大和但馬屋日記

この日記について

2014年06月29日日曜日

昨日、自転車店から納車の連絡があつて、先にポジションを出すから来てくれと呼出された。仮組み状態で店の周囲を三十分ほど走り回つてハンドルバーの高さやサドル位置を調整した後はコラムを切つてワイヤーを張り直してバーテープを巻いてから納車といふことで一日待ち。ついでにアクセサリを買つて取付けてもらふことにした。

で、明けて引取り。きちんと仕上つた愛車を受取つて家まで自走した。

f:id:yms-zun:20140629215114j:image:w600

ジオスのアンピーオかバッソバイパーかと迷つてゐたのをプランを変へて別のにした話は前に書いたつけ。カスタマイズのし易さからブリヂストンのANCHORにしてみた次第。

ジオスは青しかないし、バッソは赤いけれどもロゴの入り方があまり好みでなかつたといふ見た目の問題が九割。材質だの性能だのはどうせロードの一台目だからよく判らないので、水準以上なら何でも良かつた。

別に

f:id:yms-zun:20140629215113j:image:w600

あんこうチームとか言ひたかった訣ではないぞ。ないつてばよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140629

2014年06月26日木曜日

3DSアナログシンセシミュレータKORG DSN-12」を買った。多機能すぎて使ひ方がよく分らんが、使ひこなせれば「Rez」のBGMみたいのが作れるのだらう。とりあへずツマミを弄つてるだけで楽しい。

しかしまあアナログシンセにミュージックワークステーションボーカロイドと、手許の3DSといふ機械は一体何なんだらうね。答:「セガ体感ゲームがあらかた遊べる機械です」。何のこつちや。

あとはFM音源シミュレータが出れば言ふことないな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140626

2014年06月24日火曜日

横浜に出張。昼に着いたらとんでもない轟雨で水浸しになつた。あとでニュースを見たら三鷹で雹が三十センチメートルも積つたとか、横浜の落雷で負傷者が出たとか、色々洒落になつてなかつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140624

2014年06月22日日曜日

週末は実家。

2014-05-20 - 大和但馬屋日記に書いたラジコンがまだあつた。

f:id:yms-zun:20140622211458j:image:w600

ワコー社のモートラウェーブSP「F-1ブラバムBT-46」。完全プロポ方式、国産初L.S.I採用。トイラジコンだとバックができないとか、右にしか曲らないとかが当り前だつたところにちやんとした前後左右操作のできるプロポを採用したといふことらしい。

f:id:yms-zun:20140622211456j:image:w600

開けたところ。玩具で一番楽しいのは実はこの瞬間なのかもね。

f:id:yms-zun:20140622211455j:image:w600

スタイリングは悪くない。割つてしまつたウインドスクリーンの雑な修復の仕方が我ながら酷い。この子供の頃のクオリティが今の自分そのもので、まあ三つ子の魂といふ奴ですわ。

コクピットに人形が付いてないのはトイラジコンとしてどうなんだ。カーナンバーは2、何故かニキ・ラウダではなくジョン・ワトソン仕様。

f:id:yms-zun:20140622211453j:image:w600

リアは御座成りな出来。46Bぢやないので真空ファンも付いてない。そこは付けようよ、玩具的に。

子供心にリアウイングが羽根の形をしてゐないのが不満だつたのを思ひ出した。

f:id:yms-zun:20140622211452j:image:w600

腹。ここに単二形電池を六本も抱へる訣である。重たいなんてものぢやない。それでゐて三十分も走れば電池はなくなるのであるからランニングコストも半端ではない。ナショナル充電池を買つてもらつたんだつけな。あれも今から考へると充電に時間が掛つて大変だつたな。なにしろ三十五年も前の代物だ。

このBT46が走つた頃にエステルライヒリンクといふ名だつたサーキットが後にA-1リンクとして名とレイアウトを変へ、さらにそこから十一年の沈黙の後にレッドブルリンクといふ名前になってF1に帰ってきた。

オーストリアGP、フロントロウに並んだのはマッサとボッタス。いや面白いね。序盤は頑張つたんだけど、ピットインでメルセデスに行かれてしまつて、やはり地力の差が出たかー。

