202

2014年02月01日土曜日

映画の日。「RUSH*1」の先行上映があつたので行つてきた。一九七六年のF1グランプリを、ジェームズ・ハントニキ・ラウダチャンピオン争ひのみに焦点を当てて、二人の視点から組立てたドキュメンタリー映画。

日本では丁度「サーキットの狼」に端を発するスーパーカーブームが絶頂を迎ヘてゐた頃で、かつシーズンの最終戦がF1で初めての日本での開催*2となつた年の話。シーズン途中で瀕死の火傷を負つたラウダが執念の復帰で日本へやつて来て、どう決着をつけたのかが映画のクライマックスとなる。史実としての結果は既に知つてゐるのだからそこをどう描くのかが興味のポイントだつたのだけど、ああ、成程、うまく描いたなと思つた。二人のドライバーの物語としてみれば、文句なしだ。

映像的には、七六年当時のF1マシンが走つてる画が見られただけで大満足。映画がハントとラウダのみを追つてゐた都合上、フェラーリ312T2とマクラーレンM23以外は基本モブ扱ひなのだが、そのモブ達の魅力的なこと! ロー夕ス77、六輪のティレルP34、リジエJS5等が、当時の景色のサーキットを走り回る。正直、車の考証やサーキットの風景については「トップガン」のMIGに見られた様な妥協があるのではないかとの予想は完全に外れた。流石は「アポロ13」の監督で、どういふ手を使つたのか知らないが、一九七六年のモナコやニュルを完璧に描き出してゐる様に思った。勿論富士スピードウェイも然りなんだけど、あの空は本当の富土の空ではなかつたらうね。映画的な「豪雨の空」で、それは当時の写真や数年前の「地獄の日本GP」で窺ひ知れた空とは違ふ。まあそんな事はどうでもいい。七六年のF1では本当にああいふことがあつた、それだけだ。

そして何と言つても登場人物の見事さ。ラウダ役もハント役も、スチルで見る分には「雰囲気が似てるなあ」程度の認識だつたのが、映画が始まつてみればもうどちらも本人としか思へなかつた。ハントの放埓な行状は如何にも映画的デフォルメの様に見えるが、昨年の日本GPで来日したラウダが記者会見で語つたところによると「本物はあんなものではなかつた」とか。そんな二人のレース観、ひいては人生観の違ひがその後の人生をどう方向づけたかまでも含めて、抑へた筆致でよく描き出したと思ふ。

心から、よい映画でした。また観たい。たぶんXBOX LIVEの映画配信に来るだらうし。

*1:邦題「ラッシュ プライドと友情

*2日本グランプリの呼称が国内レースで使用済だつたためF1選手権イン・ジャパンと銘打たれた

skobaskoba 2014/02/12 01:41 遅ればせながらRUSH観てきました。ラウダのエピソードですが
「最期のレースになるかもしれないからとサインに日付を入れるよう求めたファン」
「事故で醜くなった顔が新婚生活に影響するのでは?と質問した記者」
の2つが観ていてゾッとしました。映画としての出来が素晴らしいので、どこまでがフィクションなのか判断するのが難しいですね。

yms-zunyms-zun 2014/02/13 01:21 映画内で「史実」とされているラウダの棄権についてもhttp://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070929で触れた小倉氏の話による「真相」みたいな物の見方(や森脇氏の当時の思い出)もあるわけで、結局は語り手それぞれの真実があるのだと思います。サインのくだりは、「そんなサインのねだり方があるか?」とは思いましたけど、シナリオ上の伏線として入れたのかな、と思いました。記者会見の方は、どうでしょうね。

roverrover 2014/02/16 17:44 見てきました。「赤いペガサス」世代にはたまらん映画でしたね。
サインのくだりや記者会見はまあ、映画的演出なんだろうと思います。現実的にはアレはないだろう、と思いましたけど。
個人的にはラウダ夫人役のアレクサンドラ・マリア・ララさんが「ヒトラー」の秘書役の彼女で、日本では、というかニコ動的に「総統閣下シリーズ」でちょいちょい顔出しさせられる羽目になってる事に、何とも言えん申し訳なさを感じた事でした(苦笑)。

skobaskoba 2014/02/16 22:36 ディスカバリーチャンネルでやっていた「F1伝説 ハントVSラウダ」で、ラウダ本人がサインの件について語っていました。ほぼ脚色なしの実話のようです。
当時のAUTO SPORTなんか見ても隔世の感がありますが、ドライバーの死があまりにも日常で当たり前に起きることだったため、それに関わる人達の感覚もおかしくなっていたんだろうなと思わされます。

yms-zunyms-zun 2014/02/17 00:52 ああ、どこかで見た女性だと思ったらw
まあ、それを差し引いても、昔の「F-1伝説」という漫画で描ていたラウダ夫人とそっくりで感心しました(それもどうかと)。

サインの件、実話だったということはラウダ氏がエピソードとして語ったんでしょうね。
翌年の日本GPでも観客死亡事故が起こってましたし(当時のTV中継に映ってるんですよこれが)、本当に時代を感じます。
今もフジテレビNEXTで70年代の伝説的ドライバーのドキユメント番組が流されてるんですが、当時のコースは今の目で見れば狂気の産物ですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140201
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報