小林はタイヤ一回交換で完走したが、後半のタイムの落ち方が酷かつた。失つたタイムと周回数を考へれば二回ストップにしとけばビアンキは上回れたのではないかと思はなくもない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140622

2014年06月16日月曜日

splatoon」は映像を見た人が何かしら感想を言ひたくなる位魅力あるゲームなのは明らかなので、逆張りしてる人も含めて何か言つた時点で負け。つまり全員負けてゐる訣でイカ娘の侵略完了。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140616

2014年06月15日日曜日

祖母の容態が良くないとのことで実家へ戻つて近くの病院へ。良くないなりに落着いてはゐる様だ。

病院のどこでもサッカーワールドカップの日本対コートジボワール戦。日本中がかうなら一時的に国の生産性が下がつてゐる瞬間を観測してることになるのかな、なんて下らないことを考へつつ俺はiPhoneル・マンニ十四時間レースを観てゐる。長々と感想を書ける状況でもないのでまたそれは後で。

skobaskoba 2014/06/16 21:57 昨日は昼前後だけでなく、試合をやっていないはずの夕方から夜にかけても車通りが少なかったです。日曜の夜とは思えない人と車の少なさでしたby石川県金沢市近郊

yms-zunyms-zun 2014/06/16 22:06 皆ル・マンを観てたんですね(ない)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140615

2014年06月12日木曜日

ばむばんか惰隠洞さんでデジタルリマスター版「ゴジラ」のことを知つてここ数日といふものソワソワしてたので、勤務先の「残業しちやいけない日」を狙つて定時後に行つてきた。何度となく観た映画ではあるけれども、劇場で観るのは初めて。昭和期のゴジラ作品を劇場で観たのは「ドラえもんのび太の恐竜」(勿論一作目の方)併映の「モスラ対ゴジラ」だけだつたもんな。

で、今までは今以上にボンクラな見方しかしてなくて本編の人間関係が今ひとつちやんと掴めてをらず、「このお姉さんはなんで男を乗換へようとしてるんだらう」といつた辺りの機微が分つてなかつたのだけど、お姉さんがお嬢さんに見える歳にもなつてやうやく、さうしたことがなんとなく胸に落ちる気がしたのだつた。

予測不能な未曾有の災害に対する人間の行ひの戯画も、現実の色々な事件なんかを思ひ出して、六十年前の映画から何も変つてないのだからこの映画の十数年前もまた然りなんだよなあと溜息をついたことである。山根博士の所属する学会がもし描写されてゐたらとかね。

映像のリマスタリング効果は素晴しく、品川辺りの鉄条綱のスケール感のある合成には「おおおっ!」と思つた。カメラのパンに合せきれずに一フレームずれるまでは正直合成と気付かなかつたよ。ゴジラの顔も独特の歯並びまでよく見えた。そして今回初めて思つたのは、ギニョール*1のゴジラが一番怖い。カットの繋ぎ方にも因るのだらうけど、いや本当に怖い。こいつは怪獣ぢやなくて、「化物」だ。

あとこれもリマスター関係ないけど、映像的クライマックスは中盤に持つてきて最後は静かに物語を畳むといふ流れが今となつては新鮮だつた。動物としてのゴジラ好きとしては可哀想な白骨死体なんか見とうもない訣で、心理的に「やめて止めてヤメテアゲテ…」とクライマックス状態ですが。まあ次作「ゴジラの逆襲」みたいにいきなりクライマックスからの中盤以降盛上がることなく終る展開なんかは困るにしても、あまりハリウッド的テンプレに縛られてばかりといふのもなあとは思つたのだつた。

うん、実に面白かった。

*1:腕人形

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140612

2014年06月11日水曜日

ニュルの大きさ比較。昔みたいに動画を作るのも面倒なので、判り易い写真で比較してみた。

f:id:yms-zun:20091114192445j:image:w600f:id:yms-zun:20140612072709j:image:w600

Forza3」と「Forza5」の同じ場所。カントのついたコンクリート舗装の幅とNSXの対比、このスケールの差が、そのままコース全体に敷衍されてゐると見て間違ひない。そして今回、スケール修正だけでなくレーザー測量によつてコース全体が徹底的に取材し直され、ハードの世代交代によつてコースのメッシュ細かさも向上し、今までとは全く別のコースとして生れ変つた次第だ。他のコースでも感じたことだけど、このニュルが来たことで「Forza5」のクオリティの高さをはつきり示し易くなつた。

ていふか、未だにまともに周回できてない。経験による惰性で走れないのは楽しいな。

f:id:yms-zun:20140612074540j:image:w600f:id:yms-zun:20140612074537j:image:w600

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140611

2014年06月10日火曜日

D

最新モデルのコルベットが配信されたので走つてみたら、これが途轍もなく難しい。走り馴れた筈のラグナセカの、スタート直後の起伏がいきなりどうしやうもない。コークスクリューみたいな解り易い低速コーナーはどうでもよくて、その先の下りながらの左が曲れない。この動画が撮れるまで二、三日を要した。何だこれ。「Forza5」は4までとは別物ですマジで。

そんなことを思つてゐたら、E3カンファレンスに合せてニュルブルクリンクがサプライズ配信された。南北両コース、そして念願の南北合体コースまでがつひに収録となった。今までは北コースのスケールがをかしかつたから合体できなかつたのよな。で、北コースを走つてみた。

orz

何なのこれ。もう本当に、「4」までとは全く何の縁も所縁もない、別のコースですわ。コーナーの曲率も起伏のパーセンテージも全然違ふ。今までの記憶は全て消し去つて、一から学習し直さないととても走れたものぢやない。

と、「Forza」のニュル北にはダメ出しを続けて来たけれど、それに対するTurn10の完膚なき答へがこれだ。全くぐうの音も出ない。

ゲームとして捉へた場合に4までのアレンジの仕方に一分の理があつたことは認めざるを得ないが、やはりニュルとはかういふコースなのだ。こんなとこでF1やつてたのだから昔の人はマジでイカレてる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140610

2014年06月07日土曜日

何にそんなにイラついてゐるかつて、まあ何でもかんでも無料でプレゼントとかセールだとかキャッシュバックだとか、そんなもんで釣らうとするんぢやないよと。

なんてことを考へながらWii Uを起動したら、何か知らんが買つた覚えのないDS版「脳トレ」が勝手にインストールされてゐる。DS用ソフトのバーチャルコンソールが始まつたので、御披露目に「脳トレ」を期間限定で無料配布、どころか電源待機状態の本体にダウンロードしてインストールするところまで勝手に済ませてしまふのだ。

コンテンツの安売りやバラ撤きをすんなよなー。結局、金を払つてくれない客を増やすばかりだぞ。「脳トレを無料で配つてるからWii Uを買ふ」なんて人間は、たぶん数へる程も居ないだらう。いつぞやの新聞勧誘の時に書いた通りで、自らの売り物を安く扱ふ売り手を俺は信用しない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140607

2014年06月05日木曜日

バレットソウル・インフィニットバースト」をダウンロード版で買つた。そしたらなんか、それのパブリッシャーのプロデューサーがダウンロードコードをTwitterで無料でバラ撒いてやがる。何なのかね、これ。

「バレットソウル」を実際に作つた会社の人達のことは好きだからかういふことはあまり言ひたくないんだけど、もう日本のゲーム業界なんて無くなつてしまへばいいんだと本気で思ふよ。なんで買つたばかりのゲームを遊ぶ気まで喪くさせられなきやならんのかね。

この人ら(作り手ではなく売り手)にとつては買つた人のことはどうでもいいんだよね。もう遊ばねえよ。作つた会社の人に今度会つたらどんな顔すればいいんだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140605

2014年06月04日水曜日

Forza Horizon 2」の情報がE3を前にして解禁になつた訣だが。

Forza Motorsport 5』で使用された気象システム“Drivatar”を搭載して、ダイナミックな気候の変化が楽しめるようになるようだ。

『Forza Horizon 2』がXbox One-Xbox 360向けとして海外で発表 E3で詳細が明らかになる!? - ファミ通.com

曲りなりにもゲームの話題で飯喰つてる人間がDrivatarとは何であるかを知らないなんてことがあるだらうか。何だよ気象システムて。何故間違へたかといふ理由について幾らでも想像はできるけど、そのどれを採用しても「仕事が嫌ならやめちまえ」以外の感想が出て来ないといふ、ね。少なくともこの雑誌にプロはゐない。素人以下の集団である。

参考:http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/searchdiary?word=Drivatar

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20140604
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報